「は行」カテゴリーアーカイブ

森脇健児、17年ずっとピンチ!『ヘラクレス』公開記念特別イベントで


『ヘラクレス』ポスタードウェイン・ジョンソン主演の映画

『ヘラクレス』

が10月24日(金)より、いよいよ全国公開となります。

その公開を前に、“ナニワのギリシャ”として阿倍野にあるスパワールドのギリシャ風呂にて、公開記念イベントが実施されました。

ゲストにはタレントの森脇健児さん、北京五輪シンクロ日本代表の青木愛さん。

それぞれ映画に登場する英雄ヘラクレス、女戦士アルタイルに扮して登場しました!

『ヘラクレス』イベント森脇健児・青木愛戦闘中
日時:10月14日(日)   
会場:スパワールド 世界の大温泉 [ギリシャ風呂]
ゲスト:森脇健児、青木愛(シンクロ北京五輪代表)

会場へ入ってきたゲストの森脇健児さんと青木愛さん。

森脇さんはライオンのかぶりものと言う“まさにヘラクレス!”と言ったいでたち、青木さんは弓を持ち、女戦士風のスレンダーな衣装で登場しました!


まず衣装について尋ねられ、

森脇さん:着た瞬間、いつでも闘えると思いましたね。隣動物園やし、この格好で外歩いても違和感ないんちゃうか!?

と言って笑いを誘うと、

青木さん:カッコイイ女性に憧れているので、この衣装はピッタリだと思います!

とテレビ番組で紹介されていた通り、男前な感想を伝えました。

『ヘラクレス』イベント森脇健児・青木愛MC:映画のキャッチコピー「肉食系アクション」ですが肉食系ですか?

森脇さん:青木さんは恐らく肉食系ですね(笑)

青木さん:何でやねん!ただ食に関しては肉食ですね。焼肉が大好きで10人前くらいは全然いけます。

森脇さん:僕は鶏肉専門です。牛肉は食べないんですよ。牛肉は足が遅くなるでしょ?牛は足が遅いから。

と、先日テレビ番組のマラソン企画で入賞するなど、ランナーとしての独自の意見も交えながら至ってまじめに返答していましたが、周りからはその回答に笑いがこぼれていました。

ヘラクレスイベント3 MC:劇中、ヘラクレスがピンチに陥る場面がありますが、いままでお二人に訪れたピンチは?

青木さん:ピンチなんてあったかな~?・・シンクロの演技で使うノーズクリップ(鼻の留め具)が試合中に外れてしまって、パニックになりました!

と現役時代に体験したハプニングを披露しました。それに対し

森脇さん:夢がMORIMORI(SMAPと共演していたテレビ番組)が95年に終了して、それから京都に戻ってきて17年間ず~っとピンチの連続です。

と・・・・・・

その後映画のヒットを祈願するため森脇さん得意のシャドーボクシングを披露。
『ヘラクレス』イベント森脇健児・青木愛シャドウ
森脇さん:一番大事なのはボディブロウ。この映画も10月24日までガード固めておいて、公開日にボディやー!!

テンションMAXで祈願を行いました。青木さんにもシャドーボクシングをレクチャーすると、すぐに

森脇さん:青木さん、一人でやってみて!

とむちゃぶり。青木さんは困りながらも見事なシャドーボクシングを披露、ヒット祈願を行いイベントは終了しました。



英雄伝説最強、肉食系アクション炸裂!
ハリウッド史上最強の男が、ついにアクションを進化させた!

『ヘラクレス』

10月24日(金)、TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー

公式サイト: http://www.hercules-movie.jp/



********************************************************************

「ヘラクレス」メイン 地獄がこの世に甦る時、神すら恐れる男が立ち上がる。
人間と神の血を継ぐ彼は一体何者なのか?
今、神話最強の“ヘラクレス伝説の謎”が明かされる!
「ヘラクレス」 監督:ブレット・ラトナー
製作総指揮:ピーター・バーグ、サラ・オーブリー、ジェシー・バーガー
製作:ボー・フリン、ブレット・ラトナー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ジョン・ハート、ジョセフ・ファインズ、イアン・マクシェーン
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

(c)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.




お腹と心が満たされる上映&トークショー@第5回東京ごはん映画祭


スペインの美食学:ガストロミーの世界を体感!お腹と心が満たされるプレミアムトークショー! 

人気スパニッシュ「スリオラ」オーナーシェフ・本多誠一氏
×
サン・セバスチャン国際映画祭ディレクター

        
今年で第5回目の「東京ごはん映画祭」が10月10日(金)から2週間、表参道を中心に開催されています。

第5回東京ごはん映画祭「東京ごはん映画祭」は、“食でつながる人と人を描いた映画”“ごはんが印象的な映画”を一堂に集め、“映画”と“ごはん”を愛する多くのみなさんの心と胃袋を満たし、いつもよりちょっとおいしい時間を過ごせる、毎年秋に開催される映画祭です。

そして、本映画祭のプログラムのひとつである、ごはんつき上映会が開催され、伝説のレストラン「エル・ブリ」のフェラン・アドリア氏も心酔していると言われる、ガストン・アクリオの食の世界を描く、

パトリシア・ペレス監督の映画
『FINDING GASTON (ファインディング ガストン)』

を上映、お料理をご提供いただく「スリオラ」オーナーシェフ・本多誠一氏とサン・セバスチャン国際映画祭ディレクターと共にプレミアムトークショーが実施されました。

左から、本多氏、ホセ氏、ルシア氏
左から、本多氏、ホセ氏、ルシア氏

プレミアムトークショー概要

日時:10月11日(土)
場所:表参道ヒルズ スペース オー
登壇者:「スリオラ」オーナーシェフ・本多誠一氏 、
国際映画祭ディレクター ホセ=ルイス・レボルディノス氏、副ディレクター ルシア・オラシレグイ氏

スリオラランチBOX映画を観ながら美味しいごはん食べようと、会場には多くのお客様がつめかけ、都内で人気の高いモダンスパニッシュ「スリオラ」のランチBOXと共に、スペインのワインであるチャコリを味わう姿も見られました。

トークショーでは、サン・セバスチャン映画祭のディレクターである、ホセ・ルイス氏より、ごはん映画祭とのパートナーシップの経緯やバスク地方の文化などがが語られ、日本とバスク地方は文化的に似ているところがあるとコメント。

「スリオラ」オーナーシェフの本田氏もそれに共感、将来の料理界に関しても熱く語りました。映画上映後は、拍手が送られるなど、お腹と心が満たされる大満足のイベントとなりました。

MC:日本は二回目の来日と伺っておりますが、東京を楽しんでいらっしゃいますか?

ホセ氏:(日本語で)はい、とってもです!
ルシア氏:(日本語で)今日は来てくれてありがとうございます。
二年前に東京に来て以来今回が二回目の来日となりますが、この街は一分ごとに驚きがある街だと思います。

私にとって日本の文化はバスク地方の文化と似ていることがあります。

MC:東京ごはん映画祭とのオフィシャルパートナーシップの経緯を教えてください。

ホセ氏:私たちにとって今回のパートナシップをとても光栄に思っています。
一年前にごはん映画祭の責任者からご連絡いただきましたが、情報交換の観点からしても重要であり、さらにサン・セバスチャン映画祭にオフィシャルの賞を授与していただけるのも重要なことでした。
今年は『FINDING GASTON (ファインディング ガストン)』が受賞しました。今回のパートナーシップはバスク地方と繋がる絶好の機会だと思っています。今日お越しの皆様にも是非サン・セバスチャン映画祭に来ていただきたい。
サン・セバスチャンの街は暖かく迎えることでも知られている土地ですよ。

MC:サン・セバスチャン国際映画祭の特徴は、どうのような点でしょうか。

ホセ氏:サン・セバスチャン国際映画祭は、カンヌやベルリン、ベネチアといった大きな映画祭にもカテゴライズされる大変大きなコンペ型の映画祭です。様々なジャンルが上映されますが、我々にとって重要としているのは、ラテンアメリカ、スペインというスペイン語圏諸国にもスポットライトをあてている点です。
また、ラテンアメリカと欧州との合作を調整したりする部門や未完成の作品に出資する為のセクションも用意していることも特徴のひとつです。
また、スポーツを専門にした上映部門も設けましたが、今年は俳優のオーランド・ブルームさんにお越しいただきました。彼はモーターサイクルのファンとしても知られていますが、200台のバイクと共に登場していただきました。

MC:今回、「TOKYO GOHAN AWARD」に選ばれました『FINDING GASTON (ファインディング ガストン)』という映画の魅力を伺えますか。

ホセ氏:この映画の見所は、ラテンアメリカで最も知られ、世界的に有名な料理人、ガストン・アクーリオンに絞って描かれているところだと思います。
非常にパーソナルな彼の生涯が描かれていますが、ガストン自身当初は料理とは関係がなかったのですが、人生の中でフランス料理と出会い、最終的には自国のペルー料理に生かすという独特の手法がこの映画では描かれています。

MC:バスク地方は、美食の街、として知られていますが、フードカルチャーという点では、どのような文化が根付いてますか。

ホセ氏:バスクにとってはガストロミー(美食学)というのは非常に重要な要素。友人が来たらおもてなしするという文化があり、それは外食だけに限らず、自宅で料理をふるまいます。バスクでは、日本のように女性だけがそれをするのではなく、男性も腕をふるいますよ。バスク料理の特徴は、素材に非常にこだわっている点です。海に面している土地ですが、山にも囲まれていますので、海産物や野菜などの素材自体の良さを尊重しています。
バスクのシェフたちは3、40年程前までは、フランスから多くを学びましたが、現在は中国やシンガポールなどのアジアに目が向けられており、その中でも日本は親和性が高いです。

MC:実は、本田シェフも、スペインやフランスで修行を積まれいているのですよね。

本田氏:はい。26歳まで5年間フランスの方で修行をしていまして、自分として納得できる修行ができたので、
日本に戻ろうと思っていました。ですが、その頃フェラン・アドリアさんというシェフを筆頭にした「エル・ブジ」のスペインのガストロミー会が
世界の頂点と呼ばれ始めていた時期だったので、このまま帰ったら後悔すると思い、サン・セバスチャンで1年間働こうと思っていたのですが、
結局4年間いることになりました。

MC:スペイン料理の現場の雰囲気はどのようなものだと感じられましたか。

本田氏:ヨーロッパのレストランは大抵そうですが、シェフがオーケストラの指揮者のようにみんなに指示を出して、若い下のシェフたちが、シェフの考えを理解し、チームとして動いていくというのが主な形です。

MC:映画『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』で描かれているようなチームワークということでしょうか?

本田氏:例えば、フランスなんかだと、一人のシェフが変わると料理の質も変わってしまうというような、レストランが多くあります。ですが、スペインは厨房が”ひとつのチーム”という考え方が浸透しています。料理人として良い面と悪い面がありますが、お客様にブレない料理を出すということ、将来の料理界を考えるとチームワークを大事にしているスペインは魅力的だと思います。

MC:本田シェフは、スペイン料理とはどのような出会いがあり、スペイン料理の特徴とどのようなところに最も魅力を感じていらっしゃいますか。

本田氏:先程ホセさんも仰っていましたが、スペイン料理は素材の美味しさを大切にしています。なので、一番の魅力は、素材ですね。
それは日本の和食やお寿司やさんに通ずるところがありますね。
あとは、中世期以降にイスラム教徒排除の為に、彼らの宗教上の理由で食べることができない豚肉を料理の至る所に使い始めたのですが、それの影響もあって豚肉はたくさん使用すること、土地柄、良質なオリーブがたくさん穫れることから、たくさんのオリーブオイルを使用することも特徴的です。

MC:さて、本日は本田シェフに、東京ごはん映画祭オリジナルもモダン・スパニッシュを創作いただきました。この機会にスペインの食文化をより楽しんでいいただき、どうぞガストロミーの世界をお楽しみください。それでは本田シェフ、メニューのご紹介をお願いいたします。

・ゴマのクロスタス⇒地中海などでよく食べられる、中にオリーブオイルを練りこんだスティック状のおつまみ。
・ひよこ豆のサラダ⇒ひよこ豆を柔らかく煮込んでサラダ仕立てにしたもの。
・バカラオ(塩ダラ)のアホアリエロ⇒オリーブオイル、にんにくたっぷり、玉ねぎ、ピーマンなどを塩ダラと共にトマトソースで煮込んだもの。
・イカスミのイカ飯とイカスミの米チップス⇒スペインで有名なイカのイカスミの煮込みを日本のイカ飯のようにしてアレンジ。つけあわせにお米とイカスミでつくったチップスを添えて。
・鶏とチョリソのクロケッタ⇒バルの定番であるクロケッタ。チョリソーで香りをつけた鶏肉のコロッケ。
・ジャガイモトルティーヤのカポティージョ⇒スペインで一番食べられているジャガイモトルティーヤをサンドイッチのような形で提供。

本多氏:映画を観ながらでも食べることのできる、正面をみながらでも食べることができるように考えて、今回作らせていただきました。

その後、読み上げられた『FINDING GASTON (ファインディング ガストン)』監督のパトリシア・ペレスからの手紙の中では、ペルー人であるペレス監督が自国の状況に悲観的になり、以前は誇りを持てなかったこと、同じペルー人のガストン氏に出会い、この映画をつくったことがきっかけで、心の底からペルーが好きになったことが語られ、映画を楽しんでほしいというメッセージも寄せられました。

ごはん映画祭
********************************************************************


上映作品:『FINDING GASTON (ファインディング ガストン)』

監督:パトリシア・ペレス
(第62回サン・セバスチャン国際映画祭「キュリナリー・シネマ部門」「TOKYO GOHAN AWARD」(最優秀作品))
『FINDING GASTON (原題)』 
75min/Color/2014/ペルー=アメリカ/ドキュメンタリー
公式サイト:http://www.gastondoc.com/

ストーリー:世界中で多くの偉大なシェフがおり、その中でも、最も英雄的な存在となったシェフ、ガストン・アクリオ。彼の存在が、今、祖国ペルーを大きく変えようとしている。そのキッチンの外側と、その人々の背景にある物語、そして彼の湧き上がるインスピレーションと夢は、この作品を通して、観る人に新たな発見をもたらすであろう。

ここでは、それにあたいするとても情熱を持った人々と実際に出逢うことができる。「FINIDING GASTON」は、
ペルーの食、人々、そして彼らの夢の裏側とガストンの魅力的な世界へ、ガストンと共にお連れします。
素敵な旅への準備は整いましたか?では、ご一緒に美食の旅へ出かけましょう。

10/13(月・祝)16:35~、10/19(日)12:50~@シアター・イメージフォーラム (3回限定上映!!)

ご提供料理:ZURRIOLA(スリオラ)
都内で高い人気を集めるモダンスパニッシュ「ZURRIOLA」のガストロノミーを特別にランチBOXスタイルでご提供!本格スペイン料理に舌鼓を打ちながら、スペイン・バスク地方へ旅した気分を味わえる優雅なランチタイム!



第5回東京ごはん映画祭 開催概要

開催期間:2014年10月10日(金)~10月24日(金)

会場:
10月10日(金)→10月13日(月)@表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
10月11日(土)→24日(金)@シアター・イメージフォーラム/レストラン各所(都内)

東京ごはん映画祭主催:東京ごはん映画祭実行委員会
後援:WOWOW/東京MX /会場協力:表参道ヒルズ
オフィシャルパートナー:サン・セバスチャン国際映画祭
公式サイト:tokyogohan.com
 
 


映画『日々ロック』衝撃の問題歌も披露ライブ!@第六回下北沢映画祭


10月11日(土)~13日(祝・月)の期間開催中の第六回下北沢映画祭にて、映画『日々ロック』のスペシャルイベントが開催されました。

ゲストには蛭子能収さんがバンドデビューしたことで注目を浴びた“犬レイプ”こと“The SALOVERS”。衝撃の問題歌「百姓勃起」の生演奏を披露…と思いきや、急遽、出演者の前野朋哉さんが駆け付け、劇中で蛭子さんのポジションに加わり、一日限りのメンバーでパフォーマンスを披露しました!

打ち合わせなしにもかかわらず、違和感なく見事な一体感が生まれ、サビでは一緒に掛け声をかけるほど会場は大盛り上がりとなりました。

また、入江監督のトークショーでは最新作『日々ロック』について語り、The SALOVERSの出演経緯も明らかに…!?音楽の街・下北沢にマッチした濃厚なイベントとなりました!

1011『日々ロック』メイン
下北沢映画祭×映画『日々ロック』イベント

日時:10月11日(土)
場所:ライブハウスTHREE
ゲスト:入江悠監督、The SALOVERS、わたなべりんたろう(進行役)
サプライズゲスト:前野朋哉

わたなべりんたろうさん(以下、わたなべさん):本日はどうぞよろしくお願いします!まずは、『日々ロック』の予告編からご覧いただきましょう。



“The SALOVERS”のライブパフォーマンス
1011『日々ロック』犬レイプ1 1011『日々ロック』犬レイプ2 セットリスト:
1.床には君のカーディガン
2.HOT HOT HOT!
3.ディタラトゥエンティ
4.喉が嗄れるまで
5.サリンジャー
6.オールド台湾
7.愛しておくれ

ここで“犬レイプ”「百姓勃起」 パフォーマンス
蛭子さんのポジションに前野朋哉が飛び入り参加!!

1011『日々ロック』The SALOVERS
入江悠監督(以下、監督):いや~The SALOVERSすごいよかったよ!
泣きそうになった。今日の古舘くん一際かっこいい!!
それにしても前野くんのメンタル半端ないね。(笑)

前野朋哉さん(以下、前野さん):ライブって大変ですね…

監督:映画では犬レイプの観客ってほぼゼロなんですよ。
The SALOVERSが演じるイ犬レイプは、本当に人気がないんです。(笑)
前野くんたち演じるザ・ロックンロールブラザーズはダサいけど、伸びしろがあるんですよね。

The SALOVERS 古舘佑太郎さん(以下、古舘さん):だから、可能性のない曲を作らなきゃいけなくて…逆に難しかったです。(笑)

わたなべさん:古舘さんは漫画もともと読んでいたんですか?

古舘さん:漫画は1年前くらいから読んでいて、すごいアツい作品じゃないですか。だから、自分の気を高めるアイテムになっていました。
役者なんてやったことなかったのに、作品に出演できるかもって聞いて挑んでみたんですけど、特にオーディションとかなく…気づいたら決まっていました。(笑)

監督:YoutubeでThe SALOVERSのPV見て、彼らならできるかなって。特に古舘くんには東映のピラニア軍団みたいに演じてもらったんですよ。だから、至る所に映りこんでます。

前野さん:しかも壁食べてるんですよね。(笑)

監督:そう、始めどんなもんかなって思って、“壁食べてみてください”って言ったら本当に食べてくれて…

古舘さん:いや、その時、ベースの小林が遅刻したんですよ。
稽古に遅刻ってありえないじゃないですか。他の役者さんとか待たせて…だから、犬レイプは死んだって思って、もうどうにでもなれって必死の思いでした。

監督:しかも古舘くん、要求に全部応えてくれたんですよ。

古舘さん:僕、『桐島、部活やめるってよ』が好きで、落合さんや前野さんと共演できるのがすごく嬉しかったんですよね。だから、より頑張れました。

監督:古舘くんは助監督並に厳しかったですよ。(笑)メンバーが間違えると僕より先に“おい!”って注意してくれて…

前野さん:蛭子さんの頭鷲掴みしてたけど、蛭子さん怒らなかったよね。(笑)

古舘さん:蛭子さんはマイペースでしたね。(笑)

わたなべさん:実はそろそろお時間がなくなってきてまして…
最後にQ&Aだけできたらと。質問のある方いらっしゃいますか?

観客:一番大変だったシーンはありますか?

監督:ラストの屋上のシーンですね~

前野さん:それ一番言いやすいところじゃないですか。(笑)

監督:先に言っちゃおうと思って。(笑)

古舘さん:僕は…演じるのが初めてだったので、全て大変でしたけど、中でも、蛭子さんがすぐ帰りたいって言うからマネジメントが大変でした。(笑)

前野さん:全部大変でしたけど…大変というか、二階堂さんにボコボコされるシーンは気持ちよかったですね。(笑)

わたなべさん:それでは、最後に特別映像を見て、一言づつお願いします!



監督:この作品はパワーがすごいです!!ぜひ観てください!

前野さん:劇場で観てほしいです!ライブ感がすごいので、家で観るんじゃ
伝わらないですから。できたら、公開の土日連続で観てほしいです!

古舘さん:せっかく映画に出演することができたので、
これを機に恋愛映画とか出たいですね~女優さんとキスするまで続けたいです。(笑)

映画『日々ロック』
11月22日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

********************************************************************


ストーリー
金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎(野村周平)。
そんな拓郎が友人の草壁(前野朋哉)、依田(岡本啓佑)とともに結成した名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に住み込みで働いていた。鬼より怖いオーナー・松本(竹中直人)に「家賃も払えねえゴミくずども!」と罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。ある晩、ライブをしていた三人の前に酔っぱらった女が乱入してきた。
「お前、童貞だろ?生の女抱いてからロックしな!」。拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女は名曲の「雨あがりの夜空に」を熱唱し、観客の心を鷲づかみにしてしまう。松本の姪っ子だという彼女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。フロアは大混乱、咲と三人は血とゲロにまみれた大乱闘。

だが迎えのリムジンに飛び乗る直前、彼女はこう言い残して去っていく。
「お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」少しずつ距離を縮めていく咲と拓郎たちだったが・・・。

“史上最強のロックバカ”と“凶暴なアイドル”の運命は!?
拓郎の叫び=『日々ロック』は本当に、世界を変えることができるのか!?

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 
喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、
DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)  
制作・配給:松竹  

(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社


大泉洋久しぶり晴れの初日舞台挨拶『ぶどうのなみだ』


大泉洋・安藤裕子・染谷将太・三島有紀子監督そろい踏み!『ぶどうのなみだ』初日舞台挨拶 

2012年1月に公開され大ヒットを記録した『しあわせのパン』のスタッフが、北海道を舞台にしてお贈りする

映画『ぶどうのなみだ』

今回は、北海道・空知(そらち)地方の“ワイナリー”を舞台にした物語です。オール北海道ロケでお届けする、心を優しくうるおす芳醇なワインと温かい涙の物語です。


10月4日(土)の北海道先行公開初日を受けて、いよいよ10月11日(土)に全国公開初日を迎え、大泉洋さん、安藤裕子さん、染谷将太さん、三島有紀子監督登壇の爆笑初日舞台挨拶が行われました!

ぶどうのなみだ初日謡挨拶2
『ぶどうのなみだ』初日舞台挨拶 概要

日時:10/11 (土) 
会場:渋谷シネクイント (渋谷パルコ パート3・8F) 

登壇:大泉洋さん、安藤裕子さん、染谷将太さん、三島有紀子監督(予定)

MC:ご挨拶をお願いします。

大泉さん:ありがとうございます・・・台風が・・・近づいている予報ですが・・わたくし今日は初日のために何とか・・若干食い止めております。大変強力な台風。アー俺の初日はまた台風なのか!?心配しましたがふっていない。これも皆様のおかげ・・・そこまでは思ってなかったです。マネージャーにも降ってない初日、久々ですねって言われました。北海道先行公開も朝は晴れていたのですが、舞台挨拶の頃は土砂降りで。私の上は晴れております初日。この調子でたくさんの方に観ていただければと思っています。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶大泉洋5
安藤さん:大泉さんの興奮すると雨が早まってしまうので。心配しています。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶安藤裕子4 大泉さん:北海道でも、私が小学校の校歌を歌ったところ降り出したんです。友よ~♪友よ~♪巷では雨乞いの歌と呼ばれています!

安藤さん:やめてください。わたくし普段は歌を歌っておりまして。

大泉さん:あなたも歌っているんですか?では校歌を友よ~♪友よ~♪

ぶどうのなみだ初日謡挨拶大泉安藤夫婦漫才2
安藤さん:私が歌うと晴れが多いんですけどね。今日はコントなようなトークではなく、しっとり恋愛の話をしていただきたいんでって言われたのですが・・

大泉さん:そういえばそんなこと言われましたね。映画会社の方めっちゃ怖い顔で見てます!

安藤さん:不慣れな現場を皆さんに助けられて今日を迎えられました。今日はありがとうございました。

染谷さん:本日はありがとうございました。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶染谷将太1
大泉さん:白いなお前。若手の整体師がついてきたかと。レクター博士が捕まったかと思ったわ。。

染谷さん:先ほどから天気の話ばかりしていますが、とても愛にあふれた素敵な映画です。みなさん楽しんでいてください。

三島監督:今日は本当に。ぶどうのなみだという映画が全国で生まれてくれて良かったなと思っています。皆さんと一緒にその日が迎えられて良かったなと思っております。今日は楽しんでいってください。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶三島監督4
MC:ご覧になられた方からかけられた言葉で嬉しかったことは?

監督:撮影した空知というところで、一番最初に上映したのですが、自分の住んでる場所がこんなに素敵な場所がたくさんあるんだと。誇りに思うと言ってくださったことが心に残りました。70歳の女性の方がありがとうございますと。色んなことがあってもひたむきに生きてる姿を見て、私も明日も頑張って生きていきたいと思いますと言ってくれたことが忘れられません。

MC:寡黙でストイックな役、依然格好よさは自己ベストですとおっしゃいましたが。

大泉さん:あまりにも監督がかっこいいかっこいいですと言うからハードルを上げないでくれと言いたいんです。でも、まあ言ってもいいんじゃやないかと。ただ前回見出しが「大泉洋自己ベスト更新!」って何をしたんだって話です。

MC:恋の行方も気になるところですが、演じるうえで意識されたところは?

大泉さん:しあわせのパンを書いた三島さんの作品ですので、思いのほか恋愛なのだなと。ただ読み進めると私の好きな展開。出会ったときは喧嘩している男女が恋に落ちるって話が好きなんです!(笑)ワクワクしました。

MC:最初は仲たがいしているけどだんだん惹かれていくエリカはあおのどこが良かったと思いますか?
安藤さん:どんなところだったのかな?演じ終えて1年。監督が書いた小説の方を読ませていただいたんですが、エリカがだんだんアオに心が傾いていくのを読んだんですけど。アオとロクは対照的で。エリカは多分両方に癒されて心を動かされていくんだとおもいますが。どこか青には痛みとか傷とかそういうものを自分も癒してあげたいと思いがわいたのかなと思います。

MC:染谷さんは心がヒリヒリする役が多いですが。
大泉さん:殺す役多いですよね。
染谷さん:殺したり殺されたりが多いです。
MC:ロクがかわいいと女性の間で評判ですが。
染谷さん:何を現場で演じても、洋さんに殺しそうだよねって言われて。それから、眠いの?やる気ないの?とか言われて。
大泉さん:今日もやる気ないの?
染谷さん:ありますよ!と言うことでそれを封印して。それと年が離れた兄弟なので、ひたむきに兄に対して向っていくところを頑張りました。
MC:二人の対照的な素晴らしかったですよね。
監督:アオは情熱的で寡黙な人。ロクはすべての運命を受け入れてくタイプ。対照的ですが魅力的な男性かなと思っています。

MC:キャストの皆さんはご自身はどのタイプですか?
1.不器用で素直になれないアオタイプ
2.情熱的でまっすぐなエリカのタイプ
3.母性本能をくすぐるロクのタイプ

大泉さん:うーん。わたくしはですね。
安藤さん:バベット!
大泉さん:あれは犬だろ!私は多分ね。母性本能をくすぐるタイプではないかなと。わたし。可愛いなんです。だからロク。間違っても情熱的で寡黙じゃないですからね!寡黙じゃないし。愚痴しかいわないしね。
安藤さん:ロクこんなにしゃべらない!
大泉さん:じゃ、しゃべるロクで。

安藤さん:当初はアオかなと思ったんです。でも、小説を読むとアオの面もあるし、エリカの側面もあるし。ロクの部分もあるなと。全員です。

染谷さん:アオとロクを足して2で割ったぐらいじゃないですか?ロクのような男でもありたいけど。そこまで可愛いわけでもないですしね。
大泉さん:可愛いですけどね。それだけじゃないですしね。
染谷さん:目が怖いとか言われるんで。
安藤さん:可愛いをとられたくないだけでしょ!
大泉さん:常にかわいい対決だからね。だから猟奇的なロクみたいな感じで。(拍)
染谷さん:ありがとうございます。

最後に大ヒット祈願でワインタワーが登場!ワインを洋さんが注ぎます。
大泉さん:素敵な北海道の映画なのにホストクラブみたい!

ぶどうのなみだ初日謡挨拶ワィンタワー
MC:最後のメッセージを

監督:北海道の美しい風景とおいしいご飯を撮っていたのはとても幸せでしたが、キャストの皆さんのお芝居を撮っているときが一番幸せでした!大泉洋さんのアオが挫折するシーンを撮った時はお芝居に鳥肌が立ちました。その時本当にこの映画を撮ってよかったなと思いました。皆さんもそこのところを見ていただいて、アオやエリカやロクが一生懸命生きているたたずまいを観ていただいて人間の味わいって何かなって考えていただければ嬉しいなと思います。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶三島監督0
染谷さん:美しい景色の中美しい人間関係が描かれてます。本当に愛にあふれた映画です。帰りにワインを飲んで帰っていただければと思います。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶染谷将太3
安藤さん:生きてると大きなドラマはないですが、日々どこかで痛みを解決しないで、生きていくわけですが。映画を通して少しとげがほどけたような気がします。少し優しく、誰かが愛しく見えるような気持で帰っていただけたらと思います。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶安藤裕子2
大泉さん:ついに公開となりました!また一つ北海道の美しい景色と凄くおいしい料理と魅力的なワインが移っている映画が出来ました。この映画を観て北海道に遊びに来てもらえればいいなと思いますし。さまざまな方が楽しめる映画だと思います。映画館で観ていただいて大事な人と帰りにおいしいお食事を。ありがとうございます。
ぶどうのなみだ初日謡挨拶大泉洋4
10月4日(土)北海道先行/10月11日(土)全国ロードショー

http://budo-namida.asmik-ace.co.jp

********************************************************************


【ストーリー】北海道・空知。父親が残した葡萄の樹と小麦畑のそばで、兄のアオはワインをつくり、ひとまわり年の離れた弟のロクは小麦を育てている。アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールの醸造に励んでいるが、なかなか理想のワインはできない。そんなある日、キャンピングカーに乗ったひとりの旅人が、突然ふたりの目の前に現れた。エリカと名乗る不思議な輝きを放つ彼女は、アオとロクの静かな生活に、新しい風を吹き込んでいく・・・。

出演:大泉洋 安藤裕子 染谷将太 / 田口トモロヲ 前野朋 りりィ きたろう / 大杉漣・江波杏子
監督・脚本:三島有紀子『しあわせのパン』 音楽:安川午朗  
(C)2014『ぶどうのなみだ』製作委員会


映画『日々ロック』オリジナルサウンドトラック発売!



11月22(土)より公開となります、究極の爆音ムチャぶりエンターテイメント

映画『日々ロック』
『日々ロック』サントラジャケット写真 この度、豪華アーティストが楽曲提供している本作のオリジナルサウンドトラックの発売が決定!

また、その中に収録されている主題歌「終わりなき午後の冒険者~日々ロックver.~」(爆弾ジョニー)のコーラスに出演キャストたちが参加していることが明らかになりました!主演の野村周平をはじめ、二階堂ふみ、前野朋哉、岡本啓佑、The SALOVERS、毬谷友子、蛭子能収、竹中直人の豪華メンバーがコーラスを共に歌っております。

『日々ロック』アフレコの様子
入江監督の
「映画のハチャメチャなパワーがそのまま続いているような主題歌に出来たら…」

との想いから今回の豪華すぎるコラボレーションが実現!各キャストには思う存分シャウトしてもらったそうですが、レコーディング初挑戦(?)の蛭子さんは恥ずかしがり、なかなかシャウト出来ず苦戦していたとのエピソードも。キャストが参加した豪華バージョンを聴けるのは映画のエンドロールと本CDのみ、ぜひご自身の耳でお確かめください!

また、その他にも黒猫チェルシーの劇伴や、劇中楽曲を提供した各アーティストたちより“日々ロックらしい1曲”をそれぞれ選定してもらいうなど、豪華な収録内容です!劇中ではどのように登場するのか期待を膨らませる楽曲の数々。

『日々ロック』アフレコ記念写真
<映画「日々ロック」オリジナルサウンドトラック>

プロデュース:いしわたり淳治
【発売日】 11月5日(水)
【価格】 ¥2,778(税別)
【発売元】ソニー・ミュージックレーベルズ キューンミュージック

【収録曲】
01.終わりなき午後の冒険者~日々ロックver.~/爆弾ジョニー
02.脳みそ/ザ・ロックンロールブラザーズ
03.日々ロック メインテーマ/黒猫チェルシー
04.百姓勃起/犬レイプ
05.今夜いますぐに サウンドトラックmix/ザ・ロックンロールブラザーズ
06.失恋/黒猫チェルシー
07.SUNRISE/宇田川咲
08.-Rasen-(Album ver.)/ザ・ランゴリアーズ
09.スーパースター サウンドトラックmix/ザ・ロックンロールブラザーズ
10.バンドの友情/黒猫チェルシー
11.ラブリーサマータイム/宇田川咲
12.パリの憂鬱/黒猫チェルシー
13.手紙/黒猫チェルシー ※映画未使用曲
14.浜橋のテーマ/黒猫チェルシー
15.いっぱい サウンドトラックmix/ザ・ロックンロールブラザーズ
16.脳みそ Demo ver./細身のシャイボーイ
17.グッドバイ/爆弾ジョニー
18.ベリーゲリーギャング/黒猫チェルシー
19.バンドやろうぜ/忘れらんねえよ
20.喉が嗄れるまで/The SALOVERS

ライブのようにCDで予習してから劇場へ足を運ぶのもありかも…!?

映画『日々ロック』

11月22日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hibirock.jp/

********************************************************************


【ストーリー】
金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎(野村周平)。
そんな拓郎が友人の草壁(前野朋哉)、依田(岡本啓佑)とともに結成した名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に
住み込みで働いていた。鬼より怖いオーナー・松本(竹中直人)に「家賃も払えねえゴミくずども!」と罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。ある晩、ライブをしていた三人の前に酔っぱらった女が乱入してきた。
「お前、童貞だろ?生の女抱いてからロックしな!」。拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女は名曲の「雨あがりの夜空に」を熱唱し、観客の心を鷲づかみにしてしまう。松本の
姪っ子だという彼女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。フロアは大混乱、咲と三人は血とゲロにまみれた大乱闘。
だが迎えのリムジンに飛び乗る直前、彼女はこう言い残して去っていく。
「お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」少しずつ距離を縮めていく咲と拓郎たちだったが・・・。
“史上最強のロックバカ”と“凶暴なアイドル”の運命は!?
拓郎の叫び=『日々ロック』は本当に、世界を変えることができるのか!?

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人

劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)

制作・配給:松竹
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社