「は行」カテゴリーアーカイブ

池袋シネマ・ロサが原点回帰企画「the face」初回は俳優・品田誠 特集!


映画情報どっとこむ ralph 入江悠監督や冨永昌敬監督ら、これまで数々の映画監督を輩出してきた池袋シネマ・ロサが原点回帰し、この春から、注目の若手監督を後押しする上映企画。

この度、また新たな角度で“若手俳優”に着目した企画を立ち上げることになりました。

若手俳優にスポットをあてる「the face」です。


潜在的魅力を秘めた若手俳優を毎回1人厳選して、映画のフィールドでどんな足跡を残してきたのか、スクリーンで振り返り、今後の活躍に思いを馳せます。

記念すべく第1回は、26歳の俳優・品田誠さん。

7.28(土)~8.3(金)、1週間限定レイトショーとなります。

映画情報どっとこむ ralph 記念すべき第1回目に選ばれたのは、俳優「品田誠」。 主演した短編映画「Lemon&Letter」(梅木佳子監督)では、ミラノ国際フィルムメーカー映画祭、ベルリン国際フィルムメーカー映画祭で最優秀主演男優賞(外国語映画部門)を受賞した、新進気鋭の若手映画俳優です。東京国際映画祭で注目を集めた「飢えたライオン」(緒方貴臣監督)など話題作の公開も控えています。

自身で監督としても短編を発表し、出身地の北海道で「品田誠映画祭」が開かれるなど、自主映画界ではひときわ注目を集めています。
今回は、彼の主演作品を中心に、自らが監督を務めた作品も合わせて、全12作品を、連日日替わりで上映します。


■ 「役者割」実施します
劇団、TV、CM…1度でも役者の経験がある方は劇場窓口で、自己申告すれば、一般料金から400円引きの1,100円でご鑑賞いただけます。
[鑑賞料金]一般1,500円(リピーター割1,200円)/役者割1,100円/学割1,000円

■ 品田誠さんからのコメントです。
「どうすれば何も持たず、経験もない20歳の男が俳優になれるだろう?」
そんな問いを抱え、僕は5年半前に北海道から身一つで上京してきました。
スカウトされたわけでもない、踏みならされた道はありませんでしたが、演技の深淵を覗きたくて、ひたすらもがきつづけたこれまでの作品達です。役者、演技の力を考える1週間にもできればと思います。
1本でも1人でも多くの方に届くことを願います。劇場でお会いしましょう。

■公式twitter
@thefacecinema

■主な上映作品

【7/28(土)】※初日
『Lemon & Letter』(梅木佳子監督)
出演:品田誠/氏原恭子/伊藤敬行/木内晶子

『ただ・いま』(辻秋之監督)
出演:アベラヒデノブ/品田誠/橋本到里/新田佑梨

【7/29(日)】※品田誠監督作品デー
『不感症になっていくこれからの僕らについて』
出演:池田大/紗都希/福永マリカ/細川岳

『ノンフィクション』
出演:品田誠/市場紗蓮/芦原健介/田中一平

『Dear』
出演:洪潤梨(現・秋乃ゆに)/Makoto

【8/1(水)】※短編作品デー
『太宰橋』(今尾偲監督)
出演:黒柳友里/品田誠/紀那きりこ/小野孝弘

『おもひでレストラン』(細井尊人監督)
出演:草野とおる/品田誠/嘉悦恵都/沖正人

『桃の缶詰』(川上信也監督)
出演:/辻千恵/品田誠

【8/3(金)】※最終日
『ふたりのおとこ』(森田涼介監督)★ワールドプレミア
出演:品田誠/しじみ/高橋良浩/鈴木つく詩

***********************************



撮影秘話披露!中野裕之監督、遠藤祐紀『ピース・ニッポン』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph この度、日本津々浦々、8年間で全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した『ピース・ニッポン』が7月14日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーされることが決定しました。

新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子と東出昌大。後世に遺したい”本当の日本の美しさ”を巡る旅への案内人として、日本を代表する映画俳優として第一線で活躍する二人が作品に華を添えます。

この度、監督を務めた中野裕之氏とドローンパイロット 遠藤祐紀氏 ご登壇によるトークショーイベントが行われ撮影秘話披露を語りました!


日時:6月21日(木)
会場:神楽座
登壇:中野裕之監督、遠藤祐紀(ドローンパイロット) 

映画情報どっとこむ ralph 上映後、会場に余韻が残る中、観客の大きな拍手に迎えられて中野裕之監督とドローンパイロットの遠藤祐紀さんが登場。

製作初期の撮影について

中野監督:本作の撮影を始めたときは3D撮影が大ブームで、この作品も撮影の初期は3Dで撮影していました。撮影を続けるうちに今度は4Kが出てきて、、これまでの4倍面積が大きくて、それは綺麗な訳ですよ。そうすると4Kで撮るしかなくなって、3D用のモニターも6台も買い揃えていたんですが、さようなら3D~ってなりました。

とユーモアを交えて語り、観客の笑いを誘った。4K撮影をはじめた監督は、既に3Dで撮影した箇所へもう一度足を運んだそうだが、

中野監督:一度撮影した場所にもう一度行っても、二度と同じ事は起きないと痛感しました。前に良い画が撮れたんだから今回も良いのが撮れるだろうと思っていったら、まったく状況が違っていて、、まさに一期一会だと感じました。そうした経験から、本作のテーマの1つの”一期一会の旅”を思いつきました。

と撮影の苦労とその苦労から生まれた本作のテーマについて語った。

映画情報どっとこむ ralph 4Kの後にドローン撮影の技術が出てきた頃、ドローンパイロットの遠藤さんが本作の製作に関わることになった。

遠藤さん:2015年末に参加したので、今からちょうど2年半前に初めてこの作品に関わりました。

と遠藤さんは語った。

監督と遠藤さんが一緒に撮影をした映像が本作のオープニング映像で、北海道の洞爺湖を撮影地に見渡す限りの雪景色が広がる白銀世界を、ドローンで撮影した映像で撮るまでに大変な苦労があったそうで、

遠藤さん:北海道に向かう為、空港に行ったら、乗るはずの飛行機会社がシステムダウンを起こして、、全線運休するトラブルにあいました。

と幸先悪い出来事を思い出すように遠藤さんは語ると・・・

中野監督:何とか飛行機を変更して北海道へ着きましたが、札幌は雪が溶けてしまっていて、ドキドキしながら洞爺湖方面に向いました。現地に着くと、何とか雪が残っており、天気も良かったので予定通りに、翌日朝に撮影を行う事にしました。

と、スムーズではないものの何とか撮影への見通しがたった事を語った。

映画情報どっとこむ ralph 撮影当日、また思わぬ不運が。。

中野監督:朝5時に起きて窓の外をみたら、なんと横殴りの吹雪だったです。空も暗く、風も強くてこのままでは厳しいと思ったが、外にでて空を見上げると分厚い雲の上にちらっと、青空が見えたので、あとは神頼みで少しでも晴れ間があれば撮影できる。と思って準備をしました。今までも何度も神様に晴らしてもらったので、後は神頼みだと思って、祈り続けながら現地へ向かったら、奇跡的に雲が晴れて、撮影を行うことができましした。

と神頼みが通じたことを明かす。

しかし、まだベストコンディションとはいえず、雪景色を歩く演出だけに足跡が残るので、失敗は許されない。

そんな悪影響の中、ドローンを飛ばしてみて

遠藤さん:ドローンは風に弱いので、まっすぐ上に飛ばすのも一苦労でしたが、ブレない用に必死に操縦をしました。そうしたら、望遠レンズでみていた監督から「撮れたー!」という声が聞こえ、何とか無事に撮影を終えることができました。

と困難だった撮影を振り返った。

監督・遠藤さんはじめスタッフ全員のファインプレーと奇跡が重なって取れたショットを、

中野監督:猛吹雪の合間に神頼みで晴れた15分だけの間で必死に取った奇跡のカットですので、ぜひ大きなスクリーンで体感してほしい。

とあつく語り、イベントを締めました。


ピース・ニッポン

7月14日(土)新宿バルト9他、全国ロードショー!

peacenippon.jp

***********************************

ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大
監督:中野裕之
劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」  出演:渡辺大 及川さきの
エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 プロデューサー:中野裕之  六彌太恭行  小長井千晶  竹川潤一 音楽:岡野弘幹 
メインテーマコーラス:Aika・human note
脚本:柴崎明久  中野裕之
撮影:日本を愛する全国の映像作家たち  
タイトルディレクション:葛西 薫
歴史監修:磯田道史
制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ  
制作プロダクション:ピースデリック有限会社
配給:ファントム・フィルム
製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC
(2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)
(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC 


ジム・カヴィーゼルが再び聖書の世界に挑む『パウロ 愛と赦しの物語』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月3日(土)より『パウロ 愛と赦しの物語』(原題:Paul, Apostle of Christ)が公開されることが決定しました。

原題直訳だと「パウロ、キリストの使徒」と言うところでしょうか。

紀元67年。皇帝ネロがキリスト教徒たちを迫害していたローマ。獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロを、彼の言葉を民衆に伝えるために書き記し続けた医者ルカの目を通して描いた魂を揺さぶる感動の歴史大作!


イエス・キリストの最期の日を描いたメル・ギブソン監督の『パッション』(04)でイエス役を演じ、最近ではTVシリーズ「パーソン・オブ・インタレスト」(AXNにてオンエア中)で主役のジョン・リースを演じるジム・カヴィーゼルが医者ルカを、人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」「ダウントン・アビー」などに出演している英国俳優ジェームズ・フォークナーが使徒パウロを演じる。

監督は新鋭のアンドリュー・ハイアット、物語を彩る荘厳な音楽はジョニー・デップ主演の『ネバーランド』(04)でアカデミー賞作曲賞を受賞したヤン・A・P・カチュマレクが手掛けている。


パウロ 愛と赦しの物語

公式HP:
paul-love.jp 

公式twitter:
@PaulLoveMovie

11/3(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

***********************************

監督:アンドリュー・ハイアット
音楽:ヤン・A・P・カチュマレク『ネバーランド』アカデミー賞作曲賞受賞

キャスト:ジム・カヴイーゼル『パッション』「パーソン・オブ・インタレスト」
ジェームズ・フォークナー「ダウントン・アビー」「ゲーム・オブ・スローンズ」
オリヴィエ・マルティネス『運命の女』『プロヴアンスの恋』

配給・宣伝 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部


『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』熱き闘いが遂に映画化!公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 「Borg McEnroe」の邦題を『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』とし、8月下旬TOHOシネマズ日比谷他全国公開することが決定しました!

錦織圭のみならず、大坂なおみ、そして穂積絵莉と二宮真琴が全仏ダブルスで準優勝を獲得するなど、日本でもテニス熱気が高まる今、80年代のレジェンドにして、今なおテニスプレイヤーの頂点の存在として歴史を作った、あのボルグVSマッケンローの熱き闘いが遂に映画化。

テニスブームに沸く1980年、対極的な2人のまるでハリウッドスターのような人気を誇るスタープレイヤーの戦いに世界中が熱狂していた。

20歳の若さで、テニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、その彫刻のように美しいヴィジュアルと冷静沈着なその姿から“氷の男”と呼ばれ、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしたビヨン・ボルグ。

ウィンブルドンで4連覇を達成したボルグは、絶対王者として君臨していたが、5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、不利な判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンロー。

1980年、エレガントなプリンスとワイルドな野生児が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合った世紀の試合。世界中が固唾を呑んで見たスポーツ史に刻まれた究極の名勝負の映画化が実現です。


ボルグ役には『ドラゴン・タトゥーの女』の続編(2018年公開予定)に主演として抜擢されたスベリル・グドナソン、マッケンロー役には『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフ。

シャイアは、彼以上に荒くれ者のマッケンローに適した役者はいない!と各国のメディアが絶賛するほどの迫真の演技を本作で魅せています。

そしてこの二人の姿は、本物のふたりの当時の姿にそっくりで目を疑うほど!

映画情報どっとこむ ralph ふたりの、少年時代から精神と肉体を極限にまで鍛えてきた驚愕の道のりと、頂点に立つ者と追いかける者の孤独と葛藤、そして臨場感が炸裂するカメラワークで魅せる試合シーンは圧巻!

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

負ければ一瞬ですべてを失うプレッシャー。1ミリの狂いも許さない集中力。
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、白熱のエンタテインメントが遂に上陸。
熱狂と興奮の最高潮に、やがて押し寄せるとてつもない感動の実話です。

***********************************


監督:ヤヌス・メッツ『アルマジロ』第62回カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ受賞
出演:シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』シリーズ、スベリル・グドナソン『ストックホルムでワルツを』ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー、レオ・ボルグ(ボルグの息子) 
© AB Svensk Filmindustri 2017


新世紀SFアクション『フューチャーワールド』スーキー・ウォーターハウス場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 『マッドマックス』シリーズ、『ブレードランナー』シリーズに続く、戦慄の新世紀SFアクション『フューチャーワールド』が6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国公開する事が決定し、この度、本作に出演している人気モデル、スーキー・ウォーターハウスの場面写真が解禁となりました!

そして!!
本作の鍵となる美しきアンドロイドのアッシュを演じるのは人気モデル、スーキー・ウォーターハウス。
ウォーロードによって永い眠りから目覚め、命令であれば何でも従う従順な美しきアンドロイドを体当たりで演じています。スーキー自身は、ロンドン出身で国際的に有名な整形外科医の父を持ち、彼女を含めた三姉妹全員がモデルという超セレブ!ベビーフェイスでありながら幼少期から始めた空手は茶帯をもち、本作でも圧巻のアクションを披露!プライベートでは人気俳優のブラッドリー・クーパーとの17歳差の真剣交際で結婚間近と注目を集めるも破局、現在は『レスラー』、『ブラック・スワン』で知られるダーレン・アロノフスキー監督との23歳差(!)の熱愛が噂されています。近年はモデルだけでなく女優としても活躍し、『あと1センチの恋』や『ダイバージェント』シリーズ、『高慢と偏見とゾンビ』などに出演、今後はポケモンの実写版『Detective Pikachu(原題)』(19年公開予定)などの話題作も控えています。
この度、解禁となる場面写真では、大胆にダメージ加工されたファッションで椅子に座る姿や裸にブランケットを巻き、思いつめた表情のセクシーなアッシュの様子が映しだされています。

映画情報どっとこむ ralph フューチャーワールド

公式サイト:
http://fw-movie.com/

本作は、第75回ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞し、アカデミー賞主演男優賞ノミネート経験もある実力派俳優のジェームズ・フランコが主演・監督を務め、第三次世界大戦後の荒廃した未来世界を舞台に、本能を剥き出しにした人間たちの生き残りをかけた戦いを壮大なスケールで描くSFアクションです。

灼熱の砂漠を舞台に、残された資源や土地を暴力で支配する傍若無人な侵略者、ウォーロード役に、『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』で人気を博し、シリアスな役からコメディ作品まで幅広く演じる注目の俳優ジェームズ・フランコ。薬物が蔓延した<ドラッグ・タウン>を統治する女王ドラッグロード役に『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズで絶大な人気を誇るミラ・ジョヴォヴィッチ。平和主義の人々が集う避難所<オアシス>のリーダー、クイーン役に、日本でも大ヒットを記録した『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズのルーシー・リュー。その他にもヒップホップ界の生きる伝説、カリスマ・ラッパーのスヌープ・ドッグや「ウータン・クラン」のメソッド・マンなどハリウッドを代表する豪華スターたちが集結!

物語・・・
水もガソリンも秩序も失った、第三次世界大戦後の荒廃した未来――。平和主義の人々が暮らす避難所<オアシス>を統治するクイーン(ルーシー・リュー)は難病に倒れ、その特効薬が遥か遠方の地“命の寺”にあることを知った息子のプリンス(ジェフリー・ウォールバーグ)は、一丁の銃を手に、旅立つことを決意する。だが、その道中、残された土地と資源を支配している傍若無人な侵略者ウォーロード(ジェームズ・フランコ)と美しくも破壊的なロボットのアッシュ(スーキー・ウォーターハウス)に出会ってしまい、荒れ果てた土地を進む、命知らずの旅へと巻き込まれていく──。

***********************************

監督:ジェームズ・フランコ、 ブルース・ティエリー・チャン  
出演:ジェームズ・フランコ(『スパイダーマン』シリーズ、『127時間』)/スーキー・ウォーターハウス/ジェフリー・ウォールバーグ/ルーシー・リュー(『チャーリーズ・エンジェル』シリーズ、『キル・ビル』シリーズ)/ミラ・ジョヴォヴィッチ(『フィフス・エレメント』、『バイオハザード』シリーズ)他
2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/88分
配給:プレシディオ
©2018 FW PRODUCTIONS, LLC