「さ行」カテゴリーアーカイブ

東京国際映画祭オープニング作品決定!


シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語
『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』
©2012 PARAMOUNT PICTURES AND CIRQUE DU SOREIL BURLESCO,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
©2011 Cirque du Soleil Burlesco LLC. All Rights Reserved.


10月20日(土)-28日(日)に開催の第25回東京国際映画祭。

公式オープニング作品が決定いたしました。


公式オープニング作品は、世界の体験者1億人!あの“シルク・ドゥ・ソレイユ”を3Dで撮影した、『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』です!

製作は『タイタニック』『アバター』のジェームズ・キャメロン、監督は、『シュレック』『ナルニア国物語』のアンドリュー・アダムソン監督。

期待の超大作が華やかに映画祭のオープニングを飾ります!

***************************************************
『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』
Cirque du Soleil: Worlds Away

一歩踏み出せば、その世界は待っている。

不思議な世界を舞台に感動の物語の幕が開く―。

世界の体験者、1億人。日本の体験者、1200万人。6つの大陸の300都市で、団員1200人 が見る者を熱狂させ続ける、世界最高峰のエンタテインメント集団――太陽のサーカス――“シルク・ドゥ・ソレイユ”。

今、『タイタニック』『アバター』の “ジェームズ・キャメロン”による、新たなシルク・ドゥ・ソレイユが誕生する。

見たことのない撮影アングル、最先端技術による究極の臨場感、それは新しい3Dの可能性――。それらがスクリーンに映し出される上映開始1分、あなたはもうシルク・ドゥ・ソレイユの中にいる。

製作:『タイタニック』『アバター』のジェームズ・キャメロン
監督:『シュレック』『ナルニア国物語』のアンドリュー・アダムソン監督

配給・宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
11月9日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://www.cirque-3d.jp/


柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶのアンサンブル


柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶのアンサンブル
映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』


2013年春に全国公開する映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の
写真が到着しました!

なんと主演には、柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶの女優3名。

超豪華です。

真の実力を持つ3人が初共演し、各々の人生を歩み、様々な選択をする女性たちを三者三様の大人の懸命な生き様を繊細かつ、情緒豊かに表現していきます。

原作は、漫画、エッセイ、イラストなど多岐に渡り活躍する作家、益田ミリ。
現代人の心の不安の影を代弁し、ささやかな幸福をリリカルに描写した作品は、多くの共感を呼んで、 幅広い世代から圧倒的な支持を得ています。

2013年、春 全国ロードショーがお楽しみな作品です。


【ストーリー】
すーちゃん(柴咲コウ)、まいちゃん(真木よう子)、さわ子さん(寺島しのぶ)は、かつてのバイト仲間。それから十数年、今でも友情は続いている。
料理好きでカフェ勤務歴十数年のすーちゃんの、最近の関心事はもっぱら職場の中田マネージャー(井浦新)。 OA機器メーカー勤務のまいちゃんは、現在不毛な恋愛中。
そして、WEBデザイナーとして働くさわ子さんは、母と二人で祖母の介護の日々。
仕事、年齢、貯金、結婚、妊娠、介護……それぞれの道を歩いてきた彼女たちの悩みはつきない。ふと、立ち止まり、よぎる不安―《あたしが選んできたことは、ぜんぶ間違っていたの?》それでも彼女たちは”ちょこっと”の幸せを見つけて、今を生きていく―。

【クレジット】
柴咲コウ 真木よう子 寺島しのぶ
染谷将太 井浦新

原作:益田ミリ『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)
監督:御法川修
脚本:田中幸子
音楽:河野 伸 カサリンチュ

エグゼクティブプロデューサー:小西真人 プロデューサー:武田吉孝 八尾香澄
スーパーバイジングプロデューサー:久保田 修 井手口直樹
WOWOWFILMS 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
共同制作プロダクション:ディーライツ 配給:スールキートス
(C)2012 映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』製作委員会

2013年、春 全国ロードショー
http://sumasa-movie.com/


ごく普通の女の子のナイーブな本音


R-18文学賞自縄自縛の私
R-18文学賞vol.1自縄自縛の私


ごく普通の女の子のナイーブな本音を綴るチャーミングな物語

映画 『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』の特報完成!



本作は、新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」のシリーズ映画化を決定した、第一弾作品です。主演に、平田薫(『るろうに剣心』)が抜擢。そのほか、安藤政信、綾部祐二(ピース)、津田寛治ら豪華キャストが出演。

主題歌は、本作のためのオリジナル楽曲LOVE PSYCHEDELICOの「No Reason」。圧倒的共感力を呼び起こすこのバンドが、胸に沁み入るサウンドで、あたたかな余韻を授けてくれます。

詳しくは過去記事を観てみてください。http://eigajoho.com/?p=876


ミシェル・ペトルチアーニの映画 公開日決定


情熱のピアニズム
「情熱のピアニズム」


ミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー映画「情熱のピアニズム」の

初日が10月13日(土)に決定したそうです!

さらに、渋谷シアター・イメージフォーラムでの初日当日は、
それぞれ各回毎に来場者の中から抽選で、
ブルーノート東京のお好きなジャズライブに

ペアでご招待!だそうです。

当たる率高いですよね。
映画を楽しんだあとは、ミシェル・ペトルチアーニさんの最後の来日公演の場となった老舗のジャズクラブで、
上質なジャズに酔いしれる一夜はいかが?

至福な大人な夜が過ごせそう。。。

情熱のピアニズムに関する過去記事:http://eigajoho.com/?p=592
*********************************************

情熱のピアニズム

人生は、すばらしい
短い生を劇的に駆け抜けた天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニ。
これは神が彼に与えたものと、与えなかったものの物語。

天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニ
天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニ


監督 マイケル・ラドフォード  『イル・ポスティーノ』『ヴェニスの商人』
出演:ミシェル・ペトルチアーニ、チャールス・ロイド、アルド・ロマーノ、リー・コニッツ 他
編集/イヴ・デシャン 撮影/ソフィー・マンティニュー 録音/オリヴィエ・ル・ヴァコン 提供:コムストック・グループ 配給:キノフィルムズwww.pianism-movie.com

2011/仏・独・伊/カラー/デジタル/ビスタ/5.1ch/103分/
原題:Michel Petrucciani/Body&Soul/日本語字幕:寺尾次郎 
©Les Films d’Ici–Arte France Cinéma-LOOKS Filmproduktionen GmbH–Partner Media Investment–Eden Joy Music–2011

2012年10月13日から渋谷イメージフォーラム他全国順次公開  


自縄自縛の私 ポスターできたよ


『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
©吉本興業
竹中直人監督作、『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』の

ポスターができたよ!

という連絡が。。えっ それだけ?

でも、このポスターいいな。。

結構好き。

「サービス残業の奴隷の日々
 爆発しそうなストレス。
 普通の女の子なら、ここでランチにパスタでも
 ゆでたりするのだろう。が・・・」

なんかいい。


この映画、主題歌は、LOVE PSYCHEDELICO。オリジナル楽曲の「No Reason」だそうです。

詳しくは以前の記事を読んでみてください。

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私 キャスト発表

続きを読む