「さ行」カテゴリーアーカイブ

『最初で最後のキス』ミュージカルシーンが解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度6月2日(土)より公開されるイタリアの青春映画『最初で最後のキス』のミュージカルシーンが届きました!レディ・ガガの大ヒット曲「ボーン・ディス・ウェイ」に合わせて、主人公の男女3人が、古着屋でファッションショーをしながら、ノリノリで歌い踊るシーンが解禁となります。



3人の少年少女の、心に刺さる物語 イタリアの高校を舞台に、その大切な絆や未来を、無知ゆえに自ら破壊してしまう青春の残酷さを焼き付けた 本作は、イタリアでスマッシュヒットを飛ばし、ヨーロッパ各国の映画祭で多数の観客賞を受賞、若者を中心 とした多くの人の心に突き刺さった。監督は、『ミラノ、愛に生きる』『あしたのパスタはアルデンテ』の脚本を務めたイヴァン・コトロネーオ。

アメリカで実際に起きた殺人事件に衝撃を受け、自ら小説を執筆し、共同で脚本を手がけ監督も務めた。

イジメや差別がネットや SNS により、さらに深刻で過酷な状況へといかに若 者を陥らせているのかを繊細にリアルに映し出す。また劇中ではレディー・ガガを始めとするポップな楽曲が 多数使用され、痛い現実を跳ね飛ばす手段として描かれるカラフルでファンタジックな「ポジティブな妄想」 シーンも魅力的だ。

撮影には『グレートビューティー/追憶のローマ』の名カメラマン、ルカ・ビガッツィを起用。

メインの3人を瑞々しく演じた俳優たちのフレッシュな才能にも注目。彼らに共感し、痛みを共有し、心からエールを送らずにいられません!

SET DEL FILM “UN BACIO” DI IVAN COTRONEO.
NELLA FOTO RIMAU GRILLO RITZBERGER, VALENTINA ROMANI’ E LEONARDO PAZZAGLI.
FOTO DI GIANNI FIORITO


映画情報どっとこむ ralph イタリアの新星!主演のリマウ・グリッロ・リッツベルガー来日!6月2日都内劇場にて舞台挨拶予定

最初で最後のキス
原題:Un Bacio

6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー!

公式サイト:onekiss-movie.jp

物語・・・
不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々
イタリア北部・ウーディネ。スターを夢見る同性愛の転校生ロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。“尻軽女”とレッテルを張られている少女ブルーと兄を亡くして心に闇を抱えているバスケ部の少年アントニオ、クラスのはみ出し者だった2人と意気投合し、3人で友情を育んでいくが、ロレンツォのある行動がきっかけで少しずつ歯車が狂い始める――。

***********************************

監督・原案・脚本:イヴァン・コトロネーオ
出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ

2016年/イタリア/イタリア語/106分/カラー/シネマスコープ/ドルビー5.1ch 
字幕:山田香苗 
提供:日本イタリア映画社 
配給:ミモザフィルムズ/日本イタリア映画社  
(C)2016 Indigo Film – Titanus 


映画「30年後の同窓会」俳優たちが語るリンクレイター監督の魅力とは


映画情報どっとこむ ralph 『6才のボクが、大人になるまで。』で世界の賞レースを席巻したリチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります(配給:ショウゲート)。

マスコミ試写会でも「さすがはリンクレイター監督!」と絶賛の声が高い本作は、妻に先立たれ、更に戦地で最愛の息子を失い悲しみに暮れるドク(スティーヴ・カレル)。彼は亡くなった息子を故郷に連れて帰る旅に、30年間音信不通だった戦友・サル(ブライアン・クランストン)とミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)を誘うところから始まる。

過去の事件でトラウマを抱え、その後の人生が大きく変わってしまった三人の再会がもたらしたものとは…?

なんでもない人々の心の機微を丁寧に描き続ける名匠リンクレイター監督の元に、スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという、それぞれアカデミー賞主演男優賞ノミネート経験を持つ名優達が集結した本作。
映画情報どっとこむ ralph コメディ俳優としてだけでなく『フォックスキャッチャー』(14)で実際の事件の犯人役を演じアカデミー賞にノミネートされたスティーヴ・カレルは

カレル:リンクレイター監督は素晴らしい監督。それこそが大きな魅力。『30年後の同窓会』のストーリーを聞くと、とても暗い映画に感じるかもしれないが、監督は映画の中で語られる道徳観で観客が疲れないよう多大な努力を払っている。軽いタッチで描き、愉快な瞬間もたくさんある。

と語っている。TVドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』で大ブレイクを果たしたブライアン・クランストンは、

クランストン:しばらくは何もしないつもりだったから、ベストなタイミングではなかった。でも、リンクレイター監督は勇気ある、大胆な映画を作る人。僕はいつも物語に惹かれて作品を選んでいますが、『30年後の同窓会』はあらゆる基準を満たしていた。それに僕は原作のダリル・ポニックサンと『さらば冬のかもめ』の大ファンだし、スティーヴ・カレルとローレンス・フィッシュバーンが参加すると聞いて、“素晴らしい。ぜひやりたい!”と出演を決めたよ。

と予定していた長期休暇を返上して本作に参加。『マトリックス』シリーズで日本でも人気のローレンス・フィッシュバーンは、本作が自身が若い頃に感銘を受けたアメリカンニューシネマの名作『さらば冬のかもめ』(73)の続編にあたるということで

フィッシュバーン:この作品に惹きつけられた理由の一つは、僕が成長期に観た風変わりな映画『さらば冬のかもめ』にどうつながっていくのか、そこに興味をそそられたからです。

と出演の経緯を明かしている。

映画情報どっとこむ ralph “戦闘シーン”も“回想シーン”も一切無しに戦争がもたらした悲劇を描くという、ブライアンの言葉通り“大胆な映画”に挑戦したリンクレイター監督最新作

30年後の同窓会
原題:Last Flag Flying

は6月8日(金)より公開となります。

物語・・・
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー
(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」 
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート
2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル/字幕翻訳:稲田嵯裕里 主題歌翻訳:多摩ディラン 
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC  
 


火山大爆発T-レックス雄叫び『ジュラシック・ワールド/炎の王国』本ポスタービジュアル完成!!


映画情報どっとこむ ralph 最強恐竜との再演に、クリス×ブライスも大興奮!!

全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』!そして2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸します!

最近ハワイ島が噴火して、かなりヤバい映像を見ていると余計にリアルな本作!
南海の島ヤバいです!

火山大爆発の瞬間と、最強恐竜・T-レックス雄叫びを上げる姿を捉えた絶体絶命の本ポスタービジュアルが完成しました!

恐竜だけが住むイスラ・ヌブラル島の火山の大噴火を背景に、カルノタウルスを踏みつけた“恐竜界の女王”T-レックスが自身の存在を誇示するかのように荒々しく雄叫びを上げる姿が映し出された本ビジュアル!

T-レックスのすぐ近くには、前作に登場した球体の乗り物・ジャイロスフィアの陰に息を潜めながら隠れる主人公のオーウェン、クレア、そして本作で初登場する
システムスペシャリスト・フランクリンの3人が確認できますが、今にも暴れ出しそうなT-レックスに加え、背後の火山からはいよいよマグマも溢れ出し、絶体絶命の大ピンチ!恐竜を助けようと島へ訪れたクリスたちにどんなエキサイティングな冒険が待ち受けているのか…

緊迫感がひしひしと伝わってくるビジュアルに期待が高まる仕上がり!!!

映画情報どっとこむ ralph シリーズ史上最多の恐竜が登場する事でも話題となっている本作では、リアルな恐竜の姿を再現するために“アニマトロニクス”という技術をこれまでのシリーズ以上に撮影に取り入れております!

クリス・プラットはまるで息をしているかのように存在する恐竜たちとの撮影を振り返って

プラットさん:本当に生きているみたいにリアルなんだ。実際に見るとかなり怖いよ!映画芸術の見事な作品だね。本物に見えるし、目や歯、その全てがちゃんと動くんだ。

と驚きの声を上げており、

ブライスさん:姿は明らかに本物の恐竜じゃない。でもその恐竜を初めて見て、それが動いていたら、自分たちの脳の一部分が“なんてこと!”となってしまうの!

と、リアルな恐竜たちとの再演を喜び、楽しんだと明かします。


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)では『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』がいよいよOA!

さらに『ジュラシック・パークIII』/『ジュラシック・ワールド』も、この夏OA予定!

詳細:https://kinro.jointv.jp/

ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures


阿部純子、イッセー尾形、井上雅貴監督 ら登壇!映画『ソローキンの見た桜』製作発表会見


映画情報どっとこむ ralph 第1回日本放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ ソローキンの見た桜』の実写化作品で、日露戦争のさなか、愛媛県松山市に設置された捕虜収容所を舞台に、日本人女性と捕虜のロシア軍少尉がはぐくんだ愛の物語を描く映画『ソローキンの見た桜』。

本日、在日ロシア連邦大使館にて本作の製作発表会見が行われ、主演の阿部純子をはじめ、、イッセー尾形、井上雅貴監督、田中和彦(原作)、ミハイル・ガルーシン駐日ロシア大使と豪華な顔ぶれが登壇しました!


映画『ソローキンの見た桜』製作発表会見
日時:5月21日(月)
場所:在日ロシア連邦大使館
登壇者: 阿部純子、イッセー尾形、井上雅貴監督、田中和彦(原作)、ミハイル・ガルーシン駐日ロシア大使

映画情報どっとこむ ralph 本作はロシア政府が全面的にバックアップをしていることもあり、映画の製作発表会見としては初めて、ロシア大使館での開催が実現したが、松山に暮らすヒロイン・ゆいを演じる阿部さんは着物、捕虜収容所所長を演じるイッセーさんは軍服にヒゲという役衣装で登場。

イッセーさんは「大使館での製作発表と聞いて、スーツよりも衣裳が一番いいんじゃないかと思ったんですが、着て来てよかったなといま、思っています」と笑顔を見せた。

挨拶に立ったガルージン駐日ロシア大使は

ロシア大使:本日よりこの興味深いプロジェクトがスタートいたします。日露交流の歴史を代表する作品になることを確信しています。日ロ両国の市民に、いかに苦しく悲劇的な時代であっても、互いへのシンパシーは常に存在していたということを理解していただける作品になると思います。素晴らしい機会を作ってくださったことに感謝いたします。

と語った。原作者の田中先生は、日本で初めてのロシア兵収容所となった松山市の収容所が塀のない収容所であり、兵たちは昼間は自由を享受し、松山市民と交流していたこと、戦争中の2年間の間にそこで亡くなった98名の兵士の墓が市内にあり、いまも市民が足を運び、掃き清められていることを紹介し

田中先生:「この事実を日本、ロシア、世界中の人々に知っていただきたいという思いがこの作品を作った動機です。年を経て、日ロ交流年にこうして映画になることを嬉しく思っており、映画の完成を楽しみに待ちたいと思います。

と作品への期待を口にした。

映画情報どっとこむ ralph クランクインは6月。松山で始まり、その後、ロシアのサンクトペテルブルクでも撮影される予定だそうで、

井上監督:日ロ友好の作品として、価値ある重要な作品だと思っております。自分の持てる力をすべて注いで製作していきたいと思います。

と力強く意気込みを口にした。

阿部さんは、ヒロインのゆいと、現代を生きる彼女の子孫(ただしくは玄孫)、高宮桜子の2役を演じる事に

阿部さん:責任重大ですね。

とやや緊張の面持ち。この日は、ソローキン役を演じるロシア人俳優ロデオン・ガリュチェンコから

ガリュチェンコさん:松山での撮影、日本人俳優との交流を楽しみにしています。

というメッセージも届いたが、

阿部さん:私にとってもロシア人の俳優さんとの共演は初めて。演技派の俳優さんと伺っており、お会いするのが楽しみです!

と笑顔を見せていました。


クランクインを前に改めて

阿部さん:日本とロシアの映画交流の1作目に参加させていただけることになり、いまから胸がいっぱいです。初めてロシアに渡航できることも楽しみにしております。作品を通して、絆が深まるきっかけになればいいなと思います。

と力強く意気込みを語った。

イッセーさんは、この松山の収容所の話について

イッセーさん:実は、子どもの頃から聞かされてきて、知っていました。信じられず、そんなことあったのかと、誇りに思っていました。その映画に出られることを光栄に思います。

と喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 実在のロシア軍人・ボイスマン役を演じるロシアの国民的俳優アレクサンドル・ドモガロフさんより、イッセーさんとの共演を楽しみにしているとのメッセージも届いて、

イッセーさん:嬉しい言葉です。日ロ交流と共に、所長とボイスマンの交流が、井上監督の手で、どんなシーンになるかとても楽しみです。所長はハーグ条約がある中で、捕虜の人権をどこまで尊重すべきなのか? 日々悩んだと思います。その苦悩やジレンマを(撮影を通じて)体験したいと思います。

と自身の役柄への想いを口にした。

映画『ソローキンの見た桜』

は2019年春 全国ロードショー予定。

***********************************

製作:ソローキンの見た桜製作委員会
原案 青山淳平(「松山ロシア物語」) /
原作:田中和彦(「ソローキンの見た桜」)/

監督:井上雅貴/脚本:井上雅貴/香取俊介/大浦光太/コンスタンチン・サモイレンコ
プロデューサー:益田祐美子
配給:KADOKAWA+平成プロジェクト
©2019ソローキンの見た桜製作委員会


椎名ひかり×井口昇監督 配信ドラマ『少女ピカレスク』予告編映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社ファミリー劇場が、会員制サービス「ファミリー劇場CLUB」にて配信予定の配信ドラマ『少女ピカレスク』(監督:井口昇/主演:椎名ひかり)を6月23日(土)よりシネマート新宿ほか にて全国順次特別先行上映します。


そしてついに、本作の本編映像を垣間見ることのできる、予告編映像が解禁となりました!



この度解禁となった映像では不協和音がBGMとして鳴り響き、どこか現実離れした淡い白色に覆われた画面の中、初主演となる椎名ひかりが天使の羽を付けた姿で映し出されおぼろげな目つきでこちらを見据えている。そして椎名ひかりが演じる新人アイドル・ヒカリと、アイドル仲間の日菜子(長澤茉里奈)、亜依(神門実里「ノーメイクス」)と三人で戯れている場面から始まる。

そんな中、椎名ぴかりんの新曲で本作の主題歌「確認事項:しあわせとかについて」のアップテンポな曲調とともに、それぞれ三人のアイドルがネット配信を通じて遭遇する悪夢のような約2週間の映像が、時間軸がバラバラに描かれる。

「ホントはそっち側へいきたかった・・・」というまさに心の闇が表現されたようなコピーとともに、目を覆うような残虐な拷問シーンのカットが矢継早に挟みこまれ、監督の井口昇の世界が繰り広げられている。彼女たちは何故そのような「闇」に飲み込まれてしまうのか、本作の公開が待ち遠しくなる映像に仕上がっている。

映画情報どっとこむ ralph 心の闇に触れた時、あなたは・・・狂気へと突き落とされる。

少女ピカレスク

タップ一回で世界に自分自身をコネクトできる“生配信”。アイドルとファン/配信する側と見る側の心の距離は、ネットのない時代からは考えられないほど近づいた。一見すると孤独感が薄れているようにも感じるが、誰かが繋がったことで浮かび上がる孤独もある。「自撮り配信」を題材に、心の闇に飲み込まれるアイドルたちの物語を『片腕マシンガール』、『ゴーストスクワッド』の奇才・井口昇監督が描く。主演を、「Popteen」のモデルとしてデビューし、魔界からやってきた魔界人アイドル“椎名ぴかりん“として活動を続け、今やサブカル文化のファッションアイコンとして多くの若者を魅了する椎名ひかりが務め、自撮り生配信でファンとの濃密なコミュニケーションを取りながら、トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリを演じる。また主題歌には、椎名ぴかりんの新曲「確認事項:しあわせとかについて」が決定し、まだ謎に包まれている作品内容についての鍵となっている。

公式サイト:
http://www.fami-geki.com/picaresque/


物語・・・
トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリ。一人でも多くのファンに“自分”を届けるため、自撮り生配信で濃密なコミュニケーションをとる毎日を過ごしていた。
そんなある日、新曲のPV撮影をすることに。ダンサーとして参加していた新人アイドル日菜子と亜依の2人と親しくなり、撮影も順調に進んでいた。しかし、“ちーちゃん”と呼ばれる少女が収録現場に現れ、撮影中止せざるを得ない混乱を引き起こしてしまう。
「いつも、ちーちゃんは大事な時に邪魔してくるんだ」
生配信中に心情を吐露するヒカリ。そして、日菜子や亜依の近くでも不可解な出来事が起こり始める。
嫉妬、憎悪、憧れ。生配信を通して映し出される、少女たちの想いとは……。
映画情報どっとこむ ralph ファミリー劇場CLUBにて、『少女ピカレスク』をより楽しめる特典満載の「ピカレスクの会」が発足!

会員サービス『ファミリー劇場CLUB』では、プレミアム会員(月額500円・税別)限定企画として、5月19日(土)より、『少女ピカレスク』ファンに向けた「ピカレスクの会」を発足します。「ピカレスクの会」に参加すると、未公開の場面写真や監督・出演者によるコラム、上映前と上映後に実施予定のイベント参加権が手に入ります。
SNSなどで特典を使用して、『少女ピカレスク』のファンの輪をどんどん広げよう!
<参加方法>
1-「ファミリー劇場CLUB」のプレミアム会員に登録(月額500円)
2-ログイン後、「プレゼント」ページから【「ピカレスクの会」に参加】
3-登録メールアドレスに「ピカレスクの会」から、未公開の場面写真のダウンロードページや監督・出演者によるコラムが読める 
URL、イベント参加権や参加者限定の先行情報などが手に入ります。(内容は定期的に追加されていきます。)

ファミリー劇場CLUB:
https://club.fami-geki.com/

***********************************

監督・脚本:井口昇
主演:椎名ひかり
長澤茉里奈 松永天馬 神門実里 上埜すみれ 武田玲奈(友情出演)

配給:東北新社
提供:ファミリー劇場
主題歌:椎名ぴかりん「確認事項:しあわせとかについて」