「か行」カテゴリーアーカイブ

松居大悟監督「タッチ」理論が好き・小学生の気持ちと自作分析『君が君で君だ』 SSFF&ASIA 連動イベント


映画情報どっとこむ ralph 池松壮亮さん主演、キム・コッピさん、満島真之介さん、大倉孝二さんが共演の超衝撃作『君が君で君だ』が 7 月 7 日の七夕より全国公開となります。

本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10 年間彼女を見守ってきた 3 人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚。

この度、クリエイターの「学びたい」サポートするフェローズ主催 SSFF&ASIA 連動イベントとして松居大悟監督&阿部広太郎プロデューサーのト ークイベントを開催しました。

日時:6 月21 日(木)
場所:フェローズレセプションカフェ
登壇:松居大悟監督、阿部広太郎プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 松居大悟監督作の短編映画『花瓶に花』の上映後・・・

松居大悟監督、阿部広太郎プロデューサーが登壇すると大きな拍手が沸き起こった。


『花瓶に花』を製作した経緯を聞かれ

松居監督:『アズミ・ハルコは行方不明』に出演してもらった石崎ひゅーいくんに「花瓶の花」というアルバムを出す時に「花瓶の花」という大事な曲のMV を作ってほしいと頼まれました。そう言って頂くことは嬉しく、引き受けました。この曲は素直で素敵 なバラードだったので、ひゅーいくんと話しながらまっすぐに作ろうと決めました。短編映画にしたらもっと伝わると思いMV だけでなく映画として作ることにしました。

と語ると続けて

松居監督:編集しながら泣いた作品はこれが初めてでした。

とこの作品への思い入れを熱く語りました。


映画情報どっとこむ ralph 最新作『君が君で君だ』の製作の経緯を聞かれると

松居監督:脚本が書けなくて“理性が邪魔だ!!”とか言っているくらい、うまくいかず、限界が来て いる2011 年頃、テレビとか目に映るすべての作品に苛立ちを感じていた。恋愛ドラマでは、人の愛は付き合ったり、結婚したり歩み寄ることだけが ゴールとされていることが疑問に思った。見つめ続けること、何者かになりたい、自分を押し殺してその人のためだけの誰かになるのもいいのでは ないかと僕なりの愛を描いて作った。

と本作のきっかけとなる舞台の誕生秘話を語ると、

阿部P:この舞台を見たときに抱いた、心を貫通するよう な衝撃がずっと忘れられなくて、映画にしようと話を持ちかけた。

と当時の心の内を懐かし気に語った。


松居監督:高校生時代に僕は、“告白はエゴだ、自分の気持ちを伝えたいだけ。本当に好きだったら自分の気持ちは押し殺せよ、この子の人生の 邪魔をするなよ”と思ってました。

と語ると続けて

松居監督:僕は「タッチ」理論が好きで、(浅倉)南がご飯を作ってあげるシーンで(上杉)和也は「おいしいよ、 南」って言うけれど、(上杉)達也は無言でおかわりしていて、絶対たっちゃんの方が南のこと好きだろうって感じました。

と言葉ではなく行動から滲み出る愛について熱く語り会場を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph さらに

松居監督:高校生試写会の時に“小学生の時に好きな子を目で追いかけてしまうとか、机を少し触りたいとかリコーダーを舐めたいとかに通ずるものがある”と言われて、すごく納得した。下心が無く、ただそうしたいだけの純粋な気持ちがこの作品にもあって、もしかしたら僕はずっと小学生の気持ちを描いてきたのかなって気づかされました。

と語ると会場から笑いが起こった。また、これまでも青春映画を手がけてきた松居監督にとっての青春とは?を聞かれると

松居監督:青春映画を撮ってるつもりはあまりないのですが、まだ 言葉になる前の感情をどうにか表現したいと思っていて、それが青春と言われる表現につながっているのだと思います。

と松居監督!な自論を語るトークイベントとなりました。

君が君で君だ
7 月 7 日㈯七夕全国ロードショー

公式サイト:https://kimikimikimi.jp

【ストーリー】
大好きな子が好きな「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」になりきり、自分の名前を捨て、10 年間ただひたすら好きな子を見守ってきた 3 人の男たちを描い た恋愛譚。触れ合うことも告白することもなく、ただ見守り続けてきた 3 人が、執拗な借金の取り立てから好きな子を守るべく立ち上がるも返り討ちに! 物語は大いなる騒動へと発展していく。

***********************************

監督・原作・脚本:松居大悟
出演 :池松壮亮 キム・コッピ 満島真之介 大倉孝二 高杉真宙 向井理 YOU
制作:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ
ⓒ2018「君が君で君だ」製作委員会
    


愛とユーモア!『スター・トレック』ファン必見!?ダコタ・ファニング 最新作『500ページの夢の束』


映画情報どっとこむ ralph 9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなるダコタ・ファニング 主演最新作『500ページの夢の束』の日本オリジナル予告編とポスターが完成しました。

ウェンディが<500ページの脚本>に込めた本当の願いとは― 絆が生む勇気と、優しさに満たされた予告編が解禁!


激しい砂嵐の中、前へと進む宇宙服を着た2つの影。

一見、SF映画に思えるこのシーンは、 ダコタ・ファニング演じる主人公ウェンディが書く脚本内の1シーン。コミュニケーションが苦手なウェンディは、家族と離れて暮らす施設で、大好きな『スター・トレック』のオリジナル 脚本を書いて過ごしている。ある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知った彼女は、その脚本を応募するため、施設を抜け出して数百キロ離れたハリウッドを目 指す。ウェンディの不在に気付いたソーシャルワーカーのスコッティ(トニ・コレット)と、 妹を想いながらも離れて暮らさざるを得ず、複雑な感情を抱えていた姉のオードリー(アリ ス・イヴ)は、ウェンディを追うなかで、自閉症を抱えながらも誰よりも独創的な才能を持つ ウェンディの魅力や、1人で目的地を目指す勇気と行動力に気付かされていく。そんな姉妹の 絆や、ウェンディを温かく見守るソーシャルワーカーの姿、そして何よりも、トラブルに見舞 われながらも懸命に目的地を目指すウェンディの健気が姿が印象的に描かれている。

映画情報どっとこむ ralph 更には、ウェンディの警戒を解くため、“クリンゴン語”で話しかける警察官が登場。

かなりの『スター・トレック』好きだけが使いこなせる、同シリーズに登場する架空言語で意思疎通を図るシーンからは、ウェンディの“『スター・トレック』好き度”が伝わってくると同時に、彼女の周囲の人々の優しさやユーモアが垣間見える。 併せて解禁されたポスタービジュアルには、<届けたい物語がある。届けたいひとがいる。>というコピーが載り、脚本 を抱えて前を見据えるウェンディと、姉のオードリー、ソーシャルワーカーのスコッティ、そして愛犬のピートのかわいら しい姿などが切り取られている。旅のホントの目的を胸に秘めた、ウェンディの意志の強さが伝わってくる1枚だ。
7歳で映画デビューを果たし、『I am Sam アイ・アム・サム』『宇宙戦争』の名演技で天才子役として一躍世界に名 を知らしめたダコタ・ファニング。難しい役どころを繊細かつ豊かな表現力で演じきったダコタは、「(脚本を読み、)他 の人に演じてほしくなかった。ウェンディに命を吹き込めるのは、私だけだと思った」と語る。本作が、大人の女優となっ たダコタの新たなる代表作になることは間違いないだろう。プロデューサーは『JUNO/ ジュノ』『マイレージ、マイライ フ』を手掛けたダニエル・ダビッキと、『マネーモンスター』のララ・アラメディン。

『セッションズ』で数々の国際的な 賞に輝いたベン・リューインが監督を手掛け、人生で初めて、大きな願いを遂げるためにつまずきながらも目的地へ近づい ていくウェンディとその家族たちを、愛とユーモアを込めて描いている。

映画情報どっとこむ ralph 500ページの夢の束
原題:PLEASE STAND BY

9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
http:// 500page-yume.com


物語・・・
スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディの趣味は、自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くこ と。自閉症を抱える彼女は、ワケあって唯一の肉親である姉と離れて暮らしている。ある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知った彼女は、渾身の作を書き上げるが、もう郵送では締切に間に合わないと気付き、愛犬ピートと一緒にハリウッドま で数百キロの旅に出ることを決意する。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて。

***********************************

監督:ベン・リューイン『セッションズ』
製作:ダニエル・ダビッキ『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』、ララ・アラメディン『マネーモンスター』
出演:ダコタ・ファニング『I am Sam アイ・アム・サム』、トニ・コレット『リトル・ミス・サンシャイン』、 アリス・イヴ『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

2017年/アメリカ/英語/93分/カラー/シネマスコープサイズ/5.1ch
日本語字幕:桜井裕子 レーティング:G

©2016 PSB Film LLC


田村侑久登場!『キスできる餃子』接吻的餃子(中国タイトル)に上海っ子熱狂 


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ『キスできる餃子』。主演は、足立梨花。相手役を務めるのは、「BOYS AND MEN」の田村侑久。

この度、餃子の故郷中国で開催されている、上海国際映画祭2018の<スペクトラム部門>正式出品作品として上映が行われました。

上映には本作を代表し、田村侑久(BOYS AND MEN)、秦建日子監督が参加し、上映後のティーチインを行いました!

日付:6月20日(水) 
場所:衡山電影院(SFC Shangying Cinema HengShan HALL 1 )
登場:田村侑久(BOYS AND MEN)秦建日子監督

映画情報どっとこむ ralph 現地の田村ファンと映画を観に来た観客が詰め掛けた会場は熱気に包まれていた。

上映中も非常に反応がよく何度も笑いが起こり、最後まで上海の人たちを飽きさせずに魅了。


そして上映後、田村侑久と秦監督を迎えてティーチインが開始。

田村さんの開口一番、

田村さん:この映画はみんなにハッピーになってもらうために作りました。みんなハッピーになりましたか?

という問いかけに拍手と歓声で答える観客という盛り上がりでスタートした。プロゴルファー役を演じるにあたっての役作りなどの撮影中の苦労話や主演の足立梨花さんと共演しての感想についてなどMCからの質問後、一般観客からの質問コーナーに。

Q.田村さんが一番好きな餃子はなんですか?

という質問に

田村さん:作ってくれた人の愛がつまった餃子ならそれでOK!

という答えにさらに会場は盛り上がった。

また、

Q.前日に食べたのは餃子じゃなくてワンタンでは!?
(※前日に田村が食事している写真をネットで見つけて)

という質問には

田村さん:あれは水餃子じゃないの!?

などと答え笑いをとった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

田村さんと監督に花束が贈呈。その花束を田村さんは結婚式のブーケトスのように

田村さん:この花束を受け取って!
と会場に投げたい旨をMCに伝えるとMCは「それはどうゆう意味?笑」と聞くと

田村さん:もちろん結婚して幸せになるという意味。

と答えて花束を投げるとその花束は男性客がキャッチしたというオチまでつけて会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

映画情報どっとこむ ralph また、現地の有名ブロガー宫崎壮玄さんやZazaさんからもインタビューを受け、秦監督から「続編の構想は中国かも!?」という話に盛り上がり上海での「キスできる餃子」現象もご当地宇都宮にも負けない熱量で盛り上がった。


宫崎壮玄さんの記事
https://m.weibo.cn/status/4252780883446305?

#上海国際映画祭# 今日『キスできる餃子』の監督秦建日子さん、俳優の田村侑久さん、宇都宮餃子会事務局長鈴木さんが上海に来ました!@傲娇小辣椒_Zazaとみんなで上海の餃子と小龍包を試食。宇都宮餃子って知ってますか?日本の宇都宮にはみんみん、寿限無など沢山のオススメのお店があるみたいです。『キスできる餃子』はすごく元気をもらえる映画で、続編はもしかしたら中国で撮影するかもしれません。楽しみ。その時はぜひ出演させてください。

Zazaさんの記事
https://m.weibo.cn/status/4252786029519644?

今日はなんと「キスできる餃子」の主演タムタム、餃子会・鈴木さん、秦監督と一緒に上海名物の「小籠包」を食べながら、映画の見どころと宇都宮餃子の文化や背景について色々お話しをしてくれました。それで私は中国と日本の餃子は色んな違いがあると気配きました、でも両方とも餃子への愛は同じでした(笑)中国の俗语で言うと「美味しさは餃子を超えない、面白さは…….」ね!好きな餃子と共に美味しい映画



キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

***********************************


脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ
©2018「キスできる餃子」製作委員会 
配給:ブロードメディア・スタジオ
豆しばコピーライト:DENTSU INC.
    


高校生は大絶賛!『君が君で君だ』高校行脚トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 池松壮亮主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演の超衝撃作『君が君で君だ』が7月7日の七夕より全国公開となります。
本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10 年間彼女を見守ってきた 3 人の男たちの愛の結末を描いた松居大悟監督が長年温め続けてきた完全オリジナル恋愛譚です。

そして!

6月8日(金)東京都立工芸高校試写会後、松居監督・阿部広太郎プロデューサー・渡辺宣伝プロデューサーが登壇。
映画情報どっとこむ ralph 多くの高校生らに盛大な拍手で迎えられた。 本作の製作の経緯について聞かれ、

松居監督:2011 年に舞台化した作品を大学(慶応大学)の同級生で、電通で働いている阿部くんが見に来てくれて、2015年ころに映画化を提案されました。この舞台は賛否両論が激しく、このあと劇団の活動が休止になるほど、心が ボロボロになった濃い思い入れのある作品でした。自分の中の愛について核となるものであ り、映画になったらきっといろんな人に届くと思った。ドラマや映画の恋愛ものを見て、想いを伝 えて結ばれることがゴールであることが腑に落ちなくて、そうではない愛の在り方を描きたかったんです。

と 級友との再会と本作に込めた想いを熱く語った。 大学時代の同級生であるという阿部との学生時代の思い出を聞かれると

松居監督:正直、陰 鬱なボクと爽やかな阿部くんは大学時代仲がいいわけではなかったですね。

と答えると、

阿部さん:ただのランチ仲間です。

と会場から笑い を誘った。続けて

松居監督:阿部くんからこの作品の映画化の話をもらったとき、彼は大手企業で、僕は下北沢の劇場で泥まみれに なって演劇。“何が電通だよ。やれるもんならやってみろ!”って少し冷たくしていました(笑)

と当時をにこやかに振り返った。

キャスティングに関して聞かれると

松居監督:池松壮亮さんは一緒に戦いたいと思い、一番初めに決めました。満島(真之介)さんと大倉(孝二)さんについてはは初めてでしたがずっとご一緒したかった方で。星野役は YOU さんが良いと熱望していて、僕の想いを込めた手紙を書いてオファーしま した。向井(理)さんは、作品にぜひ存在してほしくて、僕のドラマ脚本デビュー作に出演してくれた縁で声を掛けました。こういう時に出てくれるのは嬉しいですよね。キム・コッピさんは前作品の韓国上映会に行ったときにお会いして、いつか自分の作品に僕の作品に出演ほしいと話したところ、 『脚本待ってます』と言ってくださったから、この企画だ!と思いすぐにオファー。舞台では日本人であったのを韓国人に変更したのは、尾崎たちの愛が届かないほど良いと思い変更しました。

とキャスティング秘話を語った。

衝撃的なシーンが数多い本作、どうやってこのようなアイディアを思いつくのか、渡辺さんに聞かれると

松居さん:両想いになって“二人の 想いが一つになる”のではなく、“一人がその人になる”という同化に向かう愛情が描きたかった。この人に好かれたいではなく、この人になりたいというのを描きたい。

と理解しがたい考えを語ると、

阿部さん:好きな人が何を食べているのか、何を見ているのかをもっと 知りたいという感情と同じものですよね。
「小さい頃、好きな子の後をついていった経験はありませんか」「高校の頃など、朝の通学路で好きな子と同じ電車の時間に合わせた経験はありませんか」「好きな人の好きな漫画を読んでみたい」「好きな曲を聴きたい」という、誰でも身に覚えのある好きな子への感情と似た感覚です、と監督は語り、「好きな子と同化したい」という想いもその延長線上にある。と説明。会場からも共感の声が上がった。

松井監督のにわかに信じがたい感情を映像で成立させられたのは、言葉にできない感情を映像で表現しようとする松居監督と言 葉を生み出すコピーライターでもある阿部プロデューサーとの強力なタッグであるからこそ作り上げられた作品である。

そして、鑑賞後の高校生たちから感想を伺うと、女子生徒からは「尾崎たちや、借金取りたちそれぞれの想いや行動に共感できる ところがありました。共感できるいろんな人物がいて、心がちぐはぐになって、八つ裂きにちぎれそうな感覚になりました」と熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph さらに 6月10日(日)に大阪府 大阪明星学園高等学校、

6月15日(金)に鳥取県 米子工業専門学校

にて同イベントが開催され、「一周回って清々しい」「何が狂気で、何がまともか分からなくなる」「ヤバい内容ですが泣きそうになった。それが何故なのか、 言葉で説明できない感情です。」「何がすごいものを見せられた!」と本作の愛の形に衝撃を受け困惑しながらも、言葉を探し想い を振りしぼるように学生たちは本作の感想を語った。さらには「小学生の頃、好きな女のコのリコーダーを舐めたいという、純真な好 きという想いに近くて、懐かしくもありました」などと共感する男子学生が続出! 多くの学生たちに衝撃と共感を巻き起こし、高校生トークイベントは大成功に終わった。


大好きな子が好きな「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」になりきり、自分の名前を捨て、10 年間ただひたすら好きな子を見守ってきた 3 人の男たちを描い た恋愛譚。触れ合うことも告白することもなく、ただ見守り続けてきた 3 人が、執拗な借金の取り立てから好きな子を守るべく立ち上がるも返り討ちに! 物語は大いなる騒動へと発展していく。

君が君で君だ

7月7日㈯七夕全国ロードショー

公式サイト:
https://kimikimikimi.jp


***********************************

監督・原作・脚本:松居大悟
出演 :池松壮亮 キム・コッピ 満島真之介 大倉孝二 高杉真宙 向井理 YOU
制作:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ
ⓒ2018「君が君で君だ」製作委員会


新人上田慎一郎監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作! 『カメラを止めるな!』いよいよ週末公開!


映画情報どっとこむ ralph 業界震撼!! 新人監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!
先行上映でチケット入手困難を極めた超絶話題作がいよいよの劇場公開!


監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品『カメラを止めるな!』が、いよいよ今週6月23日(土)公開となります。

短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作。

脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。
他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。

2017年11月に初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。

この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”を是非、ご覧ください!

【6/23(土)初日舞台挨拶】

■新宿K’s cinema 14:40~
上田慎一郎監督 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀
■新宿K’s cinema 16:40~
上田慎一郎監督 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀
■新宿K’s cinema 18:40~
上田慎一郎監督 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 秋山ゆずき
■池袋シネマ・ロサ 20:45~ ※チケットの受付方法は未定、劇場までお問い合わせ下さい
上田慎一郎監督 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 秋山ゆずき

【トークイベント】
■新宿K’s cinema
6/24(日)14:40回上映後
ゲスト:吉田大八(映画監督) 上田慎一郎監督
6/25(月)18:40回上映後
ゲスト:樋口真嗣(映画監督) 上田慎一郎監督
6/26(火)18:40回上映後
ゲスト:柏原寛司(脚本家) 上田慎一郎監督
6/27(水)18:40回上映後
ゲスト:水野美紀(女優・演出家) 上田慎一郎監督
6/28(木)18:40回上映後
ゲスト:ロバート 山本博(お笑いタレント) 上田慎一郎監督
6/29(金)18:40回上映後
ゲスト:中野量太(映画監督) 上田慎一郎監督
6/30(土)14:40回上映後
ゲスト:イシグロキョウヘイ(アニメーション監督) 上田慎一郎監督
7/1(日)18:40回上映後
ゲスト:大九明子(映画監督) 上田慎一郎監督
7/2(月)18:40回上映後
ゲスト:乙一(小説家) 上田慎一郎監督
7/3(火)18:40回上映後
ゲスト:ジャンクハンター吉田(映画コラムニスト) 上田慎一郎監督

■池袋シネマ・ロサ
7/2(月)20:45~の回上映後 ゲスト:矢田部吉彦(東京国際映画祭ディレクター) 上田慎一郎監督


映画情報どっとこむ ralph 著名監督からの推薦コメントが届いていますのでこちらも御紹介!

本広克行(映画監督)「曇天に笑う」「踊る大捜査線シリーズ」

面白い!傑作だから見逃すな!!って、なぜそう思ったかというと良くあるゾンビ映画かと思っていると展開にやられる。役者の匿名性や芝居の優劣が進行を予期できない。物語は構造であると言う事をしっかり証明している。そして、とてもとても映画愛に満ちているからだ。


犬童一心(映画監督)「のぼうの城」「ジョゼと虎と魚たち」

笑った。グッと来た。感動した。「ゾンビ映画」も21世紀にして、ここまでたどり着けた!ファミリーでもOK!


深田晃司(映画監督)「海を駆ける」「淵に立つ」

パズルのピースがピチッとはまりまくる快感に酔いしれているうちに映画はあっという間に過ぎていく。この『ワンカット・オブ・ザ・デッド』を作った奴らの打ち上げは絶対に楽しいに違いない。唯一欠点をあげるとすれば、ワークショップでこんなにも面白い映画を作ってしまったことだ。困ったぞ。


市井昌秀(映画監督)「ハルチカ」「箱入り息子の恋」

上田慎一郎監督は新しいエンターテインメントを産み出そうと必死にもがいている。既存の文法なんてクソくらえ! 傑作を見逃すな!


今泉力哉(映画監督)「パンとバスと2度目のハツコイ」「退屈な日々にさようならを」

映画でしかできないことって何だろう。ってよく思うのですがこれは映画でしかできないことをしている映画だと思いました。愛がすごい。映画とか役者とかスタッフとかへの。ゾンビ!!!

映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!

http://kametome.net/index.html

物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助|主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
96分/16:9/2017年