「さ行」カテゴリーアーカイブ

寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)映画初監督作品『食運 FOOD LUCK 仮)』 製作決定


映画情報どっとこむ ralph 11月29日(金)いい肉の日で解禁!

数々の取材拒否の店にも顔が利き、グルメ番組で MC を 務めるなど、圧倒的な知識と全国各地を食べ歩いた経験で芸能界 No.1 の食通として知られるダチョウ倶楽部の寺門ジモン。その彼が、映画初監督作品に挑戦する際に選んだ題材は、ズバリ 【 焼肉 】

食の中でも特に【 焼肉 】 には 強いこだわりを持ち、美味しい 店であれば日本全国どこに でも駆け付けるという寺門。あらゆる肉に精通し、好きが高じて肉の競りに 参加できる家畜商の資格まで 取得、松阪肉牛共進会 に参加するほどの“肉のスペシャリスト”だ。

その寺門が初監督する映画『食運 FOOD LUCK 仮)』 は、 寺門 自身の体験談も盛り込み 5 年の歳月をかけて練り上げた完全オリジナルストーリー。 タイトルに入ったワード 【 食運 】 とは、本当に美味しい食に 巡り合える運のこと で 、 幼少 のこ ろから食に対して真摯に向き合ってきた寺門 にも備わっている才能。まだ映画の 全容はベールに包まれているが 、実在する焼肉名店が数々登場、寺門が撮影にこだわった最高の肉たちがスクリーンに踊る。また、各界から豪華オールスターキャストが出演(追って発表予定)。劇場公開は 2020 年を予定している。

映画情報どっとこむ ralph 【寺門ジモン監督のコメント 】
え!?映画監督 ?聞いて ないよォ
食運のおかげか、映画を撮らせてもらうことになりました。
幻の名店や、完全取材拒否店で撮影するという奇跡も起きました。
僕なりの初チャレンジ、お楽しみください。
寺門ジモン監督『食運 FOOD LUCK 仮)』
***********************************


監督:寺門ジモン
製作・配給
松竹 制作プロダクション:ギークサイト
©2020 松竹






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『殺さない彼と死なない彼女』12/1(日)映画の日限定・入場者プレゼント配布決定!


映画情報どっとこむ ralph Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」が実写映画化、絶賛公開中です。本作は公開後、絶賛&号泣の声がSNSで驚異的な広がりを見せ、リピーターが続出!映画レビューサイトでも軒並み高評価を獲得するなど感動の一大ムーブメントを引き起こしています!

観た後には誰もが作品について語り合いたくなる高い中毒性を持った稀有な作品として、一部では早くも令和を代表する青春映画と称され、2019年話題の感動作として高い注目を集めています!

つきましては、来場者の皆様への感謝を込めて、12/1(日)映画の日限定で上映劇場にて入場者プレゼントの配布が決定!なんとプレゼントは原作者・世紀末さんが今回のために特別に描き下ろしたイラストの映画特製ステッカー!ステッカーに描かれているのは、映画と同じ衣装で花火をする小坂と鹿野のイラスト。映画で夜の公園で花火をしようとする小坂と鹿野のシーンを観た後は、より一層感動を誘うイラストになっています。

映画情報どっとこむ ralph ◆入場者プレゼント実施概要
<原作者・世紀末描き下ろしイラストステッカー>
配布日:12月1日(日)
場所:全国の上映劇場
※数量限定!無くなり次第終了となります。
詳細は各上映劇場へお問い合わせください。

映画情報どっとこむ ralph 『殺さない彼と死なない彼女』

物語・・・

殺さない彼と死なない彼女 (4) 殺さない彼と死なない彼女
すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけ同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが……。

***********************************


間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会
制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松竹ブロードウェイシネマ第四弾『シラノ・ド・ベルジュラック』初日決定・ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、日本映画史上初シリーズ「松竹ブロードウェイシネマ」第四弾『シラノ・ド・ベルジュラック』の初日決定・ポスタービジュアル解禁。

本作、ブロードウェイ再演版『シラノ・ド・ベルジュラック』は、エドモン・ロスタンによる戯曲であり、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演されました。プレビュー公演は10月12日から始まり、オープニングは11月1日で翌年1月6日に幕を閉じました。トニー賞作品『NINE』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』等でも有名な奇才デヴィッド・ルヴォーが演出を務めています。1897年のエドモン・ロスタン戯曲を、アントニー・バージェス(『時計じかけのオレンジ』他)が脚色・脚本翻訳しました。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じ、相手役ロクサーヌにジェニファー・ガーナーが、シラノに助けられる若者クリスチャンをダニエル・サンジャタ(『プラダを着た悪魔』他)が演じています。ファンの間でも伝説中の伝説となった演目とされています。
『シラノ・ド・ベルジュラック』、17世紀、フランスに実在した剣豪作家、シラノ・ド・ベルジュラックを主人公にしています。1897年に書かれ、この年にフランスで初演されました。それ以降、今日に至るまで、フランスばかりでなく、世界各国で、繰り返し上演されており、ストレイトプレイの他にミュージカル化、映像化などもされています。

近年の日本でも2018年に、吉田鋼太郎さん、黒木瞳さんで上演されています。

映画情報どっとこむ ralph その「リチャード・ロジャース劇場」で上演されました『シラノ・ド・ベルジュラック』を特別に撮影し、今回の「松竹ブロードウェイシネマ」シリーズ第四弾として公開する運びとなりました。
17世紀中頃のフランス・パリを舞台に、剣豪作家シラノの生死を賭けたロマンチックかつ悲恋物語となります。豪快なセリフ回しや“100人斬り”と言われるシーンでの見事な殺陣、演劇史に残ると言われるシラノがクリスチャンに成り代わってロクサーヌへの愛を語りあげるバルコニーシーンなど必見です。また、ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナー、演出デヴィッド・ルヴォー3人の計り知れないパワーが融合された舞台です。それを余すことなくスクリーンでご堪能頂けるはずです。

熱中すべきは恋する自分の思いではなく、恋する相手の気持ちなのである。 巧みな言葉で最愛の人に尽くすシラノへ、賛美の言葉を送らずにはいられないはずです。世界中で大人気の『シラノ・ド・ベルジュラック』で、いつの時代も恋する者のひたむきさ、この悲恋劇の結末に涙を拭わずに目撃して下さい。

映画情報どっとこむ ralph 本作品で是非、シラノと共に約2時間の「ラヴ・レター」に酔いしれて下さい。公開日は2020年3月13日(金)より東劇(東京)他全国順次公開となります。日本語字幕を付けて皆様にお届け、

『シラノ・ド・ベルジュラック』

2020年3月13日(金)より東劇(東京)他全国順次公開

【STORY】
フランス軍隊に所属し、繊細な詩を綴り、人生観・世界観を多いに語り、剣術の達人であるシラノは、気が強く美しいロクサーヌに恋心を抱いている。しかし、自分の見た目に自信が持てず告白する事が出来ない。その時、ロクサーヌが友人のクリスチャンを慕っている事を知り、美青年ではあるが勘がにぶいクリスチャンの代行で、ロクサーヌへラヴ・レターを書き続ける。そして、とうとう本当の事がロクサーヌへ伝わってしまう・・

***********************************

配給:松竹
©Carol Rosegg
演出:デヴィッド・ルヴォー   
原作:エドモン・ロスタン
翻訳・脚色:アントニー・バージェス
出演:ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナ―、
ダニエル・サンジャタ 他
米国/2007/ビスタサイズ/141分/5.1ch 日本語字幕スーパー版
公式:www.instagram.com/shochikucinema/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ダチョウ倶楽部とリアル“ダチョウ”がまさかの共演『ジュマンジ/ネクスト・レベル』公開記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 4人の大学生が主人公で、呪われたゲーム“ジュマンジ”に吸い込まれた仲間を救うため、自らがプレイヤーとなってゲームの中にログイン、“無理ゲー”と化した超絶難関なゲームステージの中で仲間を見つけ出し、生きて現実世界に戻るために命をかけてクリアを目指すアクション・アドベンチャー超大作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が12月13日(金)に日米同時公開!

この度、本作の公開に先駆け、お笑い芸人のダチョウ倶楽部と本物の“ダチョウ”がまさかの共演を果たした、<公開記念イベント>が実施された。

本作では、新たに登場する砂漠のステージで、砂漠を埋め尽くす“ダチョウ”が登場!
と、と言うことで、いかに“ダチョウ”が強敵であるかを証明するため、“ダチョウ”繋がりである、ダチョウ倶楽部がゲストとして招かれ、イベントが行われた。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ダチョウ倶楽部VS”本物”のダチョウ対決
映画情報どっとこむ ralph 盛大な拍手の中ダチョウ倶楽部が登場すると、早速いつもの“ヤー”ポーズを披露し、集まった報道陣に向け挨拶。

まずはMCから、本作に登場する<ジュマンジ史上最強の敵>がダチョウであることに触れられると、

肥後さん:そりゃそうでしょ!僕はダチョウが最強だとずーっと言い続けてたんですよ!

と豪語すると、

ジモンさん:一番大きい鳥ですからね!

と同調する一同。続けて

肥後さん:ダチョウは動物界でも最強でしょ。芸能界でもダチョウ倶楽部、実は最強なんですよ。僕等は“現状維持!”

と三人揃って決めポーズを見せるなど、イベント開始早々、“ダチョウ倶楽部ワールド”が炸裂。



ダチョウ倶楽部がPRする本作は、ダチョウを始め、マンドリルなど様々な野生動物が登場人物の行く手を阻む敵として登場する。その様子を、

ジモンさん:ダチョウも一匹じゃないんですよ。ものすごい数のダチョウがグワーッと出てきて!

と映画の勢いのまま、身振り手振りで力強く表現。そんなダチョウが、時速50キロメートルで走り、キック力もあり、4.8トンの圧力を持っていることを説明されると、

上島さん:映画の中でもものすごい数のダチョウが出てくるけど、相手はあのドウェイン・ジョンソンよ。それでもダチョウの方が強い!

肥後さん:あのロック様もダチョウを観た瞬間、逃げるんだよ。叶わないんだよ、ダチョウの強さには。

と、ひたすら“ダチョウ最強説”を唱え続けるダチョウ倶楽部の面々。

映画情報どっとこむ ralph 今回、そんな彼らの言葉を証明するため、会場には本物の“ダチョウ”が登場!!
本物のダチョウが登場するや否や、「本物だよ!」「何でリードつけないの?!」と怖気づくダチョウ倶楽部の面々。

ダチョウの付き添いの飼育員から「本気で蹴られると運が良ければ骨折、悪ければ死んじゃいます」と説明されるも、MCからダチョウと仲良くなった方が良いと促され、上島がダチョウとキスしようと接近し手を噛まれるなど、一通りの“お家芸”を披露させたところで、アツアツに温めた砂場を舞台にダチョウとダチョウ倶楽部が対決!!

さらに舞台をアツアツにすべく、スタッフが熱した砂を追加でまき散らすと、

ジモンさん:“追い砂”はやめろよ!

とクレームを入れる中、まずはダチョウが砂の上を歩行。特に暴れもせず、余裕の仁王立ちで報道陣を見つめるダチョウは難なくクリアすると、続いてはダチョウ倶楽部の挑戦。スタッフにより更なる“追い砂”が行われると、本気で嫌がる上島を前に、「俺がやるよ!」の芸が炸裂したところで、三人仲良く靴下を脱ぎ、いよいよアツアツの砂へ。「絶対押すなよ」の合図により、ジモンと肥後に勢いよく押された上島が砂に足をつけると、熱がりながらひたすら両足をバタバタさせ悶絶する上島!その後、三人一列に並び肩に手をかけながらゆっくりと歩き進めるも、予想以上の熱さに顔を真っ赤にさせ、熱湯風呂さながらのリアクション芸を見せる一同。上島が思わず、「これ50過ぎにやらせる仕事じゃないぞ!」と叫ぶと、会場は爆笑に包まれた。リアクション芸からお馴染みの“お家芸”まで惜しみなく披露し、最後まで会場の爆笑をかっさらい続けたダチョウ倶楽部だった。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後には・・・・

本日57歳の誕生日を迎えたジモンにサプライズケーキが登場し、本物のダチョウと共にマスコミ向けのフォトセッションを実施。

そして最後にMCから映画の感想を求められると、

ジモンさん:次から次にどんどん物語が展開される、素晴らしい映画に仕上がっています。本当に素晴らしい映画です。一足先に観させていただきましたが、本当にアドベンチャー!さすがゲームが絡んでいるだけあって、次々と予想できない展開が繰り広げられていきます。アクションとシチュエーション、そして動物たちが登場する、本当に夢のある作品なので、家族と一緒に観て欲しいと思います。

上島さん:とにかくアクションが凄いです!ダチョウはもちろんですが、色んな動物も出てきて、最後までワクワクドキドキでございます。ぜひスクリーンの大画面で観て欲しい!

肥後さん:ダチョウだけじゃなくて、マンドリルも出てきたり、とにかくスゴいです!最後までアクションシーンたっぷりなので、ぜひご覧ください。

とコメント。しっかり映画のPRをすることも忘れず、会場を後にした。


『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

公式サイト:
https://www.jumanji.jp

公式Twitter:
@JumanjiJP

#ジュマンジ

***********************************

監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、ダニー・グローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「屍人荘の殺人」東大・京大・一橋 「クイズ王」試写会を実施


映画情報どっとこむ ralph 「屍人荘の殺人」 ついに実写映画化!!12月13日(金)に劇場公開いたします!!

主演の神木隆之介が探偵に振り回される探偵助手(ワトソン)を、浜辺美波と中村倫也が2人の探偵(ホームズ)を演じ、人気と実力を兼ね備えた3人が前代未聞の連続殺人事件の謎に挑みます! さらに、容疑者候補となる怪しい登場人物には葉山奨之、矢本悠馬、佐久間由衣、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえり、池田鉄洋、古川雄輝、柄本時生と、個性豊かな俳優陣が勢ぞろいしました!

そしてこの度、日本最高峰の頭脳集団を集め、「クイズ王」試写会を実施!

某有名クイズ番組の優勝経験者や、東大・京大・一橋など、超高学歴のクイズ研究会のメンバーやOBたちなど、まさに「クイズ王」の名にふさわしい総勢30名が集結しました。

さらに、試写会後は”謎の作り手”であり、ミステリー賞4冠達成の「屍人荘の殺人」の原作者である今村昌弘氏とのトークイベントを実施し、“謎の作り手”ミステリー賞4冠作家ד謎の読み解き手”クイズ王30名による“謎解き”のスペシャリスト達のための試写会&トークベントが開催されました。

映画情報どっとこむ ralph トークイベント冒頭では、デビュー作にして、ミステリー賞4冠を受賞した今村氏がどのような経緯でミステリー作家になったのか、という話に。今村氏自身、前職の放射線技師の仕事をしながら小説家になるべく、小説をしたためつつ働いていた逸話を披露し、「仕事は簡単にやめないほうがいい」という先生の言葉に会場では、うなづく姿と共に、「なるほど」という声が上がりました。
さらに、「いつもどのように作品の中のトリックや謎を考えているか」についても話がおよび、「最終的には、自分で苦しんで捻りだすんですが、画用紙に色々と書き出して、あれでもない、これでもないと考えたりします。その中で、名作を読んで、こういうのをやってみたいな、というところにも影響を受けます。自分の作りたいものをはっきりと認識するのが大切です。今回も<“密室”がやりたい、でも、やりつくされている、どうしよう?>というところからスタートしました。」と答え、普段は様々な謎を解いていく“クイズ王”たちは、謎の作り手である今村氏ならではの興味深い話に終始聞きいっていました。

更に、今村氏より「以前、僕の「屍人荘の殺人」のサイン会に来てくださった方の中で、クイズをしている方がいらっしゃり、その方が大会に出場した時のウイニングアンサーが先生の作品だった!と言ってくださった方がいたんです!どうやら、冒頭の文章でどの作品かを当てるという問題だったみたいなのですが、「カレーうどん」の、 「カレーう」で当ててくださったみたいで。僕でもわからないぞ、と思い、本当にクイズ王ってすごいなと。発売されたばかりの僕の作品まで知ってらしゃるのかと」と、思わぬ“クイズ王”とのご縁の話に、会場で驚きの声があがりました。さらに、自身も大ファンである、QuizKnock所属の高松慶さんが会場にいるのを知ると、「“密室”か“アリバイもの”のクイズを作って欲しい!」というリクエストをする場面も!
更には、タイムショック21、アタック25優勝経験もあり、現在はアプリゲームやクイズのイベントの開催に携わられている石野将樹氏からは、「原作をすでに読んでいたのですが、トレンドのものがとりいれられていて、テンポもよく読みやすかったです。映画だと、コミカルな要素が足されていて、すごくお正月映画らしくていいなと思いました!すごく面白かったです。」と原作をすでに読んでいる人からも太鼓判を押していただくと共に、終始和やかなトークが繰り広げられました。

さらに!なんと残念ながら会場には駆けつけられなかった、本作で主演を務める神木隆之介からサプライズでクイズの挑戦状VTRが届き、会場のボルテージは一気に上昇!!
自身が本作で、自称ホームズ(明智)とコンビを組むワトソン(葉村)を演じるところから、「コナン・ドイルのシャーロックホームズシリーズでシャーロックとホームズが初めて出会う場所はどこでしょうか」、というクイズを出題しました。
この難問に対して、クイズが全て読みあがられる前に、「聖バーソロミュー病院!」とすぐに回答!更には、このディティールまで答える等、クイズ王たちの知識の広さと深さに今村氏も驚かされていました。さらに、正解した方には、神木隆之介と今村先生のサインサイン入りの特別なプレスシートが授与されました!

トークイベントの最後には「映画『屍人荘の殺人』を純粋に楽しんで欲しいです。そこを入り口に小説も楽しんでもらえたらなと思っていますし、小説で楽しんでもらえるようにするのが小説家としての自分の役割だと思っています。」と今村氏が述べ、締めくくりました。今村氏とクイズ王たちとの集合写真も撮影し、大盛況のうちに幕を閉じました。

試写後にクイズ王たちに実施したアンケートによると、「この映画を観て、驚きましたか?」という質問に対し、約90%のクイズ王たちが「驚いた!」と回答。日本最高峰の“謎の解き手”たちをも驚愕させたようです!

映画情報どっとこむ ralph ≪クイズ王試写会 感想コメント一覧≫

◎大美賀祐貴さん(20代 男性/アタック25優勝)
物々しいタイトルに反して演出がコミカルでいい意味で裏切られた!
ミステリーに馴染みがない人にこそ見て欲しい!このタイトルでこの展開は読めない!

◎中村栄斗さん(20代 男性/高校生クイズ優勝 頭脳王準優勝)
葉村くん、明智さん、比留子の三角関係(?)が絶妙に表現されていて、すごくいいと思いました。
トリックの肝になる部分がワンカット・ワンシーンに過不足なくしこんであって、原作を想起させて良かったと思いました。原作既読者も視聴直前に読み返してくるとより一層楽しめると思いました。

◎高松慶さん(20代 男性/QuizKnock所属)
コミカルかつ本格! ドキドキと笑いの繰り返しが楽しい。密室ORアリバイでの動画企画頑張ってみます!
超楽しかったです。久々に原作を読み返したくなりました。

◎石野将樹さん(30代 男性/タイムショック21 アタック25優勝)
紫湛荘の中のつくりは原作通りという感じで、ミステリの舞台としてとてもよく出来ていると感じました。
映画は、原作よりもコミカルなシーンが多く、それでいて原作の魅力はそこなわれておらず、とても面白かったです。キャストやトレーラーを見てきた人たちは、映画館で予想を裏切られること間違いなしですね!

◎渡辺匠さん(40代 男性/THE クイズ神優勝)
ネタバレになるので詳しくは言えないけれど、原作を読んでいても読んでいなくても、絶対楽しめるよ。

◎池田宜史さん(40代 男性/アタック25年間チャンピオン)
キャスティング完璧です!映像化との相性がとても良い、最高のミステリーでした!
山田杏奈さん、超かわいい!

映画情報どっとこむ ralph 「屍人荘の殺人」

クイズ王たちも驚いた、衝撃の展開とトリックの連続!!

12月13日(金)、「面白いことが起きそうだ…!」

この冬一番のミステリーエンターテイメントに、是非ご期待ください!!

『屍人荘の殺人』
<ストーリー>
神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は学内の事件を推理する自称【ホームズ】と【ワトソン】。しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。

そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。

3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘(しじんそう)】。そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。
一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。
それは死因もトリックも全てが前代未聞の連続殺人の幕開けだった――


映画公式SNS
■『屍人荘の殺人』公式Twitter(『ミステリー愛好会』の会員を大募集中!)
@shijinsou_movie 

■スペシャルサイト『ようこそ屍人荘へ』 
yokoso-shijinsou.jp

***********************************

神木隆之介 浜辺美波
葉山奨之 矢本悠馬 佐久間由衣 山田杏奈 大関れいか 福本莉子
塚地武雅 ふせえり 池田鉄洋 古川雄輝 柄本時生
中村倫也
監督:木村ひさし 
脚本:蒔田光治 
原作:今村昌弘「屍人荘の殺人」(創元推理文庫刊)  
製作:「屍人荘の殺人」製作委員会 
製作プロダクション:東宝映画 ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:東宝 
©2019「屍人荘の殺人」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

仲野太賀 衛藤美彩 ダブル主演 映画『静かな雨』舞台挨拶に登場!東京フィルメックス映画祭


映画情報どっとこむ ralph 様々な役どころを自在に演じ分ける本格派俳優として注目されている仲野太賀と“乃木坂46”を卒業し新たな一歩を踏み出した衛藤美彩のダブル主演映画『静かな雨』が、2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが、11月24日(日)、東京フィルメックス映画祭のコンペティション部門での舞台挨拶にて発表となりました。

第20回東京フィルメックスにおいて国際的な注目を集める新鋭・中川龍太郎監督の最新作で、宮下奈都先生の小説を映画化した『静かな雨』が上映され、上映前にW主演の仲野太賀さんと衛藤美彩さん、音楽を担当した高木正勝さん、中川龍太郎監督が舞台挨拶に登壇した。

映画『静かな雨』東京フィルメックス コンペティション部門 舞台挨拶
日程:11月24日(日)
会場:有楽町朝日ホール
登壇:仲野太賀、衛藤美彩、高木正勝(音楽)、中川龍太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の観客の温かい拍手に迎えられ

仲野さん:フィルメックスの熱量を感じて、びっくりしています。この作品を上映できることを誇りに思います。

と笑顔で挨拶。

中川監督とは『走れ、絶望に追いつかれない速さで』に続くタッグとなったが

仲野さん:中川監督とはほぼ同世代で、一緒に歩みを揃えて映画を作れる数少ない同世代の仲間です。今回は中川くんにとっては初の原作もので、自分にできることがあればと参加しました。前作から4~5年が経って、まだまだお互いに成長していかないといけないし、今回もタッグを組んで、またより一層、高め合いたいと思ったし、刺激し合って作品を作れる監督だなと改めて思いました。

と振り返った。



主人公の行助を演じるにあたっては

仲野さん:どちらかというとハッキリと構築された世界観で進んでいく物語なので、見てくださる方に共感できる人間であることが重要かなと思った。

と語り

仲野さん:(行助は)足をひきずっていたり、特殊な設定ではあるんですが、そこで行助の感情に普遍的なものが宿っていれば共感してもらえるのかなと思って演じました。

と明かした

映画情報どっとこむ ralph 一方、行助が出会う、たい焼き屋の女性で、交通事故の影響で新たな記憶を刻むことができなくなってしまうヒロイン・こよみを演じた衛藤さんは、本作で映画初出演にして初主演。

衛藤さんは3月に乃木坂46を卒業したんですが、この作品の撮影中はまだ在籍していて、グループでの活動をしながらの主演でプレッシャーもありました。

と明かす。

こよみという役柄について

衛藤さんは緊張した日々の中で、あまり深く役作りとか『こういうふうにしよう』という感じでイメージを作らずにすんなり入れたのは、自分と近いものがあったからなのかなと思いますl。

と語った。

また、中川監督の印象を問われると

衛藤さん:言いにくい…。

と苦笑しつつ

衛藤さん:本番前のリハーサルにたくさん時間をとってくださって『衛藤さんらしさが出てほしい』と何度もおっしゃっていただき助かりました。何回も打ち合わせをし、練習したので自然と入り込めました。

と感謝を口にした。

映画情報どっとこむ ralph 音楽の高木さんは映画について

高木さん:『音楽のいらない映画だな』というのが最初の印象でした。

と語り、実際、監督にも

高木さん:これ、音楽いらないんですけどどうしましょう…?

と尋ねたという。最初に映像を見ながら、即興的にピアノを弾いて曲をつけてみたというが

高木さん:最終的にそれが(本編にも)残りました。

と最初に感じたインスピレーションがそのまま音楽として活かされていると明かした。

中川監督は、日本の観客の前での初めての上映が東京フィルメックスという場になったことに

中川監督:学生時代から行ってた映画祭でこうやって上映していただけて、ありがたいと思っています。

と感慨深げに語る。


これまでオリジナル脚本で映画を作ってきたが、今回、初めて原作の実写化への挑戦となり

中川監督:原作の持っているおとぎ話のような世界観が、若い世代にとっての寓話になるようにというコンセプトで臨みました。原作があるからこそ、いままで出せなかったものを出し切ろうと、アイドル出身の衛藤さんとコラボさせてもらい、憧れの音楽家である高木さんにお参加していただき、“同志”の太賀くんに作品の背骨を作ってもらいました。そうやって、周りの仲間をどう集めるか? というところで、この原作を一種の寓話にできていたらいいなと思って作りました。

と共に映画を作り上げた周囲への思いを語っていた。

映画情報どっとこむ ralph 『静かな雨』

は2020年2月7日(金)シネマート新宿他全国順次ロードショー。

オフィシャルHP:
https://kiguu-shizukana-ame.com

本作は、『羊と鋼の森』で2016年の本屋大賞1位を受賞した作家・宮下奈都の小説デビュー作を映画化したものです。

共演は、三浦透子、坂東龍汰、古舘寛治、川瀬陽太のほか、萩原聖人、村上淳 、でんでん等、日本を代表する俳優たちに加えて、『殯の森』『あん』などで世界的な監督として知られる河瀨直美監督も女優として出演しております。

監督は、『四月の永い夢』(2017)で世界4大映画祭のひとつモスクワ国際映画祭コンペティション部門に選出され、国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞し、新作『わたしは光をにぎっている』(2019)で同映画祭に特別招待されワールドプレミアを果たした新鋭・中川龍太郎。

日本人が持つ“真の愛”と、誰もが感じたことのある“愛”の前での人間の無力さを描いた本作で、日本映画界に真の愛を問いかけます。



ストーリー
大学で生物考古学研究助手をしている行助(仲野太賀)は、パチンコ屋の駐車場でおいしそうなたいやき屋を見つける。そこは、こよみ(衛藤美彩)という、まっすぐな目をした可愛い女の子が一人で経営するたいやき屋だった。そこに通ううちにこよみと少しずつ親しくなり、言葉を交わすようになる。
だがある朝、こよみは交通事故で意識不明になってしまう。毎日病院に通う行助。そしてある日、奇跡的に意識を取り戻したこよみだが、事故の後遺症で記憶に障害があることがわかる。事故以前の記憶は残っているが、目覚めてからの記憶は一日経つと消えてしまうのだ。行助は記憶が刻まれなくなったこよみと、変わらずに接していこうとするが……。外は静かな雨が降っていた。

映画情報どっとこむ ralph 第20回東京フィルメックス 開催概要 

名称:第20回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2019 
期間:2019年11月23日(土)~12月1日(日)(全9日間)
会場:
【メイン会場】有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)11/23(土)〜12/1(日)
【レイトショー会場】TOHOシネマズ 日比谷11/23(土)〜12/1(日) 
【併催事業:人材育成ワークショップ】
11/25(月)〜11/30(土) 有楽町朝日スクエアB
https://filmex.jp/2019/
***********************************

仲野太賀 衛藤美彩
三浦透子 坂東龍汰 古舘寛治 川瀬陽太
河瀨直美 / 萩原聖人 / 村上淳 / でんでん
監督:中川龍太郎
脚本:梅原英司 中川龍太郎
チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝
アシスタントプロデューサー:新井悠真 石森剛史 ラインプロデューサー:保中良介
撮影:塩谷大樹 照明:西尾慶太 録音:伊豆田廉明 音響効果:小林孝輔
美術:安藤秀敏 菊地実幸 ヘアメイク:榎本愛子 スタイリスト:都甲真名美
助監督:近藤有希 監督補佐:佐近圭太郎 制作担当:久保田辰也 
編集:田巻源太 スチール:四方花林
音楽:高木正勝
制作:WIT STUDIO、Tokyo New Cinema
配給:キグー
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』東京コミコントークイベント


映画情報どっとこむ ralph 4人の大学生が主人公で、呪われたゲーム“ジュマンジ”に吸い込まれた仲間を救うため、自らがプレイヤーとなってゲームの中にログイン、“無理ゲー”と化した超絶難関なゲームステージの中で仲間を見つけ出し、生きて現実世界に戻るために命をかけてクリアを目指すアクション・アドベンチャー超大作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が12月13日(金)に日米同時公開!

この度、本作が声優初挑戦となるファーストサマーウイカさんが東京コミコンに登壇し、これまで明かされていなかった“役名”を発表!さらに、ジャック・ブラック演じるオベロン教授の声優を担当した高木渉さんも応援にかけつけ、初めての吹替に悩むウイカさんにアドバイス!あの大物ハリウッド俳優からのビデオメッセージも到着し、大盛り上がりのトークイベントとなりました。

東京コミコントークイベント
日時:11月23日(土)
場所:幕張メッセ 国際展示場
登壇:ファーストサマーウイカ、高木渉

映画情報どっとこむ ralph 今年で第3回目となる東京コミコンには例年以上の人々が訪れ、『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の特設ステージの前にも、イベント開始を待ちわびるファンの熱気で溢れかえっていた。そこに、本作で日本語版吹替声優を担当したファーストサマーウイカさんが全力疾走でステージに登壇!割れんばかりの拍手で迎えられたウイカさんは「のっけから圧倒されてしまいました」と初めて東京コミコンの空気を味わっていた。


本作が初の日本語吹替声優挑戦となるウイカさんは、オファーが来たときのことを「完全にドッキリだと思ってました。絶対嘘や!って(笑)」と笑いながら振り返った。気になる役どころは謎のベールに包まれていたが、イベント内では遂に彼女の口から発表!新キャラクターであり、ゲームクリアの鍵を握る重要人物である、TVゲーム「ジュマンジ」内のキャラクターの一人、ミン・フリートフット。演じるのは、ラッパーとしても活躍し、MCU史上初となる“アジア系ヒーロー”映画作品に出演も決まった話題の女優・オークワフィナ。重要な役どころにプレッシャーを感じる反面、自身との共通点を「少ししゃがれたハスキーな声」と挙げたウイカさんに、ミンに扮したオークワフィナから、サプライズでビデオメッセージが到着!


オークワフィナは「私の声優に決まっておめでとう!“無理ゲー”ミッションへのチャレンジ、頑張ってね!プレミアにおいでよ!」とウイカさんを激励。メッセージを見たウイカさんは、「嬉しい!!泣きそう!!」と目を潤ませながら、感極まった表情を見せた。

さらにイベントでは、初声優に「もっとうまくなりたい」と語るというウイカさんの元に、ジャック・ブラック演じるシェリー・オベロン博士の日本語吹替を担当した声優の高木渉さんが、“助っ人”として登壇!ウイカさんと高木さんは熱い握手を交わすと、「実は今日サプライズで登場する予定だったんです。だけど、せっかくお会いするなら、(ウイカさんと一緒に)アフレコもやろうかなと思って。収録現場で一緒にアフレコやったんです」と明かす高木さん。すると、ウイカさんは「でも本当はその日、高木さんはお仕事じゃなかったんですよ。でも私のためにわざわざ来てくださって」と明かしつつ、「本当に優しいんです。一瞬で好きになっちゃいました!」と語り、神対応っぷりに感激した様子を見せていた。そんな高木さんに対して、アフレコでのウイカさんの様子を問われると、「声優が初めてだとお聞きして、『色々コツを教えてあげてください』と言われたんですが、すごくお上手で」と振り返り、その実力に驚いたという。「お芝居にとても貪欲で、色々なバリエーションのお芝居をされてます。僕も初めてなのに凄いなぁと思っちゃいました」と太鼓判を押した。そんな言葉に謙遜するウイカさんは、「今回収録現場は基本的に私一人だったので、他の方がいない状況で自分の声を聴くと、これで合っているのか、わからない部分も多いんですよね。それが、高木さんがいらっしゃって、隣でアフレコさせていただいた瞬間に世界が広がって。全然違いましたね」と振り返り、初のアフレコ現場でプロ声優の凄さを肌で感じた様子。さらに、残りの収録へ臨むウイカさんへアドバイスを求められると、「そのままでいいです!」と力強くコメント。「芝居に貪欲で、姿勢が素敵でした」と最後まで称賛を惜しまなかった。

そんなアドバイスに対し、ウイカさんは「高木さんからは、楽しむことが大事ということを教わりました。私の“初アフレコ”作品をぜひ見て頂きたいです。何よりもめちゃくちゃ面白い作品に仕上がっています!」と本作をPR。

また、高木も「『ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観てから続編を観るともっと面白いんですが、どちらが先でも面白いです!あのシーンはこういうことだったのか、と繋がっている部分もたくさんありますし、物語自体もレベルアップしているので、ぜひぜひみなさんに楽しんで頂きたいです」と、続編を心待ちにするファンにメッセージを送り、イベントは大盛況で幕を閉じた。


映画情報どっとこむ ralph
『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

12月13日(金)日米同時公開!

公式サイト:
https://www.jumanji.jp

公式Twitter:
@JumanjiJP



***********************************


監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)

出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、ダニー・グローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

横尾瑠尉、鷲尾修斗、輝山立が歌い演じる「さそりとかゑる」舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 売れない兄弟演歌グループ“あまがゑる”。
地方のスナックで歌っていたところ、偶然出会ったワケあり風の男に惚れこまれ、マネージャーを買ってでられる。果たしてこの男は幸せをもたらす神か、それとも不幸をもたらす悪魔か・・・?

大人気ミュージカル2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージにて共演の横尾瑠尉、鷲尾修斗、輝山立の3人が、本作のために書きおろしたオリジナル楽曲にのせて歌い演じる、心温まる青春ロードムービー!

この3兄弟に加え、”あまがゑる”のマネージャーを買って出る謎の男・町田役に日向丈。そのほか、大堀こういち、椿鮒子、広岡由里子ら舞台や映画で幅広く活躍中のベテランが脇を固める。そして、星座シリーズ4部作や、今年公開の映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』でも監督を務めた、毛利安孝がメガホンをとる。
 

この度、映画の公開に伴い12/21(土)にシネ・リーブル池袋、12/22(日)に大阪シアターセブン、109シネマズ名古屋にて公開記念舞台挨拶の開催が決定した。舞台挨拶には、横尾瑠尉、鷲尾修斗、輝山立らが登壇することが予定されている。舞台挨拶のチケットは明日、11月22日(金)10:00より東京と名古屋に関してはチケットぴあにて、大阪はLivepocketにて販売開始となる。詳細は公式HPにて。

映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁された場面写真には、
ドサ回り先で演歌を歌う”あまがゑる”の様子や、
3人そろってお風呂に浸かるシーン、
その一方で、何かの事件に巻き込まれたであろう緊迫した場面などが収められている。起伏に富んだストーリー展開が予想されると共に、登場人物たちの行く末がより一層気になる場面写真となった。

映画「さそりとかゑる」

は12月20日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにて順次公開予定!

【公式HP】sasori-kaeru.u




【STORY】
鴨川一郎、三郎、四郎の三兄弟は演歌・歌謡グループ ”あまがゑる” として日夜、地方のスナックや商店街で歌を披露しつつ、メジャーデビューを夢見ていた。しかし現実世界はかくも厳しく、CDの全く売れない鬱屈した営業回りの日々だけが続く。そんなある日、地方の場末のスナックで3人は危険な目をした男、町田と出会ってしまう。町田は3人の歌声に一目惚れし、半ば強引に ”あまがゑる” のマネージャーになることに。全ての行動がむちゃくちゃな町田に翻弄されながらも一郎、三郎、四郎の三兄弟はビッグスターを夢見て営業廻りの旅を続けていく。
しかし三兄弟はまだ知らない。町田にもうひとつ裏の仕事があることを…。

***********************************

 
横尾瑠尉 鷲尾修斗 輝山 立
椿 鮒子 大堀こういち 広岡由里子 / 日向 丈 ほか

製作:菅谷英一/木村純子/加藤英治 企画・プロデューサー:菅谷英一 プロデューサー:長田安正
監督・脚本:毛利安孝 撮影:水口智之 
照明:関輝久 録音:渡辺健一 
編集:野本稔 音楽:鷹尾まさき
製作:「さそりとかゑる」製作委員会
(Miny Mix Creati 部・スタービートエンターテイメントAge・ Global Networks・ユナイテッドエンタテインメント)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ