「は行」カテゴリーアーカイブ

二階堂ふみ・GACKT『翔んで埼玉』追加キャスト発表!そして、物語が・・・


映画情報どっとこむ ralph 2015年、約30年ぶりに単行本として復刊。
魔夜峰央(まやみねお)原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)。

瞬く間に、累計発行部数は66万部を突破。そして、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、遂に2019年2月22日に実写映画が公開となります!

壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を演じた二階堂は初の男性役、麻実麗(あさみれい)を演じたGACKTはまさかの高校生役という“とんでもない”設定に加え、先日発表された第1弾ポスタービジュアルでは、全貌は見えないながらも、原作の世界観を完全に再現。
のっけから埼玉県民に映画化を謝罪し、更に、特報では加藤諒のみビジュアルが解禁される等、常に話題に事欠かない本作。

この度、これまで謎に包まれていた追加キャスト、そして、物語の全貌が遂に解禁となります!

映画情報どっとこむ ralph 原作を大胆にアレンジ!映画『翔んで埼玉』は、“伝説パート”と、“現代パート”の2部構成。

原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』は、東京都民から迫害されていた埼玉県民の自由を求め、百美と麗が旅立つところで突然終了してしまう、未完成の物語。原作の魔夜氏が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に作品を執筆していたものの、途中で魔夜氏自身が他県へ引っ越すことになってしまい、それ以上書くと「悪口になってしまう」と判断したことが未完の理由だと魔夜氏は語る。

映画化にあたって、制作陣は最大限のリスペクトをもって、原作の舞台や設定を活かし、百美や麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成とした。

【伝説パート】では、埼玉県人が東京へ入るための必須アイテムとして登場する“通行手形”の撤廃と、自由を求めて戦う百美・麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形の撤廃をもくろむ対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。

一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場。東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大なスケールで物語は展開する。

【現代パート】では、埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開される。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか・・・。この邦画史上最大の茶番劇の行く末を、是非スクリーンで見届けてください!

映画情報どっとこむ ralph 気になる配役は・・・・

集結したのは個性と実力を兼ね備えた12名の豪華キャスト!早くもキャラ渋滞の予感・・・!?


今回解禁となったのは、伊勢谷友介、京本政樹に加え、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗、益若つばさ、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、中尾彬ら総勢12名。彼らの織りなす実力派と個性派の掛け算が、どのような化学反応を見せるのか、期待は膨らむばかり!更に、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌が現代パートで演じる役柄は、それぞれの出身県に合わせた設定となっている。彼らが故郷への愛を、どのような形で表現するのかも、あわせてご注目ください。


【伝説パート】
壇ノ浦百美(as 二階堂ふみ)
2年生ながらも、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長をつとめている。
東京都知事の息子で、父を誰よりも尊敬している。都知事の息子であることを鼻にかけており、東京都民であっても都心や高級住宅街以外に住む者には冷たい視線を向け、とりわけ埼玉県人には横暴な態度をとっている。しかし、麻実麗の登場により次第に心変わりしていくことに・・・。

麻実麗(as GACKT)
アメリカ帰りの白鵬堂学院3年A組の転入生。容姿端麗で都会的なセンスを持つ。大手証券会社の御曹司で、学院内でも特別扱いをされている。しかし、その正体は埼玉県で一二を争う大地主・西園寺家の子息で、父親が政治家に育てるために養子に出し、埼玉らしさを払拭するためにアメリカに留学させていた。都知事となって埼玉県の差別を撤廃することを目標とする。

阿久津翔 (as 伊勢谷友介) 
百美の父親である東京都知事・壇ノ浦建造の執事。
しかし、その正体は千葉解放戦線のリーダー。都知事につかえることで、埼玉とは違う形で、千葉県の差別を撤廃するために動いている。千葉解放戦線として動く際は、常に“あわび”と“さざえ”という2人の女性を従えて行動している。

埼玉デューク (as 京本政樹)
埼玉県人でありながら、東京を歩いても誰からも疑われずに、むしろ山手に住む金持ちにも間違えられる、伝説の埼玉県人。東京で虐げられていた埼玉県人たちに声を掛け、クーデターを仕掛けようとしていたが、何者かに正体を知られ、命を落としたと思われていた。

壇ノ浦建造 (as 中尾彬)
現東京都知事で百美の父。どんな時も強いリーダーシップで都民を導く。百美の憧れの存在だが・・・。
崎陽軒の“ひょうちゃん”をこよなく愛し、収集している。

壇ノ浦恵子 (as 武田久美子)
現東京都知事・建造の妻で百美の母。何かと頑固な夫に不満を抱いている様子。執事の阿久津とは、ただならぬ関係のようで…。

西園寺宗十郎(as 麿赤兒)
麗の父親。おかよを通して、麗にメッセージを送っている。念には念を入れるタイプなのか、メッセージを聞くと跡形もなく爆破するタイプの旧型テレビを使用している。

神奈川県知事 (as 竹中直人)
現職の神奈川県知事。埼玉、千葉が自由に東京、神奈川にはびこることを快く思っていない。

おかよ (as 益若つばさ)
麗のお手伝いさん。時折、麗の父・西園寺からの連絡を手助けする。

埼玉県人の青年 (as 間宮祥太朗)
東京都に不正に入り込んだ埼玉県人。都民のふりをして東京を満喫しているところをSAT(Saitama Atack Team:埼玉急襲部隊)に発見される。

下川信男 (as 加藤諒)
白鵬堂学院の3年生。埼玉県出身者で構成され、常に学園中からひどい扱いを受けている「Z組」の生徒。度重なる東京都民からの迫害に、埼玉への愛と誇りを失いかけていたのだが・・・。



【現代パート】
菅原好海 (as ブラザートム)
菅原家の父。埼玉県熊谷市在住。娘・愛海の結納の為に車で東京へ向かう道中、ラジオから流れる埼玉にまつわる伝説の物語を聞き・・・。とにかく、埼玉をディスられるのが気に入らない。

菅原真紀 (as 麻生久美子) 
菅原家の母。千葉県出身で今は埼玉県に嫁いでいる。娘・愛海の結納の為に車で東京へ向かう道中、ラジオから流れる埼玉と千葉の戦いの物語を聞き・・・。普段は優しいが、千葉をディスられると豹変する。

菅原愛海 (as 島崎遥香)
菅原家の娘。埼玉出身。自分が埼玉県出身であることをよく思っておらず、冷めた発言を繰り返す。同じく埼玉出身の春翔との結婚を機に、東京に住むことを夢見ている。

五十嵐春翔 (as 成田凌) 
愛海の婚約者。埼玉出身(浦和)。東京に勤めている埼玉“都民”。

映画情報どっとこむ ralph 『翔んで埼玉』
公開日:2019年2月22日(金)

公式HP:tondesaitama.com

公式twitter:
https://twitter.com/m_tondesaitama

***********************************

キャスト:二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)
間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ / 中尾彬 / 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

(c)魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社


原作・三上延先生と三島有紀子監督が『ビブリア古書堂の事件手帖』トークイベント 


映画情報どっとこむ ralph 鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。
その店主である篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく国民的大ベストセラー、三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ。その実写映画化となる『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)に公開となります。公開に先駆けて、本日10月15日(月)にHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEにて、原作者の三上延先生、そして本作のメガホンをとった三島有紀子監督が登壇してスペシャルトークショーを行いました。


『ビブリア古書堂の事件手帖』スペシャルトークショー
日時:10月15日(月)
場所:HMV&BOOKS 日比谷コテージ
登壇:三上延先生、三島有紀子監督

映画情報どっとこむ ralph 公開間近となった本作への心境を聞かれた

三島監督:感慨深い気持ちでおります。自分が文学好きだというのをプロデューサーが知っていて、お話を貰いました。古書も好きですし、栞子さんのキャラクターも素敵だったので、お引き受けしました。

とコメント。それを聞いて

三上先生:古書がメインで、本が重要なファクターになっているというのを(映画は)汲んで貰っていました。言葉にしづらい雰囲気もしっかり描かれていて非常に良かったです。

と映画を絶賛。

古書堂のセットのこだわりを聞かれると、

三島監督:本当にそこにビブリア古書堂が存在するように作ろうと美術部と話し合い、全国の古書堂を巡ったり、置いてある本に関しても本物を借りてくるなどリアルを目指しました。

と本好きの監督ならではのこだわりを明かすと、実際に映画を観て
三上先生:背板が無い本棚というのが、空間が広く見えていいですよね。

と言うと、

三島監督:美術部に作って貰った時には背板があったんですが、本越しに栞子さん達が見える空間にしたいということで抜いてもらいました。

と制作秘話を語った。更に三上は栞子の座るカウンターの下にも古書が置かれている点にも言及し、そのこだわりを称賛。三島もそうした部分に気づいて貰えたことに感激していた。

主人公である栞子を演じた黒木華さんに対しての印象を求められ

三上先生:元々、黒木さんは好きな女優さんで素敵だと思っていたので、納得のキャスティングでしたね。実際に映画を観ても、いいもの見せて貰ったなという感じでした。

と黒木さんをベタ褒め!作品の打ち合わせの際に苦労などは無かったか?と聞かれると、

三島監督:三上先生と何度か打ち合わせしましたが、楽しかった思い出しかない。

と嬉しそうに話し、

三上先生:三島監督は本当に良く本を読んでらっしゃって、僕より読んでいるかもしれない。

とお互いの本好きが功をそうし、良い関係が築けたと話した。

三上さんへ原作を執筆する際、題材となる本を選ぶ基準について聞かれると、

三上先生:話にして面白いかどうかということと、(実際に)読まなくてもその面白さが伝わるかどうか、栞子の説明だけでニュアンスが伝わるかどうかという基準で選んでいました。私自身が面白いと思っている部分を栞子さんに語って貰っているので、それが上手く伝わっているといいなと思っています。

と創作の秘密を答えた。

映画情報どっとこむ ralph 更に映画ならではのオリジナルとなる“過去パート”に関する質問に対しては、
三島監督:栞子さんの知識によって(絹子たちの)人間ドラマが紐解かれるときに、そのドラマがきちんとあった方がいいなというのが1つ、また古書は人の手を渡って、思いが積み重なっていくもの。その思いが誰かに届くという奇蹟的な瞬間をしっかり描ければと思いました」と狙いを語った。それに対して三上は「原作ではそんなに詳しく作ってはいなかったんです。物語として余白を残していた部分だったのですが、それが鮮明に表れたので、良かったなと思いましたね。

とコメント。
原作者と監督というそれぞれの立場から“過去パート”の魅力が語られた。また、今回の主題歌であり描き下ろしで映画の世界観を彩った、サザンオールスターズの「北鎌倉の思い出」について聞かれ

三上先生:中学生の頃初めて買ったLPがサザンだったので、原さんが“ビブリア”と言うだけで胸が詰まる思いでしたね。

とコメント。

三島監督:作品にお手紙を付けて桑田さんと原さんにお渡ししたんですけども、映画が目指したことが桑田さんに伝わって、桑田さんの身体を通して出てきた言葉がこの歌詞なんだ!というのが一番の感動でしたね。また、それが映画にぴったりの原さんの声で歌われていることも非常に感慨深かったです」と2人とも楽曲への思いを語った。また、三島は「曲だけを聞くのと、映画の終わりで曲を聴くのでは印象が違うと思うので、是非劇場で聞いてみてほしいです!

と映画と主題歌との合致具合についても見どころだと話した。

映画情報どっとこむ ralph 会場からの質問で、2人の共通点や共感しあえるものはありますかという質問に対し、

三上先生:(監督とは)年齢が近くて、観てきたものや読んできたものが似ていたので、この方であればお任せできるなと思いました。

とコメント。それに対し

三島監督:打ち合わせでは色んな本の話を2人でしていたので、“栞子さん”と“栞子さん”の会話に近かったですね(笑)。そういう部分で好きなものをどこまでも語り合えるというのは共通点ですかね。三上さんが小説家という身を削って作品を書かれているように、自分も身を削って作品を撮っているので、そうした部分も共通しているなと思いましたね。

と回答し、本作の重要なテーマである“本”が2人の創作者にとっても重要な共通点だった事が分かった。

MCから「持ち主が変わっても、その人の歴史や想いは受け継がれていく」という作品のテーマに絡めて、本や物を通して何かを受け取った瞬間はあるかという質問に対して

三島監督さん:終戦前から終戦後にかけての父の日記を読んだのですが、8月15日のページを読んだときは心臓が止まる気持ちで、泣きましたね。そうして、亡くなった人の思いが届くこともあるんだなと思いました。

と家族との深いエピソードを語り会場を沸かせた。

イベントの最後に

三島監督:ビブリア古書堂の事件手帖を映画化出来たことは私の宝物となりました。全てのシーンにおいて“繋がった瞬間”というものを大事に作りました。人と人、人と本、人と場所、思いと思いであったり。そうした色んなものが繋がる瞬間を見つめながら撮りましたので、そうした部分を楽しんで頂けたらと思います。

と語り、イベントは大盛況のまま幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『ビブリア古書堂の事件手帖』 
11月1日(木) 全国ロードショー


鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。
極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子(しのかわ しおりこ)を黒木華が、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔(ごうら だいすけ)を野村周平が演じます。

さらに、漫画専門のネット販売を行う同業者で、栞子たちに関わっていくことになる稲垣に成田凌、大輔の祖母・五浦絹子の若き日に夏帆、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄に東出昌大と、現在の日本映画界を牽引する豪華実力派キャスト陣が本作で夢の競演を果たしました。

そして本作でメガホンを執るのは、『幼な子われらに生まれ』(17)で第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別賞に輝いた三島有紀子監督です。

***********************************

原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊) 
出演:黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈 
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会  
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA 
主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)


貴闘力と筋肉アイドル・才木玲佳がアームレスリングに挑戦! 『ファイティン!』イベント


映画情報どっとこむ ralph 日本でも大ヒットした『新感染 ファイナル・エクスプレス』で注目され、『犯罪都市』で主演を演じた韓国のマッチョスター、マ・ドンソク主演の感動の腕相撲ドラマ『ファイティン!』が、10月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国で公開となります。

そして、この度10月15日(月)に公開を記念し披露上映とスペシャルイベントが行われました!ゲストの貴闘力、才木玲佳の両ゲストが、現・アームレスリング全日本チャンピオンの中山裕一選手から腕相撲!!!



『ファイティン!』試写会つきスペシャルイベント
開催日程:10月15日(月) 
場所:神楽座
登壇:貴闘力、才木玲佳(筋肉アイドル)、中山裕一選手(JAWA日本アームレスリング連盟全日本ヘビー級チャンピオン)

映画情報どっとこむ ralph はじめに中山選手が登壇。「欧米に比べ日本ではマイナースポーツであるアームレスリングがテーマの映画で、とてもワクワクした」と本作への期待を見せた。高校生の時にたまたま参加した大会がきっかけだったという中山は、トレーニングはあまりせず、実戦練習のみでたくましい体を作り上げているという。

観客とのデモンストレーションを終えて、貴闘力と才木が登壇。

映画の感想を聞かれた貴闘力は、「自分の周りには片親の力士がたくさんいて、今作の設定と重なる部分もあり、懐かしい気分だった」と大相撲時代を振り返り感想を述べた。

中山選手とのアームレスリングチャレンジに際し、焼肉店を経営する貴闘力は「やめてから15年、肉しか切っていないから」と語り、さらに「力士仲間で腕相撲大会を開いたけど、俺が一番弱かった。寺尾さん(註:現・錣山親方)には勝てるかと思ったら、寺尾さんにも負けちゃうくらいだった」と弱腰発言を連発。



才木はプロレスラーとしても活躍し、男性とアームレスリング対決をしたこともあるとのことで自信をのぞかせた。
才木が初めにチャレンジ。

最初は優勢かと思われるも、全体重をかけて体が浮くほど力をかけるも敗北。

「今までやった女性の中で一番強かった」と中山から称賛を浴びた。

次に貴闘力が挑戦。
敗北してしまうも、

中山さん:20年ぶりとは思えないほどの力でした!!!

と驚きの表情を見せた。

コツを聞かれ

中山さんは「トップロール」という劇中でも触れられているテクニックを紹介。

才木さん:体が引っ張られる感覚があった。

と、中山のテクニックに対し感嘆の声を上げた。
映画情報どっとこむ ralph 貴闘力さん
よくビデオを借りてきて映画を観ていますが、シンプルに楽しめる作品でした。最後はスカッとして気持ちよく劇場を出て頂けたらと思います。

才木玲佳
上腕ひとつで世界のトップにいけるなんて、この上ない筋肉のロマンだと思いました。家族の絆や夢に向かい努力する姿、苦悩などいろんな人間の感情、そして何よりも筋肉にご注目ください。

中山裕一
日本においてアームレスリングはマイナーなので、この映画を機にアームレスリングというスポーツを知って頂けたらと思います。

3人でマッチョポーズを決めてのフォトセッションも行われ、大盛況の中イベントは幕を閉じた。

映画『ファイティン!

10月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー
原題:챔피언 Champion


物語・・・
子供の頃に韓国から養子に出されたマーク(マ・ドンソク)は、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、八百長疑惑をかけられて除名されて諦め、今はクラブの警備係として働いていた。
そこにスポーツ・エージェントと名乗るパク・ジンギ(クォン・ユル)が現れ、マークを韓国で行われる大会に誘う。
韓国に向かったマークは、実母の家を覗きに行くが、そこには存在さえ知らなかった妹のスジン(ハン・イェリ)と子供たちが住んでいた。共同生活を始めたマークとスジンたちは、最初は距離を取っていたが、次第に心の距離を詰めていく。一方、ジンギは、スポーツくじを手掛けるチャンス社長に組む話を持ちかけるが、彼はマークに八百長するように話すのだった・・・

***********************************

出演
マ・ドンソク:マーク/クォン・ユル:ジンギ/ハン・イェリ:スジン/チェ・スンフン:ジュニョン/オク・イェリン:ジュニ/カン・シニョ:コンボ/ヤン・ヒョンミン:ユ・チャンス/イ・ギュホ:パンチ

スタッフ
監督・脚本:キム・ヨンワン/プロデューサー:ハン・ドンファン/撮影:ユ・ジソン/照明:イ・マンギュ/美術:イ・ハナ/
録音:チェ・ジウォン/衣装・メイクアップ:ナム・ジス/編集:キム・チャンジュ、イ・ホスン/音楽:ナム・デウォン
2018年/韓国/韓国語・英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/108分/日本語字幕:根本理恵  映倫G
配給:彩プロ
宣伝:フリーマン・オフィス
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


映画『BLEACH』の撮影を福士蒼汰が振り返るインタビュー映像到着!ブルーレイ&DVDリリースに向けて


映画情報どっとこむ ralph 2018年12月5日(水)より、映画『BLEACH』のブルーレイ&DVD を発売・レンタル開始いたします。

また、11 月 7 日(水)よりデジタル先行配信を開始いたします。
本作は、全世界シリーズ累計発行部数 1 億 2,000 万部の大人気コミックを待望の実写映画化した超絶バトルアクションです。

先月からは世界(一部地域を除く)で配信開始され、海外でも大きな反響を得ています。 本作のプレミアム・エディションには、3時間を超える豪華映像特典が収録されています。

映画情報どっとこむ ralph 吉沢亮さん、真野恵里菜さんとの共演は 「同窓会みたいな感じ」 福士蒼汰が2年前の撮影を振り返る!

全世界で累計 1 億 2000 万部を突破する久保帯人の超ベストセラーコミ ックを実写映画化した『BLEACH』が早くもブルーレイ、DVD で登場。人間 の魂を喰らう悪霊・虚〈ホロウ〉と戦う死神代行・黒崎一護の活躍を描き出 した本作。この度、プレミアム・エディションの映像特典として収録されるシー ンセレクション・インタビューに、主人公・一護を演じる福士蒼汰が参加。 本作の印象的なシーンを鑑賞し、改めて本作の撮影現場を振り返った。

本作が撮影されたのは 2016 年の秋。およそ 2 年前に撮影した映像を あらためて観賞し、思わず

福士さん:懐かしいな。2年前と いうことはちょうど 23 歳の頃です。映像を見返すと、撮影した時のことを思 い出してワクワクするというか、心がエキサイトしてきますね」

としみじみ。中でも、福士オススメのシーンは、早乙女太一演じる死神界からの刺客・阿散井恋次とのクライマックスにおける壮絶なバトルシーンだという。

福士さん:死神同士の戦いということもあり、人間離れした戦いになっていて、改めて観てみても圧巻というか。スピ ード感や迫力がすごいなと思いましたね。それはきっと相手が太一くんだからこそできたシーン。太一くんは、(持ち主の霊力 によって姿形を変える刀)斬魄刀・蛇尾丸(ざびまる)をいつも身に付けているような振り方をしていて、すごいんですよ。と にかく彼の動きに食らいついていくというか、そのスピードに合わせていくようにしました。そこはブルーレイや DVD でぜひとも観 てもらいたいシーンですね。

と述懐する。
一方、学園生活のシーンでは壮絶なバトルシーンから一転。ほのぼのした高校生の日常が描かれる。「仮面ライダーフォー ゼ」(2011~2012※)で福士さんと共演していた吉沢亮さん、真野恵里菜さんらとの共演は、ファンの大きな話題を集めた。吉沢さんとの共演シーンを観て、

福士さん:懐かしの(仮面ライダー)メテオという感じですよね。

と笑い

福士さん:キャラクターの関係性も同じでしたよね。ちょっとツンデレぎみな、敵なのか味方なのか分からないような感じで。最終的には一緒に戦って、同じ敵を倒すという関係性も似ていたので、懐かしかったですね。それから真野ちゃんも(「仮面ライダーフォーゼ」の)映画で一緒でしたから。 3人がそろった時は、同窓会みたいな感じになって。当時の話をよくしていましたね。
と笑顔を見せた。(※真野恵里菜が出演した『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE 大戦 MEGA MAX』は 2011 年公開)


そして最後に

福士さん:ブルーレイ、DVD は何度でも観ていただくことができるので、気になったシーン、好きなシーンは何度でも見 返していただけたらと。そして沢山のスタッフたちが、細かいところまでこだわって作った作品なので、すみずみまでご覧になって いただけたらうれしいです。

とメッセージを送った。

また、この度公開されたシーン・セレクション収録後のインタビュー映像では、更に約8分にわたり、撮影時の裏側などをたっぷりと語っています。



映画情報どっとこむ ralph
『BLEACH』

2018年12月5日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
■【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)¥6,990+税
■【初回仕様】 DVD プレミアム・エディション(2 枚組)¥5,990+税
■ブルーレイ ¥4,990+税
■DVD ¥3,990+税

【プレミアム・エディション映像特典 収録内容】
●撮り下ろし!福士蒼汰シーンセレクション・インタビュー
●撮り下ろし!杉咲花シーンセレクション・インタビュー
●撮り下ろし!早乙女太一スペシャル・インタビュー
●キャラクター別メイキング映像集(黒崎一護:福士蒼汰編/ 朽木ルキア:杉咲花編/ 石田雨竜:吉沢亮編/阿散井恋次:早乙女太一編/朽木白哉:MIYAVI 編)

●メイキング・オブ【CG】
●イベント映像集:ジャパンプレミア舞台挨拶/公開記念舞台挨拶

●福士蒼汰×佐藤信介監督×[ALEXANDROS]インタビュー
●キャラクター紹介映像:一護編/ルキア編/雨竜編/恋次編/白哉編/虚<ホロウ>編
●斬魄刀リレーインタビュー(ルキア⇒一護⇒雨竜⇒恋次⇒監督)
●劇場予告編・TV スポット集
2018 年 11 月 7 日(水)デジタルセル先行配信開始
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

***********************************



星野源 x 高橋一生 x 高畑充希 映画『引っ越し大名!』 正式タイトル&公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏原作の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。

この度、主演・星野源、共演に高橋一生、高畑充希を迎え、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を手掛けて映画化される、本作の正式タイトルが「引っ越し大名!」となり、2019年8月30日に全国公開することが決定いたしました!
本作の題材は、なんと“引っ越し”!!生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)をモデルに、参勤交代をはるかに上回る莫大な費用がかかる無理難題の引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、あらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語です。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の書庫番で引っ越し奉行・片桐春之介を演じるのは、俳優・音楽家・文筆家といくつもの顔を持ち、各ジャンルで類まれな才能を発揮して大活躍中の星野源。気弱でコミュ障に見えながらも、持ち前の知恵を生かして成長していく春之介を演じます。

春之介の幼馴染で、春之介を引っ越し奉行に推薦する御刀番・鷹村源右衛門役には、高橋一生。腕っぷしの強さと豪傑さで春之介を支える相棒としての役割を担います。

そして、前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する於蘭(おらん)役に、高畑充希。

気丈でしっかりものの娘として、春之介をサポートして引っ越しを仕切っていきます。本作が3人にとって時代劇映画初出演&初共演となります。

監督には、大ヒット作『のぼうの城』で豊臣秀吉に立ち向かった500人の軍勢を圧倒的なスケールとユーモラスな人物像で描き注目を集めた犬童一心監督。エンタメ作品から繊細な人間ドラマまで幅広く手掛ける日本映画界の名手が、笑いと人情味に溢れた痛快ドラマとして描いています。

映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』の脚本家と制作陣が贈る痛快エンタテインメント時代劇『引っ越し大名!』にぜひご期待ください!

引っ越し大名!

2019年8月30日(金)全国公開です!

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie


***********************************

出演:星野源 高橋一生 高畑充希

原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心

配給:松竹