「は行」カテゴリーアーカイブ

『ボーン・レガシー』は前シリーズ3部作の裏側


『ボーン・レガシー』は前シリーズ3部作の裏側


アクション超大作『ボーン・レガシー』が8月10日より全米公開され、3814万ドル(オープニング3日間)という成績で初登場1位を獲得!”アクション映画の金字塔”と呼ばれる<ボーン>シリーズの最新作に相応しい、大ヒットスタートとなりました。

 <ボーン>シリーズ3部作はマット・デイモンが極限まで臨場感を追求したアクション・シーンと、ノンストップで展開されるストーリーと映像で、その後のアクション映画の新機軸となったシリーズだよね。でも、今回の主役は、ジェレミー・レナーだよね。

はい。新しい主役、ボーンを凌ぐ「最強の暗殺者」アーロン・クロスを
演じるのは大ヒットアクション超大作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で凄まじいアクション能力を全世界に見せつけたジェレミー・レナーさんです。

最新作『ボーン・レガシー』では、シリーズの出演者とスタッフが再集結し、前3部作と「同じ世界・同じ時系列で展開されていた別の物語」に焦点を当てるという、全く新しい表現テクニックで、ジェイソン・ボーン死闘の裏で[同時進行]していた、更に巨大な陰謀の存在を壮大なスケールで明らかにしていきます。

もちろんジョアン・アレンやデヴィッド・ストラザーンといったシリーズの重要人物は再登場します。極秘プログラムを影でコントロールするリック・バイヤー役としてエドワード・ノートンが、そして政府の極秘計画に携わる医師・マルタ役でレイチェル・ワイズが新たに登場します。いい女ですよ。

それで、今回の主役は高度な遺伝子操作と人格改造で、ジェイソン・ボーンを遥かに凌ぐ能力を身に着けた設定です。ラルフそういうの好きでしょ。

嫌いじゃないね。。。3部作観てるし、これも観に行くか

 更なる進化を遂げた<ボーン>シリーズ最新作『ボーン・レガシー』。全米での大ヒットスタートの勢いそのままに、日本では9月28日より公開されます。
公式HP:http://bourne-legacy.jp/
ジェレミー・レナーが舞台挨拶!した内容は過去記事のこちら



<ストーリー>3部作の裏側で[同時進行]する極秘プログラムが存在した─。

続きを読む


ハーフ・デイズ オーディションの映像


今回のご紹介はハーフ・デイズ オーディションの映像
ジョセフ・ゴードン=レヴィットとリン・コリンズが、ハリウッド・スターとしてブレイクする直前の今となっては、とても貴重な映像です。

オーディション内容も、映画に出てくる7/4の数日前の設定で、リンの妊娠について動揺しけんかになるシーンを即興で演じており、映画を見る前でも、見た後でも楽しめる内容になっています。初対面で偶然一緒になったふたりの(舞台出身のリンが主に仕掛け、ジョセフが受ける)駆け引きもスリリングです。



*****************************************************

なお、以下、俳優の石田壱成さんからのメッセージです。




先日、話題の映画『ハーフ・デイズ』を観た。

その時、右に行くか左に行くか。

表か裏か。

ほんの一瞬の判断や行動でその後の未来はとんでもないほどに変わって来たりたりする。

スピード感に溢れた脚本や、まるでミュージックビデオでも観ている かの様な軽妙なカット割、

そして何と言っても芝居をしているのか。それとも全くしていないのかすらもわからない役者達のやけにリアルすぎる演技にも引きこまれた。

映画を観終わった後には、あまりの歯切れの良さに爽快感さえ覚えたが、ふと気づくと背中に怖気というか寒気の様なものを感じていた。

『これは自分のことではないか』

と。

続きを読む


キュン様とエレベータが一緒に 「放課後ミッドナイターズ」


放課後ミッドナイターズの

人体模型のキュン様(キュンストレーキ様)が

新宿バルト9のフロアーに沢山!

人体模型のキュン様(キュンストレーキ様)
人体模型のキュン様(キュンストレーキ様)がいっぱい!




エレベーターが一緒だ~ めっちゃシュール!

黒田勇樹を探せ!
探せ!この中に黒田勇樹さんが



この中にあの黒田勇樹さんもいると思うんですけど

いったいどのキュン様でしょう。。。。

この後、池袋、渋谷、新宿を大人数?大人体模型で練り歩いたみたいです。
放課後ミッドナイターズこまめに仕掛けますね。。




<STORY>
 名門•聖クレア小学校の学校見学会。立ち入り禁止区域に迷い込んだ大人顔負けのスーパー幼稚園児マコ、ミーコ、ムツコ(通称マ•ミ•ム)は、取り壊し寸前の理科室でガラスケースに陳列された人体模型(キュンストレーキ)を発見し、「気持ち悪いはだかんぼさんをかわいくしてあげよう」と、あらん限りのテクニックで飾り立てる。日中は身動きが取れないキュンストレーキの怒りは真夜中に爆発。相棒の骨格標本ゴスと共に、夜な夜な動き出すその名も”放課後ミッドナイトパーティ”何も知らずに閉館後の校舎に舞い戻るマ•ミ•ム。ついに始まるミッドナイターズとマ•ミ•ムの大激突。はたしてこの結末はいかにー。

★ここが凄いよ「放課後ミッドナイターズ」★
■無名監督による、オリジナルアニメ作品にも関わらず、アジア5カ国での公開が決定!!
■劇中の小さな子供達の動きは、博多の小学生達をモーションキャプチャーしたもの
■声優の山寺宏一氏に、「これをやるために声優になった」と言わしめた!!
■本作のもとの短編アニメ「放課後ミッドナイト」(07)は、国内外の映画祭&フェスで受賞ラッシュ!
パーム・スプリング国際短編映画祭、Anifest2008、TCMアワードなど数多くのフェスティバルで受賞、国内外で高い評価を受けている

■企画・監督:竹清仁 ■脚本:小森陽一■音楽:北里玲ニ■音響効果:笠松広司
■CGプロデューサー:田中賢一郎
■エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之 ■プロデューサー:伊藤耕一郎/平田武志 
■製作:「放課後ミッドナイターズ」製作委員会
■配給:株式会社ティ・ジョイ ■主題歌:ねごと 「Re:myend!」(Ki/oon Music)
■声の出演/山寺宏一、田口浩正、戸松遥、雨蘭咲木子、寿美菜子、小杉十郎太、谷育子、家中宏、茶風林、
         松本大、郷田ほづみ、屋良有作、大塚芳忠、黒田勇樹(アルバイト)、伊瀬茉莉也、下崎紘史、飯塚昭三

©AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP

8月25日(土)新宿バルト9他にてアジア一斉ロードショー
公式サイト http://afterschool-midnighters.com/
T-JOYサイト http://www.t-joy.net/






黒田勇樹と春名風花 トークショーレポ


8月25日(土)日本公開される「放課後ミッドナイターズ」がのトークショーが黒田勇樹さんと人気子役の春名風花(はるかぜちゃん)ちゃんでおこなわれました!

■映画「放課後ミッドナイターズ」特別対談トークショー
  日程/8月4日(土)
  場所/Naked Loft(新大久保) 新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F

はるかぜちゃんVS黒田勇樹トークイベント レポ
映画『放課後ミッドナイターズ』はるかぜちゃんVS黒田勇樹トークイベント レポ


~登壇者~
 ■黒田勇樹(30)
  ”ハイパーメディアフリーター” 新宿バルト9のポップコーン屋でアルバイトしていたが、本社出向となり、本作の宣伝部員となる。8/1、7月中に結婚していた事が報道された。今回の登壇は報道後、初の公の場。
    
 ■春名風花(11) 通称:はるかぜちゃん
  映画、多数のTV番組などに引っ張りだこの人気子役。twitterフォロアー数が9万人以上を誇る。小学生ながら、twitterでの様々な呟きが注目を集めている。

           
ニコニコ動画 「放課後ミッドナイターズ」公式チャンネル稼働中!!
公式チャンネルURL:http://ch.nicovideo.jp/channel/after-school-midnighters





<STORY>
名門聖クレア小学校の学校見学会。立ち入り禁止区域に迷い込んだ大人顔負けのスーパー幼稚園児マコ、ミーコ、ムツコ(通称マ•ミ•ム)は、取り壊し寸前の理科室でガラスケースに陳列された人体模型(キュンストレーキ)を発見し、「気持ち悪いはだかんぼさんをかわいくしてあげよう」と、あらん限りのテクニックで飾り立てる。日中は身動きが取れないキュンストレーキの怒りは真夜中に爆発。相棒の骨格標本ゴスと共に、夜な夜な動き出すその名も”放課後ミッドナイトパーティ”何も知らずに閉館後の校舎に舞い戻るマ•ミ•ム。ついに始まるミッドナイターズとマ•ミ•ムの大激突。はたしてこの結末はいかにー。

★ここが凄いよ「放課後ミッドナイターズ」★
■無名監督による、オリジナルアニメ作品にも関わらず、アジア5カ国での公開が決定!!
■劇中の小さな子供達の動きは、博多の小学生達をモーションキャプチャーしたもの
■声優の山寺宏一氏に、「これをやるために声優になった」と言わしめた!!
■本作のもとの短編アニメ「放課後ミッドナイト」(07)は、国内外の映画祭&フェスで受賞ラッシュ!
パーム・スプリング国際短編映画祭、Anifest2008、TCMアワードなど数多くのフェスティバルで受賞、国内外で高い評価を受けている

■企画・監督:竹清仁 ■脚本:小森陽一■音楽:北里玲ニ■音響効果:笠松広司
■CGプロデューサー:田中賢一郎
■エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之 ■プロデューサー:伊藤耕一郎/平田武志 
■製作:「放課後ミッドナイターズ」製作委員会
■配給:株式会社ティ・ジョイ ■主題歌:ねごと 「Re:myend!」(Ki/oon Music)
■声の出演/山寺宏一、田口浩正、戸松遥、雨蘭咲木子、寿美菜子、小杉十郎太、谷育子、家中宏、茶風林、
         松本大、郷田ほづみ、屋良有作、大塚芳忠、黒田勇樹(アルバイト)、伊瀬茉莉也、下崎紘史、飯塚昭三

©AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP

8月25日(土)新宿バルト9他にてアジア一斉ロードショー
公式サイト http://afterschool-midnighters.com/
T-JOYサイト http://www.t-joy.net/


同時購入でお得!


『Virginia/ヴァージニア』エル・ファニング



『テイク・ディス・ワルツ』ミシェル・ウィリアムズ


 

同時購入でお得!計2,000円で観られるキャンペーンが行われます。

 

それぞれ主演の最新作が、8月11日(土)にヒューマントラストシネマ有楽町にて全国順次公開されます。
こちらの二人といえば、ここ数年で一気に映画ファンから熱烈に支持をされている女優たち。

若干14歳ながらも、姉ダコタ・ファニングの七光りを払拭する勢いで、
『SOMEWHERE』『SUPER8 スーパーエイト』『幸せへのキセキ』と
話題作に次々と出演、巨匠監督からも愛されるエル・ファニング。

 

そして

 

『ブロークバック・マウンテン』『ブルーバレンタイン』『マリリン 7日間の恋』と
3度アカデミー賞にノミネートされ、あどけなさと不思議な色香が混在する魅力と、
全身全霊で役にのめり込む姿勢が、映画ファンから高く評価されているミシェル・ウィリアムズ。

 

2人を愛する映画ファンのために、両作品のメイン劇場であるヒューマントラストシネマ有楽町にて、
『テイク・ディス・ワルツ』と『Virginia/ヴァージニア』両作品のチケットを
 
同時にご購入いただいたお客様に限り各作品、特別料金1,000円、合計2,000円で鑑賞できます!

 

さらに!!どちらかの作品の半券をお持ちになってご購入いただいた場合は
当日一般料金、学生料金から200円割引いたします!!(詳しくは窓口で)


 

是非この機会にご利用ください!
続きを見る