「は行」カテゴリーアーカイブ

『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』セイファート監督来日!


2015年4月25日より公開、未来をつくる食べものドキュメンタリー

『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』


の監督のジェレミー・セイファート監督が、夫人を連れプロモーションの為に来日。

4月の公開に先駆け、監督の舞台挨拶付先行上映が2月25日(水)日比谷図書館で行われました。

イベント概要
日時:2015年2月25日(水)
場所:日比谷図書文化館
ゲスト:ジェレミー・セイファート監督、ジェン・セイファート夫人

2.25日比谷_セイファート監督夫妻
「食の安全」を探求するドキュメンタリー映画『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』のジェレミー・セイファート監督がジェン夫人と共に来日を果たし、25日、都内・日比谷文化図書館で行われたトークイベントに出席しました。

登壇するなり、ほぼ女性で埋め尽くされた会場を見渡したジェレミー監督は、

「やはり「食」に関しては女性の方が情熱的。女性は種を育ててくれる存在ですからね…あ、でも、あそこにヤングマンが1人いた!」

と、小さな男の子を見つけると満面の笑顔を見せ、観客から温かい笑いがこぼれた。

2.25日比谷_セイファート監督 
バークシャー国際映画祭最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞するなど、観客から熱狂的な支持を受けている本作。「GMOは本当に安全なのかな?」という素朴な疑問もさることながら、7歳(撮影当時6歳)の長男フィンくんが無類の“種好き”だったことから、このプロジェクトは始まったという。

「フィンが2歳の時、家に畑を作り、『種はこうして蒔くんだよ』と教えてあげたんだ。しばらくすると、それが芽になり、トマトの実がなって、100個くらいの種ができた。彼は凄く感動していた。命の不思議、大切さに目覚めたんだね」

と。

そして、始まった今回の旅。ジェレミー監督は、

「食品に関わるさまざまな企業やGMOの研究者、有機栽培を行っている農家の人たちに話を聞いたが、まだまだわからないことがたくさんある。ただ、映画を観ていただければわかると思うけど、100%オーガニックな食品を食べることはかなり難しい、これだけははっきりしていると思う。」

と力説。会場から「もしも、お子さんがファストフードを食べたいって言ったら?」という声が上がっても、

「答えはノー!」

と笑顔でキッパリ。
2.25日比谷_セイファート監督夫妻2
ただ、全てを頑なに縛るのも良くないというジェレミー監督は、

「劇中、ハロウィンを楽しむシーンがあるけれど、子供たちがもらってきたお菓子が、もしもよくない製品だったら、さりげなく『そのお菓子とオモチャを交換しない?』って提案するよ。ハロウィンの思い出を大切にしながら、折り合いをつけることも大切。」

と、持論を展開。子供の心の成長にも配慮する優しい父親の一面ものぞかせていた。

ドキュメンタリー映画『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』は4月25日より渋谷アップリンク、名古屋名演小劇場ほか全国順次公開です。

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/gmo/

公式Twitter:https://twitter.com/uplink_els

公式Facebook:http://on.fb.me/1AKpPU4



********************************************************************

ジェレミー・セイファート(監督/脚本/編集)
2010年、初監督作品『DIVE!』は食料問題や飢餓が環境問題における抜本的な改革として紹介し、世界中の22の映画祭でさまざまな賞を受賞した。その後、制作会社コンペラー・ピクチャーズを創設。現在、映画監督として、また環境活動家として、アメリカ中を旅して、人道主義と環境問題について講演を行っている。本作『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』は2作品目にあたる。現在、ジェレミーと妻のジェンは、ノースカロライナ州にフィン(7歳)、スコット(4歳)、パール(2歳)の3人の子供と一緒に住んでいる。

内容:
3人の子どもを持ったことで“食”について考えるようになった一人の父親であり、映画監督であるジェレミー・セイファートは、種が大好きな長男の影響もあって「遺伝子組み換え作物=GMO」に興味を持つ。そもそも、アメリカでは表示義務がないため、GM食品の存在自体がほぼ知られていないのが現状だ。ジェレミーは疑問に思い、家族と共に遺伝子組み換え食品の謎を解く旅にでる。遺伝子組み換え市場シェア90%のモンサント本社や、ノルウェーにある種を保管する“種子銀行”の巨大な冷凍貯蔵庫、GM食品の長期給餌の実験を行ったフランスのセラリーニ教授など、世界各国への取材を重ねるうちに、徐々に明るみになっていく食産業の実態にジェレミーは言葉を失う。
本作は、遺伝子組み換え食品の真実を追うドキュメンタリーでありながら、『どんな食べものを、家族で選択していくのか』という答えをみつけるまでの、家族の成長物語だ。GMOをめぐる、OMG(オー・マイ・ゴッド!!)なロード・ムービー。この旅の最後に、ジェレミーの家族は何を選択していくのだろうか。

監督: ジェレミー・セイファート 
出演:ジェレミー監督のファミリー、ジルエリック・セラリー二、ヴァンダナ・シヴァ
配給・宣伝:アップリンク 
2013年/英語、スペイン語、ノルウェー語、フランス語
87分/カラー/アメリカ、ハイチ、ノルェー



TAAFオープニング作品は 『ヒックとドラゴン2』に決定!


3月19日(木)から23日(月)に開催の東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)。
TAAF2015のオープニング作品が、第87回アカデミー賞長編アニメーション賞部門 ノミネート作品の『ヒックとドラゴン2』(英題:『HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2』)に決定したことを発表となりました!

ヒックとドラゴン2 How To Train Your Dragon 2 © 2014 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved© 2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.
All Rights Reserved.TWENTIETH CENTURY FOX, FOX 
and associated logos are trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities.


『ヒックとドラゴン2』は、ゴールデングローブ賞、アニー賞など数々の映画賞を受賞、全世界37か国で1位を獲得し、世界興行収入も異例の大ヒット中であるハリウッドCGアニメーションです。

日本初上映となるのはTAAF2015会期初日である3月19日(木)。
「TOHOシネマズ 日本橋」にて上映。
なお、無料での上映を予定しているそうです。

上映日時やチケットの入手方法詳細は、追ってTAAF2015公式ホームページ ( http://animefestival.jp/ )でご案内があるそうですのでそちらをご覧ください。 
※2Dでの上映を予定しております。

物語は・・・
ヒックとトゥースの活躍により、バーク島に平和が戻って5年・・・。島では平穏な日々が続いていた。そんな、ある 日、ドラゴンを捕まえて軍団をつくり、人々を支配しようと企むドラゴという支配者の存在を知ったヒックは、島のドラゴンたち を守るためドラゴを説得するため旅立つことに。しかし、そこには見たこともない巨大で凶暴なドラゴン軍団が待ち受けていた!
 
監督:ディーン・デュボア 
(声の出演):ジェイ・バルチェル/ジェラルド・バトラー/アメリカ・フェレーラ/ケイト・ブランシェット 
2014年/アメリカ映画/105分


【 東京アニメアワードフェスティバル2015開催概要 】
taaf2015_ja1 会期: 2015年3月19日(木)から 3月23日(月)
会場:TOHOシネマズ 日本橋
主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会/一般社団法人 日本動画協会
共催:東京都
後援:外務省、観光庁、経済産業省、文化庁、中央区、国際交流基金、日本政府観光局(JNTO)日本貿易振興機構(ジェトロ)、イスラエル大使館、カナダ大使館、ナショナル・フィルム・ボード・オブ・カナダ(カナダ国立映画庁・NFB)、ハンガリー大使館、フランス大使館



********************************************************************


正体不明の犯人に迫る天才ハッカー追跡劇『ブラックハット』


5月8日(金)より公開の『ブラックハット』。

『ヒート』、『コラテラル』のマイケル・マン監督5年ぶりの最新作です。

この度、本作の予告編素材とポスタービジュアルを解禁となりました。

独特のスタイリッシュな映像美学で“闘う男”を描くマイケル・マン監督。5年ぶりのテーマに選んだのは、ネットワークが進化し、どこにいても世界中が標的可能となった現代の闇――。
Blackhat_ブラックハット
世界中で多発するネットワーク不法侵入による凶悪事件の解決に向け、要求も声明もない“追跡不能”の犯人に迫る極上のサスペンス・エンターテインメントです。
ブラックハットポスター 犯人捜査にあたる主人公ハサウェイを演じるのは『アベンジャーズ』シリーズでマイティ・ソーを演じ、アクションスターとして大躍進しているクリス・ヘムズワース。

共演には『ラスト、コーション』が世界で称賛されたタン・ウェイとワン・リーホン、アカデミー賞常連のヴィオラ・デイヴィスなど、国際色豊かな実力派が脇を固めています。

“ブラックハット”とは、コンピューターやネットワークへ攻撃を仕掛けるハッカーの事。

今回解禁となる映像には、かつて“ブラックハット”として知られ、罪に問われているハサウェイに一縷の望みを託され、世界を恐怖に陥れている謎の犯人逮捕のために捜査協力を要請される様が映し出されています。

正体不明、目的不明の犯人に迫るハサウェイの一進一退を繰り返す頭脳戦。

これまでアクション俳優としての活躍が目覚ましいヘムズワースが、世間を震撼させた元・天才犯罪者の立場で犯人を追いつめるという新境地に挑む姿にぜひご期待ください。

またマイケル・マン監督の代名詞でもある激しい銃撃戦や爆破、空撮、ボートやヘリなど様々な乗り物を使用した臨場感ある映像は今作でも健在です!



物語は・・・・
ネットワークでひとつになった世界、「安全な生活」は一瞬で奪われている。
正体不明の犯人に迫る追跡劇が、今、始まる。

何者かのネットワーク不法侵入によって、香港の原子炉は爆破され、アメリカの金融市場も大打撃を受けるが、アメリカ・中国の合同捜査チームは事件解決の糸口をつかむことができずにいた。

一縷の望みを託され、捜査協力を要請されたのは、ハッキングの罪で投獄中の天才プログラマー、ハサウェイ(クリス・ヘムズワース)だった。実は犯人が使用しているシステムは、彼がかつて開発したプログラムを応用したものだったのだ。

世界を脅かす凶悪犯の動きを制止するため、ハサウェイは合同捜査チームと共に、シカゴから香港、マレーシア、ジャカルタと、世界を股に掛けた追跡劇が始まる―。


『ブラックハット』(原題:BLACKHAT)

公式サイト:blackhat-movie.jp

********************************************************************

監督・製作:マイケル・マン
脚本:モーガン・デイヴィス・フォール
製作:トーマス・タル『ダークナイト』3部作、ジョン・ジャシュニ『GODZILLA ゴジラ』
出演:クリス・ヘムズワース『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』/
ワン・リーホン『ラスト、コーション』/タン・ウェイ『ラスト、コーション』/
ヴィオラ・デイヴィス『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures
  
  


R18版 限定上映決定『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』


ファンの皆様からのご要望に応え、
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

R18+バージョンの上映が決定致しました!

あったんですね。R18.

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
より広いお客様にご覧頂く為、レイティングをR15として公開した本作。
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイposter
それ故に、官能的または刺激的な描写についてはある程度の修整を加えざるを得ず、本作をご覧頂いた観客から「R18+バージョンを見たい!」という声が多数寄せられました。

そんな観客のご要望にお応えすべく、急遽2月25日(水)のレディースデイより、TOHOシネマズ 日劇他全国6館にて<R18+バージョン>を限定上映することが決定しました。

より甘美で、より官能的で、より刺激的な「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の世界を思う存分堪能できる、ファン必見の上映です!

あなたの“恋愛観”を打ち砕く、衝撃2時間6分 をR18でより。

公式HP:http://fiftyshadesmovie.jp/


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
********************************************************************

【Introduction】
巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない
超絶イケメン大富豪の“Mr.グレイ”と、それまで恋の経験がなかった
女子大生“アナ”との特異な恋愛模様を描いた本作は、イギリスの一般女性が
ネットに投稿した小説がはじまり。この甘く危険な物語に各国の女性が大熱狂し、
またたく間にその話題が飛び火して、世界中で社会現象を巻き起こしている。
女性作家×女性監督による、女性のための大人のラブストーリー!

監督:サム・テイラー=ジョンソン 『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
原作:「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」 (著者:ELジェイムズ、発売:早川書房)
出演:ジェイミー・ドーナン 『マリー・アントワネット』、
   ダコタ・ジョンソン 『ソーシャル・ネットワーク』
配給:東宝東和   
R15+ 
(C)2015 Universal Studios

↓愛の渦は上映時に女性限定回が出来た作品です。




ツァイ・ミンリャン監督引退作『郊遊<ピクニック>』ブルーレイ化!


ツァイ・ミンリャン監督引退作『郊遊<ピクニック> 』ブルーレイ化!

郊遊ピクニック同時に、幻の初期3部作『青春神話』『愛情萬歳』『』もディレクターズ・リマスター版で発売決定!!

ツァイ・ミンリャン初期3 部作+引退作「郊遊<ピクニック>」
ブルーレイBOX 同時発売

世界が認める鬼才ツァイ・ミンリャンの傑作4タイトルのブルーレイ化のご紹介!

2013 年のヴェネチア映画祭で突如発表された、ツァイ・ミンリャン監督の引退。

デビュー作「青春神話」以来、独自のスタンスで映画史を切り開き、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらと並ぶ、台湾ニューウェーヴの雄と称される彼の最後の劇場長編となるのが、そのヴェネチアで審査員大賞を受賞した「郊遊<ピクニック>」です。

デジタルの美を追求した映像と、豊穣な音、映画史に残る驚異的な長回しのラストシーンにいたるまで、ワンカット、ワンカットに物語が立ち上がる傑作。今回は、監督が意図した音と映像の美学を忠実に再現すべく、あえてDVD化はせず、ブルーレイのみの発売となります。

そして「郊遊<ピクニック>」の発売に合わせ、デビュー作「青春神話」、ヴェネチア映画祭グランプリの「愛情萬歳」そしてベルリン映画祭審査員グランプリの「河」、いずれも必見の名作と言われながら長らく観ることすら出来ないでいた初期3 部作が、監督監修によるハイヴィジョン・リマスターで甦ります!

<作品情報>
●郊遊<ピクニック>
2013 年ヴェネチア国際映画祭・審査員大賞/金馬奨・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞
監督:ツァイ・ミンリャン/撮影:リャオ・ペンロン、ソン・ウェンチョン/音響:ドウ・ドゥージ
出演:リー・カンション「西瓜」「青春神話」、ヤン・クイメイ[ 愛情萬歳」「恋人たちの食卓」、ルー・イーチン
「ふたつの時、ふたりの時間」「河」、チェン・シャンチー「黒い眼のオペラ」「 嶺街少年殺人事件」
2013 年台湾=フランス映画/ 136 分/カラー/ステレオ/ TSBS-80017 /本体価格4,800 円+税

●青春神話 ディレクターズ・リマスター版
1993 年東京国際映画祭ブロンズ賞/トリノ映画祭最優秀新人監督賞
監督・脚本:ツァイ・ミンリャン/撮影:リャオ・ペンロン「愛情萬歳」/音楽:ホワン・シューチュン
出演:リー・カンション、チェン・チャオロン「愛情萬歳」、ミャオ・ティエン「河」、
ワン・ユーウェン「恋人たちの食卓」
1992 年台湾映画/ 107 分/カラー/モノラル/ TSBS-80018 /本体価格4,800 円+税

●愛情萬歳 ディレクターズ・リマスター版
1994 年ヴェネチア国際映画祭グランプリ/金馬奨最優秀監督賞
監督:ツァイ・ミンリャン/脚本:ツァイ・ミンリャン、ヤン・ピーイン、ツァイ・イーチュン
撮影:リャオ・ペンロン「河」
出演:リー・カンション、ヤン・クイメイ「恋人たちの食卓」、チェン・チャオロン「河」
1994 年台湾映画/ 118 分/カラー/モノラル/ TSBS-80019 /本体価格4,800 円+税

●河 ディレクターズ・リマスター版
1997 年ベルリン国際映画祭審査員グランプリ
監督:ツァイ・ミンリャン/脚本:ツァイ・ミンリャン、ヤン・ピーイン、ツァイ・イーチュン
撮影:リャオ・ペンロン「郊外<ピクニック>」
出演:リー・カンション、ミャオ・ティエン「青春神話」、ルー・シャオリン「青春神話」
1997 年台湾映画/ 116 分/カラー/モノラル/ TSBS-80020 /本体価格4,800 円+税

◆ツァイ・ミンリャン初期3 部作+引退作「郊遊<ピクニック>」ブルーレイBOX 同時発売
(ブルーレイ4 枚組/ブックレット解説:宇田川幸洋
TSBS-80021 /本体価格19,200 円+税)


********************************************************************