「た行」カテゴリーアーカイブ

魔夜峰央、武内英樹も応援上映に参加!映画『翔んで埼玉』埼玉ディスって大ヒット中!


映画情報どっとこむ ralph 埼玉県を徹底してディスって大ヒット!
二階堂ふみ・GACKT W主演、魔夜峰央原作の映画『翔んで埼玉』。

公開8週目を迎えるも、週末の映画ランキングでは未だベスト5入りをキープし、興行収入は33億円、動員数260万人を突破と、まだまだ好調が続いております。

埼玉ブームが巻き起こってる本作が4月19日(金)、全国での応援上映の皮切りとして、原作者の魔夜峰央先生と、武内英樹監督が登壇する、舞台挨拶付き応援上映を行ないました!

劇中での埼玉VS千葉という設定に基づき、かつて埼玉県に住んだことのある魔夜峰央先生と、千葉県出身の武内英樹監督が、会場のお客さまと一緒に席に座り、本作の応援上映を体験しました!

『翔んで埼玉』大ヒット応援上映イベント
日程:4月19日(金) 
場所:新宿バルト9
登壇:魔夜峰央、武内英樹

映画情報どっとこむ ralph Q率直な感想をお願い致します。

武内監督:今日はありがとうございます!なんか見たことがある方がいるのですが・・・(会場で最多の鑑賞回数は33回の方がいた)やっと応援上映にたどり着けました。まだまだ続けていきたいと思ってます。

魔夜先生:ヒットするなとは思っていました。監督が武内さんで、主演が二階堂・GACKTですから。最初に聞いたときはこれを映画化していいのかと思いましたが、キャスティングを聞いて、主演があの二人なら、いけると確信したんです。案の定でした。後はどこまでいけるのか。どこまで「クイーン」に近づけるのかですね。埼玉県だからこそできたこと。他の県だったら絶対できませんでした。「翔んで京都」絶対できませんよね。埼玉の方だから許してくれる。埼玉には足を向けて眠れません。

武内監督:嬉しいですね。苦情が無かったんです。一応、クレームが来たときに備えてQ&A作ったんですけど全然使わなかったんですよね。ありがたいです。

Q応援上映を体験してみていかがでしたか。

武内監督:笑いたいのに、笑いづらかったという人もいましたから、いいですね。こういうの。細かいところにネタを仕込んでいるので、オペラの歌詞とかね、気が付いたら突っ込んでほしいですね。今後ですが、漫画原作の映画ベスト10を埋めたいと思ってます(笑)

魔夜先生:こういう映画の見方もあるんですね。最初から申し上げてますが、これ、ファンタジーですから。偶然ですからね!原作もね、細かく色々仕込んでいるんですよ。私と監督の感性が似ているからでしょうかね。何度も見てもらいたいですね。

Q締めのメッセージをお願いします!

魔夜先生:映画はもっとヒットしてもらいたいです。こんなもんじゃないです。皆さんのお力でもっともっと多くの皆さまに見てもらってみなさなが拡散してくれてこの映画が面白いと言って下されば、それが評判を呼びますのでさらなるご協力をお願い致します。

武内監督:これだけ見てくださったみなさんに感謝申し上げます。埼玉県内で年末ぐらいまで公開してもらいたいです。


映画情報どっとこむ ralph 映画『翔んで埼玉』

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama


【STORY】
娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。


***********************************

キャスト:二階堂ふみ GACKT 
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)  / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 


原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント) 
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
   


憲法のキホンのキの映画です。井上淳一監督登壇『誰がために憲法はある』完成披露


映画情報どっとこむ ralph この度、芸人・松元ヒロ原作による一人舞台「憲法くん」を、女優・渡辺美佐子の出演で映画化した12分の作品を基に、渡辺が1980年から仲間の女優たちと続けてきた原爆朗読劇「夏の雲は忘れない」について描いたドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』が完成いたしました。”憲法についてあらためて見つめ直すきっかけとなる”本作の『誰がために憲法はある』の監督は、ドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』(15)を手掛け、『止められるか、俺たちを』(18)では脚本を担当した井上淳一さん。

4月27日(土)の公開に先駆け、本日4月19日(金)に完成披露試写会を開催、井上監督が登壇してトークイベントを行いました。

『誰がために憲法はある』完成披露試写会
日時:4月19日(金)
場所:神楽座
登壇:井上淳一監督

映画情報どっとこむ ralph 4月19日、都内・神楽座でドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』の完成披露試写会舞台あいさつが行われ、井上淳一監督が来場した。

2016年に公開されたドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』では福島第一原発から65Km離れた福島県須賀川市で原発事故により汚染された土地の中、農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた。そして同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。

今回、初めて観客のみなさまに本作をお披露目する井上監督は上映後に登場。

井上監督:この作品を作ろうと思ったとき、「憲法くん」を演じるのは自身も戦争を体験している実際の憲法よりは少し目上の役者の方に演じてもらえればさらに広くこの作品を多くの方に伝えることができるのではないかと思い、渡辺美佐子さんにお願いしました。この映画は憲法のキホンのキの字を言っている映画です。ただ、初めの一歩になる力を持っている映画だと思っています。

と語った。そして、これまでに取材などでも語っていた、昨今の自分自身が携わった映画も含めて「届く人」にしか届いていないのではないか。映画とは、表現とは、本来、「届かない人」の価値観を揺さぶるものではないのか。ということについて、改めて言及しつつ今作が幅広く、より多くの人に届き、憲法は誰のためにあるのか。憲法は誰のために生まれたのか。いま世の中は変わらないんじゃないかという閉塞感にとらわれている人っていっぱいいるのではないかと思うがという言葉に続き、

井上監督:こういう映画作っている人がいる、ということが希望の光というのは大げさだけど、まだあきらめるのは早いんだと思ってもらえれば映画を作った意味があると思ってます。

といい、舞台挨拶が終わった。

観客の方々からは40代男性「憲法について調べたいと思った」また、30代女性からは「忘れてはいけないこと。知らないことをとてもシンプルに伝える映画でした」など多くの声も上がり場内はとても暖かさとこれからを見据えるとても鋭い眼差しで本完成披露試写会は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『誰がために憲法はある』

公式サイト:
www.tagatame-kenpou.com
ストーリー
初恋を胸に語り継いだ8月6日。
原爆朗読劇の全国巡演を続けてきた女優陣たちが語る戦後、そして未来へ託す思いとは。
渡辺は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇の公演を続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。監督は『大地を受け継ぐ』(15)で原発事故により汚染された土地で農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた井上淳一。同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!


映画情報どっとこむ ralph ポレポレ東中野で 各地劇場で 続々舞台挨拶決定!!
以下情報も併せてご紹介くださいますと幸いです。

■ポレポレ東中野 
☆上映期間中トークイベント開催!(すべて10:30の回上映後)
4/27(土) 【 初日舞台挨拶】 ゲスト:渡辺美佐子(本作出演・女優)×井上淳一(監督)
4/29(月) ゲスト:PANTA (本作音楽・頭脳警察) ※ミニライブあり
5/1(水) 【天皇即位の日】 ゲスト:鈴木邦男(評論家・一水会顧問)×井上淳一(監督)
5/2(木)  ゲスト:渡辺美佐子(本作出演・女優)×井上淳一監督
5/3(金) 【憲法記念日】 ゲスト:馬奈木厳太郎(本作製作・弁護士)×井上淳一(監督)
5/4(土) ゲスト:堀潤(ジャーナリスト)×馬奈木厳太郎(本作製作・弁護士)
5/7(火)  ゲスト:前川史郎(「原水協通信」編集長)×井上淳一(監督)
5/9(木)  ゲスト:松元ヒロ(スタンダップコメディアン)×井上淳一(監督)



全国の劇場で井上淳一監督によるトーク開催!ゲストも来場予定!
※詳細、最新情報は各劇場、公式サイトにてご確認ください。

4.27(土)【神奈川】横浜ジャック&ベティ|午後の回上映後
4.28(日)【長野】長野ロキシー|10:30の回上映後 【新潟】高田世界館|17:45の回上映後
4.29(月)【愛知】シネマスコーレ|10:20の回上映後
4.30(火)【愛知】シネマスコーレ|10:20の回上映前【京都】京都シネマ|11:55の回上映後
【大阪】第七藝術劇場|14:30の回上映後
5.3 (金)【埼玉】川越スカラ座|15:00の回上映後
5.4 (土)【新潟】シネウインド|13:35の回上映後
5.5 (日)【石川】シネモンド|10:15の回上映後 【新潟】高田世界館|14:30の回上映後

***********************************

渡辺美佐子
高田敏江 寺田路恵 大原ますみ 岩本多代 日色ともゑ 長内美那子 柳川慶子 山口果林 大橋芳枝
監督:井上淳一/「憲法くん」作:松元ヒロ
音楽:PANTA
製作:馬奈木厳太郎
プロデューサー:片嶋一貴
撮影:蔦井孝洋 土屋武史 髙間賢治 向山英司
照明:石田健司/録音:臼井勝 光地拓郎
ヘアメイク:清水美穂  
編集:蛭田智子/助監督:末永賢 植田浩行
制作:長谷川和彦 宮城広
メイキング:小関裕次郎 
宣伝プロデューサー:岩本玲
協力:「夏の会」
製作プロダクション:ドッグシュガー
配給・宣伝:太秦株式会社
【2019年|日本|69分|DCP|カラー|ドキュメンタリー】
(C)「誰がために憲法はある」製作運動体
     


小栗旬×星野源 映画初共演! 土井裕泰監督で『罪の声』 映画化


映画情報どっとこむ ralph 2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士先生の同名小説「罪の声」。

フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れた物語が話題を呼び、現在18万部を超えるベストセラー小説です。

この度、本作の映画化&キャストが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 主人公の新聞記者・阿久津英士を演じるのは小栗旬さん。

30年以上前に起き、すでに時効となっている昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者を、その圧倒的な存在感で演じます。
■小栗旬さんコメント
原作を読み終えたあと、開けてはいけないと言われている扉をあけてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています。
この作品を映画化するのか、これは覚悟のいることだなと思いましたが、制作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟を伺って、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました。
素晴らしいスタッフ、キャスト、そして独特の存在感を持ち、物腰が柔らかく、私自身、時折ただのファン目線で一緒に撮影していることを喜んでしまう、星野源という素晴らしいアーティストと共に作れること。そして、阿久津という人間を通して、数々の声と向き合い、寄り添い、反発しながら、真実の声を聞き逃さないように真相にたどり着けたらと思います。
時代が変わろうとしている今、それでも忘れ去ってはいけない小さな小さな声がある。
ご期待下さい。


もう一人の主人公・曽根俊也を演じるのは星野源さん。

俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍している星野さんが、父から受け継いだテーラーを営み、平凡な毎日を過ごす中で、偶然にも幼少時の自分が知らないうちにこの昭和最大の未解決事件に関わっていたことを知ってしまう男を繊細に演じます。

■星野源さん コメント
3年前、とある作品の撮影中にプロデューサーの那須田さんと雑談していた時。この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています。「この役を源ちゃんでイメージしているんだ」と言って頂いた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、嬉しく思います。そして、随分前から知り合っていた小栗くんと初めてじっくりとお仕事できること、心から信頼し、尊敬している土井監督、野木さんとまたご一緒できることも本当に嬉しく、幸せに思います。悲劇でありながらも、人間がこの社会で生きる上でとても大切なメッセージが込められたこの作品の中で、曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、『いま、会いにゆきます。』『涙そうそう』『ハナミズキ』『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『ビリギャル』など幅広いジャンルを手掛ける土井裕泰。脚本は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」「アンナチュラル」「空飛ぶ広報室」、『図書館戦争』シリーズなどの野木亜紀子さんが担当。

■土井裕泰監督 コメント
「平成」から「令和」へと時代をまたいでゆくこの春に、小栗旬、星野源という今を代表する2人の表現者とともに、この「昭和」の未解決事件の物語に挑める幸せと責任を感じながら日々現場に立っています。

撮影は既に3月末にクランクインし、6月にクランクアップ予定。公開は2020年を予定しております。

映画情報どっとこむ ralph 『罪の声』

2020年 全国東宝系公開

あらすじ

平成も終わりを告げようとするとき、昭和最大の未解決事件に翻弄される2人の男がいた。
新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる毎日を過ごしていた。そして30年以上前の事件の真相を追い求める中で、どうしても気になることがあった。なぜ犯人グループは、脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか。 京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、父の遺品の中にカセットテープを見つける。何となく気に掛かり再生すると聞こえてきたのは、幼いころの自分の声。それは30年以上前に複数の企業を脅迫して、日本中を震撼させた昭和最大の未解決事件で犯行グループが使用した脅迫テープと全く同じ声だった!

やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かうのだった。


***********************************

原作:塩田武士『罪の声』(講談社)
脚本:野木亜紀子
監督:土井裕泰
出演:小栗旬 星野源
制作:TBSスパークル、フイルムフェイス
配給:東宝
Ⓒ原泰久/集英社 Ⓒ2019映画「キングダム」製作委員会
   


映画『小さな恋のうた』“沖縄のリアルを描く” 本予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。平成で最も歌われたカラオケランキングの男性アーティストによる楽曲で堂々1位に輝き、新垣結衣やJUJUら今までに60以上のアーティストによってカバーされ、今この瞬間にも多くの人によってYouTubeやSNSに “歌ってみた動画”が投稿されるなど、世代や性別を問わず今なお歌い継がれるこの名曲から生まれた同名の映画『小さな恋のうた』が5月24日(金)より全国公開いたします。
幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ歳月をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、2つの国と共に生きる若者たちの“生きた青春”を描きます。
 
3/20に公開されたメイキングPVが投稿後1週間足らずで37万視聴(YouTube東映オフィシャルchのみ)を突破。4月4日(木)に行われた本作の沖縄プレミアにて、楽曲の生みの親、MONGOL800(上江洌清作、髙里悟が参加。儀間崇は病欠)のお墨付けを受けて、本作のメインキャストである、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁の5人が「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)として鮮烈メジャーデビューすることが発表されるなど、話題沸騰中の本作から、待望の本予告映像が満を持して公開となりました!

映画情報どっとこむ ralph 公開された本予告映像では、この作品の基となった名曲であり、本作の主題歌でもあるMONGOL800の「小さな恋のうた」にのせて、日本とアメリカ、フェンスで隔てられて二つの「国」が存在する沖縄の今と、そこで生きる高校生たちの等身大の姿など、「青い海と空」のような観光的なイメージとは一味違う模様が描かれている。
映像の冒頭から中盤では、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈らが演じる高校生たちの葛藤と苦悩。そして後半はまるでそれらをバネにしているかのように、ステージに立ち、「想いを伝えよう」と叫び、奏る、前向きな姿が描かれている。

構想8年。幾度となく沖縄に足を運び、そこで暮らす人々や、時には米軍基地内にも取材に入り、構築したオリジナルストーリーを、全編沖縄ロケで撮影したからこそ描き出せた、“沖縄のリアル“。世代、性別、言葉、人種、国境、あらゆる壁を越えていく音楽の力と、小さな島のちっぽけな高校生たちの叫びが”優しい歌“となり世界を変える様子が詰め込まれた予告映像となっている。




映画『小さな恋のうた

既に60万人突破!100万人の小さな恋のうたプロジェクト実施中!
http://www.chiikoi.com

【STORY】
沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる。
***********************************


出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17) Inspired by the songs of MONGOL800
配給:東映
©2019「小さな恋のうた」製作委員会


遠藤新菜 SUMIRE 柳喬之 出演! 宮崎大祐監督作品『TOURISM』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph うちらならどこまでもいける まだ世界を知らない少女たちの国境なき旅

安価な航空チケットの流通やスマートフォンの発達により近年海外旅行が一 気に身近なものとなった。『TOURISM』は、今を生きる少女たちが観光客と して身軽に家を飛び出し、期せずしてシンガポール本来の姿に出会うまでを 描く。

ニーナを演じるのは宮崎大祐監督『大和(カリフォルニア)』(16)で日 本とアメリカを体現する重要な役どころを務め注目が集まる遠藤新菜。スー には「装苑」専属モデルを経て昨年から女優として活躍の場を拡げる SUMIRE。 国内外問わず様々な場所で映画制作を続けてきた宮崎大祐監督が今回選んだ のは人気の観光スポットであると同時に多民族都市国家として複雑な歴史を 歩んできたシンガポールだ。2017 年に自身の体験をもとに製作された本作 には、この数年間で失われてしまったシンガポールの幻の風景が映っている。 本作はスマートフォンやタブレットなど様々なデジタル・デバイスを駆使し て撮影されており、編集後はペドロ・コスタ監督作品で常にカラリストを務め るゴンサロ・フェレイラによって彩色された。

映画情報どっとこむ ralph キャストからコメントも到着!

ニーナ役:遠藤新菜(えんどう・にいな)
こんなロードムービー初体験です。この世界観に吸い込まれて思わずニヤニヤし てしまう、、いつの間にか登場人物達の虜になっていく。美しくも独特なシンガ ポールの街を一緒に彷徨う感覚になれるはず。観ないとわからない、それだけ。

スー役:SUMIRE(すみれ)
「うちらならどこまでもいける」という気持ちをメインに、言葉がわからなくて も旅に行ってみたり、旅の面白さを体で体験し、言葉が無くても音楽や目で見る もので刺激を伝えることが出来た作品になったと思います。人間味のあるナチュ ラルな3人の姿をリアルに描かれているこの作品。是非お楽しみください。

ケンジ役:柳喬之(やなぎ・たかゆき)
今までにない撮影方法で進められた今回の「TOURISM」。 様々な境遇の人間の旅を通して湧き出る感情を、宮崎監督が程よい温度感でパッケージにしてくださいました。これから皆様のお目にかかれることを楽しみにし ています。 シンガポール行きたかった。

映画情報どっとこむ ralph 『TOURISM』

公式HP:
tourism2019.net

ストーリー
フリーターのニーナ(遠藤新菜)は東京からほど近い地方都市・神奈川県大和市でスー(SUMIRE)、 ケンジ(柳喬之) とシェアハウスをしている。ある日、世界中どこにでも行けるペア旅行券の抽選に当たったニーナは、くじ引きで決 めた行先・シンガポールをスーと共に訪れる。初の海外旅行であったが、日本とあまり代わり映えしない街並みに少 し失望する二人。そんな中、チャイナタウンで携帯電話を失くしたニーナはスーとはぐれてしまう…

***********************************

遠藤新菜 SUMIRE 柳喬之
監督・脚本:宮崎大祐
撮影:渡邉寿岳
編集:宮崎大祐
録音:高田伸也/スタイリスト:遠藤新菜/へアメイク:宮村勇気/音楽: THE Are Lil’Yukichi/助監督:田中羊一/プロデューサー:Aishah Abu Bakar 宮崎大祐/コー・プロデューサー:Lindsay Jialin Donsaron Kovitvanitcha 遠藤新菜/製作:アートサイエンス・ミュージアム シンガポール国際映画祭 DEEP END PICTURES
配給:boid
©DEEP END PICTURES INC. 2018/シンガポール・日本/カラー・白黒/77分/16:9/5.1ch