「か行」カテゴリーアーカイブ

怪談に取り憑かれる・・・『劇場版 稲川怪談 かたりべ』


稲川淳二 × 清水 崇 × 大畑 創

『劇場版 稲川怪談 かたりべ』

タレントとしての活躍の一方、現代における怪談の“語部”として絶大な人気を誇る稲川淳二。

劇場版-稲川怪談-かたりべ
自身のツイッターでのフォロワーは23万人を数え、毎年夏に行っている
ライブ公演「怪談ツアー」は通算22年目、通算公演回数は540公演、観客動員数は約44万人にも達し、公演で語られた“怪談”は406話にもなります。

その稲川淳二の怪談を映像化する撮影中にとんでもない事が起こり、撮影現場の一部始終を撮ったメイキングには驚愕の映像が映し出されていた…という、お蔵入りになったはずの映像を映画化・・・・・・

物語は。。
2013年4月末日、パチンコ用映像の撮影現場。
そのパチンコ台には、稲川淳二が語る怪談の再現ドラマが数本搭載されるのだ。

しかし、その内の1本の撮影現場で本来起こるはずのない怪奇現象がスタッフ、出演者の身に次々と襲いかかる――

意志を持ち、稲川に牙をむく「怪談」の正体とは?
そして、自らの命の危険を賭して、対峙する稲川の運命は・・・・!?

そして、本作の予告編が完成いたしました。


『劇場版 稲川怪談 かたりべ』

9月20日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

公式サイト:http://inagawa-kaidan.jp/

********************************************************************


『劇場版 稲川怪談 かたりべ』

主演:稲川淳二
出演:妄想キャリブレーション(胡桃沢まひる・神堂未祐奈・桜野羽咲・双葉 苗・星野にぁ)、
関口崇則、森本のぶ、須田浩章、尾本貴史、三輪江一

監督・発掘:大畑 創
プロデューサー:清水 崇
主題歌:「Stand ~ここにいるよ~」宇宙は11次元で出来ている(でんぱ組.inc×妄想キャリブレーション)
共同配給:ローソンHMVエンタテイメント・松竹メディア事業部

(C)2014 劇場版稲川怪談かたりべ製作委員会


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ワールドプレミアLA報告


9月13日(土)公開となります宇宙が舞台の壮大なるアクション・アドベンチャー

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

描かれるのは、神秘の宝“オーブ”を巡る宇宙存亡を懸けた戦いに巻き込まれた宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイルと宇宙最凶の仲間達の冒険。

今、型破りなヒーロー達が、宇宙で旋風を巻き起こす!

全世界注目の中、現地時間7月21日(月)、アカデミー賞の授賞式が行われることでも有名な、客席数3400のロサンゼルスのコダック・シアターにて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のワールドプレミアが大々的に開催されました。

『GOG』ワールドプレミア
豪華絢爛のプレミアには、型破りな本作に相応しい、各界のNo.1達が集結!登場したのは、命知らずなトレジャー・ハンター“ピーター・クイル”役を演じる今ハリウッドで最も注目されている新星クリス・プラット。

キュートなルックスとは裏腹の宇宙最凶のアライグマ“ロケット”の声優を演じ、『世界にひとつのプレイブック』でオスカー候補にもなり、11年にはピープル誌において史上最もセクシーな男にも選ばれたブラッドリー・クーパー。

ロケットの相棒で、心優しき樹木型ヒューマノイド“グルート”の声優を演じ、“ワイルド・スピード”シリーズで神がかり的なドライブテクニックを披露しているハリウッドきってのNo.1ドライバー、ヴィン・ディーゼル。

宇宙最強の暗殺者“ガモーラ”役で、史上最もヒットした作品『アバター』や、金字塔『スター・トレック』など、SF作品には欠かせない存在となったゾーイ・サルダナ。

そして破壊王“ドラックス・ザ・デストロイヤー”役で、WWE最強の怪力プロレスラー、デイヴ・バウティスタ

など、最凶且つ最も型破りなヒーローがハリウッド大通りを通行止めにして設営された巨大なレッド・カーペットに次々に現れると、集まったファンたちのボルテージは一気に上昇し、割れんばかりの拍手と声援で会場の盛り上がりは最高潮に達しました。

特にヴィン・ディーゼルは、本作への出演が、彼の代表作ともいえる“ワイルド・スピード”シリーズで共演し、昨年交通事故で亡くなったポール・ウォーカーの死に対して癒しを与える特別な体験だったと胸の内を告白。「グルートのキャラクターは自然というものを代表していて、命を祝福しているんだ。この映画は彼が亡くなって初めての映画で、この役を演じることでとても心が癒されたんだよ」とこの映画がポール・ウォーカーに対する哀悼の意を表したものであったことを明かしました。

レッド・カーペットには公開を待ちわびるファン2000人が朝早くから列をなし、中には思い思いのガーディアンズのコスプレを楽しむ熱いファンの姿もみられ、本作の人気の高さが伺えました。また、この日の盛大なプレミアを取材する為に世界中から集結したのは、TVカメラ43台、スチールカメラ82台ものマスコミ。ハリウッド大通りに敷き詰められたレッド・カーペットは200mにも及び、会場はイベントスタートを今や遅しと待ちわびるファンとマスコミの熱気に包まれ、映画史上最も型破りなヒーロー達が集う本作に相応しい盛大なプレミアとなりました!

ワールドプレミアに登場した主なキャストコメント

クリス・プラット:
この映画は、コメディ、ドラマ、アクションと全ての要素が盛り込まれた作品になっています。そういった意味では今までになかった映画だと思います。映画の撮影は大変なこともありましたが、他のキャストとはとても仲良くなりましたし、家族のように近い存在になりました。小さいころから、ヒーローとしてアライグマや木のキャラクターといっしょに戦うことは夢だったんです(笑)。でももしそんな夢が実現すると分かっていたら、頭がおかしくなっていたかもね!

ブラッドリー・クーパー:
この映画ではクリス・プラットやゾーイ・サルダナなど優れた俳優のリアクションに合わせてアフレコをした。(アライグマの)ロケットはカッコいいキャラだね。彼の持つ声やエネルギー、態度を正確に実現するために努力したんだ。みんなに気に入ってもらえるといいな。グルートとは最高のコンビだし、その関係も素晴らしいよね。アライグマにしては、僕はタフな外見だけど、ロケットは実際に強いのさ。僕だったら、ロケットが怖くて、変なことはしないだろうね。

ヴィン・ディーゼル:
(たった一種類のセリフである「私はグルート」を)1000回以上は言ったね。グルートというキャラクターはこのセリフを繰り返し口にするだけなのだけれど、その一言に表現したい言葉や思いを持っているんだ。録音スタジオに入った時に、50ページくらいの台本が用意されていたんだ。左側には「私はグルート」とだけ書いてあり、右側にはどういった思いで言っているかという説明文が記載されていたんだ。スタジオで一週間過ごしたけど、限られたセリフのなかで、声やそのニュアンスだけで、隠された思いや感情を表現することは新たなチャレンジだったね。

僕は、(ポール・ウォーカーの死を)嘆き悲しむ過程にいたんだ。僕にとってとても大事な人を亡くしたからね。死と取り組んでいる真っ最中に、命を祝福する。考えてみれば、このキャラクターは、自然というものを代表しているんだ。自然というのは、何よりも命を祝福するものだからね。誰かを失ったり、死というものに向き合っている人なら誰もが、生きているものは何でもなんと素晴らしいんだろうと思うものだ。それがたとえ、誰もが見落としてしまう「木」であってもね。そこにはどこかスペシャルなところがある。


ゾーイ・サルダナ:
映画のキャラクターとして強い女性が望まれているのは、多くの人の望みだと思います。そして強い女性の存在はセクシーでもあります。今回のキャラクターも、犯罪ととなり合わせの状況にいながら、そこから抜け出すために誰かを頼ったりはしません。彼女は自立した女性の象徴だと思うのです。(SF映画の女優として有名であることに関して)なぜ皆がそう言うのか、その理由は分かりません。もちろんSF映画にはいくつか出演しましたけど、それだけのことですよ。


デイヴ・バウティスタ:
この映画の一番素晴らしい点は様々な要素を持つキャラクターが登場することです。それぞれ問題があり、短所もありますが、どんな人にも共感できるものを持っていると思います。撮影ではチームとしての相性も良く、同じゴールを持って、共に取り組みました。仕事をしているというよりは毎日楽しい時間を持つという感じでした。

ドラッグス役のメイクには4時間も費やしました。でも音楽をかけながら、チームのみんなと笑って話したりと、楽しく過ごしたのであっという間に過ぎてしまいました。


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

は、9月13日(土) 2D・3Dロードショーです!
公式サイト:Marvel-japan.jp/GOG/

********************************************************************

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

【ストーリー】

子供の頃に地球から誘拐された、宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイル。ある日、彼は巨万の富を夢見て、無限の力を持つパワーストーン<オーブ>を盗み出す。だが、オーブを狙う“闇の存在”から命を狙われ、セクシーな暗殺者、復讐に生きる破壊王、さらに凶暴なアライグマ&歩く植物という、史上最もヒーローらしくない仲間たちと“宇宙最凶チーム”を結成。銀河存亡を懸けた無謀すぎる戦いと、ありえない冒険に挑む!
原題:Guardians of Galaxy 全米公開:2014年8月1日

【監督】ジェームズ・ガン
【製作】ケビン・ファイギ
【出演】クリス・プラット/ブラッドリー・クーパー/ヴィン・ディーゼル/ゾーイ・サルダナ/デイブ・バチスタ/ベニチオ・デル・トロ
【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ
(c)2014 Marvel. All Rights Reserved.


『渇き。』10代の俳優集まる梅雨払いの舞台挨拶


「過激すぎてヤバイ!」日本映画

『渇き。』

15日。ヒロイン小松菜奈さんを筆頭に、10代の俳優が一同に集まった、大ヒット舞台挨拶がおこなわれました。

新人にして今までにない女優の登場と評価を得ている、小松菜奈、先日15歳になったばかりの期待の新人、清水尋也、セブンティーンのモデルとしても大人気の森川葵、そして、「仮面ライダー」などで子供からママ層にまで高い支持を得ている高杉真宙。彼ら10代の出演者たちが思った本作への思い、そしてこの季節にピッタリの浴衣で全員が登場する、必見の舞台挨拶となりました。

『渇き。』 梅雨払いの舞台挨拶
日時:7月15日(火) 18:30~
場所:TOHOシネマズ日本橋 スクリーン6
出席者:小松菜奈/清水尋也/高杉真宙/森川葵/(二階堂ふみ 電話で挨拶参加)
『渇き。』梅雨払いの舞台挨拶sub
MC:ご挨拶
小松さん:今日はお越し頂きありがとうございます。藤島加奈子役の小松菜奈です。宜しくお願いします。
清水さん:ボク役の清水尋也です。今日はみなさん楽しんで行ってください。宜しくお願いします。
森川さん:長野役の森川葵です。まさか「渇き。」の舞台挨拶に立てると思っていなかったので、とても嬉しいです。今日は楽しんで行ってください。
高杉さん:高杉真宙です。今日は短い間ですが宜しくお願いします。

MC:浴衣を着ていかがですか?
小松さん:撮影では沢山着たんですけど、プライベートでは中学生の時の夏祭りに行ったときに以来です。その時ルンルン気分で行ったら土砂降りの雨で、ビショビショになってしまって、そのまま花火を観ました。
清水さん:小学校入ってから着ていなくて、9年ぶりぐらいに着たんですけど、今日が浴衣の思い出になったかと思います。
森川さん:最近、和の小物にハマっていて、浴衣も買ったんですけど、お祭りに行く予定が無くて「今年きれるのかな?」って思っていたら今日着れたので、「そっちは着なくていいかな?」と思っています。
高杉さん:普段着ることが無いんですけど、夏祭りと言ったら熊本の花火大会でスカウトをされたので、それが思い出です。それ以来夏祭り行っていないかもしれません。(清水さんに向かって)今度行こう!でもなんか照れますね(笑)。
清水さん:ガチじゃん!本気で照れてるじゃん!(会場笑)

MC:同世代の共演者の方と並ぶのは本日が初ですね。久しぶりにお会いになられてどうですか?小松さんと同年代の方が来ていることについては?
小松さん:地方の舞台挨拶にも一人で行って、10回ぐらい舞台挨拶したんですけど、今日は同世代の方たちが一緒に居て新鮮で、凄く嬉しいです。
森川さん:ずっと小松菜奈が一人で頑張っている姿を見ていたので「あぁ~頑張ってんな~」と思っていたら自分も立つことになったので、「よし!小松と頑張ってやるか!」という思いで今日は来ました。

MC:清水さんはこの中で一番小松さんとの撮影時間が長かったとの事で、撮影の合間何を話されていたんですか?
清水さん:正直、まったく覚えていません。しょうもない事を話していたんだなという感じです。喋っていないとダメなんです。楽しいことが好きなので。

MC:良く話しかけられていた清水さんに対して、小松さんは思っていたことがあるそうですが?
小松さん:凄く喋るので、たまに「ちょっとうるさいな」という時も正直あって(会場爆笑)、でも清水君の明るさで現場には毎日楽しく行くことが出来ました。

MC:森川さんからみて加奈子ってどういう子だと思いますか?また、その引き込まれていく演じられた長野の気持ちってどう思われますか?
森川さん: 私は小松菜奈に惹かれるっていうか、小松菜奈が持っているモノ全部凄いなって思います。加奈子と小松菜奈が被って、演じた長野が惹かれているのか、自分が惹かれているのか解らないまま演じました。

MC:小松さんと森川さんは共に雑誌のモデルもやられていて仲も良いそうですが、本作を見てのお互いの感想は?
小松さん:プライベートでも仲良くしていて、演技でお仕事をするの初めてだったので、「恥ずかしいねー」って話をしました。でも、撮影に入ると薬中っぽさが出ていて、魅力的だなと思いました。

MC:高杉さんは大人気テレビ番組「仮面ライダー鎧武(ガイム)」に仮面ライダー龍玄(リュウゲン)としてご出演されていますが、本作では悪役としてご出演されており、正義と悪を演じ分けるのって難しかったのではないでしょうか?また役作りでの思い出があればお願いします。
高杉さん:普段できないことが出来るというのが楽しいです。(ピアスなども実際に空けたの?)いえ、特殊メイクです。

MC:二階堂ふみさんとお電話が繋がっています。皆さんでお話しましょう。
二階堂さん:こんばんは二階堂です。熱いですねー(会場笑)。私も菜奈ちゃんの浴衣姿を拝みたかったな~と思っております。皆さん楽しんで行ってくださーい。

MC:二階堂さんの本作の感想は?
二階堂さん:個性的な人ばかりなので、凄いなーと思いながら観ました。現場はハードでしたが、割とカットされているシーンもあったので、監督にその点の話を聞いてみたいです!(会場爆笑)

MC:二階堂さんから、これからご覧になる皆さんへメッセージをお願いします。
二階堂さん:この映画に関しては、覚悟のいる作品だと思いますが、一つのエンターテイメントとして、この映画をきっかけにまた劇場へ足を運んでくれたら嬉しいと思います。ありがとうございました。

MC:皆さんの周りの反応は?
小松さん:友達も観に行ったんですけど、凄すぎてポップコーンと飲み物が食べれないし、飲めないって言ってました。私も初めて観たとき、しばらく立つことが出来ませんでした。
清水さん:つい最近15歳になった友達が観てくれて、「15歳早々、大丈夫!?」(会場笑)と思いました。結構重い内容なので。でも有り難いです。
森川さん:「夏になったら観に行くね」という連絡しか貰ってないです(会場笑)。早く観てもらうように急かします。
高杉さん:普段の僕と全く違うので、「真宙どこにいた?」というのが結構多くありました。僕を是非探してみてください。

MC:最後の挨拶
小松さん:良いも悪いも、沢山色々な意見があると思いますが、今日は何も考えず楽しんで行ってほしいです。ありがとうございました。
清水さん:この映画は普通の日本映画では見られないような、人間の残酷な部分や生々しい部分がリアルに表現されているし、血の描写も多いですが面白い作品になっているので、皆さん楽しんで帰ってください。今日はありがとうございました。
森川さん:私はこの映画を観たときに、終わってスッキリ爽快だと思ったので真逆の意見の方もいると思いますけど、私と同じように思う方もいると思いますが、もっと沢山の人に観て頂けたらなと、今日は楽しんで行っていただけたらなと思います。今日はありがとうございました。
高杉さん:僕もまだ1回しか観れてないですが、その時は観るだけでしたけど、次観るときはキャラクター達の事も考えながら観たいなと思います。目をそらさず、真っ直ぐキャラクターの生き様を観てほしいなと思います。今日はありがとうございました。

『渇き。』梅雨払いの舞台挨拶
『渇き。』

TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国大ヒット公開中!
公式サイト: http://kawaki.gaga.ne.jp

********************************************************************


ストーリー
元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる「知らない加奈子像」に戸惑う藤島。

想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。

やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる―。

出演:
役所広司
小松菜奈
妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー/中谷美紀
監督:中島哲也
脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子
原作:深町秋生 「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画:ギャガ/リクリ 製作:ギャガ/リクリ/GyaO!/TSUTAYA
制作プロダクション:リクリ
配給:ギャガ
(C)2014「渇き。」製作委員会/R15+


メタボdeダンス!ニック・フロスト「カムバック!」予告編解禁


ニック・フロスト最新作「カムバック!」の予告編が解禁です!

『宇宙人ポール』、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』の製作陣が新たに仕掛ける、熱血ダンスコメディ!

『カムバック!』

は、10月25日(土)シネクイント他全国順次公開です!

解禁された予告編はこちら



いかがですか?

さえないメタボなおっさんが、美しく賢い上司を振り向かせるために、サルサに情熱を注ぎ、切り切れのダンスを!

リアルメタボのニックが7カ月間、毎日7時間特訓したそうです。

本作、ニック・フロストが製作総指揮・原案・主演の3役をこなしています。

監督はジェームス・グリフィス。コメディ集団を追ったショートムービー「 The One And Only Herb McGwyer Plays Wallis Island 」で英国アカデミー賞にノミネートされた新進気鋭の監督です。

実は本作は彼が3年間温めていた企画であり、およそ6ヶ月に及ぶ訓練をした彼のダンスシーンは必見。_CUB4681-Edit
“相棒”サイモン・ペグもカメオ出演する嬉しいサプライズもあり、長年のチームワークを如何なく発揮した、チーム初の“ダンスコメディ”が実現しました!

********************************************************************


『カムバック!』

STORY
少年・ブルースは妹のサムと共に、数々の賞を総ナメにしていた天才サルサダンサー。しかし、いじめられ選手権に出場できなかったことがきっかけで、それっきりサルサダンスを封印してしまう。

カムバック!_ポスター――それから25年後、ブルース(ニック・フロスト)は会社員として平凡な日々を送っていた。

ある日、アメリカから新しく女ボス・ジュリア(ラシダ・ジョーンズ)が赴任してくる。美人でユーモアもある彼女にブルースと同僚のドリュー(クリス・オダウド)はたちまち夢中になるが、ブルースにプレッシャーを与えてくるドリューに気後れし、彼はただ彼女を見つめるだけ。しかしある時、パブで偶然彼女を見かける。声をかけようと追いかけるブルース。彼女が入ったあるスタジオの扉をあけると、そこにはサルサダンスを踊る彼女の姿が…!
 
彼女は“サルサダンサー”だったのだ!

25年振りのトラウマと興奮が押し寄せるブルース。

彼女はもしかして、僕の本当の姿を分かってくれる運命の人かもしれない!

彼女を振り向かせるため、ブルースは25年振りに、サルサダンスの扉をたたく――!

製作総指揮:
ニック・フロスト(『ワールズ・エンド』)
テッサ・ロス(『スラムドッグ・ミリオネア』、『それでも夜は明ける』)
製作:
ニラ・パーク(『ホット・ファズ』、『宇宙人ポール』)
ジェームズ・ビドル(『ワールズ・エンド』)

監督:ジェームス・グリフィス 
脚本:ジョン・ブラウン 
原案:ニック・フロスト
キャスト:
ニック・フロスト、ラシダ・ジョーンズ(『セレステ∞ジェシー』)、クリス・オダウド(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』)、イアン・マクシェーン(『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』)、ロリー・キニア(『007 スカイフォール』)
2014/イギリス/98分/原題「Cuban Fury」/カラー/シネマスコープ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、シンカ
© STUDIOCANAL LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE /CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2013.All Rights Reserved.


GUNS N’ROSES 最新ライブ1週間限定公開!


GUNS N’ ROSESが2014年6月14日にラスベガスにて行った最新ライブ「APPETITE FOR DEMOCRACY」のコンサートフィルム

「APPETITE FOR DEMOCRACY 3D:LIVE AT THE HARD CASINO LAS VEGAS」

の日本公開が決定です!
7月12日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7で大迫力のライブ映像を3Dと5.1サラウンドにて1週間限定上映です。

GUNS_N_ROSES
まるでライブ会場のプレミア席にいるような臨場感を劇場で是非!

公式HP:http://t-joy.net/guns/index.html

********************************************************************

<概要>
Appetite For Democracy 3D はガンズ・アンド・ローゼズの1992年Use Your Illusionコンサートビデオのリリース以来のオフィシャルコンサートフィルム。

GNRおなじみの曲を披露。1987年のデビューアルバム、Appetite For Destructionから“Welcome To The Jungle,” “Sweet Child O’ Mine,”“Mr. Brownstone,”“Paradise City,”“Nighttrain,”“It’s So Easy”and“Rocket Queen”や、1988年のヒットチャート2位にランクインしたアルバムLiesから“Patience”“Used To Love Her”、 1991年に発表したUse Your Illusion I とThe Billboard 200で1位にランクインしたUse Your Illusion I Iから“November Rain,” “Don’t Cry,” “Civil War” “Estranged”、そして近年のヒットアルバム2008年の Chinese Democracyからは“This I Love,” “Street of Dreams”とアルバムのリード曲を披露。

さらにAppetite For Democracy 3Dではポール・マッカートニーの“Live and Let Die” やボブ・ディランの “Knockin’ On Heaven’s Door” 、 ピンク・フロイドの “Another Brick In The Wall Pt. 2.”を披露。