「か行」カテゴリーアーカイブ

辻仁成 親子の絆を語った!『風をつかまえた少年』公開記念 トークイベント


映画情報どっとこむ ralph この度、世界23カ国で翻訳されたベストセラーを第86回アカデミー賞作品賞受賞『それでも夜は明ける』主演のキウェテル・イジョフォーが初監督した『風をつかまえた少年』が、8月2日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にて全国公開となります。

この度、作家、ミュージシャン、映画監督として、パリを拠点に創作活動を続け、シングルファザーとして息子の子育てに取り組む姿も注目を浴びる辻仁成さんをゲストに迎え、トークイベントを実施。先日も息子さんの中学校の卒業報告が話題となるなど、お子さんとともに人生を歩み、その成長を日々あたたかく支える辻さんに、本作で描かれる親子の絆と、父として観た本作の14歳の少年の姿について感じたものを語りました。
『風をつかまえた少年』辻仁成さんトークイベント
『風をつかまえた少年』公開記念特別試写会&トークイベント
日程:7月22日(月)
場所:ユーロライブ
登壇:辻仁成(作家、ミュージシャン、映画監督)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられながら、辻仁成さんが登場。
本作の感想について一言、

辻さん:これから皆さんが観るので、あまり言えませんが、いい映画でした。

としみじみと語り、会場からは笑い声が。続けて

辻さん:全編を通して映像がとっても綺麗で、実話の元になった方も最後に出てきて、二度感動する。電気がない場所で、学ぶことを知った少年が、自家発電で風車をつくり上げることの大変さや、人間の限りない力、ひたむきに努力する姿に心が洗われました。感動し、映画の力を改めて感じた。

と本作への熱い感想からイベントがスタート。

本作は2001年にマラウイで起こった出来事。何の予備知識もなく作品を鑑賞したと言う辻さん、
風をつかまえた少年 辻さん:はじめマラウイって、どこの国だろうって。英語で話しているけど、英語が公用語ということも映画を見て初めて知った。監督も父親役として出演していることが後からわかった。何も知らないで観ていたから、その分、映画を観た素直な感動が大きかった。そういうことも映画の素晴らしさかなと思った。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 本作は貧困で、中学で学費が払えなくなってしまった14歳のウィリアム・カムクワンバが物語の主人公。
先日15歳になったばかりという、同じ世代の息子を持つ親としてどう感じたか聞かれると、
『風をつかまえた少年』辻仁成さんトークイベント
辻さん:子供が親の反対を押し切っても、人のために行動を起こすことに、何が彼をそうさせたのかが映画から伝わってくる。ただ、映画として描いている部分はあると思うので、実際にはもっと大変で過酷な状況のなか、彼が困難を克服したんだろうなと見ていて感じました。

と映画から感じさせられる現実の過酷な状況、そして、それを現実に乗り越えた少年の苦難に思いを馳せるコメントも。

また、息子さんに本作を観て欲しいと感じましたか?という質問では、

辻さん:彼(息子)は皮肉屋だから、僕が観ろといって観るタイプではない。さっき2分ほど電話で話したけど、2分間つかまえるのもやっとで。パリから日本にも1人でくるし、九州や親戚のところまでも、親の手を借りないで1人で行動するタイプで、たくましい。自宅にスタジオを作って音楽家活動をしたり、友達たちと映画づくりの話もしていて、僕も今福岡で新作を撮っているけど、そこにも参加してエキストラの整理とかも頼まれて勝手にやっている。

と。すでに自立した息子さんの姿に会場からは驚きの声も。続けて

辻さん:この映画のすごいところは、父親の反対を押し切ってやり遂げたこと。それがうちにはないんですよね。うちは子どもに反対せず、何でもやらせてきた。バレーボールで優勝したり、成績も優秀で9月には志望校の高校に入れたり、フランス語も彼のほうができるから今では、親としても文句言えないというところもあるけど(笑)。でも本作のウィリアムは、厳しい環境というだけでなく、親にも反対されていた。それを乗り越えて成し遂げたことはすごいと思った。

と話し、また最近息子さんが恋人ができた記念に、一緒に曲作りをもちかけられたという話題になると

辻さん:息子は自分の部屋の半分にスタジオを持っていて、スピーカーやレコーディング機材、マイクや映像編集のソフトまである。彼のスタジオでつくったその曲を僕が歌った。すごくいい曲で、自分たち大人にはつくれないことをやるんだと感じた。今の14歳、15歳の子たちしかつくれない世界観。でも、映画でのウィリアムは、機材など何もないところから、作り上げたことが、さらにすごいところ。息子にも観せたい!

と主人公が0からものを生み出したことの素晴らしさを熱く語り、息子さんとの関係を語りながらも、映画では全く逆の環境で風車をつくりあげたことに感心した様子で話した。

映画情報どっとこむ ralph さらに逆の立場で、辻さんの子ども時代に父親とはどんな存在だったと尋ねられると、

辻さん:僕の父親はすごい怖い人で、厳しい人だった。父親に抱かれて遊んだ記憶がなく、モーレツ社員だった。そのかわり、母親が哲学的なことを言う人だった。いたずらっ子で、親戚にいたずらをして、怒られていたりしたけれど、母親は怒らなかった。僕を叱ることよりも、何か光るものがあるから、ユーモアで人を感動させるようにと言われた。詩を作ったときに、母親に見せて、褒められて嬉しかった。だから、自分も同様に息子には怒らないし、息子も出来た作品を僕に送って聴かせてきてくれる。

と子供の頃の経験が、今の子育てにいかされていると振り返る。

本作のテーマである学ぶことについて、

辻さん:生涯学習で100年の時代に入った。定年が65歳であれば、残りは35年ほどあるなかで、学ぶことが大切だと思う。人生、老いないために続けることで脳は活性化するし、未来も開けていくと思う。ウィリアムが風車をつくりあげたことで、電力が供給されたし、一番いいことはウィリアムの周りの人たちも、風車について知り、学ぶことができた。いつまでも、いくつになっても学ぶことができることを、この映画は教えてくれる。

と独自の視点で学ぶことの大切さや、それが周囲を変えていくことの素晴らしさについて語り、現在、アメリカに在住しマラウイに貢献するべくビジネスをてがけているウイリアム氏に触れ、

辻さん:息子もウィリアムのように、将来日本とフランスを繋ぐ仕事をすることが夢だと言っている。未来に絶望せず自分たちが生きる環境をつくっていきたいんだと話している。若い世代は絶望や悲観的な視点ではなく、常に希望を持っていると思う。

と、息子さんや映画のウィリアムと同じ若い世代に向けた思いで締めくくり、イベントは大盛況のもとに幕を閉じた。



映画情報どっとこむ ralph 『風をつかまえた少年』

8月2日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館 他全国順次公開

公式サイト:
longride.jp/kaze/

風をつかまえた少年
【ストーリー】
2001年、アフリカの最貧国マラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車を作り、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める。

***********************************

監督・脚本・出演:キウェテル・イジョフォー 『それでも夜は明ける』
出演:マックスウェル・シンバ、アイサ・マイガ
原作:「風をつかまえた少年」ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー著(文藝春秋刊)
提供:アスミック・エース、ロングライド
配給:ロングライド
© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC


『殺カレ死カノ』 きゃぴ子と地味子 キャラクタービジュアル・場面写真 解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。

殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女
W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現しました。

その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリーを紡ぎ出します。

映画情報どっとこむ ralph 殺さない彼と死なない彼女 (4)
この度、 〈小坂れい〉と〈鹿野なな〉に続き、原作でもメインキャラクターとして登場する、 〈きゃぴ子〉と〈地味子〉、〈撫子〉と〈八千代〉のキャラクタービジュアル・場面写真が公開!

殺さない彼と死なない彼女
キャラクタービジュアルは、高校の階段で、恒松祐里演じる地味子の左腕をつかみピタっと寄り添う、きゃぴ子(堀田真由)。自分の可愛さを自覚し、周囲からの愛を求め続けるきゃぴ子は、“孤独を抱える達観したぶりっ子”。 地味子は、そんな真逆の性格の親友・きゃぴ子を厳しくも温かく見守る男前な少女だ。地味子「待ってたって王子様なんて来てくれやしないわ」、きゃぴ子「いっばい愛されなくちゃ生きてる意味がないわ」というコピーが、ふたりのそんな関係を物語る。

 恒松は地味子について、「一見冷たいようで心の中は大きな優しさと愛が溢れている子を演じることが出来てとても嬉しかったです」、堀田は、きゃぴ子について、「触れたら壊れてしまいそうで、でも触れなければ今にも崩れ落ちてしまいそうな。彼女の弱さを見ていると私がぎゅっと抱きしめてあげたくなる」とコメントしている。

映画情報どっとこむ ralph 場面写真のふたりの表情からは、そんな繊細さや複雑な心の中が垣間見える。
 
もう1枚のキャラクタービジュアルは、高校の図書室での撫子(箭内夢菜)と八千代(ゆうたろう)。
殺さない彼と死なない彼女 好きな八千代に何度フラれても日課のように告白し続ける天真爛漫な少女・撫子と、恋愛に無関心な草食男子・八千代。

撫子「私はあなたに出会って“好き”を知ったわ」、八千代「 僕は“好き” って感情がよくわからないんだよ」という対照的なコピーが添えられている。

殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女
ラブストーリー初挑戦の箭内は、「こんなにストレートに告白できることをうらやましいと感じていました」と言う。「自分がこの作品の世界の中で生きるのは正直想像出来なくて不安もあった」と振り返るゆうたろうは、「役としてもゆうたろうとしても成長させてくれた」と小林監督に感謝を述べている。

場面写真は、「好き!」と告白する撫子の無邪気さ、八千代の戸惑う表情を切りとったものとなる。
殺さない彼と死なない彼女
そんな<ありのまま>にしか生きられない、いびつでピュアな少年少女たちをめぐる三つの物語は、やがて一つの思いがけない結末へ向かっていく。四コマの世界から映像の中へ、彼らの物語がどのように映し出されるのか?タイトルに秘められた謎とともに、予測不能でまったく新しいラブストーリーに期待が高まる。

監督は、『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』など日常と非日常を行き来するようなストーリーテリングと映像美、卓越した人間描写で10代の光と影を描いてきた小林啓一。

映画情報どっとこむ ralph また、7月26日(金)より、ムビチケカードが発売開始となります。
特典は、「世紀末スペシャル描き下ろしイラスト入り A4クリアファイル」!!
(特典は数量限定・非売品です)
取り扱い劇場など、詳しくは、公式HPでご確認ください。


『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト 
korokare-shikano.jp

公式twitter
@korokareshikano



物語・・・
その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、
いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリー。
何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会


《敵と友 南と北の人々》『工作 黒金星と呼ばれた男』原題:공작メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 『タクシー運転手 約束は海を越えて』、『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作として話題の『工作 黒金星(ルビ・ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が大ヒット公開中。

本作は、1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態が高まる中、北への潜入捜査を命じられた実在の工作員、黒金星(ブラック・ヴィーナス)による緊迫感溢れる工作活動と、命を賭けてまで尽くした祖国の闇に気づき苦悩する姿を描く衝撃のサスペンスドラマ。

『工作 黒金星(ルビ・ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
《敵と友 南と北の人々》メイキング映像と写真が大公開!
主要キャラクターを演じた俳優陣にフォーカスし、さらに撮影現場の裏側まで覗くことができる。元軍人で対北工作員である黒金星(ブラック・ヴィーナス)役には、2つの顔の使い分けが必要だったため、『国際市場で逢いましょう』では家族思いの純朴な男を、『アシュラ』では冷酷で粗悪な市長という正反対のキャラクターを演じ分けたファン・ジョンミンは、監督も彼しかいないと思いついたと言うほどの適役だ。ファン・ジョンミンら俳優陣が、カメラの前でおどけたり、楽しそうに話し合いをしている姿とは裏腹に、撮影には苦労も多かった様子。息もつかせぬセリフの応酬をファン・ジョンミンは「マウス・アクション」、イ・ソンミン(リ・ミョンウン役)は「休止符のない楽譜」と称したそうだ。イ・ソンミンはセリフだけで緊張感を作り上げることに苦労し、ファン・ジョンミンのNGに救われた気持ちになり、感謝したというエピソードも。

緊張の連続のため、主要キャスト4人で互いに励まし合いながら撮影に臨んだという。チュ・ジフン(チョン・ムテク役)は北朝鮮にルーツを持つ祖父がおり、北の軍人役を提案された時に「来た!」と迷うことなく出演を決意したという。


映画情報どっとこむ ralph この度解禁したメイキング写真では携帯の前で滑稽なポーズを取るなど、コミカルさも伝わってくる。
工作 黒金星と呼ばれた男 工作 黒金星と呼ばれた男 工作 黒金星と呼ばれた男 黒金星をはじめ、南と北の登場人物は油断も隙もないクセ者ばかり。演じるにあたり、俳優と監督が一丸となって話し合いを重ね、複雑なキャラクター像を役者の個性に合わせて作り上げた。カメラの裏では談笑し柔らかい表情を見せながらも、本番となると表情が一変し、工作員や軍人になりきる俳優陣の姿は、劇中の二面性を持つキャラクターたちと重なる。カメラの裏では見事なチームワークを発揮した4人だが、本編では冷酷な顔と偽りの笑みを浮かべ、激しい火花を散らし合う壮絶な情報戦を展開する。同一人物とは思えないほどの変貌ぶりは、「彼らは役者ではなく、工作員なのでは?」と疑ってしまうほどだ。
工作 黒金星と呼ばれた男
映画情報どっとこむ ralph あなたは彼らの仮面の下の本当の顔を見抜き、歴史の裏に隠された驚愕の真実にたどり着くことができるか?

『工作 黒金星(ルビ・ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』

公式HP:
http://kosaku-movie.com

派手なアクション、目まぐるしい追撃戦、華やかな新兵器の饗宴など、我々がよく知るハリウッドスパイ映画の”アクションヒーロー”とは一線を画す、徹底的に熾烈なまでの心理戦を台詞の応酬で描いた新たなスパイ映画だけあって、個性と演技力を兼ね備えた韓国を代表する俳優たちが総出演!工作員と事業家の二つの顔を使い分ける対北工作員の黒金星(ブラック・ヴィーナス)には、韓国映画において忘れることのできない人気俳優ファン・ジョンミンが扮している。北朝鮮の最高位層の人物リ・ミョンウン役には、映画やドラマ問わず彼が演技をした瞬間、観客がキャラクターの存在理由を信じてしまう名優イ・ソンミン。韓国の国家安全企割部(現在の国家情報院)室長として工作戦の総責任者 チェ・ハクソン役は、これまでの作品とはまた一味違った姿で演技の幅を見せる『お嬢さん』のチョ・ジヌン。北朝鮮の国家安全保衛部の要員チョン・ムテクを演じるチュ・ジフンは『アシュラ』で共演したファン・ジョンミンとは北と南という関係で再会する。
『工作 黒金星(ルビ・ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
『工作 黒金星(ルビ・ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』 物語・・・
1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態がたかまるなか、軍人だったパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の実態を探るため、コードネーム黒金星(ブラック・ヴィーナス)という工作員として北朝鮮に潜入する命令を受ける。事業家に扮したパクは3年にもおよぶ慎重な工作活動の末、北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、北朝鮮の最高国家権力である金正日と会うチャンスをものにする。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を賭けた工作活動が無になることを知り、パクは激しく苦悩する。果たして彼は祖国を裏切るのか、それとも国が彼を切り捨てるのか。また北朝鮮はパクの工作に気づくのかー。

***********************************

監督:ユン・ジョンビン(『群盗』、『悪いやつら』)

出演:ファン・ジョンミン 『哭声/コクソン』、『アシュラ』、 イ・ソンミン『目撃者』、「ミセンー未生ー」、チョ・ジヌン 『お嬢さん』、チュ・ジフン 『神と共に』2部作、 netflix「キングダム」、『アシュラ』

原題:공작/2018年/韓国/カラー/137分
提供:ツイン・Hulu
宣伝プロデュース:ブレイントラスト
ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
   


いとうせいこう字幕監修 ラップで運命を変える!『ガリーボーイ』 ポスター&予告編が到着!


映画情報どっとこむ ralph インドのスラムで生まれ育ったある青年がラップと出会い、それまでの人生が一変、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す、実話を基にしたサクセスストーリー『ガリーボーイ』が10月18日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開となります。

インドで活躍するアーティスト Naezy の驚きの実話を基に描かれ、海外で封切りになるやい なや全世界で大ヒット!主演は Facebook だけで 1,000 万人のフォロワーを誇る、次 世代のキング★オブ★ボリウッドの呼び声高いランヴィール・シン!北インド界の実力派女 性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、プロデューサーには US ヒップホップ史に燦然と 輝く名曲の数々で知られるラッパーNAS(ナズ)が名を連ねる。

ポスターは、劇中で印象的に使われる歌詞「My time will come(俺の時代が来る)」、 「Change your fate(運命を変えろ)」が配され、主人公の見つめる先に光が差し込み、希望を感じさせられるものとなっている。
ガリーボーイ:ポスターチラシ
映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁される予告編では、インドの厳しい格差社会の中で、貧しい生活に怒りと諦めを 抱えながら生きるムラド(ランヴィール・シン)が「大きな夢をみたら迷わず追うべきか」と葛藤 し悩む姿が。そこから一転、胸に秘めた思いをラップにのせ、止まることなくムラドは“ガリーボー イ”として突っ走ることを決意―。すべてランヴィール・シン自身が歌っている劇中のラップ曲にも注目です。



ムンバイ最大のスラム「ダラヴィ」を駆け巡り、高揚感に満ちたものとなっている。 また本作の字幕監修を作家、クリエーターのいとうせいこう氏が担当することが決定!

いとうさん:ラップが決め手のストーリーですから、どう訳すと頭に入りやすいか、体がノリや すいか、今から楽しく悩んでいます。乞うご期待。

とコメントを寄せている。
いとうせいこう
映画情報どっとこむ ralph 物語の背景にはインドが抱える格差、宗教的差別、抑圧された社会から解放されたいと願う今を生きる若者の姿が描かれ、どうしようも ない現実に真っ向から立ち向かう姿に胸を打たれる。本音をラップにのせて、スラムを飛び出し世界に発信していく“ガリーボーイ”。 観る者の心を揺さぶる魂のラップで世界中に感動を巻き起こした傑作が遂に日本公開!
ガリーボーイ
『ガリーボーイ』
原題 Gully Boy

【STORY】
インドのムンバイにあるスラム出身のムラード(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラードがまっとうな仕事に就くことができるよう、彼を大学
に通わせる為に一生懸命働いていた。しかしムラ-ドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友と車上荒らしに手を染め、内緒で身分の違う医者の父を持つ恵まれた家庭出身
の彼女まで作っていた。俺の人生はこの先も並み、何も変わらない…そう思っていたムラ-ドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生 MC
Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

***********************************

監督: ゾーヤー・アクタル(『慕情のアンソロジー』)
主演:ランヴィール・シン(『パドマーワト 女神の誕生』)
出演:アーリア-・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
2018/インド/154 分
日本語字幕:藤井 美佳
字幕監修:いとうせいこう/5.1ch/ビスタ/
配給:ツイン


望月歩 主役として桐谷健太・菅田将暉の様にワクワクしないと!『五億円のじんせい』初⽇舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。約 400 本の中から見事グランプリを受賞した脚 本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が 7 月 20 日(土)よりユーロスペース他にて公開。

主演の望月歩さんに加え、ヒロイン役の山田杏奈さん、そして、文晟豪(ムン・ソンホ) 監督が登壇して初日舞台挨拶が行われました。
『五億円のじんせい』初日舞台挨拶
『五億円のじんせい』初⽇舞台挨拶
⽇時:7⽉20⽇(⼟)
会場:渋⾕ユーロスペース
登壇:望月歩、山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督

映画情報どっとこむ ralph 公開初日の初回を迎え、満席の会場に登場した主演の望月歩さん、ヒロインの山田杏奈さん、文晟豪(ムン・ソンホ)監督。

望月さん:どうですか?面白かったですか?
望月歩『五億円のじんせい』初日舞台挨拶 と観客に問いかけると会場からは拍手が。

望月さん:ありがとうございます。これがやりたかった(笑)今日は精一杯 頑張ろうと思います。楽しんでいってください。

山田さんが:一人二役でやらせていただきました。一年前に撮影をして、今皆さんの前に届いていてとても 嬉しく思います。よろしくお願い致します。
山田杏奈『五億円のじんせい』初日舞台挨拶
文監督:今日は早い時間からありがとうございます。宜しくお願い致します。

と、それぞれ挨拶をして舞台挨拶はスタート。

GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。

約400 本の中から見事グランプリを受賞した本作を振り返って心境を聞かれると、

文監督:商業映画の長編は初だけど、商業映画が出来ますようにとミサンガに願掛けしたのですが、まだ切れてないんですよ!
文晟豪監督 『五億円のじんせい』 と足につけられているミサンガを見せて笑いを誘った。

文監督:実際に撮影を経て、無事に完成してとても嬉しいです。一緒に完成まで漕ぎ着けた スタッフ、上映してくれるユーロスペースに感謝。

と述べた。

映画情報どっとこむ ralph 今作が初主演の望月さん。これまでと違ったことや現場で努力したことを聞かれると、

望月さん:作品に対しての気持ちは他の作品も変わらないけど、僕が今ま で共演してきて、主役をされてきた人の佇まいを真似していこうと思っていました。「埋もれる」の桐谷健太さんや、「3 年 A組-今から皆さんは、人質です -」の菅田将暉さんとか。このお二人は現場ですごくわくわくされていて、だから今回は僕が一番この現場でわくわくしないとなと思って臨みました。

と気合いを見せた。

今作は、先日行われた NYアジアン映画祭でスペシャル・メンションを受賞。ちょうど山田さんの主演作『ミスミソウ』も同じ賞を受賞していたことで、

山田さん:同じ賞です。嬉しいです。

と笑顔を見せる。

NY での観客の反応を見て

文監督:特殊な場面で笑うんだな〜と思いました。静かに観てほし いところでもハッハッハッて笑っていてびっくりしました。海外では、映画が良くないとお客さんはすぐ帰ってしまうのですが、お客さんが帰ってなかったので、良かったのかな。

と喜びを見せた。 一人二役という難しい役柄を演じきって

山田さん:初めて一人二役をやらせていただいて、最初は二役分大変かなと思ったのですが、楽しさが勝って二倍やれて得しました。二人とも魅力的な子なので、二人を違う方法で表現するのは楽しかった。二人が見た目がガラッと変わるわけではないので、 観た人はどう思うかなと不安はありました。

と一人二役の難しさを語った。

今回、望月さんと山田さんの共演シーンは短く、現場でどうコミュニケーションをとっていたか聞かれると、

望月さん:お互い人見知りだな〜と感じつつ、 共通の友達の話題とかを必死に探して話しかけました。さっき楽屋でも三往復くらいで終わって僕が立ち去っちゃったので、今喋れてうれしい。
望月歩『五億円のじんせい』初日舞台挨拶 と照れ、 MC から「でも目は合ってないですもんね」と突っ込まれ「恥ずかしい!」と照れを見せると、場内も笑いに包まれた。

公開日の本日以降、ほぼ毎日劇場に立つ予定の望月さん。明日以降、毎日どのように観客とコミュニケーションを取りたい?と聞かれると

望月さん:毎日楽しま せてもらおうと思います。人と話すことや舞台挨拶は好きですが、元々話すことは得意ではないです。だけど、普段応援していただけるお客さんたちにこう いう時しか恩返しができないから、なるべく素でいられるように頑張りたい。

と語った。 また「NEW CINEMA PROJECT」は本日から第二弾の募集を開始。

受賞のコツを聞かれ

文監督:審査をしてくれる人は後に一緒に作品を作ってくだ さる方々なので、どういう作品を作りたいか、作品への熱意を伝えればきっと仲間になってくれるはず。

と力強いエールを述べた。


映画情報どっとこむ ralph 最後に、

文監督:望月さんが出演できて良かったなと思ってくれるような作品になっていると思うので、皆にもそう思ってほしい。

山田さん:初めて脚本 を読んだ時に、本当に素敵な脚本で、皆の思いが詰まっていると感じました。皆さんと、大事に大事に作った作品です。今日観て、届いたなと思った方は周りの皆さんにも薦めてほしいです。

望月さん:前から主役という場に立ちたくて頑張ってきました。この日を迎えられたことが本当に嬉しいです。今 日ご覧いただいた皆さんの顔を見て、良い反応をいただけていると思っているので、色んなところで広めてもらいたいです。僕自身、とても勇気をもらえる 映画だと思っています。観ていただいた人の言葉が真実ですので、その言葉を広げてもらえると嬉しいです。

と挨拶し、大盛況の中初日舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開中!

五億円のじんせい 主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。『ソロモンの偽証』やドラマ「3 年 A 組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演 し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来が、家出の中で、ホームレスや、 工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。
そしてこの度、主演の望月歩さんに加え、映画『ミスミソウ』主演やガーナの CM キャラクターも務めるヒロイン役の山田杏奈さん、
本プロジェクトの「出演者」部門で グランプリを受賞し、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の新ヒーローへの抜擢が記憶に新しい兵頭功海さんら注目俳優陣が演じています。

***********************************

監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月歩 山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美 主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介 プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元
協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松本月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久 制作プロダクション:オフィス・シロウズ
宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
2019 年/日本/112 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル

©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT