「さ行」カテゴリーアーカイブ

『燦燦 -さんさん-』モントリオール世界映画祭出品決定!


昨年11月16日より封切し、各地で絶賛公開中の、吉行和子、宝田明、山本學ら名優たちによる、“高齢者の婚活”を描いた

『燦燦 -さんさん-』
公式サイト:sansan-eiga.com

本作が、この度、第38回モントリオール世界映画祭(本年8月21日~9月1日開催)のフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への出品が決定いたしました!

毎年、この北米最大級の映画祭には日本の作品も数多く出品されますが、今年は、同部門だけでも、「サクラサク」や「飛べ!ダコタ」が出品決定されており、注目度が高まっています。

燦燦-さんさん-
燦燦3本作は、介護の末に最愛の夫を亡くし、それからずっと独り暮らしをしている77歳の鶴本たゑ(吉行和子)が、淡々と過ぎゆく日々の中で「人生を輝かせたい!」と奮起し、息子夫婦らに反対されながらも、自分の意志を貫き、“婚活”を始めるというストーリー。

“婚活”がもたらす生きる喜びと、彼女を取り巻く人間たちのドラマを描く爽やかな感動作です。

燦燦2真っ直ぐでチャーミングな主人公“たゑ”を演じるのは、吉行和子(『東京家族』)。共演は、宝田明、山本學という名優揃いのほか、蜷川幸雄氏が率いる平均年齢74歳の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の俳優陣も多数出演したことでも話題を呼びました。

監督は、老老介護を題材に夫婦愛を描いた『此の岸のこと』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011ほかアメリカ、スイスなど海外の映画祭でも上映され、モナコ国際映画祭2011では短編部門の最高賞にあたる最優秀作品賞をはじめ五冠を達成した若手の精鋭・外山文治。

長編デビュー作品となる本作は、埼玉県の映像産業拠点施設SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが実施する、若手映像クリエイターの育成を目的としたデジタルシネマ製作支援プログラムD-MAP2012: http://www.skipcity.jp/incubate/dmap/ において映画化を採択され、今や全国各地にて「残りの人生を考えるいいきっかけになった」「婚活をするか迷っていたけど私も人生をキラキラさせたい!」などを多く頂き評価を得ています。

********************************************************************


『燦燦 -さんさん-』
出演:吉行和子 山本學 / 宝田明
脚本・監督:外山文治
原案:外山文治「燦燦」(ユナイテッド・シネマ主催 第六回シネマプロットコンペティション グランプリ・SKIPシティ賞W受賞作品)

キャスティング協力:彩の国さいたま芸術劇場
製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:東京テアトル/デジタルSKIPステーション
©2013 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ

2013/日本/81分


『サード・パーソン』劇場プレゼントキャンペーン決定


『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』の巨匠ポール・ハギスが仕掛ける衝撃の最新作

『サード・パーソン』

が、6月20(金)より世界最速公開となります。


そして!
公開を記念し、映画の世界を堪能できる劇場プレゼントキャンペーンを実施する事が決定!!!。

『サード・パーソン』
本キャンペーンでは、5月26日(月)以降から『サード・パーソン』公開前日までの4週間にキャンペーン実施劇場のサービスデーに映画を鑑賞された方と、6月20日(金)映画公開初日に『サード・パーソン』をご鑑賞いただきましたお客様に、数量限定でオリジナルポストカードをプレゼント。
(各劇場でサービスデーが異なります。詳しくはキャンペーンHPをご参照ください。)

そちらのポストカードに記載されているキャンペーン応募URL、またはQRコードへアクセスし、必要事項を明記いただいた方の中から、ジェームズ・フランコが劇中で着用していたTシャツブランド「フランクリン&マーシャル」のTシャツや、映画の舞台となる都市にちなんだ豪華賞品、極上の肌を手に入れる美容グッズなどが抽選でプレゼントされる、豪華キャンペーンとなっております。

映画『サード・パーソン』4週連続サービスデー&初日プレゼントキャンペーン 概要

キャンペーンサイトURL:http://third-person.jp/cp_main/
応募締め切り:~6月30日(月)まで

第1週目:『サード・パーソン』賞…劇中でジェームズ・フランコが着用したTシャツブランド「フランクリン&マーシャル」Tシャツ(メンズ・レディース各1名様)

第2週目:NY賞…オレゴン バー&グリルお食事券 1組2名様

第3週目:ローマ賞…セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ (「エモッシオーニ」&「インテルメッツオ」)コーヒー2種セット 3名様

第4週目:パリ賞…パティスリー西洋銀座マカロンセット(6個入り) 3名様

公開初日:極上賞…ライスフォース プレミアムパーフェクトマスク(4枚入り) 3名様

*注意事項*
・サービスデーは各劇場で異なります。キャンペーンHPをご確認ください。
・各劇場実施曜日と6月20日(金)公開初日の実施となります。
・当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
・ポストカードは各劇場先着限定です。なくなり次第終了となります。

サードパーティキャンペーン
参加劇場&サービスデー実施曜日(全19劇場)

北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 :木曜日
宮城 イオンシネマ名取 :月曜日
山形 イオンシネマ天童 :月曜日
東京 新宿武蔵野館
ヒューマントラストシネマ渋谷
池袋シネマ・ロサ :全て水曜日
千葉 シネマイクスピアリ :水曜日
埼玉 イオンシネマ浦和美園 :月曜日
埼玉 シネプレックス幸手 :水曜日
茨城 シネマックスつくば :金曜日
静岡 静岡東宝会館 :金曜日
愛知 伏見ミリオン座 :木曜日
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋 :水曜日
大阪 MOVIX八尾 :水曜日
兵庫 シネ・リーブル神戸 ★水曜日
愛媛 シネマサンシャイン重信 ★水曜日
福岡 ユナイテッド・シネマなかま16 ★水曜日
福岡 シネプレックス小倉 ★水曜日
沖縄 シネマパレット ★水曜日

ぜひ極上の愛のミステリーをお楽しみいただくと共に、この豪華キャンペーンにご参加ください!

本作は、NY、ローマ、パリの3つの街を舞台に3組の男女が織りなす、愛、信頼、そして裏切りが交錯する極上の愛のミステリー作品です。パリのホテルにこもって最新作を執筆中の小説家(リーアム・ニーソン)と、作家志望でもある若き愛人(オリヴィア・ワイルド)。

『サード・パーソン』ポスター
『サード・パーソン』ポスター
ローマのバーで、密輸業者に娘を誘拐されたという他人を信じることができない女(モラン・アティアス)と出会ったアメリカ人の男(エイドリアン・ブロディ)。ニューヨークのホテルで客室係として働きながら、離婚した夫から息子を取り戻そうとする元女優(ミラ・クニス)と、売れっ子現代アーティストの元夫(ジェームズ・フランコ)。

一見、何の接点もないようなそれぞれの愛のエピソードが並行して描かれ、クライマックスに向けて物語が衝撃的な形で交差していく様は、『クラッシュ』を彷彿とさせるハギスならではの圧倒的な手腕が光ります。見終った頃にはあなたの中の本当に大切なものを思い出させてくれるような作品です。

『サード・パーソン』(原題:Third Person)

公式HP:http://third-person.jp/

6月20日(金)TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショーです。

********************************************************************



『サード・パーソン』(原題:Third Person)

パリ。最新小説を書き終えるために、ホテルのスイートルームにこもって仕事をしている、ピューリッツァー賞受賞作家のマイケル(リーアム・ニーソン)。妻エイレンとは別居して、野心的な作家志望のアンナ(オリヴィア・ワイルド)と不倫関係にあるが、アンナにも秘密の恋人がいる。

ローマ。いかがわしいアメリカ人ビジネスマンのスコット(エイドリアン・ブロディ)は、ファッションブランドからスーツのデザインを盗もうとしていた。あるバーで美しくエキゾチックな女性に一瞬にして目を奪われたスコットは、彼女が娘と久しぶりに再会しようとしていることを知る。そして密輸業者から娘を取り戻すためのお金を盗まれたと聞いたスコットは、彼女を助けたい衝動に駆られる。

ニューヨーク。昼メロに出演していた元女優のジュリア(ミラ・クニス)は、6歳の息子をめぐって有名なアーティストである元夫のリック(ジェームズ・フランコ)と親権争いの真っ最中だった。経済的支援をカットされ、膨大な裁判費用を抱えたジュリアは、かつては頻繁に泊まっていた高級ホテルでメイドとして働きはじめる。ジュリアの弁護士であるテレサ(マリア・ベロ)からは、裁判所の心証を変えるため、精神科医の鑑定を受けることをすすめられているが――。

監督・脚本:ポール・ハギス
『クラッシュ』『告発のとき』(監督・脚本)、『ミリオンダラー・ベイビー』『007 慰めの報酬』(脚本)

出演:リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フランコ、モラン・アティアス

2013年/カラー/シネスコ/137分/5.1chデジタル/映倫:G
提供:2014「サード・パーソン」フィルムパートナーズ
配給:プレシディオ/東京テアトル
(C) Corsan 2013 all rights reserved


代官山蔦屋『サケボム』トークイベントレポ


5月 24日(土)より新宿シネマカリテほか公開中で
濱田岳が、自身初の英語劇に挑戦した、明日ちょっとガンバレる青春“ほろ苦”ロードムービー

『サケボム』

23日(金)『サケボム』公開記念イベントが代官山蔦屋書店にて、主演の濱田岳さん、サキノジュンヤ監督を迎えて開催されました。

サケボム代官山蔦屋トークレポート1
はじめにサキノ監督は、濱田さんの出演経緯について、

「実は、海外生活が長いこともあって、最近の日本の役者さんってあまり知らなかったんです。それで、プロデューサーに相談したら、濱田さんのことを教えてもらいまして、すぐに過去作を観たら、素晴らしくって、濱田さんしかいない!って考えたんです」

と語り、これに対し、濱田さんは、本作への出演を決めた理由として、

「僕は海外に行った経験が少ないので、(主人公の)ナオトの境遇は僕に近いと思いました。それにせっかくいただいたチャンスですし、アメリカ人の日本人に対するイメージを変えるような日本人像を演じることができるんじゃないかと思ったんです。だって、彼らは日本のワビサビって知らないでしょ?それを伝えることができたらと思いましたね」

と語りました。

また濱田さんは、日本とアメリカの脚本の違いについて、

「日本だと脚本は縦書きなんですが、アメリカだと横書きで、それにも最初は戸惑いました。周りはアメリカ人のスタッフばかりですしね」

と初の海外撮影に最初は戸惑っていたというが、サキノ監督は、

「でも、濱田さんは、初めてなことばかりだったはずなのに、全く動じた様子がありませんでした。アメリカ人のスタッフとも、普通に打ち解けてやっていま

したし、本当に驚きました」

と濱田さんの大物ぶりを絶賛した。濱田さんは

「ピアノの発表会とか緊張する場所に出たら、お客さんが皆じゃがいもに見えるようにイメージしなさいって言うでしょ?僕にとって、その感覚に近かったですよ」

と語り会場の笑いを誘いました。

さらにサキノ監督は、本作で初の全編英語劇に挑んだ濱田さんの英語力について触れ、

サケボム代官山蔦屋トークレポート2「最初はどうなるか正直不安でしたけど、ちゃんと台詞も入っていて、何より役者とのやりとりが完璧なんですよ。それに濱田さんの場合、NGがほとんどなかったんです。むしろアメリカ人の役者の方が NG出していて。これは濱田さんの役者としての天性なのかもしれないですけど、驚きました」

と語り、濱田さんの役者としての凄みを賞賛した。そして、サウスバイサウスウエスト映画祭をはじめとした海外映画祭での反応についても触れ、

「これはお世辞抜きで、いろんな海外映画祭でも濱田さんは絶賛されていました。彼は普段から英語が話せる人なのか?って沢山質問されました。普通、英語があまりうまくない人を使う場合、編集テクニックで誤摩化したりするんですが、濱田さんの場合、そんなことをする必要が一切なかったんです」

と語ると、

「でも、僕は完成品を観たのがアメリカでの上映でだったから、当然日本語字幕なんてついていないでしょ。自分で演じているんだけど、自分が何を話しているのか全然わからなくって」

そして意外にも本作ではじめて海外映画祭に参加した経験について質問がおよぶと、

「海外のお客さんが大笑いしたりしているのを真近で感じて思ったのは、やっぱり映画ってお客様のものだなってことですね。そういう意味でも凄く勉強になりました。『サケボム』は僕にとって、キャリアのひとつとしても本当に素敵な経験をさせてもらった作品ですし、生涯忘れられない作品になりました。

ぜひ日本のお客様にも楽しんで欲しいです」

と観客にメッセージを送りました。

会場は、濱田さんとサキノ監督の息の合った掛け合いに終始笑いが絶えず、暖かい雰囲気に包まれました。

サケボム代官山蔦屋トークレポート
映画『サケボム』
公式サイト:http://sake-bomb.com/

2014年5月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
/6.14.大阪・TOHOシネマズなんば、山梨・TOHOシネマズ甲府、福岡・TOHOシネマズ天神ソラリア、愛知・名演小劇場、鹿児島・天文館ソラリア

過去記事:順番逆ですが
濱田岳登壇『サケボム』初日舞台挨拶レポ 

********************************************************************


創業 300年の伝統を誇る酒蔵の次世代を担うとってもコンサバな青年・ナオト。

ある日、突然の別れを告げていなくなってしまった元カノ・オリビアをあきらめきれず、一途に彼女を追いかけて、生まれてはじめてアメリカにまでやってきた!唯一の頼りにしてやってきた叔父さんは、従兄弟のセバスチャンが助けてくれると言うが、ひねくれ者の彼が素直にそうするわけもなく…。思いがけずに始まった何もかもが正反対のふたりの旅。

最初こそギクシャクしていた2人だったが、旅を通して、ナオトの存在は、コンプレックスのかたまりだったセバスチャンのささくれだった心を癒していく…。果たして2人の珍道中の結末は?そしてナオトの想いは元カノに届くのか!?

出演:濱田岳、ユージン・キム、マーレン・バーンズ、渡辺裕之
/
でんでん


監督:サキノジュンヤ
脚本:ジェフ・ミズシマ
配給:ピクチャーズデプト
2013年/アメリカ=日本/カラー/82分/1:2.35/5.1ch/英語・

日本語字幕/原題:SAKE-BOMB
(c)2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC


濱田岳登壇『サケボム』初日舞台挨拶レポ


「海外映画祭の経験は一生忘れないと思います」

この度、5/24(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開いたします

映画『サケボム』

の公開にあたり、公開初日舞台挨拶が行われました。

サケボムトークショー2
『サケボム』初日舞台挨拶レポート

本日5月24日(土)より新宿シネマカリテにて初日舞台挨拶が行われました。

ゲスト登壇したのは、主演の濱田岳さん、サキノジュンヤ監督、そしてサプライズゲストとして渡辺裕之さんも応援にかけつけました。

はじめにサキノ監督は、

「ついに日本の皆様に本作をご覧いただけることを光栄に思います。この映画ではじめてサケボムというカルチャーを知る方々も多いと思いますが、ぜひ本作が皆さんの今後の何か行動にお役に立てればと思います」

つぎに主演の濱田さんは、

「本当に沢山のお客様にお越し頂き、ありがとうございます。日本で公開できるか分からなかった本作がついに公開され、そしてこんなにも多くのお客様にお越しいただいて本当に嬉しいです。これで僕の顔も立ちました(笑)。ありがとうございます」

そして急遽サプライズゲストとして登壇した渡辺さんは、

「濱田さんは昔から知っている役者さんですし、監督ともご縁があります。そして世界中を旅して来た本作が、こうして皆様にご覧いただけることを嬉しく思います」

と。

そして本作の撮影裏話に話がおよぶと、サキノ監督は、

「台本読んでもらっているから、濱田さんは英語は大丈夫なんだろうと思っていましたが、実は苦手だと知りまして、最初は心配でした。けれど、撮影中の濱田さんは台詞もほとんど完璧で、本当に驚いたし、僕の心配は吹き飛びました」

と濱田さんの演技力を絶賛。これに対し、濱田さん

「実は撮影中、周りの役者やスタッフが何を言っているか全然分かりませんでした。アドリブも沢山されて困りましたね(笑)」

と語り、なんと実は相手の台詞は分からないまま演じていたという裏話を披露し、観客はもちろんのこと、監督をも驚かせた。サキノ監督は、

「海外映画祭で、先ず聞かれるのは、濱田さんは英語が話せる人なのか?ということでした。それはつまり、海外のお客様に濱田さんの英語はキチンと届いていたってことなんですよね。それだけ、自然な英会話ができているということで、これはちょっと信じがたいほどに驚愕でした」

と。

そして話は海外映画祭での反応に及び、濱田さん

「本当に海外のお客様って反応がすごくストレートなんですね。面白ければ、本当にいつまでも笑っているし、まさに感情そのままに映画を楽しんでいる様子が伺えました。そういう姿をすぐ近くで見て。感じることができたのは凄く貴重な経験でしたし、僕にとって本当に忘れられない思い出です」

と語り、本作への想いに言及した。そして、そんな中でも

「でも、僕は海外ではじめて本作の完成品を観たので、結局何を話しているのか全然わかりませんでしたよ」

と語り、観客の笑いを誘いました。

サケボムトークショー
そして、本作のテーマとも絡めて登壇者による酒樽の鏡割りが行われ、会場に詰めかけたファンとともに、観客とともに、

「サケボム、サケボム、サケサケボーム!」

のかけ声とともに割られ、盛り上がりは最高潮に!

終始、笑いと歓声の絶えない初日舞台挨拶となり、詰めかけた観客は満足そうでした。

「サケボム」とは、
サケボム風景 日本食ブームのアメリカで大流行中の日本酒とビールを掛け合わせて飲む、全く新しいカクテルです。
ビールが入ったジョッキに箸を渡し、日本酒の入ったおちょこを乗せたら、皆で「サケボム、サケボム、サケサケボーム!」のかけ声で思い切りテーブルをたたくと、おちょこがジョッキの中に落ち、一気に泡立ったところをグイっと飲むスタイルで、パフォーマンスを大切にする、まさにアメリカンスタイルな飲み方です


映画『サケボム』

2014年5月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
6月14日(土)〜 大阪・TOHOシネマズ なんば/山梨・TOHOシネマズ 甲府/福岡・TOHOシネマズ 天神ソラリア館/名古屋・名演小劇場/鹿児島・天文館シネマパラダイス

公式HP http://sake-bomb.com/
公式FB https://www.facebook.com/sakebombjp
公式TW https://twitter.com/SAKEBOMBJP

********************************************************************


映画『サケボム』

【作品概要】
明日ちょっとガンバレる青春“ほろ苦”ロードムービー

創業300年の伝統を誇る酒蔵の次世代を担う純朴な青年・ナオト。

濱田岳主演アメリカ映画 『サケボム』逆上陸
濱田岳主演アメリカ映画
『サケボム』逆上陸
ある日、突然の別れを告げていなくなってしまった恋人・オリビアをあきらめきれず、一途に彼女を追いかけて、生まれてはじめてアメリカにまでやってきた!

唯一の頼りにしてやってきた叔父さんは、いとこのセバスチャンが助けてくれると言うが、ひねくれ者の彼が素直にそうするわけもなく…。

思いがけず始まった何もかもが正反対のふたりの旅は、 ロサンゼルスからサンフランシスコへと西海岸ルートをひたすら北へ。

最初こそギクシャクしていた2人だったが、旅を通して、ナオトの存在は、コンプレックスのかたまりだったセバスチャンのささくれだった心を癒していく———。

果たして2人の珍道中の結末は? そしてナオトの想いは届くのか!?
サケボム1 出演:濱田岳、ユージン・キム、マーレン・バーンズ、渡辺裕之 / でんでん
監督:サキノジュンヤ
脚本:ジェフ・ミズシマ 
配給:ピクチャーズデプト
2013年/アメリカ=日本/カラー/82分/1:2.35/5.1ch/英語・日本語字幕/原題:SAKE-BOMB 
©2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC


映画『サケボム』代官山にてスペシャルトーク


濱田岳主演アメリカ映画『サケボム』逆上陸
濱田岳主演アメリカ映画
『サケボム』逆上陸
5/23(金)代官山蔦屋書店にてスペシャルトークイベント開催決定。
俳優 濱田岳さん登壇決定!
映画『サケボム』公開記念
濱田岳×サキノジュンヤ
1夜限りのトークイベント開催


5/24(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開の

映画『サケボム』
公式HP: http://sake-bomb.com/


今回、公開記念イベントが、代官山蔦屋書店にて開催されることが決定いたしました。

ゲスト登壇するのは、本作で全編英語劇に初挑戦された主演の濱田岳さんと本作監督のサキノジュンヤ。

濱田さんが本作に出演するにいたった経緯、米国撮影の現場体験のエピソード、監督サキノジュンヤが見る、俳優 濱田岳の凄み等、ここでしか聞けない撮影裏話を存分に語っていただけるようです。

イベント概要
【日時】2014年5月23日(金) 20:00〜20:30
【場所】代官山蔦屋書店1号館2F イベントスペース(渋谷区猿楽町17−5)
【ゲスト】濱田岳、サキノジュンヤ
【イベントHP】:http://cl-100.com/

サケボム1
明日ちょっとガンバレる青春“ほろ苦”ロードムービー

映画『サケボム』

2014年5月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

6月14日(土)〜 大阪・TOHOシネマズ なんば/山梨・TOHOシネマズ 甲府/福岡・TOHOシネマズ 天神ソラリア館/名古屋・名演小劇場/鹿児島・天文館シネマパラダイス

********************************************************************


創業300年の伝統を誇る酒蔵の次世代を担う純朴な青年・ナオト。

ある日、突然の別れを告げていなくなってしまった恋人・オリビアをあきらめきれず、一途に彼女を追いかけて、生まれてはじめてアメリカにまでやってきた!

サケボム3 唯一の頼りにしてやってきた叔父さんは、いとこのセバスチャンが助けてくれると言うが、ひねくれ者の彼が素直にそうするわけもなく…。思いがけず始まった何もかもが正反対のふたりの旅は、 ロサンゼルスからサンフランシスコへと西海岸ルートをひたすら北へ。

最初こそギクシャクしていた2人だったが、旅を通して、ナオトの存在は、コンプレックスのかたまりだったセバスチャンのささくれだった心を癒していく———。

果たして2人の珍道中の結末は? そしてナオトの想いは届くのか!?



出演:濱田岳、ユージン・キム、マーレン・バーンズ、渡辺裕之 / でんでん
監督:サキノジュンヤ
脚本:ジェフ・ミズシマ 
配給:ピクチャーズデプト

2013年/アメリカ=日本/カラー/82分/1:2.35/5.1ch
英語・日本語字幕/原題:SAKE-BOMB 

©2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC