「あ行」カテゴリーアーカイブ

田中麗奈 登壇!現場で通訳になってしまったエピソードも!『おもてなし』特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 田中麗奈さんと台湾俳優ワン・ポーチエさんのダブル主演で贈る日本×台湾のオリジナル合作映画『おもてなし』は、3月3日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開となります。

余貴美子さん、木村多江さん、香川京子さんなど日本アカデミー賞をはじめ、国内外で評価の高い日本の俳優と台湾の俳優が、文化と世代を超えて豪華共演しています。

そして2月15日(木)。
渋谷のユーロライブにて、主演・田中麗奈さんを招いての東京新聞主催の特別試写会が行われました。

東京新聞主催 田中麗奈登壇付き特別試写会
場所:ユーロライブ
日時:2月15日(木)
登壇:主演・田中麗奈
MC:水野悠希

映画情報どっとこむ ralph 川崎で行われていた第72回毎日映画コンクールの授賞式にて女優助演賞を受賞した直後に、田中麗奈さんは、主演作である本作の渋谷での舞台挨拶に登壇。白いドレスから黄色のドレスに着替えての登場。

日本と台湾のオリジナル合作映画主演へのオファーを受けた時のことを

田中さん:台湾と本当にご縁があると思いました。10年以上前から台湾との合作映画に出演していたり、中国語も前から勉強していたので、そして中国語を使える機会があればと思っていたので、お話をいただけたことは必然のような気がして嬉しかったです。

と、笑顔で語りました。

香川京子をはじめ、日本アカデミー賞受賞女優たちとの共演については、

田中さん:香川京子さんは、佇まいがたわやかでやわらかいのですが、本番だと迫力が流石でした。ご一緒出来たことは俳優として貴重な経験でしたし、完成した映画をみて、香川さんとのシーンは、自分自身の役者としての道なりを重ねてみえるシーンにも感じられました。

と、香川さんとの撮影を思い出しながら披露。


映画情報どっとこむ ralph お客様からの質疑応答に答える場面もあり、好きなセリフをきかれると、

田中さん:ヤン・リエさんが演じるチャールズというキャラクターのセリフに『人生がこんなに短いなんて、誰も教えてくれなかった』『やり残したことがない人生なんてつまらない』などあり、脚本には耳に残る言葉が沢山あります。

と答えました。

また、撮影秘話を尋ねられ

田中さん:通訳の方がいたのですが、ハードな撮影が続いていて、気がついたら通訳さんが不在の時があり、監督の指示などが中国語で行われていたので、私が自然と現場で通訳になってしまって、日本語にして伝えていました。

と、得意技を生かした座長さん。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

田中さん:『おもてなし』という映画を観て、すごく日本は綺麗だなあと思いました。人と人が出会うという事がこんなにも奇跡で輝いているのだと感じて、日々をもっと大切にしたくなるような映画だと思います。一人一人のアルバムをめくっているような感覚があり、日本の方々には是非観ていただきたいですし、海外の方にも胸を張ってご紹介できる映画だと思います。

と締めました。



映画『おもてなし

は3月3日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開です。

物語・・・

老舗旅館の再生を目指す人たちの”おもてなし”の旅

琵琶湖畔にある老舗旅館「明月館」が実家の梨花(田中麗奈)は5年前に父を亡くし、旅館を一人で切り盛りし続けている母・美津子(余貴美子)を支えるため、仕事を辞めて実家に戻ってくる。経営不振の中、美津子の大学時代の恋人であり台湾実業家のチャールズ(ヤン・リエ)が旅館を買収して、息子・ジャッキー(ワン・ポーチエ)を再建のために送り込んだ。しかし「おもてなし」の心を持っていないジャッキーに対して梨花は反発し衝突する。そんなジャッキーには、来日への密かな目的があった。それは、かつての恋人・尚子(藤井美菜)とやり直すこと。尚子に婚約者がいることを知ったジャッキーは諦めきれない想いを抱えながらも、尚子の結婚式が開けるように「明月館」を改装して、最後のプレゼントをしようと思いつく。同じく梨花も、不倫していたかつての上司に別れを告げ、人生の再スタートをはかろうとしていた。

「おもてなし教室」を主催している木村先生(木村多江)との講義を経て、“日本のおもてなしの心”を学び始めたジャッキーだったが、ビジネスパートナーの黄が「明月館」を売却する手続きをしていることが発覚する。そんな中、ガンのために余命宣告を受けていたチャールが倒れ・・・

***********************************

田中麗奈 ワン・ポーチエ
余 貴美子  ヤン・リエ ヤオ・チュエンヤオ 藤井美菜 
ルー・シュエフォン マイケル・タオ  青木崇高  眞島秀和 木村多江  / 香川京子

監督・撮影・編集:ジェイ・チャン
脚本:ジェイ・チャン 砂田麻美
音楽:大橋好規

(C)2017 SHOCHIKU STUDIO CO.,LTD. and EPIC ENTERTAINMENT CO., LTD.
2017/日本・台湾合作/日本語・中国語・英語/96分/DCP/カラー/シネマスコープ/5.1ch


ついに映画化!『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』超特報解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 1959年に放送が開始され、時代を超えて人気を誇る子ども番組「おかあさんといっしょ」。

この度、『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルで2018年9月7日(金)より全国公開が決定しました!

誰もが知っている人気番組「おかあさんといっしょ」が初の映画化!
実写×アニメ×そして歌・体操・踊り・ゲームと盛りだくさんの体験型ファミリー映画!
映画館でみんなで歌って、遊んで一緒に冒険しよう!!

ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが通常のテレビ放送とは異なり、スタジオを飛び出して、様々な場所へ冒険に出かけます。お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れる映画館ならではの内容となっています。もちろん大人気の体操「ブンバ・ボーン!」も!

また、番組でおなじみの人形劇「ガラピコぷ~」は、初のオリジナルアニメ化!チョロミー、ムームー、ガラピコは、いつもの「しずく星」を飛び出し、初めて訪れる星へ。スケールアップされた世界で、「ガラピコぷ~」の大冒険が描かれます。
全編にわたってみんなで楽しめるコーナーが盛りだくさんの体験型ファミリー映画!

人生で初めての映画体験となるファーストムービーとして、ご家族・お友達・みんなで楽しめる作品をご期待ください。

(※)1990年に「おかあさんといっしょ」内で放送されていた人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ『海だ!船だ!にこにこ、ぷん』として公開されていますが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される1本の映画としては、本作が初の映画化となります!


映画情報どっとこむ ralph 今回映画化にあたり、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんからのコメント入り超特報が解禁!!
『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』の超特報映像が下記<日活公式チャンネルYOUTUBEアドレス>にて限定公開中。
是非ご覧いただき、2/15(木)AM8:00にメディア解禁いたしますので、ニュース記事にも下記URLをご利用いただけますと幸いです。



映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険

公式HP:
eiga-okaasan.jp

***********************************

出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 小林よしひさ 上原りさ チョロミー ムームー ガラピコ 他   
 
製作:『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』製作委員会
配給:日活、ライブ・ビューイング・ジャパン
2018年/カラー/16:9/5.1ch/DCP   
?2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会


イ・ビョンホンの演技に子役が思わず涙!映画『エターナル』撮影秘話公開


映画情報どっとこむ ralph ハリウッド俳優のイ・ビョンホン主演最新作『エターナル』が2018年2月16日(金)にTOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開の運びとなりました。

「10年ぶりに素晴らしい小説を読んだかのような、心に響く作品」

とイ・ビョンホン自身が脚本にほれ込んだ本作。その衝撃的なラストは本年度ナンバーワン・サスペンス映画と呼ばれるほどだ。
本作で長編映画デビューとなるイ・ジュヨン監督は、広告界で築いた演出力と語り手としての優れた能力、さらに「オアシス」や「シークレット・サンシャイン」の名匠イ・チャンドンの監修のもとで本作の脚本を書き上げた。そんな監督から撮影時にイ・ビョンホンの凄さを改めて感じさせるエピソードを話してくれた。

劇中でイ・ビョンホンが息子に別れの挨拶をするシーン、撮影時イ・ビョンホンのあまりにもリアルすぎる演技に別れの挨拶をされた息子役の子が思わず悲しみのあまり泣き出してしまい、これには監督もとても驚かされたそう。

脚本では当初、息子役の子は泣く予定ではなく、そのせいで撮影スケジュールが押してしまったのこと。

改めて彼の役者としての凄さを再認識させてくれるエピソードだ。また予算が比較的限られた中で撮影のほとんどがオーストラリアでの海外撮影ということもあり、オーストラリアでの滞在中は休みなく毎日撮影していたようで、これにはさすがのイ・ビョンホンも「テレビドラマより大変だ」と漏らしていたそう。

しかしいざ撮影が始まると「ものすごい集中力で演技をして、私とスタッフみんな、期待以上の熱演に感心しました」とハリウッドの大作映画にも数多く出演する彼のプロフェッショナルな一面に、過酷な撮影スケジュールの中にあっても監督は尊敬の念を持って撮影を進めていったようだ。出演シーンが映画全体の9割にも及ぶなか台詞はごく僅かで、その静かなる感情表現で言葉以上に観客の心を揺さぶる演技を見せている。近年演じてきた悪の魅力や激闘アクションを完全封印し、複雑な感情を言葉ではなく表情や視線に映し出し、高い演技力と幅広い表現力をあらためて立証した。

監督は「イ・ビョンホンさんのおかげで作られた映画といっても過言ではありません」と最大限の賛辞を贈った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エターナル』

は2018年2月16日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
物語・・・
証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしている。安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていたが、不良債権事件によりジェフンはすべてを失う。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへと向かうが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらついていた。ショックを受けたジェフンは、密かにその場を去り、妻子たちの秘密を探り始める。

***********************************

監督・脚本:イ・ジュヨン
出演:イ・ビョンホン(「マスター」「マグニフィセント・セブン」) コン・ヒョジン(「大丈夫、愛だ」)、アン・ソヒ(「新感染 ファイナル・エクスプレス」)    
韓国 / 2017年/ 原題:「SINGLE RIDER」
上映時間 : 97分
配給:ハーク
©2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED


映画『いぬやしき』MAN WITH A MISSIONが主題歌!本予告映像も到着


映画情報どっとこむ ralph 「GANTZ」の原作者・奥浩哉先生がそのエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画「いぬやしき」。

昨年10月からはフジテレビ・ノイタミナ枠でアニメが放送され、その衝撃的な内容で大きな反響を呼びました。注目を集め続ける「いぬやしき」が、「GANTZ」を2部作で実写映画化した佐藤信介監督の手によって、主人公・犬屋敷壱郎:木梨憲武さん vs 高校生・獅子神皓:佐藤健さんで写映画化“新感覚バーチャルムービー”として4月20日(金)に公開となります!

その主題歌を、大人気バンド「MAN WITH A MISSION」が制作!

「MAN WITH A MISSION」は、頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5匹で構成される、日本を代表するロックバンド。映画のプロデュース陣は「世界と戦える大作に挑戦」というテーマを掲げており、主題歌も世界に通用するアーティストにお願いしようと決意し、そこで彼らと出会いました。

国内の人気だけに留まらず、海外のオーディエンスからも熱烈な支持を受けていること…、“究極の生命体”である「MAN WITH A MISSION」と“究極の力”を手に入れる「犬屋敷」…、グループ名の「MAN WITH A MISSION(使命を持った男)」…、そして、“いぬ”と“オオカミ”という動物的親和性…。様々な条件・共通点から、プロデュース陣は「このバンドしかいない!ワンだウルフ!!(Wonderfull)」と、熱烈オファー! メンバーが元々原作のファンであったということもあり、すぐにオファーを快諾。アニメ「いぬやしき」でもオープニングテーマ曲を制作し、今回、映画『いぬやしき』のために、新曲「Take Me Under」を書き下ろしました!

戌年である2018年、“いぬ”と“オオカミ”が、イヌ科最強タッグを結成します!

映画情報どっとこむ ralph 同バンドのボーカル&ギターのジャン・ケン・ジョニーさんと木梨さんからコメントを

ジャン・ケン・ジョニー(Gr.&Vo.)さんからのコメント
イチ早ク映画ヲ観マシタガ、原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。自分達ノ楽曲「Take Me Under」モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。映画「いぬやしき」トトモニ楽シンデ下サイマセ!

木梨憲武さんからのコメント
最高にステキな楽曲!不思議な光を浴びて私もオオカミになり、MAN WITH A MISSIONと一杯やりたいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、その主題歌が入った本予告映像もついに解禁!



期待を軽々と超える映像を生み続ける、佐藤信介監督の本領発揮! アップテンポの主題歌とともに流れる映像では、日本最高峰の技術が集結された驚愕のCGとド迫力のアクションの連続!  

高層ビル群の間、ヘリコプターの上、そして都庁展望台…。新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイVS高校生”の新次元バトルは、映像の中に“トリップ”したかのような新感覚に陥ります!


主題歌情報 
主題歌:MAN WITH A MISSION 「Take Me Under」


≪発売日≫
MAN WITH A MISSION「Take Me Under」
2018年4月18日(水)

映画情報どっとこむ ralph
いぬやしき

4月20日(金)全国東宝系にてロードショー!  

公式サイト
http://inuyashiki-movie.com/

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。
強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

***********************************

監督:佐藤信介
『GANTZ』(2011年公開 興行収入:34.5億円)
『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開 興行収入:28.2億円)
『図書館戦争』(2013年公開 興行収入:17.8億円)
『アイアムアヒーロー』(2016年公開 興行収入:16.2億円) など

<原作> おく奥ひろ浩や哉『いぬやしき』(講談社「イブニング」所載)
その他代表作:「GANTZ」(累計発行部数2100万部突破) など
©2018「いぬやしき」製作委員会 
©奥浩哉/講談社


村上佳菜子 女優志望! 泉ピン子にお近づきのチョコ!『あなたの旅立ち、綴ります』


映画情報どっとこむ ralph 泉ピン子、70 年の人生振り返る自分史が完成! 村上佳菜子も女優志望の夢を明かす!

60 年以上にわたってハリウッドを支え続け、いまなお輝きを放つ大女優シャーリー・マクレーンと、若手女優の中でも同世代の女性から 絶大な人気を誇るアマンダ・セイフライドが初共演を果たした『あなたの旅立ち、綴ります』が、2 月 24 日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー他にて全国公開となります。
本日、2月13日に本作の公開直前イベントが行われ、女優で本作の公式応援隊長を務める泉ピン子さんとプロフィギュアスケーターの 村上佳菜子さんがご登壇しました。


『あなたの旅立ち、綴ります』公開直前イベント

日程:2月13日(火)
会場:神楽座
登壇:泉ピン子【映画『あなたの旅立ち、綴ります』公式応援隊長、村上佳菜子(プロフィギュアスケーター) 読売新聞記者:岡島 毅
MC:奥浜レイラ

映画情報どっとこむ ralph 主人公ハリエットを演じた大女優シャーリー・マクレーンのファンであり、自身も15 歳で歌手としてデビューした後、長い間日本の芸能界を支え続けてきた共通点から、 “日本のシャーリー・マクレーン”として紹介された泉さん。客席を見るなり
泉さん:まぁ私と同じ ような歳のお客様ばかりで!タイトルからも想像できたとは思いますが、やはりも うすぐ(天国に)呼ばれそうな方々がお越しになりますよね(笑)

と口を開くな り毒を吐いて客席を沸かせた。

泉さん:すごく素敵な映画で、周りの人を大切にしたくなる 映画でした。死ぬ時は親戚なんていらないですね。親族なんて遺産相続で揉めるだけですし。映画をみて、改めて自分の人生について考えてみたけど、70 歳に もなると嫌なことや嫌な奴の顔なんてすっかり忘れてますよ!でもね、同時に良かった出来事もあんまり覚えてないのよ!夫が最後 に“愛してる”なんて言われたのもいつだったか覚えてないし、最近はずっと家でテレビを見ていて会話もないし…。

と次々と夫への不満を漏らしたが、客席の女性陣は皆共感し大きく頷いていた。

本作では、主人公が生前の訃報記事を書くために人生を見直していくが、泉さんも映画 の内容に沿って読売新聞とコラボレーションし、自身の人生を振り返った自分史を制作。映画さながらに泉の人生を取材した読売新聞の岡島記者が「ピン子、自分と向き合ってみました」というタイトルがつけられた自分史を持って登場し、泉さんに手渡し!

人生を振り返って

泉さん:今考えると下積みをしながらギター一本でキャバレーを回っていた頃が一番辛かったけど、楽しい時でした。私はその頃ストリッパー のお姉さんに食べさせてもらっていたんです。ストリップなんて仕事をしているお姉さんを『かわいそう』なんて思っていたら、ある日お姉さんに『あんた若いのにギター持って営業なんてかわいそうね』と言われてショックを受けたんです。私はその時、人の価値観や幸せはそれぞれ違うんだと知りました。

とデビュー前のエピソードを明かした。また公私ともに交友のある脚本家の橋田壽賀子先生について話が及ぶと、

泉さん:あの人は 本当に元気!北極まで一緒にいったのよ。今度「渡る世間は鬼ばかり」の新作 やるのよね。最近スマホデビューもしたらしいし、あの人はいつまでもお若いですよ。 たぶん私より長生きするわよ(笑)

と橋田先生の近況を報告。

映画情報どっとこむ ralph また映画では主人公ハリエットと歳の離れた若手新聞記者のアン(アマンダ・セイフ ライド)が友情をはぐくむ様子が描かれているが、今回泉さんとお近づきになりたいと、特別ゲストとしてプロフィギュアスケーターの村上佳菜子さんが、明日のバレンタインデーにちなみフルーツチョコレートのブーケを持って登場。
フィギュアスケートの大ファンという泉さんは村上さんの登場に感動しきり。

村上さん:近頃、女の子同士でバレンタインを楽しむ“ギャレンタイン”(ギャルと バレンタインの造語)が流行っているそうなので、私もピン子さんとのお近づきのしるしにチョコレートを持ってきました!

と満面の笑 顔を見せた村上に対し、

泉さん:じゃあ私はギャルじゃないから“ババレンタイン”ね。

と自虐。映画の感想を聞かれると

村上さん:私もアンのように、やりたいことはたくさんあるのですが一歩を踏み出せないんです。映画をみて、踏み出すことで物事って大きく変わるんだなと思いましたし、そんな私にも踏み出す勇気をくれる素 敵な映画でした。

と語りました。笑顔が魅力的な村上さんの姿をみて、

泉さん:あなたは華があるわね。 女優とかやってみれば?

と提案!まんざらでもない村上さんは
村上さん:女優やってみたいんです!でも振付を覚えるのは得意ですが、セリフを覚えることが心配です…

と即答も不安を吐露すると、

泉さん:セリフはね、覚えるしかないのよ。どうしても覚えられない場合には、書いてみるという方法も あるわね。

と大女優らしく助言した。


映画情報どっとこむ ralph
話題が連日盛り上がっている平昌オリンピックにおよぶと、

泉さん:あんたのことずっと見てたわよ! 若いのにどうしてやめちゃったの~

と村上さんに対し本音も!

今大会でメダル獲得の期待がかかる羽生結弦選手については

村上さん:羽生くんは自分を信じてまっすぐに突き進むタイプの人なので、いけると思います!4回転飛べます!

と断言!連日オリンピックを見ていて寝 不足な泉さん

泉さん:宇野くんもすごいからね!二人で争ってもらいたいですね!

と日本代表選手 への期待を語り、イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph あなたの旅立ち、綴ります

2 月 24 日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー他にて全国公開

原題:THE LAST WORD
公式サイト:tsuzurimasu.jp

LastWord_BD_3132.CR2


物語
ビジネスの成功で財を成した老婦人のハリエット・ローラー(シャーリー・マクレーン)は何不自由なく暮らしていたが、80 代に入ってから孤独と死への不安を感じ ていた。そこで、ハリエットは自身の訃報記事を生前に執筆することを思いつき、地元の若い新聞記者であるアン・シャーマン(アマンダ・セイフライド)に依頼する。しかし、自己中 心的なハリエットのことを良く言う人はおらず、理想とかけ離れた原稿を読んだ彼女は、“最高の訃報記事”に欠かせない 4 つの条件を満たすため、自分を変えることを決意。そ の要素とは、家族や友人に愛されること、同僚から尊敬されること、誰かの人生に影響を与えるような人物であること、そして記事の見出しになるような人の記憶に残る特別な 何かをやり遂げることだった。何事にも強気なハリエットと一歩を踏み出す勇気のないアン。正反対の 2 人はぶつかってばかりいたが、いつしか世代を超えた友情が芽生え始めて いた。そんなハリエットとの出会いが人知れず悩みを抱えていたアンの未来をも変えていくことに……。

***********************************

監督:マーク・ペリントン
脚本:スチュアート・ロス・フィンク
キャスト:シャーリー・マクレーン、アマンダ・セイフライド、アン・ヘッシュ、トーマス・サドスキー、フィリップ・ベイカ―・ホール、 トム・エヴェレット・スコット、アンジュエル・リー

2016/アメリカ/英語/108 分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕:今井祥子
配給:ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES
提供:ポニーキャニオン/東北新社
© 2016 The Last Word, LLC.All Rights Reserved.