「た行」カテゴリーアーカイブ

『ドント・ウォーリー』ガス・ヴァン・サント監督10年ぶりの来日で初のティーチイン登壇!


映画情報どっとこむ ralph ロビン・ウィリアムズの遺志を継ぎ、風刺漫画家ジョン・キャラハンをホアキン・フェニックス主演で映画化した 『ドント・ウォーリー』の日本公開を前に、ガス・ヴァン・サント監督が本作プロモーションのため来日! 2 月 19 日(火)にヒューマントラストシネマ渋谷にて、日本最速上映後のティーチインイベントに登壇しました! また、あわせて本作の公開初日が 5 月 3 日(金・祝)と発表されました。

日付:2 月 19 日(火)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:ガス・ヴァン・サント監督、野村訓市

映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督の来日は、ショーン・ペンにアカデミー賞主演男優賞をもたらした『ミルク』(09 年)以来、実 に約 10 年ぶり!
日本にも多くのファンを持つ監督のティーチインとあって平日にもかかわらず地方からもファンが 駆け付け場内は超満員。

しかもガス監督は、日本での上映ティーチインイベントに参加するのは初めてのこと! 本作最速上映後の熱気冷めやらぬ中、ガス・ヴァン・サント監督と、監督の友人でもあるクリエーターの野村さんが登壇!


野村さん:ガスといえばポートランド、リベラルな街のアンバサダーみたいな感じだったけれど、 (今はL.A.に住んでいて)この間はあっさり捨てたって話してたよね。

というと

ガス監督:そう、ポートランドを捨てました(笑)

とガス監督が答えるなど、友人ならではのユーモアあふれる会話から始まったイベント。

野村さんは 2 年前に L.A.にあるガス監督の自宅を訪れた際に、すでに監督から本作のことを聞いて いたそうで、

野村さん:今回の主人公ジョン・キャラハンは我々日本人には馴染みがないんだけど、ガスがポートランドに住 んで映画を作り始めた頃、ちょうど彼も新聞にマンガを描き始めた頃だったんだよね。彼はポートランドでどんな存在だったの?

と質問すると、

ガス監督:80年代にカートゥーンニスト(漫画家)として活動しはじめたのがジョン・キャラハンで、ちょうど僕がポートランドで映画を撮り始めたころに、彼もローカルな人物として知られるようになった。マンガは毒のあるもので、面白いんだけどいろいろな問題も起こしていて苦情の手紙も届いていたようだ。でも彼は それすら喜んでいたね。

と当時を回想。 さらに
ガス監督:『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のあとくらいに、ロビン・ウィリアムズが彼(キャラハン)の本の権利を 買ったんだ。ロビンはサンフランシスコに住みながらもキャラハンのファンだったんだよ。それで僕に監督の話がき たんだけど、もともとキャラハンのストーリーは知っていたし、ロビンが演じるならば上手くいくのではと思っていた。 でも1本目は98年、2本目は2001年から2002年だったと思うけど2本脚本を書いて、結局そのときは映画化には至らなかった。

と続け、

ガス監督:その時にキャラハンからは“この映画一体どうなったんだよ?できる頃には俺たち全員 死んじゃうよ”なんて言われて。まずジョンが亡くなって、そのあとロビンが亡くなって、あぁジョンの言うとおりだった なぁって思ったよ。でもロビンが亡くなったあとでも、まだ本の権利は持っていたんだ!

と貴重な思い出話を披露。

映画情報どっとこむ ralph またこの日は観客からの質問にも応じ、主演のホアキン・フェニックスについては

ガス監督:ホアキンには『誘う女』(1995)に 出演してもらったが、彼は自分を徹底的に入れ込んでくれる。(『誘う女』も本作も)どちらの作品も素晴らしい体験でした。

と語り、『エレファント』のような少年にむけての次回作は?という質問には

ガス監督:今書いているもので、パリのファッション・ウィークについて書いている脚本があります。少年とその父親の話です。『パラノイドパーク』がファッショ ン・ウィークにいく、って感じかな(笑)

と返し、会場から歓声が起こる場面も。
この日、登壇前の舞台裏で「日本の方が本作のことを気に入ってくれるかなぁ」と話していたというガス・ヴァン・サント監督。

野村さん:この映画は僕らの世代の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』。周りにいる最近落ち込んでいる人悩 んでいる人にはぜひ口コミして伝えてください!

と話すと、

ガス監督:今日は来てくれてありがとう。友達にぜひ伝えてね。そうで ないと誰も観に行かないから(笑)

とユーモアたっぷりに観客たちに最後のメッセージを送りました。

映画情報どっとこむ ralph ドント・ウォーリー

5月3日(金・祝)ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他全国順次公開

公式サイト:
www.dontworry-movie.com


【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い 一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎 日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して 不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010 年、59 歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。

***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル
(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  


菅田将暉、太賀 出演発表! YOSHI x 森立嗣監督『タロウのバカ』


映画情報どっとこむ ralph 森立嗣監督が、15 年余り温めてきた自身の脚本によるオリジナル最新作『タロウのバカ』が今秋、テアトル新宿ほかにて公開となります。

大ヒットロングラン上映中の『日日是好日』や、2月22日に公開を控える次作『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』とは真逆のイメージに振 り切った、集大成的な作品。大森は自身で監督・脚本・編集を務めた。 この度、本作『タロウのバカ』に日本映画界を牽引する実力派俳優の 菅田将暉と太賀が出演していることが明らかになった。合わせて解禁されたティザービジュアルは奇妙な覆面を被った 3 人の少年の姿が写し出されている。既に発表済みの主演 YOSHI(ヨシ)を含め、菅田将暉、太賀の顔は見えない。不穏な空気が漂う 3 人の少年の佇まい。少年の手には鉄パイプや拳銃らしき物が見える。そもそも彼らは何者なのか?

ただならぬ事態が巻き起こりそうな予感が伝わってくるビジュアルだ。 本作は少年タロウの物語。彼は生まれてから一度も学校に行ったことがない。自分の年齢すら知らない。 母親、家族、社会。

タロウは誰からも振り向かれない。それでも自由に生きている。そんなタロウは年上の少年 エージ、スギオと出会い、初めて「世界」を知ることになるが・・・。 主人公タロウ役は大森立嗣監督が300人以上の候補者の中から大抜擢した異端児YOSHI。撮影当時若 干15歳のYOSHIは初めての演技ながら、菅田&太賀と堂々と渡り合い、鮮烈な映画デビューを果たした。 YOSHI 自身の自由奔放なキャラクターとも重なる“タロウ”は、唯一無二の存在としてスクリーンで輝きを放 っている。タロウに慕われ、共に行動するエージ役に菅田将暉、スギオ役に太賀が扮している。彼らの役柄 はまだ詳しくは明らかにされていない。

今回解禁となったインパクトある覆面ビジュアルおよび「世界を壊し 常識を覆す 3 人の少年を 目撃せよ」というキャッチコピーの強烈なイメージ。

世界を挑発する問題作
『タロウのバカ』

www.taro-baka.jp
は今秋、テアトル新宿ほかにて公開となる。


***********************************


監督・脚本・編集:大森立嗣

出演:YOSHI、菅田将暉、太賀
製作幹事:ハピネット、ハーベストフィルム
配給:東京テアトル
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会


「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」開幕初日から満員御礼!スタジオジブリ 鈴木敏夫コメント!


映画情報どっとこむ ralph 映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」が調布市で開幕しました。

初日に開催した『星獣戦隊ギンガマン』20周年記念イベントは、イオンシネマシアタス調布の最大席数(526席)のシアター10が満員御礼、全国からファンが来場し、大盛況のオープニングイベントになりました。


1月末から発売している、久しぶりのスクリーン上映の『風の谷のナウシカ』のチケット販売も大好評で、同フェスティバルの開催に際して鈴木敏夫さん(スタジオジブリプロデューサー)から、応援コメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph スタジオジブリ 鈴木敏夫:
日本映画は、その多くが調布で作られました。
それらは僕の記憶の一部になっています。
このシネマフェスティバルでたくさんの映画と出会って下さい。
   

映画情報どっとこむ ralph さらに、大映東京撮影所で活躍された大楠(安田)道代さんと、鈴木プロデューサーのトークショー&上映会(『玄海遊侠伝 破れかぶれ』1970年公開 マキノ雅弘監督作品)のチケットも2月15日(金)から発売を開始しました。同イベントはキネマ旬報に連載中の「新・映画道楽」や東京FM「ジブリ汗まみれ」でも特集されています。

映画情報どっとこむ ralph 『映画のまち調布 シネマフェスティバル2019』

開催期間:2019年2月16日(土)~3月10日(日) 
映画賞授賞式: 3月2日(土)17:30~
開催会場:文化会館たづくり、グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布(授賞式)

概要:映画賞「映画のまち調布賞」授賞式をはじめ、ゲストトーク付きの映画上映会、展示やワークショップ等、各種関連イベントを調布市内で開催します。

主催:(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営:映画のまち調布 シネマフェスティバル2019実行委員会
株式会社アーク・システム、イオンエンターテイメント株式会社、株式会社石原プロモーション、株式会社角川大映スタジオ、株式会社ジェイコムイースト調布局、高津装飾美術株式会社、株式会社ジャンゴフィルム、調布エフエム放送株式会社、調布市観光協会、調布市商工会、東映ラボ・テック株式会社、株式会社東京現像所、トリエ京王調布、日活調布撮影所、株式会社マーブリング・ファインアーツ(以上、五十音順)、調布市教育委員会、調布市、(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

***********************************

  


埼玉県民の皆様へスペシャルプレゼント決定!『翔んで埼玉』x『埼玉新聞』


映画情報どっとこむ ralph 2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央(まやみねお)原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)。瞬く間に、累計発行部数は69万部を突破。そして、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、遂に実写映画として公開することに!!


公開まで1週間を切り、多くの雑誌、テレビ、WEBで本作が取り上げられるだけでなく、未だかつてない程「埼玉」という言葉が全国に翔びかっている(!?)中、遂に、埼玉県の皆様に朗報をお届けする日がやってまいりました!2月22日(金)公開初日の日に埼玉新聞社全面協力の元、「翔んで埼玉公開記念特集」が展開されることが決定!更に!!埼玉県の上映劇場限定での入場者プレゼントも決定しました!!


「“埼玉”を冠した映画が公開されるのに、何もしないわけにはいかない!!」そんな埼玉新聞社の全面協力の元、2月22日(金)の公開初日に、埼玉新聞本紙で、公開に合わせて作成された【特別号】がラッピング紙面で登場することになりました!

「翔んで埼玉公開記念特集」と題した【特別号】には、原作の魔夜峰央氏と本作の監督・武内英樹氏の対談や、本作にも出演し埼玉県育ち・出身という、ブラザートム、島崎遥香のスペシャル対談が読める他、上田県知事や本作ゆかりの地・所沢市長からのお祝いコメントなども寄せられた、まさに特別な紙面に!

映画情報どっとこむ ralph 更に!埼玉新聞社と映画サイドの「埼玉の動員数を全国1位に!!」という熱い想いが結実し、埼玉県の上映劇場でのみ、先着プレゼントの配布が決定!

前述の読み応え十分な特集記事と、なんと、この想いに呼応した県内企業のトキタ種苗株式会社(さいたま市見沼区)提供の“そこらへんの草”の種・・・・・・ならぬ、埼玉県民が愛する“高級野菜の種”をセットにして先着1万名様に配布いたします!!(劇場により数に限りがございます。また、なくなり次第終了となります。)

実は、この“高級野菜の種”は皆さんも一度は、食材にこだわるイタリアンレストランで食べたことのある野菜。
奇しくも、原産である地中海沿岸では、“ルーコラ・セルバーティカ”と呼ばれ、日本向けに品種改良し、今も盛んに栽培している地域に敬意を評して“ローマ”と名づけられた高級野菜!純粋な野生種は、今でも道端に生えているという代物・・・!!ここまで本作に寄り添った入場者プレゼントを是非初日に堪能していただきたい!!そして、埼玉新聞社の熱意のこもった特別号に全力で浸っていただきたい!

映画情報どっとこむ ralph 公開まであと4日・・・これから連日どんな情報が翔び出すのか・・・。まだまだ小ネタが潜んでいそうな映画『翔んで埼玉』。皆様乞うご期待ください!

翔んで埼玉

2019年2月22日(金)ROADSHOW!


公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama

【STORY】
娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。

***********************************

キャスト:二階堂ふみ GACKT 
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)  / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE       
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント) 
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会


吉本新喜劇にのび太とドラえもんがサプライズ登場!&酒井藍ゲスト声優発表!


映画情報どっとこむ ralph 『映画ドラえもん』シリーズ39作目となる『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が、3月1日(金)に公開となります!

3月1日(金)に全国公開を迎える本作ですが、同じく3月1日(金)に60周年を迎える「吉本新喜劇」。さらに今年の映画ドラえもんの舞台は“月”!新喜劇の公演が行われている“笑いの殿堂”「なんばグランド花“月”」と、こちらも“月”で繋がるこの奇跡の偶然を記念して、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』×「吉本新喜劇」のコラボレーションが決定!

長年に渡り日本中にエンタメを届けてきた国民的アニメ映画と、国民的喜劇の夢のコラボ。

本日、「吉本新喜劇」がドラえもん・のび太を「なんばグランド花月」の舞台へ迎え、完全サプライズで新喜劇初出演を果たしました!
さらに、2017年に女性初かつ最年少で「吉本新喜劇」座長に就任した酒井藍(32)が、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』にゲスト声優として出演していることも発表!

酒井藍座長は、劇中でドラえもんたちが訪れるカグヤ星に住むおばさん「カイア」役で声優に初挑戦しています。
ドラえもんは「吉本新喜劇」に、酒井藍座長は『映画ドラえもん』に出演し、来る3月1日に迎える映画公開&60周年という記念日を前に、それぞれお互いの舞台で共演を果たしました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、“月”で繋がった『映画ドラえもん』と「吉本新喜劇」にちなみ、演目はゲスト声優でもあり座長でもある酒井藍が作った【ウサギ】にまつわる物語「ウサギ追いし土管公園!?」です。

本番、舞台上に作られた公園には『ドラえもん』でお馴染みの土管が置かれ、まるでのび太くんたちがいつも遊んでいる空き地に似た雰囲気。おなじみの新喜劇メンバーが壇上に現れ、約850席満席の「なんばグランド花月」は早くも笑いの渦に。

酒井藍さん演じる小学生・藍ちゃんの自由気ままな言動が、会場の笑いを誘います。
酒井さんが助けたウサギの仲間として、登場したのがなんとドラえもん&のび太くん!新喜劇メンバーによって温まっていた会場は、突然の登場に一瞬驚きでどよめきが起こるも、

「ぼく、ドラえもんです!」の挨拶で拍手と大歓声に包まれました。

登場するやいなや、まん丸体型の酒井さんに向かって、のび太くんが

「あ!ドラミちゃんだ!なんだかちょっとイメージ変わった?」

と声をかけると、

酒井さんも「そーそー、私ドラミよ。うふ。…て、私人間ですねん!」

と。酒井さんお決まりの鉄板ネタに、すかさず

ドラえもんが「のび太くん失礼だよ!この人、ドラミよりず~っと丸いよ。」

と続けて、会場は大爆笑に!と次の瞬間、

酒井さんがドラえもんとのび太の頭をグーでど突くと、観客からは驚きと笑い、そして拍手が。

その後、ウサギたちの前に立ちはだかる鳥川耕一さんがのび太くんに迫ると、お決まりのセリフ

「助けて、 ドラえもーん!」とのび太が酒井さんに抱き、怒涛の酒井さんイジりでのび太くんが爆笑を起こします。
負けじとドラえもんも、松浦真也さんのギターに合わせて、ひみつ道具を出すかと思いきや、なんと

「手でこちょこちょする~♪」

と 宣言し、のび太くん・酒井さんと一緒に鳥川さんを自らこちょこちょ。新喜劇メンバーとの絶妙な掛け合いで会場の笑いが途切れません。ややあって

吉田さんが「ドラえもんとのび太くん、なんでこんな所にいてんの?」

と言ったところで 2人は映画の宣伝に。

「映画ドラえもん、観に来てね―!」

と声を揃えて言うと会場からは一斉に拍手が!

しっかり宣伝をするドラえもん・のび太に新喜劇メンバーが驚く中で出番は終了。約10分間の出番で何度も笑いの渦を巻き起こし、吉本新喜劇初出演の2人でしたが、確かな手ごたえを掴んで舞台を後にしました。

映画情報どっとこむ ralph
≪終了後のドラえもんコメント≫
僕たちは今回の映画で“月”に冒険に行ったんだけれど、今日はなんと、なんばグランド花“月”の舞台に立てました!吉本新喜劇に出られて、ホンマ夢みたいやわぁ!(関西弁)
ちょっと緊張したけど、お客さんにもいっぱい笑ってもらえて、とっても楽しかったです。のび太くんも練習では失敗ばかりしていたけれど、最後は「アンキパン」を使って台詞を覚えて、本番はばっちり!大成功でした。しかも、舞台の上には土管があって、僕たちがいつも遊んでいる空き地とそっくりだったし、なんとなくドラミに似ていて他人とは思えない座長の酒井藍さんはとっても面白くて優しかったし。映画の舞台になった月は近そうに見えてとても遠いんだけれど、なんばグランド花“月”には、時々どこでもドアで遊びに来ようかな。酒井さんも出演している『映画ドラえもん のび太の月面探査記』、みんな劇場に観に来てね!


≪終了後の酒井藍(32)コメント≫ 
今日のお客さんは大人の方が多かったのですが、ドラえもんとのび太くんが出てきた瞬間、一番前に座っていたおじいちゃんが「はぁ!ドラえもんとのび太くんやぁ!」って目をキラキラさせてて(笑)。出来ることなら毎回出てもらいたいですね!最初、出演の話を聞いたときは、本当に信じられなかったです。私、映画の中でジャイアンと話してるんですよ!?「まじかよ…!」って思いましたね。しかも役名の「カイア」も私の名前
「さカイアい」からとっていただいて、本当に感激です。でも、声優は初めてだったので、正直、新喜劇より緊張しましたね(笑)。ただ、「カイア」も私と同じでぽっちゃりしてたから、演じやすかったです!
欲しいひみつ道具は、「ビックライト」。「ビックライト」を使って池乃めだか師匠をめちゃくちゃ大きくして、一回めだか師匠を見上げてみたいです(笑)。

映画情報どっとこむ ralph 「映画ドラえもん のび太の月面探査記」

3月1日(金)公開

STORY
月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと
一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう!はたしてのび太たちはルカを助けることはできるのか!?

***********************************


原作:藤子・F・不二雄
監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月
主題歌:平井大「THE GIFT」
キャスト:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一 ルカ:皆川純子 ルナ:広瀬アリス キャンサー:中岡創一(ロッチ) クラブ:高橋茂雄(サバンナ) ゴダート:柳楽優弥 ディアボロ:吉田鋼太郎
© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019