「な行」カテゴリーアーカイブ

字幕監修 野谷文昭『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』ネルーダの魅力を語った!


映画情報どっとこむ ralph 『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を手掛けたチリ出身のパブロ・ラライン監督が祖国の 英雄、パブロ・ネルーダの半生を描いた『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』が、11 月 11 日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国ロードショーとなります。

本日セルバンテス文化センターにて本作の試写会が行われ、ネルーダをはじめラテンアメリカ文学に造詣の深い野谷文昭さんが登壇。ネルーダの人物像や、映画の楽しみ方などを解説しました。

日程:10月23日(月)
会場:セルバンテス文化センター東京
登壇:野谷文昭(本作字幕監修者/東京大学名誉教授)
MC:マッシュー

映画情報どっとこむ ralph 今回の試写会イベントには、スペイン語を勉強している人やスペイン文化に興味を持っている方々が集まっており、ラテンアメリカ文学を日本に広めた第一人者である野谷さんが登壇されると、大きな拍手が沸き起こった。

本作の字幕監修を務めた野谷さんは、まず
野谷さん:翻訳と字幕監修の作業は 似ているように思われているのですが、実際には違うのです。翻訳は翻訳者の解釈が入る。私の仕事はその解釈が違っているときにどう修正するかというものなんです。今回の翻訳はとても上手に感じましたので、そこまで手直しする必要はありませんでした。じゃあどこを修正したかというと、ネルーダという人物像や文学について少し情報が足りなかったように感じたので、私の知識を追記させていただきました。

と、字幕監修の仕事について説明。

それについて苦労した点を聞かれると

野谷さん:この映画は複雑なつくりになっていてネタバレが怖いんですよね…、本作を簡単に説明すると物語はルイス・ニェッコ扮する 主人公のネルーダとガエル・ガルシア・ベルナル扮する警官ペルショノーの追跡劇なんだけれども、どちらも劇中で詩を朗読するんです。だけれど両方を詩人のように見せてはならなくて、そのニュアンスを字幕で表現するのがとても難しかったです。どちらも 詩人ではこの映画は成り立たないんですよね…。これから映画を見るみなさんにちょっとヒントをあげると、“この警官は一体何 者なのか?”ということです。

と意味深の発言をしてニヤリ。

映画情報どっとこむ ralph 日本ではそこまで深く知られてはいないパブロ・ネルーダという人物について、

野谷さん:映画ではネルーダが享楽主義者であることを描いているのですが、私もネルーダはおそらく自分のことを“天性の詩人”だと思い込んでいるナルシストな部分を持っていたと思います。子供の頃から“母に捧げる詩”なんて書いてましたから(笑)中学生くらいの時から文学活動を始め、師範学校から本 格的に詩を書き始めました。その頃に書いた詩でブレイクしたんです。彼は詩の中で歴史や政治など、世界のあらゆることにつ いて触れているんです。ここまで壮大なことを詩の中に落とし込んだ作家はネルーダ以外にはいません。他の作家の詩と比べて、彼の詩はスケールが桁違いに大きいんですよ。

など、人物像と作品のスタ イルについて説明し、観客は頷きながら野谷の解説に聞き入った。 また野谷が翻訳したネルーダの詩のひとつ「マチュピチュの頂」について話が及ぶと

野谷さん:スペイン文学の講師を務めていた頃に、一時期ネルーダに熱を上げた時期がありました。もう恋愛と一緒なんですけど(笑)その頃に一心不乱に彼の詩を翻訳しておりまして、その時のものを今回第二版として出版させていただきました。

と少し照れくさそうに執筆の裏側を明かした。

映画情報どっとこむ ralph 1996年に日本でも公開されたパブロ・ネルーダを題材にした映画『イル・ポスティーノ』ではネルーダは善人のように描かれていたことに対し、本作では 酒と女と享楽に溺れるネルーダの姿が描かれていることについて、

野谷さん:あれは 別人ですよね(笑)『イル・ポスティーノ』はネルーダの秘書を務めていた 経験を持つ作家が書いた原作が基になっているんです。物語の舞台も映画ではいい雰囲気のイタリアの島になっていますが、 実際はチリの海岸沿いの町なんです。こっちの映画は彼の影の部分を隠して、子供も楽しめる素敵な映画に仕上げていますね。

と笑った。

そして監督を務めたチリ出身のパブロ・ララインの演出について指摘し、

野谷さん:彼のネルーダの描き方が素晴らしい。ネルーダといえばチリの英雄だけど、彼はネルーダを知らない世代の若い監督。知らないからこそネルーダを神格化せずに自由な描き方をしているのが彼ならではのポイントだと思います。そしてちょっとネルーダをおちょくっているんですよね。ちょっと朗読し ているシーンを真似しますね。

といきなり鼻にかかった声で詩を読むネルーダのモノマネを披露!

そんなこともされるんですね、と司会が戸惑いをみせると

野谷さん:こういうひょうきんなところもあるんです。

と、会場を笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

野谷さん:正直に言ってこの映画はとても複雑なつくりになっていて、人によって見方 が違ってくるところが面白い。ミステリアスな追跡劇になっているので、繰り返し見て楽しめます。ぜひ 2,3 回見て新たなネルーダの魅力を発見をしてほしい。

と締めくくりました。

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』
原題:NERUDA
ⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

1948 年、冷戦の影響はチリにも及び、上院議員で共産党員のパブロ・ネルーダ(ルイス・ニェッコ)の元にも共産党が非合法の扱いを受けるとの報告が きた。ネルーダは上院議会で政府を非難し、ビデラ大統領から弾劾されてしまう。大統領は警察官ペルショノー(ガエル・ガルシア・ベルナル)にネルーダの 逮捕を命じ、ネルーダの危険な逃亡劇が始まる。

***********************************

監督:パブロ・ラライン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

脚本:ギレルモ・カルデロン
出演:ルイス・ニェッコ、ガエル・ガルシア・ベルナル、メルセデス・モラーン他

2016/チリ・アルゼンチン・フランス・スペイン/スペイン語/108 分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/

/PG12/日本語字幕:石井美智子 字幕監修:野谷文昭

ⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
    


原一男監督 『ニッポン国 VS 泉南石綿村』 釜山国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 韓国 釜山で2017年10月12日-21日にかけて開催された第22回釜山国際映画祭(PUSAN International Film Festival)において原一男監督の最新作映画『ニッポン国 VS 泉南石綿村』が、 ワイドアングル部門にてセメナ賞(最優秀ドキュメンタリー)を受賞しました!

映画祭開催期間 2017年10月12日‐10月21日
釜山国際映画祭公式HP:
http://www.biff.kr

映画情報どっとこむ ralph 原一男監督、受賞コメント

釜山国際映画祭で BIFF メセナ賞(最優秀ドキュメンタリー賞)を受賞しま した。泉南の原告団、弁護団、市民の会の人たちと喜びを分かち合いたいと 思います。釜山での上映に韓国のアスベスト被害者の人たちが駆けつけてく れて泉南の人たちと交流しましたが、韓国の被害者のおじさんが、自分の奥 さんがアスベストの被害でひどく苦しみながら死んでいった、映画を見なが らその奥さんのことを思い出して泣けて泣けて……と私に語ってくれまし たが、その話を聞いて私が泣きそうになってしまいました。この映画はやは り、日韓のそうしたアスベストの被害者の人たちのものである、と今、しみ じみ考えています。

映画情報どっとこむ ralph
また、今後は第 18 回東京フィルメックス(11月18~26 日)にて特別招待作品として上映予定です(上映日時25日 10:00‐) 。

劇場公開は、2018 年3 月、ユーロスペースにて公開です。

映画情報どっとこむ ralph イントロダクション

明治の終わりから石綿(アスベスト)産業で栄えた大阪・泉南地域。

肺に吸い込むと長い潜伏期間の末に肺 がんや中皮腫を発症するアスベスト疾患の責任を求めて、工場の元労働者と家族、周辺住民らが国家賠償請 求訴訟を起こす。

最高裁判決までの8年以上にわたる原告と弁護団の闘いを支援者として丁寧に記録する一方、映画作家として被害者、家族らの揺れ動く生の感情をカメラの前に引き出し、裁判終結までの痛切な闘争のドラマを描き出した。
***********************************

監督:原一男 製作:小林佐智子
撮影:原一男、構成:小林佐智子
編集:秦岳志
整音:小川武 音楽:柳下美恵、
制作:島野千尋
助成:大阪芸術大学芸術研究所 JSPS 科研費
製作・配給:疾走プロダクション
配給協力:太秦
宣伝協力:スリーピン
2017 年/215 分/DCP/16:9/日本/ドキュメンタリー
©疾走プロダクション
       


映画『猫が教えてくれたこと』ジェイダ・トルン監督来日記念トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 猫ドキュメンタリー『Kedi』が邦題『猫が教えてくれたこと』で11月18日(土)よりシネスイッチ銀座他全国順次ロードショーが決定。
本作の監督を務めたジェイダ・トルン監督が来日。これを記念して『レンタネコ』でも知られる荻上直子監督を迎えてのトークイベントが行われました。

映画『猫が教えてくれたこと』ジェイダ・トルン監督来日記念トークイベント
日時:10月18日(水) 
場所:アキバシアター
登壇者:ジェイダ・トルン監督、荻上直子監督

映画情報どっとこむ ralph 先ず初めに・・・

ジェイダ監督:今日来ていただいて本当にありがとうございます。日本のみなさんご覧いただけることとても光栄です。

と日本で公開されることを喜んでいらっしゃいました。

荻上さん:こんな素敵な映画を作って頂きありがとうございます。DVDで観たのですが、観ている間にうちの猫も寄ってきてずっと一緒に観ていました!猫にも愛される映画なのだなーと思いました。

と語った。

ジェイダ監督:ぜひDVDを買って猫と一緒に観ていただきたいです!

と笑顔で返しました。


本作は猫が主役。どうして猫をテーマとしたのかに対し、

ジェイダ監督:私は子供時代、イスタンブールの猫と一緒に過ごしていたのですが、その後住む国が変わっていったのです。その度にイスタンブールのような猫がいなくて寂しくなりましたし、イスタンブールの猫がどれだけユニークな存在だったのかも気づきました。そんな猫たちイスタンブールからいなくなる前に映画を撮りたいと思った。30年前からこのような映画がほしかった。この映画はイスタンブールやイスタンブールの猫へのラブレターだと思っています。そしてこの愛をみなさんとシェアできれば嬉しいです。

と、この映画、そしてイスタンブールの猫たちへの愛を語りました。


映画情報どっとこむ ralph
本作の特出すべき点でもある猫と同じ目線。

これを撮るために地上10センチすれすれの“猫カメラ”を開発したジェイダ監督。撮影で苦労したことを聞かれると、

ジェイダ監督:私にとってすごく良かったのは猫に無理に何かをさせることがなかった。もちろん難しさはありました。長い間何もしていなかったと思ったらいきなり走り出していなくなってしまったり…。でもどうやら猫たちもカメラに撮られているのが楽しそうに感じ取れたので、素晴らしい映像になったと思います。猫の姿そのままを映しているつもりです。

と猫たちの共同作業に満足な様子の監督。

荻上さん:この作品では何匹か猫が出てくるんですけど、“私この人に似てる!”と思う猫がいて、人間と同じように個性が強いキャラクターが出ているので、人間と変わらないなと思いながら観ていました。

と印象に残った部分を語ると

ジェイダ監督:本当にそう。長い時間一緒に過ごすと猫たちの性格が分かってくるんですよね。そして猫を見ていると自分を見ているように思えるんです。この映画のために色んな方にインタビューをしたのですが、猫のことを話していますが実はみんな自分自身を表現しているように見えました。

と撮影で感じたことを語った。猫と人との関係性について聞かれると
荻上さん:うちでは猫が膝の上にいる間は動かなくていいというルールがあるんです。”醤油取って~“とか(笑)。猫がいないと旦那となんの会話をしていいか分からないぐらい。人と人との距離を埋めてくれるような存在だと思います。

という意見にジェイダ監督は終始うなずき、会場からは”荻上家ルールに笑いが。

邦題は『猫が教えてくれたこと』。これにちなみそれぞれ猫が教えてくれたことを聞くと、

ジェイダ監督:一番大きいのは自分の中の謙虚さを改めて教えてくれること。そして自分の中の野生を思い出させてくれる。それはより幸せな人間になるためにとても大事なことだと思います。わがままの中にもいいことってありますよね?

と荻上さんに聞き、

荻上さん:わがままでいていい!と思わせてくれますね。

と答えます。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

ジェイダ監督:できればご家族全員で観て欲しいです。それぞれの年代で楽しめる作品です。あと、本作でミャーミャー鳴いている鳴き声はすべて本物です!ぜひ友達や猫に本作をシェアして頂きたいです。

と笑顔でメッセージを残した。

11月18日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次公開!

公式HP:http://neko-eiga.com/

物語。。。

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。

生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。
***********************************

監督:ジェイダ・トルン 
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン 
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム
配給:アンプラグド 2016年/79分//アメリカ/5.1ch/ビスタ/カラー 
©2016 Nine Cats LLC


『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』予告編(前・後編)&ナオト コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph “太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。
映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために行った、13年ぶりの長旅。

アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅。ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す、“新たな出会いと音楽”。世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った密着したドキュメンタリーは前編11月23日(木・祝)、後編1月5日(金)公開となります!

その未公開映像含む最新予告編が到着です。


映画情報どっとこむ ralph ナオトさんのコメントも到着!

ナオト・インティライミ コメント
これだけの長旅は13年ぶり。 
音楽に追われていた。もう一度音楽を追いたい。そう思い、原点回帰への旅をしてきた。
本当に台本もない、一切仕込みもないリアルなドキュメンタリーだから、わたくし、完全に素であります。笑
人から発せられる力と現地の音楽に触れ、生きていく力を入れていった旅。
ぜひこの映画でしか観られない、刺激渋滞な旅を体感して欲しい!
そして主題歌「Sunday」もぜひ楽しんでいただけたら。
旅でインプットした世界中のリズムや音、文化はもちろん、エネルギッシュに生きる人々と触れ合って感じた、肩肘張らずに毎日を進んでいこう、という想いをこめました。
ごめんなさい、思わず体が揺れてしまうかも。気がついたら一緒に「Hey,Hey」と言ってしまうかも。笑

映画情報どっとこむ ralph ナオト・インティライミが書き下ろした主題歌「Sunday」!

主題歌「Sunday」含むコンセプトアルバム「旅歌ダイアリー2」 2017.11.22 Release!!

―形態― 
※全1タイプ
●完全限定生産盤(CD+PHOTO BOOK) UMCK-9927 \3,685(税抜)+税
「三方背スリーブケース」仕様で、全60ページにも及ぶ豪華「PHOTO BOOK」付き!
この「PHOTO BOOK」には、2017年に約半年間世界を旅していた際のナオト・インティライミの貴重な写真を豪華60ページに渡り収録!!映画でも未公開となるL.A.やヨーロッパ各国の写真など、ここでしか楽しめない貴重なショットが満載!数に限りのある「完全限定生産盤」ですので、ご予約はお忘れなく!!

―CD収録内容―
約半年間の旅で得た様々な刺激と経験をアウトプットし、“旅”をテーマに制作したコンセプトアルバム!
映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』の主題歌「Sunday」や映画のサウンドトラックを含む、
全20曲程度収録予定!
※収録曲は後日発表いたします!お楽しみに♪

映画情報どっとこむ ralph 映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』

【前編】 2017年11月23日(木・祝)
【後編】 2018年1月5日(金)

“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。
本作は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録だ。
アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅に密着。
ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す、“新たな出会いと音楽”。ミュージシャンと即興セッションや、子供たちとの交流など、言葉も文化も異なる異国でナオトの<人間力>を発揮し、旅の刺激から生きる力を入れていく――。
世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った、奇跡のドキュメンタリー映画が前・後編の2部作でここに誕生。

公式サイト:www.naoto-tabiuta2.com

TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

出演:ナオト・インティライミ 
監督:加藤肇 
配給:日活 
©2017「ナオト・インティライミ冒険記2」製作委員会
***********************************

     


行定監督の手紙に有村架純・・涙。松本潤は後悔!『ナラタージュ』


映画情報どっとこむ ralph 高校教師と生徒という立場で出会った葉山(松本潤)と泉(有村架純)。
そんな2人が時を経て運命的再会を果たし、一生に一度の許されぬ恋に身を焦がしていく…。

嵐の松本潤主演で映画化した『ナラタージュ』その大ヒットを受け主演の松本潤さん、有村架純さん、そして行定勲監督が登壇する登壇の大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

『ナラタージュ』大ヒット御礼舞台挨拶
日付:10月16日(月)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:松本潤、有村架純、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中登場した松本潤さん、有村架純さん、行定勲監督。
それぞれのご挨拶の後、本作の公開後の反響に対して

松本さん:久しぶりな知り合いから長い感想をいただいたり、平日の昼間に見てくれた友人からは、たくさんの人が劇場に入っていることを教えてもらいました。この映画をきっかけにコミュニケーションが取れました。

と大ヒットを実感したご様子。釜山国際映画祭の公式上映に参加した有村さんと監督は今日帰国されたようでその感想を
有村さん:監督や作品をリスペクトされている方が多く、Q&A、質疑応答はものすごい数の人たちが手を上げてくれました。しかも2歩、3歩踏み入った質問をしてくれて、とても楽しかったです。

と話す有村さん。これを受けて、

監督:彼らは、最近無くなった本格的なラブストーリーダと言うんですね。傷つけたり悲しいことを乗り越えたり。こういうものを観たかったと言われて。生々しいこの作品を映画館で観て、肯定、否定。韓国でも日本でも伝わったなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作を通じて得たもの

松本さん:自分の表現の幅が広がりました。これまでの自分がやっていた方向とは違う、そぎ落とす方向でやらせてもらっいました。また呼んでいただきたいですね。
有村さん:映画の面白さを改めて感じた作品です。葛藤しながら作品を作る楽しさを改めて感じました。色々な出会いや発見をくれた作品。撮影から今日まで、充実した時間でした。

と大変だった作品から得たものに感謝するお二人。

12年の構想を経て本作を完成させた行定監督は

行定監督:大ヒットで首が繋がった。これが当たらなかったら路線を変えようと思いました。ジェットコースタームービーみたいなね(笑)。でも、この人間関係のあいまいさのようなものを描きたいんです。わかり易くしなくてもいい。それこそ映画だからできること。こうやって多くの皆さんに見ていただけたということで、またこういった作品をやれる猶予期間が延びました。

と、嬉しそうな監督。

映画情報どっとこむ ralph この日は松本さん、有村さんには内緒で行定監督が感謝の手紙を執筆し、MCが代読。

松本さんには、『君が参加してくれたからこそ1本の映画が救われた』『不器用でその分誰よりも努力してここにいる人』『繊細な君とはもっともっと自由に旅してみたい。次はどんな冒険をしようか?その日を楽しみにしている』

などの言葉が贈られた。

そして、

有村さんに対して『精神的にもきつく不安があったはず。覚悟しなければいけないこともあったと思うが、泣き言も悩みも打ち明けず、ひたすら役と向き合った。その苦悩する姿こそ女優の最も美しい姿。あなたほど寡黙で芯の強い女優を私は知らない。これからもかたくなに演じることに拘り続けてほしい。そして日本映画史に残る女優になって。あなたなら必ずできる』

との言葉が贈られた。これに有村さんは号泣。その横でハンカチがないことを悔やむ松本さん。それでも記者対し「撮らないであげて」と優しい松本さん。

有村さん:このようにお手紙をいただいて……今までやってきて良かったなと思いました。

松本さん:この手紙をいただけたことが一番の宝物。監督、スタッフの皆さん、このタイミングで架純ちゃんとこのようなラブストーリーができたことに感謝です。

と感無量の様子でした。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
壊れるくらい、あなたが好きでした。

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

***********************************


松本 潤 有村架純
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏 音楽:めいなCo.
主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) / 作詞・作曲:野田洋次郎

配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会