「ま行」カテゴリーアーカイブ

是枝裕和監督チャンスがあればまた『万引き家族』家族で集まりたい!英語字幕版上映Q&Aで


映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和監督渾身作カンヌ国際映画祭<パルムドール>を受賞!
『万引き家族』が、6月8日(金)より329館334スクリーンにて全国公開。
14日(木)には来場者数が100万人を突破!さらに、20日(水)には、興収20億円を突破いたしました!

外国人の方々からのたくさんのお問い合わせを受け、英語字幕版の上映が決定した本作。

6月23日(土)より新宿バルト9にて上映開始となる前に、TOHOシネマズ 六本木で行われる英語字幕版上映回に是枝監督が登壇!

是枝作品恒例のティーチインイベントですが、今回の観客は日本人の他に、日本在住の外国人の方たち!既に4回目の鑑賞だというコアファンから是枝作品を鑑賞したのは今作が初めてというビギナーファンまで来場し、様々な質問が飛び交いました。イベント最後には、本作で“家族”を演じた、リリー・フランキーさん、安藤サクラさん他6名と是枝監督のLINEグループの存在を明かし、その中でのやりとりについても明かすなどして、会場を盛り上げました。

『万引き家族』英語字幕版の上映&ティーチインイベント
日時:6月21日(木)
場所:TOHOシネマズ 六本木
登壇:是枝裕和監督

映画情報どっとこむ ralph 外国人だけでなく、日本人含め会場いっぱいに詰めかけた観客たちの大きな拍手で迎えられ登場した是枝監督。

是枝監督:デビュー作からこういったティーチインイベントを実施しています。楽しいから続けていて、本当は何回もやりたいんだけど、明日から上海で今週からフランスに行ってしまう為、今作ではこの一回限りになってしまいそうです。でもロングランヒットになると、夏にまたやれるんですけど(笑)

と挨拶。その後、観客たちとのティーインが始まりました。

Q,家族6人が、縁側で見えない花火を見上げるシーンがとても好きです。6人全員がフレーム内に収まっているのはあのシーンだけかと思ったのですが、その理由を教えてください。

是枝監督:全くないわけではないんだけど、6人全員をフレーム内に収めるのはあのシーンだけにしようと思っていました。でも、あのシーンは最初からあったわけではなくて、ロケハンでこの家を見つけたときに、ここからじゃ花火は見えないよね、という話をスタッフとしていて、面白いなと思って書き加えました。


Q,国内、海外の観客で反応の違いはありますか?また、“家族“とはなんだと考えますか?

是枝監督:反応の違いは、国内、海外共に違いは感じません。もっとドメスティックな、いわゆる日本的な作品であるといえる『誰も知らない』や『海よりもまだ深く』のときでも、何かしら齟齬はあるけど、軸は同じだと思っているので、国は関係なく、そういったものは越えられると確信をもってつくっています。
“家族”とは何かということについては、そういうことを知る為に映画をつくっているわけではないんです。そういった問いについては、登場人物が手探りで探しています。例えば、『そして父になる』では、家族を繋ぐのは血か時間かという二者択一を主人公に課しているけど、どちらが大切かということを示したいわけではありません。今回はむしろ、共に過ごす時間が終わったとき、記憶として残っているものが、“家族”というものなのかなと。離れても見えない形で“家族”という意味が浮き上がってくる。今回はそういう話にしたくて書きました。

Q,初めからストーリーは決めてつくっていますか?

つくっている過程で新たに作り上げていくストーリーというのが一番面白いと思っています。今回も最初に書いていたはなしとだいぶ違うんです。撮影中、(安藤)サクラさんから「リリーさん演じる治は“とうちゃん”と呼ばれることを切望しているけど、私が演じる信代はどう思っているんでしょうか?」と相談されたんですけど、そのときはその問いかけに対して、曖昧な返事をしていたんです。だけど、後から面白いと思って、そのシーンを付け加えたり、台詞を変えたりしました。キャストやスタッフは大変だと思うけど(笑)、そうやって映画をつくるのは楽しいし、それでいいシーンが撮れたときは幸せに感じます。

Q,役者のどういったところみて、配役を決めるのでしょうか?

是枝監督:普段はあまり別の作品をみて決めるということはほぼないんですが、今回、松岡さんだけは彼女の出演しているドラマや映画をみて、素晴らしい女優さんだと思ったので参加してもらいました。この場に来る前に、フランス映画祭に呼んでいただき、開会式で挨拶をさせていただいたんですけど、映画祭のフェスティバルミューズを務められている、女優の常盤貴子さんもその場にいらっしゃったんです。彼女の役割は、同じくミューズを務められている仏女優のナタリー・バイさんの挨拶を日本語で挨拶するというものだったんですが、通訳の方が、ナタリーさんの挨拶を訳してしまって、彼女の役目がなくなってしまったんですね(笑)。そのときに、とても美しい着物でビシっとキメた常盤さんが、大きな口を開けて大笑いしたんです。そういうとこをみると、こういう笑い方をする役を書いたりする。そういった、そのひと自身の何かが垣間見えたときに、書きたいという欲が出たりします。

映画情報どっとこむ ralph 夜遅くのイベントだった為、

是枝監督:多分、観終わった後に、カップ麺にコロッケを乗せて食べたいという方もいらっしゃると思うので、この辺で終わりにさせていただきます(笑)

といい、この場を名残惜しむ様子をみせ

是枝監督:またチャンスがあれば、こういったティーチインをやりたいと思っています。日本をしばらく離れますが、僕の新しいチャレンジがもうすぐ発表できるかと思いますので、是非ご期待ください。

とコメント。

また、6月21日は佐々木みゆちゃんの誕生日ということで、監督と本作の家族6名のLINEグループでお祝いの言葉などが飛び交っていたそうで、

是枝監督:撮影が終わって、公開記念の舞台挨拶が終わると、この“家族”がバラバラになっちゃうのが寂しいね、と話していたんです。でも、チャンスがあればまた集まりたいと思いますし、離れていると寂しく感じたりするのは、本当の家族のようだなと思っていて。これからも、この関係をずっと続けたいなと思っています。

と語りました。


万引き家族

全国大ヒット公開中

物語・・・
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。
体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。

だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく。

***********************************

​​原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ 
松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林

配給:ギャガ
(C)​​2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. ​


斎藤工・永野・金子ノブアキ・清水康彦監督長編映画「万力」製作発表@SSFF&ASIA!


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」 (SSFF & ASIA)は、20周年を記念して2018年6月21日にiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにてトークイ ベント『チーム万力 presents ショートフィルムの未来地図』を開催。

チーム万力のメンバーである、斎藤工さん、永野さん、 金子ノブアキさん、清水康彦監督が登壇し、チーム万力が自主製作をしたショートフィルムを4本上映とトークイベントを行った。


『チーム万力 presents ショートフィルムの未来地図』
日時:2018年6月21日(木)
会場: iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
登壇: 斎藤工、永野、金子ノブアキ、清水康彦監督

映画情報どっとこむ ralph
DJ Jhon: Good Afternoon everyone.welcome to Short-short film festival!2018! well coming to nice have you here.this is 20th anniversary・・・・
と英語でスタート・・・凍り付く会場!ですが、これは掴み!もちろん日本語べらべらでイベントをスタート。
先ず、チーム万力が自主制作した3作品を上映。いずれも永野さんのネタが原案になったもので、これを清水監督が映像化。

『LOHAS』 2018年
出演者:永野 吉村和彬 人見千紘 野村梓二 芸人・永野のコント「イカになった先生」を原案に制作。原因不明の嘔吐が、 山小屋の職員を次々と襲う。都会から来た男の、真の目的とは?

『宮本』 2018年
出演者:宮本諒 永野 斎藤工 金子ノブアキ 他 町の一角にある建物に住む孤高の青年・宮本の元に、人々が訪れる。 彼は一体何者なのか。我々は、宮本の内に潜む「悲しみ」を、決して忘れては ならない。宮本が奏でるホルンの音が、人々の心に触れ、共鳴する。

『ZERO-焼きそばしかないキャバクラ』 2018年
出演者:斎藤工 金子ノブアキ 永野 他 芸人・永野のコント「焼きそばしかないキャバクラ」を原案に制作。通い慣れた夜の店に、 いつものように仲間と訪れる男達。しかし、その夜のその店は、 様子が違っていた。何もない、、、、焼きそば以外。

映画情報どっとこむ ralph そして、会場のお姉さま方お待ちかね!斎藤工さん、永野さん、 金子ノブアキさん、清水康彦監督が登場しトークイベントに突入。

斉藤さん:出会いはそれぞれ違って、でも長いんですね。永野さんのネタは皆さんがTVで見ているもの以外にも、とっても格好良いと思っているメンバーが集まっています。永野さんのパフォーマンスにとどまらずに映像として展開していこうと。でも、なんで集まったんだろう?

永野さん:解散する?

と、チーム万力お披露目会で、既に解散を示唆?

金子さん:永野さんに初めて会ったのは、清水監督の結婚式の余興。やべえなと。好きになっちゃったんです。ねじらたものから噴き出す、マイノリティーの力を感じました。
と、強烈な出会いを明かしてくれました。

上映したショートフィルムについて、

DJジョン:強烈な3本でしたね。

と、吐露。おそらく会場の多くの方がそう思ったに違いない。

斎藤さん:この作品は伝えたい事がそもそも無い!伝えたい事や答えが無いと映画と呼べないのか?という思いがあります。

と複雑な思いを語った。トークイベントでは、「チーム万力」の名前の由来について

清水監督:万力という 映画を作ろうとしたチーム、だから万力。シンプルな理由です
永野さん:万力(万引き)家族みたい。
とコメン トし、

金子さん:みんな万力持ってる家族!強そう!
と続け会場を沸かした。

そして、もう1本ショートフィルムを上映!

『手から光を出す魚屋さん』 2016年
斎藤工 金子ノブアキ 永野 他 ネットで噂になっている、「手から光を出す魚屋さん」は実在した。 ある晩魚屋の元に一人の男が訪れた事により、魚屋の隠された力が密かに解き放たれる。

映画情報どっとこむ ralph また、今回発表されたチーム万力の長編映画「万力」は 2019年に公開を予定。

美とは・・・醜きを覆い隠すことだ いや、美とは・・・世の醜きを、己の醜きをすべて許すことである。

という斎藤さんのナレーションと金子さんの音楽による、かなりスタイリッシュな予告が流れ・・・これについて

斎藤さん:映画“万力”はコンプレックスの妖精・永野さんがコンセプトとなっています。
さらに誕生の裏話を披露。

2年前に都内で行われたTGCにゲスト出演した永野さんが、バックステージで小顔のモデル達がさらに小顔を目指しているのを目のあたりにし、それを斎藤さんに話したところ

永野さん:あいつらの顔を万力で締め上げて、理想の顔にしてしまおうと!
と2人で笑い明かしたそう。しかし、飲んでいなかった斎藤さんは本気。翌日には

斉藤さん:金子さんや清水監督を巻き込んで「チーム万力」を早速オフィシャルな話にしました。

とスピード感溢れるやり取りを披露。

また、金子さんは持ち前の音楽感性を発揮し、テーマ曲を早速完成させた話には
金子さん:テーマ曲できたよって!持ってたんだよね。

永野さん:まだ1秒も撮影してないのに!

とのツッコミが炸裂。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
斎藤さん:SSFF & ASIAには、ミュージックShortを4年前に作らせて頂いて、その経験が後に“blank13”という長編映画に辿り着きました。いきなり長編には手が出せなかったのでショートフィルムには大いなるチャンスを頂きました。引き算で作るショート フィルムは無駄なものを全て省いているので、全部必要なシーンしかない。

とショートフィルムの出会いと魅力を語ってくれました。
因みに斉藤さんのパンツの模様は般若。気になったので撮っときました!

また、「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018」では、斎藤工さんが企画・原作・声優を 担当した「フィルとムー」が明日から3日間キッズプログラムにて上映されるなど都内8会場にて今月24日までショートフィルムや各 イベントを開催。一部イベントを除きすべて無料で楽しめる。

【チーム万力とは】

俳優・映画監督・写真家とマルチに活躍する斎藤工さん、ピン芸人の永野さん、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキさんの 個性的な3人の演者に、映像ディレクターの清水康彦監督を加えて結成された映像制作プロジェクトチーム。

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 概要】

開催期間:2018年6月4日(月)~6月24日(日)
上映会場:東京 計8会場予定
※開催期間は各会場によって異なります。また、変更になる場合もございます。
オフィシャルサイト:
http://www.shortshorts.org/2018
主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会


***********************************


耳キーン!!な高低差ジャンプ!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』日本版本予告


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収3000億円以上(※1ドル=109円換算)、トム・クルーズが伝説的スパイ イーサン・ハントを演じる大人気スパイアクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。全世界待望の最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が8月3日(金)より日本公開決定。

今作の監督は、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でメガホンを取りトム・クルーズから絶大な信頼を得て、本シリーズで初めて同一監督による続投となったクリストファー・マッカリー。

そんな最新作の衝撃の日本版本予告が解禁!

2/15に解禁された日本版予告では、イーサン・ハントが【トムが骨折したビルジャンプのシーン】、【ヘリにロープでしがみつくアクション】や【2000時間の飛行訓練、ヘリスパイラル飛行操縦】など怒涛の生身のアクションに挑戦し、特に話題となった!

そして今回初解禁となった日本版本予告では、本作の一番の見所でもある、“ヘイロージャンプ”と呼ばれる超高速落下スカイダイビングにトムが挑戦するシーンが登場!ヘイロージャンプとは、レーダーを避ける軍の潜入作戦用に開発されたもので、酸素がほとんどない成層圏ギリギリ上空7620mの高さから特殊マスクを装着しパラシュートを開かず時速320キロで下降、地上寸前でパラシュートを開くという降下方法。

高度7620mは、なんとシリーズ4作目で登場した世界一高いビルであるブルジュハリファ=828mの9倍、さらに5作目でトムが素手でつかまったジェット機の高度=1524mの5倍となる高さ。

選び抜かれた兵士のみしか行わない超危険なジャンプを自らやってのけた!前代未聞!全て、本物の大迫力アクションがこれでもかと詰め込まれた日本版本予告。

日本版だけの試みとして、予告の後半では、『ミッション:インポッシブル』のテーマ曲を長尺で聞かされるにくい演出が施され、胸躍る内容となっている!

映画情報どっとこむ ralph 前作『ローグ・ネイション』が5作目にしてシリーズ最高傑作と呼び声の高い中、最新作『フォールアウト』の撮影を終えたトムは

トム:シリーズの集大成だ。作品もミッションも凄まじい。シリーズを続けてきたひとつの到達点と言える、これまでで最高の『ミッション』になった。ハラハラドキドキで感動的で笑えるし、特にアクションは最高だ!

と自信たっぷりに豪語。誰もが知る”映画の中の映画”である『ミッション:インポッシブル』シリーズがさらなる高みへと進化を遂げ、不可能が連鎖する史上最難関のミッションにイーサンが挑む!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

日本公開 2D/3D/IMAX/4D

物語・・・
盗まれたプルトニウムを奪還するミッションを遂行中の“イーサン・ハント”は回収に成功するが、捕まった仲間の命と引き替えに、敵にプルトニウムを渡してしまう事件が起きた。イーサンとIMFチームは、標的となった<3つの都市>の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。だがCIAは敏腕エージェントのウォーカーの同行を条件とした。猶予は72時間。手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前のみ。情報を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”との信頼関係は失われてしまう。イーサンを疑い始めたウォーカーが睨みを効かせる中でのミッション遂行は動きを制限され困難を強いられたが、その確執は高まり、ついにイーサンはウォーカーとの対峙を迫られる。やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかる。

公式サイト:
http://missionimpossible.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp

#mijp

***********************************


監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』

製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ

出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
全米公開:7月27日(金)予定
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


細田守監督最新作『未来のミライ展』!誰も見たことのない全く新しい体感型大規模展覧会!


映画情報どっとこむ ralph この夏、スタジオ地図が贈る細田守監督最新作『未来のミライ』が7月20日(金)に公開となります。

本作の公開に合わせ、2018年7月25日(水)より、“未来のミライ展~時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』”が東京ドームシティGallery AaMoにて開催!細田守監督が描く『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景美術などを通じて立体的なイベントとして再現。また、過去作の展示も豊富に揃えたダイナミックで大規模な展覧会となります。

本展は、おおきく5つのエリア(A~E PART)で構成され、イントロダクションやポストショーなどがご覧頂けます。

また『未来のミライ』の映画資料展示においては、明治大学大学院の氷川竜介特任教授がキュレーションを務め、映画制作時に描かれた直筆の絵コンテや原画、背景美術などを通して、細田守監督の演出の特徴やこだわり、映画の見どころを探ります。さらに、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』も数多く展示。『未来のミライ』との共通性も紐解き、まさに“時を越える細田守の世界”を存分にお楽しみいただけます。

更に更に、映画『未来のミライ』の主人公くんちゃんが住む家のデザインを手がけた建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠氏や、物語で重要な役割を果たす“黒い新幹線”デザインを手がけた、川崎重工業車両カンパニーの亀田芳高氏などに、本展への参加を依頼。映画同様にジャンルを問わない様々なプロフェショナルたちの協力を得て、本展は映画の世界を表現することにチャレンジします。また、細田作品を彩る過去作品も含めた登場キャラクターやキーアイテムを等身大フィギュアや立体模型物としても展示。他にもプロジェクションマッピングやホログラムなど、テクノロジーを活用した体感型展示など数多くご用意しており、子どもから大人までが一緒に楽しめる、これまでにない新しい大規模展覧会となっています。

映画情報どっとこむ ralph ≪A PART:ミライちゃんとの出会い≫

主人公のくんちゃんと、生まれたばかりの妹・ミライちゃんとの出会いを表現したエリア。映画『未来のミライ』にプロダクションデザインとして参加し、「しろくまのパンツ」「パンダ銭湯」などで著名なtupera(ツペラ) tupera(ツペラ)が描き下ろした、劇中絵本「オニババ対ヒゲ」が、本展では巨大な絵本になって登場!まるで絵本に入り込んだかのような写真撮影も可能です。tupera tuperaによる手描きの原画も展示されます!


≪B PART:未来のミライちゃんとの出会い≫
未来からやってきた、ミライちゃんとの出会いを表現したエリア。ミライちゃんの等身大フィギュアが設置される等、お客様がくんちゃんになった気分で、ミライちゃんとの出会いを体感できるエリアとなっています。また、ミライちゃん同様、細田監督の過去作に登場する、真琴(時をかける少女)や楓(バケモノの子)などの“魅力的なヒロイン”もフィーチャーします。

≪C PART:幼き母との出会い ~ D PART:青年との出会い≫

少女時代の母との出会いを表現したエリア~“父の面影を宿した青年”との出会いを表現したエリア。過去作を含め、映画製作時に描かれた数百点に及ぶ絵コンテや原画などをダイナミックに一挙展示!本展で“初出し”となる、手描きのオリジナル原画や背景美術を堪能できるエリアとなっています。細田監督からスタッフへのコメントも記された貴重な原画や、鮮やかで繊細、そして美しい背景美術なども必見です。

≪E PART:未来の東京駅と“黒い新幹線”≫

映画の中でも大きなインパクトを放つ、未来の東京駅と本編で重要な役割を果たす架空の新幹線を表現したエリア。没入感を感じる、未来の東京駅の空間を立体的に表現し、tupera tuperaがデザインを手がけた遺失物係に加え、駅長を最新技術の3Dホログラムで再現!さらに、川崎重工業車両カンパニーで実際の新幹線デザインを数多く手がけ、『未来のミライ』では“黒い新幹線”のデザインを手がけた亀田芳高氏の協力のもと、細田守監督が本展での展示を熱望した、実際に座れる“黒い新幹線”の座席も登場!そのほかにも貴重な資料展示を行います。

★その他のゾーン

さらに、『サマーウォーズ』でのOZや、『バケモノの子』での渋天街など、細田作品の現実世界との対比となる「もう一つの世界」をフィーチャーしたコーナーを設置。ここでは『サマーウォーズ』で高い人気を誇るキャラクター“ラブマシーン”の巨大フィギュアが初登場!
スマートフォンを使って楽しめる仕掛けもご用意しています。また、面白法人カヤックが手がける、ポストショー“細田作品インデックス”では、細田守監督の過去作の名場面の数々を、インタラクティブに体験・鑑賞いただける最新のデジタル空間も展開されます。



他にも、プロジェクションマッピングで表現する“不思議な庭”や、建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE(建築家 谷尻誠氏他)の協力を得て、「ミライちゃん&くんちゃんの家」の一部を再現したエリアなど、映画『未来のミライ」のストーリーを軸に、過去作の魅力にも出会え、細田監督の世界を堪能できる貴重な展覧会となります。
この夏、東京ドームシティ Gallery AaMoで、『時をかける少女』から最新作『未来のミライ』まで、時を越える細田守の世界に、みんなでタイムリープしに来てください。


開催概要
会  期:2018年7月25日(水)~ 9月17日(月・祝)
会  場:東京ドームシティ Gallery AaMo(文京区後楽1-3-61)
時  間:10:00 – 18:00(17:30最終入場)※予定
公式ホームページ:
http://mirai-ten.jp/
公式twitter:
https://twitter.com/mirai_ten

主 催:日本テレビ放送網、ムービック・プロモートサービス、東京ドーム、KADOKAWA
特別協力:スタジオ地図
協力:面白法人カヤック、NTTドコモ
画像クレジット:©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU

映画情報どっとこむ ralph 未来のミライ


物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんが出会ったのは、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんでした。このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。それは、誰も観たことのない、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。たくさんの人との出会い、待ち受ける困難や成長、そして家族の愛。時間も空間もこえて、二人がたどり着いたその場所とは?ミライちゃんがやってきたその理由とは。

2018年7月20日(金)全国ロードショー 

***********************************

監督・脚本・原作/細田守 
キャスト:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治 
音楽:高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/
山下達郎
作画監督:青山浩行、秦綾子 
美術監督:大森崇、髙松洋平 
プロデューサー/:齋藤優一郎 
企画・制作:スタジオ地図
©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU


『万引き家族』高良健吾、山田裕貴の起用は・・・。子供達のプレゼントにリリーさんは・・・


映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和監督 渾身作『万引き家族』全国公開となり、14日(木)には来場者数が100万人を突破しました!

公開後7日間での10億円突破は、2018年公開の実写邦画の中で最速の記録となります。

そして、6月14日(木)に大ヒット御礼の公開後舞台挨拶イベントが行われ、リリー・フランキーさん、高良健吾さん、山田裕貴さん、城桧吏さん、佐々木みゆさん、是枝裕和監督が登壇しました。

また、父の日にあわせて父親役だったリリーさんへ城くんとみゆちゃんがサプライズプレゼントも!


​​『万引き家族』大ヒット御礼舞台挨拶
日付:6月14日(木) 
場所:TOHOシネマズ六本木
登壇:リリー・フランキー、高良健吾、山田裕貴、城桧吏(じょう・かいり/子役)、佐々木みゆ(子役)、是枝裕和監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられ登場したキャストと是枝監督。

リリーさん:本当に大ヒットしている大ヒットイベントに参加したことがなかったので今日は嬉しいです。この作品が賞を獲ったことはあまり意外じゃないですが、大ヒットは意外でした。

と、日頃から初日のパネルに大ヒットの文字をおかしいと言ってるリリーさんならではのリリー節。

高良さん:自分が映画に興味を持ってからずっと是枝組に憧れていたので、今回参加させていただけたことが本当に嬉しかったです。僕が出演している作品でここまで沢山人が入っていることはなかなかないので(笑)とても嬉しく感じています。

山田さん:少ない撮影期間でしたが、賞を獲ったと聞いてとても嬉しかったですし、僕も是枝組に携われたことが幸せですし、今回の経験を宝物のように思っています。この作品が沢山の方々の心に響けばと思っています。

城くん:本日はありがとうございます!素敵な映画をご覧ください!

みゆちゃん:今日はどうもありがとうございました!

是枝監督:創っているときは、小さく生んで、長く細くと思っていましたが、こんなに大きく成長したことにもどかしさも感じていますが、とても嬉しく思っています。

と挨拶。

映画情報どっとこむ ralph パルムドール受賞の知らせを友人からの連絡で知ったという

高良さん:自分が携わった作品というのもありますが、日本映画がこのような世界的な素晴らしい賞を獲ったことがとても嬉しかったです。でも嬉しかったんですけど、ちょっと悔しさもあります…

と語ると、SNSのニュースで知ったという山田さんは

山田さん:自分が関わらせていただいた作品がこのように最高の形で認められてとても嬉しかったです!ですが…高良さんと同じく僕もちょっと悔しくて…もうちょっとガッツリ関わらせていただければなと…!

と本音を明かすと、

リリーさん:山田くんのシーンは編集でかなり切られてたんだよね。

と話すと

山田さん:いやいや、そっちの方が表現としてより伝わりますし、切っていただいたことにむしろ愛を感じています…!

と焦った表情ですかさずコメントし、観客を笑わせました。


高良さんと山田さんのキャスティングの経緯について

是枝監督:高良さんは共通の友人である井浦新くん経由で、10何年前にお会いしていたんですけど、それから本当に印象が変わらず、
真摯にお芝居に取り組んでいる方だと思いましたし、色んな作品を観ていて大きなスクリーンが似合う俳優さんだなと思っていたので、今回ご一緒できてよかったです。

一方、シーンをカットしてしまった山田さんに対しては

是枝監督:山田さんは、色んなスタッフから山田さんはいいよと言われていたんですけど、そんな話を本当に何度も聞くので、じゃあ会ってみようかなと思って、お会いしたら、なるほどと。どんな作品でもまっすぐな姿勢で取り組んでいることが感じられたんです。今回は沢山カットしてしまったけど(苦笑)今日をご縁にまた機会があれば是非ご一緒できればと思っています。

とフォローしました。

映画情報どっとこむ ralph 高良さんとの共演シーンがあった城くんとみゆちゃんですが、撮影時を振り返り、

城くん:優しかったです!マジックをやってくれて、それを覚えて練習したんですけど、披露したら褒めてくれました。

と明かす一方で、

みゆちゃん:こわいこわいおばけみたいでした。

と独特な表現でコメント。これには、さすがの高良さんも困惑。


また、役柄の上では父親であるリリーさんとの撮影について振り返り、

城くん:カメラを回っているときダメダメなお父さんだけど、カメラが回っていないときは優しくて面白かったです。

みゆちゃん:家の中でリリーさんがマジックをしてくれて面白かったです!
と明かすと、

リリーさん:この子たちが現場では本当に瑞々しくて、一緒にいるときは、お芝居をやらせてもらっている感じでした。むしろ助けてもらった感じです。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして、当日は城くんがリリーさんへ手紙のサプライズプレゼントを用意!

緊張した面持ちをみせながらも、同堂々と読み上げた城くんの姿と手紙の内容に

リリーさん:ジ~ンときましたね…お年玉で50万円もらったこと書いてないじゃん!

とツッコミをいれ、会場からは感動と共に笑いが。さらに、みゆちゃんからは“家族”の似顔絵のプレゼントも!
昨日リリーさんからプレゼントされたというペンで描いたというみゆちゃんに、

リリーさん:ほんと上手に描いてくれていますね。空き時間にもよく絵描いてたもんな。

といい、さらに目頭を熱くさせる様子をみせました。

最後に・・・

リリーさん:こうやって沢山の方に観ていただけることが何より嬉しいです。今日はありがとうございました

高良さん:僕はこの映画を観て、どんな人生でも一人でも受け入れてくれる人がいたら生きていけるのではないかと、僕がこの映画で刑事役を演じたからこそ思いました。こうやって多くの皆さんにこの映画を観ていただけることが本当に嬉しいです。

山田さん:この映画を通じて、ますます映画というものが好きになりましたし、もっと頑張らないとと思いました。大事なのは血の繋がりではなく、心の繋がりだと感じました。家族や友人、仕事をご一緒する方々とこれからもそういった心の繋がりでつながっていきたいと思います。


是枝監督:先週の公開記念舞台挨拶のときに、みゆが“家族”で集まるのは今日で最後なの?と言っていたので、大ヒットしたらまた集まれるよと言っていたんです。何度でもこのキャストとスタッフたちが集まれたら嬉しいと思っているので、よろしければ何度でも劇場に足を運んでもらえると嬉しいです。

と挨拶。

すると、リリーさんからの最後の締めの挨拶は祥太(城くんの役名)がやりますという突然の無茶ぶりに急きょ対応することになった城くんは、リリーさんから耳打ちをされながら
宴もたけなわプリンスホテルではございますが(笑)人生には大切な袋が三つあります。一つ目が池袋です。二つ目は沼袋です。三つ目は東池袋です。映画を楽しんでください(笑)

といい、会場は大爆笑!

終始アットホームな雰囲気に包まれた、感動あり笑いありのイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 万引き家族

公式​HP:
​​gaga.ne.jp/manbiki-kazoku
​公式​twitter:
https://twitter.com/manbikikazoku

物語・・・
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。

社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。

だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

***********************************


​​原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ 
松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林

配給:ギャガ
(C)​​2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. ​
全国大ヒット公開中