「か行」カテゴリーアーカイブ

ひろし争奪戦勃発『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン』モーレツデンジャラス予告映像公開


映画情報どっとこむ ralph 本作で、シリーズ27作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』が2019年4月19日(金)に公開いたします!

監督は橋本昌和。過去に映画クレヨンしんちゃんシリーズの3作品で監督を務め、中でもシリーズ23作目『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~』はシリーズの最高興収22.9億円を記録!『映画クレヨンしんちゃん』を語るに欠かせない、しんちゃんと共に沢山の笑いと感動を届けてきた監督です。
11月2日に本作のタイトルや映画化発表映像が解禁になると「失われたひろしってタイトルがすでに面白くて笑う」「来年、絶対観に行きたい!」などの声が寄せられた他、12月4日には、ボロボロのトレジャーハンター姿のしんのすけが広大なオーストラリアの大地をバックに佇むティザービジュアルが公開され、SNSを中心におおいに盛り上がりました!ラブラブな新婚旅行と思いきや、消えたひろし奪還の為、モーレツデンジャラスな大冒険を繰り広げる本作は現在完成に向けて絶賛製作中です!!

この度、12月14日(金)より全国の劇場でお披露目になる予告映像が解禁!!
予告(90秒):

特報(30秒):


オーストラリアのキレイなビーチで水遊び、可愛いコアラを抱っこしたりと、野原一家の幸せいっぱいの新婚旅行が一転!突如謎の仮面族にとらわれ、猛スピードで走るコアラ列車の上に縛られているひろしの姿が!? さらにお宝を求めて世界中から集結したトレジャーハンターたちと、ひろしを取り返そうと奮闘するしんのすけたちの姿も!! 伝説の秘境で“ひろし=お宝のカギ”をめぐり、野原一家危機100発!!

はたして、しんのすけたちは“ひろしを奪還”することは出来るのか!?
どーなる、ひろし? どーなる野原一家!? 来年の春も、しんのすけのおバカパワーがさくれつ!!

映画情報どっとこむ ralph さらに今夜12月14日(金)19:30~放送のレギュラー放送でも、こちらの予告がテレビ初放送されます!


放送内では、前売券(ムビチケカード券)のプレゼント告知もありますので、是非ご覧ください!

映画情報どっとこむ ralph ドキドキとワクワクに、笑いがたっぷり詰まった映画クレヨンしんちゃん第27弾!
平成最後にアドベンチャー映画の歴史を塗り替える(!?)、空前絶後の超大作の誕生です!!
家族にとって一番大切な宝物とはなんなのか…? 野原一家の絆が、今、試されます。
『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』

★あらすじ★
到着早々、謎の仮面族にさらわれたひろし!まさかの“ひろし=お宝のカギ ” ⁉オーストラリアを舞台に、
仮面族と、世界中のトレジャーハンターたちと、野原一家による三つどもえの “ ひろし争奪戦 ” が勃発!
はたして、しんのすけは無事にとーちゃんを奪還し、春日部に帰ることができるのか!??

公式サイト:
http://www.shinchan-movie.com/

2019年4月19日(金)全国東宝系にてロードショー!!

***********************************

原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:橋本昌和
脚本:うえのきみこ、水野宗徳
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADK・双葉社
声の出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ 他

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2019


「決算!忠臣蔵」2019年冬 公開決定!大石内蔵助には堤真一!そろばん侍に岡村隆史!


映画情報どっとこむ ralph 2019年冬、弊社配給にて「決算!忠臣蔵」の公開が決定しました!

時代劇の王道、年末の風物詩、日本人なら知らない人はいないあの「忠臣蔵」。

江戸城・松の廊下で人傷騒ぎを起こし、その責任で切腹させられた赤穂藩君主・浅野内匠頭の仇討をするため、浪士となった四十七人の藩士達が立ち上がり、宿敵・吉良上野介に「仇討」した「武士の美談」とも言える物語。日本人に愛され、これまで数多くのドラマ、映画、舞台、歌舞伎で上映・上演されてきました。その数、映像化だけでなんと300本超え!(松竹宣伝部調べ)しかし!誰もが知るこの国民的ストーリーには、誰も知らない仰天秘話があったのです。

映画情報どっとこむ ralph 元禄14(1701)年3月14日。事件は江戸城・松の廊下で起こります。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度に据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。
いわば江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(おおいしくらのすけ/堤真一)は、嘆く暇もなく、ワーキングプアな勘定方・矢頭長助(やとうちょうすけ/岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない大石内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は8400万!!!
討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?
予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?こんな忠臣蔵見たことない!涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

映画情報どっとこむ ralph 原作は、東大教授・山本博文による新書『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)。
江戸時代研究の第一人者が、大石内蔵助が実際に残した決算書を基に討入り計画の実像を記した話題作で、著者初の映画化です。監督は、「殿、利息でござる!」「忍びの国」等、近年時代劇でもヒット作を連発する名匠、中村義洋。今回は自身で脚本も手がけ、今までに誰も見たことのない「本当の忠臣蔵」を描きます。

主演・大石内蔵助(おおいしくらのすけ)を演じるのは堤真一。
ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する日本を代表する俳優が、主君の仇を晴らす為、四十七士を率いるお馴染みの人物を金欠に悩まされるリーダーという全く新しいキャラクター像で演じ、中村組初参戦。

■堤真一【大石内蔵助・おおいしくらのすけ役】

映画では初めての「忠臣蔵」、そして「大石内蔵助」役に挑みます。中村義洋監督とは初めてですが、お話をいただき、あまりにも面白い脚本ですぐお受けすることにしました。誰もが知る有名な物語ではありますが、立場によって見方は変わり、あの時代に命をかけて忠義を尽くしただけの話ではなかったのです。面白いだけではなく繊細な一面もお持ちの岡村さんと一緒に、関西弁で、誰も見たことのない「忠臣蔵」を皆さまにお届けいたします。ご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph そして、大石内蔵助を支える勘定方・矢頭長助(やとうちょうすけ)にはナインティナインの岡村隆史。

映画出演は「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」(2014)以来で、初挑戦の時代劇で中村組も初参戦です。藩の現状をしっかりと見つめ、ひたすら身を粉にして節約をしながら、盟友・大石内蔵助を支え続けるワーキングプアなそろばん侍を演じます。

■岡村隆史【矢頭長助・やとうちょうすけ役】

また映画に出たいとずっと思っていました。
普段はなかなかお会いできない役者の皆さんとご一緒する、緊張感のあるプロフェッショナルな現場が好きです。今回僕が演じるのは、貧乏なそろばん侍。減量し、小4でやめてしまった嫌いなそろばんも頑張ります!なので、2020年の日本アカデミー賞では僕に、スピーチのリベンジをさせてください。応援よろしくお願いします!

映画情報どっとこむ ralph そして今回の忠臣蔵はなんと関西弁!
舞台となった赤穂藩は現在の兵庫県に位置するので、ある意味当然なのですが、関西出身の2人が織りなす、ナチュラルな関西弁のお芝居も要注目です。

■中村義洋監督

まさか自分が忠臣蔵を!? というのが最初にお話を頂いた時に思った率直なところです。かつて作られてきた映画、ドラマなど、あまたの『忠臣蔵』(三百本!?)の名に恥じぬよう、と思うとあまりのプレッシャーに脚本が一文字も書けなくなってしまったので、決して構えず、極力軽やかに、と心がけていたら、いつのまにか赤穂浪士は関西弁になり、「それ、なんぼ?」が口癖になった大石内蔵助をあの手この手で困らせることに夢中になっておりました。撮影に入っても堤さんと岡村さん演じる赤穂藩経理担当の面々を困らせ、追い込み、右往左往させていきたいと思います。これまで忠臣蔵モノをご覧になってこられた方々も、そうではない皆様も、そんな赤穂浪士を「はよ討入らんかい!」とツッコミながら応援して頂けたら嬉しいです。

■池田史嗣プロデューサー

今も昔も、予算は大事。誰もが知る忠臣蔵の、誰も知らないお金の話を良質なコメディとして描けるのは「殿、利息でござる!」でご一緒した中村義洋監督しかいないと思い立ち、そのオファーに応えてくれた監督が自ら書き上げた面白過ぎる脚本のもと、堤真一さん、岡村隆史さんという理想的な芸達者お二人が揃いました。共に関西出身の二人による凸凹コンビぶりは爆笑必至。女好きでボンボン育ちの大石内蔵助、ワーキングプアで神経質な矢頭長助。全くキャラの違う二人の丁々発止の掛け合いが、この作品の肝になります。このチームなら、新しい国民的エンターテイメントとして“誰も見たことがない忠臣蔵“を皆様にお届けできるはず。どうぞご期待くださいませ。


下から突き上げられ、上に気を遣い、理想は高く持ちたいけれど、容赦なく突きつけられる現実…。
これが本当に300年以上前の話なのか!?と思うほどに現代に生きる私たちと共通点満載。

決算!忠臣蔵

制作スケジュール: 2019年初頭クランクイン
公開: 2019年冬 全国公開 

公式サイト:
http://chushingura-movie.jp/
公式twitter:
https://twitter.com/chushingura_mv



***********************************

原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)
主演:堤真一
出演:岡村隆史ほか
監督・脚本:中村義洋
配給:松竹
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
   


西日本に元気を!のん、真木太郎P登壇決定!「この世界の片隅に」広島・岡山・愛媛 無料上映会


映画情報どっとこむ ralph 第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中て?大切なものを失いなか?らも、日々を大切に前を向いていく女性・すす?を描いた珠玉のアニメーション映画『この世界の片隅に』。

西日本復興の一環として、広島・岡山・愛媛にて、本作の無料上映会が実施されることが決定しました。

この上映会は、人・地域・物が「つながる」ことで、西日本に元気と笑顔を広げることを目的に活動するHASHIWATASHIプロジェクトが主催するもの。
映画の舞台となった広島はもちろんのこと、岡山、愛媛にも主人公のすず役を演じた女優のんと、プロデューサーの真木太郎氏が赴きトークショーを実施します。


【上映会】

◆広島県
日時:2019年1月14日(月・祝) 開場16:00 / 開演17:00
会場:JMSアステールプラザ 中ホール
募集期間:2018年12月13日(木)~2019年1月3日(木)23:59まで
当選結果発表:2019年1月4日(金)以降、メールにて発表

◆岡山県
日時:2019年1月15日(火) 開場18:40 / 開演19:00
会場:イオンシネマ岡山
募集期間:2018年12月13日(木)~2019年1月3日(木)23:59まで
当選結果発表:2019年1月4日(金)以降、メールにて発表

◆愛媛県
日時:2019年1月25日(金)
開場18:10 / 開演18:30
会場:シネマサンシャイン大街道
募集期間:2018年12月13日(木)~2019年1月14日(月)23:59まで
当選結果発表:2019年1月15日(火)以降、メールにて発表

【ゲスト】
のん、真木太郎プロデューサー(※すべての会場で登壇予定)

【応募方法】
下記HPから、必要事項をご記入の上ご応募下さい

http://hashiwatashiproject-konosekai.jp/
※応募の詳細はHASHIWATASHIプロジェクトの公式サイトをご確認ください。

各地に甚大な被害をもたらした7月の豪雨災害で被害を受けた各地の魅力を、日本国内はもちろん、国外にも広く発信し、旅行者と生活者を笑顔でつなぐ応援プロジェクトです。 

映画情報どっとこむ ralph 映画『この世界の片隅に』   

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念 新キャラクター「ミミクリ」


映画情報どっとこむ ralph この度『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の12月22日公開記念、平成仮面ライダーシリーズ20作の記念として、イラストレーターparico、アートディレクター内古閑智之(株式会社チャンネル・プロダクション)、株式会社ムービックが共同で運営するデザインチーム「PARICODE(パリコデ)」と東映がコラボし、新キャラクターシリーズ「ミミKR/ミミクリ」が誕生しました。

仮面ライダーシリーに‘かわいい’側面から楽しんで頂く事を目的に、平成仮面ライダーをモチーフとし、東映公式のイラストシリーズとして今後展開していきます。


映画情報どっとこむ ralph ■‘ライダーごっこ’がデザインに。「ミミKR/みみくり」について
「ミミKR/ミミクリ」は英語のmimicry=物まねが名称の由来となっています。子供たちの物まねといえば‘ごっこ遊び’であり今回のイラストシリーズのコンセプトに合致し、シリーズタイトルの元となりました。2人のキャラクターのは未来から来たという事、そして名前はケイとアルであるということが設定として付与されています。2人は平成仮面ライダーシリーズに出会い、‘ごっこ遊び’をしながら各作品に触れあっていきます。変身ベルトを巻いたり、服装をまねて遊ぶ子供たちの姿が時におもしろく、時にかわいらしく描かれていきます。

「ミミKR/ミミクリ」は東映公式のイラストシリーズとして、まずは「仮面ライダー電王」「仮面ライダービルド」そして現在全国テレビ朝日系にて放送中の「仮面ライダージオウ」をモチーフとしたデザイン3点からスタートします。今後イラストは随時追加されていき、平成仮面ライダー20作分を作成予定です。仮面ライダーのかっこいい姿にあこがれる‘かわいい子供たち’をデザインで、ライダーシリーズの新しい楽しみ方を提供していきます。


映画情報どっとこむ ralph 12月15日から池袋P´PARCOで開催される「平成仮面ライダー20@ダッシュストア」ではシリーズ誕生を記念し、最速販売としてオリジナルアクリルスタンドを発売します。また「ミミKR/ミミクリ」のスタンドパネルの展示も行います。商品情報、イラストの追加は「平成仮面ライダー20作記念公式」ツイッターアカウント(@HKR20_official)で随時発信します。

「平成仮面ライダー20@ダッシュストア」
開催期間:2018年12月15日(土)~12月27日(木)
場所:池袋P’PARCO 3F ダッシュストア 
〒170-0013 東京都豊島区東池袋 1−50−35 
営業時間:11:00~21:00

期間限定で注目作品を展開していくショップ「ダッシュストア」に、平成仮面ライダーが登場!食べるのがもったいないアイシングクッキーやキャラクターをイメージした香水、イメージカラーのバンドとライダークレストのワンポイントが輝くブレスレットなどのちょっと大人なアイテムまで。

新商品が続々登場!商品・特典の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.dashstore.net/hkr20

映画情報どっとこむ ralph 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

12月22日(土) ROADSHOW 


***********************************


出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久
「ジオウ&ビルド」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


「大量破壊兵器」の存在に疑問。真実を追った記者の実話『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』


映画情報どっとこむ ralph ロブ・ライナー監督が、イラク戦争の大義名分である「大量破壊兵器」の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描いた映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』が 2019 年3月29日より TOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショーとなります。

2002 年、米・ブッシュ大統領はイラクが核兵器をはじめとする大量破壊兵器を開発及び保 持していると非難。アメリカ国内でも愛国心が強まり、イラクへの侵攻が始まろうとしていた。地方 新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシントン支局で働く記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ ストロベルは、政府の発する情報に疑問を持ち、証拠を探り真実を暴こうと取材を続けていく―。
映画情報どっとこむ ralph 『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンと『X-MEN』のジェームズ・マースデンがナイト・リッダー 社の記者たちを演じ、元従軍記者のベテランジャーナリストをオスカー俳優トミー・リー・ジョーン ズが熱演。さらにはミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビールら豪華女優陣も参加し、人気実力派 キャストの共演が実現しています。

そして、『スタンド・バイ・ミー』をはじめとする数々の名作を世に送りだ してきたロブ・ライナーが監督を務め、自身もナイト・リッダー社ワシントン支局長として出演していて、「イラク戦争開戦時から構想していた」というライナー監督渾身の一作となっています!


映画情報どっとこむ ralph そんな本作の予告編映像が到着!

真実を報道しようと政府職員や外交官らへ地道な 取材を続けるナイト・リッダー社の記者ジョナサン(ウディ・ハレルソン)とウォーレン(ジェームズ・ マースデン)、そして伝説の記者ジョー(トミー・リー・ジョーンズ)やジョナサンを陰で支える妻ヴラトカ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の姿も収められている。さらには監督も務めたロブ・ライナーが支局長・ジョンとして記者たちを鼓舞する 様子も映し出されている。「俺たちがこの戦争を暴いてやる!」と使命感に燃えるジョナサンをはじめ、弱小新聞社の記者たちが政 府の巨大な嘘に立ち向かい真実を暴き出していく様がうかがえる映像となっています。


映画情報どっとこむ ralph 真実は、誰のためにあるのか

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~
原題 SHOCK AND AWE

公式 HP:
reporters-movie.jp

2019 年3月29日より TOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショー

物語・・・
2002 年、ジョージ・W・ブッシュ大統領はサダム・フセイン政権を倒壊させようと「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。イラク戦争が始まろうとしてい た。アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じ報道するなか、新聞社ナイト・リッダーの記者であるジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)とウォーレン・ストロベル(ジェームズ・ マースデン)はその発言に疑いを持ち真実を報道するべく、情報元を掘り下げていく―。

***********************************


出演:ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ロブ・ライナー、トミー・リー・ジョーンズ他

監督:ロブ・ライナー『スタンド・バイ・ミー』、『最高の人生の見つけ方』、『LBJ ケネディの意志を継いだ男』 2017/アメリカ/91 分/字幕翻訳:齋藤敦子
字幕監修:池上 彰/5.1ch/ビスタ
配給:ツイン
© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.