「ま行」カテゴリーアーカイブ

『MIDSOMMAR』が、邦題『ミッドサマー』に!公開決定&監督初来日も予定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年、世界中で最高の評価を受け、日本でも同年11月に公開された映画『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作にして、最注目スタジオA24が贈るスリラー『MIDSOMMAR』が、邦題『ミッドサマー』に決定。

2020年2月、TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショーが決定しました。

ミッドサマー 「本物の天才」「恐怖映画の新たな神」アリ・アスター監督初来日予定!!
ファントム・フィルムは、本作の公開時期を、アリ・アスター監督の来日に合わせて調整しており、この度監督の来日が内定。

それに合わせて公開日を発表する運びとなりました。
18年に公開された『ヘレディタリー/継承』があらゆる批評家、映画サイト、映画誌の年間ベスト作品にランクイン。本作でも「本物の天才」「恐怖映画の新たな神」と評された最注目映画監督がついに日本にやってきます!

映画情報どっとこむ ralph 伝説の映画祭「東京国際ファンタスティック映画祭」オールナイト上映 オープニング作品に緊急決定!!
さらに、第32回東京国際映画祭のオールナイト上映で、一夜限りの復活を遂げる「シン・ファンタ 復活!?
東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」(11月2日(土))のオープニング上映作品に本作が緊急決定!
同映画祭は、ホラー・スリラー映画のブームを牽引し、日本のアニメや、香港・韓国・インド映画にもいち早く注目して来た伝説の映画祭。2005年以来、14年ぶりの復活となるオールナイト上映が本作のジャパンプレミアとなります。

祝祭がはじまる

『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作。
5人の大学生たちが訪れたスウェーデンの奥地で、90年に一度の祝祭が始まる。
白夜の太陽の下、花は咲き乱れ、人々は陽気に歌い踊る・・・しかし、全ては悪夢の始まりだった。
明るいことが、こんなにおそろしい― 恐怖の歴史を覆す“フェスティバル・スリラー”。

映画情報どっとこむ ralph 家族を不慮の事故で失ったヒロイン・ダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。
長編デビュー作 『ヘレディタリー/継承 』が世界中の批評家、映画サイト、映画誌の2018年ベストに選出され、いまハリウッドの製作陣が”最も組みたいクリエイター”としてその動向に注目が集まっているアリ・アスター監督の最新作。恐怖の歴史を覆す、暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、観る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、永遠に忘れられないラストに到達する。

前代未聞の”フェスティバル・スリラー”ついに日本上陸!

映画情報どっとこむ ralph 邦題『ミッドサマー』
原題:MIDSOMMAR


2020年2月TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式HP:
https://www.phantom-film.com/midsommar/

公式twitter:
@midsommarjp


物語
家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

***********************************

脚本・監督:アリ・アスター
出演:フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ウィルヘルム・ブロングレン、アーチー・マデクウィ、エローラ・トルキア
製作:パトリック・アンディション、ラース・クヌードセン
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ プロダクション・デザイン:ヘンリック・スヴェンソン 編集:ルシアン・ジョンストン
衣裳デザイン:アンドレア・フレッシュ
音楽:ボビー・クルリック
© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
配給:ファントム・フィルム

2019年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:147分|




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

椎名桔平 Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』シッチェス・カタロニア国際映画祭ワールドプレミア舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph Netflixは、2019年10月11日(金)よりNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』を配信します。
『自殺サークル』、『愛のむきだし』、『ヒミズ』など、数々の衝撃作で世界中の映画ファンを魅了してきた、日本を代表する鬼才・園子温。『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と同様に実際の事件からインスパイアされた、狂気と愛憎が渦巻く戦慄のサスペンス・スリラー『愛なき森で叫べ』は、シッチェス・カタロニア国際映画祭2019 ニュー・ビジョンズ部門へ正式出品され、10月6日(日)20:30(日本時間10/7(月)3:30)からのワールドプレミア上映舞台挨拶に主演の椎名桔平とプロデューサー武藤大司が登壇した。
Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』シッチェス映画祭プレミア上映_2 (1) 初期の『自転車吐息』(1990)、から『愛のむきだし』(08)、『冷たい熱帯魚』(11)など数多くの作品が海外の映画祭で熱狂を呼び、シッチェス国際映画祭2015ではそれまでの貢献を讃えられ「タイムマシーン賞」を受賞している園子温監督作品ということで既に上映前から、集まった350人の観客からの期待で熱気に包まれた会場。上映前の舞台挨拶に、主演の椎名桔平とプロデューサー武藤大司が登場すると、会場からは大きな拍手が送られた。ヨーロッパで開催される映画祭に初参加となる椎名は開催地の公用語であるカタルーニャ語で「みなさんこんばんは!みなさん元気ですか?僕は元気です。今日は楽しんでください!」と挨拶をすると、観客席は大盛り上がり。続いて武藤プロデューサーが「残念ながら私は園子温監督ではありません。監督も大変、この映画祭に来たいという気持ちがあったのですが、新作映画の制作で欠席となりました。」と冗談を交えながら監督の不在の理由を伝えた。上映中には、これまでの園監督作品を彷彿とさせるシチュエーションと、園監督ならではのユーモアとバイオレンスに溢れたシーンに拍手や笑いが起き、世界の園子温ファンからは配信を待ち望む声が聞こえた。
Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』シッチェス映画祭プレミア上映_2 (1)
映画情報どっとこむ ralph 世界中で蔓延している事件の被害者の姿、そして、彼らが加害者に転じてしまう人間社会の恐ろしさと闇を炙り出す、園監督ならではのユーモアとバイオレンスで突き進む『愛なき森で叫べ』は、2019年10月11日(金)、Netflixオリジナル映画として全世界190か国へ配信予定。
ぜひ、本情報のご紹介をご検討頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。

Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』

Netflix Japan公式アカウント
Netflix:
https://www.netflix.com/jp/ 
YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/c/NetflixJP
ツイッター(@NetflixJP):
https://twitter.com/NetflixJP

監督・脚本:園子温 × 主演:椎名桔平Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』 

STORY
1995年。愛知県豊川市から上京したシン(満島真之介)は、ジェイ(YOUNG DAIS)とフカミ(長谷川大)に声をかけられ彼らの自主映画制作に参加。知人の妙子(日南響子)と美津子(鎌滝えり)に出演を依頼する。彼女たちは高校時代、憧れであったクラスメイトが交通事故で急逝するという衝撃的な事件から未だ逃れられずにいた。引きこもりとなっていた美津子に村田(椎名桔平)から電話がかかってきたのは、世間が銃による連続殺人事件に震撼していたころ。村田は「10年前に借りた50円を返したい」という理由で美津子を呼び出し、巧みな話術とオーバーな愛情表現で彼女の心を奪っていく。だが、村田は冷酷な天性の詐欺師だった。自身の姉も村田に騙されていた妙子によって彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始める。やがて村田は、美津子の父・茂(でんでん)や母・アズミ(真飛聖)をも巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり始める…。

Netflix(ネットフリックス)について
Netflixは、190ヵ国以上で1億5100万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。


***********************************

監督・脚本:園子温
出演:椎名桔平、満島真之介、日南響子、鎌滝えり、YOUNG DAIS、長谷川大 / 真飛聖、でんでん
プロデューサー:武藤大司
撮影:谷川創平 美術:松塚隆史 照明:李家俊理
配信:2019年10月11日(金)、Netflixにて全世界配信予定






フェイスブック:  https://www.facebook.com/netflixjp
インスタグラム:  https://www.instagram.com/netflixjp/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新井英樹、堀江貴文トークイベント!映画『宮本から君へ』公開記念


映画情報どっとこむ ralph バブル崩壊直前の日本で最も嫌われた伝説の漫画を、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化した『宮本から君へ』が9月27日(金)より全国公開となった。

10月6日(日)に角川シネマ有楽町にて、原作者の新井英樹と実業家の堀江貴文によるトークイベントが開催された。
宮本から君へA5clearfile
日付:10月6日(日)
場所:角川シネマ有楽町
登壇:新井英樹、堀江貴文

映画情報どっとこむ ralph 新井の原作は全て読了し、中でも「宮本から君へ」が好きと豪語する堀江さんは、開口一番、

堀江さん:1990年にモーニング(講談社)で連載をスタートした本作が30年を経た今なぜ映画化となったんですか?

と質問。

新井さん:映画の企画は何度もあったんですが、実現しなかった。ようやく動き出した時、映画化を前提にしたドラマ化がスタートしました。なんですが、そのドラマ放送後に映画化の話が一旦消滅して、そこから奇跡の復活をしたんです。
と映画化までの道のりが容易くなかったと話す。
連載当時から原作を読み、アマゾンやメルカリがない時代に、単行本を買い揃えるのがいかに大変だったかという経験を熱く語るほどの原作ファンである堀江さんは本作を鑑賞し、

堀江さん:奇跡のキャスティング!

と称賛をおくり、

堀江さん:蒼井優が中野靖子を演じたことを考えると30年待った価値があった。

と話す。新井さんは映画を観た際に、

新井さん:蒼井さんの顔が、本当に中野靖子になっていて。

と驚いたという。
また本作では、ラガーマンが恐ろしくみえてしまうほど、壮絶な事件が起きる。ラグビーが題材になっていることから、

堀江さん:ラグビーワールドカップ開催中タイミングでの公開は、狙ってましたか?

と質問が飛ぶと、

新井さん:偶然だけど、タイミングはバッチリ!

と笑う。漫画には、新井が高校時代ラグビー部だった経験も生かされている。

そして、堀江から原作当時いかに本作がセンセーショナルだったかという話題を振られると、本作の宮本と靖子に起きる衝撃の事件について、新井さんは、当時の編集長から、靖子が襲われる物語を描かないか、と提案され、その誘惑に負けたこと話す。「中野靖子、ごめん」と思いながらも、表現への挑戦として物語を描いているうちに、宮本が、どんなに頑張っても靖子を救うことができないと悟った。絶対に二人を別れさせたくない一心で物語を紡いだが、新井の心が救われることはなかった。だが、本作の撮影で、池松演じる宮本からのプロポーズのシーンで蒼井が「素で感動した」と発言したことで、
新井さん:25年間、ずっとごめん、中野靖子、と思っていた想いが、この蒼井さんの一言で救われた。この映画が完成したおかげ!

と喜びをあらわにした。

最後に、

堀江さん;素晴らしい作品です。(最後の結末まで)全部知っている原作ファンが見てもハラハラして、感動する、むしろ知っていた方が楽しめる映画だと思います。ぜひ周りに宮本よかったと広めてほしい・

といい、

新井さん:(映画は)奇跡の出来になったと思います。ぜひ映画を広めてほしいです!

と力強くPRした。

映画情報どっとこむ ralph 映画『宮本から君へ』

『宮本から君へ』 あらすじ
文具メーカーで働く営業マン宮本浩は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。会社の先輩の友人である、自立した女・中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二が現れる。裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は裕二に「この女は俺が守る」と言い放つ。この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子には、ひとときの幸福の時間が訪れる。しかし、二人の間に、人生最大の試練が立ちはだかるのだった・・・。究極の愛の試練に立ち向かうべく、宮本が”絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!



***********************************

原作: 新井英樹 『宮本から君へ』 百万年書房/太田出版刊  
監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、港岳彦
出演:池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ
主題歌:宮本浩次「Do you remember?」(ユニバーサルシグマ) レコーディングメンバー
Vocal:宮本浩次、Guitar:横山健、Bass:Jun Gray、Drums:Jah-Rah




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斎藤工、永野、SWAYチーム『MANRIKI』がTGC北九州に参戦!で、皆さん!助けてください!フォローしてください


映画情報どっとこむ ralph この度、11月29日(金)公開の映画『MANRIKI』(共同配給:HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ)より、映画『MANRIKI』メンバーがTGC北九州に参加しましたことをご報告させていただきます。

俳優のみならず、映画プロデューサーや監督などクリエイターとしても注目を集める斎藤工(齊藤工名義で企画・プロデュース)と、その独特の世界観で個性を放つ芸人・永野、さらにミュージシャン、俳優、音楽プロデューサーなど幅広く活躍する金子ノブアキ、映像クリエイター清水康彦が集い動き出したプロジェクト“チーム万力”の長編映画『MANRIKI』。本作は永野の原案・原作に、斎藤工、監督・清水のクリエイティブエッセンスが詰め込まれ、さらに金子が担当した劇中音楽も加わり、独創的な映像で、常識的観念にとらわれず自由なクリエイティブを実現した意欲作となっております。

今回、映画『MANRIKI』より斎藤工、永野、SWAYがTGC北九州に参戦。本作は2017年に永野が参加したTGCでの出来事を元に齊藤工が企画し永野が脚本を仕上げた、まさに出戻り作品。そんな中、MCのSWAYより「公式SNS、フォロワー数1万人行かなかったら映画公開中止」宣言!をしました。異例の出来事に会場騒然。3人からのフォロー懇願ランウェイとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『MANRIKI』の映像が流れ、斎藤工、永野、SWAYが登場すると会場は歓声の渦に包まれました。

斎藤工さんは顔までをすっぽりと被せたロングジャケット、永野さんは分身の人形を身に着けて、SWAYさんはパーチケ(パーティーチケット)を持ちながらランウェイが始まり、手元にある名刺をバラ撒きました。
映画『MANRIKI』斎藤工、永野、SWAYがTGC北九州に参戦
映画『MANRIKI』斎藤工、永野、SWAYがTGC北九州に参戦
ランウェイトップに着くと

永野さん:パラパラを流してもらって名刺を配りながら一周します!

と掛け声をかけ、3人はランウェイから客席に降りていき、名刺を手渡しで配りました。
配った名刺は本作に因んだ、万力美容クリニックの名刺とパーチケ。まさかのキャストの急接近に会場は一気に大盛りあがりとなりました。


ランウェイを終えた、3人はMCのSWAYを筆頭に映画『MANRIKI』について、

斎藤さん:ほぼ、昼顔と同じ内容です。(笑)小顔矯正スプラッターブラックコメディ映画となっており、めちゃめちゃ派手な映像となってます!映像を見てもらって、なにか感じるものがあった方は人生が変わる一本になるかと思います。」

説明!そして

永野さん:3年前にTGCに出させてもらった時に舞台袖で小顔マッサージや、小顔プリクラとかをやっているのを見てアイディアが浮かびました。とにかく小顔の方がさらに小顔にするっていう内容なので!皆さん面白いと思うので是非見てください!

と本作をつくった経緯も明かした。


中盤に差し掛かると

SWAYさん:皆さんにとてもとても大切なことを今から言います。

と言い出し、楽しい雰囲気は急展開。
映画『MANRIKI』斎藤工、永野、SWAYがTGC北九州に参戦 SWAYさん:11月29日公開とは言ったのですが、映画『MANRIKI』、TwitterとInstagramのアカウントのフォロワーが1万人達しなかったら、こちら上映できません!!

と衝撃の告知が飛び出しました。

斎藤さん:皆さんがフォローしてくれないと、公開ができない映画『MANRIKI』でございます。このコーナーは携帯使用OKなので、皆さんいますぐフォローしてください。残り73日で1万人なので、一時的でもいいのでお願いします!!
映画『MANRIKI』斎藤工、永野、SWAYがTGC北九州に参戦 と3人で全身全霊、必死の懇願。異例の全面映画告知ランウェイになりました。

映画情報どっとこむ ralph この記事を読んでくださった皆さんは、今すぐ本作の公式Twitter・Instagramのフォローを!

映画「MANRIKI」

は、11月29日(金)シネマート新宿ほか全国順次公開…?

公式 HP:
crush-them-manriki.com

公式インスタグラム:
@manrikimovie/

公式ツイッター:
@manrikimovi
MANRIKI あらすじ
⽇本。秩序と混沌の国。美と醜の国。過度な経済成⻑で得た豊かさの代償として、国⺠は様々なコンプレックスを抱えている。
醜きを覆い隠し、美しきことのように振る舞う。奥ゆかしさとも⾔えるその性は、この国の様式美そのものなのだ。
整形しているモデルの⽅が仕事が多い。駆け出しのファッションモデルが仕事欲しさに⼩顔矯正を決意。美容クリニックを営む美しき整顔師に⼩顔矯正施術を依頼し、モデルは変⾝を遂げる。整顔師の猟奇的哲学と万⼒によって・・・。
ざる蕎⻨を⾷べたのち、整顔師はクリニックを去り、新たな野望の地へ向かう。場末の街で美⼈局をするフーテンと年増。彼らと整顔師が突如遭遇することにより、物語は加速してゆく。
光と闇。主観と客観。偽善と必要悪。美と醜。我々は、万⼒の間で暴かれる。世は、⼈は、すでに醜く美しい。

***********************************

企画・プロデュース:齊藤工 永野
原作・脚本:永野 
主演:斎藤工
出演:永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 / 神野三鈴  他
音楽監督:金子ノブアキ
監督・脚本・編集:清水康彦
制作プロダクション:イースト・ファクトリー
共同配給:HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ
©2019 MANRIKI Film Partners




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

小松真弓監督作品「もち」伝統と生きる人々の「今」を描いたドキュメンタリー+ドラマ


映画情報どっとこむ ralph 小松真弓監督作品「もち」伝統と生きる人々の「今」を描いたドキュメンタリー+ドラマ
2019年春、ユーロスペース他全国ロードショー


岩手県、一関市、骨寺。
山々に囲まれ、冬には雪深くなる地で、古くから根付いているのは、「もち」の文化。
一つのうすでもちをついて、みんなで食べる−当たり前のように、ずっと続いている習慣。この地域に実際に暮らす中学生の少女、ユナが、子供から大人へと変化する一瞬の時間を切り取った稀有な作品が誕生しました。

監督は、生き生きとした表情を引き出す独特の演出や細部美こだわった映像美に定評があり、500本以上のCMを手がけてきた小松真弓。

もともと、一関市のプロモーション映像を撮影する目的で岩手の地を踏んだ小松監督と、ひとりの少女との出会いから、この作品が生まれました。
小松真弓監督作品『もち』佐藤由奈 800年前の景観とほぼ近い姿で奇跡的に守られてきた岩手県一関市に実際に住む14歳のユナ。
おばあちゃんの葬式で、臼と杵でつく昔ながらの方法でどうしても餅をつきたいと言い張るおじいちゃん。家族は、そんな面倒なことをしなくても、餅つき機で同じように美味しいものができると説得してみるが頑なに餅をつくという。ユナは敏感におじいさんの心の機微を感じてそっと寄り添う。
生徒の減少から中学校の閉校が決まり、最後の一年を終えると学校もなくなる。
ユナの世界も刻々と変化をしていき、自分の周りから色々なものがなくなり、離れていくことへの不安を抱えていく。この土地と人々によってまれた言葉、伝統、そして感情をありのままに残すため、限りなくノンフィクションに近いフィクションというハイブリットな形で製作し、出演者は全員住民という本作は、思春期の主人公が放つ「今」を生きるみずみずしさが心を揺さぶり、深く強い文化と歴史の残る土地での生活は我々に大切な「何か」を問いかける。彼らが紡ぎ出す60分の奇跡が来年公開となります。
小松真弓監督作品『もち』
映画情報どっとこむ ralph <小松真弓監督コメント>
もちを作ること、一緒に食べること、それは、互いに幸せを分かち合い、悲しさ、辛さも共に背負っていく、人と人との絆を強めるためのもの。
誰も踊らなくなり、忘れ去られた神楽を復活させた中学生達がいると聞いて訪れた校庭で、1人の少女が舞っていた。それが14歳のユナでした。大地と共に生き、真っすぐで強く儚い人間という、希少な野生動物に出会った感覚でした。この土地では「もち」はただの食べ物ではなく、深いもの・強いものが宿っているという。だが、その文化がなくなりつつある。
東京にいると文化どころか、昨日と今日では街の景色ですら変わってしまっていることもある。
大量の情報が空中に溢れ、それぞれが欲しい情報だけを選択して簡単に手に入れられる便利な世界。毎日がすごい速さで更新されていく。人と人が直に繋がることも薄くなってきて、電話やメールなど空中で繋がることの方が多くなってきた。
今まで人々の体温のあるつながりの中で受け継がれてきた土着のものは、触れられることもなしにひっそりとなくなっていきそうだ。
それを時代のせいにして、知らん顔をすることもできる。でもなぜ今まで残ってきたのかという意味、その心を忘れてはいけないと強く思った。
この村には大切なものがまだたくさん残っている。
この話は限りなくノンフィクションに近いフィクションでやることにとても意味があると思ったので、出演者は全員一関の人たちにお願いしました。この土地から生まれた言葉、伝統、想いを、なるべくありのままの形で残したかった。
その昔人は一人で生きていけると思っていた時期もあった私。
「もち」は、あの頃の私のような人に見て欲しい。

映画情報どっとこむ ralph <小松真弓監督プロフィール>
広島県福山生まれ、神奈川県茅ケ崎育ち。
武蔵野美術大学卒業後、1996年、東北新社企画演出部に入社。
2011年より、フリーランスの映像ディレクターとして活躍
生き生きとした表情を引き出す独特の演出や細部美こだわった映像美に定評があり、これまでに500本以上のCMを手がけている。
TV-CMの企画・演出を中心に、ミュージッククリップ、ショートムービー、映画、脚本、イラスト、雑誌ディレクションなど、フィールドを広げている。
SUNTORY 山崎「男と女」(小栗旬・水原希子)/JR 東日本 JR SKISKI「青春は純白だ」(本田翼・窪田正孝)/KOSE ESPRIQUE「未体験のルージュ」(新垣結衣)「LOVE ROUGE」(安室奈美恵)/JA共済「いちご」「将棋」(有村架純・浜辺美波)/AHKAH「旅立ち」「海」(綾野剛)/福山雅治 MV「家族になろうよ」/SMAP MV「友だちへ〜Say what you will〜」など話題作を手がける。2011年には映画『たまたま』(主演:蒼井優)が劇場公開されている。

***********************************

監督・脚本:小松真弓
出演:佐藤由奈(ユナ) 蓬田 稔(おじいちゃん) 佐藤詩萌(シホ) 佐々木俊(タツ兄) 畠山育王(先生) 他
エグゼクティブプロデューサー 及川卓也
プロデューサー 谷田督夫
音楽:Akeboshi 
撮影 :広川泰士  
照明:タナカヨシヒロ 
整音:丸井庸男 
編集:遠藤文仁 
VFX:白石守




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ