「や行」カテゴリーアーカイブ

黒沢ともよら9名登壇『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』


映画情報どっとこむ ralph 高校の吹奏楽部を舞台に繰り広げられる人間ドラマ、そして繊細かつダイナミックな演奏シーンが話題となり、多くの人々から支持を 集める「響け!ユーフォニアム」シリーズ。この度シリーズの最新作『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』が 4 月 19 日 (金)より全国公開となり、その公開記念舞台挨拶が行われ、黄前久美子役の黒沢ともよさん、加藤葉月役の朝井彩加さん、川島緑輝役の豊田萌絵さん、高坂麗奈役の安済知佳さん、塚本秀一役の石谷春貴さん、久石奏役の雨宮天さん、中川夏紀役の藤村鼓乃美さん、吉川優子役の山岡ゆりさん、そして石原立也監督が登壇し、多くのファンが待ち望んでいた公開日を迎えた喜びを語りました。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』公開記念舞台挨拶
日程:2019年4月20日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、石谷春貴、 雨宮天、藤村鼓乃美、山岡ゆり、石原立也監督

映画情報どっとこむ ralph
◆黒沢ともよ(黄前久美子役)
1番最初のテレビシリーズが始まったときは、1クールで終わると書いてある企画書を読んでオーディションを受けました。それが 今、自分が23歳になって初めての作品がこの映画なので、こうして舞台挨拶に立てたことが本当に嬉しいです! 映画で高校 2年生になった久美子を見ることができて、「嘘みたい!」と思ったくらいとても幸せです。 久美子はこの映画の中ですごく成長したな、と感じています。周りで起こっていた沢山の出来事を見ないで生きてきた久美子が ひとつひとつを手に取って確かめていく、好きだったものに気づく、頑張りたいと思っている自分に気づく、というのが1年生の時で した。それを経て、2年生になって1歩前に進んだなと思います。アニメーションは沢山の人に支えられていて、愛がないとこんな に綺麗なフィルムは作れないと思いますし、今後久美子たちが3年生になった姿を、そして奏ちゃんたちが先輩になった姿を見た いので、皆様ぜひ劇場で何度でもご覧ください!

◆朝井彩加(加藤葉月役)
この映画は、ストーリーの魅力、キャラクターの成長はもちろん、自分が勇気づけられることが多くて、背中を押してもらえる作品 です。この子を励ましたいな、勇気づけたいな、という友達を誘って何度でも観ていただきたいです。まだコンクールメンバーに選 抜されたことのない葉月としては、三度目の正直を願っているので、ぜひまた皆様と全国に向けて頑張りたいなと思います!

◆豊田萌絵(川島緑輝役)
今回登場する緑輝の後輩、求くんがとても可愛くて、身長が同じくらいの緑輝と求の2人が並ぶと癒されましたね。 2年生編ということで、北宇治カルテットが先輩として立ち振る舞っている姿を見られたことが幸せです。 今回は明かされなかった、それぞれのキャラクターの将来のことなど引き出しがまだまだたくさんあるので、わたし自身もっと続きが 見たいという気持ちでいっぱいです。なので、まず全国の皆さんにこの映画をたくさん観ていただきたいです。これからもぜひよろしく お願いいたします。

◆安済知佳(高坂麗奈役)
黒沢ともよさんが言っていた通り、1クールで終わると聞いていた作品をこんなにも長くやらせていただけて、麗奈たちと一緒に歳 を重ねられて幸せです。今回新しく個性豊かな1年生が入り、また新たな北宇治高校の音楽を奏でてくれます。1年生たちが 2年生になった姿を見たいですし、わたしたち2年生が3年生になり、全国出場を目指して前進していく姿を見たいので、この 好スタートのまま皆さんと3年生編を共有できたら嬉しいです。

◆石谷春貴(塚本秀一役)
登場人物の関係性の変化が見られる映画です。ストーリーが進むにつれて1年生はもちろん、2年生の成長も描かれていま す。演奏シーンは後半になるにつれて音が厚くなっていくところなど、とても繊細に描写されているなと感じました。 エンドロールに載っている沢山のキャスト、スタッフが愛と情熱を注いだ作品です。映像にも音にも、何より楽器にもこだわっていま すので、ぜひ何度も観に来てくださいますと嬉しいです。


◆雨宮天(久石奏役)
今回登場する1年生は独特な子達が揃っていて個性が強いので、先輩たちは本当に良い人ばかりなのだなと思いました。奏 は悪い子ではないんです!(笑) この作品は胸をギュッと掴まれる場面ばかりで、アフレコでは自分が出るシーン以外でもグッと きて泣いてしまいました。こんなにも心を動かされるってすごいことだなと思います。沢山の登場人物がいるのに、どのキャラクターに も感情移入できる作品なので、色んなキャラクターにフォーカスを当てて何度も観てほしいです。

◆藤村鼓乃美(中川夏紀役)
今回入部してきた1年生は大変な子達でびっくりしました(笑)。ユーフォニアムパートの新入部員、奏ちゃんのセリフには収録中 けっこう傷ついたんですけど、出来上がった作品を観たときも傷つきましたね(笑)。でも、後半で奏ちゃんとの関係に変化が起き たシーンに救われました! この映画は演奏シーンが本当に素晴らしく、新しい風が入ってきて更に賑やかになった登場人物た ちの関係も見ていてとても楽しいので、映画館に何回も観に来てくださると嬉しいです。

◆山岡ゆり(吉川優子役)
今まで優子は対個人でバチバチやっていましたし、みんなの前で真っ先にびゃーびゃー泣くタイプだったのに、今回部長になってか らは泣いている姿を最後まで部員に見せず、ずっとみんなを鼓舞していた姿を見て本当に成長したなと思いました。 この映画はアニメーションですが登場人物1人1人が本当に生きていると感じられる素敵な作品なので、何度も何度も足を運 んでいただいいて新しい発見をしながら楽しんでいただけると嬉しいです。

◆石原立也監督
テレビシリーズよりも映画の尺は短いのですが、ある意味やりやすかったです。シナリオを読んだ時は、こんなに沢山の内容が入る のかなと思ったのですけれど、いざコンテを切ってみたら予想以上にちゃんとしっかり入りました。平成がもうすぐ終わりますね。自分 にとってこの映画が平成最後の作品となったので忘れようがない作品となりましたし、思い出深い作品です。 新元号が決まった時から思っていたのですが、【麗奈】と【令和】って名前が似ていて幸先がいいなと思いました。


映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』
大ヒット公開中!


STORY
昨年度の全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部。 2年生の黄前久美子は 3年生の加部友恵と、4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。

全国大会出場校ともあって、多くの1年生が入部するなか、 低音パートへやって来たのは4名。

一見すると何の問題もなさそうな久石奏。
周囲と馴染もうとしない鈴木美玲。
そんな美玲と仲良くしたい鈴木さつき。
自身のことを語ろうとしない月永求。

サンライズフェスティバル、オーディション、そしてコンクール。 「全国大会金賞」を目標に掲げる吹奏楽部だけど、問題が次々と勃発して……!?

北宇治高校吹奏楽部、波乱の日々がスタート!

***********************************


原作:武田綾乃
監督:石原立也
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
   


寛 一 郎 吉行和子と菜 葉 菜に翻弄される!「雪子さんの足音」場面写真第三弾解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、5月18日(土)より、ユーロスペースにて公開となる吉行和子の主演最新作、映画「雪子さんの足音。
今回は、大家の雪子さん(吉行和子)と下宿人・小野田さん(菜 葉 菜)に翻弄される薫くん=寛 一 郎の場面写真から厳選3枚が解禁となります。
過剰な好意で薫くんの私生活に踏み込んでくる雪子さん。
おいしいご馳走やお小遣いのポチ袋など、最初は「孫ごっこのバイト」のつもりだった薫くんも、次第に老若二人の女性のお節介に押しつぶされそうになる。
薫くんを演じたのは、キネマ旬報ベストテン新人男優賞、日本映画批評家大賞新人男優賞など受賞し、若手実力派として注目急上昇中の寛 一 郎。薫くんの心情を繊細に演じています。果たして薫くんは、雪子さんの呪縛から逃げ出すことができるのか?父の佐藤浩市が友情出演しているのも見どころです。

監督は、71年に監督デビューして以来400本を越すピンク映画を監督してきた浜野佐知。自主制作6本目の今作では、従来ステレオタイプで描かれてきた「老女」の深い欲望と、得体の知れない謎を、鮮烈に、ユーモラスに描きました。

映画「雪子さんの足音」

5月18日(土)ユーロスペースにて公開
6月15日(土)横浜シネマ・ジャック&ベティにて公開他、全国順次ロードショー

***********************************


出演:吉行和子 菜 葉 菜 寛 一 郎 大方斐紗子 野村万蔵 宝井誠明 佐藤浩市(友情出演)

原作:木村紅美『雪子さんの足音』(講談社刊)
監督:浜野佐知
脚本:山﨑邦紀
音楽:吉岡しげ美
配給:旦々舎
Ⓒ2019 株式会社旦々舎
 


「酔うと化け物になる父がつらい」 GOOD ON THE REEL が 主題歌&挿入歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 松本穂香×渋川清彦ダブル主演『酔うと化け物になる父がつらい』は2019年度全国公開予定です。

原作は秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ家族崩壊ノンフィクション「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)。アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセー。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。 毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラスト。

そしてこの度、映画主題歌&挿入歌が決定!主題歌「背中合わせ」は、千野隆尋(vo)、挿入歌「禁断の果実」は岡崎広平(Gt)がそれぞれ映画をイメージして書き下ろし、GOOD ON THE REELの優しく繊細なロックサウンドが本映画に花を添える。

◆主題歌「背中合わせ」作詞・作曲 千野隆尋(vo) コメント

伝えることはとても難しい。親子関係はもちろん、彼氏彼女、教師生徒、友達。でもそこに真心さえあれば、いつか伝わると思うのです。背中合わせで生きる僕らはいつだって、手を取り合うことができるのです。

◆挿入歌「禁断の果実」作詞・作曲 岡崎広平(Gt) コメント

一時の快楽と引き換えに少しずつ破滅に進んで行く人間味を、教典や吸血鬼をテーマに妖しげなグランドピアノのメロディに乗せて作りました。

本楽曲の発売日に関しては未定。

映画情報どっとこむ ralph 【プロフィール】GOOD ON THE REEL(グッド オン ザ リール)
同じ学校で出会ったメンバーで2005年に結成。 心に響く歌詞やメロディで独自の世界観を奏でる五人組。
バンド名は”なんか良い感じ”の意味。

2011年のデビューから試聴機をきっかけとした口コミだけで爆発的な反響を起こし、ワンマンチケットは数時間でSOLD OUT。
2015年のメジャー・デビュー後の2016年には、自主ライブ企画「HAVE A “GOOD” NIGHT」50回目の開催となる日比谷野音公演も完売。

2019年には、自ら立ち上げたレーベルlawl recordsとしてユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、新たな出発を迎える。

http://goodonthereel.net/

映画情報どっとこむ ralph 松本穂香×渋川清彦ダブル主演

『酔うと化け物になる父がつらい』

2019年度全国公開予定



映画公式Twitter:
@youbake_movie

映画公式Instagram:
@youbake_movie

映画公式HP:
http://youbake.official-movie.com

***********************************

出演: 松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ
監督:片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
脚本:久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
制作プロダクション:CREDEUS
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
製作:「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
配給:ファントム・フィルム


映画『雪子さんの足音』場面写真第二弾は菜 葉 菜!


映画情報どっとこむ ralph この度、5月18日(土)より、ユーロスペースにて公開となる吉行和子さんの主演最新作「雪子さんの足音」より、待望の場面写真第二弾が解禁。

今回は、吉行和子さん演じる雪子さんが営む月光荘に下宿している、小野田さんの場面写真から厳選3枚が解禁となります。

70歳の大家・雪子さんは、過剰な好意で薫くんの生活に踏み込んでいくのですが、小野田さんも、まるで雪子さんの分身のように、薫くんに密着していきます。演じたのは、現在公開中の映画『赤い雪』の卓越した演技で度肝を抜き、注目を集める女優、菜 葉 菜さん。

本作では、血縁の家族に深いコンプレックスを抱き、会社でもイジメにあってるらしい小野田さんの屈折を演じ、演技力の幅を見せつけています。薫くんが小説を書いていると知り、俄然急接近していく小野田さんが、薫くんに求めるものとは?! 小野田さんが作ろうとした「偽の家族」の失敗と、最後の豹変ぶりを、スクリーンでお楽しみください。
映画情報どっとこむ ralph 監督は、71年に監督デビューして以来400本を越すピンク映画を監督してきた浜野佐知。
自主制作6本目の今作では、従来ステレオタイプで描かれてきた「老女」の深い欲望と、得体の知れない謎を、鮮烈に、ユーモラスに描きました。

物語・・・
月光荘の大家、雪子さん(吉行和子)は、教養もあり文化的な香りを漂わせる。
テレフォンオペレーターの小野田さん(菜 葉 菜)と雪子さんがサロンと呼ぶ部屋に、大学生の薫くん(寛 一 郎)も招かれた。それをきっかけに真綿で首を絞めるようなご馳走ぜめとぽち袋のお小遣い。二人の女性の欲望とエネルギーに触れ、底知れない恐怖を覚えた薫くんは月光荘を逃げ出した。それから20年の月日が流れ、月光荘の呪縛から逃れられない薫くんに、雪子さんの足音が聞こえてくる。孤独死した雪子さんと、月光荘を再訪した薫くんが、心の底で望んでいたものは?

***********************************

出演:吉行和子 菜 葉 菜 寛 一 郎 大方斐紗子 野村万蔵 宝井誠明 佐藤浩市(友情出演)
原 作:木村紅美『雪子さんの足音』(講談社刊)
監督:浜野佐知
脚本:山﨑邦紀
音楽:吉岡しげ美
配給 旦々舎
(c)2019 株式会社旦々舎


黒沢ともよ、朝井彩加ら8人の人気声優登壇!『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』完成披露!


映画情報どっとこむ ralph 高校の吹奏楽部を舞台に繰り広げられる人間ドラマ、そして繊細かつダイナミックな演奏シーンが話題となり、多くの人々から支持を集める「響け!ユーフォニアム」シリーズ。この度シリーズの完全新作『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』が4月19日(金)より全国公開となります。

この度、下記日程にて完成披露上映会を開催いたしました。本イベントでは、黄前久美子役の黒沢ともよ、加藤葉月役の朝井彩加、川島緑輝役の豊田萌絵、高坂麗奈役の安済知佳、塚本秀一役の石谷春貴、久石奏役の雨宮天、鈴木美玲役の七瀬彩夏、鈴木さつき役の久野美咲、月永求役の土屋神葉、そして監督の石原立也が登壇し、多くのファンに作品を初めてお披露目する日を迎えた喜びを語りました。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』完成披露上映会
日程:2019年4月5日(金)
会場:有楽町朝日ホール
登壇:黒沢ともよ、朝井彩加、安済知佳、石谷春貴、雨宮天、七瀬彩夏、久野美咲、土屋神葉、石原立也監督

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』 4月5日(金)完成披露上映会 登壇者コメント


◆黒沢ともよ(黄前久美子役)
今回のアフレコは過去一楽しかったです!アフレコの後に「疲れたー」と言っているキャストさんもいたんですけど、わたしはその横で「楽しかったー!!」って叫んでいる感じでした。アフレコ現場ではわりとうるさかったかもしれません(笑)
監督から「今回はドキュメンタリー的な描き方をしたい」と言われました。ひとつひとつの事象の順を追って生きていこうね、という話だったので最後の演奏に向けてという意識はなかったのですけれど、出来上がった本作を観ると全てが演奏シーンに詰まっていて、あくまでわたしたちが演じているのは前段でしかないな、という印象を受けるほど感動的で・・・色んなものが詰まっていますので楽しみにしてください。
作品が始まったときはまさか2年生編までできるとは思っていませんでしたが、こうなったら3年生編もやりたい!!本作も相変わらず群像劇となっておりまして、どなたに観ていただいても自分を重ねられるキャラクターを見つけていただいけるのではないかと思います。どうぞ皆様、私たちを次の大会にも連れて行ってください!

◆朝井彩加(加藤葉月役)
アフレコは楽しかったという気持ちもありましたけれど、2年生になれた嬉しさが感情に乗っているなと感じました。自分の主観ではわからないのですが、周りの方からは2年生チームの中では「葉月が1番良い先輩感が強い」と言っていただいて嬉しかったです。また、今回葉月の後輩であり、両極端な性格の美咲と彩夏、2人の先輩として精一杯頑張りました。観ていただければ分かります!部員が多い分、人それぞれの「頑張り」が描かれていくのですけれども、いろいろな結果の描かれ方がある中で、その頑張った先に何があるのかを考えさせられる映画だと思うので、登場人物個々の頑張り方を感じていただけたらと思います。

◆安済知佳(高坂麗奈役)
今回麗奈は先輩としてはフィーチャーされず、久美子とのシーンがいつも通りあるのですけれど、久美子との関係はTVアニメの1期が初恋だったとして、その次に恋人、妻を経て今は母親になったかのようなコミュニケーションの取り方になりました(笑)。  今回初めて麗奈と秀一と二人きりのシーンがあったのですが、わたしが秀一に対しての憎しみがアフレコのテストで出てしまい、音響監督の鶴岡さんに「お前怖いわ!麗奈は普通にしていても怖いんだからそんな怖くしなくていい」と、そんなつもりはなかったのに言われてしまいました(笑)。どんなシーンか確認してみてください。わたしたち2年生チームにとって2度目の始まりは色々な風が入ってきて始まったので、タイトルでは「誓いのフィナーレ」と言っていますが、「はじまり」かな?と思っています。

◆石谷春貴(塚本秀一役)
アフレコ現場では黒沢さんが盛り上げてくれて、座長感がありました(笑)。1期2期とふまえてきて、今回の映画でも皆さんが追体験しているような感じになると思います。本作では色々な場面で成長を見られると感じているので、それも楽しんでいただければ嬉しいです。

◆雨宮天(久石奏役)
皆様にキャラクターも自分も受け入れてもらえるのか、すごく緊張しています。奏という役はわたしにとってすごく大変な役でした。あざとくて器用なようで人間らしさもあるキャラクターで、その彼女の魅力をどう出していけば良いのか、いつ出していけば良いのかとすごく頭を使ったという意味では、やりがいがあるという意味で疲れました(笑)。演じる側の立場としても頭も心も体も全部使っていたので心地よい疲れがあったのですけれど、視聴者としてもキャラクターに感情移入できる場面ばかりで、自分が出ていないシーンでもぐっときて泣きそうになることが多かったので、観てくださる方も心地よい疲労感に包まれるのではないかなと思います。

◆七瀬彩夏(鈴木美玲役)
アフレコ現場ではとても緊張して、まるで本当に後輩になったような気持ちでした。今回演じた美玲は本当にクールな役どころで、わたしはすごく彼女に共感しやすくて演じやすかったです。みんな誰もが力を余すところなく出し切っているからこそ良い演奏ができるし、色んなことを本気でやっているところが本作の見所です。

◆久野美咲(鈴木さつき役)
オーディションを受ける前から、この作品はとても有名でわたしも知っていたので、関われたことが嬉しいです。アフレコの時はすごく緊張していたのですけれど、先輩の皆さんのお芝居を見てから新入生のお芝居が始まったので、アフレコ現場で本当に新入生になった気持ちになりました。わたしが演じるさつきはすごくポジティブで明るくて、葉月をはじめとした先輩達とすぐ打ち解けちゃうんですけれど、それだけではなくて久美子と奏の関係性もストーリーが進むごとにどんどん変わっていくので、その移ろいも見所です。

◆土屋神葉(月永求役)
収録の際に音響監督の鶴岡さんから「コントラバスを選ぶ人は共通するところがある」というヒントをいただいて、緑輝先輩の心の強さ、芯の強さを意識しながら演じました。本作は吹奏楽部ということで一挙手一投足が本当に愛おしくてとても感動的だったので、期待していただければと思います。

◆石原立也監督
新入生の皆さんはニュータイプというか、新人類というか。久美子とそんなに年齢が違うわけではないのですけれど、北宇治高校吹奏楽部が全国に行って強豪校の仲間入りをしたタイミングで入学してきた人達なので、腕に覚えがある分、結構生意気だったりします。新入生のキャラクターを演じたキャストさんの演技はばっちりです。この作品はたくさんの青春がひしめいていると思います。1人1人がくっついたりぶつかり合ったりして喧嘩したり笑いあったり泣きあったり。今回皆さんの応援もありまして無事作品を作ることができました。純度100パーセントのユーフォニアムになっていますし、もちろん『響け!ユーフォニアム』シリーズをまだ見たことのない人にも楽しんでいただけると思います。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』

公式サイト:
http://anime-eupho.com/

TVアニメ公式Twitter:
@anime_eupho


昨年度の全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部。
2年生の黄前久美子は3年生の加部友恵と、
4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。

全国大会出場校ともあって、多くの1年生が入部するなか、
低音パートへやって来たのは4名。

一見すると何の問題もなさそうな久石奏。
周囲と馴染もうとしない鈴木美玲。
そんな美玲と仲良くしたい鈴木さつき。
自身のことを語ろうとしない月永求。

サンライズフェスティバル、オーディション、そしてコンクール。
「全国大会金賞」を目標に掲げる吹奏楽部だけど、問題が次々と勃発して……!?

北宇治高校吹奏楽部、波乱の日々がスタート!

***********************************


STAFF
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:石原立也
脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:池田晶子
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス、ハートカンパニー
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
演奏協力:フレッシュマン・ウインド・オーケストラ
音楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹


CAST
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
塚本秀一:石谷春貴
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
後藤卓也:津田健次郎
長瀬梨子:小堀 幸
久石 奏:雨宮 天
鈴木美玲:七瀬彩夏
鈴木さつき:久野美咲
月永 求:土屋神葉
田中あすか:寿 美菜子
滝 昇:櫻井孝宏

原作:武田綾乃
監督:石原立也
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会