「な行」カテゴリーアーカイブ

猫の日公開記念!“猫だらけ”の『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『ねことじいちゃん』が本日2月22日(金)についに公開を迎えました!!

“猫の日”の公開を記念して、開催された、猫だらけの初日舞台挨拶には、主演の立川志の輔さん、柴咲コウさん、小林薫さん、柄本佑さん、銀粉蝶さん、山中崇さん、葉山奨之さん、岩合光昭監督、そして作品に登場する35匹の中から“タマ”ことベーコンをはじめ、猫たち7匹が登壇しました!

『ねことじいちゃん』 初日舞台挨拶
【日時】 2月22日(金) 12:10~12:40
【会場】 新宿バルト9 (新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル)
【登壇】 立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之、岩合光昭監督、
猫キャストたち(予定)
🐱 ベーコン(タマ):立川志の輔  
😹 ゆず(小学校前の防波堤にいる猫役):柴咲コウ
😻 マロニー(巌さんから庭で刺身をもらう、春の緑の海岸沿いを歩く猫役):小林薫
😾 おはぎ(セラピー猫・シナモンの大きくなった役):柄本佑  
🙀 小梅(ミーちゃん役):銀粉蝶
😿 ヒゲ(冒頭シーンの門柱の上にいる猫役):山中崇
🐈 りんご(喧嘩シーン、月バックの黒猫役):岩合監督

映画情報どっとこむ ralph 岩合監督:ここにいらっしゃるキャストのみなさん、スタッフ、お客さま、映画に出てくれた猫たちに感謝したいと思います。感無量です。
と公開の喜びに浸った。

立川さん:私がじいちゃんです!

と挨拶した立川志の輔さんは、撮影時を振り返り

志の輔さん:監督は本当に猫のことばかりで、特に私と一緒の時は(シーンが終わって)『OK!』と言ったらすぐに(志の輔さんが共演した猫の)タマのところに寄ってきて『お前はなんて素晴らしいんだ! 本当によかったよ』と1カットごとに抱きしめるんです。私のことは一度も抱きしめてくれなかったです…

とボヤく一幕も。

この日は、猫の日にちなんで「猫と○○」というテーマで登壇陣が自分と猫にまつわるエピソードを披露したが、志の輔さんは「猫とぬいぐるみと衣装でYシャツを着てた私」というタイトルで、、本番撮影前のテストではぬいぐるみを使用していたことを告白。

志の輔さん:室内でテストする分には恥ずかしくないんですけど、学校の前をタマと散歩するシーンでは、スタッフもカメラも遠くにいる中で、私はぬいぐるみを引きずってました…(笑)

と恥ずかしそうに振り返る。一方で本番については

志の輔さん:タマは一発で私の後をついてくるスーパーキャットでした!

と感嘆していた。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインの美智子役を演じた柴咲さんは、自身の猫とのエピソードを明かし

柴咲さん:賢くて、目を合わせると飛び乗ってくるんです。ただ、ちょっとでも目が合うと、お皿やお鍋を持っていても飛び乗ろうとしてくるので、なるべき目を合わせないようにしていて…(笑)。苦労でもあり幸せでもあります。
と満面の笑みで語った。

「猫と柴咲さん」というタイトルで、そんな柴咲さんの撮影現場での猫好きぶりを暴露してくれたのは山中さん。撮影現場での猫用の待機室に約40匹の猫がいたことを明かし

山中さん:かなりの“おニオイ”がしたんですが、休憩の時に柴咲さんがお掃除をされてて、本当に猫が好きなんだなと、初めてその時に柴咲さんを信用しました(笑)
と明かした。

小林さんは、柴咲さんと大河ドラマ「おんな城主 直虎」に続いての共演となったが、柴咲さんだけでなく、ある猫とも再共演を果たしたそう。

小林さん:柴咲さんを見守る猫好きの和尚(南渓)を演じてましたが、その時の猫の“にゃんけい“と再会しまして。感動的な再会でした。
と笑顔を見せた。

「猫を飼っていることを切らしたことがない」というほどの猫好きの銀粉蝶さんは、本作の撮影で猫に囲まれながら

銀粉蝶さん:最初の頃に飼っていた猫を思い出しました。
としみじみ。道で轢かれていた猫を保護したそうで

銀粉蝶さん:若い頃で、お金もないのに何でそんなことをしたのかわかんないけど…。回復してぷーちゃんと名付けたんですが、『猫ってかわいいな』と思わせてくれた大事な出会いでした。

としみじみと語っていた。

柄本さんは「猫と監督」というタイトルで、志の輔さんと同様に

柄本さん:岩合監督は、猫ばっかり見てるんですよ」と告発! 監督にとっては、猫がOKだったらOKだし『もう1回お願いします! 猫が動いちゃったんで…』とか言われたり(笑)。常に変わらぬ岩合さんの演出がそこにあって、微笑ましく楽しかったです。
と撮影を振り返った。

唯一、映画の中でほとんど猫と触れないのが葉山さん。猫に嫌われているという設定だったが

葉山さん:実は、案外触れてしまって…。本当は好かれていました。
と楽しそうに明かし、逆に猫に触ることができない役が難しかったと述懐していた。


岩合監督は、本作の“ご褒美”として、劇中で田中裕子さんに抱っこされていた猫を自宅に引き取り、役名通りタマ(玉三郎)と名付けて一緒に暮らしていることを告白。さらに

岩合監督:兄弟も引き取ったんですが、そのコは友情出演の中村鴈治郎さんの本名からトモ(智太郎)です。鴈治郎さんには『友情出演じゃなくて強制出演だ』と言われました。

と明かし、笑いを誘っていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後の写真撮影では、登壇陣がそれぞれ、劇中で共演した猫たちを抱っこしてカメラに収まった。猫に嫌われている役の葉山さんだけは、こちらも撮影で使用されたぬいぐるみを抱いての撮影となり、会場は終始笑いに包まれ、和やかな雰囲気で終了した。


映画「ねことじいちゃん
2019年2月22日(金)“猫の日” ROADSHOW

物語・・・
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

***********************************


出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
監督:岩合光昭 
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊) 
脚本:坪田文
2018/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/103分
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス
(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会


市原隼人×鈴木伸之×飯豊まりえ×齊藤なぎさ 向井宗敏監督短編四篇情報解禁


映画情報どっとこむ ralph 「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」。

「芦屋町で映画を作りたい」という構想をしていた芦屋町役場の長島毅氏と今作の企画を進めていた向井宗敏監督が出会い、意気投合し芦屋町での撮影が決定し福岡県遠賀郡芦屋町でのオールロケ撮影が実現。

4人の主役と4組のアーティストがそれぞれタッグを組み制作した四季をテーマにした短編映画『ナツヨゾラ』『時々もみじ色』『冬のふわふわ』『桜咲く頃に君と』の情報が解禁に。

それぞれの主演に市原隼人、鈴木伸之、飯豊まりえ、齊藤なぎさ、脇を平田薫、モロ師岡、原日出子、袴田吉彦、松田るか、安井順平、宮世琉弥らが固めています。


主題歌はハジ→、BENI、みゆな、moumoonのアーティストによって4つとも作品の為に書き下ろされています。

この豪華な4人の主演、4組のアーティストは向井監督の熱望により実現。


2019年3月23日には『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風完成記念イベント・映画の日』と題した出演者による舞台挨拶付きの上映イベントを開催24日には主題歌を担当した4組のアーティストを迎え入れ『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風完成記念イベント・映画とライブの日』と題した上映ライブイベントを共に福岡・芦屋町で開催するそうです。

映画情報どっとこむ ralph 短編四篇
『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』

劇場公開は2019年6月以降を予定。
HP: http://4music4story.com/


タイトル『ナツヨゾラ』

主演:齊藤なぎさ(=LOVE)
出演:宮世琉弥(M!LK)、萩原護、岩佐真悠子、荒井敦史、
主題歌:みゆな
監督・脚本:向井宗敏
共同脚本:三谷伸太朗

密かに想いを寄せていた幼なじみの亘が親の再婚で町を出る事を知る主人公のゆみ。その頃小学生の間で願いが叶う大きな花火が上がるという噂が流れていた…それを知ったゆみと亘は…。
主演に=LOVEの齊藤なぎさ、幼なじみに今作品、映画初出演のM!LKの宮世琉弥をはじめ、萩原護、荒井敦史、岩佐真悠子らが脇を固める。
主題歌はみゆなが担当。


タイトル『時々もみじ色』

主演:鈴木伸之
出演:モロ師岡、松田るか、麻木玲那、安井順平 ほか
主題歌:BENI
監督・脚本:向井宗敏
共同脚本:三谷伸太朗

日々喧嘩に明け暮れていた高校生の大和(鈴木伸之)は安田(モロ師岡)との偶然の出会いからボクシングを始め、全国レベルにまで成長する。高校3年の秋、安田に「大学で一緒に夢を見ないか?」と誘われ、推薦を受けることにした大和だが、推薦先の大学の顧問は以前大和がぶっ飛ばした相手だった…。
主演には「東京喰種 トーキョーグール」「あなたのことはそれほど」「今日から俺は!!」の鈴木伸之、脇をモロ師岡、松田るか、安井順平、麻木玲那、らが固める。主題歌はBENIが担当。


タイトル『冬のふわふわ』

主演:飯豊まりえ
出演:袴田吉彦、こくぼつよし、原日出子
主題歌:moumoon「One Time」
監督・脚本:向井宗敏
共同脚本:三谷伸太朗

亡くなった父親の影響で革職人になり東京で革工房を開き始めた菊池綾子(飯豊まりえ)。デザインセンスはあるのだが、コンペも不採用、お客からも不評だった。何が足りないんだろ…」と悩み始める。
主演に飯豊まりえ、脇を原日出子、袴田吉彦、こくぼつよしらが脇を固める。
主題歌はmoumoonが担当。


タイトル『桜咲く頃に君と』

主演:市原隼人
出演:平田薫 他
主題歌:ハジ→「春夏秋冬。」
監督・脚本:向井宗敏
共同脚本:三谷伸太朗

小学校教師の尚也(市原隼人)は余命幾ばくもない妻・真奈(平田薫)のために仕事を辞めたばかり。尚也は真奈との残り少ない時間を噛みしめるように過ごしていた。そんな中、尚也の元へ受け持っていたクラスの生徒が行方不明になったとの知らせが届く…。
主演には向井監督の熱望により、「ROOKIESルーキーズ」「NHK大河ドラマ おんな城主『直虎』」「あいあい傘」の市原隼人、脇を平田薫が脇をしめる。
主題歌はハジ→が担当。



***********************************

主演:市原隼人、齊藤なぎさ、鈴木伸之、飯豊まりえ
出演:平田薫、宮世琉弥、萩原護、岩佐真悠子、荒井敦史、モロ師岡、松田るか
麻木玲那、安井順平、袴田吉彦、こくぼつよし、原日出子 他
主題歌:ハジ→、BENI、moumoon、みゆな(五十音順)
監督・脚本:向井宗敏
共同脚本:三谷伸太朗


『ねことじいちゃん』に『おんな城主 直虎』の猫“にゃんけい”も出演!柴咲コウらと再会!


映画情報どっとこむ ralph 世界的に有名な動物写真家の岩合光昭が初めて映画監督に挑戦!
主演はこれまた映画初主演となる落語家の立川志の輔。岩合監督からの「大吉さんは志の輔さんしか考えられない」という熱いオファーで67歳&64歳の初チャレンジの組み合わせが実現しました。そしてヒロイン役として柴咲コウが映画出演することでも話題の『ねことじいちゃん』が2019年2月22日(金)に公開となります。

大河ドラマ『おんな城主 直虎』でもSNSをざわつかせたキュートな猫“にゃんけい”も出演!
柴咲コウさんと小林薫さんとの再会オフショットが解禁!!

主演を務めるタマ役のベーコンや、ヒロイン猫のみーちゃんを演じる小梅など、本作には35匹の猫が登場。その中には、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演し、毎週SNSでも話題になっていた猫も出演している。
今回、本作のヒロイン・美智子役を演じ、『おんな城主 直虎』では主演の井伊直虎役を演じていた柴咲コウさんと、本作で巌役を演じ、『おんな城主 直虎』では直虎を陰から支える南渓和尚役を演じていた小林薫さんと感動の再会を果たしたのは、“にゃんけい”として多くの注目を集めていた猫・まろにー。このたび、その再会の様子を収めた写真が解禁となった。
再会した当初は戸惑う様子を見せたまろにーも、すぐに撮影当時の抱き心地を思い出したのか、小林さんの懐にすっぽりと収まり、くつろいでいる様子。柴咲さんも、当時を懐かしむように撫でると、まろにーもその指にすり寄るなど愛らしい姿を見せ、二人と1匹の貴重な再会が実現した。
まろにーは作中でも小林さんとの絶妙なアドリブを見せており、“にゃんけい”ファンも見逃せないシーンが満載となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画「ねことじいちゃん」
2019年2月22日(金)“猫の日” ROADSHOW

物語・・・
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

***********************************

出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
監督:岩合光昭 
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊) 
脚本:坪田文
2018/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/103分
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス
(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会


永瀬 廉 x 清原 翔『うちの執事が言うことには』主題歌もKing & Prince&最新予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化、累計発行部数75万部を超える極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)が、豪華キャストを迎え待望の実写映画化。5月17日(金)より全国ロードショーとなります。
主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、昨年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。
当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二のキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。
永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、清原 翔。雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍、今年は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」へ出演予定の若手注目俳優の1人です。若き当主と、仏頂面の執事――気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かいます。

さらには、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥を演じるのは永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太。物語の鍵を握るミステリアスな役柄で、スクリーンデビューを飾ります。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の主題歌がKing & Princeが歌う「君に ありがとう」に決定。その楽曲が初お披露目となる最新の予告編映像と、最新のポスタービジュアルが解禁となります!
解禁された予告編映像では、大人気原作小説でも伝説的なシーン。永瀬演じる若き当主花穎と、清原演じる仏頂面の執事・衣更月の突然の出会い、不本意ながら主従関係を結ぶ羽目になるところから始まります。「烏丸家のご当主として分別をお忘れなきよう」と衣更月に小言を言われる花穎。<一触即発>火花散るピリピリモードの状況が映し出されています。



そして次々と起こる不可解な事件。花穎が当主になって初めて招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーでは女性の悲鳴が。そこで出会った、神宮寺演じる赤目はなぜか親しげに花穎に近づいてきて・・・。彼はいったい何者なのか?
さらには、烏丸家にも事件が起こり始めます。使用人への襲撃、濡れ衣を着せられる事…
「誰かが烏丸家を陥れようとしている気がするー」 誰が、何の為に。
「僕がみんなを守る」と決意した花穎は、不本意ながらコンビを組んだ執事・衣更月と、難事件の謎を解き明かすことができるのか?
誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かなキャラクターたちが織りなすストーリー展開に期待高まる映像に仕上がっています。


本日解禁!King & Princeが歌う主題歌「君に ありがとう」は、自分を成長させてくれた大切な人への感謝を綴った内容になっていて、永瀬廉初主演映画のために書き下ろされた楽曲。花穎&衣更月の2人が数々の事件をとおして築いていく信頼関係を思わせる歌詞と、さわやかなメロディが、作品を彩っています。

映画情報どっとこむ ralph また、最新のビジュアルでは、すべての女子の妄想膨らむような世界観の中で妖艶な花に囲まれる花穎、衣更月、赤目。それぞれの表情に何を思うのかーー気品溢れる優雅な雰囲気を醸し出す空間、美しすぎる3人の佇まいは、本作の世界を見事に表現しています。

上流階級、社交界、執事、ミステリー・・・。

「うち執」の独特の世界感に魅せられる!


極上の上流階級ミステリーの誕生にご期待ください。

映画『うちの執事が言うことには

公式HP:
uchinoshitsuji.com


【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  前原 滉  田辺桃子  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  吹越 満  奥田瑛二

原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島武
主題歌:King & Prince 「君に ありがとう」 (Johnnys’ Universe)
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 


加藤雅也 若かりし頃の思い出の地 横浜舞台挨拶 『二階堂家物語』タイトル秘話を語る


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive の作品として誕生した『二階堂家物語』が全国公開中です。

初の長編作「NAHID(ナヒード)」で 2015 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞、なら国際映画 祭 2016 にて最高賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞し、注目を浴びたイランの若手監督アイダ・パナハンデを迎え制作された本作は、奈良県天理市を舞台に、名家の存続を願いながらも、跡継ぎ問題に悩む3世代の家族の愛と葛藤を描いた物語です。

この度、公開を記念して横浜シネマリンにて、主演を務めた加藤雅也がスペシャル舞台挨拶に登壇。撮影時のエピソードを たっぷりと披露!! 若かりし頃に過ごした、横浜の思い出も語りました。
日付:2月15日
場所:横浜シネマリン
登壇:加藤雅也

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手が沸き起こる中、加藤雅也が登壇。

横浜での初上映に

加藤さん:寒い日にありがとうございます。地味な映画ですが とてもいい映画ですので楽しみにしてください。

と一言。早速 MC より、オファーのきっかけを聞かれると、

加藤さん:同じく奈良県出身の河瀨監督に“僕も奈良出身ですから、 映画に呼んでくださいよ”とお話ししたところ、なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive のオーディション の話を頂いたことがきっかけです。監督がしっかり人を見て選ばれる方でしたので、無事に選んで頂き安心しました。

とオファーではなく、オーディションであったことを明らかにすると会場から驚きの声が上がった。


イラン人であるアイダ・パナハンデ監督の撮影について

加藤さん:外国の監督と仕事をした経験もあり、撮影地が日本のため気持ち的には余裕がありました。しかし監督が学者のような人で完璧主義でしたから大変でした!

と監督の印象を語り、さらに

加藤さん:監督は“映画を撮り始めると人格が変わる”と言っていたのですが、監督に NG のジェスチャーを出されるとみんな落ち込んでいました(笑)。でも当時流行っていた、“文春砲”をもじって“アイダ砲”って 呼んでいたりして、笑いのあるとてもいい雰囲気の中撮影できました。

と監督の厳しさと撮影時のエピソードを語ると 会場から笑いが起こった。


MC が「イラン人監督が撮影したのに、とても日本らしい作品なっていますよね」と感想を述べると、加藤さんはアイダ監督が小津安二郎を見て育ったというエピソードを披露。続けて

加藤さん:この映画のタイトルは元々別のタイトルがついていたのですが、監督が『東京物語』が大好きで、そこから『二階堂家物語』になったのです。

とタイトルの名づけ秘話を初めて明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そして大学生時代の思い出の地、横浜について聞かれると、

加藤さん:天王町のライオン座では 5 本立て上映が行われていて、よく通っていました。近くのパン屋でパンを買うとさらに割引になり、すごくお得でした!

と当時の節約術を振り返り、笑いを誘うと

加藤さん:日の出にあった劇場では 180 度リクライニングの席とかもありましたね。ただ壊れていただけですけど。

と冗談を交えて会場はさらに大盛り上がり。

映画情報どっとこむ ralph Q&A のコーナーに移ると、多くの方の手が上がり、「どんな方に見てほしいですか」と訊ねられ

加藤さん:跡継ぎの問題だけではなく、結婚を迫られる独身女性や、誰がお墓を継ぐのか?などみんながどこか共感できる普遍的なことを描 いているから、どんな人にでも見てもらいたい。今はしっとりとした映画を見る体力のある方が減ってきて いるから、このような映画を見る体力がある日本に戻って欲しい

と語った。続いて、映画の舞台となった奈良県天理市に住んでいた方から「天理は加藤さんにはどのように映りましか」と質問が上がると

加藤さん:独特な建物があり、キャストの皆が写真を撮りだすような景色が印象的でした。撮影に関してももちろん、 「食」「住」でもすごく協力して頂いて、とてもいい所でした。

と天理市の思い出を語り

加藤さん:映画のロケ地マップもありますので『君の名は』 みたいに聖地巡礼してもらえると嬉しいです。

と奈良市観光特別大使としても活躍する加藤はしっかりと奈良をアピールし笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

加藤さん:じっくりと作った映画です。是非ご覧頂いた後 SNS などで感想を見せてくれるとありがたいです。後 4 本くらい僕の出演作がきっとここで上映されますので、そちらもよろしくお願い致します。

と冗談を交えて、終始 笑いの絶えない舞台挨拶となった。

二階堂家物語

新宿ピカデリーほかにて全国公開中

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望 まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の 中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。
***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival