「は行」カテゴリーアーカイブ

人類史上、最悪の実験の幕が切って落とされる!『パージ:エクスペリメント』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 『トランスフォーマー』シリーズ マイケル・ベイ×『ゲット・アウト』ジェイソン・ブラム1年に一晩、すべての犯罪が合法になる“パージ法”人類史上、最悪の実験開始。
映画『パージ:エクスペリメント』公開決定!!

この度、全世界累計興行収入450億円を超える超ヒットとなっている『パージ』シリーズのはじまりを描く、『The First Purge(原題)』が 『パージ:エクスペリメント』の邦題で6月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開することが決定しました!

2013年“ホラー映画の工場”と称されるブラムハウス・プロダクションが放った『パージ』は、一年に一晩(12時間)だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる法律“パージ法”が施行されたアメリカで市民たちが犯罪者たちから逃げ惑うという斬新な設定で全米初登場No.1の大ヒットを記録。

以降、パージ法が施行された街全体でサバイバルする群像劇を描いた続編『パージ:アナーキー』、そしてパージ法を廃止しようとする大統領候補をパージの夜に殺害しようとする『パージ:大統領令』が公開され、いずれもアメリカをはじめ世界で大ヒット!

最新作の公開に併せて全10話のテレビシリーズ「ザ・パージ」も放映された超人気シリーズとなっている。

その最新作『パージ:エクスペリメント』は“パージ法”がなぜアメリカで施行されることになったのか、そのはじまりを描く物語となっている。
経済が崩壊したアメリカで政権を持ったNFFA(新しいアメリカ建国の父たち)は犯罪率を抑止するため“パージ法”を一部地区のみに採用した実験的な施策として導入を決定。
対象になるのはニューヨーク州のスタテン島。
パージ開始後、この島は最悪の密室状態となり、住人は犯罪者にも、被害者にもなる12時間を迎えることとなる。
この人類史上、最悪の実験で人々は生き残ることができるのか―!?

映画情報どっとこむ ralph 『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイと『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『ゲット・アウト』のジェイソン・ブラムが製作を務め、『パージ』の監督を務めたジェームズ・デ・モナコが脚本を担当。さらに、『フルートベール駅で』の共同プロデューサーを務めたジェラード・マクマリーがメガホンをとる。
主演は新人大抜擢となるイラン・ノエル。スタテン島を縄張りにするギャングのリーダーを演じる。
“パージ法”を発案した政府の研究員で『スパイダーマン』の新シリーズで主人公の叔母メイ・パーカーを好演しているマリサ・トメイが出演。


『パージ:エクスペリメント』

6月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

***********************************

ユニバーサル映画
配給:シンカ/パルコ
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS





踊りで会場一体に!中江裕司監督6年ぶりの最新作『盆唄』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』 の中江裕司監督による最新ドキュメンタリー映画『盆唄』が 2 月 15 日(金)より公開 し、本日 2 月 16 日(土)に公開記念舞台挨拶が行われ、本作の中江裕司監督、そ して本作に登場する福島県双葉町の方々がご登壇されました。
日時:2月16日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:福島県双葉町のみなさん、中江裕司監督

映画情報どっとこむ ralph 中江監督「 双葉盆唄」が全国へ響き渡ると良い」 !

本日行われた『盆唄』上映後舞台挨拶。会場は満員御礼、立ち見席も出るほ ど多くのお客さんが来場した。上映が終わると、客席から大きな拍手がわき上が り、そんな中、中江裕司監督はじめ本作に登場する福島県双葉町の人々が登 壇した。会場溢れんばかりの人を前に登壇者たちは、嬉しさからか涙を浮かべる 人も。本作は、『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督が福島県 双葉町を舞台に3年の歳月を経て撮りあげた音楽ドキュメンタリー。
中江監督は 「本作は双葉の人々と約3年かけて作り上げた映画です。この映画が全国へ届き、双葉盆唄が多くの劇場へ広がればとても嬉しいと思っています.」と嬉しさをに じませた。本日登壇した双葉町の人々は、「双葉盆唄」を後世へ受け継ぐため、 100 年前に福島からハワイへ「フクシマオンド」が伝えられ現在も受け継がれていることを知り、実際にハワイを訪れたメンバ ーを中心に集まった。現在、帰宅困難区域に指定されている双葉町。いつ戻れるか分からず散り散りになった双葉町の 人々は、将来故郷へ帰れる時が来た町民のために、自分がいなくなった後にも「双葉盆唄」を受け継いでもらおうと、ハワイ へ唄を託しに行く。


映画館がお祭り会場に!?「双葉盆唄」感動の生演奏!!

先程まで劇中で太鼓を打ち、唄を唄い、増えを吹いていた「盆唄」メンバーが 目の前に現われ、会場もヒートアップ。

本作の中心人物である太鼓担当・横山久勝さんは、そんな目の前の光景に言葉を詰まらせながら「お越し頂きあり がとうございます。本日は「双葉盆唄」の生演奏もさせていただきますので、よ ろしくお願いします」と少し恥ずかしそうに挨拶。太鼓がステージへ運び込まれ ると、中江監督より「皆さんお待たせしました!立って一緒に踊りましょう!」と かけ声がかかると、会場全員が一斉に立ち、扉の外から盆踊りが大好きな “盆オドラー”たちが入場!双葉町の人々が生演奏すると噂を聞き、会場へ 駆けつけた。

太鼓の音が会場に鳴り響いた瞬間、会場からは自然と手拍子が始まった。
唄が始まるまでの笛と太鼓の音に会場も今か今かと踊るのを待ちわびる。本作でも印象を強く残す唄い手の伊藤美恵子さんが唄い始めると、監督が壇上から降り一般客を連れ出して会場に大きな輪を作り、劇場がお祭り状態に!次から次へと輪に人が加わり、その光景にステージ上で演奏する双葉町の人々は今日一番の笑顔を見せた。踊り始めて 5 分ほど立つと、初対面の人たちも笑顔で踊り合うとても暖かい空気となり、演奏が終わる頃には会場全体が一つになった。

映画情報どっとこむ ralph 「盆踊りは絶対に消滅させない」 !

揺らがぬ信念がもたらす希望の未来! 演奏後、双葉町の人々、中江監督から一言ずつもらうことに。避難区域に住んでおり、周りに気を遣って現在は思い切り唄を唄えないという唄い手の伊藤 さんは「まだ気を遣っていますが、本気出すと今よりもっと良い声でますよ!こ れからも頑張っていきたいと思います」と元気よく述べ、伊藤さんの夫・吉夫さ んは「先月、双葉町に行ってきましたが、以前住んでいた家にイノシシが住ん でおり、何をしに来たんだという目をされました(笑)」と現状を笑いに変えなが らも、「4 年後には避難指示が解除されるかと思いますので、それまで今日の ことを思い出し、頑張りたいと思います」と力強く語った。笛を担当した木幡親 子の息子・昌也さんは「1 年に 1 回しか吹けないのが現状。そんな中今日こ んな素晴らしい場所で笛を吹けたのは一生の思い出ですし、これからも頑張 ろうと思います」と父・春夫さんと笑い合った。横山さんの幼なじみであり、「盆唄」存続のために横山さん二人三脚で活動して いる太鼓担当の今泉春雄さんは「感激しかありません。久しぶりに会う同級生もいっぱい観に来てくれて・・・一生懸命踊ってく れて本当に嬉しかったです。ありがとうございます」と胸がいっぱいの様子。


最後に、双葉町の横山さんは「『盆唄』に出ることを決めた大きな理由は、「双葉盆唄」を後世に残したいと強く思ったから。双葉町の住民が歳を取っ て帰れなくなっても、ハワイへ託し、いつか双葉町に帰れた人々に伝えて欲 しいと思いました。そしてもう一つは、きちんとした双葉の各地域の盆踊りを映 像に残したかったから。監督にお願いすると、8カメラも用意して快く撮影して くださったんです。感謝しかありません。この映画に関われたことで、大きな目 的2つが達成できました」と感謝の気持ちを述べた。そして「これからどうなる か分からない。けれど腕を振るう間、双葉の盆踊りは絶対に消滅させませ ん。私たちがいなくなっても、必ず復活させる段取りをこれからもしていきたい と思っています!みなさん本当にありがとうございました!」と力強い言葉に、今日盛大な拍手がわき起こった。 それを聞いたかんとくは、「今振り返ると、豊かな時を過ごせたなと思います。今日観てもらったら分かるとおり、双葉町の 人々は辛い顔をされているでなく、前向きに生きている。僕はそれに勇気をもらい、この映画を希望のもてる映画にしなけれ ばいけないと強く想い完成させました。『盆唄』が全国、そして世界に広がることが双葉町の現状をつたえるだけでなく、日本 人の力強さを伝えて行くと思います。みなさんこれからも応援よろしくお願いします!」とメッセージを残し、感動の舞台挨拶 が終了した。

映画情報どっとこむ ralph 中江裕司監督6年ぶりの最新作『盆唄』

ふるさとを離れても、忘れることのない唄。希望のかなたへ盆唄は響き続ける― 2015 年。東日本大震災から 4 年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた 伝統「盆唄」存続の危機にひそかに胸を痛めていた。そんな中、100 年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマ オンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。双葉の人々は盆唄を披露すべく、ハワイ・マウイ島へと向かう。自分 たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった。

***********************************


監督:中江裕司(『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』)
撮影監督:平林聡一郎 編集:宮島竜治・菊池智美
エグゼクティブプロデューサー:岡部憲治
プロデューサー:堀内史子 アソシエイトプロデューサー:岩根愛
アニメーション:池亜佐美 音楽:田中拓人
音楽プロデューサー:佐々木次彦 製作:テレコムスタッフ 配給:ビターズ・エンド 出演:福島双葉町のみなさん、マウイ太鼓ほか 声の出演(アニメーション):余貴美子、柄本明、村上淳、和田聰宏、桜庭梨那、小柴亮太 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術振興会
日本/2018 年/134 分/ビスタ
©2018 テレコムスタッフ


TAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』2枚で1つになる!特別ティザービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作。今回特別ティザービジュアルと場面写真を解禁。

2枚で1人のTAKAHIRO!特別ティザービジュアル

海辺をバックに物憂げな表情を浮かべるTAKAHIRO演じる徹のアップを捉えたビジュアルだが、今回は左右の顔に分かれ、2枚で1枚の絵が完成する特別仕様となっている。TAKAHIROは、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。本人も「俺じゃないみたいだ」と話すほど、これまでの華やかなイメージを覆し、無精髭を蓄えた寡黙な男を演じる。

ティザーチラシは上映映画館等で配布される予定。ぜひ2枚とも手に取ってほしい。

映画情報どっとこむ ralph 島根県隠岐島の壮大なロケーションをバックに、躍動する若手俳優たち

TAKAHIRO演じる漁師・徹の住む隠岐島にやってくる“島留学”の学生たち。島留学とは、都会で学校生活になじめなかったり、家庭に居場所を失くした子供たちを島の住人たちが“親”として預かる制度。実際隠岐島でも、豊かな自然の中で、学力以外にも未来を切り開いていく人間力を育てていく制度として行われている。育ってきた環境とは違う生活の中で、壮大な自然に触れ、密すぎるコミュニティのなかでときにぶつかり、自分を見つめなおしながら成長していく子供たち…その成長は、記憶を失くしたことで前に進めずにいた徹を少なからず刺激していくことになる。

島留学の学生たちを演じたのが、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨といった旬の若手俳優たち。

とくに島留学に来る3人の学生たちは、群像劇としてそれぞれドラマを秘める役どころ。
ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』で高い演技力を披露し注目を集める木村めぐみ役の山口まゆは、島留学の同期たちの成長をそばで見守りながら、最後まで素性を明かさない難しい役どころを熱演しており、ブレイク必至!と目されている。また、母との確執を島での成長を通し乗り越えていく福間雄一役の板垣瑞生は『ソロモンの偽証』で準主役を務め、ダンスボーカルユニット「M!LK」としても活動。また、島での生活を通し、思いやりと感謝の気持ちを学んでいく横山愛美役の柴田杏花の演技にも注目が集まる。 そんな彼らの躍動する場面写真が解禁に。

映画情報どっとこむ ralph 『僕に、会いたかった』

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる。

***********************************


TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以

小市慢太郎 /松坂慶子

監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
音楽:瀬川英史 撮影:金子正人
照明:吉角荘介 録音:西岡正巳

編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES
2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96分
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会


爆笑 田中裕二・ゴー☆ジャス・脳みそ夫『映画プリキュア ミラクルユニバース』公開アフレコ!


映画情報どっとこむ ralph 2019年3月16日(土)公開の『映画プリキュアミラクルユニバース』。
2月15日(金)アバコクリエイティブスタジオにて、公開アフレコイベントが開催されました。イベントには、「プリキュア」シリーズ初参加となるゲスト声優の田中裕二(爆笑問題)、ゴー☆ジャス、脳みそ夫がの3名が登場。

更に、公開アフレコが初となるゴー☆ジャスと脳みそ夫は普段とは一味違う真剣な表情も見られました。アフレコ後は公開アフレコを終えてのコメントに加えて、ゴー☆ジャスと脳みそ夫がプリキュアのために作った新ネタも披露しました!

更にどちらがより“プリキュア愛”に溢れているかを、田中裕二(爆笑問題)が叱咤激励も含みつつジャッジしました。


日付:2月15日(金)
場所:アバコクリエイティブスタジオ
登壇:田中裕二(爆笑問題)、ゴー☆ジャス、脳みそ夫

映画情報どっとこむ ralph MCから紹介されると

田中さん:プリキュアというのは、54歳のおじさんにとっては遠い存在だったのですが、うちの長女がプリキュアを観ていたので相当喜んでおりました。家族そろって劇場に観に行ける事を楽しみにしています。

と語り

ゴー☆ジャスさん:普段は宇宙海賊という仕事をしているのですが、今回が海賊とは真逆の宇宙警備隊〔J〕というキャラクターを演じました。脳みそ夫の役は宇宙警備隊隊員〔A〕ということで非常に根に持ってます。

とプリキュアネタ対決前に臨戦態勢!また、

ゴー☆ジャスさん:私の4歳になる子供が去年プリキュアデビューしまして、映画館デビューするのはこの作品になると思います。そういった点も踏まえて記念すべき作品になると思っているんですが、私の職業を子供に言ってないのでどうなるか。今回プリキュアに出させていただくことで頑張らナイジェリア!

と自身のネタを織り交ぜながら意気込みをみせました。また、

脳さん:こんちはーっす。聖徳太子だってプリキュアするっつーの、小野妹子も喜んでいた。実際、お話をもらってほんと嬉しかったっす。ようやくプリキュアまでたどり着いたなと。プリキュアという作品に関われて嬉し恥ずかし、サンバイザー、脳みそ夫だぁーい、あざーすって感じっす。」と自身のネタを披露し喜びを表しました。


今回のイベントではゴー☆ジャスさん、脳みそ夫さんの“プリキュア愛”をかけたプリキュアコラボネタ対決も行われました。

ゴー☆ジャスさんは『映画プリキュアミラクルユニバース』を内容に盛り込んだゴー☆ジャスらしいショートコントを3本披露し、ショートコントのオチで本作のテーマである、プリキュアの応援アイテム“ミラクルライト”や本作の主人公「スター☆トゥインクルプリキュア」のキュアスターのぬいぐるみを自身の子供の私物を自宅から持参し、衣装のポケットから出すシーンもありました。

対する脳みそ夫さんは軽快なダンスと共に、実際にミラクルライトを振りながら「脳みそ夫体操」のリズムに合わせたプリキュアネタを披露。自身のポケットに仕込んでいたミラクルライトを出し忘れるなどのハプニングもありつつ、会場を沸かせてました。

そして、どちらがより“プリキュア愛”を感じるネタだったか田中裕二さんがジャッジした結果、自宅からプリキュアの自身の娘に借りてぬいぐるみを持参したという事で「ゴー☆ジャス」に軍配が上がりました。

ゴー☆ジャスさん:やったよー娘ー!

と喜びをお子さんに伝えていました。

映画情報どっとこむ ralph また、公開アフレコを終えMCから「プリキュア」シリーズ初出演の田中さんに「今回フクロウの大統領役ですが、演じる上で難しさはありましたか?」という質問に、

田中さん:めちゃめちゃありました。大統領でフクロウという設定が難しく、セリフにフクロウの鳴き声の『ホウ』で様々な感情を表現しているシーンがあるので、本物のフクロウみたいに鳴くのか、相槌の『ほうほうほう』なのか、事前に台本を読んでも分からなくて。監督さんにどう演技をしたらいいか聞いたら、まさかの「普段の田中さんが感じるままに演じてください!」と言われました(笑)。いろんな感情の『ホウ』があったので、監督にOKをもらったのですが、内心監督の希望通りに演じられているのかドキドキしてます。あと相方の太田光(爆笑問題)が観るので必ず怒られる。

と語りました。

また、

脳さんには「アフレコの際、監督や制作スタッフからどんな指示がありましたか?」という質問に対し

脳さん:ブースで1人でアフレコするので、監督や制作のみなさんの反応が分からなくて、演じられているのか不安でした。でも実際は監督たちにもウケてたみたいでよかったです。

と振り返りました。また

ゴー☆ジャスさん:監督に自由にやっていいですよと言われて、本当はセリフに入っていなかった『サイパン』という持ちネタを台詞の中にアドリブで入れ込んだら、OKをもらえました!

と語り、更に、

脳さん:監督さんが柔軟に対応してくれる方で、『こんちわーっす』という自分の持ちネタも入れていいよと言ってもらえたので、セリフを変えさせてもらいました!

と台本には無いお二人の持ちネタのアドリブが入ったエピソードを話しました。

最後に・・・

「皆様のプリキュア愛を一言で表すと?」という質問に対し

田中さん:今回は『ホウ』という一言に全てをこめました。この『ホウ」で“流行語大賞”を狙います!

と意気込み、

ゴー☆ジャスさん:どんな悪役が表れても、プリキュアがいればまだ助かる、まだたすかる、マダガスカル!ここ!マダガスカル!

とギャグを披露。

脳さん:プリキュアを観ると心がはぴねーす。

と語った。

フォトセッションには、キュアスターも登場し会場はより華やかに公開アフレコを終えました!


『映画プリキュアミラクルユニバース』

2019年3月16日(土)ロードショー

公式サイト:
http://www.precure-miracleuniverse.com/


***********************************

原作:東堂いづみ 
監督:貝澤幸男
脚本:村山 功
声の出演:
成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 木野日菜 吉野裕行
引坂理絵 本泉莉奈 小倉 唯 田村奈央 田村ゆかり 多田このみ 野田順子 福島 潤
美山加恋 福原 遥 村中 知 藤田 咲 森なな子 水瀬いのり かないみか 水島 裕

ゲスト声優:
田中裕二(爆笑問題) 梶 裕貴 小桜エツコ ゴー☆ジャス 脳みそ夫
©2019 映画プリキュアミラクルユニバース製作委員会
  


潜水艦アクション『ハンターキラー 潜航せよ』緊迫感溢れる日本版予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

2019年、元米海軍潜水艦艦長による原作と、米国防総省×米海軍全面協力のもと、『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により、未だかつてない進化を遂げた【潜水艦アクション大作】がスクリーンに登場!!


しかも、米海軍特殊部隊ネイビーシールズと潜水艦のダイナミックな共闘も見逃せない一作。

この『ハンターキラー 潜航せよ』の日本版予告映像が解禁。

ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。世界の運命をかけ、米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズには、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

予告映像では、任務遂行のため、海上には無数の駆逐艦、海底にはため息の音にすら反応する水中兵器ひしめく‘絶対不可侵’のロシア海域に潜入するハンターキラー艦内の緊迫感あふれる様子や、ジェラルド・バトラー演じるジョー・グラス艦長と船員たちとの臨場感あふれるやりとりが描かれる。さらに、空から潜入しロシア軍と交戦するシールズ隊員の様子や、『ワイルド・スピード』製作陣らしさも見える、スピード感溢れる陸海空軍入り乱れての大スケールの戦闘シーンなども捉えられている。


映画情報どっとこむ ralph プロデューサーのひとりトビー・ジャッフェは、「我々が目指したのは、大いに楽しめるサスペンス・アクションであり、最新の潜水艦の世界を観客がリアルに体験できる物語だ」と語る。本作では、米海軍の全面協力によりなんとパール・ハーバーに着岸している原子力潜水艦が二日間にわたり開放され、撮影も許可された。
潜水艦内だけでなく、潜水する様子も撮影したドノヴァン・マーシュ監督は、「8000トンもの巨大な機械が海を潜っていく映像は、CGでは絶対に作り出せないと思ったよ。」と興奮ぎみに振り返る。さらに、監督は撮影前に映画に登場するヴァージニア級攻撃型潜水艦と同じタイプの原子力潜水艦に乗船して海に出た時の経験をもとに、潜水艦のセットを巨大な回転台の上に設置するという大胆な手法を思いついたという。このアイデアは、潜水艦が下降する際に乗員たちも一緒に傾いていく場面や敵艦から攻撃を受ける場面など、この予告映像でも圧倒的な緊張感とともに確認することができる。

映画情報どっとこむ ralph 『ハンターキラー 潜航せよ』

4月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
gaga.ne.jp/hunterkiller

STORY
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された。

***********************************


監督:ドノヴァン・マーシュ
原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)
出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト

原題:HUNTER KILLER
2018/イギリス/122分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:林完治

配給:ギャガ
© 2018 Hunter Killer Productions, Inc.