「な行」カテゴリーアーカイブ

沖昌之の猫の撮り方レクチャーも!松江哲明も登壇『猫が教えてくれたこと』試写会


映画情報どっとこむ ralph 『猫が教えてくれたこと』が11月18日(土)よりシネスイッチ銀座他全国順次ロードショーとなりますが、公開直前、猫好きで知られるドキュメンタリー映画監督・松江哲明監督と猫写真家・沖昌之さんが登壇するトークショー付き試写会が行われました。
映画『猫が教えてくれたこと』トークショー付き試写会
日時:11月9日(木)
場所:神楽座
登壇:松江哲明氏(映画監督)、沖昌之氏(猫写真家)

映画情報どっとこむ ralph 会場で猫を飼っている人は?の司会者の問いに多数の手が挙がり、猫好きが大集結している模様。

ドキュメンタリー作家としての松江監督から観た本作のポイントを
松江監督:実は猫を飼い始めてから、猫映画に違和感を覚えるようになったんです。例えば、猫を擬人化して人の気持ちを代弁させたり、アクションさせたり・・・だって猫はそんなことできませんから(笑)僕の猫も優しいからではなく寒いから近寄ってきて、暑かったらどっか行くし、僕が甘えてお腹にばふっといったら我慢してくれたり、嫌な時は逃げるし、僕はその関係が好きなので、猫がこんなに自由な映画ってなかなかないなと思いました。

と猫好きならではの独特な見解で作品の良さを述べ

松江監督:こんな自由に撮れるのも、昔は音がするフィルムで撮っていたけれど、デジタル機器が小型化してこんな猫の表情が近くで撮れたんでしょう。

と、カメラ技術の発達がこの作品の手助けになったのではと加えた。一方沖さんは

沖さん:猫たちがカメラを寄せても自然に歩いていて、街にたくさん人がいても自分の道路ですよと言わんばかりに猫が歩いていて、街の人々も猫がいて当然で、猫も人という哺乳類がいて当然、危害も加えないしフレンドリーなんだという関係性が作品から伝わったし、猫を通してイスタンブールの人々の優しさが垣間見れました。

と人と猫の理想的な関係性に心打たれた様子。

そして、

沖さん:僕も野良猫の写真一枚撮るのに、一日中構えたりしているんです。そういう意味でこの映画は、奇跡を捉えています。あんなにもたくさんの猫の気持ちを映像に収めていますから。

と写真家ならでは観点で、”奇跡”と捉えた。

映画情報どっとこむ ralph そして、特別に沖さんによる猫の上手な撮影の仕方のレクチャータイムに。

登場したのは猫と実寸大サイズの人形。これには
沖さん:無理難題だね~(笑)

といいながらも撮影のポイントを解説。
沖さん:まずは景色と猫を俯瞰で撮る。そうやっているうちに猫は撮られることに飽きてしまうので他の子に行きます。そのあと戻ってくると、毛づくろいしたり状態が変わってる。動く前は必ず伸びをして、腕立て伏せみたいになって、最終的にどこかに飛び降りる場合は必ず降りる方を見ます。だから顔にピントを合わせて待ち構える。ポイントは常に先を読むこと。1秒2秒先の猫の行動を読んでシャッターを切るといいねがたくさんつく写真が撮れますよ。

と、会場を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

沖さん:僕は愛想の悪い男でした。そんな僕がいつも口角の上がっている猫を見ると幸せな気持ちになるんです。だから僕もいつもご機嫌な空気を出したいなと思っています。そんな風に皆さんも猫に教えてもらえうことがなにかある、そんな映画です。

松江監督:人間や変わっていく世界に対してとどめておくべき価値観や、失ってはいけないものを教えてくれる作品ではないかと思います。今から5年前に僕の猫と出会ったのは、きっとあの時の僕には猫が必要だったからだと思っています。5年間猫には助けられたけど、きっと猫は助けるつもりはなくて、でもそんな存在がいるだけで学ぶことがありました。きっと皆さんもこの作品を観たらそんな気持ちになるのではと思っています。

と猫を愛する監督ならでは。イベントを締めました。

映画『猫が教えてくれたこと
原題:Kedi

11/18(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開

幼い頃から猫と一緒に暮らし、猫の習性を知り尽くしているジェイダ・トルン監督だからこそ撮ることのできた、猫の幸せそうな表情、そして猫を見つめる人々の優しいまなざし。監督が「猫がふいに膝の上に乗ってきて、おとなしく背中をなでられながらゴロゴロと喉を鳴らしているような雰囲気の映画になればいいなと思っている」と語った、観客を優しく包み込むような幸せ溢れる本作。つきましては、世界で最も幸せに暮らす猫たちが主人公の映画『猫が教えてくれたこと』のご紹介をぜひお願い申し上げます。

***********************************

監督:ジェイダ・トルン 
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン 
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム
配給:アンプラグド 
2016年/79分
メリカ/5.1ch/ビスタ/カラー
©2016 Nine Cats LLC
     


ナオト・インティライミ 生歌披露 公開直前プレミア上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』は、忙しさに追われていた彼が純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録。それが『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』。

11月23日(木・祝)より、後編が 2018年1月5日(金)よりTOHOシネマズ新宿他全国公開となります。
その完成を記念TOHOシネマズ 新宿にてナオト・インティライミと加藤肇監督が登壇した舞台挨拶付き公開直前プレミア上映イベントを開催しました!

『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』
公開直前プレミア上映イベント

日時:11月6日(月)舞台挨拶
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇者:ナオト・インティライミ、加藤肇監督

映画情報どっとこむ ralph なんと今回の舞台挨拶前の上映を、ナオト本人もファンと一緒にサプライズで観客席から鑑賞していました!

舞台挨拶が始まると同時に、ナオトが一緒に鑑賞していたことを告げられた瞬間、観客席からは大きなどよめきとともに歓声が上がり、その歓声に背中を押されるようにステージへと駆け上がると、持ち前のマイクパフォーマンスで観客を最初から盛り上げました!

Q:今回再び旅に出た理由、その時の心境は?

ナオト・インティライミ:ずっと音楽が好きで始めて、それを生業にやらせて頂き幸せ者で無我夢中でした。ただこの6年間はやるべきことに囲まれている状態を感じてこのまま続けていては良くないなと思い、10年後20年後も自分から音楽を追い続けるために、今回旅に出ました。長い目で見ても、決意して旅に出られて良かったと、今でも思っています。

Q:ナオトさんの旅に同行され監督にとってナオトさんの印象は?
加藤監督:今回、旅の始まりの出発の日、成田空港でナオトさんに意気込みなどのインタビューをしようとしたところ、ナオトさんに「旅っていうのは、そういうものじゃないんだ」と出鼻から怒られてしまいました。ナオトさんにとっては、そういった段取りのようなものがあるのとは違い、単にナオトさんにカメラが付いていくという気持ちだったようで、仕事には真剣な人なんだと思いました。

Q:現地の人と仲良くなる秘訣は?

ナオト・インティライミ:顔ですかね。表情で「僕は敵じゃない」と言うのをまずは伝えないといけないので、そこは大事にしています。ぶっきらぼうでしかめ面で近づいても子ども達は警戒するけれど、笑顔で接して現地の言葉を覚えて挨拶をすることで相手との距離を詰めることが出来ると思います。僕の場合はサッカーと音楽をやっているのも役に立ちました。また相手の名前を手に書いたり、メモをしたりして覚えるのも大切でいつもやっています。

Q:リアルなドキュメンタリーならではのマル秘エピソードはありますか?

ナオト・インティライミ:レストランでのライブで上手く観客を盛り上げることが出来ず、悔しくて夜の公園で現地の曲を練習しているところなんかは「入ってないのかよ!」とも思いましたが、別に宣言して練習したわけでも撮られたくてやっていた訳でもないから仕方ないですよね(笑)。


映画情報どっとこむ ralph さらに、トークイベント中、背後にあるキーボードとパーカッションの話題になると、ナオトから本作の主題歌「Sunday」を初披露することが発表!

映画本編を観たばかりで会場全体のテンションが高まる中、エネルギッシュな曲調の「Sunday」の演奏が始まると、会場内はどんどん盛り上がり、ナオトとファンと演奏スタッフと、会場全体がひとつとなりました!

映画情報どっとこむ ralph Q:締めの一言挨拶
加藤監督:
本日はご覧いただき、本当にありがとうございます。アフリカ音楽とナオトさんの音楽と、非常に音楽に溢れた作品になっています。アフリカ音楽などは聴き馴れないようなものでも、何度か劇場に足を運んでいただくうちに馴染んでいくと思うので、何度でも観て頂けると嬉しいです。
ナオト・インティライミ:
音楽はもちろん、それだけではない旅の醍醐味が詰まっています。出会いや別れ、生と死など。
アフリカという特別な地でナオト・インティライミが旅をしたから、ああいったことが起こるというのではなく、世界のどこかでは普段の日常として同じようなことが起きて経験しているという、皆様の普段の生活の一部と重なる部分や心が動いてもらえるところがあると、我々としてもこの旅をひとつの作品にした意味があるのかなと思います。一度観ただけだと見落としていたシーンが沢山あると思います。何度観ても、何通りもの違う見方があると思うので何度でも観てください。またこの映画マジで観といた方がいいよとSNSなどで広めてバズらせていただけたら嬉しいです。ありがとうございます!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2

【前編】 2017年11月23日(木・祝)
【後編】 2018年1月5日(金)
TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
www.naoto-tabiuta2.com

作品概要
“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』は、忙しさに追われていたナオトが、純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、原点回帰をするために行った、13年ぶりの長旅に密着したドキュメンタリー。アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年かけて19ヵ国をめぐった旅の撮影時間は1000時間に及ぶ。

ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す“新たな出会いと音楽”。

ミュージシャンと即興セッションや、子供たちとの交流など、言葉も文化も異なる異国でナオトの<人間力>を発揮し、旅の刺激から生きる力を入れていく――。世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った、奇跡のドキュメンタリー映画が前・後編の2部作で誕生。

***********************************

出演:ナオト・インティライミ 
監督:加藤肇
主題歌「Sunday」含むコンセプトアルバム「旅歌ダイアリー2」2017.11.22Release!!
配給:日活
©2017「ナオト・インティライミ冒険記2」製作委員会
    


リュック・ベッソン!最強部隊がド派手に大暴れ!『ネイビーシールズ ナチス の金塊を奪還せよ!』予告編


映画情報どっとこむ ralph リュック・ベッソン率いる“ヨーロッパ・コープ”最新作!『RENEGADES』(原題)が『ネイビーシールズ ナチス の金塊を奪還せよ!』の邦題で 2018 年 1 月 12 日金曜日より TOHO シネマズ 六本木ヒルズにて全国ロードショ ーが決定しました!

≪最強部隊ネイビーシールズがド派手に大暴れ!予告編&メインビジュアル解禁!≫

この度、本作の予告編が解禁!

予告編は冒頭から機関銃をぶっぱなし、水中での爆発シ ーンへとテンション高く幕開け!続いて“世界最強の特殊部隊ネイビーシールズ”の文字 の後ろでは何やら作戦に向かおうとする隊員たちが巨大な装備と共に輸送機から飛び降りる!世界最強の名の通り屈 強な男たちが戦場に降り立っていくぞ!と期待感 MAX。が、続いて登場するのはその真逆の“ならず者たち”の文字 と共に和気あいあいと闊歩する隊員たちの姿。この肩の力の抜けたこのならず者たちが“金塊奪還作戦”を実行する最 強部隊!のはずが「またお前たちの仕業か?」と J・K シモンズ演じる少将に怒号を浴びせられている…。

それもそのはず、こいつらは戦車で街を爆走し、鉄塔をなぎ倒し、敵のトラックを爆破とド派手に暴れまわるやりたい放題部 隊!そんなチームの顔ぶれは“頼れるリーダー”バーンズを筆頭に“数学の天才”モラン、“調達屋”ダッフィー、“武 器のエキスパート”JP そして“どんな女性もイチコロの色男”ベイカー!先日『ブレードランナー2049』にて来日 を果たしたシルヴィア・フークス演じる、チームを惑わす!?

謎の美女の存在も垣間見られる! 大暴走アクションと共に今回のミッションが明かされる。<わずか 8 時間で湖底に眠るナチスの 3 億ドルの金塊を 奪い取ること!>ダムの破壊シーンや手に汗握る空中戦が続き、終いには戦車で橋を破壊し豪快に戦車ごと川にダイ ブ!陸・海・空縦横無尽に暴れまくり、果たして金塊奪還大作戦は成功できるのか!?

映画情報どっとこむ ralph 合わせてポスタービジュアルも解禁!

“ド派手にやろうぜ!”

の文句と共に、ネイビーシールズらしく、水中から今まさに上がっ てきた様子で眼光鋭くこちらを見据える!最強部隊があなたを劇場で出迎える!

物語・・・
1995 年、紛争末期のサラエボ。強引かつ大胆な戦略で敵の将軍を拉致、敵に囲まれたら戦車で大暴走とやりたい放題のマット率 いる 5 人のネイビー・シールズ。彼らの上司であるレヴィン少将も頭が痛い毎日。そんな中、メンバーの一人が恋に落ちたウェイト レスから聞いた、湖に沈んだナチスの金塊、総額 3 億ドル。それさえあれば、戦争に苦しむ避難民を救うことが出来ると懇願され、 5 人も作戦を立てることに。 敵陣真っただ中にある湖の水深 45m の湖底から、重さ約 27 トンの金塊をどう運び出すのか?空気は?機材は?残された時間は わずか 8 時間。史上最強のアウトサイダーたちが挑む、前代未聞の奪還作戦、遂に始動!!

『ネイビーシールズ ナチス の金塊を奪還せよ!』
原題:RENEGADES
公式 HP:renegades.asmik-ace.co.jp

***********************************

製作:リュック・ベッソン、ラファエル・ベノリエル
原案:リュック・ベッソン
監督:スティーブン・クォーレ『イントゥ・ザ・ストーム』
脚本:リュック・ベッソン、リチャード・ウェンク 音楽:エリック・セラ
出演:サリバン・ステイプルトン、チャーリー・ビューリー、シルヴィア・フークス、ジョシュア・ヘンリー、ディアミッド・マルタ、ディミトリー・レオ ニダス、ユエン・ブレンナー and J・K・シモンズ、 提供:アスミック・エース、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:アスミック・エース
© 2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo


染谷俊之、赤澤燈、廣瀬智紀『逃げた魚はおよいでる』予告編


映画情報どっとこむ ralph 染谷俊之、赤澤燈、廣瀬智紀。
『カニを喰べる。』(15)、『羊をかぞえる。』(15)、『天秤をゆらす。』(16)に続くシリーズ4作目かつ最終章となる映画『逃げた魚はおよいでる。』は12月2日(土)よりユナイテッド・シネマアクアシティお台場より順次公開がスタート。その予告編が到着しました。



なお、昨日11月2日(木)からは『カニを喰べる。』『羊をかぞえる。』『天秤をゆらす。』の前3作品のレンタルが開始となってます!

映画『逃げた魚はおよいでる。

公式サイト:
sakana.united-ent.com/

物語・・・
商店街の福引でひょんな事から台湾旅行券を譲り受けた田宮(染谷俊之)、青島(赤澤燈)、丸井(廣瀬智紀)の3人。いつものようにノープランで台湾の地に降り立った一行だったが、到着するやいなやトミー(輝山立)と名乗る青年に執拗に付きまとわれる。何とか振り切ろうと逃げ込んだ部屋で、突然銃声が鳴り響き、そこにはアタッシュケースを抱えた瀕死の男がいた。さらに、その現場を目撃した一行は何者かに追われる羽目に。逃げる道中に、田宮とはぐれてしまった青島と丸井は追ってに迫られ絶体絶命の状況。そんな2人の目の前に現れたのは、いつもと雰囲気が違う田宮?だった。こうして田宮・青島・丸井のシリーズ史上もっとも最悪の1日が幕をあけた。

***********************************

出演:染谷俊之 赤澤燈 輝山立 宋順鴻 王勇達/廣瀬智紀
監督・脚本:毛利安孝 
製作:長田安正/菅谷英一 企画:村田 亮 プロデューサー:髙槻 華/菅谷英一 撮影:葛西幸祐 照明:常谷良男 録音:光地拓郎 編集:佐藤 崇 音響効果:岡瀬晶彦 助監督:土岐洋介 製作担当:三島翔一
衣装:森内陽子
ヘアメイク:コウゴトモヨ スチール:蒔苗 仁 音楽:鷹尾まさき 
特別感謝:高雄市政府文化局影視發展暨拍片支援中心、GJ94 Film Studio、鏡頭銀行、Ally演員經紀工作室、Judy模特兒演藝工作室、
製作:「魚」製作委員会(ユナイテッドエンタテインメント/GFA)
製作プロダクション:GFA 宣伝・配給:ユナイテッドエンタテインメント
©2017「魚」製作委員会 2017/日本/カラー/ステレオ/92分


『ノクターナル・アニマルズ』エイミー・アダムスのインタビュー素顔はキュート! な動画到着


映画情報どっとこむ ralph 世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが『シングルマン』(09)以来、7年ぶりに監督を務めた最新作『ノクターナル・アニマルズ』が11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります!

公開直前、主演エイミー・アダムスのインタビュー動画が到着。

今年公開の『メッセージ』は大ヒットを記録し、これまでにも『アメリカン・ハッスル』(13/デヴィッド・O・ラッセル)や『ビッグ・アイズ』(15/ティム・バートン)などのヒット作品に相次いで主演する引く手あまたの実力派女優。

映画情報どっとこむ ralph さらにエイミーと言えば”プリンセス・エイミー”の愛称で親しまれ、実写版ディズニーのミュージカル映画『魔法にかけられて』(08/ケヴィン・リマ)でリアルプリンセスを演じるほど、その愛嬌のある大きな青い瞳と整った顔立ちが印象的。そんな彼女の主演最新作『ノクターナル・アニマルズ』は、一転して寝不足気味に濃いメイクで、笑顔を見せない高潔な女性を演じています。

インタビューでは、役柄からは想像つかない優しい笑顔で、お茶目な性格がにじみ出る。

トム・フォード監督との初仕事について

エイミー:最高だった。

と話す。


トムの細部にまでこだわる完璧主義な性格が本作を素晴らしい作品に仕上げていると話す一方で、もし自分の自宅にトムを招待するとなったら

絶対に呼べない。私の周りにあるものは全然美しくないし、家に来たらショックを受けるわ。

と、笑いを誘う。きっと誰だって“あの”トム・フォードを家に呼ぶなんて出来ることじゃない。

そして共演したジェイク・ギレンホールとのケンカのシーンについて実の旦那さんと話し合ったそうで

エイミー:変かもしれないけどジェイクと私はとてもいいケンカをしたの。夫がこう言ってた。“あれは恐ろしい。あのケンカ知ってるよ”“スクリーンで起きていることは恐ろしい”

と話す。

リアルライフでも旦那さんと恐ろしいケンカをしているのか、と思わず想像してしまう。



その他にも、劇中で着用した衣裳で好きなものについて聞かれると

エイミー:セリーヌの白いシャツが好きだけど、私はすぐコーヒーをこぼすから(実際に普段着るのは)無理ね。

など、屈託なく話す姿が何ともキュートなエイミー。

『魔法にかけられて』のジゼルのようにころころと表情が変わるエイミー。そんな優しさあふれる印象を隠す『ノクターナル・アニマルズ』の鉄仮面スーザン役は、女優魂炸裂で、観る者を圧倒する演技を見せつけます。



映画情報どっとこむ ralph ノクターナル・アニマルズ

11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー!

物語・・・

経済的には恵まれながらも、夫との関係が上手くいかず満たされない日々を過ごすスーザンのもとに20年前に別れた元夫から送られてきた衝撃的な内容の小説が送られてくる。精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。

彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか。
http://www.nocturnalanimals.jp/

***********************************

脚本・監督:トム・フォード 
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン
アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン/
原作:「ノクターナル・アニマルズ」(オースティン・ライト著/ハヤカワ文庫) 
2016/アメリカ/116分/PG-12 /ユニバーサル作品 
配給:ビターズ・エンド/パルコ 
(C)Universal Pictures