「あ行」カテゴリーアーカイブ

円谷プロ『ウルトラQ』Episode 16「ガラモンの逆襲」Blu-ray&DVDセット予約受付開始


映画情報どっとこむ ralph この度、円谷プロダクションは、『ULTRAMAN ARCHIVES』プロジェクトの第2弾作品として、“ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラQ』Episode 16「ガラモンの逆襲」”のBlu-ray&DVDセットを、2019年5月22日(水)に発売します。

なお、2019年2月15日(金)より全国のDVD取扱店にて予約受付が開始されました。


歴代作品の新たな魅力を伝えていく『LTRAMAN ARCHIVES』プロジェクトの第2弾!

国産初の本格的な特撮テレビドラマとして、怪獣ブームを巻き起こした「ウルトラマンシリーズ」の原点である『ウルトラQ』より、厳選したエピソード「ガラモンの逆襲」をHDリマスターモノクロ版と、2011年にカラーライズされた『総天然色ウルトラQ』を収録しています。

また、関係者自身が語る『ウルトラQ』の誕生秘話、日本初の本格特撮テレビドラマの黎明期エピソード・第2回をお届けです。

映画情報どっとこむ ralph 【ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラ Q』 Episode 16「ガラモンの逆襲」Blu-ray&DVD 商品概要】

Blu-ray:BD25G
【本編】25 分/COLOR・MONO/4:3<1080p High Definition>/リニア PCM(ステレオ・モノラル)
【Premium Talk】 (予)40 分/COLOR/16:9<1080i High Definition>/リニア PCM(ステレオ) DVD:片面 1 層
【本編】25 分/COLOR・MONO/MPEG-2/ドルビーデジタル(ステレオ・モノラル)
【Premium Talk】 (予)40 分/COLOR/MPEG-2/ドルビーデジタル(ステレオ)



【「Premium Talk」出演者】 栫井 巍(プロデューサー) 宍倉徳子(スクリプター) 佐川和夫(特撮班撮影助手) 西條康彦(俳優) 倉方茂雄(機電)
三池敏夫(特撮美術・特技監督) 石井岳龍(映画監督) 椹木野衣(美術評論家)ほか

■発売日:2019 年 5 月 22 日(水)
■予約受付開始日:2019 年 2 月 15 日(金)
※一部店舗では予約受付開始日が異なる場合がございます。
■価格:4,800 円(税別)
■品番:PCXE-50886
■発売元:円谷プロダクション
■販売元:ポニーキャニオン
■収録内容:本編(カラー・モノクロ)およびプレミアムトーク
■仕様:Blu-ray&DVD セット商品 ※Blu-ray と DVD には同一内容を収録致します。
※商品の仕様に関しましては、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。


【『ウルトラ Q』Episode 16「ガラモンの逆襲」】 ■あらすじ “ガラモン事件”の隕石が保管されている研究所に、不気味な男が近づく…。謎の機械を操り隕石を盗み出した男は、ト ラックに乗り込み移動を始める。時同じくして、無数のガラダマが東京めがけて落下。中から隕石怪獣ガラモンが出現し た!

■スタッフ 脚本:金城哲夫 監督:飯島敏宏 特技監督:的場 徹

■キャスト 佐原健二、西條康彦、桜井浩子 ほか

■ULTRAMAN ARCHIVES 特設サイト:
https://m-78.jp/ultraman-archives/

【各店舗オリジナル特典情報】 ■2/16(土)イオンシネマ板橋『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theater 上映会会場予約限定: 尾上克郎(特撮監督)&三池敏夫(特撮美術・特技監督)サイン入り A4 ビジュアルシート ※数に限りがございますので予めご了承ください。 ■WonderGOO/新星堂:オリジナル B2 ポスター ■Amazon.co.jp:L 判ビジュアルシート 4 枚セット ■ポニーキャニオンショッピングクラブ:オリジナルステッカー
※各画像はイメージです。実際の特典と異なる場合がございます。
©円谷プロ

***********************************



第69回ベルリン国際映画祭で長久允監督『ウィーアーリトルゾンビーズ』がスペシャル・メンション賞(準グランプリ)受賞!


映画情報どっとこむ ralph 第69回ベルリン国際映画祭にて、ジェネレーション(14plus)部門のオープニング作品として選出され、先日ヨーロッパプレミアが上映された邦画『ウィーアーリトルゾンビーズ』が、見事 “日本映画初“となるスペシャル・メンション賞(準グランプリ)受賞しました!
2月15日(金)(日本時間16日(土))に授賞式が開催され、長久監督が参加。受賞の行方に誰もが期待を膨らませていたが、授賞式で本作が発表された瞬間、安堵と歓喜に変わり、会場は熱い拍手で包まれた。

今回受賞したスペシャル・メンション賞とは、同部門の準グランプリにあたる賞であり、7名のティーンエイジャーの審査員より作品が選出される。ベルリン国際映画祭「ジェネレーション部門14plus」の長編作品として本賞を受賞したのは、日本映画で初の快挙です!

映画情報どっとこむ ralph 選出理由について、Youth Jurorからは下記のようにコメントしている。

In this film, various camera perspectives and editing techniques defy narrative conventions. Surreal and real images coincide in this work of art. As the plot advances, the characters reach a new level. Sound effects, music and visual elements support the video-game-like structure. With this Special Mention, we would like to honour a film with an extraordinarily distinctive style.

「訳:様々なカメラの視点と編集の技法が、これまでの映画では見たことのないものだった。シュールな画とリアルな画が融合している芸術作品だ。ストーリーの進行に沿って、主人公たちが新たなレベルに進んでいくゲーム的構造を、音、音楽、そして映像が演出している。素晴らしく独特のスタイルを持つこの作品を表彰する」

映画情報どっとこむ ralph この結果に

長久監督:ベルリン映画祭、会場のみなさん、ここにいるチームのみんな、そして家族へ、ありがとうございます。

と感謝の旨を英語でコメント。続いて今回の受賞に関して

長久監督:(ティーンの鑑賞が可能な)ジェネレーション部門で評価されたことが非常にうれしいです。なぜならこの映画はかつてティーンだった自分や、今ティーンの人を救うために作ったからです。

と感激を語った。


映画情報どっとこむ ralph 池松壮亮さん・工藤夕貴さんから喜びのコメントが到着しました!

■池松壮亮さん
劇中バンド<LITTLE ZOMBIES>マネージャー望月役

「この度はおめでとうございます !サンダンス、ベルリンといいニュースが聞けてこちらもとても嬉しくなっています。この映画とこの映画に触れた同じ世界に生きる他者が繋がって、zombiesと共に未来を勝ち取っていく、その始まりを後押ししてくれる素晴らしい受賞だと思います。日本公開が更に楽しみですね。そちらはくそ寒いでしょうから皆さん風邪ひかないように素晴らしいおみやげと共に無事に帰って来てください。おめでとうございました!」

■工藤夕貴さん
(ヒカリ(二宮慶多)の伯母・リエ役) 
「サンダンス映画祭に続いての受賞おめでとうございます。10代の才能が輝く今作が、同世代の共感を得て「スペシャル・メンション賞」を受賞されたことを非常に嬉しく思います。長久監督による映画の新しい形が、映画を愛する多くの方々へ届くのを楽しみにしております。」


映画情報どっとこむ ralph 先日のサンダンス映画祭では日本映画初である審査員特別賞オリジナリティ賞受賞し、1993年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞したジェーン・カンピオン審査員からは「この映画はとってもクレイジーで、とても革新的で、すごく新しい!」と、プログラムディレクターを務めたキム・ユタニ審査員からは「この作品は、独創的で、これまで見たことのない映画。長久允は天才だ。」と今までにない革新的な映画であり、作品の持つオリジナリティ性を高く評価された。また、ベルリン国際映画祭でのヨーロッパプレミア上映時には、観客から「面白くて、騒がしくて、カラフルで。ところどころメタファーが散りばめられているのに興味が惹かれた。」「様々な感情がバラエティ豊かに表現されていて最高。こんな映画に出会うことが、私が映画を楽しむ理由の一つ。」「死というテーマは誰しもの中にある。この映画はすべての人と関わりがある作品だと言える。」とサンダンスとはまた違った視点からの熱いコメントが多く寄せられた。


映画『ウィーアーリトルゾンビーズ

https://littlezombies.jp

Twitter:
@littlezombies_m


〈ストーリー〉
「両親が死んだ。悲しいはずなのに泣けなかった。
彼らはゴミ捨て場でとびきりのバンドを組むと決めた。こころをとりもどすために」
火葬場で出会ったヒカリ(二宮慶多)、イシ(水野哲志)、タケムラ(奥村門土)、イクコ(中島セナ)は両親を亡くしても泣けなかった。ゾンビのように感情を失った少年少女たちはこころを取り戻すために、もう誰もいなくなってしまったそれぞれの家を巡リ始める。冒険の中でたどり着いたゴミ捨て場で、結成したとびきりのバンド、その名も“LITTLE ZOMBIES”。そこで撮影した映像が話題となり、社会現象となるまでに大ヒット。しかし、小さなゾンビたちは予想もしない運命に翻弄されていく。嵐のような日々の中で、4人が最後に見つけたのはー?
***********************************

脚本・監督:長久 允 (サンダンス映画祭短編部門グランプリ 『そうして私たちはプールに金魚を、』)

出演:二宮慶多 水野哲志 奥村門土 中島セナ

佐々木蔵之介 工藤夕貴 池松壮亮 初音映莉子
村上淳 西田尚美 佐野史郎 菊地凛子 永瀬正敏 

<出演順>康本雅子 夏木ゆたか 利重剛 五月女ケイ子 山中崇 佐藤緋美 水澤紳吾 黒田大輔 忍成修吾 長塚圭史 池谷のぶえ 戌井昭人 赤堀雅秋 清塚信也 山田真歩 湯川ひな 松浦祐也 渋川清彦 かっぴー いとうせいこう CHAI 菊地成孔 森田哲矢(さらば青春の光) 吉木りさ(声) 柳憂怜 三浦誠己

製作:吉崎圭一/新井重人/水野道訓/井上肇/加太孝明 プロデューサー:山西太平/ 高橋信一/ 横山治己/ 長谷川晴彦  ラインプロデューサー:鈴木康生/小柳智則 
アソシエイトプロデューサー:國枝礼子/橘佑香里/熊澤瑠里
撮影:武田浩明 照明:前島祐樹 サウンドデザイン:沖田純之介
美術:栗林由紀子 装飾:渡辺誉慶 衣裳:下山さつき 
ヘアメイク:光野ひとみ 助監督:平井淳史 キャスティング:田端利江 スクリプター:大西暁子 演出補:長田亮 制作担当:宮森隆介 編集:稲本真帆 カラリスト:根本恒
VFXスーパーバイザー:二瀬具洋 音楽プロデューサー:山田勝也 リトルゾンビーズ音楽:LOVE SPREAD リトルゾンビーズ衣裳:writtenafterwards リトルゾンビーズメイク:加茂克也 
アートワーク:magma 8bitデザイン
オープニング:たかくらかずき アートディレクション
ロゴデザイン:間野麗
製作幹事:電通 
配給:日活 
制作プロダクション:ROBOT 
特別協賛:フェイスマスクルルルン/ グライド・エンタープライズ 
©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS(電通/日活/ソニー・ミュージックエンタテインメント/パルコ/ ROBOT)


つるの剛士×DAIGO 劇場版ウルトラマンR/B主題歌『ヒカリノキズナ』が完成! ロングPV到着!


映画情報どっとこむ ralph 2019 年 3 月 8 日(金)より全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』。

その今回は、主題歌・ロング PV、劇場限定の商品や来場者プレゼント情報が解禁となりました!

【つるの剛士×DAIGO が歌う主題歌は「ヒカリノキズナ」に決定!】 主題歌「ヒカリノキズナ」は今回の映画のために作成した作品です。 テレビ番組『ウルトラマンダイナ』(1997 年)でウルトラマンダイナに変身したアスカ・シン役を演 じた、つるの剛士さんが歌唱・作詞を担当し、映画『ウルトラマンサーガ』(2012 年)でウルトラマン ゼロと一体化したタイガ・ノゾムを演じたDAIGOさんが歌唱・作曲を担当します。また、編曲はMY FIRST STORY の Sho さんです。 なお、主題歌を収録したロング PV を、本日 2 月 14 日(木)より YouTube で公開。各種音楽配信サー ビス、サブスクリプションサービスにて主題歌のデジタル配信を開始します。



■配信について:
https://lnk.to/tsuruno_daigo

■つるの剛士さんコメント
平成最後のウルトラマンシリーズということで、タイトルに「絆」が入って おり。先輩ウルトラマン方や家族の絆が浮かび、それをもとに書き下ろしまし た。

■DAIGO さんコメント
ウルトラマンを想い作った楽曲です。 『ウルトラマンサーガ』でもご一緒させていただいた、つるの剛士さんが作詞 されて、まさにウルトラマンの絆で生まれた楽曲です。 心を込めて歌いました。

映画情報どっとこむ ralph 【劇場限定商品】
・商品名:ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンルーブ 変身時発光カラーver.
・サイズ:全高 150mm
・販売価格:税別 700 円、税込 756 円

【劇場来場者プレゼントは全 8 種類のミニじゆうちょう!】
3 月 8 日(金)の上映開始日より、入場者プレゼント「劇場版ウルトラマンR/Bオリジナル ミニじ ゆうちょう(B7 サイズ)」を第 1 弾(3 月 8 日(金)~)が 4 種類、第 2 弾(3 月 22 日(金)~)は 4 種類と 全 8 種類を数量限定としてランダム配布することが決定しました。
■第 1 弾(3 月 8 日(金)~) ①湊カツミ&ウルトラマンロッソ ②湊イサミ&ウルトラマンブル ③朝倉リク&ウルトラマンジード ④湊アサヒ&ウルトラウーマングリージョ

■第 2 弾(3 月 22 日(金)~) ⑤ウルトラマングルーブ&湊家 ⑥ペガ&ウルトラヒーローズ ⑦ウルトラマントレギア&スネークダークネス ⑧美剣サキ&グルジオレギーナ

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』
3 月 8 日(金)より全国ロードショー


公式サイト:
https://m-78.jp/rb/movie/

公式 Twitter:
@ultraman_series

***********************************

・キャスト:
平田 雄也・小池 亮介・其原 有沙・眞鍋 かをり・山崎 銀之丞・西井 幸人・木下 彩音・ 原 日出子・濱田 龍臣

・声の出演:
内田 雄馬・湯浅 かえで・潘 めぐみ ・主題歌:つるの剛士×DAIGO(ポニーキャニオン)

登場キャラクター ・ウルトラマングルーブ:ウルトラマンロッソ、ブル、そしてウルトラウーマングリージョが融合・変 身して姿を現す超進化戦闘形態。 ・ウルトラウーマングリージョ:湊兄妹の末っ子、湊アサヒが変身するウルトラウーマン。 ・ウルトラマントレギア(声:内田雄馬):ウルトラマングルーブやウルトラマンジード ウルティメイ トファイナルと互角に渡り合うほどの高い戦闘能力を有する、謎の戦士。

配給:松竹メディア事業部

©劇場版ウルトラマンR/B製作委員会
  


『あの日のオルガン』大原櫻子のオルガン演奏シーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 太平洋戦争末期、子どもたちのいのちを守るために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を描く、映画『あの日のオルガン』が、2月22日(金)に公開となります。本作は、親元から遠く離れた荒れ寺へ、53人の園児たちと疎開生活をスタートさせ、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語です。
主役の保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓役には、目覚ましい活躍を続ける実力派女優・戸田恵梨香。等身大な年齢の重ね方が同性からの人気を集める戸田が、満を辞して戦時中を描いた作品にメインキャストとして挑みます。そしてもう一人の主役、保母の野々宮光枝役には、女優・歌手としてフィールドを広げる大原櫻子。歌と演技の両方を生かせるミュージカルにも挑戦している大原が、天真爛漫で音楽が好きな保母を演じます。

この度、アーティストとしても第一線で活躍する大原櫻子の魅力全開!
オルガン弾き語りによる演奏シーンを収めた、本編映像が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 太平洋戦争末期、子どもたちのいのちを守るため、日本で初めて“疎開保育園”の立ち上げに挑む保母たちを描いた本作。紆余曲折を経てようやくたどり着いた疎開先は、古ぼけて所々に穴の開いた雨戸が立てられガラス戸は無く、近所から借りてきた甕を使ってようやく取り繕ったトイレのみという、お世辞にも立派とは言えないボロ寺…。

意を決して疎開を決行したものの、その荒れっぷりを目の当たりにして早くもめげてしまいそうになった皆の心に、天真爛漫なみっちゃん先生(大原櫻子)のオルガンと明るい歌声が響き渡ります。
「♪お猿のかごや」、「♪雀の学校」、「♪お山の杉の子」など朗らかな童謡と、どこか安らぎを感じるオルガンの音色や、笑顔いっぱいに歌う子どもたちの様子に、大量の荷物を整理する楓先生(戸田恵梨香)ら保母たちも心癒され活力をもらいながら、テキパキと生活の準備を進めていきます。かまどには猫が居ついていたり、異常なほど煙がたちのぼってしまったり、そうこうしているうちにみっちゃん先生のレパートリーも尽きてしまったりと、まだまだ前途多難な様子ながら、このオルガン演奏こそが過酷な疎開保育園を支え続けていくことが窺える場面です。


映画情報どっとこむ ralph デビュー5周年をむかえ、ベストアルバムの発売や全国ホールツアーも決定、女優としてのみならずアーティストとしてもますます飛躍を続ける大原櫻子。このシーンでも見られるように、本作でその多彩な才能を存分に発揮していますが、実は子どものころに”保育士”を夢見ていた時期もあったとか!撮影を振り返り

大原さん:とにかく一生懸命楽しむ、そして楽しませることを心がけていました。子どもたちの笑顔を見ると全部吹き飛んじゃいます。(無邪気すぎて)ちゃんとして!と思う時もたまにはありましたが(笑)、子供たちのお芝居以外の自然な表情こそこの作品の良いところなので、そこは逆に自然と遊んでくれていたら嬉しいんです。笑顔に癒されながら撮影をさせてもらいました。

と明かしています。

映画情報どっとこむ ralph あの日のオルガン

2019年2月22日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト:anohi-organ.com 
公式ツイッター/フェイスブック:@anohinoorugan 
#あの日のオルガン

【あらすじ】
東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、なんとか子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で、我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。
幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力をえて、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。
そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

***********************************

出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功

監督・脚本:平松恵美子 
原作:久保つぎこ『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版)
音楽:村松崇継 
主題歌:アン・サリー「満月の夕(2018ver.)」(ソングエクス・ジャズ)
配給:マンシーズエンターテインメント 

(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会 


上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星 ドキドキ『L♡DK 』完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph コミックス累計発行部数は1088万部を突破「L♡DK」。
2014 年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こしました。

そんな「L♡DK」がフレッシュな新キャストたちによって再映画化。
今回は上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星がドキドキの三角関係を演じる『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、2019年3月21日(木・祝)全国公開となります。

そして、2月12日(火)に本作の完成披露イベントを実施!上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が登壇しました!


日時:2月12日(火)
会場:新宿バルト9
登壇:上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星、川村泰祐監督

映画情報どっとこむ ralph 今回の完成披露イベントは抽選倍率が約50倍の難関を勝ち抜いた観客の皆さんで埋め尽くされた劇場。
観客席を通ってキャストの三人が登場!で大歓声と拍手の渦。上白石さんちっさいのでチョットもみくちゃ。

上白石さん:平日の宿題やら家事やらで忙しい時にお集まりいただきありがとうございます。

杉野さん:こんばんは!!!抽選倍率50倍。めぐりあわせが良かった皆さま。楽しんで下さい。

横浜さん:いち早く皆様に観ていただけるのが嬉しいです。胸キュンして帰って下さい!

川村監督:この映画を観た後に、この3人がメチャメチャ好きになっていると思います。そして、エンドロール最後まで観て、上白石萌音さんの素晴らしい主題歌をお聞きください!

と、其々ご挨拶!でイベントスタート。

映画情報どっとこむ ralph 今回初の恋愛映画主演の上白井さんオファーを聞いて
上白井さん:絶対、手違いか人違いだと思いました。私が少女漫画のヒロインなんてと思いました。撮影まで不安とプレッシャーの日々でしたが。撮影現場で、このお二人が紳士で。二人とも仲が良い中に迎え入れて下さって。ほんとうに器の大きなお二人です。

と、真面目な上白石さんに

杉野さん:それじゃ、僕と流・・横浜君が思いあってるみたいじゃん!

上白石さん:違うんですか?
との質問に違うと答える横浜さんと杉野さん!MCも

MC:それじゃ好きがイッパイの意味が変わってきちゃいます!

とちゃちゃ。

上白石さん:お二人に支えられました。(完成したものを観て)見れたものじゃないですね。恥ずかしくって・・・・。皆さんも、物凄く沢山のキュンキュンを与えられるので、悶絶して欲しいなと思います!
川村監督:ほんとうに可愛いんです!振り返る萌音ちゃん。キュンキュンです。

と、自分で撮った作品に萌える監督。


役作りは?

杉野さん:原作と前作があって。。。どう取り組むか悩みました。撮影に入るまで、横浜君と関係性を築いたり、初めて萌音ちゃんとあった日に思いってることが一緒で、やってきそうな信頼関係が生まれました。

横浜さん:今違いますが、原作通りに赤髪にして、後は、帰国子女の役なので英語のレッスンに通いました!後はバスケ。僕球技得意じゃないので沢山練習して。初日に突き指して。(客席:可愛い!!!)ダサいでしょ!

と言うバスケのシーンはかなりかっこよく仕上がっていて、

横浜さん:監督の力です!


色々な壁ドンが繰り広げられる本作ですが

上白石さん:初めての壁ドンですが・・・苦い思い出です。壁ドンって顔と顔が近づいて胸キュンですよね。でも、身長差があるのでドンすると、胸なんです。キュンよりゾクッだったんです。どうしたら美しい壁ドンになるかと試行錯誤しました。

杉野さん:障害でしたね。あとはキス。いろいろ試行錯誤。

上白石さん:背伸びじゃ足りなくて。箱とか乗ってました。

と、驚きのエピソード。

横浜さん:僕の壁ドンは、ハイブリッド壁ドンで、壁ドンからアゴクイとか。

上白石さん:アクションが速いんです!

と、横浜さんの壁ドン系はアスリートのそれだと称していました。

映画情報どっとこむ ralph 注目キュンキュンシーンは?

上白石さん:二人のバスケのシーン。美しいです。キュンキュンすると思います。

実はそのシーンの為に、公園で普通にふたりで練習したそうで、その後温泉に行ったそう。
杉野さん:僕は同居シーン。悶絶して欲しかったので。

横浜さん:スタッフさん曰く4分に1回胸キュンシーンが起こるそうで。たくさんあるんですよ。大堂な胸キュンを求める人は柊聖(杉野遥亮)。強引で男らしい胸キュンを求める人は玲苑(横浜流星)でドキドキして欲しいです。

映画情報どっとこむ ralph 2月14日はバレンタインデーと言うことで、上白石さんチョコレート創りをしたそうで、結構おいしそうな仕上がり。

これを争奪すると言うことで、大きなハートチョコに其々、胸キュンメッセージを書くと言うことに!

杉野さん:大切。ちゅき。

横浜さん:大好き!付き合って!(観客:きゃーーーーー!)

そして、勝者は!!!!!横浜さん!

上白石さん:頑張った痕跡。不器用なりに頑張った感がいいです。マヨネーズの方で!

最後に・・・
上白石さん:この映画は去年の寒い季節に震えながら力を合わせて作った映画です。常に皆さんがどうしたらキュンキュンしてくれるのか考えて作った作品です。ドキドキキュンキュンして暖かくなって帰っていただければ。楽しんでください!

そして、フォトセッション

映画情報どっとこむ ralph 『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

3月21日(木・祝) 全国ロードショー!!

公式HP:
http://www.l-dk.jp/

公式Twitter:
@loveldk

#ドンしてキュンするLDK


【ストーリー】
高校3年生の西森葵(上白石萌音)には、学校のみんなには言えないある秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)とナイショで 付き合って、さらには同居をしていること。葵が柊聖の家で起こしてしまったボヤ騒ぎで、部屋をダメにしてしまい、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに! 最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる嫌なやつ。と思っていたけど、次第に惹かれあい、ついにふたりは付き合うことに!恋人同士になり、ふ たりの同居生活もますますラブラブに・・・!と思っていたら、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜流星)が突然アメリカからやってきた!同居の秘密を必死に 隠そうとするもあっさり秘密はバレてしまい、葵と柊聖のふたりを引き離そうとする玲苑とまさかの3人同居がスタート!?



***********************************

原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 町田啓太 ほか
©「2019 L♡DK」製作委員会