「た行」カテゴリーアーカイブ

中条あやみ、泉澤祐希、岡山天音らのコメントが到着『正しいバスの見分けかた』『なれない二人』同時公開に


映画情報どっとこむ ralph この度、8月23日(金)~29(木)にシネマート新宿にて、「伊参スタジオ映画祭」シナリオ大賞グランプリの2作同時上映される映画『正しいバスの見分けかた』より、中条あやみ、岡山天音、高橋名月監督、『なれない二人』より、泉澤祐希、古川彰悟(サスペンダーズ)、樋口幸之助監督のコメントが到着しました。

中条あやみ・泉澤祐希 また、公開に先立ち『正しいバスの見分けかた』は第17回中之島映画祭優秀賞、門真国際映画祭2019優秀作品賞を受賞。『なれない二人』は第5回新人監督映画祭グランプリ、主演の泉澤祐希が門真国際映画祭2019「最優秀主演男優賞」を受賞するなど2作品とも高い評価を得ています。1週間限定のシネマート新宿の公開では、中条あやみ、泉澤祐希ら主要キャストが全員集合する初日舞台挨拶や、連日豪華ゲストによるトークイベントを予定しています。

映画情報どっとこむ ralph 『正しいバスの見分けかた』出演者・監督コメント

中条あやみ主演 『正しいバスの見分けかた』
主演:中条あやみ(鮫島)
4年前に高橋名月さんが脚本、監督された 「正しいバスの見分けかた」が 劇場公開される事に少し驚きましたが、当時のみんなの青春を今改めて色んな方に見て頂けると思うと嬉しいです。この映画に出てくる愛しいキャラクター達を、高橋監督のここちよい世界を是非みて頂きたいです。

岡山天音(藤田)
僕らのすぐそばにもあったはずの、どうしょうもなくキラキラした一瞬を、この映画の中で藤田として追体験できたこと、とっても贅沢な経験でした。また高橋組に参加したい。それにはもっともっと面白い俳優にならなければ、と今回の上映を機に改めて感じました。念願の劇場上映。「正しいバスの見分けかた」がより多くの方に届く事、心から嬉しく思います。

高橋名月監督
わたしたちは大人になると、なんだかよくわからないうちに忙しくなってしまって、いろんな責任を抱えていて、話さなければいけないことも多くなって、どうでもいい話をすることにちょっとした後ろめたさを感じてしまうような気がします。でも、この映画の彼ら彼女らのようにたまにはどうでもいい話をするのも悪くないのかも、と思っていただけるとうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph 『なれない二人』出演者・監督コメント

なれない二人 泉澤祐希 高田里穂
主演:泉澤祐希(新堂 学)
「なれない二人」にて主演をさせて頂いた泉澤祐希です。樋口監督や共演者の方々、みんなで丁寧に、そして楽しみながら作った作品です。是非、劇場でご覧いただければ幸いです。

古川彰悟(サスペンダーズ)(勝田陽介)
勝田陽介役を務めさせて頂きました、サスペンダーズの古川
彰悟と申します。
初めての映画 出演で演じる事となった勝田、ヘンテコな奴だなぁと思いました。でもだんだん自分に似て いる気がしてきました。よくよく見ると相方の新堂も自分に似ている気がしてきました。なんだ、僕も“なれない二人“だったんだ。もしかしたらみんなも“なれない二人“なんじゃない の?楽しんでもらえたら幸いです。

樋口幸之助監督
人生ではごく希に勝負をかける舞台が訪れることがあり、またごくごく希にその前日が波乱に満ちた最悪な一日なことがあります。それでも、なんとかしなきゃならないから、人生はつらくて楽しい。そんな若者たちの夏の一日を、素晴らしいキャストやスタッフたちと、映画にしました。僕はただ立っていただけですが。一見手遅れにも思える青春の中で、若者たちが確かに一歩動き出す瞬間を見届けていただければと思います。


映画情報どっとこむ ralph 『正しいバスの見分けかた』

作品データ 中之島映画祭優秀賞、門真国際映画祭2019 優秀作品賞
何故かいつも競馬四季報を抱えている高校3年生の鮫島(中条あやみ)は、クラス中で目立たない存在である。 彼女と同じクラスの藤田(岡山
天音)はそんな鮫島にほのかな好意を抱いていた。 藤田に話を聞いた細川(葉山奨之)は、ほんの好奇心から鮫島の友人である中島(萩原み
のり)に鮫島のことをリサーチすると、鮫島が宇宙人を見たらしい、という話を聞く。 細川がその話を藤田に伝えると、藤田の好意は確かな恋心と
変わり…?

出演:中条あやみ 岡山天音 萩原みのり 葉山奨之
脚本・監督:高橋名月 プロデューサー:平体雄二 瀬島翔 撮影:戸田義久、録音:近藤靖高 ヘアメイク:貴島タカヤ スタイリスト:沖山
紀 助監督:吉原通克、制作担当:谷村龍 編集:田村友一、整音:古谷正志 選曲/効果:田中俊
製作プロダクション:スタジオブルー(2015 年/日本/ステレオ/カラー/24 分)©2015 映画『正しいバスの見分け方』製作委員会

中条あやみ主演 『正しいバスの見分けかた』
映画情報どっとこむ ralph 『なれない二人』

作品データ 門真国際映画祭2019 最優秀主演男優賞、新人監督映画祭2019 グランプリ
素人お笑いライブへの初出演を控えた、会社員の新堂(泉澤祐希)と相方でフリーターの勝田(古川彰悟)。プロの芸人への憧れを密かに抱く新
堂だが、肝心のライブ前日に、夫の暴力から逃げる人妻(高田里穂)に偶然出会い、すっかり恋に落ちてしまう。一方借金まみれで優勝賞金が
欲しい勝田は、恋人にマッサージチェアをプレゼントしたいと言う祖父(田村泰二郎)のために奔走する羽目に。それぞれが予期せぬトラブルに巻
き込まれるなか、二人は無事にライブを迎えることができるのか…。そもそも会場にたどり着けるのか…?

出演:泉澤祐希 古川彰悟(サスペンダーズ) 高田里穂 小川未祐 依藤昂幸(サスペンダーズ)三宅克幸 本間淳志 新海ひろ子 一條眞紀
子 ふじわらみほ 竹林佑介 村田唯 宇井晴雄 北尾貢次 平子悟 / 田村泰二郎
監督・脚本:樋口幸之助 プロデューサー:近藤あゆみ 瀬島翔 撮影:松井宏樹 美術:寺尾淳 録音:清水裕紀子 スタイリスト:神恵美 ヘ
アメイク:辻真美 助監督:玉澤恭平 高橋名月 制作:清水泰貴 撮影助手:深谷裕次 アシスタントプロデューサー:山本晃大 製作プロダ
クション:スタジオブルー(2018 年/日本/ステレオ/カラー/51 分)©2018 映画『なれない二人』製作委員会

泉澤祐希_なれない二人
***********************************



ウルトラマンシリーズの悪役が主役『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』相楽伊織・古谷大和ら舞台衣装を着用して集結


映画情報どっとこむ ralph 歴代のウルトラマンシリーズに登場する“悪役”の中でも人気のあるダークヒーローたちを主役とした舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~(ダークネスヒールズ ザ・ライブ)』を本年9月に公演します。

この度、池袋・サンシャインシティにて開催中の「ウルトラマンフェスティバル2019」閉場後のスペシャルナイトイベントとして、本舞台のメインキャストが会場に集結し、舞台衣装を着用した姿を初お披露目しました。

DARKNESS HEELS 左より、相楽伊織(カミーラ役)、友常勇気(イーヴィルティガ役)、校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)、谷 佳樹(ジャグラス ジャグラー役)、古谷大和(ダークザギ役)

本公演では、2.5次元ミュージカルや舞台等で活躍する俳優たちが名を連ね、”本人の顔と身体”でダークヒーローたちを演じます。
従来のヒーローショーとは異なる形で、歴史ある『ウルトラマン』の世界を絶妙に舞台上に表現するストレートプレイにて、新感覚の“ダークヒーロー演劇”をお届けします。

更に、東京公演の平日限定で、ウルトラマンシリーズでヒーローやダークヒーローを演じた俳優等、特別ゲストを交えてのアフタートークショーも実施致します。”ダークヒーロー×そこに生きる者たち”によって繰り広げられる、今までに見たことの無い“闇の物語”に、どうぞご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph 【登壇者コメント】

・久保田 唱(脚本・演出)
「ウルトラマン」の冠がついた舞台ですが、今までのヒーローショーとは一線を画すかたちの、ウルトラマンが登場しなくて人間の姿で闇サイドの人たちを描く物語です。意味のない戦いは無く、アクションの一つ一つに物語としての注目度があります。舞台の一番の売りとして、お客様の想像力を引き立てる、皆さんの演技や照明などの舞台効果を使って世界観を広げていくのが特徴だと思います。ここでしか観られない舞台に是非ご期待ください。


・相楽伊織(カミーラ役)
黒と赤が多い衣装の中、カミーラはシルバーとゴールドがかなりゴージャスで、キラキラなのが可愛いですね。生身の人間で舞台に立つというのが初めてなので、ファンの皆さんに受け入れて貰える様にしっかりやっていきたいです。どれだけウルトラマンティガを愛していたんだろうという感じをカミーラから学んで、自分のかたちで表現できる様にしていこうと思います。これからもっともっとクオリティの高い舞台にしていこうと思いますので、是非観に来て下さい。
DARKNESS HEELS相楽伊織(カミーラ役)
・古谷大和(ダークザギ役)
衣装の色味やバランスが好きで、それに合わせた髪形とか髪色が決まっているのがとてもおしゃれで、細かいところまで観て欲しいです。ダークザギには凄く共感できるところがあって、舞台の上でちゃんと気持ちをのせて演じたいです。舞台だから出来る、僕達がやるからこその意味をもって、表情を大切にしたり、指先までちゃんと見せたいです。長い歴史があるウルトラマンに、また新しい世界を創り出せる舞台になり、お客さんに満足してもらって第2 弾とか新しい世界、新しい舞台へと進んでいける作品になったらいいなと思います。
DARKNESS HEELS古谷大和(ダークザギ役)
・友常勇気(イーヴィルティガ役)
衣装にはイーヴィルティガと一緒のカラータイマーが付いているのが良いですね。悪には悪になる理由があるのではないかと思いますので、自分ができる最大限の邪悪さ、人間模様が描ければと思います。僕ら5 人以外にも沢山いるキャラクターそれぞれの葛藤にも注目して下さい。皆様の期待以上のものができる様に力を合わせながら切磋琢磨して参ります。
DARKNESS HEELS友常勇気(イーヴィルティガ役)
・谷 佳樹(ジャグラス ジャグラー役)
衣装は見栄えも良いですが、機能性も立ち回りの邪魔にならない様に作られています。自分らしさとジャグラス ジャグラーの生きざまを融合させ、原作のウルトラマンファンの方たちに認めて頂いて、そして好きになって頂くのが目標だと思います。誰しもが正義の面と悪の面を持ち合わせていると思うので、共感できる様な人間らしさを代弁できる様に一生懸命やろうと思います。
DARKNESS HEELS谷 佳樹(ジャグラス ジャグラー役)
・校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)
ベリアルの衣装についているマントを使った殺陣とか、それぞれのキャラクター性が見える様な戦い方を相談しながら作っています。僕の大好きなウルトラマンの世界と、僕らがやる舞台、両方の魅力をしっかり届けられたらと思います。ウルトラマンはこうあって欲しいという道をしっかり通りつつ、舞台上で期待以上のものをお見せしたいと思います。「DARKNESS HEELS~THE LIVE」だからこそ描かれる、深い深い闇の世界をお届けしますので、楽しみにしていてください。
DARKNESS HEELS校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)

映画情報どっとこむ ralph 【イベントの様子を円谷プロダクション公式YouTubeチャンネルで配信】
8月15日に開催された舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』スペシャルナイトで披露されたアクションシーンをダイジェスト版で配信しています。
・舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』スペシャルナイトでキャスト5名が初登壇!アクションシーンを特別に披露!


映画情報どっとこむ ralph DARKNESS HEELS
【舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』公演概要】
■タイトル :舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』
■脚本・演出:久保田 唱
■キャスト :校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)、谷佳樹(ジャグラス ジャグラー役)、友常勇気(イーヴィルティガ役)、古谷大和(ダークザギ役)、相楽伊織(カミーラ役)
天音みほ/香音有希/影山達也/後藤健流/近藤雄介/齋藤真矢/早乙女じょうじ/佐川大樹/佐藤祐吾/白柏寿大/
杉江優篤/春原優子/田中しげ美/夏目愛海/堀越せな/松村泰一郎/丸山貢治/宮崎理奈/諸塚香奈実/力丸佳大 (五十音順)
■公式サイト:
https://m-78.jp/darkness/thelive/
■公式Twitter:
@darkness_heels


【プレビュー公演】
・日時:2019年9月13日(金) 18:00開演
・会場:新座市民会館(埼玉県新座市野火止1丁目1-2)
・料金:6,800円(税込) ※プレビュー公演価格

【東京本公演】
・期間:2019年9月18日(水)~23日(月・祝)(全10公演)
・料金:SS席10,800円、S席8,800円、A席6,800円(税込/SS席は特典付き)
・会場:シアター1010(東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館 10F)
※18日は出演者による初日挨拶あり
※平日(18~20日)公演限定で特別ゲストを交えてのアフタートークショーあり
■チケット:好評発売中
<プレイガイド>
・キョードー東京:0570-550-799
https://www.kyodotokyo.com/
チケットぴあ:0570-02-9999

・ローソンチケット:0570-084-003

・e+(イープラス)
https://eplus.jp/sf/detail/3015360001
・CNプレイガイド:0570-08-9999
http://www.cnplayguide.com/evt/evtdtl.aspx?ecd=CNI13263
・新座市民会館(埼玉プレビュー公演のみ)

チケット購入





【ポップアップショップ「ウルトラマン&ツブラヤSHOP」展開決定】
舞台「DARKNESS HEELS ~THE LIVE~」開催を記念して、
北千住マルイで9月18日(水)~10月1日(火)の期間中、POPUPSHOPの展開が決定致しました。
「DARKNESS HEELS」新商品はもちろん、ウルトラマンシリーズ、円谷プロ関連商品が盛り沢山です。
■開催概要
期間:2019年9月18日(水)~10月1日(火)
会場:北千住マルイ 2Fイベントスペース

***********************************

©円谷プロ ©DHL 製作委員会


<前田敦子>感無量!ロカルノ8000人の観客からの喝采に 『旅のおわり 世界のはじまり』


映画情報どっとこむ ralph 前田敦子主演、黒沢清監督の映画『旅のおわり世界のはじまり』が、ロカルノ現地8月17日(土)に<第72回ロカルノ国際映画祭のクロージング作品>として上映されました。映画祭の歴史の中で、日本作品がクロージング作品として招待されるのは初。

スイス南部のロカルノで開催中の『第72回ロカルノ国際映画祭』で現地時間8/17(土)夜(日本時間8/18(日)早朝)、 前田敦子主演、黒沢清監督の『旅のおわり 世界のはじまり』が、映画祭の代名詞であるメイン会場ピアッツァ・グランデで上映された。
前田敦子・黒沢清監督・『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭 前田敦子・黒沢清監督・『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭 欧州最大といわれる巨大スクリーン(幅約26メートル、縦約14メートル)には、ウズベキスタンの美しい景色と、「愛の讃歌」を歌う前田敦子が映し出される。8000人の観客が集まった会場で、前田敦子と、黒沢清監督は、観客と一緒に作品を鑑賞。
上映が終わると、会場のお客は前田敦子と黒沢清監督を万感の拍手で讃えた。

世界有数の国際映画祭に初めて参加した前田と、世界中に根強いファンが多くいる黒沢清監督の前には多くの観客が駆け寄り、二人は現地深夜にも関わらず最後までファンとの交流を楽しんだ。
前田さん:黒沢監督の横で自分の映画を観るのは初めてだったので感無量。改めて観ながら、撮影の思い出を一つずつ振り返りました。黒沢監督とご一緒していなければ、こんな素晴らしい体験はできない。本当に感謝しています。

と述べ、
前田敦子・黒沢清監督・『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭 (5) 黒沢監督:日本での映画製作に行き詰まりを感じていた時に、この映画のお話をいただき、まるで合宿のように楽しく撮影した時のことを思い出した。映画作りは世界共通なのだと実感し、毎日ウズベキスタンの製作スタッフと和気藹々と撮影に励んだが、こうやって国際映画祭のクロージング作品に選ばれると分かっていれば、もう少し真剣に製作したのに!

と悔しそうに回顧すると、会場からは大きな笑い声が湧いた。

また上映後の日本メディアの取材時、黒沢監督としては前田さんとの2度目の共同作業について一部メディアから聞かれると、

黒沢監督:これに懲りずに、また新しい映画で、皆さんが知らない前田敦子を引き出したいと思っています、今から楽しみにしていてください!

と、コメント。それを聞いた

前田さん:こんな素晴らしい映画祭で最後にこんな嬉しい言葉を聞けて光栄です。

と恐縮しきりだった。
本作のスイス配給会社・トリゴン・フィルムの代表は「本作は、まさに国際映画祭を象徴した映画であり、世界各地で直面する文化の壁を、比喩的に表現した素晴らしい作品。平和を祈る作品として、より多くの人が観るべきだ」と述べ、現地の反応に大きな手応えを感じていた。天国に近い映画祭と言われるイベントだけに、多幸感に満ちた上映となった。

映画情報どっとこむ ralph 『旅のおわり世界のはじまり』

は全国絶賛公開中!

公式HP:
tabisekamovie.com

また 8月23日(金)より、テアトル新宿にて凱旋上映が決定!
さらに8月23日(金)16:00の回上映終了後には、前田敦子と黒沢清監督のトークイベントも実施します。

旅のおわり世界のはじまり
映画情報どっとこむ ralph 第72回ロカルノ国際映画祭 2019年8月7日~8月17日 (スイス・ロカルノ現地日程)

1946年に設立され、今年で第72回目を迎えるロカルノ国際映画祭は、スイス

南部のティチーノ州ロカルノで毎年8月に開かれる国際映画製作者連盟公認の映画祭。 ロカルノはイタリアのミラノから車で約2時間の距離にあり、アルプス山脈の麓にあり、森や湖などの大自然に囲まれたスイスを代表するリゾート地。国際映画製作者連盟が公認するコンペティション形式の国際映画祭として、12部門で25の賞と賞金の授与が行われている。
毎年8月上旬の会期中には、11日間で来場者16万人、メディア1千人、業界関係者3千人が世界中から集う。また、ロカルノ映画祭の代名詞でもある野外上映会ピアッツア・グランデは、収容人数8千人の世界最大スクリーンをもつ。

***********************************


監督・脚本:黒沢 清
出演:前田敦子、加瀬 亮、染谷将太、柄本時生、アジズ・ラジャボフ

配給・宣伝:東京テアトル
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO


超特急ツアーファイナルで主題歌担当を発表!知英主演映画『どすこい!すけひら』ビジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、2019年11月1日(金)公開の映画『どすこい!すけひら』(漫画:たむら純子 原案:清智英の人気漫画)より、本ビジュアルと主題歌担当が解禁となりました!

本作は、元どすこいの鈍感女子をめぐる、“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる、ジェットコースター・三角関係ラブコメディ作品です。今回解禁となります本ポスターでは、“どすこい!”姿の主人公・綾音の顔のどアップが!そしてその下には同じ人とは思えないほどナイスバディな綾音と、彼女を取り巻く様々なキャラクターの姿が映っており、豪華なキャストでお贈りする本作の期待がますます高まるビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph さらに・・・・
超特急 全33公演で10万人を動員する全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』を、4月より5ヶ月にわたって行ってい6人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が、ツアーファイナルである8月17日・沖縄コンベンションセンター劇場棟公演にて、メンバーのタクヤが出演する映画『どすこい!すけひら』の主題歌を担当することを発表しました!

告知されると、会場の8号車(超特急ファンの呼称)からは喜びの声が湧いた。

曲名は作品タイトルにある“どすこい!”と頭文字を掛けた「Don’t Stop 恋」となります。メインキャストを演じたタクヤを筆頭に、恋に不器用すぎる女性の成長物語に込められた“人は見かけがすべてじゃない”というメッセージを、いかに超特急流に料理して楽曲に昇華させてくれるのでしょうか?期待が高まるばかりです!
『どすこい!すけひら』草川拓弥(超特急)
映画情報どっとこむ ralph 映画『どすこい!すけひら』

映画公式サイト:
dosukoi-movie.com

『どすこい!すけひら』知英
■STORY■
これは、恋に”相当”不器用な女性のシンデレラストーリー
大好きなチョコレートに囲まれて暮らすため、イタリアに移住したぽっちゃり体型の主人公・綾音。ひょんなことから事故に巻き込まれ、昏睡状態から目覚めると…誰もがうらやむナイスバディに大変身!帰国後は、エステティシャンとして働き、実家の農家の搾乳で磨き上げた指使いで、お客様のハートを鷲掴みにしていた綾音。昔、どすこいだったこともあり、恋愛には無関心で、大好きなチョコレートと、趣味のゲームに没頭する日々を送っていた。そんなある日、サロンの超VIPで人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われる。楽しいデートをして、拓巳に淡い恋心を抱くが拓巳に恋人がいることが発覚し、「元どすこいの私なんかを、拓巳が本気で好きになってくれるわけない」と心を閉ざしてしまう…。綾音は、過去の自分を乗り越え、本気の恋をすることができるのか!?

***********************************

原作:「どすこい!すけひら」漫画:たむら純子 
原案:清智英 (ホットドッグプレス・講談社刊)
監督:宮脇亮(映画『あのコの、トリコ。』)
出演:知英 草川拓弥(超特急) 金子大地 
松井愛莉 池端レイナ/富田望生 富山えり子 水島麻理奈 
パンツェッタ・ジローラモ(友情出演)/りゅうちぇる /竹中直人
制作プロダクション:The icon
配給:アークエンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント
宣伝:ギグリーボックス
© 2019 劇場版「どすこい!すけひら」製作委員会 
©清智英・たむら純子/講談社
   


矢口史靖監督からの感謝の手紙に三吉彩花感涙!『ダンスウィズミー』 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 8/16(金)の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、モントリオールファンタジア国際映画祭でも“観客賞”を受賞し、世界中から注目されている矢口監督最新作『ダンスウィズミー』。

『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が構想16年、「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマにしたかつてないコメディ・ミュージカルが全国公開となりました!

この度、三吉彩花さん、やしろ優さん、chayさん、三浦貴大さん、ムロツヨシさん、宝田明さん、矢口史靖監督が勢揃いし、初日舞台挨拶を実施!!

舞台挨拶では、「最高に笑えるコメディ・ミュージカル映画」にちなみ、キャストが撮影時の爆笑エピソード、最高に夏を楽しむプランを披露し、最後には矢口監督からヒロインの三吉彩花さんへ感謝の手紙に感涙!感動の初日となりました。
「ダンスウィズミー」初日舞台挨拶
『ダンスウィズミー』 初日舞台挨拶  
日程:8月16日(金)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口史靖監督

映画情報どっとこむ ralph 三吉さん:公開初日を無事迎えられ嬉しく思います。ぜひ楽しんでいってください!

と感謝の気持ちを観客に伝えると、

ムロさん:明日の映画チケットを予約しています!自分の出演シーンで笑い声が起きているか直接確認したいと思います。

と告白し、場内の笑いを誘った。そして、

矢口監督:16年前にやろうとしたことが実現しました!全国のいろんな人に観ていただきたいと思います。

と喜びの気持ちを爆発させ、いよいよ封切を迎えたことに感極まった様子。


この日は上映後イベントということで撮影中の話になり、作品にちなみ最高に笑えたエピソードを披露することに。

三吉さん:撮影最終日に、3カットも残っているのに涙を流しているやしろさんの姿を見ちゃって、涙がひいちゃいました!

と話すと場内は爆笑の渦に包まれ、続けて、

やしろさん:私がごみ収集車を走って追いかけるシーンがあるんですが、意外と足が速いのがわかりました!

と新事実が発覚したことを告白!

chayさん:円陣を組んで行われた叫びのトレーニングで、監督が『暑いんじゃー!』と叫んでいてびっくりしました!

と普段とのギャップに驚いたことを明かした。


次に三浦さんが回答をする番で

三浦さん:そうですね、そうですね・・・

と考えながら話し始めようとすると、

ムロさん:えっ考えてないの!?時間結構あったよ!

とすかさずつっこみをいれ大爆笑が!

ムロさん:三吉ちゃんが27テイクも撮った変顔のシーンなんですが、途中からこの経験が今後プラスになるんだよって思えてきてからは、自分の若い頃のことも思い出してしまいました!三吉ちゃんが今の僕くらいの年齢になるときっと笑えますよ。話がよくまとまりましたね。

と深い話をしつつしっかり笑いも獲得!

矢口監督:クランクアップで花束を渡したときに、宝田さんが三吉さんのほっぺにキスをした後、やしろさんの唇を奪ってて笑いがこらえきれませんでした!

と暴露すると、

やしろさん:旦那さんがファーストキスの相手だったので、宝田さんが二人目の男性です!

と秘密を打ち明け場内を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph いま世間は夏休み真っただ中ということで『ダンスウィズミー』というタイトルにちなみに、キャスト同士で夏休みにしたいことを「やりたいことwithキャストの名前」形式でフリップに書いて披露することに。
「ダンスウィズミー」初日舞台挨拶_三吉彩花、やしろ優、chay、ムロツヨシ
三吉さん:バンジージャンプwith監督

と書いたフリップを出すと、

矢口監督:三吉さんと一緒ならやりますよ。高所恐怖症だからやらないですよね?

と高をくくって回答。すると

三吉さん:でも、、監督と一緒ならやります!

とまさかの回答があり矢口監督はしどろもどろに。

chayさん:デュエットソングwithムロさん

とムロを誘うと、これには

ムロさん:えっ?ガチで!?chayさんがいうなら今から練習するかな。

とうろたえる一幕も。

暑さに弱いという

三浦さん:焼き肉with三吉さん!

と発表し、三吉さんが食べ物をおいしそうに食べるので涼しいところでお肉を食べたいと披露。

「バーベキュー」と書いていた

やしろさん:バーベキューを一緒にどうですか!?

と問いかけると、

三浦さん:涼しいならいいですよ!

と徹底して暑さを避ける構えを見せ、またもや場内に笑いが巻き起こった。

ムロさん:走るwith三吉さん。函館で撮影している時に、ランニングしようと外にでると、『透け透けのシャツ』を着たスポーティーな三吉さんがいて、その格好の三吉ちゃんと一緒に走れたら絶対に面白いと思った!

とカメラが回っていないときの秘話を暴露!会場中の笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に・・・

矢口監督が三吉さんへサプライズの手紙が読むことに。

矢口監督:三吉さん、やっとこの日が来ましたね。日本中、そして世界中のあちこちで踊っている三吉さんを、僕は陰から応援してました。あまりに暑いので、涼しい日陰からでしたが‥‥。クランクインのずっと前の話です。覚えてるかな?親睦を深めるために僕とやしろさんと三吉さんの三人でご飯を食べに行きましたね。その時に、『あなたなら絶対にこの役をやれます。保証します。顔が赤くなりやすいのはCGで誤魔化せます」と言いましたが、CGは嘘です。三吉さんを安心させたくて言ったでまかせです。本当のことを言うと何の根拠もなく、ただの勘でした。でも、僕の目に狂いはなかったと今なら言えます。矢口組に参加してくれて本当にありがとう。
「ダンスウィズミー」初日舞台挨拶】 三吉彩花・矢口史靖監督 という言葉を投げかけられると、

三吉さんは涙を流しつつ、
「ダンスウィズミー」初日舞台挨拶】 三吉彩花 涙 三吉さん:ずっとプレッシャーを感じていたのですが、撮影が始まった後に一回自信をなくしてしまったんです。私が主演で大丈夫なのかなって思ったこともありましたが、こんなに温かい手紙をいただけて嬉しいです。たくさんの方に劇場に来ていただけていますし、自信が出てきました!

と苦悩がありつつも前向きになれたことを明かした。



矢口監督:映画は、観ていただいた方に口コミで広めていただくのが一番なんです。面白いと思った方は周りの方々にすすめてください!

と観客に呼びかけると、

三吉さん:いよいよ全国公開となりました。出演陣、スタッフ全員で作り上げていった作品で、歌もダンスもすべて自分たちでやりきりました。すでにたくさん笑っていただいたと思いますが、あと3回は観てくれると嬉しいです。

とお客さんへの感謝を語り、温かい雰囲気の中、イベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』

は、本日から全国、305スクリーンにて封切られる。

公式サイト:
dancewithme.jp
公式ツイッター:
dancewithmefilm
#ダンスウィズミー 

ダンスウィズミー
<ストーリー>
子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いな静香。催眠術のせいで、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった!所かまわず歌い踊るせいで日常がメチャメチャに!術を解くため日本中を奔走するが、裏がありそうな5人のクセ者たちと、さらなるトラブルが!恋も仕事も失った静香を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは?

***********************************


原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 

©2019「ダンスウィズミー」製作委員会