「ま行」カテゴリーアーカイブ

ファンクの帝王JBに捧げる「オレらのJBを語ろうぜ」Night


映画情報どっとこむ TJ JBドキュメンタリーの決定版『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日(土)より角川シネマ新宿、渋谷アップリンク、吉祥寺オデヲンほかにて公開となります。この作品プロデュースをミック・ジャガーがしているもの。
ミスター・ダイナマイトs
“ファンクの帝王”と呼ばれるに至った経緯、そして今のアーティストたちに与えた絶大な影響をさぐる本作の特別先行上映が決定!!

映画情報どっとこむ TJ ゲストは、JBスタイルを基本に「68~72年のFUNKサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、20年以上第一線を走り続けてきたバンド、オーサカ=モノレールのリーダーであり、本作の字幕監修も担当された中田亮さんと、JB、そしてオーサカ=モノレールに憧れを抱き、精力的に活動するファンクバンド・在日ファンクのリーダーであり、俳優としても目覚しい活躍を見せる浜野謙太さん。
ゲスト写真
JBについてなら何時間でも語れる両者が““オレらのJB””について熱く語りあいます。当日は熱~い一夜になること間違いなし!

詳細→イベント詳細
映画情報どっとこむ TJ 中田亮さん、浜野謙太さんからのコメントも来ています!

中田亮(ミュージシャン/オーサカ=モノレール)


JBドキュメンタリーは全て観ていると思いますが、これほど深く掘り下げて、テーマも広範囲におよぶドキュメンタリーは無かったと思います!
かなりハードコアなファンが観ても十分に楽しめる内容で素晴らしい!
それから、1970年代中期以後は完全にバサッと切り落としたという潔さもナイスです。


浜野謙太(ミュージシャン・俳優/在日ファンク)


本当に愛しい人ってのはひと言では語れません!
メンバーから出てきたJ.Bへの愛&憎
そしてクエストラブさんから出てたJ.Bへの、笑い&超リスペクト。
ジェームス・ブラウンってこれだよこれ!
彼の没後10年、やっと泣けた。
素晴らしい映画です。

映画情報どっとこむ TJ <イベント概要>

みんな大好き!!ジェームス・ブラウン
JB Forever~オレらのJBを語ろうぜ~Night

日時:6月15日(水)19:15開場/19:30上映スタート 上映終了後トークイベントスタート
(※Peatixの受付開始時刻は18:15からとなります)

会場:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18)

料金:一律:1,800円
(※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外、前売り券の使用不可)

【Peatixにてチケット発売中】
Peatixにてチケット発売
アメリカの音楽シーンを根底から変え、“ショービジネス界で最も働き者”として音楽界に君臨したジェームス・ブラウンのドキュメンタリー。

ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン

公式サイト:
http://uplink.co.jp/mrdynamite/

ミスター・ダイナマイトミック・ジャガープロデュース!異例のジェームス・ブラウン・エステート全面協力、未公開映像満載の驚異のドキュメンタリー。母親に捨てられ、靴磨きや売春宿の客引きをした不遇な少年時代を経て、“ショービジネス界で最も働き者”として音楽シーンに君臨したジェームス・ブラウン。そんな彼の知られざる素顔と“ファンクの帝王”と呼ばれるに至った経緯、そして今のアーティストたちに与えた絶大な影響を、未公開映像と全盛期のライブ映像、バンド・メンバーなどの関係者、また彼に影響を受けたアーティストたちのインタビューで綴る、熱く、貴重な映像クロニクル。

***********************************

脚本・監督︓アレックス・ギブニー
プロデューサー:ミック・ジャガー
出演:ジェームス・ブラウン、ミック・ジャガー、アル・シャープトン、メイシオ・パーカー、メルビン・パーカー、クライド・スタブルフィールド、アルフレッド“ピーウィー”エリス、マーサ・ハイ、ダニー・レイ、ブーツィー・コリンズ、フレッド・ウェズリー、チャックD、アーミア“ クエストラブ” トンプソン
配給:アップリンク/2014 年/アメリカ/115分/カラー/16:9/DCP
原題︓MR. DYNAMITE:THE RISE OF JAMES BROWN


吉本新喜劇『マクベス』本日5月17日TOKYO MXで放映!


映画情報どっとこむ ralph 吉本興業初の洋画配給作品となる映画『マクベス』を、期間限定の特別公演で吉本の笑いを取り入れて上演。

5月3日(火・祝)から9日(月)まで、大阪のなんばグランド花月の本公演で行われた内場座長週の吉本新喜劇『マクベス』は、連日満席が続きシェイクスピア4大悲劇のPRとは思えない程の爆笑の渦で観客を圧倒し大盛況のうちに幕を閉じました。
マクベス その反響は凄まじく、劇場に訪れることが出来なかったファンからの熱望で、この度、5月17日(火)にTOKYO MXにて関東地域でも観られるようにと放送が決定!

『マクベス』吉本新喜劇 O.A詳細
日時:5月17日(火)23:30~
◎TOKYO MX1:「よしもと新喜劇」
タイトル:「マクベスが怨念!?」
キャスト:内場勝則、未知やすえ、高井俊彦、吉田裕、池乃めだか ほか

映画情報どっとこむ ralph 吉本新喜劇の劇中では内場が映画監督役、未知やすえ、そして池乃めだかと新喜劇のスター達が出演しています。

そのストーリーは内場演じる監督が、シェイクスピア没後400年に合わせ『マクベス』の映画を作ろうとしますが、様々な邪魔者が現れ、果たして内場監督は、最後まで映画を撮りきれるのか?!と、まさかの現代風。原作の登場人物はそのままにオリジナリティ溢れる作品になりました。


5月3日の初日の前に、5月2日に本イベントの封切りイベントを行い、この上演前に5人は一足早く映画『マクベス』を鑑賞したそうで、内場は「人間の五欲はどこまでいくのか、と。怖い面を見た気がする」とコメント。やすえは「物語の中では最初、奥さんがたずなを引いているが、最後は女性の弱い面を見せる。あのシーンは悲しかった」と、妻であり女性である自身の視点から感想を述べた。『マクベス』といえば、王になると予言され悩むマクベスを、妻が裏で操っていくところも見どころの一つ。内場は“夫”として「感情移入しやすかった。『この役、できる』と思った」とマクベスに共感する部分があった様子。


映画情報どっとこむ ralph 心も体もマクベスと一体化したお笑い界の最高峰達が贈る、まさかのシェイクスピア最高傑作を東京でも、観ることの出来る二度とないチャンスを、是非お見逃しなく!

映画『マクベス』

大ヒット上映中!
公式HP:macbeth-movie.jp


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
舞台は中世スコットランド。仁徳が高く慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。
その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。

ともに行動していた将軍・バンクォーには、“子孫が王になる”と告げた。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。

なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんなとき、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってきた!
マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしてしまう…。

***********************************

監督:ジャスティン・カーゼル  
原作:ウィリアム・シェイクスピア
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス

配給:吉本興業  
提供:アイアトン・エンタテインメント
(C)STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
2015年/イギリス
上映時間:1時間53分/PG-12
  


佐藤すみれ、小林豊、本田剛文と小野賢章ら登壇『燐寸少女 マッチショウジョ』アエル上映イベント


SKE48の佐藤すみれ単独初主演による実写映画『燐寸少女 マッチショウジョ』。

5月28日(土)の全国劇場公開に先駆け、東京:虎ノ門ニッショーホールで先行上映【アエルムービー】イベントが行われました。佐藤すみれ、小林豊、本田剛文、小野賢章、美山加恋、上野優華、内田浩監督が登壇し、本編上映、舞台挨拶だけでなく、抽選会にハイタッチ会と盛りだくさんなイベントなり大変盛り上がりました。
燐寸少女アエルムービー
先行上映【アエルムービー】
日程:5月15日(日)
会場:虎ノ門ニッショーホール
登壇:
佐藤すみれ、小林豊、本田剛文、小野賢章、
美山加恋、上野優華、内田浩監督

佐藤さん:(小さな声で)ありがとうございます。・・・(MC:燐ちゃんですね。佐藤さんでいいですよ。)はい。SKE48.誰もが恋するお人形佐藤すみれです!今日が来るまでドキドキで。今ちょっとウルウル来そうです。
燐寸少女アエル佐藤すみれ
小林さん:みんなが恋するお人形!ユウチャムです!(凄い可愛いの声援)みんなのことを蝋人形にしちゃうぞ!
燐寸少女アエル佐藤すみれ小林豊
本田さん:みんなが恋するお人形!本田剛文です
燐寸少女アエル本田剛文
小野さん:みんなが恋するお人形。小野憲章です。(野太い声で可愛い!!の完成)
燐寸少女アエル小憲章
美山さん:みんなが恋するお人形。美山加恋です。
燐寸少女アエル美山加恋
上野さん:誰もが恋するお人形。上野優華です。
燐寸少女アエル上野優華
内田監督:誰もが恋するお人形。沢山お集まりありがとうございます。こういう場に来るのが始めてです。どうしていいのか。。初めてです。
内田祐監督
佐藤さん:ありがとうございます!今日はお人形が一杯ですね!

MC:謎の少女を演じていかがでしたか?
燐寸少女アエル佐藤すみれ2
佐藤さん:漫画が原作で、ゴシックロリータ好きだったので、嬉しかったです。漫画を読んでおもしろくって、映画にするならもっと“おもしれろ~く”って演じました。

MC:高校生演じていかがでしたか?
本田剛文 本田さん:上野さんは高校生だったのですが、僕は23歳でみんなより老けてないかなと心配でした。
上野さん:本田さんお若いので(大丈夫)。
本田さん:現場は楽しかったです。ハプニングがあってホントは役名でパンツが見たい。と言うはずが上野さんのパンツが見たいって言っちゃって。それじ“クズ”ですよね。
上野さん:あれ?今なんて言った!?と思って。見せた方がいいのかな?と。ちょっと緊張しました。

MC:美大生役いかがでしたか?
小野憲章 小野さん:先生に描き方を教えていただきました。実際はかなり巨匠なので。一般の方には理解できない感じで。役柄と共通するかなと。

MC:東京タワー寒かったんですって?
小林豊&美山加恋 小林さん:毛布をかぶっていて、本番は、がばって脱いで。
     変態じゃないよ。楽しかったよね~。
美山さん:楽しかったです。おんぶされてたんで。私は楽でしたね。
小林さん:ユウチャムもやればできるんですう~。

MC:佐藤さん最後に叶えたい妄想を!
燐寸少女アエル佐藤すみれ野望 佐藤さん:続きが気になるので、第2弾を妄想したいです。後は、願望一つ来月の総選挙で少しでも上の順位を狙いたいです。

ファンには嬉しい登壇キャストが抽選。当たった方おめでとうございます!
燐寸少女アエル佐藤すみれ抽選会
そしてハイタッチ会が行われてイベントは終了となりました。
燐寸少女アエルムービーハイタッチ

で、気になる映画の内容ですが・・・・
燐寸少女-マッチショウジョ 物語・・・
心に闇(キズ)を抱えた人々の元にふと訪れ、寿命と引きかえに「妄想燐寸(マッチ)」を売り歩く謎の少女リン。火がついている間に頭の中で唱えた妄想が具現化するという「妄想燐寸」を手に入れた者たちは、最初は恐る恐る燐寸を擦るが、妄想が具現化するのを体験した途端にのめり込み、取り憑かれていく。欲望、嫉妬、嘘が渦巻く“妄想”を具現化した人々は、思わぬ代償を払うはめになる。

『燐寸少女 マッチショウジョ』

5月28日(土)シネ・リーブル池袋/ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国ロードショー

公式サイト:matchgirl-movie.com



***********************************

出演者:
佐藤すみれ、小林豊、本田剛文、小野賢章
美山加恋、上野優華、唯月ふうか、森迫永依
尾関陸、御伽ねこむ
岡幸二郎、大石吾朗、丘みつ子 他

原作:「燐寸少女」鈴木小波(KADOKAWA/角川コミックス・エース刊)
主題歌:空想委員会「二重螺旋構造」
挿入歌:村上紗由里「落陽」
監督: 内田浩 脚本:石川北二 制作プロダクション:ホリプロ
配給: ホリプロ/スターキャット
©2016映画「燐寸少女 マッチショウジョ」製作委員会
©鈴木小波/KADOKAWA


友近&バッファロー吾郎Aが「マクベス」を解説!


映画情報どっとこむ TJ シェイクスピア没後400年の2016年に贈る、今年最大の衝撃作!
『マクベス』遂に日本で本日5月13日(金)から公開です!

優れた兵士であった男が「王になる」という出世欲に駆られ、妻の巧みな“操り”によって狂気に堕ちる人生を描いた本作。文学史上最も有名な夫婦であるマクベス夫妻の“日本版”を、お笑い界を代表する超演技派芸人、バッファロー吾郎A&友近が努めています。

マクベス友近&バッファロー吾郎A
そして今回!劇中のマクベス夫妻に合わせ、友近は純白の豪華なドレス、バッファロー吾郎Aは王としての威厳ある衣装に身を包んだ、オリジナルポスターさながらのそっくりポスターを作成されました。

映画情報どっとこむ TJ また、バッファロー吾郎Aによる、誰でもわかる!?マクベス解説講座動画も公開となりました。


マクベス

5月13日(金)TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショー

公式サイト:macbeth-movie.jp

映画情報どっとこむ TJ 王座をめぐり野心に取り憑かれた将軍・マクベスを『スティーブ・ジョブズ』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、その卓越した演技力が注目を集めているマイケル・ファスベンダー。妻のレディ・マクベスを演じるのは『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』で第80回アカデミー賞主演女優賞に輝いたマリオン・コティヤール。

物語・・・
舞台は中世スコットランド。仁徳が高く慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。

その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。
ともに行動していた将軍・バンクォーには、“子孫が王になる”と告げた。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。

なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんなとき、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってきた!

マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしてしまう…。

***********************************

監督:ジャスティン・カーゼル  
原作:ウィリアム・シェイクスピア
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス

配給:吉本興業  
提供:アイアトン・エンタテインメント
(C)STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
2015年/イギリス
上映時間:1時間53分/PG-12
   


プチ・マクベス王目指す!愛妻家VS恐妻家 FUJIWARA藤本原西対決!


映画情報どっとこむ TJ シェイクスピア没後400年の2016年に贈る、今年最大の衝撃作!
『マクベス』遂に日本で5月13日(金)に公開となります!

愛する夫を一国の王にさせるためマクベスの妻は彼を巧みに操り、その狂気に満ちた愛情で地獄のような夫婦の半生と究極愛を描いた本作。妻を徹底的に愛し抜いた“愛妻家”のマクベスだったが故に自分の気持ちとは裏腹に、妻から王の暗殺を指示され実行するマクベスは、まさに元祖 “恐妻家”とも言われています。

そんな本作のマクベスのように芸人として妻を想い、妻に操られながら(?)上り詰めてきた人気お笑いコンビがFUJIWARAの2人が登壇!
マクベス藤原藤本原西
映画『マクベス』公開直前 恐妻家vs愛妻家イベント

日時:5月11日(水)
会場: 神楽座
登壇:
藤本敏史、原西孝幸(FUJIWARA)

映画情報どっとこむ TJ FUJIWAR藤本さんと原西さんが登場!

MC:映画の感想から

原西さん:シェイクスピアの作品初めて観ました。凄い展開で!引き込まれていきました。

藤本さん:究極のふうふうのカタチですですね。

MC:夫を叱咤激励して操る妻が描かれている作品と言うことで、恐妻家代表藤本さんと愛妻家代表で原西さんにおいでいただきました。

藤本さん:僕恐妻家ですか?目標は宮迫さんですよ!

原西さん:完全に恐妻家です!

マクベスFUJIWARA恐妻家VS愛妻家トーク
映画情報どっとこむ TJ マクベスFUJIWARA恐妻家VS愛妻家
MC:世界一自慢の嫁エピソード

原西さん:世界3位ってことないでしょ。一番ですよ!嫁と同級生で、高校の時に告白したんですが振られて、7年後イベントでドッキリで呼んでて。お付き合いして結婚して。その後引っ越しの時に箱があってその中に高校生の時にあげた帽子で。とっててくれて感動しました。

藤原さん:返しが上手いことですね。喧嘩しましてね。でも、開始が早くってね。それからアメとムチが凄いんですよ。昨日も大好きだよって言われて、大好きだよっていったら、キモいんだけどって!

MC:気づいたら操られていたエピソードを。

藤本さん:キッチンの料理もってきて!って言われて持っていこうとすると熱くって!あちっというと嫁が見てケタケタ喜んでてね。風呂で脅かされたりね。

原西さん:嫁が屁をこくんで、500円罰金にしたのに止まらなくって10万円たまって。これで焼肉行こうって言われてね。誰得?俺が稼いでるのに。。。

MC:妻に隠れての息抜きは?

藤原さん:喧嘩した後に、嫁の高めの化粧水を体中に塗りたくってます。

原西さん:僕もですね。高いコンディショナー大盛で使ってます。

藤本さん:でも、嫁もね。頭に来た時は、汚れて出したパンツをまたタンスに戻してるんですよ。

原西さん:うちの嫁も喧嘩した時に僕の北斗の拳フィギュア20体コンプリートが倒れてて、でもまあいいやと思ったら、みんな油性マジックでちょび髭画かれてて。凄いショックでした。

MC:奥さんの方がレベル上ですね!

映画情報どっとこむ TJ MC:それでは客席の皆さん!どちらが操られている現代のマクベスだと思いますか?

で、圧倒的に観客の反応は藤本さん!

プチマクベス王は藤本さん
藤本さん:ちょっと待てよ。喜んでいいのか?光栄?まあ、嫁の知りに敷かれているぐらいが丁度いいです。ただ破滅に向かうから、プチマクベス王を目指しましょ!

映画『マクベス』
5月13日(金)TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショーです。

公式HP:macbeth-movie.jp

物語・・・
マクベス_ポスター舞台は中世スコットランド。仁徳が高く慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。
その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。
ともに行動していた将軍・バンクォーには、“子孫が王になる”と告げた。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。
なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんなとき、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってきた!
マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしてしまう…。

***********************************


監督:ジャスティン・カーゼル  
原作:ウィリアム・シェイクスピア
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス

配給:吉本興業  
提供:アイアトン・エンタテインメント
(C)STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
2015年/イギリス
上映時間:1時間53分/PG-12