「さ行」カテゴリーアーカイブ

「ストレイヤーズ・クロニクル」公開日決定!&新着画像


気鋭のベストセラー作家・本多孝好氏が手がけた新感覚アクションを瀬々敬久監督が映画化!

ストレイヤーズ・クロニクル

その公開日が6月27日(土)と決定しました。

また、バレンタインにあわせて『ストレイヤーズ・クロニクル』を彩る女性キャストから新着画像のプレゼントが到着しました!物憂げな表情の沙耶(成海璃子)、可愛らしいモモ(松岡茉優)、大人っぽい色香で迫る静(高月彩良)、制服姿がまぶしい碧(黒島結菜)の新着画像です。

matsuoka_kuroshima_takatsuki3S-0214
沙耶(成海璃子)
1キロ先の虫の羽音まで聞き分ける女子大生。聴覚が異常に発達し、数キロ先の囁き声を聞き分け、位置も把握
できる。音楽大学に通っているが、その高感度過ぎる聴力によって悩まされている。嘘のつけないまっすぐな性格で、
口は悪いが昴を深く慕っている。
沙耶(成海璃子) プロフィール:
1992年8月18日生まれ。神奈川県出身。第19回山路ふみ子新人女優賞受賞。[主な出演作]映画:『神童』『あしたの私のつくり方』(共に07)、『罪とか罰とか』『武士道シックスティーン』(09)、『少女たちの羅針盤』(11)、『地獄でなぜ悪い』『利休にたずねよ』『武士の献立』(共に13)、『ニシノユキヒコの恋と冒険』(14)。TV:「瑠璃の島」(05・07/NTV)、「咲くやこの花」(10/NHK)、「ドン★キホーテ」(11/NTV)、NHK大河ドラマ「平清盛」(12)。


モモ(松岡茉優)
テッポウウオなどの異常肺活量を持った動物の遺伝子を組み込まれ生み出された。口の中の歯列矯正の金属に仕込んだ鉄鋲を、投げキスするかのように吹き、攻撃する。その素早さと破壊力はマシンガン並み。素顔はハイテンションな今どきの女子。
モモ(松岡茉優) プロフィール:
1995年2月16日生まれ。東京都出身。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)で注目される。
[主な出演作]映画:『愛のむきだし』(09)、『桐島、部活やめるってよ』『悪の教典』(共に12)、『はじまりのみち』(13)、『放課後ロスト』『リトル・フォレスト 夏・秋』(共に14)、『リトル・フォレスト 冬・春』『サムライフ』(15公開予定)。
TV:「斉藤さん2」(13/NTV)、「銀二貫」(14/NHK)、「問題のあるレストラン」(15/CX)、「限界集落株式会社」(15/NHK)。

静(高月彩良)
フグやヘビなどの毒素を持つ遺伝子を組み込まれ生み出された。離れた敵に幻惑麻痺させるフェロモンを放ち、硬直した相手に口づけで毒素を注入し止めを刺す。クールな表情の下には、人間的な感情や、女性としての豊かな愛情を秘めている。
静(高月彩良) プロフィール:
1997年8月10日生まれ。神奈川県出身。主人公の杏奈役の声を演じたジブリ映画『思い出のマーニー』(14)で注目される。[主な出演作]映画:『ジョーカーゲーム』(12)、『GOGO♂イケメン5』『男子高校生の日常』(共に13)、『僕は友達が少ない』(14)。T V:「逃亡弁護士」(10/KTV・C X)、「GTO」シリーズ(12・13/KTV・CX)、「都市伝説の女(パート2)」(13/ E X )、「ブラック・プレジデント」(14/KTV・CX)、「地獄先生ぬ~べ~」(14/NTV)、「五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~」(15/YTV・NTV)。

碧(黒島結菜)
イルカ、コウモリなどの遺伝子を組み込まれ生み出された。人間には聞こえない高周波を発して、敵を探索するレーダー能力を持つ。戦闘能力は極めて低い女子高生だが、アゲハで唯一生殖能力を持ち、未来への希望をつなぐ存在となる。
碧(黒島結菜) プロフィール:
1997年3月15日生まれ。沖縄県出身。NTTドコモ(13~)のCMで注目される。[主な出演作]映画:『呪怨 ─終わりの始まり─』(14)、本多孝好原作の『at Ho me』、主演を務めた『あしたになれば。』『ストロボ・エッジ』(いずれも15公開予定)。
TV:「アオイホノオ」(14/TX)、「孫のナマエ~鴎外パッパの命名騒動7日間」(14/NHKBS)、ドラマ甲子園「十七歳」(14/CX)、「ごめんね青春!」(14/TBS)。CM:docomo(13)みずほ銀行、クラレ(14~)。


ストレイヤーズ・クロニクル

6月27日(土)全国ロードショー



********************************************************************

ストーリー
ストレイヤーズ・クロニクルポスター 1990年代の始め、バブル経済に踊る日本で秘密裏にある実験が行われていた。

・・・ヒトは自らの意志で進化することが可能なのだろうか・・・。

実験には二つの方法が選択された。一つは両親に強いストレスをかけ生まれた子供に突然変異を促し、極限まで人間の能力を発達させる方法。もう一つは遺伝子操作によって動物や昆虫の能力を持つ子供を生み出す方法。この忌まわしき実験により生まれた二組の若者たちが、20歳になろうとしていた・・・。

視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴(スバル:岡田将生)ら若者たちは、その力の代償として「破綻」と呼ばれる精神崩壊の危険を抱えていた。その「破綻」解消のカギを握る衆議院議員外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)からの裏の仕事を、その異能力を活かして渋々解決していた。そんな時、渡瀬を狙う殺戮集団“アゲハ”が現れる。アゲハもまた異能力者たちだった。同じ宿命を抱えながら闘いあうことになる二組の若者たち。戦いの過程で彼らの出生の秘密が、人類進化の鍵であることをつかむ。しかし、それは同時に人類滅亡につながる危機も内包していることが判明する。彼らを利用しようとするもの、排除しようとするもの。あらゆる世代、思惑が絡み合いながら、異能力を持った若者たちは戦い傷つけあう。彼らの未来は、そして人類に残された道とはいったい・・・。

監督:瀬々敬久(『ヘヴンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)
原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊
キャスト:岡田将生 染谷将太 成海璃子
松岡茉優 白石隼也 高月彩良 清水尋也 
鈴木伸之 栁俊太郎 瀬戸利樹 / 黒島結菜 
豊原功補 石橋蓮司 伊原剛志 
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久
音楽:安川午朗(『八日目の蝉』日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞、『どろろ』、『ヘヴンズストーリー』)
撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)
アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)
配給:ワーナー・ブラザース映画 
(C)本多孝好/集英社 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員



佐々木心音×市橋直歩『スキマスキ』トーク開催!


佐々木心音×市橋直歩×吉田浩太監督 登壇!
“スキ”だらけのトークショー開催!フェチフェスナイトってことで行ってきました!


本作は「うさぎドロップ」の宇仁田ゆみ先生の同名コミックが待望の映画化!

スキマスキ』がちょっぴりエッチに公開中です。

スキマスキトークp2主演は劇団EXILEの町田啓太さん。隙間の先に興奮するという困った性癖を持つ大学生役。

覗かれながらも実は覗かせている、というヒロインを演じるのはブルーリボン賞受賞の女優、佐々木心音さん。

原作の世界観を意識しつつも大胆な演出で彩り、隣家のカーテンの隙間から見える女性に恋した童貞男が、恋にエロスに人生に奔走・妄想・葛藤する全く新しい青春ラブコメディです!

そして今回、主演の佐々木心音さんと吉田監督。そして監督の作品『女の穴』で宇宙人の女子高生役だった市橋直歩さん、そして男子のあこがれ妄撮の小林さんを迎えてフェチナイト ちょっとエッチなトークショー?と言うより居酒屋風トークが行われました!!

スキマスキトーク
フェチフェスナイト トークショー
日 程:2月13日(金)
場 所:シネマート六本木
登壇者:佐々木心音、市橋直歩(吉田監督『女の穴』出演)
吉田浩太監督 妄撮小林(MC兼任)

吉田監督:最近佐々木さんと市橋さん仲いいんだよね。市橋さん遠慮なく感想を。

佐々木さん:いくらでもガンガンお願いします。
佐々木心音1 市橋さん:とっても可愛らしい映画だなと思って。最後までココちゃん可愛らしかったです。ココちゃんズルいなって。私、彼氏って呼んでるんですけど。

佐々木さん:そうなんです。ダーリンって電話かかってくる。あっでも私、花ちゃん側じゃなくストレートですよ。

市橋さん:普段はさばさばしている頼りがいがある彼女をみているので・・この役は大分ズルいなと。酔っぱらって谷間見せて・どこ見てんのって!ズルい。でも新鮮でした。市橋直歩4 市橋さん:ココちゃん普通に可愛い女の子やるんだと思いました。
佐々木さん:ずっとやりたかったよ。私たち人形と宇宙人だからね。
市橋さん:それからヘイサク(町田)さんが愛くるしくなりました。

小林さん:今はWEBもあってエロは無限に広がってしまっていますよね。そこで妄撮では寸止めな中学生レベルのをエロを堂々と大人でやろうという企画でした。

今回この映画を観て隙間からの世界が・・すべてが見きれないのがいいというか。そこは共通していて、男の子が持ってる無限の想像力が広がる。品が良くて良かったです。グラビアでご一緒した時の心音ちゃんの普通の部分のレアな感じがいいんですよね。それが動画で出ていて。良かったです。

佐々木さん:嬉しい。

小林さん:無防備なカメラ目線とか、あれは演技指導ですか?

監督:演技指導はあまりやらない。抽象的なことを言ってやってもらう感じ。今回は彼女が役とリンクしているので素の部分が出れば、魅力的になると思ってたんです。
吉田浩太監督
監督:僕は中学生的なエロが凄く好きで、妄撮も好きですし。
小林さん:高校時代はパンチらが見えようものなら1か月テンション上がってましたよね。
市橋さん:えーけっこう長く。

監督:僕は女優さんとこういうの撮るときはある種復讐なんですよ。中学時代にグラビアみて、でも手が届かない。それが今。グラビアアイドルさんと仕事するときはソフトに当時の暗黒をぶつけてます。

小林さん:市橋さんのグラビア観たことありますか?
監督:お尻が素晴らしいんですよね。

小林さん:ラインと表情。陰な雰囲気がいいんですよね。
佐々木さん:本当はほのぼのしてるんですけどね。
市橋さん:グラビア時代は笑顔禁止令が出てたんですよ!
監督:僕はグラビアは笑わない方が好きですね。
市橋さん:でも文緒ちゃんみたいな子がいたらコロッと言っちゃいますよね。

監督&小林さん:(同時に)いきますね。

MR妄撮
佐々木さん:今日初めて大きいスクリーンで見たんですけど。エイサクのシーンが笑ってしまって。
監督:町田さんむちゃくちゃなんだよね。バカなのよ。
佐々木さん:でも、凄いイケメンですよね。
監督:朝ドラが嘘だね。エイサク寄りだよね。
市橋さん:可愛いすぎますよ。

監督:チューした後逃げて、笑うじゃない。どういう感情で?
佐々木さん:滅茶苦茶愛おしい。可愛いどうしようって。
監督:そっか・・・むかつくな~(暗黒・・・)

佐々木心音0小林さん:佐々木さんお酒好きなんですか?劇中の酔い方は?

佐々木さん:自分に寄せました。好きだけど弱いんであんな感じに直ぐぺろぺろなっちゃいます。

監督:飲む芝居うまいよね。
佐々木さん:嬉しいです。桂枝雀さんの落語「親子酒」が凄く好きなんですよ。そこからです。枝雀さんです意識しました。
小林さん:市橋さんはお酒は?
市橋さん:私はめったに飲まないです。甘いのだけ。
佐々木さん:カシオレみたいな。可愛いのね。

小林さん:この二人で映画を撮ったらどういう感じですかね。
監督:この2人で撮るとしたら。見せかけの友情の話だね。この二人が友達は違和感あるじゃない。
市橋さん:ひどい!切ない。
佐々木さん:面白そうですね。
市橋直歩&佐々木心音
佐々木心音&吉田浩太監督 お客さんからの質問コーナー

お客さん1:アメリカンライスって?
監督:原作にあるんです。とにかくボリュームがあって、ケチャップライスにとんかつにハンバーグ。気持ちとしてはヘイサクのアホッポサが出したかったんです。町田君はうまいって食ってたんですけどね。

市橋直歩5お客さん2:市橋さんのフェチは?
市橋さん:骨です。手首とか鎖骨とか腰骨とか。
佐々木さん:筋肉とかじゃなくって?
市橋さん:骨って魅力的じゃないですか?伝わらない?

小林さん:市橋さんの今日の服なんて最高ですよね。凄くわかってる。ラインはわかるけど露出がない。妄撮したい。

お客さん2の2 大学生でスキマをみてたらおかずにしそうですが・・
監督:そんなの考えまくりです。裏ではね。でも、今回の映画は作品全体的に男のそういうのは生々しいのでやめました。
佐々木さん:原作にもなかったですしね。

お客さん3:原作のファンですが尺の問題でカットされたところがあるのですか?

監督:シンプルなものにしたかったので、映像化としてはエッセンスだけもらってリズム良くしました。個性の話なので大きなテーマは外さないようにしました。佐々木さん「愛してるぜ!」が気に入ってたんだよね。

佐々木さん:愛してるぜのシーンはどうやろうかと。。監督は叫ぶ感じ。でも、私はつぶやきで。読んでる人によって違うんだなと思いました。

監督:最後にメッセージを。
佐々木さん:映画1週間上映が伸びましたので、みなさんまわりの方に声をかけてください。

スキマスキトーク2
『スキマスキ』http://skima-suki.com

なお、2月14日のバレンタインデイの17:20~シネマート六本木において主演の町田啓太さん、久住翠希さんによるスペシャルトークショーが行われるそうです。チケットは当日、劇場オープン時より販売。

過去記事:町田啓太、佐々木心音、中村映里子、八木将康、中村映里子 八木将康ほか登壇!『スキマスキ』初日舞台挨拶の模様 http://eigajoho.com/?p=24987

********************************************************************

スキマスキ ポスターものがたり・・・
隣に住む女の子はチョットだらしないみたいで、いつもカーテンが少しだけ開いている隙間に猛烈な愛着を感じてしまう因果な癖を持つ大学生ヘイサクは隣家のカーテンの隙間から見える情景に夢中になっていた。そこのわずかな隙間からは可愛い(であろう)女の子の隙だらけの私生活が垣間見えていたのだ。しかしある日、ひょんなことからその彼女、文緒と友達になってしまう。罪悪感はあるものの誘惑に耐え切れず悶々とした日々を送るヘイサク。しかし、覗くものはまた覗かれるもの。ヘイサクもまた、窓の隙間から文緒に観察されていた。隙間から見ていた彼女&彼が現実で直面することになっていく…。

出演:町田啓太 佐々木心音 中村映里子 八木将康 久住翠希 松野井雅 川籠石駿平 ほか
監督・脚本:吉田浩太/プロデューサー:木村俊樹
原作:宇仁田ゆみ「スキマスキ」(小学館「IKKI COMIX」刊)
製作:「スキマスキ」製作委員会
配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ステアウェイ『冷たい熱帯魚』『愛の渦』『麦子さんと』
(C) 2015 宇仁田ゆみ・小学館/「スキマスキ」製作委員会 


映画『ソロモンの偽証』第二弾ポスタービジュアル解禁!


前篇3月7日・後篇4月11日公開の

映画『ソロモンの偽証』

の第二弾ポスタービジュアルおよび『後篇・裁判』メイン画像が解禁となりました。

本作は、宮部みゆき原作、成島出監督で贈るヒューマンミステリー超大作『ソロモンの偽証』、遂に「後篇・裁判」にて全ての真相が明らかとなります。
ソロモンの偽証後篇メイン
ソロモンの偽証第二弾ポスター1万人にも及ぶ候補者から選び抜かれた先鋭たちが全身全霊で校内裁判を演じます。

脇を固める豪華俳優陣の熱演からも目が離せません。

前代未聞の“こども”による“こども”だけの校内裁判、遂に開廷。被告は、告発状によってクラスメート殺害の嫌疑がかけられた問題児。

校内裁判の提案者である藤野涼子は検事として、彼の有罪を立証しようとする。

対するは、他校生ながら裁判に参加する神原和彦。さまざまな思惑が絡み合う中、真相を究明しようと彼らは必死に奔走する。そして、裁判は思いもよらぬ人物の【偽証】で幕を閉じる。偽証の果てに、彼らが見たものとは―

天秤の傾く先は・・・

2015年3月7日(土)前篇・事件 4月11日(土)後篇・裁判 2部作拡大公開
公式サイト:http://www.solomon-movie.jp/

********************************************************************

主演:藤野涼子
出演:
板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月 歩
西畑澪花 若林時英 西村成忠 加藤幹夫 石川新太
佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 黒木 華 田畑智子 松重 豊 小日向文世 尾野真千子
原作:宮部みゆき「ソロモンの偽証」(新潮文庫刊)
監督:成島 出
脚本:真辺克彦
音楽:安川午朗
撮影:藤澤順一
照明:金沢正夫
美術:西村貴志
録音:藤本賢一
編集:三條知生
企画・配給:松竹   制作プロダクション:松竹撮影所
(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
  
  


『ジュラシック・ワールド』最新映像を解禁 新種も・・・



あのテーマパークが20年の時を経て、ついに《オープン》を迎える!!

ジュラシック・ワールド

8月7日(金)より全国公開となります。    

この度、本作の映像第二弾となります60秒最新映像を解禁となりました。

ジュラシックワールド
本シリーズの第1作・第2作で監督を務めたハリウッドのヒットメーカー、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめ、新人コリン・トレボロウがメガホンとっています。



モササウルスの餌やりショーからはじまる今回の映像では、物語の一部が明らかに。

クリス・プラット演じる飼育員はこれまでのシリーズでも度々登場していた小型恐竜ラプトルを手懐けている様子で、さらに、新しいアトラクションの目玉として遺伝子操作により作られた新種の恐竜「INDOMINUS REX(インドミナス・レックス)」の姿が一部公開されました。

知性を持ち、「殺しを楽しんでいる」という獰猛なインドミナス・レックス。

パーク内にいる2万人もの一般市民が逃げ場を失い、恐竜たちに次々と襲われ、被害はこれまでにないほど大規模になる可能性も…。

最後にはシリーズ1作目のT・レックス登場場面を思わせるシーンも追加されています。

ジュラシック・ワールド

2015年8月7日(金)より全国公開

公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

********************************************************************

ジュラシックワールドティザー原題:Jurassic World
監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
原案:マイケル・クライトン
(『ジュラシック・パーク』、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、『ジュラシック・パークⅢ』)

出演:クリス・プラット
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
   ブライス・ダラス・ハワード
『ターミネーター4』、『お気に召すまま』
   タイ・シンプキンズ
   ニック・ロビンソン
(C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.
配給:東宝東和
  
 


『Zアイランド』主題歌、湘南乃風に決定!RED RICEがコメント!


芸能生活30周年の節目を迎えた哀川翔さんの記念すべき主演最新作。

今度の敵は…ヤクザと“Z=ゾンビ”だ!

Zアイランド
5月16日(土)全国公開です。www.z-island.jp

鈴木砂羽さん、木村祐一さん、宮川大輔さん、湘南乃風RED RICEさん、風間俊介さん、窪塚洋介さん、シシド・カフカさん、そして鶴見辰吾さんら豪華キャスト共演、品川ヒロシ監督がおくる、アクション・笑い・感動のドラマまで詰め込んだ超絶アクション・エンタテインメント!

閉ざされた島“Zアイランド”で最後に生き残るのは果たして誰なのか―。

Zアイランド集合写真
そして、『Zアイランド』主題歌、湘南乃風に決定!

品川ヒロシ監督デビュー作『ドロップ』(09)で主題歌「親友よ」を湘南乃風が手掛けてから5年。品川ヒロシ監督4作目となる本作で、再び最強コラボレーションが復活します!本作のために書き下ろされた楽曲「Z~俺等的逆襲~」―。更には本編には湘南乃風リーダーRED RICEが出演するなど、まさに品川ヒロシと湘南乃風の絆が生み出した傑作 が誕生しました。

主題歌: 湘南乃風 「Z~俺等的逆襲~」 
トイズファクトリー

SK_Aphoto_SET
コメントが湘南乃風リーダーRED RICEさん、哀川 翔さん、監督からコメントが届いています!
                                       
RED RICEさん
役者として映画に関わるのが初めてだったんですが、撮影現場で感じた世界感を意識して、楽曲の制作に入りました。結果、「湘南乃風」としてまた新たな扉を開き、いままでにない世界観の楽曲に仕上がったと思います。

今回、「役者」としても「アーティスト」としても、この作品に携われたことは本当に光栄です。今後も、このような素晴らしい作品に参加できるように、人間としてもアーティストとしても精進していきたいと思います!

哀川 翔さん
湘南乃風が、品川と俺のプロジェクト(自身の芸能生活30周年)を成り立たせるひとつの要素として主題歌を担当してくれて本当にうれしいし、感謝しかないよね。

(主題歌というのは)だんだんと体に染みついてくるようなもんで、映画をはじめて観たときの印象と、公開を迎えたときの印象と変わるもんなんだけど、その時、どうなってるのか楽しみだね。

口ずさんじゃったりとか(笑)。とりあえずREDRICEには言っておいたんだけど、ライブのときにこの曲をやるときは混ぜてくれよ。俺も(笑)。

品川ヒロシ監督
Zアイランド TビジュアルもともとREDくんに出演オファーをした段階で、主題歌は湘南乃風にやってもらいたいと思っていました。最初は翔さんの30周年記念ということもあって、「前略、道の上より」みたいな一世風靡セピアっぽい曲にしてほしいとオファーをしました(笑)。

その後、聞かせてもらったのがこの曲(「Z~俺等的逆襲~」)でした。それがばっちりエンディングにはまって、カッコよくてトリハダが立ちました!REDくんが台本を読んで、役を演じた後で出してきてくれたもので、渋いし、良い意味で今までの湘南乃風っぽくなくて、それにまたやられました。本当にカッコいい曲だと思います。


KADOKAWA二宮直彦プロデューサー
品川監督からRED RICEさんをキャスティング想定している時から湘南乃風さんに主題歌を、とおっしゃっていて、湘南乃風さんからもすぐに快諾いただきトントン拍子で固まりました。

楽曲は劇中でトラックのみ使われるのと、エンドロールで映画を締めくくるのですが、どちらもキメとして映画の重要なところで使われておりバッチリでした。

印象としては、いつもの熱い思いをガッツリと乗せつつもクールなトラックで若い人だけでなく幅広い人たちの心に響く楽曲でシビれました!

********************************************************************

キャスト
哀川 翔 鈴木砂羽 木村祐一 
宮川大輔 RED RICE(湘南乃風)
大悟(千鳥) 川島邦裕(野性爆弾) 山本舞香 水野絵梨奈 般若 篠原ゆき子 シシド・カフカ

風間俊介 窪塚洋介 中野英雄 / 鶴見辰吾

監督・脚本:品川ヒロシ
主題歌:湘南乃風「Z~俺等的逆襲~」トイズファクトリー

配給:KADOKAWA/吉本興業 ©2015「Zアイランド」製作委員会