「は行」カテゴリーアーカイブ

ベイスターズ 宮﨑敏郎選手、山﨑康晃選手 登壇!「FOR REAL-遠い、クライマックス。-」公開初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2017年レギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズを突破し、19年ぶりの日本シリーズ進出 と、躍進を果たした横浜DeNAべイスターズ。目前で日本一を逃した悔しさと、今年こその期待を一身に背負い臨んだ今シーズンでしたが、先発投手陣の不調や、主力選手の負傷など波に乗れない日々が続き、気付けばクライマックスシリーズ進出さえ遠いものとなっていました。その裏側で、選手たちは何に苦悩し、何に怒り、何を思っていたのか。限界まで踏み込んだカメラによる400時間を超える密着映像の中から、苦闘するチームの本当の姿を映し出した渾身の映像作品です。シリーズ史上、最も重苦しく最も息苦しい一台のカメラが捉えた真実の姿。そんな2018年シーズンを振り返る球団公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-遠い、クライマックス。-」が本日12月14日(金)より劇場公開となりました。

そして、公開日でもある本日、横浜ブルク13にて、横浜DeNAベイスターズ宮﨑敏郎選手、山﨑康晃選手が登壇した舞台挨拶イベントが行われました!

映画「FOR REAL-遠い、クライマックス。-」公開初日舞台挨拶
日時:12月14日(金)
場所:横浜ブルク13 
登壇:横浜DeNAベイスターズ宮﨑敏郎選手、山﨑康晃選手

映画情報どっとこむ ralph 12/14(金)の公開初日を迎えた本作品、地元横浜の映画館”横浜ブルク13”には大勢の横浜DeNAベイスターズファンが約400席の劇場を埋め尽くした。

そんな熱気の中、まずはMCの“ハマの鉄道ファン”ダーリンハニー吉川さんが登場、そして球場さながらの登場曲に合わせて、横浜DeNAベイスターズの宮﨑敏郎選手、山﨑康晃選手が登壇すると、待ち望んだファンから大きな手拍子と歓声が上がりました。

それに応えるように
宮﨑選手:映画どうでしたか?

に会場は大拍手!

そして12/12(水)に30歳の誕生日を迎えた宮﨑選手には、観客席からたくさんの拍手「おめでとう!」との声がかかり、

山﨑康選手:タオルもしっかり見えてます!

とファンに挨拶。客席からは大きな拍手が上がった。

そして、2018年シーズンに密着したこの映画については、

宮﨑選手:暗かった。

と一言。

「辛いシーズンを象徴していて、悔しかったですね。」 とコメント。

山﨑康選手:チームとして苦しい状況が続きましたから、僕自身も辛い思い出を振り返って、苦しい気持ちで見ましたね。

とコメント。映画の印象的なシーンでは、

宮﨑選手:見入ってしまって、全部が重たかったですね。

とコメント。 

そして、

山﨑康選手:全体的にシリアスで。苦しいシーンもしっかり映されてましたし。ロペス選手が「ヤスアキ」を撮るな!」と声を荒げるシーンですかね。

とコメント。 

映画情報どっとこむ ralph 続いて、ファンからの質問コーナーも盛り上がり、小学生の男の子からの

なんであんなにホームランを打てるんですか?

という質問に対し、

宮﨑選手:ご飯いっぱい食べてるからかな。

というアドバイスに場内が笑いに包まれ、
山﨑康選手はなんであんなにまっすぐ球が投げられるんですか?

という質問には

山﨑康選手:一生懸命、ピッチング練習をすればまっすぐ良いボールが投げられるようになります。

とコメントし、場内が温かい雰囲気に。

続いて、「休みの日に疲れをとるために何かしていることはありますか?」という質問に対しては、

山﨑康選手:リラックスして自分の好きなことをして過ごします。ドライブに行ったり映画館で映画も観ます。

とコメント。

宮﨑選手:家から一歩も外に出ない。野球のことを考えないですね。考えすぎると次の日に響くので。

とコメント。

選手とファンが一体となった舞台挨拶イベントとなりました。


映画情報どっとこむ ralph FOR REAL-遠い、クライマックス。
本作品は、全国公開中。


公開日:2018 年 12 月 14 日(金)~ ※上映期間・時間は各劇場で異なります


神奈川県(6 か所)横浜ブルク 13、TOHO シネマズ ららぽーと横浜、チネチッタ(川崎)、イオンシネマ港北ニュータウン、横須賀 HUMAX シネマズ、シネプレックス平塚
北海道(1 か所)ユナイテッド・シネマ札幌
東京都(1 か所)新宿バルト 9
千葉県(1 か所)シネプレックス幕張
埼玉県(1 か所)オンシネマ浦和美園
愛知県(1 か所)109 シネマズ名古屋
大阪府(1 か所)梅田ブルク 7
福岡県(1 か所)T・ジョイ博多
※チケット料金は各上映劇場にて異なります。また、舞台挨拶等、特別興業につきましても、劇場 HP 等でご 確認ください



***********************************

監督:辻本和夫(DRAWING AND MANUAL)
ナレーション:井之脇海
エグゼクティブプロデューサー:里見夏生
プロデューサー:唐津宏治(DRAWING AND MANUAL)/秋元誠司
企画:野田尚志/原惇子
構成:前原祥吾
制作:DRAWING AND MANUAL
制作協力:KiGARU inc./ビューキャスト
配給・宣伝:ティ・ジョイ
制作・著作:横浜 DeNA ベイスターズ
©2018 YOKOHAMA DeNA BAYSTARS


実力派俳優、染谷将太が監督した短編映画『ブランク』他を一挙上映!


映画情報どっとこむ ralph 実力派俳優:染谷将太が監督した短編映画『ブランク』『シミラー バット ディファレント』『清澄』を一挙上映!
2019年2月16日(土)〜22(金)渋谷 ユーロスペースにて1週間限定公開決定!

また、上映期間は、ゲストによるトークイベントも予定。詳細は劇場HPなどで順次アップ予定。

YCAM Film Factory は、既存の映画制作にとらわれない自由な発想を持つ映画監督と協働し、より自由な映画制作のあり方を模索するプロジェクト。

これまでに、柴田剛監督による長編映画『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』(16)、映画制作集団・空族の最新作『バンコクナイツ』を元に、マルチスクリーン・インスタレーションとして制作した、空族+スタジオ石+YCAM『潜行一千里』(YCAM委嘱作品/16)などを発表している。

俳優の染谷将太を監督に迎えた作品『ブランク』は、山口を舞台に、ある施設の警備員の不可思議な一日をめぐる、虚構と現実が交差した奇妙な短編映画。主演は、山下敦弘監督『ばかのハコ船』(03)で俳優デビュー以降、ユーモアと狂気を併せ持つ異形のバイプレーヤーとして活躍を続ける山本剛史。脚本は、俳優であり染谷監督の妻である菊地凛子が担当している。また『シミラー バット ディファレント』、『清澄』に続き、染谷監督たっての要望で、16ミリフィルムで撮影された。

劇中音楽も前2作に引き続き、ミュージシャンの渡邊琢磨が担当している。



染谷将太さん:ワタクシの最新短編作となりました『ブランク』。この空白だらけの映画に、感情を芽生えさせるのはこの映画をみて頂く皆様です。どんな形にもなるよう心を込めて空白だらけにしました。ぜひこの作品に心を灯してください。そして今回過去2作の作品も同時上映されます。これら2作は完全自主制作、つまり私の貯金を切り崩し作った作品になります。誰にも求められていないのに勝手に作り勝手に見せつける、究極な贅沢なモノ作りをさせていただきました。自分の存在、他との関係、時間と自分の関係、普段無意識に意識しているであろう感情や温度感をフィルムに閉じ込めました。このワタシの1連のワガママにお付き合いください。

映画情報どっとこむ ralph 2019年2月16日(土)〜22(金)渋谷 ユーロスペースにて1週間限定公開決定!

『ブランク』
出演:山本剛史、染谷将太/監督:染谷将太/脚本:菊地凛子/音楽:渡邊琢磨
プロデューサー:金林剛、杉原永純(YCAM)/監督補:菊地健雄/撮影:佐々木靖之/照明:高原文江(YCAM)/録音・整音:西條博介/編集・合成:横山昌吾/製作:山口情報芸術センター[YCAM]/配給:ミックスヴォックス
YCAM Film Factory vol.3
主催 : 山口市、公益財団法人山口市文化振興財団 後援 : 山口市教育委員会 助成:平成28年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業 共同開発:YCAM InterLab 企画制作 : 山口情報芸術センター[YCAM]
2017年/26分/カラー/Stereo
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]


『シミラー バット ディファレント』
【あらすじ】
とある女と男。車の中、部屋の中と、同じ時間と空間を共有するふたりは、ある朝にそれぞれの道へと歩いていく。お互いに旧友と再会するも、もの憂げな表情を浮かべる女と、どこか心ここに在らずといった男…。
出演:平野鈴、染谷将太、bim、岡本英之
脚本:染谷将太、瀬田なつき、撮影:佐々木靖之、音楽:渡邊琢磨、プロデューサー:金林剛
監督:染谷将太
(2013年/25分/16mm)
©MIXVOXXXX


『清澄』
【あらすじ】
東京の東側に位置する川沿い地区。ある中年の男と若者。取り留めない会話。存在と時間は虚構と現実の狭間でゆるやかにブレながら、やがて歪みと共に消失する。青く澄みきった空の下、隅田川は、きょうも静かに流れゆく。漂流する男たちによって繰り広げられる短編ファンタジー。
出演:川瀬陽太、染谷将太、撮影:佐々木靖之、監督補:菊地健雄、編集:横山昌吾、録音:髙田伸也、音楽:渡邊琢磨、プロデューサー:金林剛
監督・脚本:染谷将太
(2015年/10分/16mm)
©MIXVOXXXX

***********************************


ジオウメンバーが平成仮面ライダーを一挙に振り返る「平成仮面ライダー20作 補完計画」始動!!


映画情報どっとこむ ralph KDDIの全キャリア対応可能な映像配信サービス「ビデオパス」では、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の全国ロードショーを記念して、“平成仮面ライダー振り返り大作戦!”と題して、未公開シーンなどを追加した平成仮面ライダー 劇場版18作品のディレクターズカット版を配信の他、 12月14日(金)12時より、平成最後の仮面ライダー「仮面ライダージオウ」の出演キャストが平成仮面ライダー20作品を一挙に紹介するスペシャル映像「平成仮面ライダー20作 補完計画」を、独占無料配信。
また、スペシャル映像の配信に先駆けて、同映像の予告動画を12月14日(金)8時より、YouTubeでご覧いただけます。


  「平成仮面ライダー20作 補完計画」は、「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系毎週日曜午前9:00~)の常磐ソウゴ(奥野壮)、明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)の4名が、平成仮面ライダー20作品を振り返るスペシャル映像です。平成仮面ライダーの印象や変身シーンなどを、平成仮面ライダーの映像とともに紹介します。
 
2001年公開の「仮面ライダーアギト PROJECT G4」から2012年公開の「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム」まで18作品の“ディレクターズカット版”は、公開時に惜しくもカットされた未公開シーンやアクションシーンを追加・再編集した貴重な作品です。この度は、初配信の10作品を含む18作品がラインアップ。劇場では観られないライダー達の勇姿を振り返り、劇場版をより楽しんでいただけます。

期間: 12月14日(火) 12:00~ 1月31日(木) 23:59
対象: ビデオパスのアプリをダウンロードいただいた方ならどなたでも視聴可能
URL: http://kddi-l.jp/t4R

「仮面ライダークウガ」から「仮面ライダージオウ」までの20作品を、「仮面ライダージオウ」の常磐ソウゴ(奥野壮)、明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)の4名が、平成仮面ライダーの特徴とともに紹介します。


映画情報どっとこむ ralph 「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」のご紹介

毎年冬の恒例映画として人気を博してきた「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ(2009年~2015年)。2016年からは「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」とタイトルを改め、その人気を不動のものとした本シリーズの最新作にして平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開されます。


【ストーリー】
仮面ライダーを愛してくれたあなたへ
常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。
強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」
彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?
謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――
あなたの記憶に、彼らは生きているか。

■公開日
12月22日(土) ROADSHOW 
http://www.movie-taisen.com/



***********************************

出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
   


相棒と巡り会い、二人の運命が動き出す『バンブルビー』日本版ポスター & 日本版新予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph ドジだけどやさしいバンブルビーと孤独な少女チャーリーの強い絆を感じさせる、『バンブルビー』日本版ポスターおよび日本版新予告が解禁に!

このほど完成した日本版ポスターは、「何があっても あなたを守る。」のコピーとともに、迫り来る危機に身構えるかのような少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)と、大きな体を投げ出してチャーリーを守り抜こうとするバンブルビーの姿が描かれます。トラヴィス・ナイト監督が「少女の複雑な心情を、時にはコミカルに、時には感情的に捉えようと思っていた。一方、バンブルビーは今作で男性的な部分を描き、主人公の少女チャーリーとバンブルビーで、1枚のコインの裏表の役割をはたしているんだ」と語る”最高の相棒”としての関係性が鮮やかに映し出されています。

合わせて解禁となる新予告では、数奇な出会いから2人が心を通わせていく様子や、バンブルビーがトランスフォームしながら決死の覚悟でチャーリーを守り抜く様子が描かれ、バンブルビーを抱きしめ「ずっと一緒にいる」と呟くチャーリーの姿に思わず胸が熱くなる。強い絆で結ばれた二人の物語への期待が膨らむ仕上がりです!



映画情報どっとこむ ralph 待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)で第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。監督は、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たし、これまでのシリーズとは異なった新しい展開を予感させる本作に期待が集まっています。

『バンブルビー』

公式サイト:
bumblebeemovie.jp/

公式twitter:
@Bumblebee_JP 


<STORY>
1987年、海辺の田舎町。父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、車が突如、変形≪トランスフォーム≫してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。チャーリーは記憶と声を失い
”何か”に怯える黄色い生命体に、「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。思いがけない友情が芽生えるのだが、しかく、予想もしない運命が待ち受けているのだった――

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee 
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


豪華!吉田羊が花束ゲスト『バーニング 劇場版』イ・チャンドン監督来日記者会見 


吉田羊 花束ゲスト『バーニング 劇場版』イ・チャンドン監督来日記者会見 

映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭・ヴェネチア国際映画祭などで高く評価されるイ・チャンドン監督が、世界的ベストセラー作家・村上春樹の小説「納屋を焼く」を原作にした韓国映画『バーニング 劇場版』のPRのために来日。ペニンシュラ東京で来日記者会見を行いました。

さらに韓国映画ファンで、村上春樹原作の映画『ハナレイ・ベイ』に主演した女優の吉田羊が花束ゲストとして登場しました。

『バーニング 劇場版』イ・チャンドン監督来日記者会見
日程:12 月 12 日(水)
会場:ザ・ペニンシュラ東京 3F ザ・ギンザボールルーム
登壇:イ・チャンドン監督、吉田羊

映画情報どっとこむ ralph 巨匠イ・チャンドン監督の約 8 年ぶりの新作は、小説家を目指しアルバイトを転々として生きる主人公ジョンスが、幼馴染のヘミから正体不明の男ベンを紹介されたことによって巻き起こるミステリー。村上春樹の「納屋を焼く」の設定を借りつつ、大胆なアレンジを施して映画化した。

8 年ぶりの新作で、3 年ぶりに来日したチャンドン監督は

チャンドン監督:このように来日会見ができて嬉しい反面、緊張しています。

とコメント。本作製作の意図を聞かれると

チャンドン監督:最近の映画はシンプルな作りが多く、観客もそれを求めて慣れているような気がします。

と映画作家としての持論を述べて

チャンドン監督:しかし私は今作で、その流行に逆行したいと思いました。この映画を通して観客に対して、生きるとは何か?世界とは何か?を問いかけたかった。観客にはこの映画を通して新しい経験をしてもらい、世界のミステリーを感じてほしかった。

と新たな映画体験を予告した。



韓国では 1990 年代から“新たな文学”として村上春樹の作品が受け入れられているそうで

チャンドン監督:韓国では“ハルキ”と呼ばれており、それは愛称を超えて現象になっています。ハルキ文学は洗礼された人生、クールな人生を象徴するもの。今までの文学とは違う新たな文学。

とリスペクトしきり。その魅力については

チャンドン監督:表向きは洗礼されて自由な世界を描いているけれど、複雑になった世界に対するための必然的な文学という側面もある。今回の作品は、村上春樹さんが短編小説で描いた世界を、映画的に置き換えたつもり。

と話した。


映画情報どっとこむ ralph そんな中、チャンドン監督の 2002 年の映画『オアシス』の大ファンという吉田さんが、花束を持って登場。

吉田さん:昨夜は興奮で眠れませんでした!

と巨匠との初対面に恐縮も

吉田さん:私は『オアシス』が大好きで、観るたびに色々な感情をくれて、新鮮に楽しませてくれる。

と作品愛を告白。

『ハナレイ・ベイ』を鑑賞したチャンドン監督からは

チャンドン監督:映画での姿を拝見し、吉田さんの感情の深みや振れ幅にハマりました。素晴らしい女優さんで色々な姿を持っていると思うので、どんな性格の役柄でも消化できる感性をお持ちだと思う。

との返礼があり、

吉田さん:身に余る光栄です!

と肩をすぼめていた。


『バーニング 劇場版』について

吉田さん:スリリングで、ミステリアスで、見えない糸が終始張り詰めているような緊張感を楽しみながら拝見しました。

と感想を述べ

吉田さん:大胆な解釈が施されていますが、これが村上春樹さんにとっての正解なのではないか?という説得力があった。それは監督の演出力と俳優陣の生々しい芝居のたまもの。

と大絶賛。

チャンドン監督:私が現場で演出する姿をみたらガッカリするかも。なぜなら特別な演出を施しているわけではないからです。俳優をキャラクターに当てはめるのではなく、シナリオの中の人物を現実から探してくるというスタイルなので、俳優と話はするけれど、現場では俳優さんにお任せが多い。

と自らの意外な映画術を打ち明けると、

吉田さん:今の話を聞くと怖い!俳優自身に力がないとあのような形にはならないんだ…。

と驚いていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

吉田さん:ミステリアスな作品で、原作の世界観はそのままにチャンドン監督の大胆なアレンジによって、村上春樹ファンはもとより、映画ファンすべてに楽しんでもらえる。

と PR。

チャンドン監督:村上春樹さんの原作の世界を受け継ぎながら、映画的に拡大したのが『バーニング 劇場版』です。観客に新鮮な経験をしてほしいと願って作ったので、ぜひ映画館で体感してほしい。

と願いを込めた。


バーニング 劇場版

2019年2月1日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー


物語・・・
小説家を目指しながら、バイトで生計を立てるジョンス(ユ・アイン)は、偶然幼馴染のヘミ(チ ョン・ジョンソ)と出会う。ヘミからアフリカ旅行へ行く間、飼っている猫の世話を頼まれるジョンス。旅行から 戻ったヘミはアフリカで出会ったという謎の男ベン(スティーブン・ユァン)を紹介する。ある日、ベンはヘミと 共にジョンスの家を訪れ、自分の秘密を打ち明ける。“僕は 時々ビニールハウスを燃やしています”―。そこから、 ジョンスは恐ろしい予感を感じずにはいられなくなるのだった・・・。

***********************************

監督:イ・チャンドン『シークレット・サンシャイン』
原作:村上春樹「蛍・納屋を焼く・その他の短編」(新潮文庫)

出演:ユ・アイン『ベテラン』 スティーブン・ユァン「ウォーキング・デッド」シリーズ チョン・ジョンソ
2018 年/韓国/カラー/148 分
国際共同制作 NHK
配給:ツイン
©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved