「さ行」カテゴリーアーカイブ

村井良大 x ジュンQ 朗読劇映画化『最果てリストランテ』5月18日より公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月7日のTOKYO FM HALLでの初演が大ヒット。今年1月、2月の再演も大好評で迎えられたスチール写真と朗読劇を融合させた全く新しい朗読劇、『フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ(脚本:松田圭太/演出:奥村直義/スチール:諸江亮)』が、新たなプロジェクトとして映画化。5月18日より池袋シネマロサにて公開が決定しました。

そして、初日決定と合わせて、ポスタービジュアルが解禁です。

映画の主演には、朗読劇に出演している二人のキャストを大抜擢。辻仁成脚本・演出の舞台『99才まで生きたあかんぼう』主演、マキノノゾミ脚本、堤幸彦演出の舞台『真田十勇士』などに出演し、注目の実力派若手俳優、村井良大がギャルソン岬を演じ、

日本のチャートにもランクインする人気K-POPグルーブ、MYNAME(マイネーム)のジュンQ(ジュンキュ)が。シェフのハンを演じます。ジュンQは、朗読劇初出演に続き、本格的にスクリーンデビューを飾ります。

映画情報どっとこむ ralph その他の出演には、真宮葉月 鈴木貴之 今野杏南 芳本美代子 山口いづみ 堀田眞三ら、多彩なキャストが集結しました。

朗読劇版の書き下ろし脚本でステージを感動に包んだ映画『パーティは銭湯からはじまる』、『…and LOVE』など数々の話題作を手掛けた松田圭太が監督。

監督自身が新たに書き下ろした脚本で、朗読劇とは違う視点で描きます。「死は」この世での命がいったん終わることで、すべてが終わるわけではない。人がこの世に生を受けたとき、未知の未来に対しての祝福と愛で迎えられたように、それは新たなる世界への旅立ちの瞬間。人生でたった一度しか訪れることが出来ないレストラン。

***********************************






小松菜奈が着物姿で本格アクション!映画『サムライマラソン』


映画情報どっとこむ ralph 日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2月22日(金)に全国公開となります。

今回解禁された映像は、雪姫が小川のほとりで休んでいるシーンからスタート。
しかし、ほっとしたのもつかの間、笠を目深に被ったいかにも怪しい盗賊の男が現れる。

一気に不穏な空気が流れる中、盗賊が持っていた杖で雪姫に襲い掛かり、お腹に突きを食らってあわや危機一髪!というところで、杖を利用して逆に相手の手首をひねる雪姫。逆上した盗賊が刀を抜くが、雪姫も小刀で応戦!相手が振りかぶった刀を受け止めると、流麗な動きで引き倒し、喉元に切っ先を突きつける。これまで演じてきた『坂道のアポロン』『恋は雨上がりのように』などでのさわやかなヒロイン役とは異なり、本作では本格アクションに挑戦。堂々のアクションを見せると同時に、気迫あふれる演技で彼女の新たな一面を見ることが出来る必見のシーンになっている!

映画情報どっとこむ ralph 本作で小松が演じる雪姫は、美しいだけでなく強さも兼ね備えたキャラクター。安中藩主・板倉勝明(長谷川博己)の娘にして、江戸や西洋で絵画を学ぶために行動する、強い信念を持つヒロインだ。
原作『幕末まらそん侍』にはわずかにしか登場しないが、日本はもちろん海外でも評価される“侍映画”を作るというコンセプトの下で作られた本作において、メインキャラクターに女性を入れることは不可欠。そのため、バーナード・ローズ監督が自ら雪姫を掘り下げるストーリーを創作し、時代劇に現代のヒロイン像をマッチさせ、より重要なキャラクターとして完成させた。

雪姫のキャスティングにあたっては、3つの要素を同時に満たしていることが必要とされた。

①男装した姿が男性に見えること、
②藩主である父親に反抗するという強い自立心を表現できること、
③美しい姫としての説得力があること、
これら全てを考慮した結果、小松菜奈が選ばれた。モデルとしてだけでなく女優として、強さと美しさを兼ね備えた現代のヒロインとしての姿、そしてアクションという彼女の新たな面も見ることが出来る本作を、ぜひ大きなスクリーンで!

映画情報どっとこむ ralph 映画『サムライマラソン

2月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

***********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners


岡田准一『ザ・ファブル』木村了、井之脇海、加藤虎ノ介、粟島瑞丸ら大量追加キャスト発表


映画情報どっとこむ ralph 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、今、一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化、6月21日(金)に全国公開を迎える。

圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称“ファブル”。そんな彼がボスから与えられた指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」だった!さらには、<万が一、誰かを殺したらボスによって処分される>という条件付きの究極のミッションを遂行することに。長年裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋は、一般人として無事1年間過ごすことができるのか!?
主人公のファブル/佐藤アキラ役には、アクション・演技ともに定評があり、さらに今回はコミカルな演技も多く求められる役柄に挑戦する、演技派俳優・岡田准一。そのほか超豪華キャスト共演で早くも話題沸騰の本作。

今回はさらなる追加キャストとして、個性的で多彩なキャストが大集結!

実力派の若手陣から木村了、井之脇海、南出凌嘉、好井まさお。舞台出演も多い本格派から加藤虎ノ介、粟島瑞丸。名バイプレイヤーと名高いベテラン勢から光石研、モロ師岡、六角精児が出演! また、併せてオールスターキャストの劇中キャラ写真も公開!ファブルを狙う殺し屋フード(福士蒼汰)と常に行動を共にし、解禁されたビジュアルからも振り切りすぎた非情さが滲み出ているコード役に、映画・ドラマ・舞台と多方面で活躍中の木村了。海老原(安田顕)の部下であり、アキラの“ファブル”としての顔を知ることになる若手社員・黒塩(クロ)役に「義母と娘のブルース」や「午後の紅茶」CMで話題の井之脇海。ファブルの幼少期役で南出凌嘉。ファブルが一般人としてアルバイトする有限会社オクトパス社員・貝沼役に、ドラマ「火花」での好演も記憶に残る好井まさお。砂川(向井理)の部下で”ある商売”を牛耳っていた真黒カンパニー社員役に加藤虎ノ介。砂川の部下役に粟島瑞丸。ファブルのボス(佐藤浩市)から素性とミッションを聞き、大阪で面倒を見ていく真黒カンパニー会長・浜田役に名バイプレイヤーの光石研。海老原とファブルが初めて食事をともにする鉄板焼き屋「ちっち」の店長役にモロ師岡。ファブルとヨウコ(木村文乃)の近所のバー「buffalo」のマスター役に原作キャラクターとそっくりな六角精児と、原作「ザ・ファブル」の世界観とマッチする顔ぶれが集結しました!
木村了/フードの相棒・コード役
井之脇海/真黒カンパニー若手社員・黒塩(クロ)役
南出凌嘉/ファブルの幼少期役
好井まさお/有限会社オクトパスのデザイナー・貝沼エツジ役
加藤虎ノ介/真黒カンパニー社員であり、砂川の部下役
粟島瑞丸/砂川の部下役・松沢役
六角精児/ファブルとヨウコの近所のバー「buffalo」のマスター役
モロ師岡/海老原行きつけの鉄板焼き屋「ちっち」の店長役
光石研/真黒カンパニー会長・浜田役

映画情報どっとこむ ralph 今のところマル秘になっているのは原作で大人気なキャラクターである”ジャッカル富岡”とチャラ男の“河合ユウキ”。

映画にもばっちり登場していることが明らかに!“ジャッカル富岡”は、普段無表情であることが多い主人公ファブル(岡田准一)を持ち前の一発ギャグだけで唯一大爆笑させることができるという原作でも本作でも”重要な”役どころ。

チャラ男の“河合ユウキ”は、お酒が大好きなヨウコ(木村文乃)を「チャラ男あるある」を駆使し口説こうとするも逆に弄ばれバーでしっかり酔い潰されてしまう、どこか憎めないキャラクター。

今回公開となった写真ではまだその姿はシークレットとされているものの、SNSでも実写化が期待されており、誰が演じるのかと話題沸騰中!ぜひ続報にご期待ください!


映画情報どっとこむ ralph 岡田准一『ザ・ファブル

公式サイト:
http://the-fable-movie.jp/


<STORY>  
どんな相手も6秒以内に殺す――。“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************


出演:岡田准一 木村文乃 山本美月 
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 佐藤二朗 安田顕 佐藤浩市
原作:南勝久「ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン 脚本:渡辺雄介 配給:松竹
©2019「ザ・ファブル」製作委員会


蘭x仏合作 サイコロジカル・サスペンス映画『ザ・バニシング -消失-』(原題:SPOORLOOS)場面写真が解禁!


映画情報どっとこむ ralph サイコロジカル・サスペンス映画『ザ・バニシング -消失-』が、4月12日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開となります。
この度解禁となった場面写真は、ポスタービジュアルにも使用されている怪しい男レイモンの眼光に1人の女性を写すなんとも不気味な場面とトンネルでサスキアが1人佇む場面を捉えた本作を象徴するシーン。


また、レックスが失踪したサスキアを探すために街中に張った捜索ポスターを捉えた場面なども含まれる。なんとこのポスターデザインをモチーフにしたB4サイズの“サスキア捜索ポスター”が数量限定で前売り券の特典として付属することが決定。

映画情報どっとこむ ralph 2月16日(土)から公開劇場の窓口とオンラインにて発売される。ここでしか手に入らない限定ポスターはファン大喜び間違いなし!

価格は、1400円税込み。


伝説のサイコ・サスペンス
『ザ・バニシング -消失-』
原題:SPOORLOOS

は、4月12日よりシネマート新宿他全国順次公開となります。

***********************************


監督:ジョルジュ・シュルイツァー『マイセン幻影』『ダーク・ブラッド』
製作:ジョルジュ・シュルイツァー、アンヌ・ロルドン
原作:ティム・クラッベ
脚本:ジョルジュ・シュルイツァー
撮影:トニ・クーン
音楽:ヘンニ・ヴリエンテン
出演: ベルナール・ピエール・ドナデュー、ジーン・ベルヴォーツ、ヨハンナ・テア・ステーゲ、グウェン・エックハウス
1988年/オランダ=フランス合作/106分/カラー/ヨーロピアンビスタ
提供:キングレコード
配給・宣伝:アンプラグド
© 1988, Argos Film, Golden Egg, Ingrid Productions,



シム・ウンギョン × 松坂桃李 W主演映画『新聞記者』特報到着!コメントも


映画情報どっとこむ ralph 一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのか を問いかける衝撃作『新聞記者』の公開日が6月28日に決定し、合わせて特報とティザービジュアルが完成。

更に本作が初共演となるシム・ウンギョン、松坂桃李から、撮影を終えて、お互いの印象についてのコメントも到着しました!

本作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』( 17/角川新書)を“原案”に、政権がひた隠そ うとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対 峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。主演は『サニー 永遠の仲間たち』(11)『怪しい彼女』(14)など抜群 の演技力で知られる韓国の若手トップ女優 シム・ウンギョンと、昨年『娼年』『孤狼の血』(18)等話題作への出 演で賞レースを総なめにした松坂桃李。監督は、山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」の若手最注目 映像作家藤井道人。『かぞくのくに』『あゝ荒野』の河村光庸がプロデュースする、国家権力と報道メディアの関 係性を描いた、サスペンス・エンタテインメントです。

シム・ウンギョン (吉岡エリカ役) コメント
松坂さんの作品は既に何本か拝見していたので、共演できたことを本当に嬉しく思っております。 私にとって本作品は、芝居だけではなく日本語のセリフという乗り越えないといけない課題がありましたが、松坂さんの柔軟なお芝居 に頼らせて頂きながら頑張ることが出来ました。監督のディレクションを直ぐに理解して芝居できる松坂さんの瞬発力をみて、 沢山学ばせていただいた貴重な現場でした。このような機会を頂き、ありがたく思っております。

松坂桃李(杉原拓海役) コメント
やはり目力がすごい方です!パッションみたいなものが、目から伝わってくるので、そこはすごく刺激を受けました。 強く吉岡が迫ってくるところは、非常に記憶に残っています。あとはものすごくストイックで、監督と毎回ディスカッションしながら、 お芝居を組み立てているので、「すごい、僕とは全然違う」と感じました(笑)学ばなければいけないところだと思いました! 妥協のなさというか、求め続けていく姿勢には大いに刺激をもらいました。

映画情報どっとこむ ralph この度完成したティザーチラシは、両 A 面。

ひとつは、シム・ウンギョンと松坂桃李が、国会議事堂を背に並 び立ちながら、それぞれ違う方向を向く姿に「この映画を、信じられるか」という大きなコピーが被さったもの。 同調圧力が満ちる現代にあって、二人の『個』の力が大きな力に立ち向かおうとするドラマを感じさせると共に、 観る者への見識をも問いかけているようだ。
もうひとつは、スポットライトがあたる国会議事堂と、そこに向かう車の流れが印象的な夜の霞ヶ関の風景に、 「たった今、権力の闇の中へ」という超刺激的なコピーが載ったもの。

『バイス』 、 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高 機密文書』『スポットライト 世紀のスクープ』など、国家の中枢の闇に迫る話題作は数々製作されてきたが、ど れも数十年後に事件を俯瞰して製作され、これまで「今」を映し出すのは、ドキュメンタリーであって、フィク ションではほとんど描かれてこなかった。

本作は、まだ世間の記憶に新しい出来事を題材に、まさに「たった今」 の世の中を描くことで、今ならまだ間に合うかもしれないという可能性をも提示している。

合わせて解禁された特報には、不穏な音楽を背景に、シム・ウンギョン演じる新聞記者の力強い眼差しと涙、 松坂桃李演じる官僚の苦悩、葛藤や怒りといった繊細な表情が次々と映し出される。それぞれがどう自分の正義 を貫こうとするのか。短いながらも、全編に緊張感が満ち溢れ、骨太なとんでもない傑作サスペンスの誕生を予感させる。 フェイクニュースが社会を揺さぶり、報道の価値が厳しく問われる平成から新年号に変わるメディアの激動期。


映画情報どっとこむ ralph 「たった今。」リアルに人びとに襲いかかる、さまざまな社会問題にダイレクトにリンクする、今までの日本映画 になかった全く新しい社会派エンタテインメントが間もなく誕生する。

衝撃作『新聞記者』

6月2 8 日 ( 金 ) 全国公開!


***********************************

キャスト:
シム・ウンギョン 松坂桃李
監督:藤井道人『デイアンドナイト』
企画・製作:河村光庸『あゝ、荒野』『かぞくのくに』
製作幹事:VAP
制作:スターサンズ
配給:スターサンズ/イオンエンターテイメント
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ