「は行」カテゴリーアーカイブ

能年、登坂・・・新宿大通りブルーカーペット「ホットロード」


集英社少女漫画史上最速で100万部突破、全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇った伝説的少女漫画「ホットロード」の実写映画がいよいよ完成し、完成披露試写イベントが行われました。

ホットロード_ブルーカーペットTOP
新宿の大通りにブルーカーペットが登場、主演の能年玲奈さん、登坂広臣さんほか豪華キャストがあらわれ、新宿大通りをホットロード色に染め上げました!

日時:7月13日(日) 14:45~

ブルーカーペットセレモニー:新宿大通りステージ(伊勢丹正面入り口前大通り)

登壇者:能年玲奈、登坂広臣、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ

先ずは警視庁による交通安全PRでピーポくん登場からから始まり、
主催者実行委員会長 竹之内の理事長のご挨拶。中山新宿区長のご挨拶。

そして、本作制作の松竹の吉田プロデューサーの挨拶と理事長、区長とトークセッションが行われ。。。。

警察・挨拶・トークセッション
そして、長編予告が流れる中。。
ホットロード_ブルーカーペット
キャストがブルーカーペットに登場。
ファンサービスとサウンドバイツ(TV取材)を行います。

竹富聖花、落合モトキ
落合モトキx竹富聖花

鈴木亮平x太田莉菜
鈴木亮平x太田莉菜

鈴木亮平x太田莉菜
鈴木亮平x太田莉菜

能年玲奈x登坂広臣
登坂広臣x能年玲奈


そして、ステージ上でキャストにより、映画を観た感想トークが行われました。

能年さん:私はまだ1度しか見ていないんですけど。自分の反省ばかりしてしまって。感想はもう一度見たいって想いです。
能年玲奈
登坂さん:ぼくも観させていただきました。最初は慣れないところもあったので冷や汗をかきながら、亮平君にずっと隣に座ってもらいながら観たんですけど。最初自分で見ると第三者目線で観れなかったのですが。何度か観ているうちに、自分がやらせてもらった映画の重みとか、深みだとか自分でもわかってきた作品だったので。今の10代20代の人もそうですし、ホットロードをリアルタイムで読んでいた方たちにも観ていただきたいなと思う作品です。
登坂広臣
鈴木さん:初号試写を見させていただいたんですが、僕らキャストにも主題歌は誰のどんな歌かは知らされていなかったんですよ。メイク室とかで音楽をかける時には、いつも尾崎豊を流していたんです。本当に尾崎豊だったらいいのに。。難しいいのかなと。。映画を最後まで観てエンドロールで、「OH MY LITTLE GIRL」が流れてきて。僕はそこで涙してしまいました。
鈴木亮平
大田さん:主人公2人のピュアな恋愛も含めて何ですけど、映画全体で描かれているのは、その2人を主軸にして、家族とのかかわりとか、友情の絆ですとか。その一つ一つが凄く綺麗に純粋に描かれているんですね。本当に透き通るようなみずみずしい。見ていて心がスーッとしました。ひろこ自体はあまり出番がおおくなかった、皆さんと競演する時間は無かったんですけど。映画を観て気づかされました。私ももう一度みたいなと思います。
太田莉菜
武富さん:完成したのをみて、本当に映像が素敵で。もう一度江ノ島にいってみたり思ったり。主役の二人の恋愛が純粋で。私ももう一度みたいなと思いました。
竹富聖花
落合さん:この作品、去年の12月ごろ江ノ島で撮っていて、夏のシーンが多くて半そでで江ノ島。凄く寒かったなと。それがスクリーンで映っていなかったのはよかったなと。三木監督の作品が好きだったので、作品に出れて嬉しかったです。
落合モトキ
このあと、新宿ピカデリーに移動して完成披露試写会&舞台挨拶が行われました。

『ホットロード』

8月16日(土)より、全国公開です。

『ホットロード』公式HP: http://www.hotroad-movie.jp



********************************************************************


<ストーリー>

ホットロード本ポスター亡き父親の写真が1枚もない家でママと暮らす14歳の少女・宮市和希は、自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めている。

ある日、学校に馴染めずにいた親友に誘われるまま、夜の湘南で出会ったのは、Nights(ナイツ)という不良チームの少年、春山洋志。

はじめは傷つけ合っていたふたりだが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく。

春山もまた和希の純粋さに惹かれるが、Nightsのリーダーとなったことで、敵対するチームとの抗争に巻き込まれてしまう――。

出演:
能年玲奈 登坂広臣 木村佳乃 小澤征悦
鈴木亮平 太田莉菜 竹富聖花 落合モトキ 山田裕貴
鷲尾真知子 野間口徹 利重剛 松田美由紀

主題歌:尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」ソニー・ミュージックレコーズ 

原作: 紡木たく「ホットロード」集英社文庫<コミック版>

監督: 三木孝浩 『僕等がいた』『陽だまりの彼女』

配給:松竹株式会社
(C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C)紡木たく/集英社


日本映画の温もり感じる『ふしぎな岬の物語』吉永小百合プロデュース


ふしぎな岬の物語ポスター吉永小百合と監督・成島 出
共同プロデュース作品

『ふしぎな岬の物語』

こんな岬が、実際にあるなんて

映画女優として常に輝き続けている吉永小百合と『孤高のメス』『八日目の蟬』など数々の名作を世に送り出してきた監督・成島 出の共同プロデュース作品が、この秋誕生します。

映画化したいと2人が出逢った原作が、実在する喫茶店をベースに綴られた小説「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)。

ふしぎな岬の物語1そして2人の想いに応えるように、『半落ち』『母べえ』など日本映画界を牽引する撮影監督・長沼六男をはじめ、最高のキャスト・スタッフが集結し、本作を華やかに彩っていきます。

舞台は、美しい海を望む岬村。

時代に流される事なく、人々の笑顔溢れるその岬の先端に小さなカフェが佇んでいる。

ふしぎな岬の物語2美味しい珈琲といっぱいの優しさを振る舞うカフェの店主・柏木悦子を吉永小百合が演じます。悦子の甥で、なんでも屋の浩司役に阿部寛。都会から逃げ帰ってきたみどり役に竹内結子。

30年来悦子らを支えてきたカフェの常連客タニさん役に笑福亭鶴瓶など、錚々たる俳優陣が名を連ね、味わい深い人々の心に寄り添いあう至福の物語として紡いでいきます。

日本映画の温もり感じる、この心地よいひとときを
『ふしぎな岬の物語』

は、10月11日(土)ロードショーです。

公式サイト : http://www.misaki-cafe.jp/

ふしぎな岬の物語
********************************************************************


『ふしぎな岬の物語』
キャスト
吉永小百合 阿部寛 竹内結子 笑福亭鶴瓶
笹野高史 小池栄子 春風亭昇太 井浦 新 吉幾 三
(ブラザーズ5)杉田二郎 堀内孝雄 ばんばひろふみ
高山 厳 因幡 晃
片岡亀蔵 中原丈雄 石橋蓮司 米倉斉加年

企画:吉永小百合 成島出
原作:森沢明夫「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)
脚本:加藤正人
阿部照雄 撮影監督:長沼六男
監督:成島出
音楽:安川午朗
ギター演奏:村地佳織
衣装デザイン(柏木悦子):鳥居ユキ
題字・デザイン:和田誠
メインテーマ「望郷~ふしぎな岬の物語~」/村地佳織
劇中歌「入っておいで この里に」歌:ブラザーズ5
(C)2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会


爆弾ジョニーLIVEで主題歌担当を発表『日々ロック』


爆音ロックエンターテイメントムービー映画
『日々ロック』

が11月22(土)より公開となります。

先日、黒猫チェルシーが楽曲提供に加わることが発表に続き、爆弾ジョニーが7月6日(日)SHIBUYA CLUB QUATTROでのワンマンライブにて、本作の主題歌を担当することを発表しました!

日々ロック×爆弾ジョニー
今春に上京したばかりにも関わらず、東京でエネルギッシュに活躍をしている、今もっとも目が離せない若手ロック・グループの爆弾ジョニー。
爆弾ジョニーのボーカル・りょーめーが原作と台本を読み込み、書き上げた主題歌「終わりなき午後の冒険者」は、劇中で拓郎がロックを鳴り響かせる勢いに劣らない、疾走感のあるメロディ。

主人公たちの目的地に辿り着けないもどかしさや迷い、彼らの熱い想いを感じさせる曲となっています!

楽曲情報 
主題歌:「終わりなき午後の冒険者」爆弾ジョニー
作詞・曲/編曲:爆弾ジョニー
Words produced by いしわたり淳冶
(Ki/oon Music)
※現在、リリース情報に関しては未定。

併せて、爆弾ジョニーよりコメントも届きました!

「初の映画主題歌を担当させてもらえて大変光栄です。“日々ロック”はだいぶ前から友人と読んでおり、映画化されそうだね〜とか話してました(笑)是非、映画館に足を運んで風を感じようぜ!バンドやろうぜ!そしてその足で12/4りょーめー21歳誕生日ワンマンライブ@ZEPP TOKYOにお越しください!」

映画『日々ロック』
は、11月22日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

********************************************************************


【ストーリー】
史上最低のロッカーが、最高の奇跡を起こす!!
勉強もスポーツもできない、彼女はもちろんいない、学校ではいじめられっ子・・・
という究極のダメ男・日々沼拓郎。サエない高校生活を送っていた拓郎は、ある日、友人の誘いで
バンドを結成することになる。バンドの名前は“ザ・ロックンロールブラザーズ”。
ギター&ボーカルの拓郎は、ベースの草壁とドラムの依田とともに上京して、伝説のライブハウス
“モンスターGOGO”で活動を始める。しかし観客は電線のカラス程度しか集まらず、鬼のように怖い
ライブハウスのオーナー・松本の計らいで、店の掃除などをさせられながら、住み込みで何とかライブに出させてもらう。ある日、ザ・ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び出してきた!!彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。彼女は拓郎のマイクを奪い、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱する。

アイドルとは思えないその凄味を感じるギター演奏とボーカルに圧倒される拓郎たち。<日本一ヘタレなロッカー>と<世界基準のアイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?

原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太
(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)

出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人

劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、
DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)

制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社


なぜ王子は野獣の姿に?『美女と野獣』実写化


”ü—‚Æ–ìbƒ|ƒXƒ^[_olあの世紀のラブストーリーの待望の実写映画化

『BEAUTY AND THE BEAST』(原題)の邦題が

『美女と野獣』

に決定し、11月1日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開されることになりました。

そして、併せて日本版ポスターも決定!ビジュアルも解禁となりました。

醜い野獣と、身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作として、小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、その形を変えて世界中で語り継がれてきた本作ですが、そのほとんどにおいて、描かれていないことがあります。

それは、「なぜ王子は野獣に身を落としたのか?」。彼は一体どれほどの罪を犯し、そこにはどんな秘密が隠されているのか・・・。

これまで描かれていなかった、切なくも悲しい物語が、いま紐解かれます――。

フランスで生まれたこの物語の深淵に挑むのは、クリストフ・ガンズ監督。1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の<隠され続けてきた>過去に光を当てます。

美しきヒロイン・ベルには、カンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールにも輝いたレア・セドゥ。野獣には、『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル


おとぎ話でありながら、大人をも魅了し続ける傑作が、新しい驚きを息吹に、さらに切なく、そしてさらに豪華に生まれ変わります!

『美女と野獣』
は、11月1日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開です!

********************************************************************


物語
美女と野獣ロゴバラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。

やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。

かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく―。

監督:クリストフ・ガンズ
主演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ 提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
原題:La Belle et La Beta/2014年/仏独合作/113分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂
(C)2014 ESKWAD – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS                              


本国で『アナ雪』越え『100歳の華麗なる冒険』


人口900万人のスウェーデンで、なんと100万部を売り上げ、現在日本ほか40カ国で翻訳され全世界800万部を突破した驚異の大ベストセラーとなった小説「窓から逃げた100歳老人」を原作とした映画

『100歳の華麗なる冒険』

が、11月8日(土)新宿ピカデリー他にて公開することが決定です!


100歳の華麗なる冒険
物語は、ある老人が100歳の誕生日に老人ホームの窓から脱走するところから始まります。

その名はアラン、かつて爆弾の専門家としてスターリン、ゴルバチョフ、レーガンら各国要人と渡り合い、知らず知らずの間に、数々の歴史的事件の修羅場をくぐり抜けてきた、奇跡的な経歴の持ち主だった!

自身のハチャメチャな100年の人生振り返りかえりながら、次々と襲いかかるトラブルを“何とかなるさ”と新たな冒険に出た100歳アランの行方はいかに!

因みに!
スウェーデンでは『アナと雪の女王』などの大作を超える興行成績を記録。またベルリン映画際ベルリナーレ・スペシャル部門(2014年度)でも好評を博した作品です。

『100歳の華麗なる冒険』

11月8日(土)、新宿ピカデリー他全国ロードショーです。

公式HP:http://www.100sai-movie.jp/

********************************************************************


監督: フェリックス・ハーングレン
脚本:フェリックス・ハーングレン、ハンス・インゲマンソン 
原作:ヨナス・ヨナソン 
出演: ロバート・グスタフソン、イヴァル・ヴィクランデル、ダヴィド・ヴィバーグ 
2013/スウェーデン/115分/カラー/スウェ―デン語・英語・露語ほか/シネマスコープ/5.1ch 
配給:ロングライド
(c) 2013 NICE FLX PICTURES