「あ行」カテゴリーアーカイブ

これが最後の恋かもしれない「LAST LOVE/愛人」初日舞台挨拶


これが最後の恋かもしれない
懸命に生きる女と落ちぶれてしまったギタリストの出会いのストーリー

ラブストーリーズvol.3「LAST LOVE/愛人」

が、10月4日から公開となり、初日舞台挨拶が主演の桜木梨奈さんほか俳優陣、監督が登壇しました。

日時:10月4日(土)
場所:新宿K’s cinema
登壇者:桜木梨奈、鈴木智絵、ぶっちゃあ、広瀬彰勇、青山明、石川均監督

愛人初日舞台挨拶2
MC:ご挨拶をお願いします。

石川均監督:時間割いてきていただいてありがとうございます。楽しんでいっていただければありがたいです。
愛人初日舞台挨拶石川均監督
桜木梨奈さん:本日はレイトショーに来ていただきありがとうございます。是非楽しんでいってください。
愛人初日舞台挨拶桜木梨奈
鈴木智絵さん:ぶっちゃーさんの妻の役をさせていただいてます。怖くないです。
愛人初日舞台挨拶鈴木智絵
広瀬彰勇さん:主人公の2人が流れ込んでくるBARのマスターを演じさせていただきました。あの後2人が何処へ行ったのか?今日この映画を観て明らかになるのかと楽しみにしています。
愛人初日舞台挨拶廣瀬
青山明さん:はじめまして。私40年ほど役者。舞台・ミュージカルが本業で。先ほども青山劇場で歌ったり踊ったりしてきました!実は映画は初体験で楽しみにしておりました。自転車屋の親父の役を演じています。
愛人初日舞台挨拶青山
ぶっちゃあさん:お笑い芸人しています。ゲッツとかヒロシですとかそんなの関係ねえ、ワイルドだぜ!大ブレイクして大ブレイキのかかる芸人を育ててます。全然役作りしていません。
愛人初日舞台挨拶ぶっちゃ
MC:監督この映画の見所を。

監督:全体と役者さんの空気感とかね。雰囲気を見ていただければと思います。

MC:桜木さんは現場はいかがでしたか。

愛人初日舞台挨拶桜木梨奈5 桜木さん:ゆみは双極性障害をわずらっていながらダンサーの役です。高校の頃にかじって楽しくやってたんでダンスが好きっていうのはわかるんですけど。病を患った女性がどういうことなのか?周りの人と係るとどうなるのかわからなかったんですけど。病気を勉強したり。監督に聞いたところ、可愛くって、ちょっと馬鹿にみえるけど、いろんなことを考えていてこういう行動をしているbんだよと教えていただきました。それを自分なりに深めながら一生懸命役作りしました。

MC:自分との共通点は

ぶっちゃあさん:馬鹿!

桜木さん:うーん。でも確かに抜けてる部分ですとか。。。否定できないですけど。でも、ダンスが好きなところと年上の人が好きなところですね。甘えやすいので。

MC:桜木さんに振り付けをしたとのことですが。

鈴木さん:私もミュージカル畑の人間だったので。ちょっとダンスが得意だったので。梨奈ちゃんが動けるのでなるべくフリーに。でも、こう見せたほうがいいとか。こういうステップのほうがいいねと。夜真っ暗中駐車場で練習しました。

桜木さん:フラメンコで踊ることが無かったので、智恵さんに教えていただいて。できたなと思っています。

愛人初日舞台挨拶桜木梨奈2
MC:廣瀬さんは喫茶店のマスターでしたが
廣瀬さん:雰囲気のあるバーで。限りなく透明に近いブルーを連想していましたね。火野さんが魅力的でね。若い頃男として憧れる。あの女性のもて方を身につけられないかと思ってたんですけど無理でしたね。

MC:青山さんは始めての映画の現場いかがでした?

青山さん:もう、びっくりのしっぱなしでね。舞台はセットですが、映画は本物の自転車屋さんを使って。車を止めて。こんなことしていいのかなと。とても新鮮でした。

MC:鈴木さんが奥さんで、桜木さんが愛人。いかがでした?

ぶっちゃあさん:全然役作りしなくても出来る役立ったので。マンマです。あっパンフレットにとても素敵な写真が載っていますので、是非ご購入ください。

桜木さん:とってもいい写真が何枚もありますので。是非。

愛人初日舞台挨拶パンフレット紹介
MC:火野さんいかがでしたか?

監督:一番最初に言われたんですけど。舞台挨拶は出来ませんて言われました。すみません。

MC:そんな火野さんからお手紙をお預かりしています。

LASTLOVE愛人火野正平 「LAST LOVE初日上映おめでとうございます。本来なら挨拶に行くところ遠く旅に出る仕事をしていてごめんね。監督。タイトなスケジュールでしたが現場がとても楽しかったです。最終カットを撮り終えたときの監督の目に涙がにじんでいたのを忘れません。ギターの伊藤さんお世話になりました。桜木さん。最初はちょっと硬かったけれど、日がたつにつれのびのびと自由にやっていたね。ダンスも可愛くて素敵だったよ。ご来場の皆さん。映画とは沢山の人に観られて初めて生きるものです。良かったと思ったらまた観に来てください。火野正平」

MC:火野さんとの共演いかがでしたか?

愛人初日舞台挨拶桜木梨奈4桜木さん:凄く緊張してしまって、最初芝居が硬くて反省したんですけど。火野さんが空いてる時間に四葉のクローバーを見つけてプレゼントしてくださったり、おちゃらけたり。そうやってほぐしていただいて、本当にパパを好きになりました。

MC:それでは最後に。

桜木さん:この映画をみなさんの手で育てていただければと思います。

監督:一生懸命つくりました。お堅いメッセージとかじゃないんで気楽になじんで観てください。

公式サイト: http://www.lovestories.jp/

********************************************************************


ラブストーリーズvol.3
「LAST LOVE/愛人」

LASTLOVE愛人1夢を諦め、人を信じることをやめた独身中年男。双極性障害により自我を失いつつある若い女。マンションの管理人と住人として出会い、次第に日常から逸脱していく二人は、やがて欲望の残り火を燃焼し尽くすかのように、一緒に旅に出る。

LASTLOVE愛人2監督は『老人の恋 紙の力士』(10)『ごくつまの恋』(13)でもその献身的な愛の世界観で注目を集めた石川均。

全編を通して鳴り響くJAZZギタリスト・伊藤茂利の音楽とともに、年齢も常識も超えた男女の形が魂を揺さぶる。

石川均 (脚本/監督)

キャスト
桜木梨奈 火野正平
広瀬彰勇,ぶっちゃあ,鈴木智絵,三村晃弘,佐藤真澄,平家秀樹,五東由衣,青山 明

企画:利倉 亮
プロデューサー:江尻健司、酒井識人
キャスティング:松永 琴、関根浩一
ギター音楽:伊藤茂利
撮影:佐藤和人(J.S.C.) 録音:山口 勉 編集:桐畑 寛
助監督:高明 制作担当:山地 曻 監督助手:山本優子、長塚拓也
撮影助手:武井隆太郎 録音助手:真吉美帆 
メイク:島田万貴子、谷川彩霞、柳原まみ
スチール:千葉朋昭
振付:C.Ishiko
音響効果:藤本 淳
MA:若林大記
メイキング:榎本敏郎
製作:レジェンド・ピクチャーズ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
【2014/日本/カラー/102分/HD】
<ラブストーリーズ・シリーズ>

©レジェンド・ピクチャーズ


安田顕偽乳は肩がこる!と『小川町セレナーデ』初日舞台挨拶


おもしろ初日舞台挨拶!須藤理彩さん、安田顕さん、藤本泉さん、原桂之介監督登壇!

小川町セレナーデ初日舞台挨拶2
偽、おかまバーはじめました。

母はスナックのママ、父はオカマ?そして娘は「偽オカマバー始めました。」っていうそんなちょっと不思議な家族と“スナック小夜子”に集まる人たちの物語。

『小川町セレナーデ』

本日10月4日(土)より全国順次ロードショーとなりました。

これまで、2丁目オネエ限定試写会!、2丁目応援&応援歌発表会などご紹介してきましたが、本日、初日舞台挨拶をが須藤理彩さん、安田顕さん、藤本泉さん、原桂之介監督らが登壇しておこなわれました!

日程:10月4日(土)
場所:角川シネマ新宿シネマ2
東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル5F
出演:須藤理彩、安田顕、藤本泉、原桂之介監督

MC:それでは皆さん。ご挨拶をお願いいたします。

須藤さん:皆様、今日はお忙しところこんなに。あーん。やだ~(すでにうるうる涙目です)たくさんの方に来ていただいて。ようやくこの作品を届ける日が来て嬉しいです。そして原監督のこれから始まる監督としてのデビューの日でもあるので、沢山の方と立ち会えることに凄く感動しています。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶須藤理沙
藤本さん:ご覧になっていかがでしたでしょうか?(拍手)うれしい!ありがとうございます。すごく緊張しています。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶藤本泉
安田さん:本日はお忙しい・・・方もそうでない方も(笑)お越しいただきありがとうございます。なじみの居酒屋さんで飲みすぎてしまい立ってるのがやっとなんですけど・・・どうしてあんなに飲んじゃったんだろうと後悔しています(爆笑)そのなじみの居酒屋さんのお父さんとお母さんも来ていただいてます。多分あんなに飲まさなきゃよかったと思ってると思います。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶安田顕
原監督:今日はお運びいただきありがとうございました。
安田さん:感無量!ね。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶原監督
MC:今回須藤さんはシングルマザー役でしたが、子供の成長と共に年を重ねる役でしたが演じてみていかがでしたか?

小川町セレナーデ初日舞台挨拶須藤理沙3 須藤さん:私自身、38歳で2人の娘の母ですので、子供を産んで育てるという覚悟を経験しているので、そこは演じる上で大事に、ぶれないようにしました。赤ちゃんから始まってどんどん成長する小夜子と共に母親として年を重ねる感じを自然に表現できたと思います。

MC:藤本さんは小夜子を子役さんから引き継いで演じられたわけですが。
藤本さん:あんなに可愛かったのにこんなになってしまって。。
須藤さん:そんなことない可愛いかった!

小川町セレナーデ初日舞台挨拶藤本泉3 藤本さん:小夜子はちょっとおバカで。ちょっと感情的で突っ走ってしまう女の子で。ちょっとふてくされてて。だけど。。。エンジェルさんに助けてもらえるような。亮子さんと仲良くしてもらえて、お母さんにみとめてもらえるような。どこか愛される女の子になればいいなと思って演じました。鼻血が出るシーンは楽しかったですよね!監督。

こういう場に慣れていない監督無反応です。。

安田さん:(監督)感無量です!しょうがない。
原監督:はい、楽しかったです。

MC:安田さんはエンジェル=オネエ役でしたが。
安田さん:僕への質問はずいぶんざっくりだね。兎に角、物理的に肩が凝りましたね。無駄に大きいんですよ。付けるのが。真冬で冷たいんですね。冷てえ~!今日もやるのかって。よしやるかって。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶安田顕偽乳 MC:ムダ毛の処理も大変だったと。
安田さん:そうそうそう(オネエ風)ムダ毛の処理大変って、試写で言ったらマスコミさんにそれしか書かれなかったから今日は言わないつもりだったのに~。
須藤さん:書いてくれって言ってましたよね。確か。
安田さん:是非、今日は肩が凝ったって!
MC:では見出しは肩が凝ったで、お願いします。

MC:それでは、感無量の監督ですが。長年温めてきた企画が映画化できた感想を。

原監督:長年温めてきたのは本当で、昨年からスタッフ、キャストのみなさんと準備して、現場でみんなで一生懸命作ったのは観客の皆さんに観ていただくためだったので。

今日が、この映画の誕生日だと思って感無量です!(爆笑)

MC:撮影現場の裏話を
安田さん:では腹黒いことを・・
須藤さん:いい作品を観をわったところ!
安田さん:どうでした(場内大拍手!)監督拍手されてます。
原監督:・・・・・

藤本さん:もしもし監督~
小川町セレナーデ初日舞台挨拶原監督2 原監督:現場、僕は楽しみました。
安田さん:楽しんでましたよね。だって普通はモニターを見て監督するのに、僕らのそばにいてね。
藤本さん:映り込んで怒られてましたよね。
須藤さん:特等席って言ってね。
原監督:本当に楽しかったんです。和気藹々ってだけじゃなくて。それそれの役を現場で作り上げていくのを見させていただいて。モニター越しじゃ寂しいなって。

須藤さん:ミラーボールが象徴的に出てくるんですけど。の光の当たり方で1日テンションアゲアゲなんです監督!皆の士気も上がりました。
安田さん:監督は大きな子供で。最高のおもちゃだという感じでね。

MC:ほかのエピソードを
須藤さん:安田さんは、普段は寡黙な武士みたいなんですけど。。エンジェルになった瞬間に小夜子にちょっかいを出し始めるんですよ。
藤本さん:よく遊びましたよね。
安田さん:なんかね。ちょっかい出したくなっちゃうんですよ。

小川町セレナーデ初日舞台挨拶須藤理沙x安田顕
須藤さん:劇中で小夜子と私は親子関係なので、なかなか反発しあう距離感だったんですよ。ふっとエンジェルが来ると親子だったり。姉妹に見えたり。じゃれ合ってたんですよ。

安田さん:お二人は前室でも役に入ってたんですね。監督!マイクは上げてください。お仕事ですから。

藤本さん:亮子さんも含めて3人で火星から来たような恰好しているとね。
安田さん:そうそうそう。ガールズトークしたよね~。

MC:安田さん。だんだん、オネエ言葉に・・

小川町セレナーデ初日舞台挨拶藤本泉2安田さん:来年あたりはそうなっちゃうかもしれません。
藤本さん:エンジェルさんの格好になると先ず声が高くなって、つめの先の話とかね。

須藤さん:中盤からは鏡をうっとり見とれてたしね。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶安田顕自撮り 安田さん:そう、最後には自撮りしてましたメイクさんと衣装さんの作品でしたね。

MC:他の役者さんとは
安田さん:きな子ちゃんとは仲良いんでしょ。
藤本さん:撮影終わってもデートしてます。動物園行って、水族館行って、3回目に飲みに。

MC:劇中でいか八郎さんが「いい感じの方がいいよ。生きてりゃいい。生きてりゃいい。っておっしゃっていましたが、みなさんの座右の銘は?生きてく上で。

原監督:あれは脚本ではなくって、いきなりおっしゃったんですよ。あんな台詞は書けないです。こんな若造には。

須藤さん:今って辛いなって思ったときは「冬来たりなば、春遠からじ」厳しい冬の後には必ずあったかい春が来る。良いことと悪いことは平等に来ると思っているので。この作品も初日の入りが夜中の12時でね。終わりが4時で。。その時に・・冬来たりって。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶須藤理沙last
安田さん:そうそう、その後ナレーションの仕事があって。時間なくてあの恰好のままで行ったんですよね。そうしたら目を合わせるでもなく、そらすでもない。あっ世間てこう見てるんだって。スッと入りました。

藤本さん:気にしない。小学校の先生が黒板に書いてたんです。

安田さん:漂う。じゃないかと。右から左へ、無になって。

原監督:・・・・・

安田さん:監督こんなですけど、私物のかばんはSEX PISTOLS。で、KISS THISって書いてあるんです。だから座右の銘はそれで。

原監督:それではそれで。

MC:最後に一言お願いします。

須藤さん:この映画は、一緒に見る相手で全然見え方が変わる映画だと思います。ちょっといびつな関係の親子ですけど、娘によって繋がっていく関係が、皆さんの中に残っていただければ。みなさんの手でこの映画を成長させてください。
小川町セレナーデ初日舞台挨拶須藤理沙4
原監督:作るまで、スタッフ、俳優と頑張ってきました。ここから育てていただくのはお客様です。宜しくお願い致します。

小川町セレナーデ初日舞台挨拶
笑えて切なくて・・でもほっこり。

『小川町セレナーデ』

10月4日(土)より角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次ロードショー中です!
是非、是非、映画館へ足をお運びください。



********************************************************************


小川町セレナーデポスター監督・脚本:原桂之介 
出演: 須藤理彩 藤本 泉 安田 顕

小林きな子 髙橋洋 阿部進之介 

濱田ここね 大浦龍宇一 金山一彦 大杉 漣(特別出演)  

主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト  2014年/日本/カラー/5.1ch(一部除く)/DCP(一部除く)/ DCP16:9/119分/G
公式サイト http://ogawacho.com    
配給:アイエス・フィールド 配給協力:KADOKAWA 宣伝協力:アルゴ・ピクチャーズ
 © 2014「小川町セレナーデ」製作委員会    


バービーKONTAとLisaデュエット曲「小川町セレナーデ」発表!


とある町のちょっと不思議な家族と“スナック小夜子”に集まる人たちの物語を描いた

『小川町セレナーデ』

がいよいよ10月4日(土)より公開されます。

ポスターのキャッチは、偽おかまバー、はじめました。

と言うことで、先日の2丁目のオネエママ試写会に続き、新宿2丁目にて本作の応援トークショーと、公式応援ソング「小川町セレナーデ」の初披露が行われました!

なんと、あのバービーボーイズのKONTAと女優で歌手のLisaが歌う昭和歌謡なデュエット曲です。

新宿2丁目全力応援小川町セレナーデイベント
新宿2丁目全力応援トーク&公式応援ソング初披露イベント

日程:10月2日(木)15:30~16:10
場所:新宿PIT INN(東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1)
登壇者:バブリーナ(2CHOPO女装編集長)、原桂之介監督
     Lisa(利咲)
MC:桐畑トール(ほたるゲンジ)、異母栗ぼん(西田和昭)

MCの桐畑トールさん、異母栗ぼんさんの軽快なトークからはじまり、先ず女装編集長バブリーナさんが登場!

バブリーナさん:ごきげんよう!金曜の夜ぶり~。大きいですけど2丁目の女装はこれがデフォルトですから。この映画、すでに2丁目では評判ですよ。先日も完成試写会の後におかま40人くらいでそこらへん練り歩いたわ。。

MC桐畑トール 異母栗ぼん 2丁目からバブリーナ
MC:ちょっとね。ひげが生える時間帯で。。通勤時間のサラリーマンびっくりしてましたよ。

バブさん:仕事終わりの試写会だったから~

この飛んでる試写会の模様は過去記事:
新宿2丁目オネエ限定試写会&舞台挨拶!『小川町セレナーデ』

ここで、原桂之介監督登場!

原桂之介監督3
MC:監督若く見えますね!浪人生みたいですけど監督ですもんね。

監督:35です。意外にね。たくさんの方に来ていただいてありがとうございます。

バブさん:コピーが偽おかまバーはじめました。じゃない。偽って!ちょっとイラッとして。見届けてやろうと思ってね観たんですよ。安田顕さんのエンジェル姉さんが素晴らしい演技力で。この辺歩いていたらわからないレベルのオカマっぷりでびっくりしたんです。

バブさん:それから、ミシェルとパリスちゃん。女の子がオカマのふりをするんですけど、クオリティーが素晴らしいんです。かなり研究されていて、おかまに見えるんですよ!最初このやろーだったんですけど。見終えて嬉しくなっちゃいました。(監督:みんな喜びます。)監督おかまバー結構行ったんですか?

監督:バーの方に台本を見てもらって意見聞いたりしました。あの3人は研究してたんで。

小川町セレナーデ応援ソング発表会
MC:監督もそういうお店で働いてたんですよね?
監督:はい、オープニングの六本木のお店で。バイトで
バブさん:あれ、監督もこっち側なんですか。
監督:えっ、グレーです。
バブさん:黒っぽいですね。
MC:いや。監督はお子さんいらっしゃいますから。
バブさん:えー!違うじゃない!!!

監督:バイト中に表に出ていく姉さんと裏の顔の両方見れたんで、明け方階段のところで泣いている姉さんとか。でも、表に出ていくと笑顔で。

バブさん:須藤さんのセリフで、裏で一杯苦労しているから表で笑顔にできるのよって。オネエのことよく見て作ってるなと。監督好み。。やさおとこ。(腕くんじゃいます。)私たちの庭なんで許して・・・

MC:それでは応援ソングの話を。

監督:映画のタイトルと同じです。舞台がスナック小夜子。セレナーデは小夜曲なんで。曲風はスナックですし、カラオケで歌えるように歌謡曲で。作詞もさせていただいてます。
バブさん:監督!何でもできる~ちゃりんちゃりん!印税生活!
監督:楽しみですね。監督お金にならないんで。


MC:小川町セレナーデを歌っている方からビデオメッセージです!

小川町セレナーデLISA&KONTA
KONTAさん:今回、応援ソング「小川町セレナーデ」を歌わせていただくことになりました。
Lisaさん:KONTA&Lisaです!
KONTA:Lisa&KONTAじゃねえかよ!女性先!いま、歌い終わった収録終わったばかりです。
Lisaさん:昨日いただいて(笑)レトロな感じでメロディもいいし。
KONTA:昭和な感じだよね。詩がお洒落だなと思ったら、作詞してるのは監督。いいよね。スナックの空間・風俗をちゃんと再現できてる曲だなとおもいます。
Lisaさん:お酒飲みながらだとさらに盛り上がるかなと。カラオケで歌ってください!
KONTA:愛にあふれた曲です。この曲を愛してやってください。20代と50代の恋愛も成立するかもしれません!

バブさん:バービーボーイズのKONTAさんじゃない!すごい人が。来てほしかったわ。

監督:レコーディングも立ち会ったのですが、ハイトーンが生だとこんなに凄いんだとびっくりしました。

MC:PVがありますので!観ていただきます。

PVが流れます。。。めっちゃ昭和歌謡のデュエットソングです。


Lisa2 MC:これ紅白行きますね!スナックに合ってますね。

バブさん:2丁目の場末のBARでもね。

MC:実は、Lisaさんにお越しいただいてます。

バブさん:Lisa可愛いい~。

Lisaさん:小川町セレナーデを歌わせていただいたLisaです。レコーディングの前日に曲いただいたんですけど、KONTAさんとも初めましてでしたけど、優しくて面白くて。

この歌を歌うポイントは女性はセクシーに。男性は熱唱してください!

MC:折角来ていただいたので、生で!

KONTAさんがいないので、Lisaさんとぼんさんがデュエットを披露!
異母栗ぼん&Lisa
バブさん:ぼんさん台無し~!KONTAさんの歌が入っていたのに!聞きたかった。

(記者:バブリーナさんに激しく同意。)

MC:監督、最後に

バブさん:おかまの表面と裏面をちゃんと描いた嬉しい映画。とってもいい映画です。

Lisaさん:映画を観ていただいて、カラオケに入るので歌も覚えて歌ってください!

監督:歌も映画もあったかいものになっています。劇場でカラオケで小川町セレナーデ宜しくお願い致します。
原桂之介監督4
MCのお二人&バブリーナさんごめんなさい!面白いけど使えない部分は自主規制しました!

********************************************************************

『小川長セレナーデ』
10月4日(土)より角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次ロードショー!
公式サイト http://ogawacho..com 
小川町セレナーデポスター 監督・脚本:原桂之介 
出演: 須藤理彩 藤本 泉 安田 顕
小林きな子 髙橋洋 阿部進之介 
濱田ここね 大浦龍宇一 金山一彦 大杉 漣(特別出演)  

主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト  
2014年/日本/カラー/5.1ch(一部除く)/DCP(一部除く)/ DCP16:9/119分/G
   
配給:アイエス・フィールド 配給協力:KADOKAWA 宣伝協力:アルゴ・ピクチャーズ
© 2014「小川町セレナーデ」製作委員会
 
     


ウルトラマン アート大集結!@名古屋PARCO


円谷プロダクションクリエイティブジャム50 3rd気鋭のクリエイター達による「インスパイアードアート」が大集結。『円谷プロダクションクリエイティブジャム50 3rd』名古屋PARCOにて開催決定!のお知らせです。

ウルトラマンをモチーフにした「ウルトラ木魚」がマスコミ各社に取り上げられ話題沸騰した展示販売イベントが、11月13日(木)~25日(火)の日程で開催されます。


<「TCJ50 3rd」開催概要>
開催期間:2014年11月13日(木)~25日(火) ※会期中無休
時間:10:00~21:00
会場:名古屋PARCO(愛知県名古屋市中区栄3-29-1)
http://nagoya.parco.jp/
最寄駅:地下鉄名城線矢場町駅
展開内容:円谷プロ作品に関する「インスパイアードアート」展示及び限定アイテム販売
1)インスパイアードアートの作品展示
2)アーティスト製造アイテムの販売(一部受注販売有)
3)運営オフィシャルグッズの販売

入場:無料

(参加アーティスト)※順不同
MEDICOM TOY / サンガッツ本舗 / T9G / 小夏屋 / KAIJIN TOY / UAMOU / P.P.PUDDING / CLAYMAN / ミロクトイ / ザリガニワークス / マンガプロダクツ / アートマン+クロツヅキ / BIGBLACKMARIA / CCP / アトリエジェムジニー / MAX TOY / S9EZ / MOGRAPHIXX / PUNKDRUNKERS / Coolens / ユキヒーロープロレス/ ヤモマーク / MONSTOCK!! / refreshment toy / もにまるず / chimagroup / デハラユキノリ / monyomonyo / 大図まこと / 松岡ミチヒロ / black-box KATSUYA / FOORIDER / CONVEX DESIGN / しぶぞー / 他

プロジェクト概要
名称:TSUBURAYA PRODUCTION CREATIVE JAM 50(円谷プロダクションクリエイティブジャム50:略称・TCJ50)
期間:2013年夏~2015年8月31日
展開内容:
1)作品展示・販売イベント 2)WEBでのアイテム販売 3)その他公式グッズの販売、各種イベント
主催:株式会社 円谷プロダクション
企画・運営:株式会社サイコー!/フィールズ株式会社

<開催内容>
2013年、創立50周年を迎えた円谷プロダクションの様々なキャラクターや世界観を、海外も注目する気鋭のクリエイター達が「インスパイアードアート」として様々な表現で作品化。フィギュアを中心に、アパレル・アクセサリー・イラスト等、オリジナルアイテムを、約2年間に渡り、展示販売する円谷プロダクション公式イベント。

<販売アイテム例>
『火星怪獣ナメゴン(ブルマァクカタログカラー)』
メディコム・トイ 価格未定
火星怪獣ナメゴン 1960年代、マルサンより発売されたナメゴンはその後、ブルマァクからリリースされる予定があった!?

ブルマァク最初期の商品に封入されたカタログにのみ掲載されたが、その生産性の悪さから発売されなかったブルマァクカタログカラーのナメゴンが半世紀を経て、M1号・西村祐次の手で蘇る!

企画協力:ブルマァク、マルサン

『化猫怪獣ネゴラ(ガラモンカラー)』
小夏屋×伝作釜 価格未定
化猫怪獣ネゴラ(ガラモンカラー) 女流墨絵師こなつが生み出した化猫怪獣ネゴラ。
異端の有田焼として世界中から高い評価を受けている伝作窯、2つの才能が集結し、今年発売された”伝作窯謹製小夏屋猫強羅”は経済産業省推進企画クールジャパンの5月度の限定商品として大好評頂いた。

今回TCJ50 3rdのために再びこの2人がタッグを組む。
円谷プロが生み出した永劫不滅な人気怪獣ガラモンをモチーフにネゴラはその姿を大きく変貌させた!

※各作品は制作中のものです。実際の商品とは異なる場合がございます。

(C)円谷プロ

********************************************************************


小澤亮太、城戸康裕登壇!『アキラNo.2』の初日舞台挨拶レポ



この度、映画『アキラNo.2』の初日舞台挨拶が9月27日(土)シネマート六本木にて行われました。

男だらけの現場で団結力は抜群!!
小澤亮太 主演最新映画『アキラNo.2』初日舞台挨拶レポートです!!

アキラNo.2初日舞台挨拶
『アキラNo.2』初日舞台挨拶
日時:9月27日(土)
場所:シネマート六本木
登壇者:小澤亮太,城戸康裕,五十嵐麻朝,福山翔大,橋本マナミ,吉村典久監督,お宮の松(MC)

小澤さん:本当に多くの人が来てくださって、とても嬉しいです。こんなにお客さんが沢山いらっしゃっているので、戸惑ってしまって…

と、少々緊張気味に挨拶。そんな小澤さんに対し城戸さんは

城戸さん:ようやく公開となって嬉しいです。まあ、僕は亮太君のバーターなんですけどね!

と、会場は爆笑の渦に。やや緊張気味だった小澤も、にこやかな表情に。


MC:撮影から約半年を経ての公開となった今の気持ちは?

小澤さん:タイトなスケジュールで撮影した作品ですが、男だらけの現場だったので、すぐにみんなで団結して映画を作ることができましたし、撮影後にプライベートで遊びに行ったりもしたので、もう半年経ったのか、という気持ちです。

と答えると続けて

城戸さん:本当に撮影タイトでしたよね。撮影の最後の日は寝る時間がないので、現場近くのホテルに行って(小澤と)別の部屋を取ったんですよ。だけど楽しくて、結局朝まで2人で話しをしたりしていて、2時間位しか寝なかったんです。

と、仲の良さを強調!!!すかさず

五十嵐さん:間違いは起こったんですか?

とツッコミを入れると

城戸さん:うーん、間違いは起こったり、起こらなかったり。。。

とボケて笑いを誘いました。

MC:本作は、不良高校を舞台に登場人物が学園のNo.1を目指す成り上がりヤンキー映画だが、小澤演じる主人公のアキラは、喧嘩ではなく気配りでNo.2の座についているという従来のヤンキー映画とは一線を画す設定ですが。そんな本作の印象に残っているシーンは?

小澤さん:No.1のツトム役の城戸君との微妙な距離感での掛け合いが印象に残っています。最初に現場で会った時の城戸さんは本当に怖かった。

MC:今回は今までにない役柄でしたね。いきなりゴーカイジャーからアキラになるっていうのは大変でしたか?

小澤さん:いやいや、ゴーカイジャーの後に沢山いろんな役をやって経験を積みましたよ!最近は比較的大人しくて情けない役が多かったので、確かにアキラは新鮮でした。

と語りました。

MC:劇中で上半身裸のシーンが多かったですが。

城戸さん:監督が脱がすんですよ(笑)

と述べ、現役のキックボクサーとして、人前で脱ぐことには慣れっ子の城戸が、この日も観客の前で上半身裸になり、肉体美を見せる一幕も!!更に、自身の役柄について聞かれた

五十嵐さん:僕は長髪の役だったのですが、ラーメンを食べるシーンで、髪の毛が気になって仕方がなかった。(髪が落ちてくるのを)支えながら食べるのも、キャラクターとは違うなと思ったので、ラーメンの中に髪が入っているのを我慢しながら食べました。長髪の女性の気持ちが痛いほど分かりました。

と語ると、女性客からは笑いと拍手が!

MC:最後に、これこそはNo.1と自慢できることは何んですか?

小澤さん:口の大きさですね。

と自らのチャームポイントをアピール。更に

福山さん:若さ、ですね。この中では1番若い19歳です。

橋本さん:私はココですね。

と胸元を強調し、男性陣を悩殺。紅一点、華やかさを魅せつけました。


映画『アキラNo.2』はシネマート六本木、シネプラザサントムーンにて公開中。

10月2日(木)には、劇場公開版に未公開の映像を追加した完全版のDVDがセル&レンタル同時リリース。また、10月4日(土)には、大阪 シネマート心斎橋にて1日限りの限定上映&小澤亮太登壇の舞台挨拶が予定されています。

更に、10月10日(金)にはシネマート六本木にて、クロージング舞台挨拶付き上映が行われる予定。各種チケットはチケットぴあにて販売中。

********************************************************************


『アキラNo.2』
公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/akira-no2/ 
公式Twitter:@akirano2_movie

ストーリー
不良の巣窟である陸山高校の”ナンバーズ”と呼ばれる最強軍団の“No.2”であるアキラはNo2の座にいて常にNo1を狙っているが、現実は甘くない。No1からは押さえつけられ、下の連中からはNo2の座を狙われる息のつけない立場である。絶対的な存在であり、生きる伝説といわれる史上最強の不良で学校のNo.1であるツトムの機嫌を取ることで、自らの居場所を確保している。気配り、気づかい、忍耐、努力をもってして、何とか頂点に立つべく奮闘する、異色の不良ドラマ!
【出演】
小澤亮太/五十嵐麻朝・福山翔大・橋本マナミ
小西成弥・吉田大輝・高橋郁哉/城戸康裕
【スタッフ】
原作:奥嶋ひろまさ「アキラ№2」(「ヤングキング」少年画報社)
脚本:井上桜子・篠田和美・吉村典久 監督:吉村典久 
制作:ゴセント 製作:エスピーオー
2014年/日本/カラー/ステレオ/HD/122分 
(C)2014奥嶋ひろまさ/少年画報社/エスピーオー