「か行」カテゴリーアーカイブ

ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリスト 渾身を観賞!!


ミス・ユニバース・ジャパンは、2013年度のファイナリスト43名を対象とする育成プログラムを、本日1月18日(金)より 本格始動。

そして、日本特有の文化や家族、地域の人々との絆など、日本の心を学ぶプログラムとして映画「渾身 KON-SHIN」 を観賞し、日本大会への意気込みや地元への想いを“書初め”に込めました。

映画「渾身 KON-SHIN」を観賞後、

山口県代表の池田遥夏さんは「勝負は、ただ勝てばいいのではない。相手を気遣う 度量の大きさが必要だと、映画を通し、日本の心を感じられました」。

富山県代表の平野里奈さんは、「日本らしい文化や しきたりに触れ、清らかな気持ちになりました。古典相撲を通し、家族愛、地域の方々の温かさに感動し、私も地元の方々 に感謝したいと思います」

と、感想を述べています。

また、それぞれが自分の境遇と重ね合わせ、熱い想いを文字に込め、 真剣に筆を走らせました。腕前は写真を見てみて。

今後43名のファイナリストは、育成プログラムの一環としてトレーニング、チャリティー活動、プロモーション活動を行い、 2月中旬から2週間にかけて実施されるトレーニング合宿「ビューティーキャンプ」を経て、2013年3月4日に東京国際 フォーラム・ホールAで開催される「2013 ミス・ユニバース日本大会」に参加し、日本代表を目指します。

皆さんが観た 映画「渾身 KON-SHIN」とは

20年に一度開催される隠岐諸島の伝統行事・古典大相撲を通して、家族や地域の人々の“思いやり”や“絆”を描いた感動作。監督は「白い船」「うん、何?」など島根県を舞台にした作品で知られる錦織良成。

主演は伊藤歩、青柳翔(劇団EXILE)。

2013年1月12日より全国公開されてます。
公式ホームページ http://kon-shin.jp/


********************************************************************


みんな、誰かの初恋だった『建築学概論』公開決定


『建築学概論』2013年初夏ロードショー決定
© 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
みんな、誰かの初恋だった。

韓国で社会現象となる“初恋ブーム”を巻き起こした「建築学概論」の日本公開決定&特報が完成致しましたのでご紹介!



映画「建築学概論」は、大学の初恋の相手だった女性が15年後に突然現れ、建築士の自分に家を建ててほしいと頼むことから始まる物語。

過去と現在を行き来しながら、現在の家を建てる過程と初恋の思い出を回想する構成となっており、現在の主人公ソヨンとスンミンをハン・ガインとオム・テウンが、20歳のころのふたりをK-POPグループ“Miss A”のスジと俳優イ・ジェフンが演じます。

この映画は恋愛ものなのですが、男性たちが“泣ける”と熱狂。

爆発的クチコミと驚異的なリピート率で410万人を動員し、韓国のこれまでの「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えました。

そして、本作で抜擢された新人たちも大ブレイク。
若き日のソヨンを演じたスジは“国民の初恋”と呼ばれ、第二のチョン・ジヒョンと目され、2012百想芸術大賞新人女優賞を受賞。(スジさんはTVで放映されていた「ビッグ」の自由奔放な役の女優さんですね。)

また若き日のスンミンを演じたイ・ジェフンはプサン映画祭の閉幕式MCに抜擢され、スンミンの親友を演じたチョ・ジョンソクは2012青龍映画賞新人男優賞を受賞しました。

それから..
本作で撮影に使われたチェジュ島のソヨンの家は、撮影後一度取り壊されましたが、2013年3月に再建築され、ファンたちが集えるように『カフェソヨンの家』として開放される準備が行われています!

映画振興委員会主催’2012年韓国映画観客1億人突破記念イベント “で、1000万人動員した「泥棒たち」「王になった男」を押さえ『もう一度見たい映画NO1』に本作が選出され、また2012年流行語大賞では映画部門で唯一本作のナプトゥギの口癖「どうする、お前」が江南スタイルなどと一緒に選出され、さらなる“建築学概論”旋風をおこしているそうです。

で、まとめてみると

初恋現象その1:
公開されるやいなや爆発的口コミと驚異的なリピート率で「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えた!

初恋現象その2:
映画振興委員会主催イベントで『もう一度見たい映画NO1』にイ・ビョンホン主演「王になった男」(日本公開2013年2月)などの数々のヒット作を抑え、本作が選ばれた!

初恋現象その3:
本作で人気グループ“MIss A”スジは“国民の初恋”と呼ばれ、大ブレイク!

初恋現象その4:
流行語大賞では本作のセリフ「どうする、お前」がノミネート!

初恋現象その5:
本作の撮影に使われたソヨンの家が、ファンの熱い声によって、撮影後取り壊されたものが再建築される!

そして、色々な賞のノミネート&受賞の数々。
2012青龍映画賞7部門ノミネート/
脚本・撮影・照明・美術・音楽・新人男優受賞(チョ・ジョンソク)・新人女優
2012大鐘賞4部門ノミネート/監督・助演男優・新人男優・新人女優
2012百想芸術大賞4部門ノミネート/新人男優・新人女優受賞(スジ)・男性人気・女性人気
2012韓国映画評論家協会賞 音楽賞受賞

公開は2013年初夏。
新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!

待ち遠しいですね。

********************************************************************

『建築学概論』

【STORY】
建築家スンミン(オム・テウン)の前に、15年ぶりに家を建ててほしいと現れた謎めいた美女ソヨン(ハン・ガイン)。彼女はスンミンの大学時代の忘れられない初恋の相手だった。ソヨンの難しい要望を聞きながら、スンミンは彼女の実家であるチェジュ島の家を完成させていく。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そしてよみがえる不器用に失ってしまった愛の記憶と、新たに生まれてくる暖かな感情。しかしスンミンには婚約者がいた。やがて、ふたりのつくる家が完成するとき?。

【STAFF】監督:イ・ヨンジュ 『殺人の追憶』(03)ポン・ジュノ監督のもとで演出部として参加。
『不信地獄』(09)で監督・脚本デビュー、本作は監督2作目。
監督自身が建築学科出身である。
【CAST】
オム・テウン 「シルミド」「魔王(TV)」
ハン・ガイン 「マルチュク青春通り」「太陽を抱く月(TV)」「赤と黒(TV)」
スジ 「ドリームハイ(TV)」「ビッグ(TV)」本作で2012百想芸術大賞新人女優受賞
イ・ジェフン 「高地戦」「ファッション王(TV)」2011大鐘賞&青龍映画賞&映評賞の新人賞受賞
チョ・ジョンソク 「キング(TV)」 本作で2012青龍映画賞新人男優受賞

(韓国/2012年/117分/カラー/韓国語/原題:建築学概論/2012.3.22韓国公開)
提供:ショウゲート/アット エンタテインメント
公式サイト:www.kenchikumovie.com
公式ツイッター:@kenchikumovie
公式FACEBOOK:kenchikumovie
© 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
2013年初夏、新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!


『凶悪』白石和彌監督で映画化



「凶悪」。


若松プロダクション出身監督 長編映画デビュー!
ノンフィクションベストセラー小説禁断の映画化!!

日本社会に巣くう闇にメスを入れる。
衝撃の社会派サスペンスエンターテイメント制作の始動です。

ワイドショーで連日報道される凶悪犯罪の数々。その背景には日本が抱える社会問題が存在している。その状況下において引き起こされた、実在の凶悪殺人事件をベースにした衝撃作が誕生する――。その名は、『凶悪』。
『凶悪 -ある死刑囚の告発-』
(新潮文庫刊)


本作の題材となる事件とは、ある死刑囚が獄中から告発した殺人事件の真相を、ひとりの雑誌記者が暴き、ペンの力で警察をも動かし首謀者逮捕に至らせたというもの。

まるで犯罪小説のようなセンセーショナルな内容に各メディアは大々的に報道し、日本中を震撼させた。

この一連の物語をドキュメントとした原作 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)は、2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録しました。
Amazon 凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

そして、このたび映画化が決定。
そのメガホンを取るのは、反体制的視点から日本社会にメスを入れ続けた唯一無二の映画監督、若松孝二の弟子であり、若松プロダクション出身の映画監督、白石和彌(シライシ・カズヤ)監督。

実在の凶悪殺人事件の真相を描くとともに、内在する日本の社会問題をもあぶり出します。

若松プロダクション出身の映画監督
白石和彌(シライシ・カズヤ)監督
ここで白石監督 コメントをご紹介。

『実際の事件を映画化することに強い責任を感じています。凶悪な男たちが問答無用に犯していく凄惨な事件と、その真相に迫っていく記者の執念は、人間の深い業を映し出すはずです。この事件の根底には高齢者問題や長引く不況、家族の絆の喪失など、現代の社会が抱える様々な問題が内在しています。決して一過性の事件ではなく、起こるべくして起こった事件を、社会と人間をしっかりと見つめながら真摯に映画にしていきます。師である若松孝二監督は常々「映画を武器にして戦う」と言っていました。私も師の意志を受け継ぎ、自分の思いを映画にして訴え、戦っていければと思っています』

震撼!驚愕!衝撃の社会派サスペンスエンターテイメント、

映画『凶悪』の完成は2013年春。

公開は同年秋を予定しています。

********************************************************************


白石和彌監督 プロフィール

1974年北海道生まれ。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に参加。以後、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として活動。若松孝二監督『明日なき街角』(’97)、『完全なる飼育 赤い殺意』(’04)、『17歳の風景 少年は何を見たのか』(’05) などの作品へ助・ト督として参加する一方、行定勲、犬童一心監督などの作品にも参加。初の長編映画監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(’10)をへて、本作『凶悪』で本格デビューを果たす。


原作 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊) とは

「記者にもたらされた告発。それは警察も知らない極悪殺人事件だった。」新潮45編集部記者が白日の元にさらした、凶悪事件の真相から首謀者逮捕までを描いた白熱の犯罪ドキュメント。2007年に単行本化。大反響を受け2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録。また、昨年12月「ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリーバボー」(CX)にて本作の特集が組まれ、大きな話題を呼ぶ。


『凶悪』映画紹介
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自らが犯した事件には、他にも数々の余罪事件が存在している。さらに、”先生”と呼ばれる一連の事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?罠なのか?”先生”とは何者なのか?事件にとりつかれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?そこには、身も凍る真実が潜んでいた。


『凶悪』
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
完成:2013春予定
配給・宣伝:日活
(C)2013 「凶悪」製作委員会


明日からクイーン ライブ映画公開


フレディ・マーキュリーがこの世を去って21年……
日本公開は明日11月24日(土)
明日がフレディの命日11月24日。

この日にフレディ最後のツアー

「クイーン ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト’86」
「Hungarian Rhapsody: Queen Live In Budapest ’86」

が、日本でも公開されます。

今なお多くのファンに愛され、輝き続ける伝説のロックバンド“クイーン”。

フレディの最後のツアー映像が映画館上映用にデジタルリマスターされ、今回、ソニー“Livespire”が配給するこの作品は、クイーン(Queen)が1986年にヨーロッパで100万人以上を動員したライブツアー“マジック・ツアー(Magic Tour)”の一部として、ハンガリー・ブダペストのネップスタジアムで行ったコンサートを収録した映像を、今年2012年、劇場上映のためにデジタルリマスターしたものです。

試写したんですけど、凄く良いですよ。
ファン必見です。


さらに、今回の映画館上映では、リマスター版ライブ映像の上映前に、新たに編集されたオリジナルのドキュメンタリー映像が上映されます。

このドキュメンタリー映像には、ツアー中のメンバーの日常やリハーサル風景、貴重なインタビューなど、膨大な映像資料の中から発掘された未公開シーンも含まれており、ここでしか見られない特別映像です。

フレディ・マーキュリーがこの世を去って21年……
日本公開は明日、11月24日(土)。
伝説のロックバンド・クイーンの貴重で素晴らしいライブを、ぜひお近くの劇場でご堪能ください。

詳しくは
http://livespire.jp/
過去記事:劇場版 クイーン(Queen)ライブ試写してきた
http://eigajoho.com/?p=3162





クイーン映画 上映館追加です!


クイーン ハンガリアン・ラプソディ:
ライブ・イン・ブダペスト’86
Hungarian Rhapsody: Queen Live In Budapest ’86
フレディ・マーキュリーがこの世を去って21年……。今なお多くのファンに愛され、輝き続ける伝説のロックバンド

“クイーン”。

フレディの最後のツアー映像が映画館上映用にデジタルリマスターされ、全世界のスクリーンで順次公開されています。

すでにワールド・ワイドで話題となっている本作品を、フレディの命日11月24日(土)から、日本でも公開されることは以前から何回かご紹介してきました。

あと1週間です!

僕の試写の感想はこちらからどうぞ。

各方面からの反響が大きかったようで、12月以降の追加上映が決まったそうです。

《上映劇場》
◆11月24日(土)公開
【北海道】 ユナイテッド・シネマ札幌
【山形】 MOVIE ON やまがた
【東京】 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
【東京】 TOHOシネマズ 渋谷
【東京】 シネマシティ (立川シネマシティ)
【東京】 角川シネマ新宿
【神奈川】 109シネマズ川崎
【神奈川】 横浜ブルク13
【栃木】 TOHOシネマズ 宇都宮
【埼玉】 ユナイテッド・シネマ浦和
【愛知】 109シネマズ名古屋
【愛知】 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【大阪】 TOHOシネマズ なんば
【大阪】 梅田ブルク7
【京都】 T・ジョイ京都
【兵庫】 OSシネマズミント神戸
【岡山】 TOHOシネマズ 岡南
【福岡】 TOHOシネマズ 天神

以下、追加劇場
◆12月7日(金)公開
【新潟】 ユナイテッド・シネマ 新潟
【石川】 ユナイテッド・シネマ 金沢
【愛知】 ユナイテッド・シネマ 豊橋18
【長崎】 ユナイテッド・シネマ 長崎
◆12月8日(土)公開
【宮城】 ワーナー・マイカル・シネマズ 名取
【東京】 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋
【千葉】 ワーナー・マイカル・シネマズ 市川妙典
【香川】 ワーナー・マイカル・シネマズ 綾川
◆1月12日(土)公開
【広島】 ワーナー・マイカル・シネマズ 広島

※チケットは各劇場の窓口やインターネットなどで販売されます。
※販売開始日は劇場により異なります。
※上映期間は1週から2週間を予定しておりますが、劇場の都合により変更される
場合があります。

※各日の上映開始時刻は劇場により異なります。劇場HP等で事前にご確認ください。



Livespire(ライブスパイア)ホームページ
http://www.livespire.jp/
ライブスパイアさんはODS(OtherDigitalStaff)、要は映画以外のデジタル映像制作&配給の老舗なんですよ!

********************************************************************