「は行」カテゴリーアーカイブ

コワ~い真夏の怪奇ミステリー対談はいかが


暑いですよね~

コワ~い真夏の怪奇ミステリー対談いかがでしょうか?
@8.5(Sun)17:00~@代官山蔦屋書店

コワ~い真夏の怪奇ミステリー対談
コワ~い真夏の怪奇ミステリー対談


=============================================================

巨匠フランシス・F・コッポラ監督の最新作『Virginia/ヴァージニア』の日本公開(8月11日)を記念して、昨年末オープンしたばかりの話題のスポット、代官山蔦屋書店にてイベントを開催することが決定いたしました。

※ 代官山蔦屋書店イベントページ:http://tsite.jp/daikanyama/event/000826.html


本作は、あらゆるミステリーの原点である作家エドガー・アラン・ポーをモチーフにし、呪われた街で起こった<現在と過去>二つの事件の真相を、小説家が謎の少女V.[ヴィー]と共に紐解いてゆくゴシック・ミステリー。

『トップガン』のヴァル・キルマー、『SOMEWHERE』や『SUPER8/スーパーエイト』でイノセントな魅力を芳す、美少女エル・ファニングを迎え描いた渾身の最新作です。



映画公開の一足先に、コラムニストの辛酸なめ子さんと、心霊現象や都市伝説にも詳しいオカルト研究家の山口敏太郎さんに、コッポラ渾身のゴシック・ミステリー『Virginia/ヴァージニア』について、熱く語るトークイベントが開催されます!

=============================================================
どんな話するの?
【『Virginia/ヴァージニア』公開記念トークショー イベント詳細】
■ 日時:8月5日(日)17:00~17:30(30分間)
■ 場所:代官山蔦屋書店(渋谷区猿楽町17-5) 1号館-2F 映像フロア
■ ゲスト:辛酸なめ子さん(コラムニスト)&山口敏太郎さん(オカルト研究家)

入場無料、先着順


=============================================================

[ゲストプロフィール]

辛酸なめ子(Shinsan Nameko)
1974年、東京都生まれ。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。在学中より執筆活動。94年、GOMES漫画グランプリでGOMES賞を受賞。以降、漫画家、コラムニストとして活動。テーマはセレブからスピリチュアルまで、近刊は『厄除開運人生』(祥伝社)、『サバイバル女道』(サイゾー)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)など。最新刊は『霊道紀行』(角川文庫)。


山口敏太郎(Yamaguchi Bintaroh)
作家・漫画原作者・ライター・オカルト研究家・㈱山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。妖怪・都市伝説・UMA(未確認生物)・怪談・心霊 スポット・UFO・日本史ミステリー・前世・格闘技・秘密結社・サンカ・忍び・幽霊・四次元・超能力・呪術など不思議分野の唯一のオールラウンドプレイヤー!! 「インターネット時代における異界観」という論文で放送大学院にて修士号取得。 不思議分野において本格的な解説ができる作家であり、オカルト研究家である。

=============================================================

映画『Virginia/ヴァージニア』

ストーリー
二つの殺人事件を繋ぐのは、エル・ファニング演じる謎の少女V.[ヴィー]
ある小説家が訪れたのは、呪われた街。数日前に身元不明の少女が、胸に杭を打たれ殺されていた。――小説家は謎の少女V.[ヴィー]に誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、現在と過去、2つの事件の真相を紐解いてゆく。その先に予想しえない結末が待ち受けているとも知らずに・・・。

【スタッフ・キャスト】
監督・脚本・製作:フランシス・F・コッポラ 出演:ヴァル・キルマー、エル・ファニング、ベン・チャップリン、ブルース・ダーン、トム・ウェイツ(ナレーション)
2011年/アメリカ/88分/カラー
提供・配給:カルチュア・パブリッシャーズ
HP:virginia-movie.jp


世界が注目「放課後ミッドナイターズ」


世界注目の映像作家 竹清仁監督の長編デビュー作
~世界最高峰への第一歩を踏み出す!!~

2013年アカデミー賞<長編アニメ賞>にエントリー

放課後ミッドナイターズ
放課後ミッドナイターズ

©AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP


8月25日(土)映画「放課後ミッドナイターズ」が全国公開されます。

本作は、日本未公開作ながら、異例のアジア5カ国での同時公開が決定。
本作の基になった短編は仏の大手TV局が買い付け、先日開催された「ジャパンエキスポ」では最速で盗難を受け、アジア最大級のアニメフェスティバルが開催されるシンガポールからはプレミア招待を受ける等、各国で異例の注目を浴びております。

世界から注目を集める本作が、2013年のアカデミー賞において、「千と千尋の神隠し」以来となる、アカデミー長編アニメ賞を獲得すべく、エントリーを致しました。夜の学校で遊び回る人体模型が主人公という、映画史上”初”の本作。全米で人体模型旋風を巻き起こすべく、第一歩を踏み出しました!!


映画史上”初”の人体模型が主人公の本作をどう評価するのか注目!!

これが『放課後ミッドナイターズ』

夜な夜な動き出す理科室の人体模型キュンストレーキと、その相棒の骨格標本ゴスを主人公に、真夜中の学校で巻き起こる一夜の大騒動を描く映画『放課後ミッドナイターズ』は、福岡を拠点に 活動する奇才映像作家、竹清仁監督が手掛けるアトラクション•ムービー!
企画・監督:竹清仁
脚本:小森陽一
音楽:北里玲ニ
音響効果:笠松広司
CGプロデューサー:田中賢一郎
エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之
プロデューサー:伊藤耕一郎/平田武志
配給:ティ・ジョイ
主題歌:ねごと 「Re:myend!」(Ki/oon Music)
声の出演/山寺宏一、田口浩正、戸松遥、雨蘭咲木子、寿美菜子、小杉十郎太、谷育子、
家中宏、茶風林、松本大、郷田ほづみ、屋良有作、大塚芳忠、黒田勇樹(アルバイト)、
伊瀬茉莉也、下崎紘史、飯塚昭三

8月25日(土)新宿バルト9他にてアジア一斉ロードショー


©AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP

公式サイト http://afterschool-midnighters.com/
T-JOYサイト http://www.t-joy.net/


放課後ミッドナイターズ


映画『放課後ミッドナイターズ』

8月25日(土)映画「放課後ミッドナイターズ」が日本全国ほかアジア一斉公開されます。
スーパー幼稚園児VS名門小学校の理科室に何百年も住んでいる人体模型&骨格標本。かわいいイタズラ対決が2012年の夏を盛り上げます!

<INTRODUCTION>
 夜な夜な動き出す理科室の人体模型キュンストレーキ(声•山寺宏一)と、その相棒の骨格標本ゴス(声•田口浩正)を主人公に、真夜中の学校で巻き起こる一夜の大騒動を描く映画『放課後ミッドナイターズ』は、福岡を拠点に活動する奇才映像作家、竹清仁監督が手掛けるアトラクション•ムービー!完成前のパイロット版を見た海外映画関係者の間で、その国籍不明の独創性が話題を呼び、オリジナル企画としては異例の5カ国同時公開も決定。
 この夏、かつてないエンタテイメントが日本を、そして世界を襲う!

続きを読む


小説『Virginia/ヴァージニア』、8.3発売決定


8月11日に日本公開が決定しております、フランシス・フォード・コッポラ監督の最新作『Virginia/ヴァージニア』ですが、原作が存在することがわかりました。

そこで、コッポラ自身が映画のために書いたストーリーを翻訳・編集し、ノベライズというかたちで、映画公開直前の8月3日より竹書房から発売されることが決定いたしましたので、ここにお知らせいたします。

また、一足先に映画をご覧になった作家の村上龍さんに、以下のコメントをいただいております。

————————————————————————————–
  E.A.ポーとF.コッポラ、神秘と幻想、そして残虐と耽美。
  恐いけど美しい、美しいけど恐い。
  ――――村上龍
————————————————————————————–

<ノベライズ概要>
あやうさと残酷さに包まれた、夢とうつつが溶け込む世界。
謎の少女V.(ヴィー)とは何者か?
〈過去〉と〈現在〉ふたつの殺人事件が交錯し、
エドガー・アラン・ポーの世界に彩られて、
ゴシック・ミステリーは加速する。

小説「Virginia/ヴァージニア」
フランシス・F・コッポラ[原案・脚本] 小島由記子[編訳]
文庫判■本文256頁+カラーグラビア4頁【予定】
定価:648円+税(税込680円)


映画『Virginia/ヴァージニア』
————————————————————————————–
【STORY】
サイン会と称し、新作の本を売り歩く日々・翌驕A売れないオカルト作家のボルティモアは、ある日、訪れたスワン・バレーの町で不可解な事件に遭遇する。そこでは、数日前に胸に杭を打たれた身元不明の少女の遺体が発見されたばかりであり、ミステリー好きの保安官は、ボルティモアにこの事件を題材とした小説の共著を持ちかける。次回作のアイデアに悩んでいたボルティモアは、詳細を調べるうちに、かつてこの街にエドガー・アラン・ポーが宿泊したとされるチカリング・ホテルで起きた凄惨な事件を知る。さらに謎の少女V(ヴィー)と出会い、彼女に誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、〈現在と過去〉ふたつの事件の真相を紐解いてゆくが、その先に待っていたのは誰も予想しえない真実だった……。
—————————————————————————————

【STAFF/CAST】
監督・脚本・製作:フランシス・F・コッポラ
出演:ヴァル・キルマー、エル・ファニング、ベン・チャップリン、ブルース・ダーン、トム・ウェイツ(ナレーション)
2011年/アメリカ/89分/カラー   
提供・配給:カルチュア・パブリッシャーズ  © Zoetrope Corp.2011
HP:virginia-movie.jp



————————————————————————————–
 ★8.11(Sat)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開★ 
————————————————————————————–

■配給:カルチュア・パブリッシャーズ