「は行」カテゴリーアーカイブ

アヌシー国際アニメーション映画祭『HUMAN LOST 人間失格』現地レポートが到着!


映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、フランスで開催中の世界最大のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭にて、『HUMAN LOST 人間失格』のスクリーニングイベントが開催され、興奮の渦を巻き起こした現地のレポートが到着いたしました。

6月14日(現地時間)、『HUMAN LOST 人間失格』がアヌシー国際アニメーション映画祭にて世界初上映、大熱狂で迎えられました。上映会場は市街中心にある映画祭のなかで最大の会場であるボンリュー・グラン・サーレ(Bonlieu Grande salle)。さらに映画祭で最も盛り上がる週末・金曜日夜20時30分からスタート!
『HUMAN LOST 人間失格』フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭
アヌシー国際アニメーション映画祭『HUMAN LOST 人間失格』スクリーニング
日時(現地時間):2019年6月14日(金)
開催場所:
フランス・アヌシー市 
ボンリュー・グラン・サーレ(Bonlieu Grande salle)
登壇: 
岩野貢(MAGNET)
尾畑聡明(スロウカーブ)

映画情報どっとこむ ralph 開始前から会場前は長蛇の列となり、多くのファンが世界で初めて目にする本作を心待ちにしました。およそ1000名収容の会場は若者から大人のファンまでぎっしり埋めつくされ、超満員です。そこにゲストである本作のチーフプロデューサー岩野貢(MAGNET)とプロデューサー尾畑聡明(スロウカーブ)がMCに招かれ姿を見せると、割れんばかりの拍手が起きました。

岩野さん:日本のクリエイターやアニメをもっと海外で評価してもらおうと、海外先行上映をしたいと思いました。
『HUMAN LOST 人間失格』フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭 と挨拶すると、観客は喝采で答えます。

尾畑さん:人間失格に通底する“個と社会”というテーマが、今のSNS・インターネット社会において、よりビビッドで無視出来ないテーマだと感じ、それを表現したいと思いました。
『HUMAN LOST 人間失格』フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭 と、企画の意図を説明しました。また見どころとして「木﨑文智が初のフルCGで挑んだアクション。次世代を切り拓いていく企画」を挙げました。

挨拶の最後には、満員の観客をバックにフォトショット。
「HUMAN!」の掛け声に「LOST!」を返すコールアンドリスポンスで、会場は「HUMAN LOST」の歓声で挨拶を終了しました。
『HUMAN LOST 人間失格』フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭
上映中は先の読めない展開、次々に繰り出すアクションに、多くがスクリーンに魅入っていました。遅い時間にも関わらず、席を立つ人も見られません。作品ががっちりと観客の心を掴めたようです。
『HUMAN LOST 人間失格』フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭 上映後の観客の反応も興奮に溢れていました。「アクションシーンの連続に興奮した!」、「テーマが奥深く、終わった後に友だちと話し込んでしまった」といった感想が次々に寄せられました。映像界の最前線を走るCG表現、それにドラマ性たっぷりの両方で、観客は大満足したようです。

映画情報どっとこむ ralph 海外での快進撃はまだまだ続きます。7月5日(金)(現地時間)には、アメリカ最大のアニメ・コンベンションであるロサンゼルスの「AnimeExpo 2019」での北米プレミアムも決定しました。大庭葉藏役の宮野真守、監督・木﨑文智が登壇予定です。フランスからアメリカ、『HUMAN LOST 人間失格』の世界での熱狂はまだまだ広がりそうです。

『HUMAN LOST 人間失格』

2019年 全世界公開


<WEB>
Official Site:
human-lost.jp
Official Twitter:
@HUMANLOST_PR

***********************************


<CAST>
大庭葉藏:宮野真守  ※大庭葉藏のぞうは旧字体が正式表記
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project


製作:レオナルド・ディカプリオ×主演:タロン・エガートン『​フッド:ザ・ビギニング』​​日本公開&邦題決定


映画情報どっとこむ ralph これまでケヴィン・コスナーやラッセル・クロウなど錚々たるハリウッド俳優が主演し実写映画化されてきたロビン・フッド。この度、ハリウッドの第一線で活躍し続ける名優レオナルド・ディカプリオを製作に迎え、『キングスマン』シリーズで一躍人気俳優となったタロン・エガートンが主演に大抜擢され話題となったアクションエンターテイメント『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』が、キノフィルムズ配給にて10月に日本公開することが決定!併せて、日本版特報が解禁となります。
『フッド:ザ・ビギニング』で描かれるロビン・フッドはこれまで描かれてきたストーリーとは異なり、伝説のヒーロー、ロビン・フッドがいかにして生まれたのか?を描く前日譚。表の顔は領主、裏の顔はフードをかぶった盗賊という二つの顔を持ったヒーローが敵も味方も鮮やかに大胆に欺く姿が時代を超えてスタイリッシュに描かれている。

何の苦労も知らずに穏やかに暮らしていた領主のロビン・ロクスリー(タロン・エガートン)は十字軍に召集されて戦地へ。4年後、激戦を生き抜き帰国するも、知らない間に戦死届が出され、領地も財産も没収されていた。領民も恋人も追放されたロビンは、海を渡って潜入してきた敵の狙撃手ジョン(ジェイミー・フォックス)の導きを得て領主に返り咲く。国を思うままに動かそうとする長官と教会内部に入り込む一方、裏では頭巾(フッド)でその顔を隠し、領民らから搾取した金を盗んでは還元するのと同時に教会が抱える秘密に迫っていく。頭巾の男はやがて《フッド》と呼ばれ民心を集めるが、脅威を感じた教会は《フッド》を捕えるために非情な先鋭舞台を送り込む。ロビンと《フッド》はいかにしてこの窮地に立ち向かうのか!?

映画情報どっとこむ ralph このたび、特報映像が日本初上陸!十字軍に従事していた際には敵対していたが、長官や教会の秘密に迫るためバディを組んだロビンとジョンの軽快なやり取りから始まる。表の顔は領主として生きるロビンが、裏の顔でもある盗賊ロビン・フッドを「頭巾でブス隠し」とディスったり、賞金をかけるなど敵も味方も欺き、魅了するロビンの姿は既成概念を鮮やかに裏切る新しいヒーローの誕生とも言える。またロビン・フッドといえば弓矢の名手としても広く知られているが、タロンが演じる今回の《フッド》は的を見ることなく背中越しに命中させるだけでなく、空中を舞い、建物から飛び降りながら矢を射るというアクロバティックなものとなっている。

自身が一躍有名となった『キングスマン』シリーズで魅せたポップなアクションとはまた一味もふた味も違う、正統派ながらもスタイリッシュな肉体アクションが期待できる。

8月公開の主演映画『ロケットマン』で今年のカンヌ国際映画祭を騒がせるなど、今後ますます目が離せないタロン・エガートンの新たな魅力が満載の本作にぜひご期待ください!




映画情報どっとこむ ralph 『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』

公式サイト:
Hood-Movie.JP

10月全国ロードショー!

***********************************

監督:オットー・バサースト

出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックスほか

2018 年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/1 時間 56 分】
配給:キノフィルムズ
映倫区分:G
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


音楽 澤野弘之、音響監督えびなやすのり が登壇 映画『プロメア』大ヒット御礼スペシャルトークショー


映画情報どっとこむ ralph 人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきが構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメントが誕生!他に類をみない規格外の熱さ・スピード・革新的映像表現で観る人の魂を燃やし尽くす映画『プロメア』が大ヒット上映中です!

そしてこの度本作の大ヒットを記念し、川崎チネチッタにて、本作の音楽を担当した澤野弘之、音響監督のえびなやすのりが登壇するスペシャルトークショーが開催されました!

『プロメア』大ヒット御礼スペシャルトークショー
日時:6月15日(土)
会場:川崎チネチッタ 8sc 
登壇:澤野弘之、えびなやすのり

映画情報どっとこむ ralph イベントのチケットが販売開始僅か10分で完売し、劇場のサーバーが一時ダウンするなど熱気溢れるファンによって埋め尽くされた会場に登壇した澤野さんは、完成した作品を初めて観た時の感想を聞かれ

澤野さん:始めにお話頂いた時に見せて頂いた資料の色合いや絵のテイストにすごく惹かれたんですけども、それがどう動くのかすごく楽しみで。映像を観たときに自分が作った音楽も一緒になって、それがより迫力がある形になっていて感動しました。今石監督と:『キルラキル』に続いてご一緒出来たので、すごく光栄でしたね。

とコメント。

えびなさん:ダビングをやって音響的な完成を見ているんですが、その時は20分くらい毎のロールでしか見てないんですね。その後試写会で初めて通しで観たら圧倒されまして。ロール毎で観ても圧倒されるのに、それ以上にまだ圧倒されるのかと。その後劇場にも観に行ったんですが、実はそこで初めてストーリーがちゃんと分かりまして(笑)この作品は音楽も画もすごいけど、話もすごいんだ!と、初めて物語の核心に触れられた感じがしまして。何回か見るとまだまだ発見があるんだなと思いました。

と、制作スタッフでも一度では消化しきれないプロメアの持つ熱量について語りました。

好きなシーンとキャラクターについて聞かれると、

澤野さん:最初にいきなりスタッフロールがバグったように出てくるじゃないですか(笑)それが面白いなぁと。これからどういうものが始まるのかなってワクワクする感じですごく印象に残ってますね。

と語り、キャラクターについては

澤野さん:クレイは印象に残りますね(笑)ガロの元気な感じも好きです。

とコメント。えびなさんはヴァルカンとイグニスの一騎打ちのシーンを挙げ、

えびなさん:自分の名前を言ってるだけですからね(笑)あれは台本に書いてないんですよ。中島さんの方から『ヴァルカンはヴァルヴァルとかヴァルカンって叫ぼう!』って収録中に言われまして。あの一騎打ちはヴァルカン役の楠大典さんのアドリブなんですけど、そしたらイグニス役の小山力也さんも役名を叫んで(笑)制作陣も大笑いして『採用!』ってなったシーンなので印象的ですね。なので好きなキャラクターもヴァルカンです(笑)

とアフレコ時のエピソードを交えながら語りました。

映画情報どっとこむ ralph 次に音楽に関してどのように進めていったのかを聞かれ

澤野さん:「キルラキル」の時に『こうして欲しい!』って言うよりは、エンターテイメントとしてより面白くなるものを求められたんですね。なので今回もアクションや物語のスピードだったりっていう熱量に対して僕も同じくらいの熱量をぶつければいいのかなという解釈で進めていきました。今回歌の曲に力を入れたところがありまして。【Inferno】はmpiさんとBenjaminの2人に歌って貰っているんですが、彼らの熱量も印象に残ってますし、【NEXUS】っていう曲を歌って頂いたLacoさんのエモーショナルな歌い方もより感じられて興奮したのを覚えてます。インストの曲も含めて全体的に楽しくやれましたね。後出来上がった音楽に対する今石監督の反応が面白かったです。1曲聞いて『いいですね~』また2,3曲聞いて『いいですね~』って。それで終わるかなって思ったら『もう1曲聞いていですか?』と聞いて下さって、その反応は嬉しかったです・

とコメント。

えびなさんも【Inferno】に対して

えびなさん:ヘビーローテーションになるんですよね。電車に乗っていても頭の中で曲が駆け巡っていて、今もまだかかってます(笑)

と楽曲の魅力について語りました。


またアフレコ現場で印象に残っているエピソードを聞かれ

えびなさん:中島さんが現場でかなり熱い方で、大声で笑うし、台詞を思いついたらリアルタイムに変えて面白くしていくんですね。一回テストをやってこの台詞はこう変えようっていうやり方で、舞台を作り上げていく感じがして刺激的でしたね。

とコメント。

澤野さん:劇中おじいちゃんがグルグル回る時の「トルゥルルルルルルル」という特徴的な台詞はアドリブだったの?

という質問が飛び出すと、

えびなさん:あれは岩田光央さんのアドリブですね。収録中あの長いトルゥルルルルルルルを全部やったんですよ。その後ガヤの人達もあれを収録させられるという(笑)台本には書いてなかったと思うんですけどね(笑)

とアフレコ時のエピソードを語りました。

司会から62か国での配給が決まったことについて聞かれ

澤野さん:今石監督の世界観とか色合いも独特で、全体通して海外の方にも楽しんで貰えたらいいなと思いますね。

とコメント。更に

「個人的に劇場に観に行った時たまたま海外の方が横にいて、僕の事を知って下さっていたみたいで。スタッフクレジットが出た時に『サワノサ~ン』って言っていてありがたかったです(笑)

という驚きのエピソードも披露した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

えびなさん:こんなに多くの方が愛して下さっている作品に関われて幸せです。

と挨拶。

澤野さん:この作品に携われたことを光栄に思っていたのですが、今回こんなに多くの方にいらして頂いて、改めて作品に携わらせて頂き、幸せに感じております。劇場の近くにタワーレコードもありますので宜しければサントラも是非(笑)

と挨拶し、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

映画『プロメア』

大ヒット公開中

公式HP:
promare-movie.com

公式Twitter:
@promare_movie

***********************************


松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太 佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香

【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき 
監督:今石洋之 
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー
美術監督:久保友孝 
色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり 
タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   


映画『海獣の子供』久石 譲 オフィシャルインタビュー映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃がついに映像化。主演は14歳ながらにして数々の映画・ドラマ・CMにて幅広く活躍する芦田愛菜が務め、石橋陽彩や浦上晟周といったフレッシュな若手から、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子ら実力派キャストが集結。音楽は久石譲が手がけ、米津玄師が自身初の映画主題歌を書き下ろした事でも話題を集めている映画『海獣の子供』が絶賛上映中!
SNSを中心に、圧倒的な映像美とその絵を支える音楽の先で行き着く没入感と浮遊感に、驚嘆と賞嘆が溢れています。

映画情報どっとこむ ralph この度、映画『海獣の子供』の映画音楽を手掛けた、久石 譲のオフィシャルインタビュー映像が到着。

長編アニメーション映画の音楽を手掛けるのは、スタジオジブリ制作の『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』以来6年ぶりとなり、いったい今作ではどのようなチャレンジを仕掛けたのか、インタビューの中で語って頂きました。
映画音楽のセオリーである「音楽を状況に付けるか、心情に付けるか」という事から距離をとって、<従来誰もやっていない映画音楽の方法>で今回の音色を紡いでいったという久石 譲。

さらに、作品については「観る人のイマジネーションをきちんと駆り立てるもので、アンテナを貼っていればこれほど面白い作品はない」とその魅力を語りました。

五十嵐大介が生み出し、STUDIO4℃が色と動きを付け、新たな命を吹き込んだ、映画『海獣の子供』本編で堪能する“音”に是非、ご注目頂きたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』久石 譲 オフィシャルインタビュー映像 



久石 譲 プロフィール

作曲家、指揮者、ピアニスト。国立音楽大学作曲科卒業。在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。
映画『風の谷のナウシカ』以降、『風立ちぬ』まで宮崎駿監督の全作品の音楽を担当。その他、滝田洋二郎監督『おくりびと』、李相日監督『悪人』、高畑勲監督『かぐや姫の物語』、山田洋次監督『家族はつらいよ』シリーズなど国内外の映画音楽を多数手掛け、日本アカデミー賞最優秀賞音楽賞や紫綬褒章受章を含む数々の賞を受賞。
ピアノソロやオーケストラなど様々な演奏活動のほか、近年はクラシックの指揮活動や、世界の最先端の音楽を紹介するコンサート・シリーズ「MUSIC FUTURE」を主宰するなど、活動の場は多岐にわたる。


映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』

絶賛上映中

【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル
ストーリー

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れた生命の物語。

***********************************

【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 田中泯 富司純子
【監督】渡辺 歩 
【音楽】久石譲 
【主題歌】米津玄師「海の幽霊」
【アニメーション制作】STUDIO4℃ 
【配給】東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会


1分で分かるシリーズ第3弾【パタリロ殿下って一体、何者?】 映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「翔んで埼玉」のおかげで原作者・魔夜峰央のことは分かったけれども、劇場版「パタリロ!」のことはまだまだよく分からない…という声がまだまだあるようです。
そこで前回映像解禁されて大好評だった「タマネギ部隊編」「耽美編」に続いて<1分で分かるシリーズ>第3弾として、【パタリロ殿下って一体、何者?】映像が解禁されました!



「この人、何かヘンなんです!誰だキミは!?」という“世間の声”で始まり、パタリロ七変化から、着エロなシーンまで、劇中の名曲「ダンシングナマハゲボーイ」に乗せてアイドル並み(?)のプロモーション・ビデオが展開。

「生きたパタリロ」と呼ばれる加藤諒がドタバタと躍動して、パタリロのハチャメチャなキャクターが堪能できます。

さらに、映像に関連するキャラクター写真も追加で到着しています。しかし特別映像や画像で紹介できるのはほんの一部だけ。やはり“本物”は映画館でこそ楽しめます。公開まであと2週間、パタリロ!パタリロ!パタリロ!で日本中が埋め尽くされる日が近づいてきました!


映画情報どっとこむ ralph 劇場版「パタリロ!」

6月28日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国順次ロードショー!

公式サイト:
https://patalliro-themovie.jp/

パタリロ!
主人公のパタリロを演じるのはもちろん舞台版と同じく加藤諒。「生きたパタリロ」とも呼ばれる存在感を大爆発させ、歌って、踊って、スベって、ドタバタと躍動しています。青木玄徳と佐奈宏紀が演じる、バンコランとマライヒの倒錯した純愛も大きな見所です。またタマネギ部隊の一員として須賀健太が出演している他、哀川翔、西岡德馬、鈴木砂羽、松村雄基、近江谷太朗、木下ほうかといった超豪華俳優陣も大きな話題となっています。

監督は舞台「パタリロ!」の演出も手がけ、俳優・声優・脚本家・演出家・ダンサー・ミュージシャンとマルチに活躍するクリエイターの小林顕作。「舞台を“少しだけ映画寄り”にしてみました」と語り、主要なスタッフ・キャストは舞台版のメンバーがそのまま担当。独特の空気感とぶっ飛んだ面白さは保証書付きです。


***********************************


原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社刊)
監督:小林顕作
監督補:小泉宗仁
脚本:池田テツヒロ
音楽:小林顕作
撮影:伊集守忠
照明:酒井隆英 ■舞台照明:坂本明浩 ■衣装デザイン:朝月真次郎 ■美術:片平圭衣子 ■ヘアメイク:堀川貴世 ■振付:足立夏海 平原慎太郎 ■出演:加藤諒/青木玄徳 佐奈宏紀/細貝圭 金井成大 石田隼 吉本恒生 三津谷亮 小林亮太/ 松村雄基 近江谷太朗 木下ほうか 池田鉄洋/須賀健太 鈴木砂羽/魔夜峰央/西岡德馬/哀川翔 ほか
配給:HIGH BROW CINEMA
©魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019
2019 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/103 分