「あ行」カテゴリーアーカイブ

無料上映会『いわきノートFUKUSHIMA VOICE』


大学生11名が丹念に取材を重ねたドキュメンタリー

映画『いわきノートFUKUSHIMA VOICE』 完成披露無料上映会開催

筑波大学創造的復興プロジェクトがいわき市で取材、撮影した、『いわきノート』を、いわき・つくば・東京にて2月から3月にかけて上映されます!

—- 詳細 —————————————————–
2月16日(日) @いわきアリオス小劇場
14:00より上映(12:00より整理券配布)

2月21日(金)筑波大学大学会館ホール
15:00より上映(13:00より整理券配布)

3月2日(日)渋谷UPLINK
16:00より/19:00より(会場HPにて予約受付中)
http://www.uplink.co.jp/event/2014/23493

※いわき、つくば、東京の3都市で無料上映会を上述日時にて行います。
※上映後には関係者を交えてのトークショー(約30分)を予定しています。
※本作品は入場無料となっています。先着順定員制各会場で整理券配布致します。
紡がれる声で見えてくる被災地の現在。

『いわきノート』ポスター福島県の南部に位置し、福島原発から最寄りの都市であるいわき市。かつて炭鉱のにぎわいや、映画フラガールで知られる街です。東日本大震災では446名が犠牲となり、現在の福島第一原発の周辺町村から2万人以上の避難者を受け入れています。
環境変化のストレスや風評被害が住民たちにのしかかる状況の中、『未来会議inいわき』が開催されています。それは市内外から職業も年齢も考えも異なる人々が集い、自らの経験や思いを語る場です。カメラは偶然に出会った人々による対話が無数に発生し、過去から現在そして未来に向けて対話が発展する様子を追います。

『いわきノート』福島の人たちの声を世界に届けるために。

11名の大学生が丹念に取材を重ねたドキュメンタリー。

いわき市で取材にあったのは大学生11名。震災の記憶が風化してゆく現状を感じたという彼らの合言葉は“福島の人たちの声を世界に届ける”。未知の街で丹念に取材した結果、撮影素材はのべ90時間にも及んだ本編では人々言葉と市内の情景とが、人々の声を紡ぐ映像として構成されています。

********************************************************************


『いわきノート』
■HP:http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/~cr/iwakinote/

【筑波大学創造的復興プロジェクト概要】

筑波大学芸術系が中心となって創造的復興をめざすプロジェクト。筑波大学の多領域にわたる専門分野と芸術とが共同し、学生とともに被災地の多様なニーズに応えることを目的とし、創造的復興-Creative Reconstruction-を目指します。

取材・撮影:有馬俊 岡崎雅 佐々木楓 佐藤優大 三藤紫乃 鈴木絹彩 鈴木ゆり 太智花美咲 千葉美和子 津澤峻 中川慧介
(筑波大学2013年度在学生)
協力:未来会議inいわき
音楽:江口拓人
編集:島田隆一 デザイン:古山菜摘
制作担当:飯田将茂 橋本友理子
プロダクション・マネージャー:林剛人丸
プロデューサー・アシスタント:倉持政晴
ラインプロデューサー:大澤一生
プロデューサー:浅井隆 エグゼクティブプロデューサー:窪田研二
制作:有限会社UPLINK 製作:筑波大学創造的復興プロジェクト
(2014/日本/86min/HD/ドキュメンタリー)


池上彰氏 トム・クランシーを熱く語る


映画『エージェント:ライアン』公開に先立ち、本日2月14日(水)に公開直前スペシャルイベントが行われました。ジャック・ライアンシリーズ第一作『レッドオクトーバーを追え』『エージェント:ライアン』の観賞を前に、今回初めて字幕監修をした池上彰さんとインテリ系美女優木まおみさんがトークショーを行いました。

公開直前スペシャルイベン概要
ファンが選ぶ<Best of ジャック・ライアン>作品上映会
日時: 2月12日(水)
場所: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇ゲスト:
池上彰 優木まおみ

先ずは、フォトセッション。
池上彰_優木まおみ『エージェント:ライアン』
優木まおみ『エージェント:ライアン』業界きってのインテリジェンスなお二人の登壇。優木さんは8ヶ月の妊婦さんです。

優木さん:今日は試写室でお先に観させていただきました。途中激しいシーンもあるので、ドンドコドンドコ動いてましたね。聞こえてるんだともいます。自分もスパイ気分になって動いていたのかもしれないですね。映画大好きかもしれないです。

池上さん:大学の教え子が映画観ていたら次の映画の予告編に出ていて、ビックリしたと。先生そんなことまでやってるんですか?って言われました。そもそも、ジャック・ライアンシリーズが大好きなもので、字幕監修いかがですか?っていわれて受けたんですけど、簡単じゃなかったです。

MC:池上さんが観た「エージェント:ライアン」はいかがでしたか?
池上さん:トムクランシーって言うのは今アメリカが抱えている“脅威”をいち早く取り上げて近未来になりが起こりうるのかを提示しています。ですので、911以降経済テロを恐れているんだなとわかる作品だともいます。

MC:楽しみ方は
池上彰池上さん:CIAのリクルートは色々あるのですが、彼は分析官としてリクルートされるんですが、やがて工作員になっていく。。なぜ彼がそのようなことが出来るのか。最初にわかります。そして色々なところで複線がはられています。何気なく観ていると見過ごしますが注目ということで。

優木さん:エピソード0的な感じですよね。諜報員になっていく。経済テロがベースになっているので、観る前にはちょっと難しいんじゃないかなと思ったのですが、さすが池上さんが監修しているだけあって、女性が見てもわかりやすく迫力もある。あっという間の時間でした。
そして、キーラ・ナイトレイが演じているフィアンセ目線で観てしまう所もありました。

池上彰_優木まおみ2MC:今回ファン投票でライアンシリーズ一番人気が『レッド・オクトーバーを追え!』でしたが、どう思われますか?
池上さん:トム・クランシーが小説を出した後、FBIに聴取されるんですね。余りにも軍事情報がリアルで、機密漏洩を疑われたんです。ただ彼は公開情報を集めて、一つの物語にしていく。実は、本当のスパイのやり方なんです。工作員が忍び込んではあまりない。98%は公開情報を分析するんです。そうやってクランシーは『レッド・オクトーバーを追え!』を作ったんです。

その後、優木さんから池上さんに映画に関する質問が用意されフリップで進行。

池上彰_優木まおみ4優木さん:ジャックライアンシリーズの面白さは
池上さん:基本的にアメリカの抱える問題や仮想敵が変わり、近未来に起こりうるのかなと思わせるところです。冷戦からコロンビアの麻薬カルテル。そして、最新刊は米中開戦。かつてソビエトだった仮想的が中国に変わってきていることがわかるんです。
優木さん:池上さんもいろいろ知りすぎているんでスパイと間違われちゃうんじゃないですか!?

優木さん:字幕監修で工夫したところや苦労した点は?
池上さん:私は原作のトム・クランシー、そしてこのシリーズの主人公であるジャック・ライアンが大好きです。だから、今回のお話をいただいた際に、監修だけなら楽だろうと思ってお受けしたんですが、簡単ではなかったですね。ウォール街を舞台にしている映画なので、金融ワードとして”裁定取引”(アービトラージ)という単語が出てくるんですが、そこを分かりやすいセリフに直しました。」

優木さん:ソチ五輪がテロに狙われているという噂は本当ですか?
池上さん:いまオリンピックが行われている地方は、もともとイスラム過激派がいる地域。過去、彼らを弾圧したことに人気が出たのがプーチンさん。世界中のテロリストたちにしてみれば、ここでテロを起こせば自分たちの主張を世界中にアピールできる絶好の機会と思っているのでは。

池上さん:実際にCIAのエージェントは「なりたい!」と希望してなれるものではなく、リクルートして初めて採用される。この映画ではその部分がリアルに描かれています。スパイには会ったことはないが、疑わしい人には会ったことがあります。アメリカ以外の国ではスパイがジャーナリストに装って潜入捜査することもあり、そのような人の前では発言に気を付けています。逆にアメリカではスパイがジャーナリストとして活動するとジャーナリストの命の危険にさらされることがあるのでアメリカでは公に禁止されているようです。

優木さん:「テロって言われると映画の中だけの話でどこか他人事のように感じるけど、池上さんからこうやってお話を聞くととてもリアルなことに感じます。経済テロが起きないようにCIAの皆さんがんばってください」とエールを送り、イベントは終了しました。

ジャック・ライアン:リブート作品として現代を舞台に描かれるライアン捜査官の誕生から活躍を描く

映画『エージェント:ライアン』

が2月14日(金)先行、15日(土)に全国公開されます。

公式サイト:http://www.agentryan.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/AgentRyan.jp

エージェント:ライアン
********************************************************************


『エージェント:ライアン』(原題:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT)

世界的ベストセラー作家、【追悼】 トム・クランシー最新作 伝説のCIA捜査官《ジャック・ライアン》新シリーズ、ついに始動!
スパイ経験ゼロのCIAエージェントが、今そこにある次世代テロに挑む、インテリジェンス・スパイアクション!
“ジャック・ライアン”シリーズは時代の先端をゆく世界情勢や国際問題を背景に、強い正義感を持ち天才的な分析力を武器に、立ちはだかる陰謀や様々な敵に挑むジャック・ライアンをリアルに描き、全世界で1億冊以上読まれたベストセラー小説。映画化は1994年公開の『レッド・オクトーバーを追え!』から『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』『トータル・フィアーズ』と続いた大人気シリーズ。『エージェント:ライアン』は”シリーズ生誕30周年”を迎える記念すべき来年に公開され、経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされたスパイ経験ゼロのジャック・ライアンが、ルーキー捜査官として”次世代型テロ”の巨大な謎に挑む。

監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、キーラ・ナイトレイ、ケネス・ブラ
ナー
公開:2014年2月14日(金)先行公開・15日(土)全国公開

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(c)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


唐沢・福士『イン・ザ・ヒーロー』クランクイン


唐沢寿明・福士蒼汰が再びヒーローーに!
黒谷友香、寺島進らも続々ヒーローに!


『イン・ザ・ヒーロー』クランクイン&追加キャスト発表

「国民的番組には隠れたヒーローがいた!」
すべての映画を愛する人たちに贈る。ハリウッドを目指し、映画に命を掛ける男たちの物語。

この度、秋全国公開予定の豪華かつ一大エンタテインメント作品『イン・ザ・ヒーロー』がクランクイン。そして、ヒーロー達が決定いたしましたので、ご案内です!

イン・ザ・ヒーロー
本作は、過去40年余りの間、世界中の少年たちが夢中になって観てきた特撮ヒーローを生み出すキーパーソンである「スーツアクター」という、意外と本当の姿を知られていない、彼らアクター達を描く映画です。その中で、国民的番組「神龍戦士ドラゴンフォー」のスーツアクターとして登場するのが、主演の唐沢寿明演じる本城渉と、その分身を演じることになる人気絶頂のアイドル俳優・一ノ瀬リョウ。

主演は、実際にスーツアクターをしていた唐沢寿明さん。彼が演じる本城渉は、ブルース・リーを崇拝し、ハリウッド映画のアクターすら命の危険に降板するヒーローアクション映画に挑む、日本一のスーツアクター。

一之瀬リョウには、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で人気を不動のものとし、『仮面ライダーフォーゼ』以来のヒーローを演じる福士蒼汰がキャスティングされました!また、関西弁を駆使し、新人をビシバシ鍛える姉御キャラの大芝美咲役に黒谷友香が抜擢。そして、強面の極道スター・寺島進が、なんとフェミニンな仕草が特徴のピンクのスーツアクター役・海野吾郎を熱演します!

お話は、アクターたちの日常を描いて、生身の人間にスポットを当てながら、かつての名作『蒲田行進曲』の様に確かな夢を持った男たちを、情熱を持ってピュアに描きます。スーツアクターたち多くの共通の夢は堂々と顔を出して演じる「アクション俳優」に登り詰めることであり、アクション映画の主役を演じることです。そんな夢を見ながら奮闘する彼らと、そして奇跡を描く『イン・ザ・ヒーロー』。この映画は何よりもアクション映画やヒーロードラマを影で支え続けてきた多くの裏方や、俳優に対するオマージュをふんだんに含んでいます。

それではキャストの福士さん、寺島さんのコメントです!

【福士蒼汰コメント】
撮影は始まったばかりでこれからの現場も凄く楽しみです。去年の11月からアクション稽古を始めたので、その成果が出せたらと思います。
スーツを着てのアクションは凄く嬉しいです!衣装合わせをしたとき、強くなった気がして、戦いたいという気持ちが湧き上がってきました(笑)。仮面ライダーを演じていた頃、いろんなことを教えてもらいましたし、役者というものを実感できた場所だったので、今振り返ってヒーローをできるのは嬉しいです。知っている分、こう演じてみようかなと思ったりします。ブラックで陰がある役なので、正統派よりも演じてみたい役どころです。
スーツアクターという職業に関しては、仮面ライダー当時から、一緒に作品を作っている仲間だと感じていました。ただ表にでるのは自分達だったので、みなさんの存在をもっとみんなに知って欲しいと思っていました。そして、今回の役が、自分とリンクしている部分が多いと思っています。特撮に関しては、スーツアクターの方とのやり取りなどイメージできるので、全く知らない世界というよりは、経験ある世界だから演じやすいかもしれません。
唐沢さんとは初共演ですが、プロフェッショナルなのにナチュラルで着飾るところがない方なので、素敵だなと感じています。どれだけ吸収できるかが自分の中で課題です。
今回の役どころはハリウッド映画を目指す俳優ですが、自分もいつかはハリウッドに限らず海外の人とお仕事してみたいです。日本人とは違う感覚で生きているし、時間の流れから違うと思うので、得るものがあるだろうし、刺激を受けたいと思っています。自分のペースで焦らずいきたいです。

イン・ザ・ヒーロー寺島進 【寺島進コメント】
2、30年前に実際にピンクとかイエローとか、ブラジャーを付けるスーツアクターをやっていたからね、体力、気力、元気いっぱいで頑張りますよ!

物語はこんな感じ

『国民的ヒーロー番組には隠れたヒーローがいた!』

 熱血漢でブルース・リーを崇拝する、我らがヒーロー・本城渉(42)は『下落合ヒーローアクションクラブ』の社長兼スーツアクター。その道25年の大ベテランである。現在テレビで放送中の『神龍戦士ドラゴンフォー』の主役ドラゴンレッドの吹き替えとして、満身創痍の身体を引きずり、日々、汗を流して仕事に取り組んでいる。同世代の有名俳優たち、新人アイドル俳優たちとの葛藤を抱えながら、同じ夢見る部下のアクター達と共に、アクションヒーローを生み出す撮影現場のキーパーソンであり、少年のココロを持った大人である。
 
ある日、首の怪我が悪化する中、本城へ数年ぶりにヒーロー番組の映画版に出演する機会が巡ってくる。が、喜びもつかの間、その役は若手の新人俳優に取られてしまう。役を下ろされる事には慣れているものの、今回の新人は人気絶頂の俳優・一ノ瀬リョウ(21)。当初リョウと本城は現場で対立した。が、ある事件を境に徐々に分かり合い、後には仲間意識が芽生え、アクション俳優の訓練を共に積んでいく。スーツアクターの努力の凄さを学ぶリョウ。そして皆の訓練の成果が叶い、リョウはかねてから夢見ていたハリウッド映画『ラスト・ブレイド』への出演をオーディションの末に勝ちとることが出来た。しかし、リョウが喜び勇んで臨んだ、この日本で撮影中のハリウッド大作アクション映画の撮影現場で、とある事件が起きる。

それはクライマックスシーンで、大落下し炎にまみれて戦うという、映画史に残る一大ノーカットの殺陣をする筈だったアクション俳優が危険を理由に降板してしまい、撮影が続行不可能になってしまったのだ。困り果てたハリウッドの映画スタッフは、日本一のアクション俳優の評判を聞きつけ、本城に白羽の矢を立てるのだった。

 「日本にはアクション俳優がいない」というハリウッド映画スタッフの声を聞いたとき、忘れていた情熱が蘇る。果たして本城は誰もやった事のない危険なアクションを引き受けるのだろうか? そして隠されていたリョウの本当の夢とは何なのか? 今の時代に映画に命を掛ける男たちなんて居るのか? 何よりも彼等は正気なのか? それらの答えは全て、この映画のラストにある!

役柄紹介

福士蒼汰……一ノ瀬リョウ (ドラゴンブラック)
若手人気俳優。8年前に両親が離婚。その後、アメリカ人の義父は本国に戻っている。3年前に母親が失踪して以降、幼い弟と妹を一人で育てており、将来はハリウッドで成功し、弟と妹に不自由のない生活をさせたいと願う。国民的人気番組の映画版『ドラゴンフォー』のドラゴンブラック役を得て本城と出会う。 努力の結果、ハリウッド映画『ラスト・ブレイド』への出演を勝ち取る。


黒谷友香……大芝美咲 (ドラゴンブルー)
下落合ヒーローアクションクラブのメンバーで、『ドラゴンフォー』のドラゴンブルー。過去に大阪の女子プロレス団体で活躍していたが、スーツアクターの存在を知り、ヒーローアクションクラブに参加。勝ち気な性格の女性。スーツアクターとしての仕事に誇りを持っている。料理上手であり、リョウの良きアクション指導者の一人となる。


寺島進……海野吾郎 (ドラゴンピンク)
下落合ヒーローアクションクラブのメンバーで、『ドラゴンフォー』のドラゴンピンク。この道30年の超ベテランであり、過去様々な特撮番組でピンクスーツを演じてきた、人間味にあふれる人物。密かに主役を演じてみたいと思っている。
映画の中での『ドラゴンフォー』の美術助手・藤堂静子との結婚式は、映画のハイライトのひとつとなる。


日向 丈(ひゅうが じょう)……河合真澄(ドラゴングリーン)
下落合ヒーローアクションクラブのメンバーで『ドラゴンフォー』のドラゴング リーン。早稲田大学時代にボディビルサークルに所属し、大会に出場した経験を持っている。アーノルド・シュワルツェネガーに憧れている。26歳でヒーローアクションク ラブの門をたたくが、現在はスーツアクターとして仕事を続けていけるか不安を抱いており、保険営業 のアルバイトもしている。

『イン・ザ・ヒーロー』

は2014年秋 全国ロードショー予定です!

公式サイト/IN-THE-HERO.com

********************************************************************


『イン・ザ・ヒーロー』 
主演 唐沢寿明
出演 福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ほか

企画:李鳳宇 監督:武正晴 脚本:水野敬也・李鳳宇  
配給:東映 
©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会


完全復活のなだぎ武テロから俺が守る



ソチ五輪をテロの脅威から俺が守る!
完全復活のなだぎ武、トークショーイベントに登壇!!

CIA捜査官≪ジャック・ライアン≫生誕30周年記念・新シリーズ作品

映画『エージェント:ライアン』

2月14日(金)先行公開・15日(土)全国公開されますが、本作の公開に先立ち、大阪にて公開記念トークショーが開催されました。

『エージェント:ライアン』0205公開記念トークショー
ゲストは、本作が映画ジャック・ライアンシリーズの12年ぶりの”復活”であることから、先日、舞台中に怪我をし、今月から仕事に“復活”したなだぎ武さん。

次世代テロを描いた本作に絡めて、ソチ五輪をテロから俺が守る!と断言し、怪我から完全に復活した様子で本作について熱く語りました。

映画『エージェント:ライアン』公開記念トークショーイベント

【日時】 2月5日(水)
【会場】 TOHOシネマズ 梅田 スクリーン2(大阪)
【登壇者】 なだぎ武(ザ・プラン9)

名前を呼ばれるとなだぎ武さん(以下、なだぎさん)は、なぜか両脇をスタッフに抱えられて登場。

早速、MCから先日ニュースでも報じられた骨折のことを聞かれると、

なだぎ武:
「私43歳にして肋軟骨を骨折しまして、自宅療養をしておりました。しかし、ジャック・ライアンシリーズも12年ぶりに復活し、私もいつまでも寝てられないということで、私も復活しました!見てください!」

と断言し、腰に巻いていたコルセットを外しガッツポーズ。外されたコルセットには”復活”と言う文字が書かれており、観客に怪我からの復活をアピールしました。

トークショーが始まると、過去のジャック・ライアンシリーズを振り返り、

なだぎ武:
「1990年レッド・オクトーバーではアレック・ボールドウィン!…ってこれディラン・マッケイやないかーい!」

と用意されたパネルをめくると、そこにはなだぎさん演じる定番キャラクター・ディランの顔写真が!

なだぎ武:
「でもアレック・ボールドウィンにちょっと似てません?」

笑いを誘い観客を盛り上げました。そして、本作の見所について聞かれると、

なだぎ武:
「今回は今まで1番若いジャック・ライアンになりまして、初々しい学生が危険な世界に入り込んで、紆余曲折ありながらどうなっていくのか?
と言うプロセスを、皆さんにはらはらドキドキしていただける作品です。言わば、エピソードゼロのような作品ですね。」

真面目に本作の魅力を語りました。

MC:
「映画の舞台となるのはロシアですが、ロシアといえばソチオリンピックがもうすぐ始まりますが、なだぎさんは行かれるんですか?」

MCよりソチオリンピックの話題を振られると、

なだぎ武:
「僕も明日から行こうと思ってます!吉本の仕事はソッチに置いといて…みなさん、今の記憶飛ばしてください!Twitterとかでつぶやかないで下さい!」

スベり気味の発言をするも、すぐに観客から笑いを誘いました。ここで、2月14日(金)<バレンタインデー>先行公開となだぎさんの快気祝いにちなんでチョコレートのプレゼントがありました。何とチョコレートは拳銃の形!

MC:
「ソチにいかれるなら色々守ってもらわないと…」

なだぎ武:
「ですよね…テロの攻撃とか物騒ですから。だから僕はみなさんを守りにいこうかと思います!」

MC:
「特に誰を守りますか?」

なだぎ武:
「やっぱり真央ちゃん(フィギュアスケート)とか?沙羅ちゃんとか?」

MC:
「女性ばっかりじゃないですか!」

すかさずMCから突っ込みを受けました。

トークショーの最後には、

なだぎ武:
「本当にこの作品って言うのはエンターテインメントだと思います。あまり映画を観ない人が、この作品は面白かった!と言う、理屈抜きで楽しめる作品なので、皆さん楽しんでいってください!」

ジャック・ライアンシリーズと自身の復活を存分にアピールし、イベントを締めくくりました。


CIA捜査官≪ジャック・ライアン≫生誕30周年記念・新シリーズ作品

『エージェント:ライアン』

2月14日(金)先行公開・15日(土)全国公開です!

公式サイト:www.AgentRyan.jp  
公式Facebook:https://www.facebook.com/AgentRyan.jp

********************************************************************


『エージェント:ライアン』
原題:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT

世界的ベストセラー作家、【追悼】 トム・クランシー最新作  
伝説のCIA捜査官《ジャック・ライアン》新シリーズ、ついに始動!スパイ経験ゼロのCIAエージェントが、今そこにある次世代テロに挑む、インテリジェンス・スパイ・アクション!

全世界を標的とした大規模テロ計画がロシアで発覚。CIAはこの真相を暴くため、ウォール街で活躍する頭脳明晰の若き経済アナリスト:ジャック・ライアン(クリス・パイン)をスカウトし捜査を開始。デスクワークから現場の最前線へ突然放り込まれた彼を待ち受けていたのは、ある恐るべき巨大な陰謀だった。世界経済を牛耳る謎めいた実業家(ケネス・ブラナー)。

交渉現場に突然現れたフィアンセ(キーラ・ナイトレイ)。
そして不可解な行動をとるCIA上官(ケヴィン・コスナー)。

誰を信用すべきなのか?誰が本当の敵で、何が真実なのか?
そして≪スパイ経験ゼロ≫の彼が、なぜCIAエージェントとして抜擢されたのか?
極限状況の中で、その天才的な情報分析力を武器に、“エージェント:ライアン”の孤高のミッションが今、始まる。

監督:ケネス・ブラナー  
出演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン 
©2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


『エージェント:ライアン』スパイイベント決行


映画『エージェント:ライアン』公開記念
スパイ イベントに3人の敏腕”エージェント”が集結!


昨年急逝した世界的ベストセラー作家トム・クランシーによる”ジャック・ライアン”シリーズ最新作であり、リブート作品として現代を舞台に描かれるライアン捜査官の誕生から活躍を描く

映画『エージェント:ライアン』


が2月14日(金)先行、15日(土)に全国公開されます。

『エージェント:ライアン』スパイイベント
そして、その公開に先立ち、本日2月4日(火)に行われた映画『エージェント:ライアン』の一般試写会に、サプライズゲストとして、日本でそして世界で活躍する様々な”エージェント”たちが集結しました!

サプライズ<スパイ>イベント概要
日時: 2月4日(火)18:30開演
場所: よみうりホール(千代田区有楽町)
登壇ゲスト:
上原浩治投手、橋本奈々未(乃木坂46)、デーブ・スペクター

フリー”エージェント”権を行使して移籍、昨年メジャーリーグのレッドソックスで大活躍、ワールドシリーズの胴上げ投手となった上原浩治選手、乃木坂46の橋本奈々未さんがセクシーな女スパイをインスパイアしたスタイルでセクシーエージェントとして登壇。

そしてCIAスパイ説が噂される放送プロデューサーデーブ・スぺクターさんがCIAエージェント?として登壇しました。

まずは、アメリカから凱旋帰国。エージェントといえばやはりこの人。
フリーエージェント権で、アメリカ・メジャーへ移籍。
5年目の去年、ワールドシリーズで日本人初の胴上げ投手となったボストン・レッドソックスの上原浩治投手。

そして乃木坂46の五福神の橋本奈々未さんです。

上原さん、橋本さんようこそお越しくださいました。
まずは、上原さんから、ご挨拶をお願いします。

【上原さん】
こんにちは。ボストン・レッドソックスの上原浩治です。
映画のイベントは初めてで緊張していますが、
今日は楽しみたいと思います。よろしくお願いします。

MC:橋本さん、ご挨拶をお願いします。

【橋本さん】
乃木坂46の橋本奈々未です。
1人でこういった場に参加させていただくことがあまりないので
緊張しています。上原さん、よろしくお願いします!

MC:橋本さん、上原さんの印象はどうですか。

【橋本さん】
そうですね、とっても背が大きい方ですよね。格好いいです。

【上原さん】
背が大きいだけですよ。(笑)

MC:さて、お二人は、すでに『エージェント:ライアン』ご覧になっておりますが
いかがでしたでしょうか?上原さんから感想をまずお願いします。

【上原さん】
皆さん(お客さん)はこれから映画をご覧になるんですよね?
タオルを持参することをおすすめします。間違いなく手に汗握るので!
僕は常に手汗かいていますけど。(笑)今も汗かいてます!

MC:橋本さんは、いかがでしたか?

【橋本さん】
とても楽しかったです。主人公を演じるクリス・パインが格好良くて、
ファンになっちゃいました!

MC:クリス・パインかっこよかったですね。そして、ヒロインの
キーラ・ナイトレイもセクシーでしたが、橋本さんも映画のヒロインのように
素敵ですね。今日の衣装は、映画を意識されたのですか?

【橋本さん】
映画を見ていつか女スパイ役をやってみたいと思って着てきました。

MC:橋本さん、せっかくなので一回転してもらえないでしょうか。
<橋本さんが壇上で一回転すると会場から拍手>

上原さん、橋本さんの格好はいかがですか?

【上原さん】
綺麗ですね。なんか照れちゃいます。

MC:さて、ジャック・ライアンはCIAの情報分析官という役なんですけど、
大リーグの世界にも、そういった「情報分析」というのは重要だったりするんですか?

【上原さん】
僕はピッチャーなので、相手バッターの弱点や強みを頭に入れますね。
ジャック・ライアンほどじゃないですが、少ない情報を頭に入れます。

MC:橋本さん、乃木坂46も情報戦略って何かあるのでしょうか?
例えば、メンバーの中で、何かの情報通の方がいるとか…

【橋本さん】
メンバーに中田花奈という子がいるんですけど、生粋のアイドル追っかけで変装して他の女の子アイドルの握手会やライブに行っていて、
彼女からいろんな情報をもらうんです。
だから彼女はスパイみたいなだって。
私も今度この格好で現場に行こうと思います!

MC:え~!そうなんですか?それはびっくりしますね!

あれ、ちょっと待ってください。今、この会場にスパイが潜入しているという情報が。上原さん、橋本さん、ちょっと客席を探してもらってもいいでしょうか?

【橋本さん】
そうなんんですね。任せてください!

MC:何か見分け方ってあるんですか?

【橋本さん】
コートとか着てる人ですかね。
<橋本さん、上原さん、きょろきょろと客席を探す>

【上原さん】
怪しい人ってまわりに溶け込んでいたりしますよね。
<なかなか見つけられていないと会場から手が挙がる>

【怪しい人/デーブさん
はい、はい、僕です。でもばれてますよね?
<会場から笑いが起こる>

MC:デーブさんじゃないですか?やっぱりCIAのスパイという噂は本当だったの?

【デーブさん】
よく言われるんですよね。垂れ込み情報を流したりしてるから。(笑)
あとクリス・パインに似てるって言われるよ。
彼、宇宙から帰ってきたんだね!
ケヴィンこすったーね。彼センシティブだから過敏コスナー。
(ケヴィン・コスナーのギャグ)

もう帰ってもいいですかね?(笑)
そういえば昨日まめまきをしたんですよ。新宿二丁目で。「お姉ぇは外」ってね!(笑)

MC:話を映画に戻してもいいですか!(笑)
上原さんは、アメリカで生活されるようになってから、5年がたちますが何か、情報を悪用されるようなことが身の回りで起こったりしたことは?

【上原さん】
僕自身はないですね。
でもよくニュースとかでは見ますね。

MC:デーブさん、アメリカではよくあるんですか?

【デーブさん】
ありますよ。
僕も情報収集をするんだけど、日本だとタクシー運転手とか
放送作家からよく情報を聞きますね。
あと芸能界でゴシップ好きな人と仲良くなることかな。
(情報が聞きだせるから)

MC:そうなんですね。
話しを戻しますが実は昨年、国連機関で発表されてましたが
全世界で約7億5000万台に上るスマートフォンや携帯電話について、
外部から簡単に個人データを抜き取られる危険性があると警告。
情報戦は身近でも起こっているんです。

MC:そこで、さらに詳しいもうひとり専門家をお呼びしてます。ハッキングの専門家、三井物産セキュアディレクションの塩見さんにお越しいただきました。塩見さんは、合法のハッカーなんですってね。

【塩見さん】
三井物産セキュアディレクションの塩見です。
企業や官庁のセキュリティー強化のために、わざとハッキングをしてどこを構築していったらさらにハッキングされにくくなるか、情報を守れるかなどのアドバイスをしています。

MC:MC それでは、実際にどうなっているのか皆さんにも見て頂きましょう。
デーブさんのスマートフォンをお借りしてもいいですか?

【デーブさん】
え!何で僕のなの?橋本ちゃんのやつの方がいいじゃない!
<会場から笑いが起こる>

<スマートフォンハッキングの実演>

【塩見さん】
最近のスマートフォンは、パソコンに近いので攻撃者からしたら攻撃しやすいんです。
だからスマートフォンがハッキングされると、情報が全部パソコンに流れてしまうんです。

ハッキングを防ぐには、怪しいアプリはインストールしない、
URLはリンクを開かない、またアプリで個人情報の入力が必要な
ものには注意するなどですね。ウィルスソフトを入れるもの有効手段です。

MC:今のハッキング実演をご覧になっていかがですか?

【上原さん】
こういう悪いことするやつが一番悪いですよね!

【デーブさん】
今のスパイってアナログに戻っているらしいですよ。
えんぴつ手紙を書いたりとか、タイプライターを使ったり。
50年前くらいの手法らしいです。

MC:プロ塩見さんから見てジャック・ライアンはどうですか?

【塩見さん】
そうですね。スパイといえば肉体派ですが、
ジャック・ライアンは頭脳的だし身体的にも優れていて、まさに現代にふさわしいスパイと言えるんじゃないでしょうか。

MC:塩見さん。ためになる情報ありがとうございました。

MC:さて、お時間になってしまいましたがもう一つ、皆さまに
サプライズプレゼントをご用意しております。
スパイといえばスパイガジェットですが、この映画のために作られた
スパイグッズを3名の方にプレゼントいたします。

上原さんにこのボール投げていただきましょう。
キャッチされた3名様の方は、上映終了後にプレゼントをお渡ししますのでこのボールをもって受付までお越しください。

--大歓声が巻き起こり、お客さんは一斉に両手を挙げる--


『エージェント:ライアン』上原投手

【デーブさん】
これ大リーグだったら3000ドルくらいなんじゃないの!(笑)

MC:それでは、最後に皆様から映画『エージェント:ライアン』の
見どころを含めたメッセージをお願いします。

【上原さん】
本日は、お足元が悪い中、ありがとうございました!
<会場から笑いが起こる>

でも僕のためじゃないですよね。(笑)
とにかく見て楽しんでください。
そして帰りは滑らないように気をつけてください。
本日はありがとうございました。

【橋本さん】
見る前は難しい映画なのかなと思っていたんですが、
そんなことはなくてとても楽しかったです。
私たち世代も楽しめる作品だと思います。

【デーブさん】
メッセージなんてないよー。
目指せ甲子園!とか。(笑)
残念ながら昨年亡くなってしまった原作者のトム・クランシーですが、
彼といえばスパイもの!ハラハラドキドキしますよ。
若手注目No.1のクリス・パインも出ていますし、楽しんでくださいね。

MC:上原さん、映画を見て何かご自身に参考にしたいことはありましたか?

【上原さん】
去年はお蔭さまで良い成績を残すことができました。
でも今年は研究されてしまうと思うんです。
だから今年はその上を目指して勉強したいですね!

MC:まさにインテリジェンス・ピッチャーということですね!
どうもありがとうございました。
ボストン・レッドソックス上原浩治投選手、乃木坂46橋本菜々未さん、
デーブ・スペクターさんでした。大きな拍手でお送りください。

『エージェント:ライアン』

2月14日(金)先行上映、15日(土) 全国公開です!!

公式サイト:http://www.agentryan.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/AgentRyan.jp

********************************************************************


『エージェント:ライアン』(原題:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT)

世界的ベストセラー作家、【追悼】 トム・クランシー最新作 伝説のCIA捜査官《ジャック・ライアン》新シリーズ、ついに始動!
スパイ経験ゼロのCIAエージェントが、今そこにある次世代テロに挑む、インテリジェンス・スパイアクション!
“ジャック・ライアン”シリーズは時代の先端をゆく世界情勢や国際問題を背景に、強い正義感を持ち天才的な分析力を武器に、立ちはだかる陰謀や様々な敵に挑むジャック・ライアンをリアルに描き、全世界で1億冊以上読まれたベストセラー小説。映画化は1994年公開の『レッド・オクトーバーを追え!』から『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』『トータル・フィアーズ』と続いた大人気シリーズ。『エージェント:ライアン』は”シリーズ生誕30周年”を迎える記念すべき来年に公開され、経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされたスパイ経験ゼロのジャック・ライアンが、ルーキー捜査官として”次世代型テロ”の巨大な謎に挑む。

監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、キーラ・ナイトレイ、ケネス・ブラナー
公開:2014年2月14日(金)先行公開・15日(土)全国公開

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
©2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.