「は行」カテゴリーアーカイブ

『ベトナム映画祭 2018』」始動!クラウドファンディングもスタート!


映画情報どっとこむ ralph 日越外交関係樹立 45 周年記念事業「ベトナム映画祭 2018」 9/1(土)より横浜ほかで開催決定!
ベトナム映画の旧作・最新作を交えて一挙上映!


この度、日越外交関係樹立 45 周年記念し、毎年 秋に開催されている「ベトナムフェスタ in 神奈川」と連携企画として、9/1 より横浜シネマ・ジャック& ベティにて『ベトナム映画祭 2018』を行うこととなりました。

日本とベトナムが外交関係を樹立してから 2018 年の 9 月で 45 年。昨年 3 月に天皇皇后両陛下がベトナム を訪問されたことがニュースになりましたが、経済関係や ODA などでも日本とベトナムの繋がりは著しく 増えており、日本に来るベトナム人の留学生や技能実習生も中国に次いで 2 番目に多くなっています。 映画においても、2015 年に初の日越合作映画として『ベトナムの風に吹かれて』が製作され、今も上映が 続いている他、昨年は日本人が監督したベトナム映画『サイゴン・ボディカード』(落合賢監督)も製作 され、映画を通じた交流も盛んになっています。また昨年には、2015 年にベトナム国内で記録を塗り替え る大ヒットとなったベトナム映画『草原に黄色い花を見つける』が日本でも公開されました。

本映画祭の作品選考には、アジアフォーカス・福岡国際映画祭の第 1 回から第 16 回までディレクターを 勤めた映画評論家の佐藤忠男氏が参加し、ニューヨークを舞台にベトナム人家族の三世代を描いた『ベトナムを懐う』 (2017/グエン・クアン・ズン監督/アルゴ・ピクチャーズ配給)他、ベトナムの最新作のみならず、過去の名作も上映予定です。

また期間中には、ベトナムから監督やプロデューサーを招いたシンポジウムも予定されています。


また、9 月の横浜シネマ・ジャック&ベティだけでなく、新宿ケイズシネマ、名古屋シネマスコーレ、大 阪シネ・ヌーヴォでも、開催が決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 現在、クラウドファンディングサイト「Motion Gallery」にて本映画祭のサポーターを募集しています。

参加頂いた方には映画祭パスポートやゲスト懇親会の参加権など、お得な特典が予定されています。こち ら 7/19(木)23:59 までの募集となっています。

vietnam_ff

2018 年 9 月 1 日より横浜シネマ・ジャック&ベティ他、開催!

主催 ベトナム映画祭 2018 実行委員会

***********************************


ほっぺにピカチュウ! ポケモン映画公開記念SNOWコラボスタンプ


映画情報どっとこむ ralph 昨年大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まった、サトシとピカチュウの新しい冒険。

映画最新作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、1年に1度の“風祭り”で、伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい5人の仲間たちとの壮大な物語となっています。


「ひとりじゃできないことも、キミとなら…」

そんなポケモンと人、人と人との繋がりが描かれた本作は、今までのポケモン映画の枠を超え、さらなる進化を遂げます。今までのポケモン映画ではあまり出会わなかったような、年齢も性別もバラバラの登場人物たちが、どう物語に関わってくるのか!?そして、それぞれの登場人物とポケモンたちの絆とは!?「劇場版ポケットモンスターみんなの物語」は7月13日(金)公開です。


そしてこのたび映画公開を記念して、「ポケモン映画」とARカメラアプリ「SNOW」とのコラボスタンプが登場しました!
可愛らしいモデルさんは半澤楓さん。
Twitter:@kaede_000131

本日リリースされたスタンプは、ピカチュウとイーブイ、そしてモンスターボールをフェイスペイントにできるスタンプです。これらのスタンプは、ユーザーが口を開ける動きに合わせて紙吹雪が舞うので、みんなで集まってスポーツ観戦をするときにも最適!


さらに6月末には第2弾として、ユーザー自身がピカチュウやイーブイに変身できるスタンプが登場。

さらに、7月初めの第3弾では、ユーザー自身がモンスターボールでゲットされてしまうという、おもしろスタンプも登場します。

映画情報どっとこむ ralph 映画公開に先がけて、ポケモンの世界にドップリひたれるSNOWコラボスタンプ。今年のポケモン映画の更なる盛り上がりにご期待ください!!

アプリ「SNOW」ダウンロードURL:
https://bit.ly/2JPiMsK

アプリ「SNOW」とは

全世界で2億6000万人が使用する、ARカメラアプリ「SNOW」。

豊富な顔認識スタンプを使って動物に変身したり、様々なフィルターを使って日常をオシャレに加工できます。また最近は空を自動的に認識して景色を変えられる「空認識」や地面を認識してその上にキャラクターを出現させられる「ARスタンプ」などが登場し、10代だけでなく、あらゆる世代から支持を受ける大人気アプリです。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

2018年7月13日(金)全国ロードショー


幻のポケモン・ゼラオラとどうやら関わりが深そうな謎の少女・ラルゴに芦田愛菜。ポケモン初心者の女子高生・リサに川栄李奈。自分に自信が持てない気弱な研究家・トリトに濱田岳。嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男・カガチに大倉孝二。ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん・ヒスイに野沢雅子。ポケモン映画常連の中川翔子、山寺宏一も参加し、役柄同様、年齢も性別も異なる豪華ゲスト声優陣が集結しました。

ストーリー
ひとりじゃできないことも、キミとなら――。
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。

偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか?そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??

今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

***********************************

特別出演:芦田愛菜 川栄李奈 濱田岳 大倉孝二 野沢雅子・中川翔子 山寺宏一
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 監督:矢嶋哲生 アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦

エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊

脚本:梅原英司、高羽彩
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝 総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴

音響監督:三間雅文
音楽:宮崎慎二
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト


本多おさむ ブリグズビー愛をパラパラ動画に凝縮!『ブリグズビー・ベア』


映画情報どっとこむ ralph 第33回サンダンス映画祭(2017年)でUSドラマ・コンペティション部門に出品、その独創的 なキャラクターと興味深いストーリーで話題をさらい、いまやマスコミ試写でも、モデル・女優 ・評論家・漫画家・映像作家など多岐にわたるジャンルの表現者たちから絶賛の嵐を賜り話題騒 然となっている『ブリグズビー・ベア』(6/23日本公開)の紹介動画を、本作に感銘を受けた お笑い芸人「魂の巾着」の本多おさむさんが緊急制作!

主人公ジェームスのブリグズビー愛を見事にパラパラ動画に凝縮させ可愛らしい作品が完成!



映画情報どっとこむ ralph 本多さんからのコメントは以下のとおり。

本多さん: とにかくジェームスの周りに振り回されないブリグズビーベア愛がすごくてそこで笑ってしまう箇所が何回もありました。 ものづくりをする者としてやっぱり作品の中のキャラを愛してあげることでよりその作品が良くなるんだなあと勉強にもなりました。 ジェームス、ありがとうございます! 粘土のベリグズビーベアに服を着せようと青い布を買ったんですがちゃんと着るタイプの服を作る のがなかなかに難しくタオルケットみたいな掛けるタイプになってしまいました。けど僕の中では逆に可愛らしくなったと思ってます。

動画制作には、約1週間かかったそうですが、最高にかわいいできばえに、ご本人も満足のご様子。「ポスト鉄拳」と呼ばれるその才 能をとくとご覧ください。動画のバックに流れる音楽は、劇中で主人公ジェームスの人生に絶大な影響を与え続ける教育番組「ブリ グズビー・ベア」のオープニングテーマソング「It’s Brigsby Bear (Opening Theme)」。

多くの映画やテレビ番組の作曲を手がける Michael Montesによるもので、SpotifyやAmazon Musicなどで購入できる『ブリグズビー・ベア』サウンドトラックにも収録され ている、どこか懐かしさを覚えるメロディがクセになる名曲です。本作品の製作プロデューサーは『俺たちポップスター』の監督・脚本・本学・主演を務めたコメディユニット[ザ・ロンリー・アイラ ンド]に、『LEGO®ムービー』の監督・脚本コンビ、フィル・ロードとクリストファー・ミラー。

監督・脚本・主演は、デイヴ・マッ カリー(監督/現在の彼女はエマ・ストーン!)、ケヴィン・コステロ(脚本)、コメディアンのカイル・ムーニー(脚本・主演)。

デイヴ、カイルは「サタデー・ナイト・ライブ」で大活躍し、YouTubeでチャンネルが大人気のコメディユニット〈GOOD NEIGHBOR〉 のメンバーでもあります。

映画情報どっとこむ ralph ジェームスを支える強力な役者陣も豪華な顔ぶれ。ジェームスの育ての親テッドに『スター・ウォーズ』シリーズの“ルーク・スカイウ ォーカー”ことマーク・ハミル、カウンセラーのエミリーに海外ドラマ「HOMELAND」でゴールデン・グローブ賞とエミー賞を W 受 賞したクレア・デインズ、『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『テッド』のマット・ウォルシュ、『永遠の僕たち』の ジェーン・アダムス。そして「サタデー・ナイト・ライブ」仲間のベック・ベネット、ニック・ラザフォード、アンディ・サムバーグ などがカメオ出演しているのもファンにとっては大きな見どころとなっている。

オフィシャル HP:www.brigsbybear.jp

物語・・・
大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた̶ ジェームスは、外気から遮断された⼩さなシェルターで、両親と3⼈で暮らす25歳の⻘年。⼦供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベ ア」を⾒て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎⽇を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友⼈や仲の良い両親 と、平和な⽇々がずっと続くのだと思っていた。しかしある⽇、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…。

***********************************


監督:デイヴ・マッカリー
脚本:ケヴィン・コステロ、カイル・ムーニー
製作プロデューサー:フィル・ロード、クリストファー・ミラー(『くもりときどきミートボール』『LEGO®ムービー』ほか)

出演:カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、マット・ウォルシュ、クレア・デインズ 他

2017/アメリカ/カラー/97min/PG12

提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:カルチャヴィル
© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
     


34年の時を経て公開!映画『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』2作品同時公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、長きにわたり上映されることのなかった、映像作家・安田潤司監督の2作品、現在も世界に影響を与え続ける80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録し、新世代のアーティストたちの表現に迫ったドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』(1983年作品)と、東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートと続く活動で東京の演劇シーンを塗り替えた奇才・飴屋法水と劇団メンバーが集結し、飴屋法水による現代アートユニット・テクノクラートのマシンが圧倒的な存在感を放つ映画『ファー・イースト・ベイビーズ』(1993年作品)がデジタルリマスターと再編集を施し、2018年8月18日(土)より、新宿K’s cinemaほか全国順次公開することが決定致しました。併せて一夜限りの先行上映イベントの開催、特報映像を解禁。


先行上映イベントでは各作品上映後にトークショーを開催し、この日に限り映画『ちょっとの雨ならがまん』は8月18日からの本公開時とは異なる、当時のオリジナルバージョンでの上映となります。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ちょっとの雨ならがまん』

G.I.S.M.、GAUZE、THE COMES、THE EXECUTE、町田町蔵……。
世界に影響を与え続ける80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録し、新世代のアーティストたちの表現に迫ったドキュメンタリー・パンク映画。もはや上映不可能と言われ、伝説となった1本のフィルムが公開から34年の時を経て今、新たに蘇る。

1970年代後半の東京ロッカーズ以降、より過激な表現を求めて現れた若者たちによるジャパニーズハードコア・パンク。その中でハードコア四天王と呼ばれたギズム、ガーゼ、カムズ、エクスキュート。パンクバンドINU、FUNAを解散後、人民オリンピックショウとして活動していた町田町蔵(現・町田康)。『狂い咲きサンダーロード』(1980年)、『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)を続けて発表しインディーズ映画界の寵児となった石井聰亙(現・石井岳龍)。名だたるアーティストたちが出演し、音楽シーンのみならず世界に影響を与え続ける80年代の日本のハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したのは映像作家の安田潤司、当時21才。1984年の初公開後、劇場やライブハウスを中心に上映され、延べ50,000人もの観客を動員した。そして1994年を最後に一切の上映をやめビデオ化されることもなく消えた。その後、様々な憶測が飛び交い、上映不可能と言われた伝説のドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』が初公開から34年、未公開シーンを追加し現代に蘇る。
※本作のタイトルはGAUZEの曲『戦場』の歌詞の一節から引用された。

(1983/日本/スタンダード/8mm→HD)
監督:安田潤司
出演:GAUZE、G.I.S.M.、THE EXECUTE 、THE COMES、THE TRASH、CLAY、GASTUNK、町田町蔵、石井聰亙、サヨコ(ZELDA)、佐藤幸雄(すきすきスウィッチ)、マサミ、ほか

映画情報どっとこむ ralph 映画『ファー・イースト・ベイビーズ』

東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートと続く活動で東京の演劇シーンを塗り替えた奇才・飴屋法水と劇団メンバーが集結。ドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』、ハードコアパンクバンド G.I.S.M.の全映像作品や数々のミュージックビデオを監督した安田潤司の長編デビュー作。テクノクラートのマシンが轟音とともに圧倒的な存在感を放つ。

ジャパニーズハードコア・パンクの黎明期を追った『ちょっとの雨ならがまん』の安田潤司監督が次回作の着想を得たのは、演劇界の奇才・飴屋法水をはじめとするアンダーグラウンドシーンを席巻していたアーティストたちとの出会いだった。飴屋法水のアートユニット、テクノクラートのマシンと美術家・三上晴子のオブジェが圧倒的な存在感を放ち、映画史上類をみないかたちで現代アートと映画の融合が実現した。出演に名を連ねるのは、東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートのメンバーである石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介。ハードコア・パンクバンドG.I.S.M.の横山SAKEVI。頭脳警察のパンタと石塚俊明。そして、飴屋法水とテクノクラートのマシン。登場人物全員が本人として登場し、仮想現実と戯れるように物語が紡がれていく。

【STORY】
東京、ウクレレをかき鳴らしながらシャウトし街を闊歩する
ウクレレバンドのガソリン兄弟(タナハシ、ウエノ、サノ)。
瀬戸内海の島で動物や昆虫の研究に没頭しながら静かな生活をおくる青年・ナルトシ。
不気味なマシンが鎮座する施設で生活するアメヤ。
ガソリン兄弟の友人・ワクタの宝物、木彫りの「おばあちゃん」が泥棒に盗まれたことでひと夏の平穏な空気は一変する。
アメヤのマシンが意思を持つ生き物のようにひとりでに動きだし、ガソリン兄弟とワクタは奇妙な幻想に取り憑かれ、ナルトシとの壮絶な争いが勃発する。

(1993/日本/ビスタ/16mm→HD)
出演:石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介、和久田理人、柴崎賀宜、飴屋法水、SAKEVI(G.I.S.M.)、PANTA(頭脳警察)、石塚俊明(頭脳警察)、鈴木源一郎、キース、ショウ、ミズタニモトコ、永福町姉妹、宮崎マサヤ、友谷英孝
監督・編集:安田潤司 脚本:安田潤司、唐原理恵 撮影:諸沢利彦 照明・撮影助手:長井和久 撮影助手:青木正 録音:鈴木昭彦 録音助手:井口奈己 美術・操演・特殊メイク・ケータリング:石毛朗 美術協力・マシン・オペレート:飴屋法水、石川成俊 監督補:西山洋一 制作主任:大坪草次郎

配給:P.P.P.project + silver gelatin

映画情報どっとこむ ralph 先行上映イベントがあります!

映画『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』先行上映イベント

【日時】
7月12日(木)
18:00 受付開始 
18:10 開場 
18:30 上映開始 
22:00 終了予定

【会場】
新文芸坐
東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
池袋駅東口徒歩3分

【上映作品】
映画『ちょっとの雨ならがまん』(約35分)
映画『ファー・イースト・ベイビーズ』(約90分)
※この日に限り『ちょっとの雨ならがまん』はオリジナルバージョンでの上映となります

【トークゲスト】
『ちょっとの雨ならがまん』上映後
ゲスト:大根仁(映像ディレクター)、ISHIYA(DEATH SIDE、FORWARD ボーカル)


『ファー・イースト・ベイビーズ』上映後
ゲスト:調整中

【料金】
自由席:3,000円

【チケット発売】
6月23日(土)AM10:00よりPeatix(ピーティックス)にて発売開始
PeatixイベントページURL(6/19,AM8:00にオープン):
http://pppproject2018.peatix.com

※限定数の販売。劇場窓口での販売はございません。

主催:silver gelatin

映画情報どっとこむ ralph 映画
ちょっとの雨ならがまん
ファー・イースト・ベイビーズ

映画公式HP:
http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/


2018年7月12日(木)池袋・新文芸坐にて先行上映イベント開催

2018年8月18日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

***********************************

© 2018 P.P.P.project


実写映画『ピーターラビット』とんでもウサギ!早くも続編製作が決定


映画情報どっとこむ ralph 発行以来累計2億5000万部のイギリスが生んだ大ベストセラー、初の実写映画化となる『ピーターラビット™』。


アメリカでは1億1524万ドル(約126億7673万円/1ドル110円換算:6月17日現在)、インターナショナルでもお膝元イギリスを筆頭にオーストラリア、フランスなど世界中で大ヒットし全世界興収は347,795,011ドル(約382億5745万円)を上げ、これを受けて早くも続編製作が決定しました。

全米公開は2020年2月を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph また日本でも先月5月18日(金)に日本公開を迎えて同日公開作品の中で興行収入・動員ともにNo.1の成績を上げ、毎週末の前週比対比も常に高ホールドをキープ。ついに公開4週目の先週末で10億円を突破しました。

これは、客層が当初の女性グループから、週を重ねるごとにファミリー、そして男性ファン、ティーンへと広がり、うさぎのピーターと動物嫌いのマグレガーの戦いのエスカレートぶりに「ウサギ版アウトレイジ」「マッドマックス 怒りの湖水地方」「仁義なき戦い 湖水地方死闘篇」などSNS上でのBUZZが話題となっていることも大きく起因しています。

まだまだ“跳び”続けている『ピーターラビット』

大ヒット公開中!

公式サイト:
PeterRabbit-movie.JP 

公式 twitter:
https://twitter.com/PeterRabbit_JP

#ピーターラビット

物語・・・
ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの“恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだが――。

***********************************

監督:ウィル・グラック(『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』)
全米公開日:2月9日
出演:ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』)、ドーナル・グリーソン(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)

声の出演:ジェームズ・コーデン(『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』、「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」司会)、デイジー・リドリー(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『オリエント急行殺人事件』)、マーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』)

本作アンバサダー&日本語吹替版声優(ピーター):千葉雄大