「か行」カテゴリーアーカイブ

橋本愛、廣木隆一監督登場!『ここは退屈迎えに来て』 バンクーバー国際映画祭ワールドプレミア


橋本愛、廣木隆一監督登場!『ここは退屈迎えに来て』 バンクーバー国際映画祭ワールドプレミア

映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開する。

この度9月27日から、カナダのバンクーバーにて開催されている北米最大の映画祭の一つ、第37回バンクーバー国際映画祭のゲートウェイ部門に本作が正式出品され、現地時間9日(火)のワールドプレミア上映に主演の橋本愛、廣木隆一監督が登壇する舞台挨拶が行われた。


『ここは退屈迎えに来て』 バンクーバー国際映画祭ワールドプレミア上映 
日時:日本時間10月10日(水)10時~ (*現地時間:10月9日(火)19時~)
場所:カナダ バンクーバー(International Village 10)
登壇:橋本愛、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ ralph 今回が2年ぶり3度目の海外映画祭への参加となった橋本は、上映前の舞台挨拶にて、堂々とした態度で流暢な英語のスピーチを披露!

さらに、上映後に行われた観客からのQ&Aコーナーでは、映画を観終わったばかりの観客から、多くの質問が寄せられ、橋本さんと廣木監督が終始笑顔で答えている姿が印象的。


観客から地方都市を舞台とした本作にちなんだ質問で、

「(橋本さんが)東京に行くことが自分の意志ではなかったとのことですが、今の東京にはどのような想いがありますか?

と聞かれると、

「今は東京のことがすごく好きで、楽しみ方も見つけられていると思います。ただ、ここが私の居場所だというふうに、腰を据えられるかというと、違うような気もしていて、世界中のどこにもここだという場所が見つからないかもしれないですが、今自分がいる環境を充実させるようにしているので、毎日楽しいです。

と東京への想いを彼女らしい文学的な表現でコメントしていた。

映画情報どっとこむ ralph また、本作で最も好きなシーンを聞かれ

廣木監督:全シーンと答えるしかないです(笑)。

と即答してごまかし、観客の笑いを誘ったのに対し、

橋本さん:監督が1番好きなシーンが気になります。

と重ね、会場に笑いが広がる場面も。
上映終了後に大きな拍手が巻き起こった後ということもあり、上映後の舞台挨拶は、終始和やかな空気の中行われ、アットホームな雰囲気で終了しました。

舞台挨拶終了後に映画祭の感想について聞かれ

橋本さん:他の映画祭と違い、日本と近いものをすごく感じました。質疑応答の時も反応を見て、見たばかりのお客さんの反応を肌で感じられたのもいい経験でした。地域を感じるというかアットホームな感じをとても受けました。

と満足気に語っていた。


映画情報どっとこむ ralph 『ここは退屈迎えに来て』


本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。主人公<私>を演じるのは、その透明感のある演技で高く評価される女優・橋本愛。

元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、体当たりの演技で注目を浴びている若手実力派女優・門脇麦。

そしてみんなのあこがれの的だった〈椎名くん〉を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じている他、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。

監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会


大泉洋主演『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』場面写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>を大泉洋さん主演で映画化した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日(金)より全国公開。


この度、 “ワガママでおしゃべりで自由”に生きるも皆に愛された鹿野(大泉洋)さんと鹿野に振り回されるボランティアの美咲(高畑充希)や田中(三浦春馬)さんとの生活を切り取った場面写真を一挙解禁いたします。

今回解禁となるのは、出会った当初はワガママな鹿野に反発していたが母親のような笑みを浮かべワガママを受け入れる美咲、
美咲と付き合っているのに、鹿野から美咲へのラブレター代筆を頼まれ固まっている田中、
などが映し出された全5点。

大泉は、鹿野さん本人が愛用していたのとそっくりの度の強い分厚いメガネの下に、わざと視力を落とすためのコンタクトレンズを装着して撮影に臨みました。

病気の進行に従いやつれていく姿は、ロケ中にも欠かさなかった食事制限と走り込みでマックス10kg減を実現。


大泉さんの渾身の役づくりは、撮影を見学にきた、かつての鹿野さんの親友に「鹿野がいると思った」と言わしめたほど。

大泉さん;「障がいがあるから」と遠慮することなく、1人で生活して、仕事もして、喧嘩もして、恋もして、どこまでも対等に人と向き合い続けた鹿野さんの人生に強烈に惹かれました!

と演じた大泉さん自身も惚れ込んだ鹿野さんは、なぜここまで愛されたのか―?
チャーミングで破天荒な人生模様は、笑わずにはいられず、観るものすべてが鹿野の虜になること間違いありません!


映画情報どっとこむ ralph こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

12月28日(金)全国公開です。

公式サイト:
bananakayo.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/bananakayomovie 


実在の人物・鹿野靖明(1959~2002)を、同じ北海道出身の大泉洋が熱演!
誰も観たことのない「生きる力」を持つ男と仲間たちの姿に、日本中が笑いと涙で包まれる。

難病である筋ジストロフィーを患って体が不自由にも関わらず、病院を飛び出し、自分で大勢のボランティアを集め、風変わりな自立生活を始めた鹿野靖明(大泉洋)。
わがままで、おしゃべりで、ずうずうしくて、ほれっぽくて…!

自由すぎる性格に振り回されながらも、そのまっすぐな生き方で皆に愛された鹿野と、彼に出会って変わっていく人々の人生を、笑いあり涙ありで描く最高の感動作が誕生しました。


**********************************

大泉洋 
高畑充希 三浦春馬 
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵 ・ 竜雷太 綾戸智恵 / 佐藤浩市 / 原田美枝子 

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美 
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
配給:松竹
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
    


キネコ国際映画祭来日ゲスト決定!クラウディオ・グビトシの来日も決定!


映画情報どっとこむ ralph 一般社団法人キンダー・フィルムは、11月22日(木)~11月26日(月)の期間にて、109シネマズ 二子玉川とiTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズを中心とした会場で、第26回目の開催となる、日本最大規模の子ども国際映画祭「26th キネコ国際映画祭」を開催します。


この度、今年のキネコ国際映画祭の来日ゲストが決定しました!

今年は、世界的スター俳優や監督など、才能豊かな人材を多数輩出してきた映画大国・イタリアにフォーカス。世界最大規模の子ども映画祭「ジッフォーニ・エクスペリエンス」の創設者であり、同映画祭のディレクターであるクラウディオ・グビトシ氏の来日が決定!

また、今年の日本作品のグランプリの行方を決める「国際特別審査員」に、ユディタ・ソウクポヴァー(チェコ)、リゼット・コテラ (メキシコ)、フロア・ファンスパンドンク(オランダ)、ダニエル・ルンドクイスト(スウェーデン)、ジン・ジョンチャン(中国 )の5名が決定。

世界の子ども映画関係者が二子玉川に集結します。


さらに、海外映画部門 コンペティション作品である『ティム・ターラー ~笑いを売った少年~』から、主役のアーベット・フリーゼ(ドイツ)の来日も決定!
キネコ国際映画祭史上、初の試みとなる「26thキネコ国際映画祭」シンポジウム<1Day プロフェッショナル カンファレンス> 「こども映画と教育」(11月24日(土)開催)でも、多くのゲストが来日致します。

映画情報どっとこむ ralph 「26th キネコ国際映画祭」開催概要
(オフィシャルHP:http://kineko.tokyo/

開催期間:2018年11月22日(木)~11月26日(月)
会場:109シネマズ 二子玉川、    iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、二子玉川公園、二子玉川ライズ、ほか周辺エリア
チケット: ◆iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ [当日券]大人:1,200円/子ども:700円 [割引チラシ持参]大人:1,000円/子ども:500円(各1名) ・当日券のみ ・全席自由席 ・中央広場特設チケットブースにて販売
◆109シネマズ二子玉川
大人:1,200円/子ども:700円
※エグゼクティブシートのみ一律1,200円(109シネマズシネマポイントカード会員様は大人1,200円/子ども700円)
109シネマズ公式HP&劇場の自動券売機にて販売 
※11月20日(火)0:00~販売開始  
https://109cinemas.net/futakotamagawa/
※全席指定席 ※当日券、前売券共に同一料金 
※チラシによる割引なし


⇒詳細はこちらまで
http://kineko.tokyo/


***********************************



小野塚勇人、中村優一!仮面ライダー出身の俳優が2ケツ場面到着!映画『恋のしずく』


映画情報どっとこむ ralph この度、10月20日全国公開(10月13日広島県先行公開)、SAKE×LOVE、日本の伝統文化の象徴である日本酒を題材にした映画『恋のしずく』。

主人公の詩織役を、映画初主演となる川栄李奈、酒蔵の息子役である莞爾役を、劇団EXILEの小野塚勇人が務めます。その他、今作が遺作となった蔵元役の大杉漣や、杜氏役の小市慢太郎、詩織をサポートする農家の娘役の宮地真緒、酒造会の若手ホープ役の中村優一と、豪華なキャスト陣が脇を固めます。

先日の舞台挨拶で話題になった小野塚勇人、中村優一といった仮面ライダー出身の俳優二人の共演シーンの場面写真が解禁に!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる新場面写真では、先日の“聖地”東映での舞台挨拶で話題になった小野塚勇人さん、中村優一さんといった仮面ライダー出身の俳優2人が男の日本酒を飲む姿や、

バイクに二人で跨る写真が解禁となりました。
*注:2枚の写真は別場面です。

東京から広島・西条の街へやってきた詩織は、この2人と出会うことで、日本酒の素晴らしさすばらしさ、そして人との出会いの素晴らしさを知っていく、重要な存在となっておりますので、この2人がどのように本編に登場してくるのか、お楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph 東広島市・西条を舞台にリケジョの大学生・詩織が、日本酒の酒蔵へ研修に行くことになり、酒作りを通じて目覚める人生の喜び・出会いと別れを経験しながら成長していくヒューマンドラマ『恋のしずく』。主演の、農大に通う大学三年生の詩織役には、AKB48卒業後、様々な映画ドラマなど、女優として数々の話題作に出演する川栄李奈。今作が初主演映画です。

また、詩織が実習にやってくる乃神酒造の蔵元の息子・莞爾役には劇団EXILEのメンバーである小野塚勇人。詩織をサポートする農家の娘美咲役に宮地真緒、蔵の杜氏役に小市慢太郎、そして乃神酒造の蔵元であり、莞爾の父親役に今作が遺作となった名優・大杉漣。豪華な出演陣が脇を固める。監督は、テーマとなる地方に実際に住み綿密な調査と土地土地の息吹を肌で感じながら映画を制作していくことで知られている名手・瀬木直貴。そして、主題歌を担当するのは、詩吟・和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンド「和楽器バンド」。本作にピッタリとマッチした楽曲「細雪」が、予告編に華を添えています。


川栄さん、ふつう可愛いです。凄くいい。

恋のしずく

10月20日(土)全国ロードショー
10月13日(土)広島県先行ロードショー

因に!
恋のしずくの収益の一部は、西日本豪雨の復興支援活動に寄付されるそうです!

映画でちょっとの優しさを。

公式HP:
koinoshizuku.com

公式Twitter:
@510429_movie


物語・・・
舞台は酒蔵で有名な東広島市・西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息子、厳格な杜氏、不倫に悩む美咲。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深いヒューマンドラマ

***********************************


監督:瀬木直貴 脚本:鴨義信
出演:川栄李奈
小野塚勇人 宮地真緒 中村優一 蕨野友也 西田篤史 東ちづる
津田寛治 小市慢太郎 大杉漣
主題歌:和楽器バンド「細雪」
配給:ブロードメディア・スタジオ
©2018「恋のしずく」製作委員会


鉄拳のパラパラ漫画原作で岡田将生主演『家族のはなし』予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 鉄拳のパラパラ漫画原作で岡田将生主演、家族の大切さをストレートに表現した心温まる作品『家族のはなし』11月23日(金・祝)よりイオンシネマほか全国ロードショーとなります。


その予告編が解禁です!

世界初!!鉄拳原作のパラパラ漫画と実写映像が融合!

この度解禁された予告編では、岡田将生演じる拓也が、大学進学のために上京したものの、両親に内緒で大学を辞めバンドでプロになるが挫折し、3年ぶりに帰郷することに。足を怪我して期待されていた陸上の道が閉ざされた過去もあり、これまでも様々な困難に必死にくらいついてきた拓也だが、その苛立ちから、仲間や父親に当たり散らす。いつもは優しく隣で接してくれる成海璃子演じる地元の同級生明日香にすら「負け犬じゃん」と厳しく言われる場面も。そんな中、自分勝手に生き、バンドデビューを秘密にしていた自分をずっと両親は密かに応援していてくれたことを知り、それをきっかけに拓也にささやかな奇跡が起こる。挫折を経験しながらも人生を必死に生きる拓也と、そんな彼をそっと見守る両親の不器用だけど温かい愛に変わらぬ家族のカタチを再確認させてくれるほろ苦くも温かい予告編となっています。



映画情報どっとこむ ralph また本公開に先駆け、10月11日から始まる京都国際映画祭(http//Kiff.kyoto.jp/)にて10月14日9時30分からの舞台挨拶(劇場はイオンシネマ京都桂川)に岡田将生の舞台挨拶登壇も決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『家族のはなし

は11/23(金・祝)よりイオンシネマにて全国ロードショー!(一部劇場を除く)

公式HP:
http://kazokunohanashi.official-movie.com/

“お父さんが大好きだった僕”に出会える切なくも心温まるストーリー!!
リンゴ作り一筋。葛藤し成長していく息子を不器用ながらもじっと見守る主人公拓也の父親・小林徹を時任三郎が演じ、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役には財前直見、また拓也に時には厳しく時には優しく隣で助言をする地元の同級生・明日香役に成海璃子と豪華共演者がそろい、主演の岡田将生とともに、家族の物語を彩ります。

人生を必死に生きる青年と、そんな彼をそっと見守る両親の不器用で面倒くさくて、けど温かい、家族の姿を描く。
本作は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表されたパラパラ漫画、待望の実写映画化。原作の鉄拳がアートディレクターとしても参加。パラパラ漫画自体は第17回「アジア太平洋広告際」でフィルム部門・プレス部門をW受賞し、“涙が止まらない”とネット上をはじめ各所で話題を集めた。監督は、WOWOW「海に降る」やNHK「絆~走れ奇跡の小馬」の山本剛義が務め、主題歌&劇中楽曲を新進気鋭のバンド・サイダーガールが担当。また金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉が脇を固めている。

物語・・・
リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子・拓也。上京しバンド活動を営むが挫折。そんな彼を優しく見守る両親。しかし、両親の気持ちを疎ましいと感じ、苛立ちを常にぶつけてしまう。大学中退の秘密を持って帰郷した拓也だが、父、徹も拓也に言えない秘密があって―。

***********************************

監督:山本剛義(WOWOW『海に降る』、NHK『絆~走れ奇跡の子馬~』)
出演:岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉/財前直見、時任三郎
日本/2018年/80分
制作:よしもとクリエイティブエージェンシー MBS 
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:KATSU-do 
製作:吉本興業 MBS VAPユニバーサル・ミュージック
Ⓒ「家族のはなし」製作委員会