「な行」カテゴリーアーカイブ

なら国際映画祭の映画製作プロジェクト 『二階堂家物語』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が 2019 年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開することが決定しました。

本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む3世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった 辰也に対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子を取るように過剰な期待をかける辰也。名家の跡継ぎ を巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

監督には 2015 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞し、なら国際映画祭 2016 にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞したイランの若手アイダ・ パナハンデ監督。

本作は NARAtive 映画製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなります。

エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは映画作家・河瀨直美さん。

映画情報どっとこむ ralph そして、キャスト情報が一挙解禁!

伝統と威厳を保ち名家の存続を守ろうとする主人公 二階堂辰也を演じるのは、今年デビュー30 周年を迎える、日本を代 表する名優 加藤雅也さん。

自らの恋と跡継ぎ問題の間で想いが揺れる娘 由子に『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』にて主演を務め、第 60 回ブルーリボン賞 新人賞などを受賞した石橋静河さん。
由子へ密かに想いを寄せる幼馴染の多田洋輔を映画『OVER DRIVE』や大河ドラマ「西郷どん」にも出演している劇団EXILE 町田啓太さんが務める。


辰也の母で跡継ぎ問題に気を揉む ハルを 白川和子さん、洋輔の父 源二郎を田中要次さん、辰也と互いに想いを寄せ合う、辰也の秘書 沙羅を陽月華さんが演じています。

なお、9月20日(木)より開催される、なら国際映画祭 2018 のオープニングセレモニーにて加藤雅也さん、石橋静河さん、町田啓太さん、田中要次さん、白川和子さんら豪華キャスト陣が登壇することも決定しています。

二階堂家物語

2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開です。

***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival


『虹色デイズ』主演4名の【手書きメッセージ&サイン】入りカード全国映画館(一部除く)で配布決定!


映画情報どっとこむ ralph “男子だって本気で恋をする。”という今までにない斬新な設定で、男子高校生4人が織りなす【友情】とピュアな【初恋】に胸がときめく青春感動ストーリー『虹色デイズ』が7月6日(金)より全国公開中!

佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、4人がカルテット主演ですから当然大ヒット中!

この大ヒットを記念し、7/23(月)より全国の映画館(一部除く)にて主演男子キャスト4名の【手書きメッセージ&サイン】入りカードの配布が決定しました!!

カードの表面には、主人公4人が勢揃いの青春の一ページを切り取った新ビジュアルが取り入れられています。

映画情報どっとこむ ralph なお、カードの配布劇場につきましては、映画公式サイト(http://nijiiro-days.jp/)をご確認ください。

カードは無くなり次第終了となりますので、是非お早目にお手に取っていただき、キャスト陣の熱いメッセージをチェックしてみてください!

映画『虹色デイズ

公式サイト nijiiro-days.jp
公式Twitter @nijiiro_movie

全国にて大ヒット上映中!

撮影:2017年10月中旬~11月/都内近郊

物語・・・

ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!
***********************************


出演:

佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 ※4人ともに主演

吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower)

/ 山田裕貴 滝藤賢一


監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾

制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社 


堤 真一・柳楽優弥・川栄李奈で重松清原作「泣くな赤鬼」待望の映画化決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松清先生。

教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収の「泣くな赤鬼」が堤 真一さん・柳楽優弥さん・川栄李奈さんで待望の映画化です!


城南工業野球部監督・小渕隆。
陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた。甲子園出場一歩手前までいきながらも夢叶わず10年の月日が流れ、今では野球への情熱は衰え、定年間際の疲れた中年になっていた。

ある日、かつての教え子・斎藤智之(愛称ゴルゴ)と偶然、病院で再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴだったが、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していた。そのゴルゴが、末期がんで余命半年であることを知らされる。

あの時、かけてやれなかった言葉、厳しくすることでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼は、ゴルゴのために最後に何ができるのか。今だからわかり分かり合える教師と生徒の、深く胸に染みいる感動作。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・赤鬼先生には、実力とその存在感で作品世界を表現する、日本を代表する俳優・堤真一さん。

『とんび』に続く重松清先生とのコラボ。

堤 真一さんからのコメント
重松清さん原作の映像化は、ドラマ「とんび」以来 2 作目です。重松作品の読み物と しての面白さはもちろんですが、この作品には、映像化によって、物語の奥にあるも のを小説とは違った形で引き出し、膨らませることができる…、そんな可能性を強く感 じました。
野球部監督と一生徒の関係が丁寧に描かれていますが、どこか親子にも通じるよう な、人と人との関わりについて深く考えさせられる作品です。僕が演じる野球部の監 督は、熱気に満ち溢れた現役監督時代の姿と、時を経て、元生徒と再会したときの疲 労感が漂う姿の二面があります。そんな過去と現在の二面性を、決して表面的につく るのではなく、佇まいの違いで表現できればと思っています。 この作品に触れて、今、自分の学生時代の思い出が鮮明に蘇ってきています。やは り先生と生徒との繋がりは、たとえ頻繁に会うことは無くなっても、その記憶は深く残 っていますから。まずはバッティングセンターへ行こうかな(笑)。 是非、ご期待いた だきたい作品です。

映画情報どっとこむ ralph 赤鬼先生の元教え子・ゴルゴには、個性溢れる演技力とその実力でTV・映画と出演作多数の俳優・柳楽優弥さん。がんで余命半年という難しい役どころに挑戦します。

柳楽優弥さんからのコメント
堤真一さんが主演される作品に参加させて頂けるという事がとても嬉しいです。自分の学生時代と状況は違いますが、先生と生徒の関係性に感情移入しながら一気に読み終えました。本当に感動しました。監督とクランクアップまでしっかりと話し合いながら、斎藤智之という役を丁寧に作り上げていきたいと思っています。この原作の素晴らしさをしっかりと伝えられるように頑張ります。是非楽しみにしていて下さい。

映画情報どっとこむ ralph ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃には、TV・映画と幅広く活躍する、若手注目女優・川栄李奈さん。 

川栄李奈さんからのコメント
最初お話を頂いた時、詳細な内容はまだ知らなかったのですが、決定されているキャストの名前をお伺いして、早く撮影したい!という気持ちになりました。タイトルは「泣くな赤鬼」ですが原作を読んだだけで涙が出ました。これを堤さんや柳楽さんと一緒に作品作りができると思うと、経験豊富なお二人に必死に食らいついていこうと思っています。雪乃は病に侵される夫を献身的に支え、子供には弱さを見せない力強い妻であり、母です。夫役の柳楽さんは以前共演したときのお芝居が魅力的で忘れられません。今回また夫婦役で共演できると聞き、柳楽さんがどんな空気感を作ってくれるのか私もそれを支える奥さんでいられるように頑張りたいと思います。重松清さんの作品に関われることがすごく嬉しいです。素晴らしい役者さん達と共に頑張りたいと思います。この作品は涙なしでは見られないと思います。原作の短編集がどんな長編ストーリーになるのか楽しみにしていてください。


映画情報どっとこむ ralph 監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重淳。

兼重 淳監督
堤真⼀さん、柳楽優弥さん、川栄李奈さんという素晴らしいキャスト、素晴らしいスタッフと共に作品作りができることを、とても光栄に思います。厳しくすることでしか⽣徒と向き合えなかった「せんせい」と、⼤⼈になったかつての教え⼦の物語を、⼼を込めて作ります。


泣くな赤鬼

豪華キャスト、スタッフ、そして珠玉の小説により、2019年全国公開。

新たな感動作が誕生します。



***********************************

堤 真一 柳楽優弥 川栄李奈
原作:重松 清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
配給:KADOKAWA
© 2019「泣くな赤鬼」製作委員会


佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星に『虹色デイズ』卒業証書授与も・・・


映画情報どっとこむ ralph 佐野玲於さん、中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さん 4人が主演の映画『虹色デイズ』が7月6日(金)より全国公開となり大ヒット公開中!

そして、感謝の意を込めて7なな月16いろ日で“虹の日”舞台挨拶が行われました。

これまで多くの宣伝プロモーションを頑張ってきた主演男子4人へ、本作の飯塚監督よりサプライズの手紙をプレゼント!さらに最後の舞台挨拶ということで、飯塚監督より卒業証書の授与も行いました。が・・・・

映画『虹色デイズ』“虹の日”舞台挨拶 
日付:7月16日(月・祝)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の皆さん、キャストの登場を今か今かとソワソワ。
実は大阪での部再挨拶から直行と言うことで、到着したばかりだそう!
そして、4人と監督が登場すると、割れんばかりの歓声と拍手!!そして、其々押しのパネルでアピールする観客の皆さん。

佐野さん:今日はお集まりいただきありがとうございます。映画が公開して数日。こうして沢山の方にご来場いただきまして凄く嬉しいです。素敵な映画が出来たと思っています!

中川さん:このメンバーでこうして舞台に立つのももしかすると今日で最後かなと。僕たちもイベント楽しんで行こうと思っています!

高杉さん:初日をここで迎えて、9日ぶりに皆でここに立つことが出来て本当にうれしく思っています。

横浜さん:4人と監督で集まってのトークは最後です。頑張りますのでよろしくお願いします!

そして、東南アジアの革命戦士のような出で立ちのイイズカ監督は
飯塚監督:公開初日ここで始まって。こうやって皆揃っていることがとてもうれしいです。最後かと想うと寂しいです。。

との挨拶からスタート!

本日大阪で4回舞台挨拶をしてきた感想を聞かれ

佐野さん:楽しかったですね。関西圏の方のパワーが凄かったですね!

中川さん:感想も聞けたので嬉しかったですね。


映画情報どっとこむ ralph ここでTwitterで募集した質問コーナーに

Q.虹色デイズ撮影中に一番笑ったのは?

・・・・・

佐野さん:エキストラさんのキャラが濃い人が多くて。笑いました。
グイグイ来られてNGになったことも。これは文化祭のシーンだそう。

中川さん:僕は滝藤賢一さんのシーン。学生の時の先生にそっくりなので。滅茶怒られてシュンとするさまがあるあるすぎです。

Q.注目して欲しいシーンは?

佐野さん:恒松さんが本屋さんから出ていくシーン。状況わかるな~と。僕のお気に入りです。

中川さん:屋上でのカップラーメンのシーン。流星だけ焼きそばで、湯斬り後の蓋からカヤクを落とすところ。
横浜さん:焼きそば工程が多くて、食べる前にシーンが終わっちゃった。

と、当時を振り返ります。

Q.芸能界に入っていなかったら?

佐野さん:小さいころからダンスしていたので、ダンスの先生。スパルタで!

中川さん:建築系。。デザインとか。

高杉さん:幼稚園の先生かレスキュー隊員。
と言う高杉さん。こんな先生居たら幼稚園大繁盛!

横浜さん:父が大工なので大工か。空手をやっていたので格闘家ですかね。

と言うことで、中川さんが設計した建物を横浜さんが建てて、幼稚園を高杉さんが。そしてダンスを佐野さんが教えるという形にまとまりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、今まで共に頑張って来た監督からサプライズのお手紙

飯塚監督:大作を書いてきました!
と言う監督が取り出したのはとても小さなメモ!これに「チッチャ!」大作じゃないと総ツッコミ!

ですが、実は監督の冗談。

実際の長文のお手紙に神妙な4人。


更に、サプライズは続き、4人に卒業証書授与。これに卒業したくない!と言う4人に。

MC:証書には(仮)とあります!実は台湾と韓国でも公開が決定しました!アジアに虹がかかります。一肌脱いでもらいます!

これに大喜びの4人と監督!

最後に・・・

佐野さん:この作品に携われたのは自分の人生で大きなことでした!

映画情報どっとこむ ralph 最後に、虹色になった客席をバックにフォトセッションでイベントを締めました。

映画『虹色デイズ

公式サイト
nijiiro-days.jp

公式Twitter
https://twitter.com/nijiiro_movie

撮影:2017年10月中旬~11月/都内近郊
公開:2018年7月6日(金)より大ヒット上映中!

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!
***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 ※4人ともに主演
   吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社 


高見泰地叡王の第3期叡王就位式に永山絢斗がサプライズ登壇!from『泣き虫しょったんの奇跡』


映画情報どっとこむ ralph 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。9月7日(金)全国ロードショーとなリます。

主演を務める松田龍平さんほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結!第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への正式出品も決定している本作。

この度、高見泰地叡王の第3期叡王就位式がホテルニューオータニで行われ、本作で奨励会員・新藤和正役を演じた永山絢斗さんがサプライズで登壇し、祝辞を述べました!

第3期叡王戦は、全棋士、女流棋士1名、アマチュア1名が段位別で予選を実施し、本戦トーナメント決勝進出2名で七番勝負を行い、4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得できるドワンゴ主催の将棋タイトル戦。

34年ぶりのタイトル戦昇格となった叡王戦で、高見泰地叡王はその初めてのタイトルホルダーを決定する第3期で数々の強豪棋士を破り、自身初のタイトル挑戦、そして決勝七番勝負で四連勝し、自身初のタイトルとなる叡王を獲得しました。

高見叡王は原作者である瀬川晶司五段らと共に、本作では劇中の将棋監修や棋士を演じるキャストらへの指導を担当。

その縁もあり、式では松田演じる主人公・しょったんと共にプロ棋士を目指す奨励会員の一人、新藤役を演じた永山絢斗さんがサプライズで登壇しました!
高見泰地叡王第3期叡王就位式
日付:7月13日
場所:ホテルニューオータニ
サプライズゲスト:永山絢斗

映画情報どっとこむ ralph 200名以上の将棋ファンや関係者らが集う会場から盛大な拍手で迎えられると、

永山さん:なんだか映画の舞台挨拶よりも緊張していますが(笑)、初代叡王の高見さん、おめでとうございます!本当に感動しました。

と、緊張した面持ちで挨拶。撮影現場での高見叡王の印象を

なんとも不思議な方で。可愛らしい印象でした。

と語る永山さんは、映画の撮影後も瀬川五段を始め、棋士たちと食事へ行くなど、交流を深めていたそうで

永山さん:食事をさせていただいた時にも、『タイトルを獲ってやる!』とおっしゃっていたので、本当に感動しましたし、嬉しかったです。

としみじみ語りました。
映画情報どっとこむ ralph さらに

永山さん:今まで遊びで将棋をすることはあったのですが、今回色々と教えていただいたお陰で、本当に将棋の虜になってしまいました。毎日携帯のアプリで将棋をしていますし、将棋の駒を椿油で磨いてます。

と“将棋愛”を明かし、会場が和やかなムードに包まれる場面も。

そして!

永山さん:今日は高見さんの晴れ姿を生で見ることが出来て、本当に嬉しいです。この場にいれて本当に光栄です。高見さん、本当におめでとうございます!

と改めて祝いの言葉を述べ、締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には永山から高見叡王へ花束贈呈が行われ、熱い握手を交わす一幕も。終始和やかなムードが漂う中、永山は会場を後にしました。

また式中では、主演を務めた松田龍平さんからの祝辞の紹介も。

松田さん:叡王のタイトルおめでとうございます。映画の撮影ではお世話になりました。高見さんが高見に登ってしまったと恐縮してしまいますが。これからも更なる高見を目指してください。応援しています。

という祝いの言葉が紹介されると、会場は大きな拍手に包みこまれました。

『泣き虫しょったんの奇跡』

9月7日(金)より全国ロードショー!

史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。


***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社