「た行」カテゴリーアーカイブ

長瀬智也・神木隆之介TOO YOUNG TO DIE!特報映像解禁


宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也・神木隆之介出演
『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が、2016年2月6日に全国公開となります。

TOO-YOUNG-TO-DIE!若くして死ぬ本作は、宮藤官九郎さんの完全オリジナル作品。
待望の監督最新作の舞台に選んだのは、ズバリ【地獄】。
不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助。目覚めるとそこは―まさかの【地獄】!!

たいして悪いこともしてないのに、大好きなひろ美ちゃんとキスもしてないのに、このまま死ぬには若すぎる!

ロックバンドを率いる赤鬼のキラーKと出会った大助は、彼から地獄のしくみを学び、ひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指して大奮闘するのだが―。

この度、待望の特報映像が公式サイトにて公開です!

公式サイト:http://tooyoungtodie.jp/

映像では、不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助(神木隆之介さん)による衝撃的な半目シーンや大好きなひろ美ちゃんにキスを迫る表情が映し出され・・・

一方で、地獄に落ちた大助を「地獄へようこそ」と呼びかけるキラーK(長瀬智也さん)の姿をはじめ、これまでの地獄のイメージを覆す、明るくて“ロックな”世界が収められてます。

最後には、クランクアップ会見にて長瀬さんが“顔で弾いた”と表現していた、キラーKによるギター演奏シーンも!

地獄専属ロックバンド地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となる長瀬智也。

17歳という若さで地獄に落ち、大好きなクラスメイトへ会いたい一心でキラーK と生き返りを目指す高校生・大助を演じるのは神木隆之介。

さらに、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘(※外字の舎官)寛治、皆川猿時、古田新太ら豪華キャストも出演しています。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

公式サイト:TooYoungToDie.jp
公式twitter:@TYTDmovie
公式FB:https://www.facebook.com/TYTDmovie
********************************************************************

監督・脚本:宮藤官九郎 
出演:長瀬智也 神木隆之介 /尾野真千子 森川葵/桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清/古田新太/宮沢りえ
製作:アスミック・エース 
東宝 ジェイ・ストーム パルコ アミューズ 大人計画 KDDI GYAO
制作プロダクション:アスミック・エース
配給:東宝=アスミック・エース
© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation


宮沢りえが宮藤官九郎監督TOO YOUNG TO DIE!出演決定!!


監督・脚本 宮藤官九郎×長瀬智也×神木隆之介で贈る、世界初!【爆笑地獄】コメディ!!17歳で死んじゃった!!まだキスもしてないのに~!!!!! 大好きなあの子にもう一度会いたい!

宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也・神木隆之介出演『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』を、2016年2月6日に全国公開となります。

本作は宮藤官九郎の完全オリジナル作品。舞台は、ズバリ【地獄】!!

宮沢りえ&宮藤官九郎監督『TOO-YOUNG-TO-DIE!若くして死ぬ』不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助。目覚めるとそこは―まさかの【地獄】!!たいして悪いこともしてないのに、大好きなひろ美ちゃんとキスもしてないのに、このまま死ぬには若すぎる!ロックバンドを率いる赤鬼のキラーKと出会った大助は、彼から地獄のしくみを学び、ひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指して大奮闘するのだが。

地獄専属ロックバンド地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となる長瀬智也。17歳という若さで地獄に落ち、大好きなクラスメイトへ会いたい一心でキラーK と生き返りを目指す高校生・大助を演じるのは神木隆之介。さらに、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘(※外字の舎官)寛治、皆川猿時、古田新太ら豪華キャストも出演しています。

そしてこの度、地獄に落ちた高校生・大助(神木隆之介)が恋するヒロイン・ひろ美の20年後の役として、宮沢りえの出演が決定コメントが届きました!


手塚ひろ美役:宮沢りえコメント

宮藤さんはお仕事を一緒にしたいなぁと思う人の1人でしたので、オファーを受けて即答しました。 脚本を読んで、多少戸惑いはありましたが、振り切れた世界に、絶望と希望が塗れていて、参加できて、心から嬉しいです。。。 今回はヒロイン的なポジションですが、またのチャンスかあれば、振り切り枠に、呼んでいただきたいな。。。と思ってます。訳あって動物に扮した神木さんとの共演もかなり、忘れられないシーンになりました。お楽しみに。
宮沢りえ『TOO-YOUNG-TO-DIE!若くして死ぬ』
監督・脚本: 宮藤官九郎コメント

ひろみ役は「たたずまいが印象的な大人の女性」が良いと思い、ダメもとで宮沢さんにお願いしましたところ、演って頂けるということで、とりあえずビックリしました。現場では、テストの時点でほぼ言う事がなく、スタッフの手前、なんか言った気もしますが、その度に芝居が変化し、その柔軟さに唸らされました。短いシークエンスですが、しっかり締めて頂きました。「本当は地獄に出たかった」と言って頂きましたので、次はわちゃわちゃの方でお願いしたいです。

また、追加キャストも続々と決定になり、地獄のガールズバンドのドラマー役にシシド・カフカ、ベーシスト役に清、大助の母親役に坂井真紀、役どころは明かされていないが荒川良々も参戦しています!



『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

公式サイト:TooYoungToDie.jp
公式twitter:@TYTDmovie
公式FB:https://www.facebook.com/TYTDmovie
********************************************************************

監督・脚本:宮藤官九郎 
出演:長瀬智也 神木隆之介 /尾野真千子 森川葵/桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清/古田新太/宮沢りえ
製作:アスミック・エース 
東宝 ジェイ・ストーム パルコ アミューズ 大人計画 KDDI GYAO
制作プロダクション:アスミック・エース
配給:東宝=アスミック・エース
© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation


『天空の蜂』江口洋介、息子役の田口翔大から手紙!


9月12日(土)に全国312スクリーンで公開され、全国で話題沸騰中の映画『天空の蜂』。

この度、9月20日が“空の日”ということで、大ヒットを御礼し、再び主演の江口洋介さんと堤幸彦監督が登壇し、大ヒット御礼舞台挨拶がおこなわれました。

スペシャルゲストとして、江口の息子役を演じた田口翔大くんが登場!江口さんと監督へ手紙を書いてきてくれました!

0920『天空の蜂』
映画『天空の蜂』大ヒット御礼イベント
日 時:9月20日(日)
場 所:新宿ピカデリー
登壇者:江口洋介、田口翔大、堤幸彦監督

江口洋介さん(以下、江口さん):シルバーウィークの中、『天空の蜂』を選んでいただいて、ありがとうございます。皆さん、観終わってまだ気持ちの整理がつかないとは思いますが、三島は獄中で亡くなっているので(笑)今日は監督といろいろなお話をしたいと思います。最後まで楽しんでください。

堤幸彦監督(以下、監督):並みいる強敵の中、本作を選んでいただいて誠にありがとうございます。細かいところがあるかとは思いますが、パンフレットに詳しいことは書いてあるので、ぜひお手に取ってください(笑)とにかく、チーム一丸となって何年もかけて作った作品です。気に入っていただけたら嬉しいです。


MC:何度見ても、手に汗握るアクションシーンにハラハラしますが、改めて公開を迎えての今のお気持ちをお聞かせください。

江口さん:こういった作品は、日本ではなかなか企画を通すのが難しいんですが、最高のチームのもと、多くの人の勇気のおかげでこのように形にすることができました。こうゆう時代なので、皆さんの心に残る作品になっていることを願っています。皆さんの顔を見ると、伝わっている表情をしているので(笑)、感無量です。参加できて本当に嬉しいです。

MC:監督は20 年前に書かれた「予言の書」とも呼ばれる本作を映画化するに当たり、どのような点をこだわったのでしょうか。

監督:全てにおいて、こだわりの連続でした。原発や国の体制、防衛産業など、それぞれ働く人々の表情、心持を映すことができました。ある作品では“貧乳”などと言っていた私で大丈夫かと思うこともありましたが(笑)最高のキャスト・スタッフと共に、完成することができました。ヘリのドアがないと大変辛いのですが…

江口さん:ないと辛いですね…(笑)。

監督:江口さんは身をもって体験していただきまして、私は怖くて乗れませんでしたが(笑)いろんな批評をいただき、良いご意見もいただいて、珍しく家族からも褒められました。SNSでも、手紙でも、狼煙でもよいので、広めていただけたらと思います。

MC:本日はシルバーウィークのお休み真っ只中ということで、さらにスペシャルなゲストにお越しいただいております。江口さん演じる湯原の息子であり、ビッグ B に取り残される高彦を演じました、田口翔大くんです。大きな拍手でお迎えください。

田口翔大さん(以下、田口くん):こんにちはー!

0920『天空の蜂』江口さん、田口くん握手
監督:背伸びた!?もう飛び降りろって言えないくらいの大きさだね。

MC:田口君は人生初の舞台挨拶ということですが、いかがですか?緊張してますか?

田口くん:とても緊張して心臓がバクバクしています。

江口さん:素直な感想だね(笑)今何年生?

田口くん:小学校5年生です。

MC:自分が出演している映画を観て、どうだった?

田口くん:すごい。自分が小さいのにスクリーンが大きいから…

監督:友達とかクラスメイトから何か言われたりした?

田口くん:面白かったって。そんな感じです。

監督:隣の教室の友達とかに自慢しないの?

田口くん:そうゆう自慢とかは僕苦手なので…

MC:江口さん、監督、田口君のお芝居はいかがでしたか?

江口さん:目がまっすぐなんですよ。だから、芝居もまっすぐで素晴らしいです。

監督:そう、演技も本当に素直で、30歳くらいじゃないかなって…(笑)小さなベテランですよ。大昔に『小さな恋のメロディ』って作品があったんですが、そのマーク・レスターに似てますよ。

江口さん:確かに似てますね!

MC:さて、実は今日は田口君から、お父さん役を演じられた江口さんと、堤監督に手紙を書いてきていただいているんですよね?

田口くん:
江口さん、堤監督へ
僕は初めての映画で緊張して、衣装あわせの時も江口さんが「よろしくね」って声を掛けてくださったり、監督が「これがあのビッグBの模型だよ」って見せてくださったのですが、「はい」くらいしか言えませんでした。

0920『天空の蜂』田口くんお手紙だけど、江口さんは一緒にセリフの練習をしてくださったり、いつも僕のことを助けてくださったり、とても心強かったです。

監督は撮影の前にいつも気持や動きをわかりやすくアドバイスしてくださったり、不安に思っていたところもすごく演技がやりやすくなってビックリしました。最初、オーディションに合格した時に僕でいいのかなって思っていたのですが、本当に『天空の蜂』という作品に参加できて嬉しいです。

江口さん、堤監督と一緒にお仕事できるように頑張ります。ありがとうございました。 田口翔大

MC:江口さん、監督、いかがですか?

江口さん:感無量です。子役の域を超えていますよね。高彦がいなかったら、湯原の行動は生まれなかった。劇中で、一番勇気ある行動を取ったのは高彦だと思います。よく頑張ったな。

田口くん:ありがとうございます。

監督:もう充分です。モールス信号も一緒に頑張って覚えたりして…本当に頑張ってくれました。

江口さん:そう言えば、撮影の時に照明がすごく眩しい時があったんです。大変だったよね?

田口くん:はい、目が開かなかったです。

監督:ヘリのセットもすごい高い位置にあって、僕が登らなかったほど、怖いんですけど、彼は頑張って演じてくれましたね。これからいい役者になってね。

江口さん:ありがとうね。これから頑張ってね。

MC:まだまだお話をお伺いしたいところではございますが、そろそろお時間となってしまいました。最後に江口さんから、本日お越しの皆様にメッセージをいただけますでしょうか。

江口さん:今、大変なことになっている世の中ですが、この作品は親子でも、友達同士でも楽しめる作品ですし、勇気をもって劇場を出ることができる映画です。ぜひ2時間18分、劇場で楽しんでいただいて、広めていただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました。

天空の蜂

公式サイト:www.tenkunohachi.jp
@tenku_bee #天空の蜂

********************************************************************

江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 
綾野剛 國村隼 柄本明
『天空の蜂』ポスター 光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ 手塚とおる 落合モトキ 松島花 向井理 竹中直人 石橋蓮司 他

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)  
脚本:楠野一郎  
音楽:リチャード・プリン
主題歌:秦 基博「Q & A」(オーガスタレコード/アリオラジャパン)
制作:オフィスクレッシェンド
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会 


『テニスの王子様』3rdシーズン大千秋楽公演を全国の映画館で完全生中継!



2015年11月3日(火・祝)に、TOKYO DOME CITY HALLで上演される「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ」大千秋楽公演を、全国の映画館でライブビューイングすることが決定です!

『テニスの王子様』3rdシーズン
テニミュ3rdシーズンの最新公演「青学vs聖ルドルフ」では、都大会準々決勝で、青学はエリート集団・聖ルドルフとの戦いに臨みます。2ndシーズンでは「青学vs聖ルドルフ・山吹」として凝縮して描かれたストーリーが、今作では聖ルドルフにスポットを当てています。さらに今回の公演から、聖ルドルフのテニス部副部長の野村拓也もテニミュに初登場!

原作ファンもテニミュファンも、より一層楽しめる公演になることは間違いなしです!新キャラクターも加わり、ますます白熱した試合を繰り広げる見逃せない公演を全国の映画館で!!!

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ 大千秋楽ライブビューイング

日  時 :2015年11月3日(火・祝) 18:00開演
会  場 :全国各地の映画館
料  金: 3,600円(全席指定/税込み)

■ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ
公式HP:http://www.tennimu.com/
企画・主催:テニミュ製作委員会
(ネルケプランニング/マーベラス/集英社/日本アドシステムズ/テレビ東京)
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン


********************************************************************

  


世界で最も優れた10本の政治映画「チリの闘い 三部作」上映!!


山形国際ドキュメンタリー映画祭で一度きり!!

「世界で最も優れた10本の政治映画の1本」と評された南米チリの巨匠パトリシア・グスマン監督の代表作『チリの闘い 三部作』(4時間23分)一挙上映!!

『チリの闘い』speech
『チリの闘い』crowds10/10(土)より岩波ホールにて『光のノスタルジア』『真珠のボタン』が公開となる、チリのドキュメンタリー作家、パトリシオ・グスマン。

グスマン監督が亡命前にチリで完成させた約4時間半の代表作『チリの闘い 三部作』が、10/8から開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭2015の特集「ラテンアメリカ――人々とその時間:記憶、情熱、労働と人生」で日本初上映されることになりました。

『チリの闘い 三部作』は、チリのみならずラテンアメリカのドキュメンタリー映画を代表する名作として知られ、フランスの映画作家、クリス・マルケルも制作を支援し、アメリカの「シネアスト」誌は、「世界で最も優れた10本の政治映画の1本」と評されています。

今回は山形国際ドキュメンタリー映画祭での一回のみの上映となります。

パトリシオ・グスマン『チリの闘い 三部作』上映 

【上映日時】10/12(月・祝) AM10:00〜15:28 
【上映場所】山形市民会館小ホール

ラテンアメリカ特集詳細:http://www.yidff.jp/2015/program/15p4.html

『チリの闘い 三部作』 ブルジョアジーの暴動 反乱 民衆の力

巨匠パトリシオ・グスマンによるチリ・ドキュメンタリー映画の金字塔的作品。グスマンは、チリの政治的緊張とアジェンデ政権の終焉を記録し、1973年のクーデターを契機にフランスに亡命。クリス・マルケルやキューバのICAICの支援を得てこの映画を完成させた。

○第一部 ブルジョアジーの暴動
(1975年 / 96分)

1973年3月のチリ議会選において、左派が与党となったことにより、右翼の過激な暴動がはじまる。アジェンテの社会主義打破のため、右翼を中心とした暴力的な活動が、政府を弱体化し危機的状況に追い込んでいく。

○第二部 反乱(1976年 / 88分)
1973年6月29日、軍は大統領官邸を攻撃。アジェンデは抵抗しクーデター未遂事件として終わるが、政権の崩壊は時間の問題だった。9月11日、チリ国民に向けたラジオメッセージを最後にアジェンデは自殺、軍部によるクーデターが成立する。

○第三部 民衆の力(1978年 / 79分)
幾万人もの労働者階級の人々で構成された”民衆の力”と呼ばれる組織は、食料生産などを通し、闇市場に対抗。工場や農場を経営し、社会的組織を営んでいた。反アジェンデ政権と右翼に対抗し、ソビエト型の社会主義を目指す、チリの民衆(の姿)の記録。

監督、製作:パトリシオ・グスマン
助監督:ホセ・バルトロメ
撮影:ホルヘ・ミューラー・シルバ
編集:ペドロ・チャスケル
録音:ベルナルド・メンス
提供:イカロスフィルム
(チリ / 1978 / スペイン語 / モノクロ / ビデオ(原版:16mm) / 263分/原題:La batalla de Chile 1,2,3)
©Courtesy Icarus Films

パトリシオ・グスマン監督 プロフィール

1941年、サンティアゴ・デ・チリ生まれ。マドリッドの公立映画学校に通い、主にドキュメンタリーを学ぶ。軍事クーデターでサルバドール・アジェンデ政権が倒れた後、サンティアゴのエスタディオ・ナシオナル・デ・チリ(国立競技場)の独房に監禁され、処刑される恐怖を味わった。1973年、チリを後にした彼は、キューバ、スペイン、そして現在も暮らすフランスへと移り住んだ。これまでに多数の国際映画祭に選出され、いくつもの賞を受けている。

********************************************************************