「は行」カテゴリーアーカイブ

『ビール・ストリートの恋人たち』第76回 ゴールデン・グローブ賞 3部門に堂々ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph この度、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、本作が作品賞<ドラマ部門>、助演女優賞<レジーナ・キング>、脚本賞<バリー・ジェンキンス>の3部門にて堂々のノミネートを果たしました!!

前作『ムーンライト』で、同年のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』を抑え、2017年アカデミー賞において、作品賞ほか3部門受賞を果たし世界中を熱狂させたバリー・ジェンキンス監督。

最新作はジェイムズ・ボールドウィン原作、70年代NYに生きる若きカップルの愛と信念を描いた物語。

長年、映画化を待ち望んだジェンキンス監督が、再び、圧倒的な映像美と叙情的な音楽で綴る、この冬最も美しい愛の物語を完成させた。
出演は、主役のカップルにオーディションで抜擢された新人女優キキ・レインと『栄光のランナー/1936ベルリン』のステファン・ジェームス。主人公の母親役にエミー賞受賞女優のレジーナ・キング他『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ディエゴ・ルナなどいま最も旬なキャスト陣が脇を固めている。製作総指揮には、前作に続きプランBを率いるブラット・ピットが名を連ね『ムーンライト』でアカデミー賞にノミネートされた撮影、音楽のチームが再び集結した。

映画情報どっとこむ ralph そして、本日、発表されたアカデミー賞最大の前哨戦とも言われる第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションでは、作品賞(ドラマ部門)、助演女優賞(レジーナ・キング)、脚本賞(バリー・ジェンキンス)の3部門へのノミネートを果たした。特に、主人公たちを支える優しくも力強い母親を演じ助演女優賞にノミネートされたレジーナ・キングは、2018年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ニューヨーク批評家協会賞、デトロイト映画批評家協会賞、ワシントンDC映画批評家協会賞などで同賞を獲得しておりアカデミー賞助演女優賞受賞に向け、独走状態に入ったとも囁かれている。

前作に続き受賞なるか!?注目の 第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式は2019年1月6日(現地時間)に行われます。

ビール・ストリートの恋人たち
原題:If Beale Street Could Talk

公式サイト: longride.jp/bealestreet/


***********************************

監督・脚本:バリー・ジェンキンス 原作:「ビール・ストリートの恋人たち」ジェイムズ・ボールドウィン著(川副智子訳、早川書房より近刊)
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、レジ―ナ・キング、コールマン・ドミンゴ、マイケル・ビーチ、ディエゴ・ルナ、エド・スクライン、
ブライアン・タイリー・ヘンリー、デイヴ・フランコ、ペドロ・パスカル 他
2018年/アメリカ/英語/119分/アメリカンビスタ/カラー/日本語字幕:古田由紀子
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』第76回ゴールデングローブ賞4部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります!

そして!現地時間12月6日5:00(日本時間6日22:00)頃より行われた第76回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表にて、作品賞(Best Motion Picture – Drama)、名匠スパイク・リーが監督賞(Best Director – Motion Picture)とジョン・デヴィッド・ワシントンが主演男優賞(Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Drama)、アダム・ドライバーが助演男優賞(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture)と4部門にノミネートされる快挙を果たしました!

ゴールデングローブ賞は、その年の映画賞レースやアカデミー賞の行方をうらなう前哨戦のひとつとして位置づけられていることもあり、受賞結果には世界の映画ファンからも非常に高い注目が集まります。
Adam Driver stars as Flip Zimmerman and John David Washington as Ron Stallworth in Spike Lee’s BlacKkKLansman, a Focus Features release.Credit: David Lee / Focus Features

映画情報どっとこむ ralph 1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化した本作は第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアが大絶賛!

主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

映画情報どっとこむ ralph これまで、第71回カンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリ受賞した他、第22回ハリウッド映画賞のハリウッド・ブレイクアウト・パフォーマンス男優賞(ジョン・デヴィッド・ワシントン)受賞、第28回ゴッサム・インディペンデント映画賞では男優賞(アダム・ドライバー)ノミネート、第34回インディペンデント・スピリット賞では助演男優賞(アダム・ドライバー)ノミネート、第23回サテライト賞映画部門では、作品賞(インディペンデンス)主演男優賞、助演男優賞、監督賞、脚色賞、編集賞、オリジナル作曲賞と7部門にノミネート、さらにAFI(アメリカ映画協会)が選ぶ2018年のベスト映画TOP10に選出されるなどブラック・パワーが賞レースを席巻中!!第76回ゴールデングローブ賞の受賞結果は、現地時間2019年1月6日(日)に発表となります。父デンゼル・ワシントンは1993年に同じスパイク・リー監督作『マルコムX』でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。2000年に『ザ・ハリケーン』で主演男優賞受賞を果たした経歴を持つ。ジョン・デヴィッド・ワシントンも父の背中を追い、ゴールデングローブ賞最優秀男優賞受賞となるのか!?

スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン
2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

物語・・・
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

***********************************

監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.


中江裕司監督『盆唄』ハワイで盆踊り!?震災後の福島に希望の光が差し込む予告編完成


映画情報どっとこむ ralph この度、『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督による最新ドキュメンタリー映画『盆唄』が2019年2月15日(金)より公開となります。

先日の第19回東京フィルメックスにて特別招待作品として上映され、観客へのアンケートで満足度100%を記録した本作!

この度、待望の予告編が完成。

冒頭に東日本大震災から4年経った福島県双葉町の様子が映し出される。避難先で伝統「盆唄」を唄い続けるが「みんなでやってきた双葉の盆踊りが大好きだが、出来ないのは残念…」と、存続の危機を前に悲しみにふける双葉町の人々。しかしそんなある日、ハワイ・マウイ島へ訪れた双葉町の人々を待ち受けていたのは、島に住む大勢の日系人が100年以上前から受け継がれていたフクシマオンドを熱狂的に唄い、踊る姿!その盛り上がりに圧倒されるものの、ハワイとの交流を通して、いつしか双葉町が復活する日を信じ、「盆唄」を受け継いでいこうとする双葉町の人々の強い姿が映し出されていく。

福島、ハワイ、そして富山へと映画が旅をし、さらには余貴美子、柄本明、村上淳など豪華俳優が声の出演をするアニメーションも差し込まれており、従来の形にとらわれない新しいドキュメンタリーとなっている。震災の悲しみを抱えながらも、福島の希望にあふれた予告編が誕生です。


映画情報どっとこむ ralph 映画『盆唄』

2019年2月15日(金)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー!
フォーラム福島、まちポレいわきも同時公開!

www.bitters.co.jp/bon-uta/

ふるさとを離れても、忘れることのない唄。

希望のかなたへ盆唄は響き続ける。

2015年。東日本大震災から4年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」存続の危機にひそかに胸を痛めていた。そんな中、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマオンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。双葉の人々は盆唄を披露すべく、ハワイ・マウイ島へと向かう。自分たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった。やがて故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。

盆踊りとは、移民とは。そして唄とは何かを探し求める200年を超える物語―。双葉の豊かな伝統芸能とハワイのボンダンス・日系文化にまつわる唄や音楽、その背景を『ナビィの恋』の中江裕司監督が3年の歳月をかけ撮りあげた渾身のドキュメンタリーが完成!
***********************************


監督:中江裕司(『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』)
撮影監督:平林聡一郎
編集:宮島竜治・菊池智美

エグゼクティブプロデューサー:岡部憲治
プロデューサー:堀内史子 アソシエイトプロデューサー:岩根愛 

アニメーション:池亜佐美
音楽:田中拓人
音楽プロデューサー:佐々木次彦
製作:テレコムスタッフ 配給:ビターズ・エンド

出演:福島双葉町のみなさん、マウイ太鼓ほか 

声の出演(アニメーション):余貴美子、柄本明、村上淳、和田總宏、桜庭梨那、小柴亮太

日本/2018年/134分/ビスタ  
©2018テレコムスタッフ 


ヘイリー・スタインフェルドが『バンブルビー』のために書き下ろしたエンディングテーマ到着!


映画情報どっとこむ ralph 過去5作の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破し、昨夏には日本でも『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開され大ヒットしたことが記憶に新しい、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズの”はじまり”を描く最新作『バンブルビー』が、2019年3月22日(金)に日本公開いたします!
待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。

作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)で第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。

監督は、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たした。

先頃解禁された予告編では、”ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情に、これまでのシリーズとは異なった新しい展開に、本作への期待が高まっています。

映画情報どっとこむ ralph この度、自身が主演を務める『バンブルビー』のエンディングテーマとして使用される、ヘイリー書き下ろしの新曲「バック・トゥ・ライフ/Back To Life」の配信が開始されました!

ヘイリーにとって自身が出演する映画の楽曲を担当するのは今回が初めての快挙。
トラヴィス・ナイト監督は「音楽は我々の人生の中でも、特に青春時代は大きな部分を占めていて、ヘイリーは、今作の製作過程でインスパイアされたことをテーマにして、楽曲「Back To Life」を描き下ろし!
「Back To Life」は素晴らしい楽曲で、今作の魂を捉えたものだ。ヘイリーが今作で体験したことを通して、楽曲を書いてくれたこと自体が素晴らしい話だし、僕自身もそんな彼女を誇りに思っているよ」と、思春期の少女チャーリーを演じきったヘイリーが本作の為に創り上げた楽曲に太鼓判!
「私があなたを取り戻すから、私があなたをよみがえらせるから」という、劇中でのバンブルビーとチャーリーとの心の繋がりを思わせる歌詞が、映画のクライマックスで響き渡ります!


★日本の為だけの、ヘイリー・スタインフェルド特別コメント映像



自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。

公式サイト:
http://bumblebeemovie.jp/
公式Twitter:
@Bumblebee_JP
***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』、ジョン・シナ、
ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS,
and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


いよいよドラマも最終回!そして映画『PRINCE OF LEGEND』へ!前売り特典は・・・


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット映画『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再び集結し、世に送り出すのは「王子」。
圧倒的なルックスを誇る王子たちが勢揃いし、「伝説の王子」になるべくかつてないバトルを繰り広げる新プロジェクト、その名も「プリンスバトルプロジェクト」が始動!TVドラマ・映画・ゲーム・ライブなど、あらゆるメディアと連動し、すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える【新時代ラブエンタテインメント】として注目を集めています。

そのプロジェクトの柱であるTVドラマ「PRINCE OF LEGEND」は、10月より日本テレビ系で放送中。

本日12月5日、ついにドラマも最終回を迎えますが、その続き、そしてクライマックスが描かれる映画『PRINCE OF LEGEND』は、2019年3月21日(木・祝)に公開となります。

映画情報どっとこむ ralph キャストは連続ドラマから引き続き、GENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー。劇団EXILEより、鈴木伸之・町田啓太。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬・吉野北人・藤原樹・長谷川慎。そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち ら、この作品でしか観ることのできない“圧倒的王子感”を持つ出演者たちが集結しました。

そしてこの度、映画の最新予告映像と最新ポスタービジュアル、さらには劇場前売特典、完成披露イベントの情報が解禁となりました!連続ドラマでは、「14人の王子たちがなぜ伝説の王子の座を目指すことになったのか?」が描かれましたが、映画ではそのクライマックスとなる「伝説の王子選手権」がついに開幕!そして本予告映像では、「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」など、選手権に挑む14人の個性豊かな王子たちが続々登場し、まさに“大渋滞”!!壁ドンやアクションなど、「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす、王子たちの王子たちによるかつてない聖戦(プリンスバトル)が描かれます。

さらに新しく解禁となったポスタービジュアルでは、ティザービジュアル時の爽やかな“14連壁ドン”姿とは打って変わり、それぞれの王子たちの熱き聖戦姿が全面に描かれ、戦いの幕開けにふさわしくインパクトの大きいビジュアルとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 気になる劇場前売特典は「王子が大渋滞!!15連カードセット(選べる4種類)」が12月14日(金)より全国合計5万名様限定で発売!こちらは全種類揃えるとトランプとしても遊ぶことができ、カードをそのまま並べて“渋滞”させてもよし、お気に入りのトランプゲームで“渋滞”させてもよし、様々な方法で王子たちを“大渋滞”させることができる特典になっております。
劇場前売特典 概要
「王子が大渋滞!!15連カードセット(選べる4種類)」※全国合計5万名様限定※
※前売券1枚につき、15連カードセットを1セットプレゼント!
※4種類から1種類お選びいただけます。
※特典はそれぞれ数量限定のため、プレゼント終了の際はご了承ください。
※劇場限定の特典です。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせください。
※前売券販売劇場は、『PRINCE OF LEGEND』公式サイトでご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph さらにさらに、来年2月13日(水)&14日(木)の2日間、横浜アリーナにて、映画の公開に先駆け、『PRINCE OF LEGEND』完成披露上映会&PREMIUM LIVE SHOWの開催が決定!王子14人全員が登壇するほか、本作の主題歌を担当し、各チーム曲をプロデュースしたm-floも参加。特別ゲストとして、作品に出演する片寄涼太、佐野玲於、関口メンディーが所属するGENERATIONS from EXILE TRIBE、同じく今作に出演する川村壱馬、吉野北人がボーカルをつとめるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの参加も決定し、平成最後の記念すべきバレンタインを、王子が、そして超豪華アーティストが、きらびやかに彩ります!!バレンタインも横浜アリーナで王子が大渋滞!!

これまで世の中を席巻した“胸キュン”の時代は終わりを告げ、新時代の幕が開ける。

完成披露イベント 概要
『PRINCE OF LEGEND』完成披露上映会&PREMIUM LIVE SHOW
開催日時:2019年2月13日(水)、14日(木)
開催場所:横浜アリーナ
開催時間:16時30分開場/18時開演 (映画上映+LIVE)
チケット:¥ 8,900(税込・全席指定)
     映画『PRINCE OF LEGEND』前売鑑賞券付き
     ※前売鑑賞券は公演当日ご入場時にお渡しします。
     ※6歳以上有料、6歳未満入場不可
最速抽選先行予約:12月17日(月)朝10時より受付開始。詳細はイベント公式サイトまで。
出演予定:
【Team奏】片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久
【Team京極兄弟】鈴木伸之、川村壱馬
【Team生徒会】佐野玲於、関口メンディー
【Teamネクスト】吉野北人、藤原樹、長谷川慎
【Team先生】町田啓太
【Team3B】清原翔、遠藤史也、こだまたいち
【Team理事長】加藤諒、大和孔太 m-flo
<特別ゲスト>
GENERATIONS from EXILE TRIBE
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
主催:HI-AX
運営・制作協力:ソーゴー東京  
イベント公式サイト:
prince-of-legend-live.jp


映画情報どっとこむ ralph <連続ドラマ> 
2018年10月~12月 日本テレビほかにて全10回放送
★12/5 深夜24:59~ 日本テレビにて最終回放送 ※地区によってOA日時は異なります
Huluなど各種配信サイトにて配信中
ドラマ「PRINCE OF LEGEND」Blu-ray&DVD 【前編】12/24 【後編】来年2/13 発売!


映画『PRINCE OF LEGEND』

2019年3月21日(木・祝)全国東宝系ロードショー!!
公式サイト:prince-of-legend.jp



映画ストーリー
セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」。
この選手権で優勝した者ただ一人だけが、「伝説の王子」として認められる。
そして今、「三代目伝説の王子」の座を巡り、14人の王子たちがここに集結!

「伝説の王子になった人と、お付き合いしようかな―。」

王子たちの憧れの存在である果音のこの一言がきっかけとなり、かつてない王子たちの聖戦(プリンスバトル)の火ぶたが切って落とされる!!
果たして、「伝説の王子」の座を射止める者は誰か―?

***********************************

◆キャスト
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久 【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー 【チームネクスト】吉野北人 藤原 樹 長谷川 慎
【チーム先生】町田啓太 【チーム3B】清原 翔 遠藤史也 こだまたいち
【チーム理事長】加藤 諒 大和孔太   白石 聖
◆監督:守屋健太郎
◆脚本:松田裕子
◆音楽:中野雄太
◆主題歌:Piece of me/m-flo

©2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会