「は行」カテゴリーアーカイブ

トム・クルーズのガチアクション大炸裂の『バリー・シール/アメリカをはめた男』特別映像到着!!


映画情報どっとこむ ralph 1970年代、大手航空会社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAからスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築き全米中に衝撃を与えた実在の人物=バリー・シールの激動に満ちた人生を描き出す映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』。
この度、バリー・シール演じるトム・クルーズが、劇中で一番危険といわれた”住宅地に飛行機を不時着陸させる”シーンに身体を張って挑むメイキング映像が収められた特別映像が到着いたしました!!!


今回解禁された映像で映し出されているのは、劇中で最も危険な撮影だったとダグ・リーマン監督が断言する住宅地に飛行機が着陸するシーンで、天才的な操縦スキルを持ったバリー・シール演じるトム・クルーズがスタント無しの飛行機アクションに挑む姿!

不時着陸後、庭の障害物にぶつかりながら暴走し続ける飛行機を、大きな揺れに耐えながらも必死で操縦し、見事怪我なく最後まで演じ切ったトム!リアリティ溢れた危険な撮影に、トムの演技を本当のピンチだと勘違いした

スタッフ:君がマズいというから心配したよ!

と興奮し、

トム:ごめん、演技だった

と笑いながら返す一面も!危険の伴う過酷な撮影であったと同時に、撮影チームからのトムの信頼度の高さが窺える映像となっております。

映画情報どっとこむ ralph これまでの作品でもスタントを使わず自らアクションをこなそうと心がけてきたトムは

トム:主人公の破天荒さを表すために、体当たりで挑んだ。ブレーキをかけても止まらないから焦ったよ!バリーの”精神”を演技に取り入れようと努めたんだ。

と、撮影を振り返ってコメント。

一方、本作の監督を務め、トムとのタッグが本作で2度目となるダグ・リーマンは、トムのストイックな姿勢に感銘を受けたようで

監督:トムは本作での飛行シーンをすべて自分でこなしている。コロンビアへの飛行も実際に行ったんだよ。小型機だから『コロンビアまで操縦したからといって別に大したことはないだろう』と思う人もいるかもしれないが、これこそバリーが実際にやっていたことなんだ。機体の小さな飛行機で10時間飛行する。バリーは予備の燃料を積んでいたが、トムは途中で給油のために何度か離着陸を繰り返していたよ。
僕はトムに同行せず、デルタ航空で移動したけどね(笑)

と、称賛のコメントを寄せています!

天才的操縦スキルで、CIA、麻薬王、ホワイトハウスを手玉に荒稼ぎした実在の男バリー・シールの奇想天外な人生が描かれるストーリーはもちろんのこと、そのバリーと”飛行機操縦に情熱を注ぐ”という点で共通点を持ったふたりがこだわりにこだわったスタント無しのぶっ飛び飛行シーンにも是非ご期待ください!!!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていた
バリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。
CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。

しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

公式サイト:
http://barry-seal.jp/

公式Facebook:
@BarrySeal.jp/

公式Twitter:
@BarrySealJP

***********************************

監督:ダグ・リーマン 『ボーン・アイデンティティー』、『Mr.&Mrs.スミス』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
キャスト:トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト・オルセンほか
全米公開:9月29日
原題:BARRY SEAL
配給:東宝東和
© Universal Pictures


佐津川愛美 阿部純子 新写真、解禁!「ポンチョに夜明けの風はらませて」


映画情報どっとこむ ralph 「あの頃」を忘れてしまった大人たちへ贈る、青春覚醒ロードムービー!

高校卒業まであとわずか… 変われよ、俺!新鋭・廣原暁監督が大胆に映画化した『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より公開となります。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生、又八、ジン、ジャンボの3人。彼らの行くあてもない“高校最後の旅”を描く青春ロードムービーです。廣原監督のもとに太賀、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太、佐津川愛美、阿部純子ら若手実力派俳優が集結。

この度、「悪魔のようなグラビアアイドル」と「天使のような風俗嬢」を演じた2人の新写真が解禁。

グラビアアイドルでありながら、本当はデスメタルバンドとしてCDデビューを果たしたい愛(佐津川愛美)。

ワケありでイヤイヤ風俗嬢として生きているマリア(阿部純子)。

「人生は思うようにいかない」という現実を知っている、男子高生3人よりも少しだけ大人の彼女たちは、夜明けの海辺で何を思うのか?

映画情報どっとこむ ralph ポンチョに夜明けの風はらませて

10月28日(土)新宿武蔵野館他にて全国ロードショー

大学受験に失敗したジン(中村蒼)を励ますため、ムリヤリあてのないドライブに出かけた又八(太賀)、ジャンボ(矢本悠馬)の3人。底抜けのお調子者・イケメンなのにネガティブ・優しいけれど超マイペースと、どう考えてもモテない3人の旅の道連れとなるのは、最凶グラビアアイドル・愛と、ナースのコスプレで風俗嬢として働くマリアの2人。暴力的で口が悪く、ヘビースモーカー。ジャンボの父の愛車・セルシオが廃車寸前になる元凶となる愛を演じるのは、確かな演技力で『ヒメアノ〜ル』(2016年)、『貞子VS伽倻子』(2016)、『ユリゴコロ』(2017年)など、出演作が相次ぐ佐津川愛美。あるコンプレックスを相談するためやってきたジャンボの悩みを解決しようとするものの、店長に怒られ店を逃げ出すことになる心優しいマリアには、河瀬直美監督『2つ目の窓』(2014年)でサハリン国際映画祭主演女優賞、高崎国際映画祭最優秀新人賞を獲得し注目を浴びた新進女優、阿部純子。さえない毎日を送ってきた“ズッコケ3人組”の高校最後の旅に、刺激と華を添えます。

物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。


***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美

原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊) 監督:廣原暁 脚本:大浦光太 廣原暁

主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)

配給・宣伝:ショウゲート
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会


佐藤健・土屋太鳳の生声メッセージが電話で(有料)『8年越しの花嫁 奇跡の実話』キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎。
「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。

本日10月23日(月)より、本作W主演の佐藤健・土屋太鳳の生声メッセージが電話で聞けるスペシャルなキャンペーン「ハチハナコールキャンペーン」がスタートしました!

映画情報どっとこむ ralph 本キャンペーンは、Twitterと連動しているキャンペーンです。

先ずは「8年越しの花嫁」公式Twitterアカウント(@8nengoshi)をフォローしたうえで、すでに試写会などで本作を鑑賞した方は「#ハチハナみた」のハッシュタグをつけて感想コメントを、本作を早く観たい!待ちきれない!公開が楽しみ!という方は「#ハチハナみたい」のハッシュタグをつけて期待コメントをツイートすると、佐藤健・土屋太鳳の生声メッセージが聞ける秘密の電話番号がTwitter上で送られてくる仕組み。


★本作公開前後で変わるメッセージ内容!
本日10月23日(月)から全国公開前日の12月15日(金)までは、佐藤と土屋それぞれのメッセージがランダムで展開。自分にだけ話しかけてくれているような内容や、“ここだけの実話”エピソードなども聞けるかも?ぜひ2度3度とお試しを!だそうです。

そして全国公開日の12月16日(土)からは、それまでは展開されない、さらにスペシャルなメッセージが登場!佐藤と土屋の、素のようすも垣間見れるメッセージにもご期待ください。

<通話料・注意事項に関して>
・通話料は発信者の負担となります。携帯電話からご利用の場合は、20秒ごとに10円でご利用頂けます。
・通話料やキャンペーン詳細につきましては、こちらのページをご参照ください(http://8nengoshi.jp/news/phone/)

映画情報どっとこむ ralph
8年越しの花嫁 奇跡の実話

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back numberが主題歌を担当。これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。

***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治
※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会
       


『羊の木』吉田大八監督、初参加の釜山国際映画祭で快挙!!キム・ジソク賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』で人間の光と闇を描き続ける俊英・吉田大八監督の最新映画『羊の木』(2018年2月3日(土)公開)が10韓国・釜山で開催していた第22回釜山国際映画祭にて本年度より新設されたキム・ジソク賞を受賞しました。

キム・ジソク賞は、アジア映画の窓部門に選ばれた56作品の中から10タイトルがノミネートされ、その10作品から2作品が選出。

10月21日(土)に行われたクロージングセレモニーと授賞式に吉田大八監督が出席しました。

5000人の観客が見守る中、授賞者が発表されると大きな歓声が沸き起こりました。吉田監督はトロフィーを受取り、

吉田監督:僕は今年初めてこの映画祭に来たので、残念ながらキム・ジソク氏とは会ったことも、もちろん直接お話したこともありません。しかし、彼を知る人たちからの話や、この素晴らしい映画祭の盛り上がりを通じて確かに彼を感じることができます。この賞、そしてこの映画祭に関わる全ての皆さんに感謝します。

と英語でスピーチ。最後には

吉田監督:カムサハムニダ!

と韓国語で挨拶しました。

受賞後のインタビューで

吉田監督:釜山国際映画祭には始めてきましたが、最初の機会でこんな大きな賞を頂き、本当にラッキーだなと思っています。しばらくは『羊の木』の公開に向けて、宣伝活動を頑張って行きたいと考えていますが、この2年間くらい映画二本と舞台をやって忙しかったので、しばらくちょっと充電しながら次やる事をゆっくり考えたいと思っています。せっかくこんな大きな賞を頂いたので、この賞の第一回受賞者に恥じないような映画をこれからも作っていきたいと思います。

と語っていました。

映画情報どっとこむ ralph 審査員さんからは・・

トニー・レインズさん:とにかく素晴らしい映画だった!

ダーシー・パケットさん:キャラクターが魅力的で、導入から一気に引き込まれた。人間の闇とそうでないものが、日常の中でよく描かれ、またバランスがとても良い。テーマも興味深く、それを語るストーリーテリングも良かった。

とのコメント。

今回の受賞の理由は:

今年の多くのジソク賞候補作品が、日常の中の社会的相互作用の表面、そしてその下に置かれた暴力性をあつかっていますが、「羊の木」には特別な美妙感と独創性が目立ちました。この映画は、もっともらしく見えるが実際には不条理な社会的実験を自ら行っている平和に見える漁村を切り取り、効果的な演出で描いていきます。「羊の木」は俳優たちの素晴らしい演技、良く練られた脚本、そしてたちまち観客を映画に引き込む力が目を引く作品です。

だそうです。

【キム・ジソク賞とは】

釜山国際映画祭(BIFF)のプログラムディレクターを務めた故キム・ジソク氏は、映画祭創設者として、20年以上もの間、若いアジア映画制作者たちに貢献し、釜山国際映画祭を最も素晴らしい映画祭の一つに育て上げた。彼の精神を引き継ぎ、映画祭がアジア映画のハブとしてあるべくアイデンティティを忘れないことを目的として新設された。

アジア映画を発見し激励することを目的とし、その年の最も才能あるアジア映画制作者を紹介する“アジア映画の窓”の部門で上映された56作品の中から選ばれる。“アジア映画の窓”の中からふさわしい10のワールドプレミア作品がノミネート作品として選ばれ、審査員によって二作品が最初の“キム・ジソク賞”として選ばれる。なお、“アジアの窓”部門で上映された日本映画は本作のほかに『散歩する侵略者』『アウトレイジ最終章』『無限の住人』『光』『彼女がその名を知らない鳥たち』『あゝ、荒野』などがある。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所職員・月末(つきすえ)は彼らの受け入れを命じられた。 受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」

犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。

そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める―。

http://hitsujinoki-movie.com/

***********************************

監督:吉田大八『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』

出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平

脚本:香川まさひと『クヒオ大佐』

原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」

配給:アスミック・エース
© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社


大東駿介、渡部秀、吉沢悠ら登壇「BRAVE STORM ブレイブストーム」公開記念舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドと日本のコラボレーションで魅せる最新特撮の世界!

シルバー仮面xレッドバロン「BRAVE STORM ブレイブストーム」公開記念舞台挨拶実施!!

この度、11月10日に劇場公開が決定している映画『ブレイブストーム』の舞台挨拶が、公開2日目の11月11日(土)にTOHOシネマズ上野で実施されることが決定し、舞台挨拶への豪華登壇者が決定しました。
当日の舞台を華やかに彩るのは、本作のW主演、大東駿介、渡部秀そして、壇蜜といった豪華キャストが集結いたします。更に、本作でメガホンをとった岡部淳也監督がキャストとともに華を添えます。

映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶
日程:11月11日(土)
登壇:
大東駿介、渡部秀、山本千尋、タモト清嵐、春日光一、壇蜜、松崎悠希、吉沢悠、岡部淳也(監督)
*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

舞台挨拶実施劇場:TOHOシネマズ上野

1回目:9:20の回 ※上映後舞台挨拶
上映: 9:20~10:50 / 登壇:10:50~11:15

2回目:11:50の回 ※上映前舞台挨拶
登壇:11:50~12:20 / 上映:12:20~

チケット販売情報
10/21(土)販売中 詳しくはこちら
https://www.tohotheater.jp/

映画情報どっとこむ ralph 2050年、地球人類は滅亡していた。―極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を地球侵略開始前に抹殺することを計画。

奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。

過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無くレッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。

エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

公式サイト:
www.bravestorm.jp

***********************************

出演:大東駿介 渡部秀/山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富/泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠

プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一
原作:宣弘社
脚本協力:北村龍平
VFXプロデューサー:桑原 崇
VFXディレクター:子安 肇
特殊造形:高橋勇也
製作:株式会社ブラスト
配給:プレシディオ
上映時間:81分
©albatross japan