「あ行」カテゴリーアーカイブ

小清水亜美 x 名塚佳織 特別番組放送決定!『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』


映画情報どっとこむ ralph テレビ放送から12年―。2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾、
『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、11月10日(土)より全国公開いたします。
本作で描かれるのは、幼い頃に父をなくしたアネモネの魂の軌跡。

監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。さらに、新メカニックのデザイナーとして、ニルヴァーシュのオリジナルデザイナーである河森正治も参加しています。

この度、映画の公開を記念して、11月4日(日)に『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』特別番組の放送が決定しました!

本作の主人公・アネモネ役の小清水亜美とエウレカ役の名塚佳織を迎え、ファン待望の初出し映像とともに今作の魅力を語るスペシャルガイドとなっています。



【番組情報】
番組名:公開直前!「ANEMONE/エウレカセブン ハイエボリューション」スペシャルガイド
放送日:11月4日(日) 19:00~(MX/BS11/MBSにて放送)
出演:小清水亜美(石井・風花・アネモネ役)、名塚佳織(エウレカ役)

映画情報どっとこむ ralph TVシリーズまでさかのぼっての㊙エピソードやアネモネとエウレカの今までの関係性に加え、「アネモネだけどはじめまして。なので、今を生きることにした。」(小清水)「エウレカの気持ちを一から考え直し挑んだ。」(名塚)とまで2人に言わしめた今作でのアネモネとエウレカの変化、描かれる新たな物語――遂にその扉が開かれます。

 キービジュアルに隠された謎、誰も見たことがない“エウレカセブン”の意味、「ひとりぼっちの少女たちの究極の選択」とはー?

アフレコを終えて印象的だったシーンなど、本作の注目ポイントを初出し映像とともに紹介。キャスト2人とともに物語をひも解いていきます。
未だ神秘のベールに包まれている『ANEMONE』の物語の最新情報を待ちわびるエウレカファン必見の内容となっています。

さらには、この特別番組の直後に“レントンとエウレカの新たな物語”をテーマに描かれた劇場版第一弾『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が地上波初放送!エウレカの世界に一緒にダイブすることができる絶好のチャンスとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 時代と共に進化する、『エウレカセブン』シリーズ最新作

『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリーション』

この見逃し禁止の衝撃作は、11月10日(土)より全国ロードショーです。

【ストーリー】
まだ幼かったあの日。
父、ケン は幼いアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。
ちゃんとお別れを言うことができなかったアネモネの小さな胸に深く残る後悔。
7年が経過した。アネモネは父が散った戦場――東京にいた。
人類の敵、7番目のエウレカ=エウレカセブンと戦うための組織・アシッドの一員として、アネモネには人類の希望が託されていた。そして、アネモネはエウレカセブンの中へとその精神を送り込む。アネモネがエウレカセブンの中で出会ったのは、ドミニクという青年と、エウレカという青緑の髪をした少女。
この出会いは何を意味するのか。そして、見え隠れするレントンという名の少年の姿。
アシッドに囚われていた謎の男・デューイは予言する。

「お前たちが見ているエウレカセブンはエウレカセブンではない。偽りの神が創っては破棄した無数の不要な世界。いわばゴミの山だ」

アネモネとエウレカが出会った時、全ての真実が明らかとなり、新たな世界の扉が開く――。

***********************************

【MAIN STAFF】
監督:京田知己/脚本:佐藤 大/キャラクターデザイン:吉田健一、藤田しげる、倉島亜由美

原作:BONES 
メインメカニックデザイン:河森正治/コンセプチャルデザイン:宮武一貴/デザインワークス:武半慎吾、永井一男、出渕 裕、齋藤将嗣、中田栄治、草彅琢仁、片貝文洋、平澤晃弘、上津康義、柳瀬敬之、コヤマシゲト/キャラクター作画監督:藤田しげる、倉島亜由美/特技監督:村木靖/デザインワークス・メカニック作画監督:横屋健太/メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚 健、阿部慎吾、長野伸明/美術監督:永井一男、本庄雄志/色彩設計:水田信子/演出補佐:湯川敦之/編集:坂本久美子/撮影監督:木村俊也/3D監督:篠原章郎(グラフィニカ)/音響監督:若林和弘/音楽:佐藤直紀/主題歌:「There’s No Ending」RUANN(TOY’S FACTORY)
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイナムコアーツ、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS
配給:ショウゲート

【MAIN CAST】
石井・風花・アネモネ:小清水亜美、玉野るな/エウレカ:名塚佳織/レントン:三瓶由布子/ドミニク:山崎樹範
ミーシャ・ストラヴィンスカヤ:沢海陽子/ソニア・ワカバヤシ:山口由里子/グレッグ・ベア・イーガン:銀河万丈
バンクス:三木眞一郎/石井賢:内田夕夜/デューイ・ノヴァク:辻谷耕史


『イコライザー』は泣けると話題・・マッコールと亡き妻の思い出が明らかに本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph デンゼル・ワシントンをアカデミー賞主演男優賞に導いた『トレーニングデイ』の監督アントワーン・フークアが再びデンゼルを主演に、世の悪人を葬るロバート・マッコールという新たなダークヒーローを誕生させたアクション大作『イコライザー』。その大人気作が、『イコライザー2』として、そしてデンゼル・ワシントンのキャリア史上初の続編として、帰ってきました!

本作より涙を誘う・・マッコールの過去が明らかとなる本編映像が解禁されました。

前作『イコライザー』では亡き妻ビビアンのことを多く語ることはなかったマッコール。

しかし今回解禁された映像では、マッコールの家に遊びに来たCIA時代の元上官であり、長年の友人であるスーザンに優しい表情で昔話を話します。「この前洗濯物をたたんでいて気づいた。ビビアンが見た服はもう一着もないんだ、と。」と悲し気な表情で友人に話し始めるマッコール。
Equalizer 2

続けて「彼女(ビビアン)も私の服の趣味に厳しくて、買った服が翌日ない。」と、なんとあの“仕事人”マッコールの唯一の弱点(!?) ファッションセンスがないことが明らかに。「彼女(ビビアン)に聞くと“一体何の話?”と言うんだ。あれは絶対知ってた。そして彼女の好みの服を着る。」と優しい表情で、マッコールが唯一負けてしまう相手、亡き妻のビビアンとの思い出を語るマッコールにスーザンも何も言うことができません。しかしその視線に気づいたマッコールは照れ隠しなのか「何?」と普段の表情に戻ってしまいます。いままでの無慈悲な“仕事人”イコライザーの思いがけない一面には、思わずほろっと来てしまうという声も上がっています。そしてこの後待ち受けるこのスーザンとの悲しい結末を知っている人には、さらに涙を誘うシーンとなっています。


その真相は是非劇場でお確かめください。

イコライザー2
大ヒット公開中
物語・・・
マッコール(デンゼル・ワシントン)の現在の“表”の職業はタクシードライバー。CIA時代の元上官である親友スーザン(メリッサ・レオ)が 何者かに殺害され、マッコールは極秘捜査を開始。そして、スーザンが死の直前まで手掛けていた任務の真相に近づくにつれ、彼の身の上にも危 険が迫りその手口から身内である CIA の関与が浮上。相手は自分と全く同じ特殊訓練を受けたスペシャリストだった!〈イコライザー〉VS〈イコライ ザー〉の正義と悪の壮絶な闘いが展開していく!!

#イコライザー2
Equalizer2.JP

***********************************

監督: アントワーン・フークア(『トレーニングデイ』『イコライザー』)

キャスト:デンゼル・ワシントン(『トレーニングデイ』『イコライザー』)、ペドロ・パスカル(『キングスマン: ゴールデン・サークル』)、メリッサ・レオ(『イコ ライザー』『プリズナーズ』、ビル・プルマン(『イコライザー』『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』)


佐藤健と高橋一生 名シーンや名セリフを使用した個性溢れる映画『億男』LINEスタンプ発売!


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健と高橋一生の初共演で贈る、お金と友情、家族の在り方を描いた新感覚マネーエンターテインメント作品、映画『億男』(10月19日(金)公開)。

その公開に先駆け、名シーンや名セリフを使用した個性溢れる 映画『億男』のLINEスタンプが発売開始となりました!
映画「億男」の個性溢れる各キャラクターの表現を取り入れつつ、日常的に使いやすい構成となっております。
映画の名シーンと名台詞は御覧頂いた方は勿論のこと、これから映画館を訪れる方々にもご興味持っていただける内容となっております。


■配信情報
LINE クリエイターズスタンプ
「映画『億男』」(32種類 50コイン/120円)
LINEクリエイターズスタンプ販売
URL:
https://line.me/S/sticker/4994602
QR:

映画情報どっとこむ ralph 映画『億男』

■映画公式サイト
http://okuotoko-movie.jp/

■映画公式Twitter
https://twitter.com/okuotoko_movie


ストーリー
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐりに”翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー


***********************************

キャスト:佐藤健 高橋一生
     黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也
原作:川村元気「億男」(文春文庫刊)
監督:大友啓史
脚本:渡部辰城 大友啓史 
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
配給:東宝
公開日:10月19日(金)ロードショー
©2018映画「億男」製作委員会
   


福地桃子 映画初主演作映画『あまのがわ』ティザージュアル、特報映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月25日(木)~11月3日(土・祝)の期間で開催される第31回東京国際映画祭での上映が決定している映画『あまのがわ』より、ティザービジュアルと特報映像が解禁となります。

母と2人で暮らす高校生の史織は、大好きな太鼓を母に反対され、母との意思の疎通もうまくいかず、現実から逃げ出したい毎日を過ごしていた。
次第に心を閉ざしていく史織は、祖母の住む屋久島を訪れる。そこで出会った1台のロボット。会話ができるロボットの名前はセイラ。やがてセイラは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。そしてセイラとの交流によって少しずつ変化し始める史織の心だったが、セイラには史織の知らない“ある秘密”があった。一方、交通事故で体の自由が効かなくなってしまった青年・星空は、生きる目的すらも見失い、自暴自棄な日々を過ごしていた―。心を無くした史織と、身体を無くした星空の心の成長を描く心温まる物語が誕生しました。

史織を演じるのは、卓越した演技力で注目を集める福地桃子。本作が映画初主演作となります。体の自由をなくした青年・星空を演じるのは、「仮面ライダーゴースト」で知られる柳喬之。更に星空の母に杉本彩、史織の母であり人工知能の研究者には生田智子、史織の祖母には水野久美と、ベテラン女優たちが華麗に脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 本作に登場するロボット・OriHime(オリヒメ)は、人と人をつなぐロボットとして、各界からの注目を集めている実在のロボットです。無機質なイメージのロボットに人の温もりが吹き込まれたとき、そこには限りない可能性が見えてきます。




映画『あまのがわ

2019年 2月、全国順次公開

http://amanogawa-movie.com

物語

母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができる
AIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************

出演:福地桃子
柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか
杉本彩、生田智子、水野久美 他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
(c)コスモボックス


松江哲明監督&Amebreak 伊藤雄介が『アンクル・ドリュー』魅力を徹底解説!


映画情報どっとこむ ralph NBA スターとハリウッドコメディスターの共演で話題の青春コメディ映画、 『アンクル・ドリュー』が 11 月 9 日(金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国公開いたします。

監督は、天才マーチングドラマーの成長を綴った快作『ドラムライン』のチャールズ・ストーン三世。バスケ 界×ハリウッドコメディ界のドリームチームが贈る、ド直球青春コメディ映画がいま開幕する!

この度、10 月 16 日(火)、ドキュメンタリー映画監督の松江哲明監督、HIPHOP サイト「Amebreak」編集長 伊藤 雄介、そして MC として音楽ライター 渡辺志保を迎えて『アンクル・ドリュー』公開記念トークショーが行われました。

『アンクル・ドリュー』公開記念トークショー
日時:10 月 16 日(火)
会場:一ツ橋ホール
登壇:松江哲明(映画監督), 伊藤雄介(Amebreak 編集長)、渡辺志保(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph 映画上映前の本作への期待が高まる会場に登壇し た松江監督、伊藤、渡辺の 3 人。

本作を観た感想を

松江監督:自宅でこの映画を観ていたら、3 才の息子 もずっとゲラゲラ笑って見ていましたね。僕がこの映 画を観ていて思ったのは『ブルース・ブラザーズ』。珍 道中感と、凄い人が力を隠して生きていて、それを発揮するというところが似ているなと思いました。

と往年のコメディ映画を彷彿とさせるとのこと。
対して NBA に精通する伊藤さんは

伊藤さん:僕は NBA 選手として主演 カイリー・アービングのことを知っていて、元になっ たCM も観ていました。映画化される話を聞いて『いつ日本で公開されるんだ!』とモヤモヤしていたので、今は嬉しい限りです!

とバスケファンらしい胸の内を明かしました。
累計 1 億再生突破!爆発的人気のペプシ CM が豪華 NBA スター共演できせきの映画化!


新旧 NBA 選手が特殊メイクを施して老人役を演じているという前情報無しで本作を鑑賞して

松江監督:すごい爺さん達だな!と思って観ていて。

と老人役のリアルさに驚きつつも賞賛し、また

松江監督:物語がすごく強 くて。後半になるにつれて”お爺ちゃん達がプレーで引っ張る”という見せ場だけでなく、芝居の面でもすごく 良いセリフを言ってるんですよね。イーストウッド監督の『グラン・トリノ』のような、色んな人生経験を積ん だ人が、若者と世代間のコミュニケーションを作っていくというか・・・・

とバスケスキルだけでなく、ストーリーの深みについても語りました。

本作の見どころを

伊藤さん:メインキャストが現役、そして歴史に残る名選手揃いなので、プレーがガチなところにまずは圧倒される。

と指摘する伊藤さんは、カイリーのバスケ選手としての魅力を

伊藤さん:まだ 20 代の若い選手なんですけ ど、僕がNBA を観てきたなかで史上最高にドリブルが上手いんです。レイアップっていうシュートがあって、 スラムダンクでいうと”庶民シュート”ですね、これも多分史上最高に上手い。もの凄い特殊技能を持っている 華がある選手。

と分析。

他の元 NBA 選手についても

伊藤さん:レジー・ミラーは歴史に残るシューターで、3 ポイント シュートがめっちゃ入ることと勝負強いのが有名。シャキール・オニールはガタイの大きさを生かした、勢いで グイグイ押すようなプレイスタイル。2 人とも映画の中でも同じでしたね。

と実際のプレイスタイルと劇中のプ レイスタイルがリンクする映画の設定を解説し、

伊藤さん:シュートフォームが現役時代と完全に同じでしたね。

とバスケ好きには堪らない注目ポイントを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松江監督:”お爺ちゃんがバスケをして凄い!”っていうこの映画の仕掛けは、キャストとポスター を見た地点で観客にすり込まれていて、もちろんその期待に対してこの映画は応えています。ただ、他にもベー スとなる物語をすごく作り込んでいて、元ネタのCM を見たことない、バスケを詳しくないという人も確実に これは面白いと感じると思います。

と本作に太鼓判を押し、トークイベントは大盛り上がりのなか終了しま した。


アンクル・ドリュー
原題:UNCLE DREW

公式サイト:
http://uncledrew.jp

Twitter:
https://twitter.com/uncledrew_jp


物語・・・
マイケル・ジョーダンに憧れバスケットボールを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)は、 あるトラウマから選手の夢を諦め、現在はストリートバスケチームのコーチをし、大会での優勝を目指してい た。しかし、ある日突然、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中ダックスは、伝 説の選手だったお爺さん・アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人はかつての仲間を集 め、伝説のチームを復活させ、バスケの聖地”ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。果たして ダックスの夢はかなうの!?そして、ドリューたちはかつての輝きを取り戻すことができるのか!?

***********************************

監督:チャールズ・ストーン三世 「ドラムライン」

出演:カイリー・アービング、シャキール・オニール、レジー・ミラー、リルレル・ハウリー「ゲット・アウト」、ティファニー・ハディッシュ「Girls Trip(原 題)」

配給・宣伝:REGENTS
2018/アメリカ/英語/103 分/ドルビーサラウンド/カラー/アメリカンビスタ/

Motion Picture Artwork © 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.