「ま行」カテゴリーアーカイブ

黒のカリスマ蝶野正洋アンバサダーとして登壇『マーウェン』プレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ 一期一会』のロバート・ゼメキス監督が映画化を熱望した、知られざる感動の実話。ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害者で、障害を抱えながらも独自の世界観でカメラマンとして認められた、マーク・ホーガンキャンプのドキュメンタリー『Marwencol』を映画化した、『マーウェン』(原題:『Welcome to Marwen』)が、7月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショーとなります!

本作の公開を記念いたしまして、7月9日(火)にプレミア試写会を実施いたしました!当日のゲストとして、今なおプロレス界に絶対的な存在感を放つ≪黒のカリスマ≫蝶野正洋さんが登壇。ポスターに映る主人公・マークの衣装を意識した衣装で登場し、心に傷を負った男性が主人公が再生していく姿を描いている本作にちなんで、蝶野さん自身の挫折やケガからの復活の原動力、さらに“闇”にどう立ち向かうべきか?などについて熱く語った。
蝶野正洋『マーウェン』プレミア試写会 プレミア試写会 舞台挨拶
日程:7月9日(火)
会場:シネクイント(CINE QUINTO)
登壇:蝶野正洋

映画情報どっとこむ ralph ポスターに映る主人公・マークの衣装を意識した衣装で登場した蝶野さん。本作のアンバサダーを務めることに

蝶野さん:俺でいいんですか? (ヘイトクライムの被害者となる)逆の立場のような…?

と自虐発言で会場をわかせる。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのロバート・ゼメキス監督による本作。

蝶野さん:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は見てます! 永遠の素晴らしい映画です。

と語るが、最近、見た映画について尋ねると

蝶野さん:まだ子どもが小さいんで、ようやく『アンパンマン』を卒業したくらいです。
蝶野正洋『マーウェン』プレミア試写会 と子どもを自ら映画館に連れて行き、一緒に鑑賞する子煩悩な一面をのぞかせつつ

蝶野さん:『アンパンマン』は勉強になりますよ。プロレスのリングの上にそのまま持っていける社会の縮図がある!

と熱弁し、再び会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph また、『マーウェン』の感想を聞かれると、劇中でマークが人形を使用して実践する“箱庭療法”に言及。

蝶野さん:娘が10歳なんですが、学校から帰ってくると、人形を相手に話してたりするんです。まだ少し幼稚なのかと思っていたんですが、そういう形の心の癒しがあるんだなと。確かに自分も、兄や姉に遊んでもらえなかった時に、G.I.ジョーの人形でイメージを膨らませて遊んだりして、それが癒しになってました。すごいことだなと気づきました。

とうなずいていた。

一方で、試合前にあまりにテンションを上げ過ぎたことで失敗したことも…。

蝶野さん:第1回東京ドーム大会では、リングに入場してから3時間くらいの記憶が残ってなくて、記憶が戻ったのは(帰りの)タクシーの中だったことも。

と明かし、以降はリラックスすることも大事にするようになったと語った。

また、トークでは年末の恒例ともなっている「笑ってはいけない」シリーズにおける、月亭方正(山崎邦正)への制裁のビンタについても言及! 蝶野さん自身、ビンタは好きではないそうで

蝶野さん:プロレスでも下等な技。毎年、10月、11月頃になるとネガティブになります。

と告白し会場の笑いを誘う。

それでも

蝶野さん:最近は、方正くんを見ると『おいしいな』という顔をしてるんです。それでようやくモヤモヤが晴れます。方正くんが本当に『嫌!』って顔をしてたらやめてると思います。

と知られざる苦悩(?)を口にし、爆笑をさらった。
蝶野正洋『マーウェン』プレミア試写会
さらに蝶野節は止まらず、最近、何かと話題の“闇営業”問題に関し、特に反社会的勢力との仕事について

蝶野さん:反社会的勢力の人たちがやっているのは老人や弱い人へのイジメ。そういう連中に加担するのはダメ! 何のために強くなるかというと弱い人間を守るため。弱い人を相手に金をとったりイジメをする、それに加担するのはダメです。いまは(反社会的勢力と一般人の)見分けがつかないので用心しないと。

と呼びかけた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・映画で描かれる主人公について

蝶野さん:周りにたくさんいる。男女問わず、小さなことで心が折れてしまうことはある。でも戦っていく自分の可能性を見出すこと、あきらめずに立ち向かっていくことが必要。映画を見て、勇気をもらってください!

と語り、会場は大きな拍手に包まれた。



『マーウェン』
原題:Welcome to Marwen 
7月19日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー!

公式HP:
https://marwen-movie.jp/

公式Twitter:
@marwen_japan 

21世紀版『フォレスト・ガンプ 一期一会』の呼び声高いロバート・ゼメキス監督待望の最新作は、ファンタジーに溢れた、感動のヒューマンドラマ。主演には、『バイス』や『ビューティフル・ボーイ』などのスティーヴ・カレル。「ドキュメンタリーを見てすぐに、どのような形でもいいから関わりたいと思った。」と、カレル自ら出演を申し出た本作で演じたのは、5人の男からリンチを受け脳に障害を負った実在の男性、マーク・ホーガンキャンプ。命の危機に瀕する程の大怪我を負い、9日間にわたり昏睡状態だったホーガンキャンプは、目が覚めたときには自分の名前すら覚えておらず、歩くことさえままならなかった。そんな彼がリハビリのために始めたのはフィギュアの撮影だった。自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使い、第2次世界大戦時の村という設定のミニチュアを自宅の庭に築き、現実世界と向き合っていく。心に深い傷を負った1人の男性の苦しみと葛藤、そして自らと向き合いながら再生していく姿を、「挫折からの復活」「セルフ・ヒーリング」など、人々に勇気を与えるメッセージに溢れた作品に描き上げている。

【STORY】
5人の男に暴行されたマーク・ホーガンキャンプは、瀕死の重傷を負い、9日間の昏睡状態に陥る。目が覚めたときには自分の名前も覚えておらず、歩くことさえままならなかった。脳に障害を抱え、襲撃の後遺症(PTSD)に苦しむ彼はまともなセラピーも受けられず、治療代わりにフィギュアの撮影を始める。自宅に作った空想の世界“マーウェン”では、G.Iジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形が迫り来るナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げていた。次第にマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。“マーウェン” で戦う勇気を与えられたマークは、避けていた暴行事件の裁判で証言しようと決意するが・・・

***********************************

監督:ロバート・ゼメキス
出演:スティーヴ・カレル/レスリー・マン/ダイアン・クルーガー/メリット・ウェヴァー/ジャネール・モネイ
/エイザ・ゴンザレス/グウェンドリン・クリスティー/レスリー・ゼメキス

配給:パルコ 
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS


池松壮亮×蒼井優で映画化!『宮本から君へ』 限定クリアファイル付きムビチケカード>発売決定


映画情報どっとこむ ralph 世代を超えて読み継がれる伝説の漫画を、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化した『宮本から君へ』。

この度、原作者・新井英樹が描き下ろした「宮本」ビジュアルが解禁!
あわせて、そのビジュアルを使用したの発売が決定した!

原作コミックは、社会に蔓延する様々なテーマを、容赦ない人間描写と圧倒的な世界観で描き続けてきた漫画家・新井英樹先生が熱血営業マン・宮本浩、七転八倒の記録を描いた作品。

いまもなお俳優やミュージシャン、漫画家など各界から熱烈な支持者を生み続け、満を持して実写映画化が決定。真利子監督が「この映画の顔ぶれに微塵も悔いはありません。」と語る一癖も二癖もある役者陣が集結した。映画では、原作の後半をベースに、池松壮亮が演じる“宮本浩”と蒼井優が演じる“中野靖子”の前に立ちはだかる「究極の愛の試練」を二人が克服していく姿が描かれる。

本作のムビチケカード購入特典は、限定クリアファファイル。原作の新井英樹が描き下ろした「宮本」と池松壮亮演じる「宮本」が表裏となったファン垂涎の仕様に。表を見ても!裏を見ても!宮本!な熱量の高いは、7月12日発売開始!!
宮本から君へA5clearfile W宮本!限定クリアファイル付ムビチケカード
¥1,400(税込) ※一部劇場のぞく 
※ムビチケカードは、インターネットで座席指定ができる前売鑑賞券です

映画情報どっとこむ ralph 映画『宮本から君へ

は9月27日(金)全国公開!

公式サイト:
miyamotomovie.jp

公式Twitter:
@miyamoto_kimi
宮本から君へ 金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない!熱血営業マン・宮本浩が、愛する人のため“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた極限の人間讃歌エンターテイメント。宮本の熱量を、あなたは受け止められるか?
生身の愛を求めない人、お断り!

***********************************

原作: 新井英樹 『宮本から君へ』 百万年書房/太田出版刊  監督:真利子哲也 脚本:真利子哲也、港岳彦
出演:池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ
配給:スターサンズ、KADOKAWA
(C)2019「宮本から君へ」製作委員会 


田中征爾監督作品 サスペンス・コメディ『メランコリック』 予告解禁&応援コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 長編第一作目となる新人監督が、いきなり東京国際映画祭で監督賞を受賞、ウディネファーイースト映画祭では新人監督作品賞を受賞するなど、世界各国の映画祭で評価を得ている映画 2019 年 8 月 3 日(土)よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ港北ニュータウンほか全国順次公開する、映画『メランコリック』の予告が解禁となりました。

併せて著名人からの応援コメントも到着しました!

今回解禁する予告編では 、東大卒でニート、実家暮らしの主人公和彦が、たまたま訪れた銭湯でバイトを始めるが、その銭湯は閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出されることを知り…。あれよという間に和彦は、取り返しのつかないことに巻き込まれていく模様が描かれています。

お笑い芸人・漫画家の矢部太郎さんからは「怖くて、かっこよくて、面白い!」、映画評論家の真魚八重子さんは「新人離れした快作!」、俳優の村田雄浩さんは「何とも愛おしい映画である!」と各界の著名人から応援コメントも寄せらてております。

映画『メランコリック』は、ひょんなことから人生が動きだしてしまう人間模様を変幻自在な展開とストーリーで描いた、巻き込まれ型サスペンス・コメディ。

映画情報どっとこむ ralph 著名人から応援コメント到着!!

登場人物が全員、絶えず魅力的。松本が金髪揺らして「仕事」するときの所作なんか超色っぽい。
プロデューサー・監督・俳優という三者の、映画作りたい、作りたい、作りたい!が沸騰した末、良い湯加減
になったのでしょうね。
―大九明子(映画監督)

いささか背の高いダスティン・ホフマンとガタイのいいブライアン・ジョーンズが、一昔前の香港映画の拳銃
ごっこを始める。銭湯とは死体処理に最適の場所だとは、ヒッチコックも気が付かなかった。がはは。気分が
いいぜ。日本映画はまだ健全だ。
―四方田犬彦(映画研究・比較文学)

なんでこんなに面白いんだろう――?田中征爾という未知の若い監督による快作 に心を奪われた 。
簡単に割り切れない世界を、我々が辿ったことのないコースで案内してくれる 。
―森直人(映画評論家)

サプライズ満載!
殺しと愛、友情と家族に関するとびきりオリジナルな物語。僕は終盤に落涙してしまいました。
新たなストーリーテラーの誕生に刮目せよ!
―矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

ノーガードで観にいったら気持ちのいいストレートパンチにノックダウン。
こんな狂気的なコメディエンターテイメントが今まであっただろうか!?
この映画は世界を席巻する日本代表だ!見届けない手はない!
―川平慈英(俳優)

突飛な設定でありつつ、若者が責任を担う喜びやライバルへの嫉妬心など、感情の機微が見事に捉えられてい
て感嘆。アクションも香港映画のようでオッ!と身を乗り出したし、笑いに満ちた中にジャン=ピエール・メ
ルヴィルの香りがフッとする。新人離れした快作!
―真魚八重子(映画評論家)

銭湯という場所に行くたびに僕はなんとも言えない違和感を感じます。
日常の中にある異常。その違和感がどんどん広がっていって、怖くて、かっこよくて、面白い、素晴らしい映
画になっていました!
―矢部太郎(お笑い芸人・漫画家)

何とも愛おしい映画である!
こんな奇抜なことが、本当に日常の中で起きているのかも知れない!と思わせてくれるのが不思議だった…。
物語は何気ない会話で紡がれていて、演出やカット割りも奇をてらうようなこともなく…。
しかし、いつの間にか登場人物に心を奪われている。最後には登場人物のその後が気になって
しょうがなかった。
―村田雄浩(俳優)


東京国際映画祭での審査会の席、「この監督には確かな力量とビジョンがある」と、監督賞の受賞が満場一致
で決まりました。突拍子もなさそうな設定でも飄々と観るものをからめとってしまう田中征爾監督、末恐ろし
い!
―入江悠(映画監督)

営業時間外の銭湯で処刑した死体を楽に掃除して焼却し、その熱で湯を沸かしお金も儲かる画期的なエコシス
テム!そのシステムを知ってしまった人、利用する人、逃れられない人、間接的に関わってしまった人々、そ
れぞれのメランコリーが湯気とともに立ち昇りどこへ漂っていくのか想像もつかないニュータイプの銭湯映画
です。
―羽生生純(漫画家)
金や知名度はなくても、知恵とスキルと勇気があれば、面白い映画が出来ることを証明する作品。
だからと言って、この映画のプロデユーサーや監督、出演陣に、次も「“低予算”で」なんてオーダーしかなか
ったら、それこそ夢も希望もない。
…と思うぐらい、ホントに面白い!!
―松崎まこと( 映画活動家・放送作家)

ジャンルミックスな物語と堅実な役者の演技に、観客を信じ込ませる強度を感じた。
この作品が描いているのは、『パルプ・フィクション』に出てくるザ・ウルフのその先だ!
―コトブキツカサ(映画パーソナリティ)


映画情報どっとこむ ralph 映画『メランコリック』
2019 年8月3日(土)、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ港北ニュータウンほか全国順次公開
メランコリック
https://www.uplink.co.jp/melancholic/

バイトを始めた銭湯は、深夜に風呂場で人を殺していた――!?
名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たまたま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働くこととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らかにな り…。

***********************************


監督・脚本・編集:田中征爾

出演:皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真 、矢田政伸 、浜谷康幸、ステファニー・アリエン、大久保裕太、山下ケイジ、新海ひろ子、蒲池貴範 他

配給:アップリンク、神宮前プロデュース、One Goose
(2018 年/カラー/日本/DCP/シネスコ/114 分)


「蜜蜂と遠雷」追加キャストに臼田あさ美、福田リラ、鹿賀丈史 他解禁!


映画情報どっとこむ ralph 史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たし、現代を代表する作家の一人、恩田陸の新たな代表作となった名作「蜜蜂と遠雷」が豪華キャスト、スタッフ陣により実写映画化され10月4日(金)に公開する。
既に発表され話題となっているキャスト陣には今を彩る豪華俳優陣の“競演”が実現!2018、2019年と各種映画賞を軒並み獲得している今最も輝く女優の一人となった松岡茉優が主演を務め、共演には第42回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた松坂桃李、ハリウッドデビューも果たした期待の若手・森崎ウィン。そして新星・鈴鹿央士が大抜擢されている。

監督・脚本・編集は『愚行録』で長編監督デビューを果たし、新藤兼人賞銀賞を受賞した新鋭・石川慶監督と日本映画界が注目するキャスト、スタッフ陣が集結した。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、本作に出演する追加キャストが解禁となった!
映画『蜜蜂と遠雷』 松坂演じる明石の妻として、夫のコンクール挑戦を献身的に支える高島満智子役に『愚行録』以来、石川監督とは2度目のタッグとなる臼田あさ美

森崎演じるマサルと同じ音楽院に通い、時にマサルにアドバイスを贈りながら自身もコンクールに参加するジェニファ・チャン役に『ウルヴァリン: SAMURAI』でハリウッドデビューを果たし、数々のハリウッド作品に出演し世界で活躍する福島リラ

亜夜とひょんなことから出会うピアノ調律師役に眞島秀和。謎のクロークの女役に片桐はいり。「春と修羅」の作曲家・菱沼忠明役に名バイプレーヤーとして知られる光石研

コンクール会場の責任者で、7年前の亜夜の突然の失踪時から彼女を見守る田久保寛役に映画やドラマで見ない日は無い名脇役の平田満

芳ヶ江国際ピアノコンクールの審査員を務め、マサルの師であるナサニエル・シルヴァーバーグ役にポーランドの名優アンジェイ・ヒラ

コンクールの審査員長でピアニストたちの命運を握る重要人物・嵯峨三枝子役に女優として数々の名作に出演しその演技力で唯一無二の存在感をみせる斉藤由貴

コンクールの最終選考でオーケストラの指揮を執り、松岡演じる亜夜らピアニストたちを叱咤する世界的指揮者・小野寺昌幸役に映画・ドラマ・舞台と幅広いステージで活躍し、作品に重厚感を与える名優鹿賀丈史が出演することが決定した。

数々の作品で存在感をみせてきた名だたる名優たちの参加に加え、世界で活躍する俳優の参加が、若き4人のピアニストの闘いやドラマに深みを与えること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 原作の繊細な“文章”による楽曲の表現に映像化不可能と言われていた本作だが、日本最高峰のピアニスト(河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央)が、それぞれのキャラクターに沿った演奏で一音の妥協なく“音楽”を作り上げている。ピアニストという表現の難しい役柄を繊細かつ、感情的に演じています!

「蜜蜂と遠雷」

ストーリー
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜(松岡茉優)。“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石(松坂桃李)。人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル(森崎ウィン)。今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵(鈴鹿央士)。熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

***********************************

松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン
鈴鹿央士(新人) 臼田あさ美 福島リラ/ 眞島秀和 片桐はいり 光石研
平田満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史

原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎文庫)
監督・脚本・編集:石川慶
「春と修羅」作曲:藤倉大 ピアノ演奏:河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士 藤田真央 オーケストラ演奏:東京フィルハーモニー交響楽団(指揮:円光寺雅彦)
©2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会


ラスボス小林幸子がポケモン大人試写会にサプライズ降臨!そして生歌唱!


映画情報どっとこむ ralph 1998年公開、記念すべきポケモン映画シリーズ1作目となる『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』。

この伝説の映画が再び、最強のポケモン・ミュウツー役に市村正親、波止場をしきるボイジャー役に小林幸子、幻のポケモン・ミュウ役に山寺宏一と前作のゲスト声優たちを迎え、『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』として、ついに7月12日(金)公開!!

夏のポケモン映画初となる全編フル3DCG、さらに第1作目でも主題歌も担当した小林が、亀田誠治プロデュースの元、今やポケモンに欠かせない存在・中川翔子と強力タッグを組み、名曲「風といっしょに」を担当する等、まさに“EVOLUTION=進化”し、戻ってきます。

そして本日7月8日(月)、ポケモン映画で3回目となる18歳以上のお客様限定の“大人限定試写会”を実施。

本作でゲスト声優&主題歌を担当する小林幸子が実はお客様と一緒に映画を鑑賞しており、サプライズ登壇しました!さらに主題歌「風といっしょに」を生歌唱!

『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』大人限定試写会
日付:7月8日(月)
登壇:小林幸子

映画情報どっとこむ ralph 倍率は過去行われた同試写会の中でも最高の10倍!
そんな選ばれし大人たちは、子供の頃の思い出と重なったのか、序盤から泣き出すファンも。特に、エンドロールで主題歌「風といっしょに」が流れると感極まったようにティッシュやハンカチで目元を抑える姿も見受けられました。

そんな中、小林幸子さんのサプライズ登壇が発表され、「私も初めから泣いてしまいました…」と目頭を抑えながら舞台に降臨!すると、会場からは温かい空気と割れんばかりの拍手で迎えられました。
小林さんが「歩き続けて…」と歌い始めると、会場からも歌詞を空で覚えているのか、一緒に口ずさむ声が。そしてその声の間からすすり泣く声も聞こえ、会場は感涙の嵐となりました。

<小林幸子コメント>
今回の作品を観て先ず、映像が素晴らしかったです。そして第1作目と変わらず、この作品には世の中の「永遠のテーマ」=「争いの無い世界を望む」ことが描かれていてポケモンとポケモン、ポケモンと人間の絆に涙が止まりませんでした。作品の後半からエンドロールで涙している方もいらっしゃって…
色々の方の思い出が詰まった作品、そして主題歌なのだと改めて感じています。1998年当時お子さんだった方が大きくなって、社会人になり、働いていたりする。私はそんな皆さんのお母さんの気分で、届くことを願って心を込めて歌いました。ただ歌っている間、目の前で泣いている方がいて…思わずもらい泣きしてしまったので、ちゃんと歌えていたか心配です(笑)

映画情報どっとこむ ralph また公開に向けさらなる盛り上がりをみせる本作ですが、劇中エンドロールで使用されるスペシャルアートの一部が公開前に先行解禁。
映画「ハリー・ポッター」シリーズを始めとした、数々のハリウッド作品でアートディレクション、キャラクターデザインを手掛けてきたアートディレクター・中島聖氏の描き下ろしとなっており、サトシ、カスミ、タケシの本編では描かれなかった旅路を描いた、今までのポケモン映画のイメージとはまた一味違う美しいアートの数々が誕生しました。

さらに、本作の上映劇場ではエンドロールにも登場しないスペシャルアートを使用したポスターの掲出も決定!
こちらも同じく中島聖氏の描き下ろしとなっており、朝焼けに眩しいほど照らされた海岸で次の旅へと向かうサトシたちの決意の朝が描かれた、美しくも力強い一枚となっています。

映画情報どっとこむ ralph 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」

7月12日(金)世界中にSTRIKES BACK!!

ポケモン映画公式サイト:
www.pokemon-movie.jp

≪ストーリー≫
全世界に告ぐ――原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく――。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、

***********************************

キャスト・スタッフクレジット:

声の出演:サトシ/松本梨香 ピカチュウ/大谷育江
ムサシ/林原めぐみ コジロウ/三木眞一郎 ニャース/犬山イヌコ
ナレーション/石塚運昇
特別出演/市村正親 小林幸子 山寺宏一
主題 歌:小林幸子&中川翔子「風といっしょに」(ソニー・ミュージックレコーズ)
原 案 :田尻智
監 督 :湯山邦彦・榊原幹典(*)
脚 本 :首藤剛志
製 作 :ピカチュウプロジェクト
配 給 :東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2018-2019 ピカチュウプロジェクト