「や行」カテゴリーアーカイブ

日米合作映画『殺る女』武田梨奈 場面写真“初”公開


映画情報どっとこむ ralph 日本 × 韓国 × アメリカ × フィリピン × タイ × デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作「世界」をターゲットにした映画『殺る女』。10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。

本作は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

家族を殺害したため、愛子が探し続けている腕にサソリのタトウーがある男・加賀俊介(駿河太郎)の妹で、兄と同じように孤児院育ちの加賀由乃役に、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈さん。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ監督。また、来月7月12日(木)から開催されるプチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品され、7月13日(金)には韓国にて世界最速上映します。
***********************************

知英
武田梨奈 / シャリース ニコラス・ペタス
駿河太郎 ほか

監督・脚本:宮野ケイジ『夢二 愛のとばしり』
制作プロダクション:ストームピクチャーズ
配給:プレシディオ宣伝:MUSA

2018年/日本語/カラー/84分
©2018「殺る女」製作委員会


大泉洋独り相撲に崩れ落ちる!映画『焼肉ドラゴン』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日より公開となった映画『焼肉ドラゴン』。

監督・脚本、舞台版の演出を務めた鄭義信監督と、真木よう子さん、井上真央さん、大泉洋さん、桜庭ななみさん、大谷亮平さん、大江晋平さんが登壇して行われました。
映画『焼肉ドラゴン』初日舞台挨拶
日時:6月22日(金) マスコミ受付16:50/舞台挨拶17:25~ ※上映後
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平、
鄭義信監督 ※敬称略

映画情報どっとこむ ralph 登壇した鄭監督:今日という日を迎えることができて感無量です。舞台の初演から10年経ちますが、あっという間だった気も、長かった気もします。

と満席の客席を大きく見渡しながら、感慨深げ。

大泉さん:大きなスクリーンに満杯のお客さん!タイトルがなんとなくコメディだと思われてきていましたが、今日でやっと感動作なんだとみなさんに伝わって嬉しい!

と大喜び。

真木さん:今まであまり演じてこなかった役柄でしたが、芝居をしながら長女としての葛藤や、妹たちに幸せになってほしいという気持ちがどんどん湧いてきて、現場でもみんなと本当の家族になっていたと思います。

と笑顔。

今回が俳優デビューとなった大江さんは・・・
大江さん:真木さんには大阪や京都に買い物に連れて行ってもらいました。服を買ってもらったり・・・・。

と甘え上手な笑顔で語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして今回荒々しい関西弁のセリフが多い井上さんは
井上さん:生活かつかつなんよ!というセリフが難しかったですね。

と苦笑していました。そんな井上さんに大泉さんとの共演について質問。

大泉さん:良い話出てこないよ!私が自転車漕ぐのが下手だとか言いますから!

と、劇中で大泉さんと井上さんが自転車で二人乗りをしているシーンの話になり、

井上さん:洋さん本当に下手で…。

と愚痴をこぼすと、

大泉さん:わざとなんですよ。彼女の怒りの芝居を引き出したの。真央ちゃんが怒った瞬間に「それだよ!忘れんじゃないよ!」って言ったもんね。

と大泉節炸裂!に会場は大爆笑。

さらに大泉の舌は止まらず、

桜庭さん:井上さんとは今でもくだらないメールを送りあってます。くだらないって言うとあれですけど…今CM流れたね、とか…

と微笑ましいエピソードを語るも、

大泉さん:くだらないですね~!!

と一刀両断。これに負けじと

井上さん:洋さんの悪口を言い合ったりね~。

と返すなど、夫婦漫才のようなやりとりに客席は大盛り上がり。

映画情報どっとこむ ralph そして一家のアボジ、オモニとして共演した韓国キャストについて、韓国語が堪能な大谷さんは
大谷さん:キム・サンホもイ・ジョンウンも家族の輪を大事にする人で、最初に日本語で何て言うのかを聞かれたのが「家族たちをお酒に誘いたい」という内容でした。

と告白するとなるほどな声。そしてそんなサンホから来日時に飲みに誘われたという大泉さんは

大泉さん:私は酔っぱらうと相撲を取る癖がありましてね、サンホともJapanese相撲をとりましたよ!日韓相撲対決です…あの時酔ってて覚えてないんだけど、どっちが勝ったの?

と意気揚々に井上さんに尋ねると

井上さん:洋さん取ったと思ってるみたいですけど、一人でJapanese相撲だ!Japanese受け身だー!って盛り上がって…(笑)アボジ全く見てないし相手にされてなかったですよ。

と暴露。崩れ落ちた大泉さんに客席からは拍手が起きた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

登壇者にはサプライズで届いていたサンホからの手紙が紹介されると、

真木さん:アボジからこんな良い言葉を聞いたのは初めてかも。泣きそうになっちゃいました。

と涙。

鄭監督:優しい人たちに恵まれて叶った映画化。この家族たちがみなさんに愛されることを願っています。
と締めくくりました。


公式サイト:
http://yakinikudragon.com 

Twitter:
@yakiniku_dragon

物語・・・
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。
***********************************

原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信

出演:真木よう子 井上真央 大泉 洋/桜庭ななみ 大谷亮平 ハン・ドンギュ
イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 /イ・ジョンウン キム・サンホ

配給:KADOKAWA ファントム・フィルム 
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
   


『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』泣ける予告映像がついに解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画シリーズ5周年の記念作品となる最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の情報を発表!

12月14日(金)、今年も劇場で妖怪たちが大暴れします!
情報発表で解禁されたポスタービジュアルには、新たな主人公の少年・下町シンと、ジバニャンにも似た謎の猫妖怪・猫又が見つめ合う、切ない友情の物語を予感させるビジュアルとなっており、SNSでは「今年の映画、絶対に泣ける!」「今から楽しみ!」と多数のコメントが上がり、話題になっております!

そんな映画シリーズ最新作の予告映像がついに解禁!

本作の舞台は、古き良き懐かしい時代・1960年代。予告では主人公・下町シンと、本作のメインキャラクター・高城イツキ、有星タエの3人が、見たことのない世界に飛び出す姿が映し出されています! さらになんと! お馴染みの“あのキャラたち”の姿も…!?

時代が変わっても 世界が変わっても 変わることのない友情
そんな大冒険と友情の物語が感じられる、「妖怪ウォッチ」史上最も優しく、あたたかい予告映像となりました! 大人も心を震わせられる物語が、この冬、幕を開けます。



映画情報どっとこむ ralph 映画 妖怪ウォッチ

12月14日(金)全国ロードショー!



1960年代の東京・さくら元町。
貧しくも幸せに暮らしていた少年・シンはたった一人の家族である母親を亡くし、不幸のどん底に。

そんなシンを救った少年・イツキ。彼もまた、姉を亡くしていた。

ふたりの少年は、妖怪が見える少女・タエを仲間に加え、シンの守護霊・スーさん、そして猫又などの新たな妖怪たちと共に、大切な家族の魂を取り戻すため、不思議な事件に立ち向かう!

そして、彼らを待ち受ける、衝撃の事実とは…!?

これは、3人の少年少女と妖怪が織りなす友情の物語。

***********************************

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018 


鳴り止まない拍手!『友罪』 第21回上海国際映画祭上映とQ&A


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)より全国の劇場で公開し、“衝撃の問題作”として賛否を呼びながらも、各地で満席が出るなど大ヒットロングラン中の生田斗真&瑛太主演最新作『友罪』(英語タイトル:My Friend “A”)が、昨日6/20(水)夕方に「第21回上海国際映画祭」に正式出品され、大盛況の内に上映と監督のQ&Aを行いました。

当日は、千人という上海国際映画祭で最大級のキャパシティを誇るメインスクリーンの「上海大劇院」が若い男女を中心に満席となる賑わいを見せ、上映中はのめり込んで鑑賞していたお客さんが声をあげて反応する場面なども見られ、エンドロールに入ると会場は大きな拍手に包まれました。

その後、瀬々敬久監督が登壇し、観客とのQ&Aが行われました。

第21回上海国際映画祭 NEW FROM AUTHOR
(作家性の高い監督の新作を上映/非コンペ)部門出品
日時(現地時間):6月20日(水)
場所:上海大劇院
登壇:瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 監督:今日この日、日本と上海の両国でこの『友罪』という映画が上映されていることがとても嬉しいです。有難うございます!


観客:地方から『友罪』を観るために映画祭に来ました。とても素晴らしかったです!(場内拍手)監督の最も好きなシーンは?

監督:益田が「外でお酒でも飲もうか」と鈴木を誘い、「コンビニでつまみでも買って」と応える鈴木のシーンです。さりげないシーンですが、普通の人にもあるようなかけがえのない時間がそこには流れている気がしました。こういう素敵な時間が、犯罪者や色々つらい思いをした人たちを救ってくれるのではないか、その一方で罪を犯した人がこういったかけがいのない素敵な時間を自分は被害者から奪ったのだと反省をする機会にもなると思いました。素敵な時間を大切にしてください!

観客:日本国内での評判も良いようですが、監督ご自身はマスコミなどの評価についてどう思われますか?

監督:すごく難しい質問です(苦笑)マスコミの方の評価も大切ですが、僕含めスタッフは沢山のお客さんに観て欲しくて作っていますし、沢山のお客さんに感動してもらえたらという気持ちで作っています。だから今日もここにいる上海のお客さんと出会えてすごくうれしいです。(場内席を立って拍手を送る人も)

映画情報どっとこむ ralph 観客:この映画のキャラクターは皆罪を背負っていますが、監督は罪を負った人々も幸せを得るべきだと思いますか?

監督:罪を背負った人たちもふとした時に笑ったり出会いがあったり、悲しんだり喜んだりするのが人生だと思います。でも罪は背負い続けながら生き続けなくてはいけない。矛盾しているようですが、そうして生きていくことが大切だと思います。

と、語りました。

映画情報どっとこむ ralph
友罪

は、2013年に薬丸岳が発表したベストセラー小説「友罪」の映画化作品です。隣りで静かに微笑む友が、かつて日本中を震撼させた“あの事件”の犯人だったらー。元ジャーナリストの益田役を生田斗真、少年Aだった過去を持つ鈴木役を瑛太が演じ、答えのない極限の友情が描かれています。主演2人が覚悟を持って撮影に挑んだ想いを語ったことでも話題を呼び、公開後もSNS等で「心揺さぶられた!」「ヒリヒリして焼けるようだった。力作」「生と命にスポットを当てた最高の映画」「映画が社会にできることってこういうことでは。必見」「生田斗真さんと瑛太さんの凄まじい感情の振り幅に圧倒された」「匠の1本。巧い。ゼゼ監督流石」など感想が上がっています。

絶賛公開中!

***********************************


監督・脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市  
 
配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
     


知英 日米合作映画『殺る女』国際ファンタスティック映画祭2018にて世界最速上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 竹中直人とのW主演でコミカルな演技が話題となった映画『レオン』、ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(東海テレビ・フジテレビ系)にて1人7役を演じ、最新主演映画『私の人生なのに』では新体操や車椅子そしてギター演奏も披露するなど、名実ともに“カメレオン女優”の評価を得ている“知英”の最新主演映画は、日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作映画『殺る女』。

「世界」をターゲットにした映画『殺る女』が、10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開することが決定しました!


本作は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

知英のほか、アクション女優として国際的に定評のある武田梨奈、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し数々の出演作で急成長を遂げている駿河太郎、元K-1選手のニコラス・ペタス、そしてセリーヌ・ディオンとの共演や世界で最も影響力のある人物とされるオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリースも出演。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ。

映画情報どっとこむ ralph そして本日、本作が、7月12日(木)から開催されるプチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品され、7月13日(金)に韓国にて世界最速上映することも発表となりました!

プチョン国際ファンタスティック映画祭は、アジアを代表するジャンル映画祭として「ラブ、ファンタジー、アドベンチャー」をテーマに掲げて上映されており、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭やヨーロピアン・ファンタスティック映画祭連盟などと共に協力し、ジャンル映画の普及に務めています。

映画情報どっとこむ ralph 知英さんからコメントも届いております。

知英さん:今回もまた今までにない役どころの挑戦をさせてもらいました。小さい頃から心の闇をかかえた復讐を誓う殺し屋の役です、とてもシリアスな役を演じています。英語の台詞があったり展開もおもしろく見所満載のバイオレンスエンタテイメントです。新しいジャンルの知英の演技に注目して欲しいです、そして観くださる方それぞれの見方をしてもらえたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph この秋、知英の新境地となった日米合作映画が、スタイリッシュなバイオレンス・エンターテインメントとして日本上陸致しますので
お楽しみ下さい!

映画『殺る女

10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開


***********************************

知英
武田梨奈 / シャリース ニコラス・ペタス
駿河太郎 ほか

監督・脚本|宮野ケイジ『夢二 愛のとばしり』
制作プロダクション|ストームピクチャーズ
配給|プレシディオ 宣伝:MUSA
©2018「殺る女」製作委員会
2018年/日本語/カラー/84分