「た行」カテゴリーアーカイブ

『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』公開日決定!窪田正孝&山本舞香の2ショット到着!


映画情報どっとこむ ralph 2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数3700万部を誇る超人気コミックス。



2017年7月29日には実写映画『東京喰種 トーキョーグール』が世界29ヶ国で公開され今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。そんな本作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』として公開される。


食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京を舞台に、人間でありながら喰種としての能力に目覚めた金木研(カネキ  ケン/窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いた本作。現在放送中のアニメ「東京喰種 トーキョーグール:re」【最終章】でも盛り上がりを見せているが、2019年はついに実写映画の新作も始動!『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は、2019年7月19日(金)に公開されることが決定した!

あわせて、窪田正孝演じるカネキと、山本舞香演じるヒロインの霧嶋董香(トーカ)の写真が解禁となった。
ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなったカネキは、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活をしている。今回は、そんな「あんていく」の制服に身を包んだカネキとトーカの2ショット写真が到着。

本作では、そんな彼らの憩いの場である「あんていく」に、カネキの最大の宿敵である喰種・月山習(ツキヤマ シュウ/松田翔太)が訪れるところから物語が始まる。やがて人間と喰種の共存を賭けた壮絶なバトルへと発展していく本作において、つかの間のひとときを切り取った、ふたりの穏やかな表情は必見だ。

映画情報どっとこむ ralph ほかにも、カネキの親友ヒデ役に「超特急」の小笠原海、カネキの大学の先輩である喰種のニシキ役に白石隼也など、豪華俳優陣のキャスティングが続々と解禁されている本作。いまだ謎に包まれている新キャラクターも含め、今後の続報が待ち望まれる!

映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』

は2019年7月19日(金)公開。


公式サイト:
http://tokyoghoul.jp/

公式twitter:
@tkg_movie

***********************************

原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」 (集英社「ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝、山本舞香/松田翔太
配給:松竹
公開:2019年7月19日(金)
©石田スイ/集英社 ©2019「東京喰種 トーキョーグール2」製作委員会


浅川梨奈VSゆるめるモ!あの「血まみれスケバンチェーンソーRED」本ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 前作「血まみれスケバンチェーンソー」 から 2 年の時を経て新章「血まみれスケバンチェーンソーRED」の本ポスタービジュアルが解禁されました。

さらに 「前編ネロの復讐」、「後編ギーコの覚醒」と前後編で上映されることが明らかになりました。

解体屋の娘の主人公・鋸村ギーコ役は浅川梨奈に決定と報じられていましたが・・・

新たな共演者として、碧井ネロ役にゆるめるモ! のあの、そして日高七海、替地桃子、護あさな、蒼波純らが出演。

初日も2019年2月22日(金)に決定。

映画情報どっとこむ ralph なんと今回は4DX 仕様での上映が決定し観客も “血まみれ”になること必至!、 エンターテーメント度が強化された「血スケ」の世界観を楽しめるスーパープロジェクトに期待です!

血まみれスケバンチェーンソーRED

2019 年2月22日ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場にて ロードショー

公式 HP:
http://www.vap.co.jp/chimamire/
公式 Twitter:
@chimamire2016

【STORY】
自前のチェーンソーを持ち歩く鋸村ギーコ(浅川梨奈)はうぐいす学園に通う女学生。
ある日同級生の碧井ネロ(あの)が創り出した改造死体たちに襲われ始める。
迫り来る改造死体たちを撃退して行きながら首謀者のネロのアジトに乗り込み直接対決を試みる。なぜ、 ギーコを執拗に襲うのか!?それには衝撃の理由があった!

ネロとの苦闘、そして鎧を纏った新たな敵との遭遇。
彼女はうぐいす学園新生徒会ガーディアンズの総長ネメシス(護あさな)。ギーコ絶体絶命のピンチに!!

映画情報どっとこむ ralph 原作情報「血まみれスケバンチェーンソー」(KADOKAWA刊/月刊コミックビーム掲載)

著:三家本札「ゾンビ屋れい子」「巨乳ドラゴン」ほか 2009 年より「月刊コミックビーム」にて連載開始。(月刊コミックビームは毎月12 日発売) コミックス全13巻好評発売中。(発行:KADOKAWA)


無頼派女子中学生・鋸村ギーコが、クラスメイトが次々と改造人間へと変貌する中、迫りくる有象無象のゾンビに自前の改造チェーンソーで立ち向かっていく、痛快アクション 漫画!

2018 年10 月号(9月12 日発売)より、「血まみれスケバンチェーンソーreflesh」新連載開始。

***********************************

監督:山口ヒロキ
脚本:福本充則
出演:浅川梨奈
ゆるめるモ! あの、そして日高七海、替地桃子、護あさな、蒼波純
ほか
配給:プレシディオ
©2019 三家本礼・KADOKAWA 刊/うぐいす学園3 年A 組


フランス映画『天国でまた会おう』予告編・ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 誰もが初めて出会う世界観で心をつかみ、2018年セザール賞で5部門受賞を果たしたまさに逸品のフランス映画『天国でまた会おう』の公開日が、2019年3月1日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。
この度、日本版予告編と日本版ビジュアルが完成、解禁となります!


日本版予告は、顔に重傷を負い仮面で隠すエドゥアール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)と、その仮面の美しさに目を奪われるアルベール(アルベール・デュポンテル)という印象的な場面で幕を開ける。

「どんな姿でも息子が帰ればお父さんは喜ぶさ」と慰めるアルベールに対して、エドゥアールは“クソ食らえ”と反発。アルベールは彼の言葉にできない苦しい胸の内を知り、世間から身を隠すように2人で暮らし始める。画家を夢見ていたエドゥアールは傷を隠すための仮面を作りはじめ、その想いを“通訳”する少女も加わる。そんな中、エドゥアールは、目にした新聞記事をきっかけにとある詐欺計画を思いつく。

最初は猛反対するアルベールだったが、ろくな仕事にもありつけない現実に直面し計画への参加を決意する――
ヴェートーベンの「交響曲第9番ニ短調」が全面的に使われる中、豪華絢爛な仮面舞踏会、形や表情が目まぐるしく変わっていくエドゥアールの美しい仮面の数々、宿敵でもあるかつての上官プラデル(ロラン・ラフィット)に銃口を突き付けるアルベール、何者かによる大金がらみの巨大な陰謀、罪状を次々読み上げていく少女、エドゥアールに迫る父マルセル(ニエル・アレストリュプ)の“追っ手”…など、様々な場面が巧妙にちりばめられていく。めくるめく魔術のごとき映像とアートのような本物志向の美術や衣裳などに目を奪われつつも、それだけでない、まさに<グランド・エンタテインメント>と言える本作の魅力が詰まった映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph 合わせて解禁となった日本版ビジュアルでは、自分で作った見事な仮面を着けて何かを伝えようとするエドゥアールと、笑顔で応えるアルベールという、年の離れた友情を育むふたりを大きく捉えつつ、映画が持つクラシカルかつ豪華絢爛な雰囲気が伝わるデザインとなっている。
監督・共同脚本・主人公のひとりアルベール役を兼任したデュポンテルは、映画化を決めた理由として、「原作の小説は、巧みに隠された現代に対する風刺だと思ったからだ。すべての登場人物に驚くほどの現代性があり、金銭欲が強くて貪欲な少数の人々が世界を支配し、真面目に生きてきた多くの人たちを苦しめているのは、まさに今の世界の状況だ。そして、親子関係や友情など普遍的な物語もある。物語にはリズムとサスペンスがある。これらのすべての要素がぜひ自分の手で映画化したいと思わせたんだ」と原作の魅力を分析している。


映画情報どっとこむ ralph 天国でまた会おう
英題:SEE YOU UP THERE

公式サイト:
http://tengoku-movie.com

【STORY】
1918年、休戦目前の西部戦線。
生き埋めにされたアルベールを救ったエドゥアールは、その時に顔に重傷を負ってしまう。
パリに戻った二人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。仕事も恋人も失ったアルベールと、生還を家族にひた隠しにするエドゥアール。
そこに、声を失ったエドゥアールの想いを“通訳”する少女が加わった。
一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てる。だが、そこには隠された本当の目的があった──。
***********************************

【監督】アルベール・デュポンテル
【原作】ピエール・ルメートル「天国でまた会おう」(平岡敦訳/ハヤカワ・ミステリ文庫) 【脚本】アルベール・デュポンテル、ピエール・ルメートル
【出演】ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート『BPM ビート・パー・ミニット』、アルベール・デュポンテル『ロング・エンゲージメント』、ロラン・ラフィット『エル ELLE』、ニエル・アレストリュプ『真夜中のピアニスト』、エミリー・ドゥケンヌ『ロゼッタ』、メラニー・ティエリー『ザ・ダンサー』
原題:Au Revoir Là-Haut/2017年/フランス/フランス語/117分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:加藤リツ子/PG-12
配給:キノフィルムズ/木下グループ
映画コピーライト:© 2017 STADENN PROD. – MANCHESTER FILMS – GAUMONT – France 2 CINEMA  場面写真コピーライト:©Jérôme Prébois / ADCB Films


門脇麦・成田凌・寛 一 郎・・・映画『チワワちゃん』本ポスター解禁!原作本も復刊!!


映画情報どっとこむ ralph 「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として2019年1月18日(金)に公開となります!そしてこの度、エモさが爆発する本ポスターと原作者・岡崎京子からのコメントが解禁となりました!

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。主人公のミキ役には、『愛の渦』(2014)のヒロインで注目を浴び、以後、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇麦。

チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には若手最注目俳優の成田 凌、ヨシダの親友カツオ役には2017年に俳優デビューを果たし既に注目作品に引っ張りだこの寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役には、同年代女性から支持されモデル・女優として活躍する玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、映画・TV・舞台と幅広く活動している村上虹郎と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演!更にファッション誌のライター・ユーコとして栗山千明、カメラマンのサカタとして浅野忠信が加わり、作品に深みを与えています!


”Tammy Volpe”撮り下ろし画像がエモい!!本ポスター解禁

今回解禁となった本ポスターでは、揺れる若者6人のポートレートが大きく配置されており、Instagramの写真のようにオシャレでエモさ溢れる色彩豊かな仕上がりとなっています!このポートレート写真を撮影したのはアメリカと日本のハーフで、次世代のフォトグラファーとして「Numero TOKYO」、「VOUGE GIRL JAPAN」等で活躍するTammy Volpe(読:タミー・ボルピ)が撮影したもので、各キャラクターの個性が際立つ仕上がりとなっています。また、〈息もできないほど、キスして、笑って、恋をしていた〉というキャッチコピーも、全員で花火を打ち上げる画像と相まって、彼らが送る青春の物語への期待を掻き立てます。更に、栗山千明と浅野忠信の真剣な眼差しも、その先に若者たちの何を見据えているのか非常に気になり、作品への期待が高まります!

映画情報どっとこむ ralph 祝!!原作復刊&原作者・岡崎京子からコメント到着!!「みんな、ありがとう」

また、映画の公開を記念して原作が新たなカバーデザインで12/22(土)に復刊されることも決まりました!青春漫画の傑作の呼び声高い『チワワちゃん』を含めた6編を収録した珠玉の短篇集となっており、映画公開に合わせて改めて岡崎京子の世界を味わうにはピッタリの1冊となっています!

『チワワちゃん』
著者:岡崎京子
【収録作品】
LOVE, PEACE & MIRACLE -紙の上のスライドショウ-/夏の思い出/チョコレートマーブルちゃん/
GIRL OF THE YEAR/チワワちゃん/空を見上げる -あとがきにかえて-/好き? 好き? 大好き?
あすかコミックスDX/A5判
定価:980円+税
発行:株式会社KADOKAWA

ⓒKyoko OKAZAKI 1996

映画情報どっとこむ ralph 映画『チワワちゃん

公式HP:
chiwawa-movie.jp

【STORY】
SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった。

***********************************

門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲 万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信

監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM 
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分
©2019『チワワちゃん』製作委員会
   


野沢雅子、東京オリンピックの聖火を「かめはめ波」で!と野望語る!『ドラゴンボール超 ブロリー』公開記念舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 劇場版「ドラゴンボール」20作品記念作品となる『ドラゴンボール超 ブロリー』が、12月14日(金)より公開となりました!
今まで明らかにされていなかったサイヤ人の原点と、謎の超サイヤ人・ブロリーとの闘いを描いた、シリーズ史上最高の仕上がりとなっております。

この度、映画の公開を記念して、公開記念舞台挨拶が行われ、孫悟空役のレジェンド声優・野沢雅子さんとブロリー役の島田敏さん、そしてレギュラー陣のベジータ役・堀川りょうさん、フリーザ役・中尾隆聖さん。さらに、ゲスト声優であるチライ役の水樹奈々さん、レモ役の杉田智和さんが登壇しました。

彼らが一堂に会するのは本作のプロモーションで初。フォトセッションでは孫悟空の必殺技・かめはめ波で会場と一体に!

日程:12月15日(土) 
場所:丸の内TOEI
登壇:
野沢雅子 堀川りょう 中尾隆聖 島田敏 水樹奈々 杉田智和 長峯達也監督

映画情報どっとこむ ralph 見終えたばかりの観客の大きな拍手で迎えられてキャストと監督が登場!
野沢さん:こんなに大勢いらっしゃるとは!びっくりしました!作品素晴らしかったでしょ!録音が終わった時に、いままでで一番面白いって!言ってたんです!みなさんに愛されると思います!

と、太鼓判を押す野沢さん。
島田さん:この場所に立てていることに興奮しています!この映画を楽しんでいただければ。ブロディーは過呼吸になるほど燃えました!

と、テンション高めの島田さん。
堀川さん:今回、久しぶりにカカロットとフュージョンしました!マコちゃんと。一緒に戦わせていただきました!興奮しました!

と、野沢さんをまこちゃんと言えるのはレジェンド級ならでは。

中尾さん:前回に引き続き復活させていただいて。頭の輪っかもとれて。フリーザがこんなことを望んでいたんだと。僕もびっくりしました!(笑)

と、気になる発言の中尾さん。

そして、今回、ゲスト声優のお二人は
水樹さん:子供のころから見ていた大好きな作品にかかわらせていただいたこと。素晴らしい先輩方とここに立てていること。喜びをひしひしと感じています!鳥肌が止まりません!親子の絆、友情が描かれている作品です!今日はブロリー色に衣装してきました。

と、興奮気味の水樹さん。
杉田さん:僕の中で、ドラゴンボールには育ての親。師匠。例えばピッコロさんと悟飯の関係のような血のつながり以上の固いきずなが好き。悟飯が道着のマークに魔って。親よりも好きなのかなと。

と、ドラゴンボール愛がにじむ杉田さん。


そして、今回目がフォンをとった長峯監督は

長峯監督:会社に入ってからドラゴンボールに携わっていて、まさか、監督とは。ドラゴンボール大好きな皆さんの中にいられることが幸せです!

と、それぞれご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 公開となっての感想を聞かれ

野沢さん:サイコーです!悟空と一緒に生きてますから。今この場にいるのは悟空にとって最高です!
25年の時を経て劇場版いブロリー登場!

島田さん:とにかく興奮しっぱなしです!新たなドラマが生まれて、今まではサイヤ人の誇りにかけて戦っていましたが、今回は戦いのシーンとは別のブロリーのピュアな部分も描かれています!二つの面を楽しんでください!今回戦闘が早くて、殴ったらすぐやられるのが、続くんで。息がね。過呼吸になりました!
野沢さん:私も、終わった時にセリフ言ったかしらって思った程でした!

と、二人とも実演含めてお話に。

昨日から公開となった本作は満席続きだそうで、
監督:兎に角、凄いドラゴンボールが好きな方たちが書いていますので、その熱気が伝わる映像になっていると思います。2回、3回と楽しんでください!

と熱く語り、ゴジータは23年ぶり2度目で、大反響!これに

堀川さん:久しぶりに楽しみました!TVシリーズの時は一緒にやってたんで。目と目を合わせて。せ~の出合わせていましたが、今回は別撮りで。
野沢さん:当時、私は堀川さんの口を見て併せていました!

と、エピソードを披露。
  
今回の出演に対して、若手?のお二人は

水樹さん:最高でした!

杉田さん:子供のころの自分に言ったら、絶対嘘だって言われます!今回はサイヤ人の服風なのを選んできました!セルの靴もと思っていましたが、オリジナルが来るので。諦めました!

と、自前の衣装を紹介。
水樹さん:似合ってるよ!

と、フォロー。

今後に期待するものを問われると

中尾さん:私も合体したいです!
と、吐露。

ここで、世界中で公開となる本作。昨日、LAのチャイニーズシアターでプレミアが行われたそうで、その模様がスクリーンに映し出されました!
最後に・・・

野沢さん:本当に楽しくて面白い、自然と勉強になる作品だと思います。一人でも多くの方に見ていただきたいですね。それから東京オリンピック私としては 成果を悟空がかめはめ波ー!で灯したいんです!そうしたら世界の人も喜ぶと思いますから!

と野望を語りました!

かめはめ波で会場が一体に!
映画情報どっとこむ ralph 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』について

公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/

【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ??。



***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会