「は行」カテゴリーアーカイブ

瀬戸内寂聴「花芯」女としての性愛を村川絵梨主演で映画化



瀬戸内寂聴がまだ瀬戸内晴美として「新潮同人雑誌賞」を受賞するも、1957年の発表当時批評家から「子宮作家」と批判を浴び、長く文壇的沈黙を余儀なくされた伝説的小説「花芯」。

村川絵梨主演にて映画化され8月6日(土)よりテアトル新宿他にて公開となることが決定しました。

村川×寂聴
親の決めた許婚(いいなずけ)と結婚した園子は、ある日突然、恋を知った。相手は、

夫の上司。そして…。

監督は『blue』『僕は妹に恋をする』『海を感じる時』の安藤尋(あんどうひろし)。

主人公・園子(そのこ)を演じるのは村川絵梨(むらかわえり)。
花芯
園子を愛し献身的に尽くしながらも裏切られ、嫉妬に苦しむ園子の夫・雨宮(あまみや)を林遣都(はやしけんと)。
花芯_林遣都
雨宮の上司であり、園子と逢瀬を重ねる男・越智(おち)に安藤政信(あんどうまさのぶ)。
花芯_安藤政信
園子夫婦が下宿するアパートの大家・北林未亡人に毬谷友子(まりやともこ)ほか、豪華俳優陣が揃いました。

コメントも届いてます!

原作:瀬戸内寂聴先生コメント
「花芯」は活字になるなり、子宮作家、エロ小説と、悪口雑言を受け、それに名もない作者、私が反抗したため、その後五年間、文学雑誌から干された小説である。私にとっては、この一作の不幸な運命の為、かえって六十年にわたる小説家の生活がつづいたという大切な作品である。今度はじめて映画化された。それに関ってくれたすべての人に感謝する。どの映画化の時も、小説と映画は明らかに違う芸術だと信じていて、原作者としての文句は一度も言ったことはない。映画としての成功をひたすら祈るばかりである。
 「花芯」は「子宮」という中国語である。主人公の全裸体の美しさ!身体を張った捨て身の演技の迫力に感動!

村川絵梨さんコメント
園子という一人の女性の人生を演じきったことは、ひとつ大きな恋を経験したような感覚でした。私自身も、彼女の人生観に触れて強くなった気がしています。静寂の中にも、ふつふつとした女性の情愛が美しく描かれた作品です。8月の公開に是非、ご期待下さい。

林遣都さんコメント
奔放で儚げな女性はこんなにも美しいものなのか。手を上げてしまいそうな程憎たらしいけれど、抱き締めずにはいられない。見つめ合うだけで簡単に心を奪い奪われていく女と男の姿をじっくりと観ていただけたらと思います。

安藤政信さんコメント
表現したい事、作りたい事に対して今、厳しい日本映画界で伝えたいと志を感じるクルーに入れた事に感謝。村川絵梨の剥き出しの表現に未来を感じた。

監督:安藤尋さんコメント
園子という役は演じることの大変難しい役でした。彼女は「愛」という社会的な感情で心を満たすのではなく、「恋」という反社会的な狂気に身も心も捧げてゆく女性です。この役を演じる女優は、女性としての意志の強さと刹那的な儚さを体現できなくてはなりません。村川絵梨さんはそんな、女性としての意志の強さと儚さを兼ね備えた、稀有な女優だと思います。彼女は凛とした芯の強さと、その中にも繊細に揺れ動く儚い感情があることを表現できます。彼女と仕事をしたいと思いつつもなかなか実現できずにいましたが、今回の『花芯』でやっと念願が叶いました。そして現場での村川さんは見事に園子その人でした。そして、肉体的にも精神的にもとても困難を伴うこの役に、臆する事なく挑戦してくれました。村川さんが演じることによって、園子の「恋」が単なる狂気ではなく、人が人を恋する上でそれは深い悲しみでもあるということが表現出来たのではないかと思います。

当時の世相に反逆するかのようなヒロインの生き様は、傷だらけになりながらも女としての性愛を貫いた熾烈な「女性の恋愛ドラマ」であり、現在にも通ずる女性の「愛欲」や「性愛」の真実を描き、普遍性を持った作品として今なお女性たちから支持されている作品の映画化はどのような仕上がりになっているのでしょう。

花芯

8月6日(土)テアトル新宿他全国公開
kashin-movie.com

物語
「きみという女は、からだじゅうのホックが外れている感じだ」―それが園子(村川絵梨)の恋人・越智(安藤政信)の口癖であった。

園子は、親が決めた許婚・雨宮(林遣都)と結婚し息子を儲けていたが、そこに愛情はなかった。
花芯s1 ある日、転勤となった夫について京都へ移り住んだ下宿で越智と出会い好きになってしまう。生まれてはじめての恋に戸惑いながらも、自身の子宮の叫びは次第に大きくなり抑えられなくなっていく―。
花芯s2村川×安藤 原作「花芯」について
1957年(昭和32年)10月「花芯」を『新潮』に発表。「子宮」という言葉が多く出てくることから発表当時「子宮作家」と呼ばれ、その後5年間ほど文壇的沈黙を余儀なくされた。


********************************************************************

原作:『花芯』瀬戸内寂聴著(講談社文庫刊)  監督:安藤尋 脚本:黒沢久子 
出演:村川絵梨、林遣都、安藤政信 /毬谷友子
配給:クロックワークス 製作:東映ビデオ、クロックワークス  製作プロダクション:アルチンボルド  制作協力:ブロッコリ、ウィルコ
2016年/日本/95分/ビスタサイズ/DCP5.1ch/R15+   
(C)2016「花芯」製作委員会  


『バンクシー』フライング上映会3/22座談会レポート


この度、2016年3月26日(土)より渋谷シネクイントで公開する『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』、公開に先駆けてフライング上映会を4日間連夜開催。22日に行われたフライングイベント初日は「バンクシー、お前は誰だ?!」をテーマに座談会が開催されました。
BANKSY
イベント概要
日時:3月22日(火) 19:30~
会場:渋谷シネクイント
登壇:小倉利丸(評論家)、
   鈴木沓子(ライター)
   金子学
   (パルコ・エンタテーメント事業部エクゼクティブ・プロデューサー)

聞手:浅井隆(アップリンク社長)

正体不明の謎のストリートアーティスト、バンクシーを追ったドキュメンタリー『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』の公開を記念したトークイベントが22日、渋谷シネクイントで行われ、かつてバンクシー本人にインタビューをしたこともあり、昨年イギリスのディズマランドに取材をされたライターの鈴木沓子さん、評論家でバンクシーの書籍『HOME SWEET HOME』の翻訳と解説をした小倉利丸さん、日本におけるバンクシーの映画・出版の仕掛け人であるパルコの金子学さんを迎え座談会が開催。聞き手にはアップリンク代表の浅井隆さん。

「バンクシー、お前は誰だ?!」をテーマに繰り広げられた熱いトークに、公開を待ち望んだ多くのお客様が、熱心に耳を傾けました。

登壇予定だった、朝日新聞国際報道部記者の高久潤さんはベルギー・ブリュッセルでの爆破事件取材の為、急遽欠席。良きにつけ割るきに付け世界は動いています。

バンクシーはこんな人だった

鈴木さん:2003年にロンドンで200万人規模のイラク戦争反対デモがあって、そこでバンクシーは仲間とプラカードを配っていた。当時街角でよく見かけていて、これはアートなのか、広告なのかずっと気になっていたんです。それで、インタビューをしたいと思い知り合いのアーティストに頼んで取材することになりました。当時バンクシーはストリートアートの雑誌などで、素顔はかくしていたけど取材はうけていました。私がインタビューしたときも、顔を写すのはNGと言われたけど取材には応じてくれて、たしか1時間ぐらい話したと思う。特に印象的だったのは、バンクシーが「世界を変えたい」と言ったこと。グラフティという手法を使って社会を改革したいという意思は当時からはっきりありましたね。すごく大きなことをいうなと、その時は思っていたのですが、今これだけ大規模な活動を展開し始めているので、その頃から今のような大規模なプロジェクトを考えていたなと思うんです。それにバンクシーは一部の富裕層だけの為のアートではなく99%の側に立つアーティストなんです。

バンクシーとは一体!?

小倉さん:バンクシーについてみんな誰だ?って思い作品を観に行くんだけど、観に行く私たちとバンクシーの間に、ある種の大きな違いがあるとするなら、それは彼が行っていることが、半ばイリーガルであるということ。そのリスクを彼は負いながら表現している。私たち観る側としては“観る”だけで犯罪者になることはないし、その違いをバンクシーは自覚し、そそのかしている。すなわち“観る”ことで社会を変えるわけではないし、行動に移さなければならない。行動に移す事を観る側が行うか、行わないかが、社会を変えていくひとつの重要なポイントで、“観る”という受け身から、自分も何か行動に起こせるかを問いかけているのではないのかな。

バンクシー次回作について

金子さん:僕の役割はバンクシーのことをもっと広く伝えることだと思う。これまで映画の配給をいくつも行ってきて思うのは、例えばとても素晴らしい監督がいても、日本での配給がバラバラだと、それぞれの配給会社で理解と解釈や、世に出す方法が違うから、本来の魅力が十分に伝わっていない気がするんです。だからバンクシーにおいては、作品に手は出せないけど、それ以外のものは一元管理していきたいなと思っている。ちなみにバンクシーの次回作はまだ、本当かどうかわからないけどHIP HOPのDJ映画を撮りたといっているそうで、もちろん配給したいと思っています。

バンクシーはノーベル平和賞!?

アップリンク浅井:バンクシーは新作を必ず自分のホームページで公開するのだけど、アップした途端世界中のメディアがそこに取材に行く。今日登壇する予定だった朝日新聞の高久さんも会社より指令があって、仏カレー難民キャンプに描かれたスティーブ・ジョブズの壁画の取材をしに行っていました。同様に昨年のノーベル平和賞は、チュニジアの「国民対話カルテット」が受賞したので高久さんは取材に行ったと言ってました。ノーベル賞の中でも平和賞は、受賞者に世界中からスポットライトが当たる効果があるとノーベル委員会は知っていて、その効果を狙って誰に受賞させるかを決めています。バンクシーも同じで、自分の新作をホームページにアップすると世界中のメディアがその場所に取材しに行き、描かれた問題が世界に報道されるということを自覚し、作品づくりをしています。だからバンクシーの作品はストリートのノーベル平和賞と言えると思います。


物語・・・

正体不明、謎のストリートアーティスト、
バンクシーが仕掛けた宝探し競争。
ニューヨーク、狂乱の1か月!!!

2013年10月1日、BANKSYがニューヨークで展示をスタートさせた。

告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

BANKSY_flyer_sTwitter、Instagram、Facebook、Vineを駆使してバンクシーの作品を捜索する人々、作品を上書きするグラフィティ・ライター、アクリル板で保護するビルオーナー、即作品を売買するギャラリーオーナー。〝バンクシー・ハント“は加熱するばかり!2015年夏に〝憂鬱な遊園地″ 「Dismaland」をイギリスにて開催(会期終了後、設備は解体され、シェルターを建設するため仏カレーにある難民キャンプに輸送された)、つい先日も難民キャンプの壁に〝シリア移民の子”であるスティーブ・ジョブズを描くなど、作品の中で常に社会とアートの在り方を問うてきたバンクシー。本作は、「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。アートは市民とともにあるべきだ」と語る彼。

ニューヨークをハックした1か月を追ったドキュメンタリー!

バンクシー・ダズ・ニューヨーク

3月26日(土)渋谷シネクイント、4月2日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開

公式サイト
公式Twitter:
banksydoesny_JP
公式Facebook:
banksydoesny.jp
  

*******************************************

監督:クリス・モーカーベル
(2014年/アメリカ/81分/カラー/16:9/DCP)
提供:パルコ
配給:アップリンク、パルコ 
宣伝:ビーズインターナショナル


  


『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』4日間先行上映決定!イベント付き!


ユーザー参加型映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』をいち早く体験しませんか?
バンクシー・ダズ・ニューヨーク2
2016年3月26日(土)より公開する『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』、なんと公開に先駆けてフライング上映会が開催されます!

それは・・・3月22日(火)より4日間、渋谷シネクイントにて開催します。全日トークイベント付き、前売券価格¥1500でお楽しみいただけます!

しかも!「#バンクシーフラゲ」のハッシュタグでTwitter、instagram、facebookに映画の感想を投稿いただいた方に抽選でスペシャルアイテムの詰め合わせ「シークレットギフトボックス」をプレゼント!

上映作品:『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』
日程:2016年3月22日(火)~2016年3月25日(金)
時間:19:30~
会場:渋谷シネクイント
(東京都渋谷区宇田川町14-5 渋谷パルコ パート3・8F)
料金:一律1,500円(シニア割引等各種割引対象外)
チケットは窓口・オンラインともに上映日の各3日前より販売開始
渋谷シネクイント

※前売券もご利用いただけます。(窓口での受付のみ)
※書籍『バンクシー・イン・ニューヨーク』ご持参。その場でご購入で1000円でご入場いただけます。

バンクシー・ダズ・ニューヨーク1
気になるゲストは・・・

3/22(火)座談会:小倉利丸(評論家)×鈴木沓子(ライター) ほか
「バンクシー、お前は誰だ?!」

3/23(水)荏開津広(DJ/オールピスト京都・京都精華大学非常勤講師)
「バンクシーがニューヨークでアートをすること」

3/24(木)丹下紘希(人間/映像作家/NOddIN)×平井有太マン(ライター)
「バンクシーという〝在り方“について」

3/25(金)しりあがり寿(漫画家)×毛利嘉孝(社会学者)×鈴木沓子(ライター)
バンクシーとは現在の『サウンド・オブ・サイレンス』である」

#バンクシーフラゲ キャンペーン
感想をSNSに投稿してプレゼントをGET

4daysに参加して、映画・イベントの感想をハッシュタグ「#バンクシーフラゲ」をTwitter、instagram、facebookに投稿する。抽選でスペシャルアイテムの詰め合わせ「シークレットギフトボックス」をプレゼント!

応募締め切り:2016年3月26日(土) 午前11時
対象SNS:Twitter、instagram、facebook


3月26日(土)渋谷シネクイント、4月2日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開

公式サイト

公式Twitter:/banksydoesny_JP

公式Facebook:/banksydoesny.jp

バンクシー・ダズ・ニューヨーク

正体不明、謎のストリートアーティスト、バンクシーが仕掛けた宝探し競争。
ニューヨーク、狂乱の1か月!!!

BANKSY_flyer_s2013年10月1日、BANKSYがニューヨークで展示をスタートさせた。
告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

Twitter、Instagram、Facebook、Vineを駆使してバンクシーの作品を捜索する人々、作品を上書きするグラフィティ・ライター、アクリル板で保護するビルオーナー、即作品を売買するギャラリーオーナー。〝バンクシー・ハント“は加熱するばかり!2015年夏に〝憂鬱な遊園地″ 「Dismaland」をイギリスにて開催(会期終了後、設備は解体され、シェルターを建設するため仏カレーにある難民キャンプに輸送された)、つい先日も難民キャンプの壁に〝シリア移民の子”であるスティーブ・ジョブズを描くなど、作品の中で常に社会とアートの在り方を問うてきたバンクシー。本作は、「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。アートは市民とともにあるべきだ」と語る彼が、ニューヨークをハックした1か月を追ったドキュメンタリー!

********************************************************************

監督:クリス・モーカーベル
(2014年/アメリカ/81分/カラー/16:9/DCP)
提供:パルコ 
配給:アップリンク、パルコ 
宣伝:ビーズインターナショナル
  


山田裕貴「鬼邪高校」テーマ「HiGH&LOW」20週連続の第三弾トレーラー


世界初の総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」。

ドラマシーズン1総集編「ROAD TO HiGH&LOW」が5月7日から二週間の映画館限定上映が決定。7月の映画公開に向けてますます期待が高まっています。
山田裕貴(D-BOYS)ら「鬼邪高校」 そして、7月「HiGH&LOW THE MOVIE」公開まで、毎週土曜日AM6時に20週連続で新曲(一部既存曲)にドラマ/映画本編映像をのせたスペシャルトレーラーが配信されています!

20週連続企画の第三弾は、山田裕貴(D-BOYS)ら「鬼邪高校」のテーマ曲DOBERMAN INFINITY / JUMP AROUND ∞に本編をのせたスペシャルトレーラー。



DOBERMAN INFINITYのアップテンポなラップシーンにのせて、学ランを身にまとった山田率いる鬼邪高校メンバーが荒れ果てた校舎で激闘を繰り広げている本映像は、目が離せない内容になっています。

今後も各チームのテーマ曲、劇中歌に本編映像をのせた特別映像を解禁予定、ますます注目度が高まります!

今後の解禁スケジュール

3/19(土)「鬼邪高校」のテーマ DOBERMAN INFINITY / JUMP AROUND ∞
3/26(土)「RUDE BOYS」のテーマ GENERATIONS from EXILE TRIBE / RUN THIS TOWN
4/2(土) 「達磨一家」のテーマ DJ DARUMA from PKCZ / VOICE OF RED feat GS
4/9(土) 「九龍グループ」のテーマ THE SECOND from EXILE / One Time One Life

毎週土曜日AM6:00に公式YouTubeチャンネルにて解禁!

HiGH&LOW第二弾ポスター物語・・・
俺たちは、仲間のために、この街を絶対に守り抜く。
幼いころから無二の親友同士だったコブラとヤマトとノボル。

頭が良く大学に進学したノボルは喧嘩しか取り柄のないコブラとヤマトの希望だった。そんなノボルを突然の悲劇が襲う。
未来を失ったノボル、コブラとヤマトはノボルの戻ってくる場所として「山王連合会」を結成する。

「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」
5つのチームが拮抗、その地区はそれぞれの頭文字をとって「SWORD」地区と呼ばれるようになる。
ギリギリで保たれている均衡、しかしその地区にノボルが戻ってきたことから事件がはじまる。過去を捨て、SWORD地区の支配を目論む「家村会」の一員となったノボルは、山王連合会に自らの傘下に入ることを迫る。ノボルの行動に隠された秘密とは―。そして、コブラ、ヤマトが下した衝撃の決断とは―。

映画「HiGH&LOW THE MOVIE」

7月16日(土) 全国ロードショー!

日本テレビ系/地上波ドラマ シーズン2 4月23日(土) 24:55~ OAスタート
※地域によって放送日時は異なります。
ドラマシーズン1総集編「ROAD TO HiGH&LOW」5月7日(土)2週間限定上映!(配給:松竹)
4月23日ドラマ放送後 Hulu/連続ドラマ特別版 独占配信スタート
ドラマシーズン1 DVD/BD 4月20日(水) リリース

********************************************************************

企画プロデュース:EXILE HIRO 
監督:久保茂昭
脚本:TEAM HI-AX 企画制作:HI-AX 
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会 
配給:松竹
出演:
【ムゲン】AKIRA、青柳翔、髙谷裕之、岡見勇信
【雨宮兄弟】TAKAHIRO、登坂広臣
【山王連合会】岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹
【White Rascals】黒木啓司、遠藤雄弥、ゴールデンボンバー
【鬼邪高校】山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル
【RUDE BOYS】窪田正孝、永瀬匡、佐野玲於、ZEN
【達磨一家】林遣都、遠藤要、阿部亮平、小澤雄太
【MIGHTY WARRIORS】ELLY、早乙女太一、大屋夏南、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY
【九龍グループ】中村達也、西岡德馬、松澤一之、橘ケンチ、小野塚勇人
【莓美瑠狂】小島藤子、工藤綾乃、楓、佐藤晴美
【床屋ピューマ】八木将康、加藤歩、坂東希

天野浩成、秋山真太郎、藤井夏恋、藤井萩花
YOU、小泉今日子


『パラノーマル・アクティビティ5』1週間限定レイトショー決定!


NBCユニバーサル・エンターテイメント一大ブームを巻き起こした『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ最新作! 衝撃のラストに驚愕!!「遂にすべての謎が明かされる―」

パラノーマル・アクティビティ5

ブルーレイ+DVD発売記念シネマカリテにて1週間限定レイトショー決定!

5月7日(土)~13日(金)
入場料金:1000円均一
パラノーマルアクティビティ5
製作費わずか 1万 5000ドルの低予算ながらも、全米興行収入が 1億ドルを超える大ヒットとなったホラー「パラノーマル・
アクティビティ」(2007)の最新作、社会現象を巻き起こしたシリーズ、第5作目が遂に日本でも公開! シリーズ累計製作費 1800万ドル(約 21億円)に対し、5作で合計 8億 1100万ドル(約 960億円)を稼いだ大ヒットシリーズです!

そして!『パラノーマル・アクティビティ5』

遂に謎が明かされる!

衝撃のラストに驚愕!

なぜこの家で不可解な出来事が起き始めたのか、そして、それに巻き込まれる不幸な一家の行き着く先は・・・遂にこれまで目では見えなかった存在が映像となって明かされる!!

『パラノーマル・アクティビティ5』6月3日(金)
ブルーレイ+DVDセットリリース
3,990円+税
同日DVDレンタル開始
発売元・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

ついにあなたもその“現象”を実際に目撃する・・・それはかつてないほどの衝撃!ケイティとクリスティが昔住んでいた家に、ライアン&エミリー夫妻とその幼い娘リーラの一家が引っ越してきた。ある日、新居の物置に、ビデオカメラとビデオテープが入った箱を夫妻は見つける。

興味本位でカメラのレンズを覗いたのをきっかけに、彼らの周囲で恐ろしい出来事が起きるようになり・・・幼い娘の魂が危険にさらされ、悪魔の犠牲となる前に必死に闘うのだったが・・・社会現象を巻き起こしたホラーシリーズの最新作。


********************************************************************

キャスト
ライアン:クリス・J・マレー(川田紳司)
エミリー:ブリット・ショー(鶏冠井美智子)
マイク:ダン・ギル(山本格)
リーラ:アイヴィー・ジョージ(佐藤美由希)
オリビア・テイラーダドリー
ジェシカ・ブラウン
クロエ・チェンゲリ
ドン・マクメイナス
ハリー・フットカーラ・ピフコ
製作:2015年/

製作総指揮:スティーブン・シュナイダー『ヴィジット』『インシディアス序章』、スティーブン・R・モーレン
製作:ジェイソン・ブラム『ヴィジット』『インシディアス序章』

オーレン・ペリ『インシディアス序章』『パラノーマル・アクティビティ呪いの印』『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ
原作:オーレン・ペリ
脚本:ジェイソンパガン、アンドリュー・デウッチマン、アダム・ロビテル、ギャビン・ヘファーマン
監督:グレゴリー・プロトキン(パラノーマル・アクティビティ
編集 パラノーマル・アクティビティ2:編集)

製作:2015年/製作国:アメリカ
本編:(約 88分)
配給元:NBCユニバーサル・エンターテイメント


(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
詳細は、劇場 HP:http://qualite.musashino-k.jp/まで