「は行」カテゴリーアーカイブ

マイケル・キートン、受賞スピーチで涙!バードマンでゴールデン・グローブ主演男優賞



『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
原題:BIRDMAN or (The Unexpected Virtue of Ignorance)


は、2015年4月、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

本日1月12日(日本時間)に発表されました第72回 ゴールデン・グローブ賞にてコメディ/ミュージカル部門 主演男優賞&脚本賞を受賞しました!

・コメディ/ミュージカル部門 主演男優賞(マイケル・キートン)

・脚本賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ、 ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー)

バードマンW
マイケル・キートンは劇場映画では初のゴールデン・グローブ賞ノミネートにして受賞で、まさかの涙。まさに映画を地で行く快挙となりました。

今回のゴールデン・グローブ賞受賞により、現時点で88部門という、かつてない賞の数を記録しています。本年度アカデミー賞®においても、最多ノミネート&受賞への大きな一歩となりました。

物語・・・

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。

レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。

しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。

さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?


出演は『バットマン』シリーズのマイケル・キートン、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーンという新旧アメコミキャストの顔ぶれに、演技派のナオミ・ワッツが華を添えております。

監督は『バベル』でカンヌ国際映画祭監督賞に輝いたアレハンドロ・G・イニャリトゥ。撮影は『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞®を獲得したエマニュエル・ルベツキ。

バードマン
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
原題:BIRDMAN or (The Unexpected Virtue of Ignorance)


は、2015年4月、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/birdman/
********************************************************************

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ (『バベル』『21グラム』『アモーレス・ペロス』)
撮影:エマニュエル・ルベツキ(オスカー撮影賞受賞『ゼロ・グラビティ』『ツリー・オブ・ライフ』『トゥモロー・ワールド』)
ドラム・スコア:アントニオ・サンチェス(オリジナル・スコア / 「New Life」で第55回グラミー賞受賞)
キャスト:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズボロー、エイミー・ライア、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ
2014年/アメリカ/英語/カラー/ヴィスタサイズ/120分
日本語字幕:稲田 嵯裕里/配給:20世紀フォックス映画
© 2014 Twentieth Century Fox PG12
宣伝:樂舎
 
 


『博士と彼女のセオリー』第72回ゴールデン・グローブ主演男優賞と作曲賞!


3月13日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーとなります、“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリー

『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)。

この度、1月11日(現地時間)に第72回ゴールデン・グローブ賞結果が発表され、見事、主演男優賞(ドラマ部門)を含む2部門受賞いたしました。

第72回ゴールデン・グローブ賞 受賞部門

主演男優賞(ドラマ部門):エディ・レッドメイン

作曲賞:ヨハン・ヨハンソン 

博士と彼女のセオリー
ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』の映画化である本作。

今回受賞したエディ・レッドメインは、理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士を演じています。『レ・ミゼラブル』で自由主義者の青年マリウスを演じた彼ですね。徐々に身体中の筋肉が衰える難病ALS(筋委縮性側索硬化症)に侵されていく難役を熱演し、新境地を開いています。

【受賞スピーチ】

エディ・レッドメイン(主演男優賞/ドラマ部門)
Oh my God!!なんてすごいことが起こっているんだろう・・・ここにいられる事を心より感謝します。
主演男優賞にノミネートされた事自体が僕にとってすごい事でした。これはとても大きな名誉です。(ホーキング家族は)私たちを信頼し、彼らのストーリーを描くことを受け入れてくれた。
この映画をきっかけに情熱的でユーモアたっぷりのホーキング博士と出会い、過ごせたことが僕の人生の中でかけがえのないものになりました。
監督、プロデューサーにお礼を、そしてフェリシティ・ジョーンズ、とても素晴らしい女優が僕を支えてくれた。素晴らしいチームに感謝したい。そして先日結婚したばかりの僕の妻にも。彼女とは今回のLAにくることをハネムーンにしていたんだけど、忘れられないハネムーン最後の夜になったよ。

ヨハン・ヨハンソン(作曲賞)
この賞をいただけたことを本当に光栄に思います。
素晴らしい『博士と彼女のセオリー』という仕事をもらった時、とてもスムーズに仕事をすることができました。それは、素晴らしい脚本と俳優陣のおかげです。

監督のジェームズ・マーシュに、僕をこのチームに招いてくれたことを本当に感謝します。

そして、この作品に関わった全ての人、素晴らしいチーム、アイルランドとデンマークにいる家族に感謝したいです。また作曲するにあたり僕を支えてくれたこの喜びを音楽家や技術者たちと分かち合いたいです。本当にありがとう!


今回、第72回ゴールデン・グローブ賞で堂々2部門受賞となった本作。
いよいよ1月15日(日本時間)に、第87回アカデミー賞ノミネート作品が発表となります。その勢いで、アカデミー賞では何部門ノミネートとなるか!?特に、エディ・レッドメインはアカデミー主演男優賞最有力候補との呼び声も高く、期待は高まります!

余命2年の宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才と彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー

『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)

3月13日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
公式サイト:http://hakase.link


********************************************************************


学生の頃から天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング。
彼がケンブリッジ大学の大学院に在籍している時、詩を学ぶジェーンと出会い、たちまち2人は恋におちる。
しかし、直後にスティーヴンは難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症し、余命2年の宣告を受ける。それでも彼と共に生きると決めたジェーンは、力を合わせて病気と闘う道を選択する。

出会いから、恋愛、結婚、出産・・・。
自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る2人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれる。刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、持ち前のユーモアで乗り越えていく姿を、ホーキング博士の輝かしい功績とともに彼らの苦悩と純愛を感動的に描く。

監督:ジェームズ・マーシュ『マン・オン・ワイヤー』
主演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、
フェリシティ・ジョーンズ『アメイジング・スパイダーマン2』、
チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー
原作:ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
配給:東宝東和 124分 (c)UNIVERSAL PICTURES 


エイミー・アダムス2年連続最優秀主演女優賞受賞


ティム・バートン監督の最新作

ビッグ・アイズ

が、1月23日(金)より公開となります。
『ビッグ・アイズ』
そして!1月11日(現地時間)に第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、本作の主演、エイミー・アダムスが最優秀主演女優賞を受賞いたしました!!!

強豪ひしめく中ついに発表された今年のゴールデン・グローブ賞。
昨年『アメリカン・ハッスル』でも最優秀主演女優賞に輝いたエイミー・アダムス。

実在の人物であり、<ビッグ・アイズ>の本当の作者であるマーガレット・キーンの繊細さと強さを見事に表現し、堂々の2年連続最優秀主演女優賞を達成。

スピーチでは自身のモデルとなったマーガレット・キーンへ尊敬の言葉を口にし、ティム・バートン監督やクリストフ・ヴァルツへの感謝を述べました。

エイミー・アダムス_ビッグアイズ
第72回ゴールデン・グローブ賞
最優秀主演女優賞(エイミー・アダムス) ミュージカル・コメディ部門

スピーチ内容:
ありがとうございます。私はすごく幸運だわ。マーガレットのように静かながら強い意志を持って自分の芸術を貫き通した女性を演じることができた。いつもそばにいてくれてありがとうダレン。私は静かではないけれど。この場にいる素晴らしい女性たちにも感謝します。ここにいる女性たちは、ずっと長い間、強く、素晴らしい意志を持って声をあげ続けてきました。その姿を私の娘が見ています。ティム、クリストフ、ワインスタイン、ありがとう。クリストフ、あなたと仕事するのが大好きだったわ。あなたは素晴らしい才能を持った人よ。

「これから、僕たちはひとつ」― 愛の言葉から事件は始まった。

ビッグ・アイズ

2015年1月23日(金)TOHOシネマズ 有楽座他 全国順次ロードショー
公式サイト:http://bigeyes.gaga.ne.jp/

********************************************************************

【ストーリー】
「これから、僕たちはひとつ」― 愛の言葉から事件は始まった。
ビッグアイズアンディ・ウォーホルですらその魅力を認め、60年代アメリカで一大ブームを巻き起こした、絵画〈ビッグ・アイズ〉シリーズ。作家のウォルター・キーンは一躍、時の人となる。しかし…。
その絵画は1枚残らず、口下手で内気な彼の妻、マーガレットが描いたものだった!富と名声を手に入れた夫はセレブたちとハデに遊び歩き、妻は1日16時間、絵を描き続けた。そして、10年…。
 心の内のすべてを絵で表現してきたマーガレットは、「このままでは自分を失ってしまう!」と〈告白〉を決意。だが、天才的なウソつきのウォルターは「妻は狂っている」と反撃、遂に事態は法廷へともつれ込む…。
マーガレットの魂〈ビッグ・アイズ〉を懸けた、前代未聞のアートバトルの行方は?

監督:ティム・バートン
音楽:ダニー・エルフマン 『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』
美術:リック・ハインリクス『フランケン・ウィニー』、『ダーク・シャドウ』
衣裳:コリーン・アトウッド『アリス・イン・ワンダーランド』、『シザー・ハンズ』
出演:マーガレット:エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』、『ザ・マスター』、
    ウォルター:クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』、『イングロリアス・バスターズ』
配給:GAGA
(C)Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
 
 


ホーキング博士と妻との愛の物語『博士と彼女のセオリー』公開日決定!


TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーとなります“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリー

博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)

の日本公開日が3月13日(金)に決定しました。

博士と彼女のセオリー
理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士を演じるのは、『レ・ミゼラブル』で自由主義者の青年マリウスを演じたエディ・レッドメイン。

徐々に身体中の筋肉が衰える難病ALS(筋委縮性側索硬化症)に侵されていく難役を熱演し、新境地を開いています。

またホーキング博士を献身的に支える妻ジェーン役には、『アメイジング・スパイダーマン2』出演のフェリシティ・ジョーンズ。
余命2年と宣告を受けたホーキング博士との結婚を選び、希望を持ち続け共に困難を乗り越えようとする強い女性を好演しています。

監督は、ビルの谷間を綱渡りする大道芸人にスポットを当てた『マン・オン・ワイヤー』でアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ。

ホーキング夫妻の人生の節々に、ブラックホールや時間といったホーキング博士の研究テーマをシンクロさせた演出が、作品をより味わい深いものにしています。


因みに、1月11日(現地時間)に、受賞結果が発表される第72回ゴールデン・グローブ賞では、

作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞/ドラマ部門(エディ・レッドメイン)

主演女優賞/ドラマ部門(フェリシティ・ジョーンズ)

作曲賞(ヨハン・ヨハンソン)の主要4部門にノミネートされています。

余命2年の宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才と彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー。

ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』の映画化。

『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)

3月13日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
公式:http://hakase.link

********************************************************************

監督:ジェームズ・マーシュ『マン・オン・ワイヤー』
主演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、
フェリシティ・ジョーンズ『アメイジング・スパイダーマン2』、
チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー
原作:ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
配給:東宝東和 124分 
(c)UNIVERSAL PICTURES 
 


世界中が涙した鉄拳のパラパラ漫画が実写化!!映画「振り子~furiko~」


第6回沖縄国際映画祭、TV DIRECTOR’S MOVIE部門に出品し、主演男優賞、主演女優賞をW受賞し、京都国際映画祭でも上映された話題作、

映画「振り子

が、2015年2月28日(土)に全国順次劇場公開されます。
映画『振り子』
原作は、今や世界的なアーティストとなった「鉄拳」の代表作「振り子」。
(動画再生回数300万回以上/世界的ロックバンド「Muse」の公式PVに採用されiTunesミュージックビデオ・チャートで1位を記録)

物語は・・・・
1976年ひょんな事から出会った大介とサキ。
これが二人の歩む「数奇な運命」のはじまりだった。商店街の人々に見守られ、夢だったバイク屋を経営しながら暮らしていた大介一家。ところがある日、バイク屋が倒産。家族の歯車が狂い始める。そんな矢先、サキが倒れて寝たきりの状態に…。大介はサキを元に戻そうと懸命に努力するが二人に待っていたのは予想外の結末だった…。昭和から平成…「振り子時計」が刻んだ夫婦の歴史。そして、二人が夢見た21世紀に待っていたのは−。

原作の鉄拳さんも涙した出来栄えだそうです!

主演に、中村獅童さん、小西真奈美さん、2人の学生時代を今注目の若手俳優の石田卓也さん、清水富美加さん。他にも板尾創路さん、松井珠理奈さん(SKE48/AKB48)、研ナオコさん、小松政夫さん、中尾明慶さん、武井壮さん、山本耕史さん、武田鉄矢さんなど豪華キャストが集結しています。

2015年2月28日(土)より、角川シネマ新宿、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開となります。

公開劇場等の詳細はオフィシャルHP(furiko.jp)等で随時発表となるそうです。

振り子
********************************************************************

中村獅童 小西真奈美
石田卓也/清水富美加/板尾創路/笛木優子/松井珠理奈(SKE48/AKB48)/鈴木亮平/中尾明慶
研ナオコ/小松政夫/ダイアモンド☆ユカイ/武井 壮/黒田アーサー/中野公美子/サヘル・ローズ
ニコラス・ペタス/齊藤ジョニー(Goose house)/長原成樹/藤田彩華
山本耕史(友情出演)/ 武田鉄矢(特別出演)
監督・脚本:竹永典弘 原作:鉄拳
制作プロダクション:エクセリング 
製作:吉本興業、TBSテレビ
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 
Ⓒ2014『振り子』製作委員会