「さ行」カテゴリーアーカイブ

『燦燦 -さんさん-』吉行和子ブーケトス初日舞台挨拶


吉行和子、宝田明、山本學ら名優たちによる、“高齢者の婚活”を描いた

映画『燦燦 -さんさん-』

本日、11月16日(土)初日舞台あいさつが行われました。

燦燦初日舞台挨拶
登壇者は、吉行和子さん、宝田明さん、山本學さん、外山文治監督。

そして、さいたまゴールド・シアターから都村敏子さん、田内和子さん、宮田道代さん、竹居正武さん、遠山陽一さん。

MC:それではみなさんからお願します。

吉行和子
吉行和子さん:77歳で婚活を致します鶴本たゑを演じた吉行和子です。

宝田明
宝田明さん:たゑさんの友達で、亡くなった旦那さんの同級生。大きな病院の医院長をしている役を務めています。

婚活をしているたゑさんに向かって晩節を汚すなと忠告する役どころです。
最後はお楽しみということで。

山本学
山本學さん:チラシに、やっと、心ときめく相手として能勢雄一郎という役で出ているんですけど、“白馬の王子様”かと思ったら良く読んでみたら“白髪の王子様”だったんです。。。。そういう役です。

その後、蜷川幸雄さんがひきいる、さいたまゴールド・シアターの都村敏子さん、田内和子さん、宮田道代さん、竹居正武さん、遠山陽一さんの挨拶がおこなわれました。

さいたまゴールドシアター1 さいたまゴールドシアター2
外山監督:私のデビュー作になるんですけれど、これだけ心強いメンバーと共に作品を世に送り出すことだ出来て大変うれしく思っています。

外山文治監督
吉行宝田山本
MC:たゑさんの口癖に「毎日がスタートライン」と言う口癖がありますが、皆さんのスタートさせたいこと教えて下さい。

吉行さん:やっぱり、婚活ですね。間に合わないかもしれませんが、本当に毎日活き活きと生きて行きたいと思っていますから。こういう楽しい仕事がある時は活き活きしちゃうんですけど。そうじゃない時には婚活があるなと。

宝田さん:私たちの年になると一人になっている方も多いと思いますが、これは決して不幸ではないと思います。切り替えて素敵なものに目を向けるのが宜しいかと思います。私は、今まで見ることが出来なかった絵画とか陶磁器、書画、骨董みたいなものに触れて、新し物を知り自分を豊かなものにして行きたいと思います。

山本さん:私も一人暮らしになって6年になりますが。。毎日年を取ることはこういうことか自分自身を見つめることばかりで婚活までなかなか知恵が回らないです。そろそろ茶飲み友達でもいいから出てきてくれないかな。白髪の王子様で待ってますから。自分から誘えないたちなので。。。

この後フォトセッションがあり。
燦燦初日舞台挨拶2
最後に、吉行和子さんの見事なブーケトスで舞台挨拶を終えました。

ブーケトス
映画『燦燦 -さんさん-』

は、11月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ浦和ほか全国順次公開中です。

公式サイト:
sansan-eiga.com

浦和での舞台挨拶フォトセッションを追加しておきます!
浦和舞台挨拶

********************************************************************

燦燦-さんさん-
映画『燦燦 -さんさん-』

ストーリー
鶴本たゑ(吉行和子)、77歳。長きに渡る介護の末に最愛の夫を亡くし、それからずっと独り暮らし。離れて住む息子たちは、なかなか会いに来てはくれない。亡き夫の親友・森口(宝田明)が会長を務める老人クラブに気の合う仲間はいるものの、年寄じみた活動は楽しめず、足が遠のいてしまうこの頃。淡々と過ぎゆく日々の中で、たゑは思う。「人生の花道を輝かせたい!」 そんな時、街に出
たたゑは、結婚相談所のショーウィンドーに飾られたウェディングドレスに、ふと惹きつけられる。人生のラストパートナーを求めて、たゑの“婚活”が始まった—。

出演:吉行和子 山本學 / 宝田明
脚本・監督:外山文治
原案:外山文治「燦燦」(ユナイテッド・シネマ主催 第六回シネマプロットコンペティション グランプリ・SKIPシティ賞W受賞作品)
キャスティング協力:彩の国さいたま芸術劇場
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:東京テアトル/デジタルSKIPステーション  
©2013 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
2013/日本/81分  


婚活付き試写会 吉行和子を宝田明エスコート


吉行和子、宝田明、山本學ら名優たちによる、“高齢者の婚活”を描いた

映画『燦燦 -さんさん-』

が、11月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ浦和ほか全国順次公開です。

そしてこの度、

公開を記念して、映画『燦燦-さんさん-』の特別試写会と婚活を同時に体験できるイベントをホテル椿山荘東京にて開催されました!

「いくつになっても毎日がスタートライン!」という気持ちで、明日を燦燦と輝かせるお相手を探したいという一般公募により集まった中高年男女。
合計26名(女性45歳以上、男性50歳以上、平均年齢59歳)によるリアル婚活イベント

ゲストとして主演の吉行和子、宝田明が、このリアル婚活を見守るべく登壇されました!
吉行宝田スピーチ2
日程:11月6日(水)
場所: Hotel椿山荘東京
ゲスト(予定):吉行和子、宝田明、
共催:株式会社パートナーエージェント

イベント内容
『燦燦‐さんさん‐』を鑑賞した後 
椿山荘東京の庭園を散策から婚活がスタート。
燦燦散策
吉行さんを宝田さんがエスコートして登場!メッチャ紳士です。

吉行宝田登場
そして、映画への想いと激励のメッセージ。

吉行さん:
吉行和子「私の気持ちにぴったりな映画でとても楽しんで撮影をしたのですけど。

観ていただいた皆さん、にこやかなお顔をされているので気に入っていただけたかなと思います。」


宝田さん:
宝田明「ご覧になられた通り、婚活など晩節を汚すのではないかという男の役どころでございます。

最後はね。ほほえましい終わり方になっていますが。。行く末はご覧になった方達のご想像にお任せします。

気持ちよくて、自分のことのように思えて、台本もとてもよく書かれていたので新進気鋭の監督の元、気持ちよく仕事をさせていただきました。

今日は素晴らしいカップルの誕生を心待ちにしております。」

婚活開始 往年のネルトンパーティーのようですね。
自己紹介タイム中にも映画のシーンにある各々のビデオでの紹介映像が流れています。

ネルトン
4回の自己紹介タイムの後、いよいよカップリング発表!
1組がカップルになりました。

燦燦 カップリング成功
試写会にて上映される映画『燦燦-さんさん-』は、“婚活”がもたらす生きる喜びと、彼女を取り巻く人間たちのドラマを描く爽やかな感動作です。本作品が、近年増加する中高年の婚活希望者の出会いを結ぶ貴重な1日となりました。

そんな

映画『燦燦 -さんさん-』

は、11月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ浦和
ほか全国順次公開です。

公式サイト:
sansan-eiga.com

燦燦-さんさん-

********************************************************************

映画『燦燦 -さんさん-』

ストーリー
鶴本たゑ(吉行和子)、77歳。長きに渡る介護の末に最愛の夫を亡くし、それからずっと独り暮らし。離れて住む息子たちは、なかなか会いに来てはくれない。亡き夫の親友・森口(宝田明)が会長を務める老人クラブに気の合う仲間はいるものの、年寄じみた活動は楽しめず、足が遠のいてしまうこの頃。淡々と過ぎゆく日々の中で、たゑは思う。「人生の花道を輝かせたい!」 そんな時、街に出
たたゑは、結婚相談所のショーウィンドーに飾られたウェディングドレスに、ふと惹きつけられる。人生のラストパートナーを求めて、たゑの“婚活”が始まった—。

出演:吉行和子 山本學 / 宝田明
脚本・監督:外山文治
原案:外山文治「燦燦」(ユナイテッド・シネマ主催 第六回シネマプロットコンペティション グランプリ・SKIPシティ賞W受賞作品)
キャスティング協力:彩の国さいたま芸術劇場
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:東京テアトル/デジタルSKIPステーション  
©2013 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
2013/日本/81分  


CNBLUEプレミア試写会招待券抽選で当たる!


CNBLUE デビューシングル10万枚売上を記録、2013年には韓国のバンドとして初のワールドツアーを敢行、ROCK IN JAPAN FES.2013やSUMMER SONIC 2013など日本のロックフェスにも出演する

韓国出身実力派バンド「CNBLUE」

彼らにとって初のドキュメンタリー映画
『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』

が、2014年1月17日(金)より全国公開致します。

そして!

メンバー登壇あり!

完成披露プレミア試写会(12月16日(月)開催)に応募できる特典付き特別鑑賞券が11月16日(土)より発売されます!

この完成披露プレミア試写会はロックフェスやアリーナ規模で活躍する彼らに間近に会うことができる超貴重プレミアイベントです。

そして
キービジュアルも解禁!!カッコいいです!


待望の初ドキュメンタリー映画公開

『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』

2014年1月17日(金)より全国公開!

★公式YouTubeCH⇒ http://youtu.be/hbrRhzEWfN0


********************************************************************

『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』
出演:CNBLUE/ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシン
監督:田容承  
公式HP:cnblue-movie.jp  
Twitter:@cnblue_movie  
Facebook:facebook.com/cnbluemovie
配給:東宝映像事業部
©2013「NEVER STOP」製作委員会


オ・ギファン監督最新作『最後の晩餐』


『ラスト・プレゼント』のオ・ギファン監督最新作、中韓合作映画
『A Wedding Invitaiton:分手合約』(原題)の邦題が

『最後の晩餐』

に決定し、2014年春シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開されることになりました。

最後の晩餐
最後の晩餐 エディ・ポン バイ・バイホー強さと儚さをキュートに体現するヒロインには、11年中国映画最高のヒット作『失恋33天 Love is not blind』に主演したバイ・バイホー

『失恋?』で大衆映画百花奨最高賞を受賞し、アジア全域が熱い視線を注ぐ注目女優さんです。

そんな彼女に思い出のスープを作るのは、台湾トップクラスの人気俳優=エディ・ポン。正統派の甘いルックスでモデルとしても活躍、近年は俳優としての評価も高く、映画『ジャンプ!アシン』(11)では、台湾最高峰の金馬賞で主演男優賞を射止めています。

監督は、『ラスト・プレゼント』(01)で日本を感動に包み込んだオ・ギファン。本作でもすれ違う二人の微妙な想いを見事に描き手腕を発揮しています。

『最後の晩餐』ポスター大事な人が自分のためだけに作ってくれる温かなスープ。そこに込められた本当の意味を知った時、優しい涙が。

この冬、心も体も満たしてくれる滋味たっぷりの1本です。

物語のキーとなるスープを印象的に添えた、初恋同士の二人の初々しい想いが詰まった爽やかなポスターも11月16日より掲出予定。

『最後の晩餐』

は2014年春シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開。

公式HP bansan-movie.com

********************************************************************


『最後の晩餐』

<ストーリー>
「5年後に会いましょう」。突然飛び出した初恋の人からの“別離契約”。陶芸家を目指す彼女(バイ・バイホー)のお皿に、三つ星シェフを目指す彼(エディ・ポン)が作るスープは最高の組み合わせ。永遠に続くと思っていた笑顔の日々、そしてウェディングドレスの約束が・・・。彼女は上海へ、彼は北京で料理修行。でもそれは、夢を叶えるためのたった5年の別れのはずだった。そして約束の日、彼からの電話が鳴る、「結婚式に出て欲しい」と。思いもしなかった衝撃の言葉が彼女の胸に突き刺さる。果たして、2人が夢を叶えた再会の時、約束は守られるのか?いつも笑顔だったあの頃に戻れるのか?思い出の中で、2人はいつも笑ってた。

監督:オ・ギファン 『ラスト・プレゼント』
出演:バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー
原題:A Wedding Invitaiton (分手合約)
2013年/中国・韓国合作映画/中国語/103分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド


埼玉家族 4人の監督そろい踏み舞台挨拶


10月25日(金)に新宿ピカデリーで、映画「埼玉家族」舞台挨拶イベントが行われました。

埼玉家族
【舞台挨拶詳細】
◆日時:10月25日(金)21:25の回
◆会場:新宿ピカデリー 10番スクリーン
◆登壇者:天童なこ/森累珠/福山功起監督/加瀬聡監督/角川裕明監督/完山京洪監督

「埼玉家族」

埼玉家族ポスターSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013において、SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」による4作品のオムニバス映画

ばらばらな人生が集まって、
家族という一つの画を作っている

埼玉に住むある家族をテーマに父親、母親、息子、娘に起こる、それぞれの出来事を新進気鋭の若手監督たちが描いています。

■娘編
『ハカバノート』監督:福山功起
■母親編
『キャンディ』監督:加瀬聡
■父親編
『父親輪舞曲』監督:角川裕明
■息子編
『ライフワーク』監督:完山京洪

舞台挨拶の模様
MC:「観客のみなさまへ一言お願いします。」

娘編『ハカバノート』福山功起監督:
「今日は台風が接近している中、こんなに沢山の方に来ていただけて。ありがとうございます。」
福山功起監督
母親編『キャンディ』加瀬聡監督:
「今日は写真撮影OKですので自由に撮って下さい。みなさんのお顔もとっても良く見えて嬉しい限りです。」
加瀬聡監督
父親編『父親輪舞曲』角川裕明監督:
「雨の中、終わりの時間も11時半過ぎるという悪条件の中、これだけの皆さんに来ていただけて嬉しく思います。」
角川裕明監督
息子編『ライフワーク』完山京洪監督:
「今回5回目の舞台挨拶なんですけど、回によって撮影がOKだったりNGだったり。。未だに僕は理由が分かりません。2週間上映あっという間でした。こうやって挨拶出来ることは本当にうれしいです。」
完山京洪監督
『ハカバノート』天童なこ:
「きくちみえ役の天童なこです。初めての舞台挨拶ということですっごく緊張してるんですが。。お手柔らかにお願いします。」
天童なこ
『ハカバノート』森累珠:
「はい。みたかなこ役で出演しています森累珠(もりるいす)です。みなさんのお顔を見ながら『ハカバノート』の上映をみんなで楽しめたらいいなと思っています。」
森累珠
MC:「それでは、みなさんに聞いていきたいと思います。それでは角川監督。鶴見辰吾さんが父親役の『父親輪舞曲』はなぜミュージカルなんでしょうか?」

角川裕明監督:
「私はミュージカル作品しか撮っておりません。また自分はミュージカルの俳優、舞台をやっております。基本的にミュージカルのスタンダードの映画が日本には無いなと常々感じておりまして。私自身ミュージカル映画を日本に根付かせると言うことでメイドインジャパンのミュージカル映画をこれから沢山作っていきたいと思います。その中で今回この様な機会をいただいて鶴見辰吾さんを主演にミュージカル映画を撮らせていただきました。」

MC:「伊藤かずえさん主演の母親編『キャンディ』は、かなりハードな撮影だったそうですが」

加瀬聡監督:
「完徹で4日間って感じになってますけど、実はそんなことはなく。初めの日も10時に終わり。次の日もみんなお風呂入れなくなるんでって言われて10時に終わったんです。最終日だけ確かに徹夜だったんですけど。リゾートホテルに泊まってですね。それなりに普通に撮影は出来ました。(MC:思ったよりリッチな感じで)そうですね。ただ雨待ちが多くて、曇りで撮ったので女性を軟らかい感じで撮れましたし、スタッフにも恵まれて狙い通りになったのではないかと思います。」

MC:娘編『ハカバノート』は埼玉家族の最初になりますが最初から順番は決まってたんですか?

福山功起監督:
「其々の作品で取り敢えずなんとなくは決まってたんですけど、僕の娘篇は1本目だぞと聞いていました。これから始まる家族の物語の娘の声、気持ちをこれから映画を観るお客さまに伝えられればいいなという作りにしております。(MC:この作品4つのオムニバスですがルールはありましたか?)其々の作品には他の家族は誰も出ないっていう決まりだけがまずありました。ですので、言葉だけで語ることが多々あるので、各監督描くのに苦労したのではないかと思います。」

MC:「『ライフワーク』息子を演じる大野拓朗さんと自分を重ね合わせたこともあったと思いますが。」

完山京洪監督:
「これが僕の話だといっても僕を知らない人には面白くないと思いますが、父親を出さずに父親との葛藤をどうやって描くのか最初の課題でして。“仕事”をキーワードに覚悟についての物語を描こうと思いましたので、その点を考えながら観ていただけると嬉しいです。」

MC:「『ハカバノート』にご出演の天童なこさん、森累珠さん。どんな所に注目していただきたいですか?」

天童なこ:
「ストーリ全体は勿論ですが、私は兎に角、森さんとギャーギャー騒いでる役だったんですけど、その騒いでるのは決まった台詞ではなくて、殆どアドリブなんです。観て欲しいのは、なんでアドリブでこんなこと言ったの的な?びっくりすること言ってるんでそこを観ていただければと。」
天童なこ
森累珠
「女子高生のリアルっていうのが凄く描きだされているのですけど。私達2人は女子高生JKな感じが満載で。JK観察出来るんじゃないかなと。是非皆さんに観ていただければと。」
森累珠
MC:「森さんは現役JK。自分にとっての家族ってどういうものか教えていただけますか?」

森累珠:
「今高校1年生で思春期真っただ中。家族には、なんだかんだ支えてもらっていると思います。」

天童なこ:
「私は愛知県から上京して一人暮しなんです。家族と離れているんですけど。勿論、一番大切な存在。どんなに迷惑・苦労を掛けてもいいなと思っているし、逆に掛けられてもいいなって思える存在が家族だと思います。」

MC:「最後に皆さんを代表して、角川監督。皆さんにメッセージを。」

角川裕明監督:
「何故僕かと言いますと。初日舞台あいさつに監督さん俳優さんいらっしゃたのですが。僕は舞台に出ておりまして。実は最初で最後の舞台挨拶ということで花を持たせていただいた感じなんです。
角川裕明監督 家族の物語なので、とやかく我々が言うより、一たんリセットしていただいて、何も考えずに観始めていただき。そうすると何処かの登場人物に共感をして感情を揺らして帰っていただけると思います。帰り道で家族を振り返っていただける作品になっていますので、是非最後まで楽しんでいただければと思います。今日は本当にありがとうございます。」


4本のまったく違うテイストの短編がひとつの作品になる、

『埼玉家族』

公式HP: http://saitama-kazoku.jp/

埼玉家族メイン 製作:松竹株式会社/埼玉県 
配給:松竹株式会社映像商品部
©松竹株式会社/埼玉県 2013


********************************************************************