「か行」カテゴリーアーカイブ

映画『キャッツ』チャリティ試写会 葵わかならが天皇皇后両陛下、愛子内親王殿下と猫の話題で盛り上がった!


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録し、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。イギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等の大ヒットミュージカルを手がけた制作陣の奇跡の作品が、遂に実写映画化!この冬、最大の注目作『キャッツ』が1月24日(金)より日本公開となります!

そして、1月20日有楽町の朝日ホールにて、映画『キャッツ』のチャリティ試写会が行われ、試写会には、天皇陛下、皇后陛下、愛子内親王殿下がご臨席し、来日中の監督のトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役のフランチェスカ・ヘイワード、そして日本語吹き替え版でヴィクトリア役の声優を務める葵わかなとともに、映画をご高覧されました。

上映が終了し、両陛下、内親王殿下のご退席後、監督・キャストら3名が囲み取材に応じ、チャリティ試写会の感想を語りました。
日時:1月20日(月)
場所:有楽町 朝日ホール
囲み取材参加者:トム・フーパー監督、フランチェスカ・ヘイワード、葵わかな

映画情報どっとこむ ralph 上映前の様子
上映前、トム・フーパー監督、主人公ヴィクトリア役のフランチェスカ・ヘイワード、日本語吹き替え版でヴィクトリア役の声優を務める葵わかなが、映画スタッフとともに、天皇、皇后両陛下と愛子さまのお出迎えをした。入口で出迎えるキャストやスタッフ一人一人に、両陛下と内親王殿下は微笑み、一言挨拶をしながら、会場に入場。会場に入ると、満員の観客から拍手で迎え入れられた。両陛下と内親王殿下は、周囲の観客に会釈をしながら、ご臨席された。


上映後の囲み取材の様子〜

まず、試写会の感想を聞かれ

監督:日本で上映ができてわくわくしています。また日本に戻って来れて嬉しいです。天皇陛下が皇太子だった頃ですが、最後に来日をした『レ・ミゼラブル』(12)のときにも、映画をご覧いただいていました。また一緒に映画を見ることができて良かったです」と、ヘイワードも「こうして、完成した映画を披露することができて嬉しいです。この作品で、今までの人生で初めての経験たくさんしました。そして今日も、こうして素晴らしい経験ができて感動しています。
と語り、日本語吹き替え版で主人公の声優を担当した葵さんは

葵さん:この作品は、ダンスや歌のスキルが必要なので、自分自身だけでは参加できていたか、わからない部分もありました。なので今回、声で参加できて、初めて両陛下や内親王殿下とも映画を見ることができて光栄でした。

と、作品へ参加できた喜びを語った。
 
さらに、天皇、皇后両陛下と愛子さまと交わした言葉について聞かれ

葵さん:今日見た字幕版に私は登場しないので、監督とフランチェスカさんに映画の感想を伝えていました。

と謙遜しつつ、
葵さん:ただ今、ご家族で猫を飼わられているとおっしゃっていました。来日キャストも私も、みんな猫が好きなだったので、猫の話で盛り上がりました。

と、猫の話題で盛り上がったことを明かした。

映画情報どっとこむ ralph 天皇、皇后両陛下と愛子さまの感想について、

監督:上映が終わり、隣で映画を見ていた天皇陛下がこちらを向いて、『素晴らしかった、本当に楽しんだ』とおっしゃってくださり、とても謙虚な気持ちになりました。そして、同じく楽しんだという感想を、皇后陛下と愛子さまにもいただきました。上映後の懇談中に、愛子さまには、飼っている猫の写真を見せてくださりました。また天皇陛下は、1985年のオックスフォード大学留学中に、ニューロンドンシアターで「キャッツ」をご覧になっていたというお話をしてくださいました。そして、この作品を見て、その時の記憶が蘇ったとおっしゃてくださいました。皇后陛下からは、まだビオラを弾いてらっしゃるとお聞きしたので、この作品の名曲である「メモリー」を是非演奏して欲しいとお伝えしました(笑)そして、私自身もお二人が留学されていたオックスフォード大学の出身でしたので、大学時代の思い出話もさせていただきました

とし、一方、

ヘイワードさん:今回、女優として初めて歌を歌った私自身の経験を聞いていただきました。バレエダンサーとしてのキャリアを保ちつつ、どう演技との両立していったのかを、お話させていただきました。また猫好きとして、猫の話でも盛り上がりました。
と語りました。


最後に・・・、

監督:小さい頃に自分も家族と見た作品に携われて、また皇室のファミリーと一緒に見れて嬉しいです。日本で良いスタートが切れました。

ヘイワードさん:バレエダンサーとして日本公演に来るたびあたたく迎えられてきましたが、今回は映画を携えてこれて来日ができて、格別な思いがあります。

と、そして

葵さん:この「キャッツ」はミュージカルと、日本で凄く人気があって、記録を何回も塗り変えるように講演がされているミュージカルだと思います。なので、この映画版も、日本人の心にもきっと残る、今だからこそ映像化できる作品だと思います!

と締めくくった。

なお、本上映会で集まった寄付金は「あけの星会」を通じて、社会福祉活動に使われます。


映画『キャッツ』は、1月24日(金)より全国ロードショー。

公式HP:
https://cats-movie.jp/

公式 Twitter:
@catsmovie_jp

【STORY】
扉の向こうには、 なにが待っているの―?
満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな 〝ジェリクルキャッツ〞 たち。
ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫・・・様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。一生に一度、 一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。


***********************************


監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、アンジェラ・モリソン、ライザ・チェイシン、ジョー・バーン
原作・原案:T・S・エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー

キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン ANDフランチェスカ・ヘイワード

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
全米公開:2019年12月20日 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

Official髭男dismが「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』5月1日(金)より全国ロードショーとなります!!

映画第2弾の舞台はマレーシアにある“伝説の島”「ランカウイ島」。 今作でも豪華な海外ロケを敢行しました! ダー子らお馴染みの面々がコンゲームをしかけるオサカナは、世界有数の大富豪一族・フウ家。当主、レイモンド・フウが亡くなり、その残された遺産はなんと10兆円…! 莫大なる遺産を狙い、史上最大のコンゲームが行われることとなります!
白濱亜嵐、関水渚、古川雄大、柴田恭兵、北大路欣也の出演も発表され、豪華キャストの集結に早くも期待が高まっています!

そしてこの度、主題歌情報を解禁

『コンフィデンスマンJP』といえばやはりこのアーティスト!
Official髭男dismが新曲「Laughter」を書き下ろしました!!

Official髭男dism x コンフィデンスマンJP 「ノーダウト」でドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に抜擢され、インディーズアーティスト(当時)として初の“月9”起用となった4人組ピアノPOPバンドOfficial髭男dism。初の映画主題歌となった「ロマンス編」の主題歌「Pretender」は、「オリコン年間ストリーミングランキング 2019」で第一位を獲得。昨年は初の日本武道館公演を実施、紅白歌合戦にも出場するなど、今最も話題の大注目アーティストです!

そんなOfficial髭男dismが『コンフィデンスマンJP』のために、3度目の主題歌となる新曲「Laughter」を書下ろしました! 

映画情報どっとこむ ralph ボーカル&ピアノの藤原さんは

「この度、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌を担当させていただくことになりました。「Laughter」という楽曲で、すごく映画の世界観と結びつきながら、“自分たちらしく生きていくこと”、“自分にとって大切なモノと一緒に人生を歩むこと”のすばらしさについて歌った曲になります。どんな曲になっているのかは映画の詳細と一緒に楽しみに待っていてもらえたら嬉しいなと思っています。」

とコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph そんな主題歌を誰よりも早く、本作の主演である長澤まさみさんが試聴!!

曲を聴いた長澤まさみさんは

「今までのOfficial髭男dismさんの曲にないような、しっとりしている曲調で凄く素敵な曲でした。藤原さんの高音ボイスがのびやかで、映画を観終わった後、物語を噛みしめたくなるような気持ちになると思います。今回の歌詞には難解なところがあり、深い意味がありそうです…。映画の内容を歌ってくださっているのかなと感じました。皆さまにお届けできるまで、楽しみにしていてください!」

と嬉しそうに話していたそうです!

映画情報どっとこむ ralph 飛躍し続ける『Official髭男dism』が、過去最大にスケールアップした『プリンセス編』を盛り上げます!!
果たしてどんな名曲が誕生するのか…!? 楽しみにお待ちください!!


『コンフィデンスマンJP プリンセス編』

2020年5月1日(金)公開

映画公式サイト:
http://confidenceman-movie.com 

公式Instagram(映画・ドラマ共通):
@confidenceman_jp/

公式Twitter (映画・ドラマ共通) :
@confidencemanJP

***********************************

監督:田中亮
脚本:古沢良太
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社 
©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

坂口健太郎、永野芽郁「一緒に謎を解きながら楽しんで見ていただければ!」『仮面病棟』公開記念イベントで


映画情報どっとこむ ralph 映画単独初主演となる坂口健太郎が永野芽郁との久々共演で贈る、<ノンストップ脱出ミステリー>「仮面病棟」が3月6日(金)に全国公開となります。

このたび、1月16日(木)に本作の映画化を記念して、出演者の坂口健太郎と永野芽郁、そして原作者であり脚本も手掛ける現役医師作家の知念実希人が登壇し、映画『仮面病棟』公開記念スペシャルイベント>>が行われました。

映画『仮面病棟』公開記念スペシャルイベント
日時:1月16日(木)
会場:LINE株式会社 イベントスペース
登壇:坂口健太郎、永野芽郁、知念実希人、松丸亮吾

映画情報どっとこむ ralph イベントでは、<謎>のベールに包まれた本作の緊迫の撮影模様や、劇中で描かれる衝撃の<謎>の数々をメイキング映像と共に初公開。UVERworldが書き下ろした疾走感溢れる主題歌と相まって、期待度がさらにさらに高まる映像をお披露目し、主人公・速水秀悟役の坂口は「とてもスリルだったりスピード感ある面白い映画になりそうです」と自信をみせた。
本作は、原作者である知念が脚本も担当。はじめて脚本を読んだ時の印象を坂口は「本当に面白くてあっという間でした。ただ、これを生身の人間が表現するとなると、どこまでできるか大変だろうなとも思いましたけど、永野さんとご一緒できるというのもあってすごく楽しみになりました」と述懐。

そしてヒロイン・川崎瞳役を演じた永野は「原作とは違うシーンもあるんですが、その違いも含めて原作も映画もどちらも面白いので、いままでミステリーにふれる機会ってなかったんですけど、ミステリーって面白いな!って思いました」と本作で初となったミステリー映画出演を喜んだ。

自身の小説が映画化されたことについて知念は「映画化されてすごく嬉しかったです。内容を膨らませてといったことは監督とか役者さんの肉付けにおまかせして、僕はミステリーとしての骨格や伏線、トリックとかそういうのを映画に入れさせていただきました」と脚本作成時を振り返った。

そして本作が初の映画単独主演となった坂口は「実際いままでとやっていることはあまり変わらないのですけど・・・」と座長として挑んだ本作について謙遜するも、すかさず永野が「すごい素敵でした!いっつもおだやかで、作品の内容的にはちょっとピリつくところとかも多いだろうなと思っていたんですけど、坂口さんがおだやかで『みんなで作品を作ろう!』という感じでいらしてくださったので、すごく楽しかったです!」と絶賛。知念も「医療器具の持ち方ひとつひとつとか全ての手順が本当にしっかりしていて、本当のお医者さんのようでした」とさらにべた褒め。これには坂口も思わず照れ笑いを浮かべながら「ありがとうございます」と回答。

映画情報どっとこむ ralph また、撮影中について坂口は「僕は(永野扮する)瞳と謎を解き明かしていく芝居をしながら、『ここでこうなってくるんだ!』と、演じながら気づいて面白いなあと思いました」とコメント。ピエロの仮面をかぶった謎の凶悪犯に撃たれて負傷し、病院に閉じ込められ、速水と共に<謎>を解き明かしながら脱出を試みる女子大生・瞳役を演じた永野は「いろんなところに謎が散りばめられてるので、頭で考えてお芝居をすることもあ多かったんですけど、一番大変だったのは最初から銃で撃たれた状態だったので、最初から最後まで脇腹を押さえている体勢だったのが大変でした。気づいたら私生活でも脇腹を抑えていて・・・(笑)」と役柄ならではの苦労を語った。そんな永野にとって本作は20代になってはじめての映画出演作。

昨年のクランクイン前日にハタチの誕生日を迎え、クランクイン当日には現場でお祝いもされたが、「ハタチだし背筋をのばして坂口さんに寄り添っていければなと思ってのぞみました」と当時の意気込みを振り返り、前作から約5年ぶりとなった永野との共演に坂口は「感慨深いですね。共演したいと思ってましたし前作とはまたぜんぜん違う役なので楽しくやれました」と答えた。


映画情報どっとこむ ralph 完成が待ち遠しい本作での「注目してほしいポイント」について、坂口は「やっぱり謎解きはとっても面白いと思います。お芝居をしながらもあらためて驚いたところもあって、『これはおもしろくなるな!』と思いましたし、気づいていなかったことが最後に効いてくるところもありますし、一度見ていただいてからまた見ていただくとさらに楽しめるところもあります」とコメント。永野は「謎解きじゃないとすれば私です!(笑)ほんとに頑張りました!いままでも頑張ってましたけどほんとに頑張りました!」と強調。さらに「撮影中にずっと悪夢を見ていました。撃たれた夢とか・・・それを毎日坂口さんに言うのが日課でした(笑)」と答え会場の爆笑を誘う。知念は「最初の1秒から最後の瞬間まで謎が散りばめられていて、瞬き禁止の作品になってますのでそれをぜひ楽しんでほしいです!」とそれぞれ自信たっぷりに注目ポイントをあげた。

また、公式SNSに届いたファンからの「実際に(ピエロに)突然病院に閉じ込められてしまったらどうしますか?」という質問について、坂口は「倒す!隙をついて」と倒すことを強調したが、一方永野は「私は動かない。そこにいろと言われたらそこにいる。でもご飯とかは欲しいからそういうときに許してもらえるように良い子にしておきます(笑)」と回答。知念は「僕は一番最初に殺されそうですよね・・・笑」とオチをつけて笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、本作の“ノンストップ脱出ミステリー”にちなみ、謎解きのスペシャリストとして知られる松丸亮吾を特別イベントゲストとして迎えてのトークパートに。
脚本を読んでの感想を求められると松丸は「登場人物とその後の展開、この後なにが起こるんだろう!とあっという間に読んでしまいました。ここにお二人の演技が加わると思うとほんとに楽しみです!」と興奮気味に回答。謎解きのスペシャリストながら本作の結末については「
僕でも全然外れました(笑)。おかしいなと思っていたところが最後全部つながるのですごい」と大絶賛!そんな松丸も大絶賛する謎解きの面白さと驚きの展開が描かれる本作について坂口は「演じている側としてはしてやったりじゃないですけど嬉しいですね。心強いです」と笑みを見せる。

そしてここで「さんざんしてやられたので仕返しじゃないですけど」と前置きしながら松丸から、本作にちなんだオリジナルの謎解き問題が出される。意味深な絵とテキストを見ながら、坂口を中心に謎を紐解いていく3人。すぐに回答がわかった様子で坂口と知念がニンマリ笑顔を見せると永野は「え、え!?」と困惑し、ヒントをもらいながら「すごーい!すっきり!!」と無事回答にたどりつくと場内は拍手に包まれた。

最後にキャストの二人からの挨拶。
まずは永野から「予告とかを見ると怖いのかなと思われる方たもいらっしゃると思うんですけど、ホラーというより謎を解く爽快感や人間ドラマもあります。お友達とかと盛り上がって一緒に見ていただけると嬉しいです」とコメント。
そし坂口ては「とってもスピード感があってハラハラドキドキしてもらえると思えます。一緒に僕が演じた速水と謎を解いていきながら見ていただくと良いかなと思いますし、一回見てから伏線の部分を『こうなっていたのか!』とかして見るのも面白いと思います。3月6日どうぞよろしくお願いします!」
と映画をアピールしてイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph 『仮面病棟』

3月6日(金)全国ロードショー

ストーリー
その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された。閉じ込められたのは、一夜限りの当直医の速水と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳。密室と化した病院から脱出を試みる2人は、次々と不可解な異変に遭遇する。この病院には、何かある――。
病院≪なぞ≫の仮面に隠された<衝撃の真実>とは!?謎を解くまで逃れられない、究極のノンストップ脱出ミステリー!
***********************************

出演:坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、大谷亮平/ 高嶋政伸  原作:知念実希人『仮面病棟』(実業之日本社文庫)
主題歌:UVERworld 「AS ONE」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:木村ひさし 脚本:知念実希人、木村ひさし  脚本協力:小山正太、江良至  音楽:やまだ豊
製作:映画「仮面病棟」製作委員会
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ワーナー・ブラザース映画
kamen-byoto.jp
原作クレジット:©知念実希人/実業之日本社
映画クレジット:©2020 映画「仮面病棟」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『名探偵コナン 緋色の弾丸』「真空超電導リニア」を巻き込んだ大事件発生!ポスター到着


映画情報どっとこむ ralph 2020年4月17日(金)より全国東宝系にて公開となる劇場版24作目となる最新作のタイトルは『名探偵コナン 緋色の弾丸』に決定! 日本で開催される4年に1度の世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」と、その開会式に併せて開発された最高時速1000㎞を誇る世界初の「真空超電導リニア」を巻き込んだ未曾有の大事件が発生!

事件のカギを握るメインキャラクターとして、現FBI捜査官かつ狙撃のスペシャリスト・赤井秀一が、劇場版20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き劇場版に満を持して登場!更には赤井の弟・羽田秀吉(吉は上が土)、妹・世良真純、母・メアリーという、原作者・青山剛昌が描く原作本筋ストーリーの超重要人物たち「赤井一家」も登場することが発表され、既に大きな話題を呼んでおります!!

そしてこの度、本作のメインビジュアルが遂に完成!
赤井秀一・メアリー・世良真純・羽田秀吉(吉の正式表記は土に口)といった原作本筋ストーリーの鍵を握る超重要人物・赤井一家が総結集する中、コナン・蘭・灰原・少年探偵団に加え、FBIの面々や秀吉の彼女である宮本由美も登場! 時速1,000㎞を誇る真空超電導リニアの走行姿や、WSG(ワールド・スポーツ・ゲームス)のメイン会場となるスタジアムも印象的なビジュアルに仕上がりました。さらには映画公式HPにて、新プロジェクト【CONAN TABOO-TAG PROJECT】も始動!4年に1度の閏年、劇場版最新作に引き合わされる様々な“禁断のタッグ”が展開されていく危険なプロジェクトにも今後ご注目下さい!

映画情報どっとこむ ralph 「引き裂かれた運命――― いま<世界>が動き出す」と綴られたコピーのとおり、バラバラとなってしまっている赤井一家の共闘は見られるのか? 世界を巻き込んだ壮大な事件にコナンと赤井はどう立ち向かうのか?

『緋色の弾丸』
 
公式サイト:
http://www.conan-movie.jp

2020年4月17日(金) ROADSHOW!

ストーリー
世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」の記念すべき東京開催を迎えようとしている日本。その開会式に併せて、日本の技術を総集結した、最高時速1,000kmを誇る世界初「真空超電導リニア」が新名古屋駅と東京に新設される芝浜駅間に開発することが発表された。世界の注目を集める中、名だたる大会スポンサーが集うパーティー会場で突如事件が発生し、企業のトップが相次いで拉致されてしまう異常事態に。その裏には事件を監視する赤井秀一の姿、そして赤井からの指令を待つFBIの姿があった。コナンの推理により、15年前にアメリカのボストンで起きた忌まわしきWSG連続拉致事件との関連性が浮かび上がり、当時の事件もFBIの管轄だったことが判明する。果たしてこれは偶然なのか? 世界中から大勢の人々が集まる日本で、いったい何が起ころうとしているのか?
“”真空超電導リニアが起動する時

危険すぎる一家が引き合わされ、いま共鳴し始める―――!

***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント 配給:東宝
(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

LiLiCoがロン・モンロウに結婚のアドバイス!『コンプリシティ/優しい共犯』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 短編映画『SIGNATURE』が第70回ロカルノ国際映画祭ほかで高い評価を受けた近浦啓監督の長編映画デビュー作『コンプリシティ/優しい共犯』が1月17日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなります。

本作の主人公は中国から技能実習として日本にやってきた青年チェン・リャン。技能を習得しようと期待に胸を膨らませ日本にやってくるが、劣悪な職場から逃亡、他人になりすましてある蕎麦屋で働き始める。本作は彼を受け入れる孤独な蕎麦職人・弘(藤竜也)とチェン・リャンはまるで親子の様に絆を構築するが、不法滞在者を追う警察の手がチェン・リャンに迫る。お互いの幸せを願い、二人がくだす決断とは!?

中国からやってきた若者が日本で働きながら成長していく姿を描いた本作にちなみ、今や日本で大活躍のLiLiCoさん、そして2017年後半に本人が投稿したSNS画像が“可愛すぎる”と話題を集め、2018年春に来日して以来、ドラマティックドキュメンタリー番組『ダブルベッド』に出演するなど日本での活躍の場を拡げている中国人美女“栗子”ことロン・モンロウさん登壇の公開記念トークイベントを実施致しました。イベントでは二人の来日時の苦労エピソード、そしてロン・モンロウさんがさらに日本で活躍するために、LiLiCoさんが芸能界の先輩としてアドバイス!

日時:2020年1月9日(木)
場所:神楽座
登壇:LiLiCo、ロン・モンロウ、MC:奥浜レイラ

映画情報どっとこむ ralph 中国からやってきた若者が日本で働きながら成長していく姿を描いた本作にちなみ、18歳の時にスウェーデンから来日し今や日本で大活躍のLiLiCoさん、そして2017年後半に本人が投稿したSNS画像が“可愛すぎる”と話題を集め、2018年春に来日して以来、日本での活躍の場を拡げている中国人美女“栗子”ことロン・モンロウさんが公開記念トークイベントに登壇しました。

ロンが「みなさんこんばんは。明けましておめでとうございます。今日はここにくることができて嬉しいです。映画を楽しんでください」と日本語で挨拶し、「え?日本に来て1年目だよね?私より日本語上手いよね」とロンの流暢な日本語での挨拶でLiLiCoを驚かせ、イベントがスタート。

「今中国と日本にも解決しないといけない問題がたくさんあります。映画を観て私のような若い人たちがもっともっと日本と中国の架け橋になって徐々に改善していきたいと思いました」と映画の感想を語ったロン。「みんな忘れているかもしれないけど、私スウェーデン人で18歳で日本に来てすぐにデビューはできたけど、お仕事をコンスタントに頂くまでは22年くらいかかったんです。」と長い下積み時代を明かしたLiLiCo。
映画については「まずこの映画は色彩が綺麗だと思った。日本に来た頃の懐かしい感じがしていて、改めて日本好きだなと思った。誰に出会うかによって日本での生活が変わるんだなって。(主人公は)いい人たちに出会ったんだねって、自分と重ね合わせることもいっぱいありました」と続けた。

日本語を覚えるコツとして、ポスターの主人公を指さしながら「恋ってね言葉を覚えるんですよ。覚えるのに一番いいのは恋なんですよ」とのアドバイスにロンははにかんだ。その流れで日本の男性について聞かれるとロンは「優しいです」と笑顔。「逆にどうやったらLiLiCoさんみたいに素敵な結婚ができますか?」とアドバイスを求めるロンに、「今みなさんにみせているロンさんじゃなくて素のロンさんを好きになってくれる人を見つけることですね」と幸せそうなLiLiCo.するとロンは「素の私は実は男の子ようにとても強いんです。」とカミングアウトし会場を驚かせた。

来日して戸惑ったことについては「やはり間違いなく言葉です、日本語。劇中でルー・ユーライさんが苦労しているように私もとっても苦労しました」と日本語の難しさを痛感したというロン、「ドラマやテレビで勉強している」と明かした。日本の“早生まれ“で学年が変わったりすることが未だに混乱するようで「永遠に慣れない.こんなに長くいるのによくわからない」とLiLiCO. また日本で暮らしていく上1番大変なのはビザの取得というLiLiCoは「日本はすっごい難しい。今でも『日本で何してるんですか?』って聞かれるから毎回泣きそうになる。どんなに頑張っても(在留期間が)1年だから。今やっと30年いて、3年とか5年をもらうようになった」としみじみ。「今でも入国管理局に行くたびに『あ、外国人なんだな』って感じます。みんなには『もうLiLiCoさん日本人ですよ!』って言われるんですけど、全然日本人ではないですね」と苦労を吐露した。

日本の好きな文化について、おしぼりを挙げたLiLiCo.「おしぼりは日本の素晴らしい文化です」とロンにその良さの力説っぷりに会場からは笑いが起こった。また「日本人は芸人じゃなくて普通の人も面白い。一発芸ができたり、話が面白い人が多い」と日本人の印象を語った。
ロンも最近覚えた「人生は山あり谷あり」という日本語が好きだと話した。

最後にこれから映画を観るファンに向けて、「人生は難しいことがたくさんあります。失敗するかもしれないし生くするかもしれないけど何度でも一生懸命いきていかなければならないと思います」とロン、「この映画の蕎麦屋さんのように凄く優しくて理解力があって、必死で主人公も頑張って。すごく人間味に溢れた映画だと思う。」と幕を閉じた。


http://complicity.movie

コンプリシティ ポスター
***********************************


ルー・ユーライ 藤竜也
赤坂沙世 松本紀保 バオ・リンユ シェ・リ ヨン・ジョン 塚原大助 浜谷康幸 石田佳央 堺小春 / 占部房子
監督・脚本・編集:近浦啓

主題歌:テレサ・テン「我只在乎ニィ(時の流れに身をまかせ)」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
製作:クレイテプス Mystigri Pictures 制作プロダクション:クレイテプス 配給:クロックワークス 
2018/カラー/日本=中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ/116分 
©2018 CREATPS / Mystigri Pictures




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『キャッツ』葵わかな&森崎ウィン ジェリクル点灯式イベントに登場!


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。ノーベル文学賞の受賞経験をもつイギリスの詩人、T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等の大ヒットミュージカルを手がけた制作陣の奇跡の作品が、遂に実写映画化!『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督やミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーらが制作総指揮に名を連ね、映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる2020年最大の注目作、

映画『キャッツ』が1月24日(金)より日本公開となります。

本作の日本公開を記念して、東京ミッドタウン日比谷にて映画『キャッツ』のコラボイルミネーションが灯される事となり、そこでこの度、映画に登場する個性豊かで特別な猫たち=“ジェリクルキャッツ”の様に、特別なイルミネーションのはじまりをお祝いする、<ジェリクル点灯式>を実施しました!

映画『キャッツ』ジェリクル点灯式イベント
日時:1月8日(水)
場所:東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
登壇:葵わかな(日本語吹替え版ヴィクトリア役)、森崎ウィン(日本語吹替え版ミストフェリーズ役)

映画情報どっとこむ ralph 映画の公開を記念し、東京ミッドタウン日比谷にて開催が決定した映画『キャッツ』と日比谷マジックタイムイルミネーションとのコラボレーションセレモニー。

ロンドンのゴミ捨て場に捨てられた、若く臆病な子猫のヴィクトリアが、迷いこんだ不思議な世界で個性豊かな沢山の猫たちに出会い、自分らしく生きる事でキラキラ輝くことが出来る事を学んでいく姿が描かれていく本作。
映画の中ではそのように自分らしく輝いて生きる猫たちの事を「ジェリクルキャッツ」と呼んでおり、今回のイルミネーションのコラボは、そんなジェリクルキャッツの様に人々がキラキラと輝けるようにと思いを込め、企画されました。

本イルミネーションに最初に光を灯すために実施された”ジェリクル点灯式”イベントに、主人公ヴィクトリアの日本語吹替えを務めた葵わかなさんと、少し気弱だけれども優しい心を持つ魔法(マジック)猫のミストフェリーズ役を務めた森崎ウィンさんが登壇!

会場いっぱいに集まった大勢のマスコミ陣と観客の方々に拍手で迎えられると、
葵さんは「主人公ヴィクトリアの声を演じました葵わかなです。イルミネーションといえばクリスマスですが、1月は『キャッツ』の月ということで、本日は日比谷がキャッツカラーに変わるのが楽しみです。」、森崎さんは「ミストフェリーズの声を担当した森崎ウィンです。今日は寒いですが、ミストフェリーズのマジックで温めていきたいと思いますので(笑)、ぜひとも楽しんでください。」とそれぞれご挨拶しました。
先日、ふとっちょで紳士的な猫バストファージョンズ役の秋山竜次さん(ロバート)とともに、ニューヨークで開催されたワールド・プレミアに出席した葵さん。MCから感想を問われると、「海外のイベントに出るのが初めてで、さらに今回は”ブラックカーペット”を歩かせていただきました。大勢の人々とすごい熱気であふれていて、映画『キャッツ』の期待の高さを感じましたし、オリジナルキャストのフランチェスカ・ヘイワードさんにもお会いできて、大興奮でした!声をあてているときに、沢山観察していたので、やっと会えた気分でした!」と興奮気味にプレミアでの特別な体験を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph そして、いよいよ、イベントのメインであるジェリクル点灯式が執り行われることに!
今回はミストフェリーズの魔法の力も借りて行われるということから、森崎さんは「ミストフェリーズのマジックで任せてください!」と気合十分。
葵さんとの「3・2・1 キャッツ!」という掛け声とともにふたりで魔法をかけると、会場に楽曲「ジェリクルソングズ・フォー・ジェリクルキャッツ」が流れ、個性豊かなジェリクルキャッツたちを彷彿とさせるカラフルなイルミネーションが点灯!瞬く間に、日比谷一面がキャッツカラー一色となりました!
幻想的な光景を目の当たりにした葵さんは「すごい!映画の曲に合わせて点灯するイルミネーションを見ることができるのはすごく素敵ですね!」と笑顔を見せ、森崎さんも「とても綺麗!イルミネーションを生で見て、こんなに感動したのは初めてです!自分で点灯するって嬉しいですね。」と大喜び!!!

無事に点灯式を終え、話題は映画の話に。まずはそれぞれが完成した映画を観たときの感想について、葵さんは「ミュージカル版のキャッツには主人公が存在していない印象なのですが、映画版ではヴィクトリアが主人公。どうしてヴィクトリアが選ばれたんだろうと考えながらアフレコに参加していたのですが、字幕版を鑑賞した際に、白猫(ヴィクトリア)って白で無色なので、ヴィクトリアを通してお客さんがカラフルなジェリクルの世界に入っていて、ヴィクトリアと一緒に成長していくために主人公になったのかなと思いました。実際に演じられたフランチェスカさんのヴィクトリアからもそう感じました」と、主人公ヴィクトリアの重要性に気づいたことを明かし、森崎さんは「僕はすでにLAで「キャッツ」のミュージカルを鑑賞していたのですが、ガスというキャラクターと彼の楽曲がすごく好きで、映画を観たときは、ミュージカルでの好きなシーンや、演じたミストフェリーズのシーンなどを思い出したりして楽しく鑑賞しました。」と笑顔でコメントしました。

アフレコの様子についても問われると、森崎さんは「生身の人間の方が演じているのに、みなさんの猫の動きがとてもすごくて、しっかり訓練されているんだなと感じたのですが、そんな方々の声を、僕らがブースなかで声を使って表現するというのはすごく難しかったです。僕たちも頭にマイクをつけて、動きながら声をいれていたのですが、ドアが大きくなったような気がしてきて、あのブースの中がキャッツの世界になった気分でした。ブースの中にいても、映画からエネルギーを感じましたし、マジカルな世界に連れて行ってもらいましたね」と手ごたえを明かしました。葵さんは「森崎さんが仰ったように、マイクの形が特徴的なので、キャストの方が飛んだり跳ねたりするシーンでは同じように飛んだり跳ねたりしながら歌いました。通常の吹き替えより、もっともっと身体的に役に近づいていく方式が面白かったですし、より作品に入っていけた感じがしました。日本語吹替え版は日本の方にどういう印象持ってもらえるかドキドキしています。」と初挑戦の吹替えを楽しんだ様子。

続けて、一生に一度、一夜限りのミラクル<奇跡>が起こる劇中の舞踏会と、ミラクルでマジカルなイルミネーションが点灯したことにちなみ、今年どんなミラクルを起こしたいかと問われると、葵さんは「もともと実家で猫を飼っていたのですが、1月に新たな猫ちゃんが仲間入りして2匹になりました。わたしはその猫を自分の家に呼び寄せたいなと思っているのですが、そのためには両親、兄弟、猫を説得する必要があるので…うまくいけばいいなと思います!(笑)」と並々ならぬ猫愛を炸裂!

森崎さんは、「僕は、全世界で2カ国だけ許された吹替え版にキャスティングしていただいたので、字幕版の大ヒットはもちろんのこと、日本語吹替え版も大ヒットさせて、全国の映画館でチケットが取れなくなるほどの満員御礼を出したいです!」と自信満々にコメントしました。

葵さんと森崎さんのジェリクル点灯式よって、日比谷の街がキラキラとマジカルに輝く幻想的な世界に生まれ変わり、会場に通りがかった観客も交え、大盛り上がりとなった本イベント。ジェリクルキャッツたちが自分らしくキラキラと輝きながら生きる姿がミュージカルで映し出される本作にぴったりのイベントとなりました。映画『キャッツ』×東京ミッドタウン日比谷のイルミネーションは、本日から2月24日(月)まで、15分に1回の特別演出として毎日点灯いたします。

映画情報どっとこむ ralph 『キャッツ』

1月24日(金)一生に一度の体験を、スクリーンで。

公式HP:
https://cats-movie.jp/ 

公式 Twitter:
@catsmovie_jp

【STORY】
扉の向こうには、 なにが待っているの―?
満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな 〝ジェリクルキャッツ〞 たち。
ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫・・・様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。一生に一度、 一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。

***********************************

監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、アンジェラ・モリソン、ライザ・チェイシン、ジョー・バーン
原作・原案:T・S・エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー

キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン ANDフランチェスカ・ヘイワード

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
全米公開:2019年12月20日 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』エレガントが止まらない最新予告がついに解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 「HiGW&LOW」を手掛けたチームが送るプリンスバトルプロジェクト。
“王子が渋滞”し、世の女子のハートを鷲掴みにしてきた『PRINCE OF LEGEND』。

公開後も続編を求めるファンからの声が相次ぎ、この度、待望の続編となる『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』が2020年3月13日(金)に公開されることが決定いたしました!

一介の土木業者である主人公・安藤シンタロウが、様々な抗争の末に、やがて貴族・ドリーとなるまでを描く連続ドラマ「貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-」が本日、2020年1月8日(水)に最終回を迎え、その物語は劇場版『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』へ引き継がれます。映画では、白濱亜嵐演じる貴族・ドリーと片寄涼太演じる三代目伝説の王子・朱雀奏が互いの正義をかけて史上空前の大バトルが開幕します!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、白濱亜嵐率いる“貴族”が片寄涼太率いる“王子”たちの通う聖ブリリアント学園を乗っ取る!?衝撃的な展開から始まる最新予告映像を解禁いたします!

本作の主人公・伝説の貴族ドリーを演じるのは、昨年末の第70回NHK紅白歌合戦に初出場したGENERATIONS from EXILE TRIBE、そしてEXILEのパフォーマーを務め絶大な人気を誇るかたわら、俳優としても『ひるなかの流星』(17)などの大ヒット作を持つ白濱亜嵐。気品漂う佇まいは、まさに貴族にふさわしきエレガンス。その他、中島健、廣瀬智紀、荒牧慶彦、ら人気若手俳優、さらにDAIGO、山本耕史といった実力派キャストも名を連ね、文字通り最強の貴族軍団がスクリーンを彩ります。

対する王子チームには、前作『PRINCE OF LEGEND』を彩った王子たちが誰一人欠けることなく再集結!GENERATIONS from EXILE TRIBEから、前作で伝説の王子の称号を手に入れた朱雀奏を、『きみと、波にのれたら』(※声の出演)『午前0時、キスしに来てよ』(19)など話題作に数多く出演し、アーティストのみならず俳優としての活躍もめざましい片寄涼太が演じるとともに、佐野玲於、関口メンディー、劇団EXILEから鈴木伸之、町田啓太、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEから川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎。

さらに連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)で人気を博した清原翔や、飯島寛騎、塩野瑛久らが出演!!そして、この超豪華な俳優陣を束ね、ドラマと映画のメガホンを取るのは「かぐや様は告らせたい―天才たちの恋愛頭脳戦―」やNetflixオリジナルドラマ「全裸監督」の河合勇人。独特のセンスでコメディ色が強いイメージがある河合監督が男たちの“絆”の物語をどのように切り取るのかも見どころのひとつです。

そしてこの度解禁する最新の予告映像では、白濱亜嵐演じる貴族・ドリーが発する「PRINCE is DEAD」という意味深な言葉から始まり、片寄涼太演じる朱雀奏をはじめ、前作にも登場した王子達が大集合!さらに、どちらが最強かを決する、貴族VS王子の手に汗握る≪フェンシング対決≫シーンや、ヤンキー王子・兄(鈴木伸之)やダンス王子レッド(吉野北人)がまさかの貴族側への寝返り!?と驚愕のシーンが描かれており、前作からのファンも目が離せない仕上がりに。また、昨日より配信開始となった、本作の主題歌で片寄涼太初のソロ歌唱曲となる「Possible」も映像に華を添えています。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか―。美しく尊い男たちの“伝説”の座を巡る史上空前のバトルの火蓋が切って落とされます!

予告映像
 


映画情報どっとこむ ralph 『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』

3月13日(金)全国東宝系にて降臨!

サイト:http://prince-of-legend.jp/ 
ツイッター:@PRINCELEGEND_PR

夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・テ
ストーリーキサス」の代表となった安藤シンタロウ(白濱亜嵐)は、自らの名を「ドリー」と改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。
そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入者が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄涼太)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか―。ともに頂点を極める両者が出会った時、戦いの幕はすでに切って落とされていた‥‥。
今、美しく尊い男たちが“伝説”の座を巡り、史上空前のバトルを繰り広げる!



***********************************

出演
白濱亜嵐 片寄涼太
鈴木伸之 佐野玲於 関口メンディー 川村壱馬 吉野北人 藤原樹 長谷川慎 町田啓太
清原翔 廣瀬智紀 荒牧慶彦 飯島寛騎 塩野瑛久 中島健 勝矢 加藤諒 袴田吉彦
山本耕史 DAIGO

監督:河合勇人(『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-』)
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Possible/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)※1月7日より配信中
本編完成時期:2020年1月下旬予定
公開:2020年3月13日(金)
配給:東宝
©2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

スーパー戦隊MOVIEパーティー劇場ポスターになんと新スーパー戦隊『魔進戦隊キラメイジャー』&プリキュアも!?


映画情報どっとこむ ralph 2020年3月8日(日)午前9時30分よりテレビ朝日系全国ネット(一部地域を除く)でスーパー戦隊シリーズ44番目の作品として「戦隊キラメイジャー」が放映開始。

今回のモチーフは「宝石+乗物」。キラメイジャーに変身するのは、 不思議な力を持つ意思のある宝石“キラメイストーン”に選ばれたキラキラ輝く5人の若者。

スーパービークルにも変形するキラメイストーンを相棒に、共に悪を迎え撃ちます。

そのキラメイジャーがテレビ放映に先駆けて2020年2月8日(土)公開、 「スーパー戦隊MOVIEパーティー」の中の1本として劇場で公開する事が、決定しました。

タイトルは「魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO」 テレビ第一話につながるキラメイジャー“始まりの物語”を是非ご紹介下さい。

映画情報どっとこむ ralph また本作品エンディングではプリキュアが登場。 「魔進戦隊キラメイジャー」×「ヒーリングっどプリキュア」、「スター☆トゥインクルプリキュア」、 「HUGっと!プリキュア」の夢の共演が実現しました。

3世代のプリキュアがスーパー戦隊と共演するのは史上初!

昨日発表された2020年3月20日(祝・金)に公開する「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」で「ヒーリングっどプリキュア」×「スター☆トゥインクルプリキュア」×「HUGっと!プリキュア」が出演することも明らかになり、3世代のプリキュアから「魔進戦隊キラメイジャー」公開の応援を思わせるような試みとして実現。

「魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO」本篇エンディングでキラメイジャーたちとプリキュアが一緒にダンスを踊ります。


映画情報どっとこむ ralph 「戦隊キラメイジャー エピソードZERO」とは

不思議な力と意思を持つ宝石「キラメイストーン」に選ばれし5人の戦士が、人々から輝きを奪い地球征服を企てる闇の軍団と戦う、新感覚のキラキラヒーロー、キラメイジャー。本作品はテレビ第一話の前の話、キラメイジャー誕生の物語です。

2020年2月8日(土)全国ロードショー

公式サイト:
super-sentai-vs-2020.jp

***********************************

原作:八手三郎
脚本:荒川稔久 下 亜友美
音楽:松本淳一

監督:山口恭平

配給:東映

スーパー戦隊MOVIEパーティー©テレビ朝日・東映AG・東映 ©2020 テレビ朝日・東映AG・東映




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ