「あ行」カテゴリーアーカイブ

長澤まさみ、高橋一生『嘘を愛する女』x 「Oggi」表紙到着!


映画情報どっとこむ ralph 長澤まさみ、高橋一生が 語る「印象美人」になるヒント


凛とした表情でカメラを見つめる女、男は憂いのある横顔で女の顔に寄り添う―


ため息が出るような男と女の色気を醸し出しているのは、長澤まさみさんと高橋 一生さん。ファッション誌「Oggi」3月号(1月27日発売)では、今最も旬なふたりが表紙を飾ります。

ふたりは、現在公開中の映画「嘘を愛する女」(東宝系)で恋人役を共演。

大人のラブストーリーを描く映画さながらの世界を表紙と9ページのグラビア&インタビューページで再現しています。

3月号の特集は「印象美人が、2月に『始める』おしゃれ」。

インタビューでは、 ふたりが出会った「印象美人」のエピソードも披露。「清潔感のある人」(長澤さん)、 「品のある人」(高橋さん)からは、印象美人なるためのヒントを知ることができ ます。さらには映画のこと、大人の恋愛について、30 代と仕事など、Oggi 世代が 最も気になるふたりの今にフォーカス。ふたりが着こなす“大人のファッション” にも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 高橋さんの印象は、宇宙人?

映画で共演するのは 10 年ぶり。お互いの印象については、

長澤さん:昔から面白くて、みんなのお兄ちゃん的存在です。でも、気づいたらどこかへひ とりで行っていなくなってしまいそうな、もしかしたら宇宙人かも(笑)?と思う くらい独特な距離間があって…。

高橋さん:核心をついていると思います(笑)。長澤さんも、ふわふわしているという意味 ではなく、昔から独自の浮遊感があるんです。そのつかめない感じが素敵だと思い ます。

ロケ地のひとつとなったのが横浜みなとみらいエリア。
そのエリア内にある、み なとみらい駅では、本日から特大ポスターを掲出となります!

(右下写真。2 月 4 日まで)
ファ ンの間でツーショット撮影が盛り上がること必至です。


映画情報どっとこむ ralph Oggi3月号

2018 年1月27日発売 小学館
価格 750 円(税込)
○大特集 印象美人が、2月の「始める」おしゃれ
★冬から春を小物でつなぐなら、「カゴバック」と「ビビッ ド靴」!
★週末限定、大人っぽ「ミニボトム」
★こんな日は、「あえて、盛らない」が正解です!
★三尋木奈保の「私がやめたおしゃれ」教えます
○リモートワーク女子の1か月コーディネート
○「飲む」オイル美容

and more……

撮影/伊藤彰紀

映画情報どっとこむ ralph 嘘を愛する女

公式サイト  
http://usoai.jp/

公式SNS   
ツイッター:@usoaimovie 
インスタグラム: usoaimovie 
#嘘愛 

物語・・・

その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。

「一体、彼は誰ですか?」

くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利―。

やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。

なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?

そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

***********************************

監督:中江和仁
脚本:中江和仁・近藤希実
製作:「嘘を愛する女」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝
出演:長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈 黒木瞳 吉田鋼太郎
Ⓒ2018「嘘を愛する女」製作委員会
   


阿部寛、松嶋菜々子が水天宮で映画『祈りの幕が下りる時』大ヒット祈願!


映画情報どっとこむ ralph 2010年4月に連続ドラマとしてスタートした東野圭吾原作の「新参者」シリーズ。

2本のスペシャルドラマと劇場版を経て、遂にシリーズ完結作『祈りの幕が下りる時』が映画化!

1月27日(土)より、全国東宝系にて公開となります!

そして!

いよいよ公開まで1週間を切った1月21日(日)、「新参者」シリーズの舞台となっている人形町にスーツ姿の阿部寛と艶やかな着物を纏った松嶋菜々子が水天宮にてシリーズファイナルとなる今作の大ヒット祈願を行いました。

作品の公開を控え、全国各地でのキャンペーンやPRを経て、いよいよ公開前最後のイベントとなる、ご祈祷を受けた二人は

阿部さん:公開が待ち遠しいです。皆さんに早くお届けしたいですね。

松島さん:ワクワクしています。沢山の方に観ていただきたいです。

と、コメント。終始和やかなムードに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph
阿部寛さんからのコメント
いよいよ来週公開ということで、今は公開が待ち遠しいです。8年間このシリーズに携わってきましたが、この作品で完結となるので、是非皆さんに早くお届けしたいです。人形町の皆さんには沢山応援していただいて、本当にお世話になりました。僕にとっては第二の故郷です。そして水天宮で大ヒット祈願をやらせていただけて身の引き締まるような思いです。ですので、この8年間の感謝と、完結を迎えるのでお礼を込めて祈願しました。松嶋さんの着物姿は「やっぱ超綺麗だな」と。今はまず、この映画をできるだけ多くの方に観ていただくことを考えています。それから先のことはその後考えます(笑)。


松嶋菜々子さんからのコメント
間もなく公開ということで、とてもワクワクしています。是非たくさんの方々に観ていただきたいですね。撮影も事故なく順調に進めることができましたし、沢山のことに観ていただけるよう祈願してまいりました。(阿部さんの「超綺麗だな」という発言に対して)セリフ通り、ありがとうございます(笑)。1月からこのような大作に出演させていただき士気が上がっております。今年1年もお仕事をいろいろな意味で頑張っていきたいと思いますし、また何か趣味でも見つけられたらいいなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『祈りの幕が下りる時』
1月27日(土)全国東宝系にてロードショー

『新参者』
未だ明かされていない謎――加賀恭一郎の母は何故息子を残し失踪したのか? 日本橋に留まる理由とは?加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか―。これまでの作品で何度も触れられていながらも解き明かされなかった“最大の謎”が、映画『祈りの幕が下りる時』で遂に明らかになります。シリーズに続き、日本橋署の刑事・加賀恭一郎を演じるのは阿部寛。事件の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美を演じるのは松嶋菜々子。シリーズでもお馴染み、捜査一課刑事・松宮脩平を溝端淳平が演じます。そして監督は大ヒットドラマ「陸王」の福澤克雄が務め、重厚かつ緻密な演出でシリーズに新たな風を吹かせます。豪華キャスト・スタッフがフィナーレを彩るべく集結した本作は、


物語・・・
この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。事件の鍵は俺なのか・・・?東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちに越川の遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。
それは失踪した加賀の母に繋がっていた。

***********************************

キャスト
阿部寛 松嶋菜々子
溝端淳平 田中麗奈 / キムラ緑子 烏丸せつこ
春風亭昇太 音尾琢真 飯豊まりえ / 及川光博
伊藤蘭 小日向文世 山﨑努

監督:福澤克雄    脚本:李正美   音楽:菅野祐悟

原作 「祈りの幕が下りる時」東野圭吾(講談社文庫)
公 開 日  2018年1月27日
製作 「祈りの幕が下りる時」製作委員会
制作プロダクション マックロータス
配給 東宝
撮影時期  2017年6月9日~7月28日
© 2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会


『ウイスキーと2人の花嫁』ウイスキーを愛する著名人絶賛コメント!!


映画情報どっとこむ ralph 第二次世界大戦中、スコットランドにて貨物船が座礁した実話をベースに描いた物語「ウイスキーと2人の花嫁」がいよいよ来月2月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開となります。結婚を控えた娘2人とその父親やお茶目な島民たちが登場し、心がほっこりとする本作は、映画ファンはもちろん、ウイスキーファンも楽しめる芳醇な大人のコメディです。

間もなくの公開を控え、新ビジュアルが解禁となりました。
登場キャラクターが可愛らしいイラストで描かれた新ビジュアル。イラストを担当したのは、なんと本作の監督であるギリーズ・マッキノン監督だ。監督業のほかにマンガやイラストも得意な監督は巨匠・黒澤明の大ファンであり、『羅生門』『生きる』『七人の侍』『どですかでん』などから多大な影響を受けたという。大好きな日本での映画公開を記念して特別に描き下ろしたオリジナルイラストです。

映画情報どっとこむ ralph 監督からのメッセージも併せて到着しました。

さらに、ニッカウヰスキーの創業者の生涯を描いたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の監修を務めたウイスキー評論家の土屋守氏独自ブレンドの映画公開記念オリジナルウイスキー(提供:ウイスキー文化研究所)や、座礁した貨物船に実際に載っていたウイスキー「デュワーズ」(提供:バカルディ ジャパン株式会社)など来場者プレゼントが決定!

※数量限定、抽選によるプレゼントです。詳細は公式HPをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 「ゴルゴ13」劇画家のさいとう・たかをさんや、「BARレモン・ハート」漫画家の古谷三敏さん、「バーテンダー」漫画原作家の城アラキさん、「マッサン」でポスターのヌードモデル役として話題になった女優に柳ゆり菜さんなどウイスキーを愛する著名人から応援コメントも続々と到着しています。

描き下ろしイラストを描くギリーズ・マッキノン監督

監督からのメッセージ
「特殊なことは実は普遍的である」。この映画は、全く文化の違う日本の皆さんも共感できるものだと思います。きっと皆さんや周りの人に、登場キャラクターを投影できるはずです。人が互いにどのように関わり合っていくか、人々についてやコミュニティについてを楽しく描いた作品です。作曲家のパトリック・ドイルの音楽が美しく、日本の皆さんに、是非楽しんでいただきたいです。


『ウイスキーと2人の花嫁』著名人コメント
<順不同・敬称略>

◆ギスギスとした今の世の中、ストレスを抱えてしまう…そんな人に観てほしい。たちまち気持ちが穏やかに。喜劇?コメディ?ユーモアたっぷりで笑えます。日本では考えられないような、のんびりとした時間がそこには流れている。
さいとう・たかを(劇画家)

◆スコッチ大好き漫画家です。だからこの映画のタイトル見ただけで期待は大。好きなシーンが随所にあって、特に好きなのが結婚に反対していた母親が最後にウイスキーを飲むところ。あの表情がスゴイ。「スランジバール」
古谷三敏(漫画家/『BARレモン・ハート』)

◆試写が終わったエレベータの中。見知らぬ観客が誰に言うでもなくこうつぶやいた。「ウイスキーが飲みたくなっちゃう」。その場の全員がフッと微笑んだ。渋い名優達が美しい風景の中で飲むウイスキーが最高!
城アラキ(漫画原作家/『バーテンダー』)

◆この作品の、映像、音楽、ユーモア全てに酔っ払いました。今夜、一杯どうですか?必ず、そう誰かに声をかけたくなります。娘の旅立ちにウイスキーの深く鋭い味わいが沁みる瞬間、父が流した涙は美しかった。お父さん、今夜一杯どうですか?
柳ゆり菜(女優)

◆彼らにとってウイスキーとは、日常であり、喜び、涙であり、人生そのもの。完全な悪者など居なく、ほっこりとした気持ちになりました。
豊田エリー(女優・モデル)

◆「ウイスキー」とは単に美味しい飲み物というだけじゃない。ささやかな「幸福」の象徴だ。美味しい「幸福」は、映画のあらゆるところに詰め込まれ、見る者を楽しく酔わせてくれる。
中江有里(女優・作家)

◆1949年の原作がイギリスの映画史上伝説のコメディなのに、ぼくはこのリメイクで初めて見ました。戦時中に実際にあった話に基づいているそうですが、完全なフィクションならデキスギと言われるほどおかしい。イギリス特有の自嘲的なユーモアにぜひ触れてもらいたい!
ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

◆戦時下にあっても、スコットランドの人たちにとってウイスキーは「生きる糧」であり、死の床からも復活させる「命の水」なのだ。海と緑に囲まれた島の風景とバグパイプの音色をバックに、いつの間にか私まで、島民と一緒になってウイスキーの隠し場所を探していた。
増田ユリヤ(ジャーナリスト)

◆映画を観ていてこれほどウイスキーが飲みたいと思ったことはない。“命の水”に乾杯!
土屋守(ウイスキー評論家)

◆人は、人の作った
わけわかんない決まりの中で生きている

でも決まりを気にしすぎたら
自分が心から
大切にしてることも
わけわかんなくなっちゃうよ

欲望に忠実な人バンザイ
是非この映画を見てください

のぶみ(絵本作家)

映画情報どっとこむ ralph 『ウイスキーと2人の花嫁』
公式HP: www.synca.jp/whisky

NYへ向かうはずの5万ケースものウイスキーの運命とは――
思いがけない落とし物が奏でる”結婚狂騒曲”!
戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から「ウイスキー無しじゃ結婚式はムリ!」と猛反対され困った状況に…。そんな時、輸出用に大量のお酒を積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁。沈没寸前の船内には、なんと5万ケースものウイスキーが積まれていた!「これはきっと神様からの贈り物に違いない!」島民たちは禁制品のウイスキーを秘かに“救出”しようとするが・・・。

***********************************

監督:ギリーズ・マッキノン『グッバイ・モロッコ』
脚本:ピーター・マクドゥガル
出演:グレゴール・フィッシャー『ラブ・アクチュアリー』、ナオミ・バトリック「ランズエンド -闇の孤島-」、エリー・ケンドリック『17歳の肖像』、エディ・イザード『ワルキューレ』、ショーン・ビガースタッフ『ハリー・ポッター』シリーズ、ケヴィン・ガスリー『サンシャイン/歌声が響く街』、ジェームズ・コスモ『T2 トレインスポッティング』
原作:コンプトン・マッケンジー「Whisky Galore」 (1947)
<原題:WHISKY GALORE!/2016年/イギリス/英語/98分/ビスタ/字幕翻訳:安本熙生>
配給:シンカ 
© WhiskyGaloreMovieLimited2016


女納棺師を高島礼子主演で『おみおくり』WEBにて映像初解禁!


映画情報どっとこむ ralph 3月24日(土)に劇場公開となる女納棺師を軸に描いた愛の物語『おみおくり』よりWEBにて配信いただける映像が初の解禁となりました。


本作の原案は、永井結子著の「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)。故人との別れる瞬間の7つのエピソードを軸に、2人の女性納棺師の心の成長を描きます。

様々な「死」の現場にある様々な悲しみの向こう側に見える、故人への溢れんばかりの愛。この度解禁されるショートバージョンの予告映像では、主人公満島弥生を演じる高島礼子のナレーションによって、悲しみと愛が対比する現場の様子が綴られていきます。そしてそんな現場を通して自分自身を見つめなおしていく2人の女性納棺師の成長が垣間見れる映像が完成いたしました。

主人公のベテラン納棺師・満島弥生を演じるのは、高島礼子。満島に弟子入りして納棺師を目指す河村亜衣役を文音が演じます。メガホンをとり、脚本も手掛けたのは、「ピカレスク―人間失格―」「棒の哀しみ」の伊藤秀裕。

人の「死」に直面する悲しい現場を繊細に描き、見送る人達と見送られる人との心温まる愛と成長の物語を誕生させました。



映画情報どっとこむ ralph 高島礼子主演映画『おみおくり』

公式サイト:
http://www.exf.info/omiokur


物語・・・
愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島弥生(高島礼子)。一方、子供の頃、両親を交通事故で亡くした亜衣(文音)は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめられていた。ある日、知人の葬儀の場で満島弥生に出会う。遺体を修復し、きちんとお見送りができるようにしてあげる仕事をしている満島の姿が亜衣の脳裏に刻まれる。そして亜衣は、自分にきちんと向き合うため、満島に弟子入りしようと決意する。様々な「おみおくり」の現場に接しながら、亜衣は自分の心の闇から徐々に解き放たれてゆく。やがて亜衣は、彼女を暖かく見守る満島の悲しい過去の出来事を知ることに……。

***********************************

出演:高島礼子 文音 / 渡部秀 風谷南友 芳賀優里亜 井上奈々/藤田富 / 宮下順子/ 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)

原案及び納棺師監修:永井結子「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)
主題歌:「YOU~120歳のラブソング~」2Voice(フジパシフィックミュージック)

脚本・監督:伊藤秀裕
プロデューサー:芳賀正光、佐藤敏宏
キャスティングプロデューサー:河野優
アソシエイトプロデューサー:間瀬頼彦 ロケーションコーディネーター:中村正一郎
撮影協力:一般社団法人氷見市観光協会、富山県ロケーションオフィス、立山フィルムコミッション

制作・配給:エクセレントフィルムズ
配給協力:トリプルアップ
カラー/ビスタ/5.1ch/117分
Ⓒ2018「おみおくり」製作委員会


リアーナ ステージ上で披露する七変化シーンが解禁『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』


映画情報どっとこむ ralph 『レオン』、『フィフス・エレメント』など、数々の名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が3月30日(金)に公開となります。

本作でSF作品初出演となる、ポップス界の世界的スーパースターのリアーナ。

本作で、宇宙人の踊り子役として登場する彼女が、ステージ上で披露する七変化シーンが解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された映像では日本でも絶大なる人気を誇る、R&B界の女神・リアーナの本作一番の見どころでもあるシーン!長編実写映画に役名があるメインのキャラクターとして出演するのは2012年公開の『バトルシップ』以来、約5年ぶりとなるリアーナ。『バトルシップ』ではタフでかっこいい海兵隊員を演じた彼女が本作で演じたのは、宇宙ステーション内の歓楽街“天国横丁”で働く踊り子・バブル。


今回解禁されたクリップでは、自身の姿を変幻自在に変えられる性質を持つ宇宙人・バブルが、約2分半の間に黒の踊り子衣装からセクシーなナース、ツインテールでへそ出しのJK、ミニスカメイド、絶世の美女クレオパトラ、さらにボディラインが際立つ黒豹など7回もの衣装に華麗に一瞬でチェンジ!ポップス界の世界的スーパースターとして君臨する彼女だからこそ、それぞれの衣装ごとにジャンルの異なるダンスを踊り分け、その魅力が画面いっぱいにあふれている。これにはステージを見ている主人公ヴァレリアン(デイン・デハーン)も釘づけに!

リアーナを起用したことについて

リュック・ベッソン監督:無理だから諦めろとみんなに言われたよ。でも僕は『聞いてみるのはタダだ。』と言ったんだ!

と周囲の制止を振り切ってのアタックだったと明かす。そして、そのオファーを快諾して

リアーナ:(バブルが)外見を何度も変えてゆくのは、すごく楽しかった!

と自身の役に大満足。中でもお気に入りとなったナースの艶やかな衣装について、

リアーナ:ラテックス素材で出来ていたから、汗だくになったけどね!

と楽しそうに語っていた。さらに、衣装にあわせた様々なダンスだけでなく、演技でもそのセクシーな声でヴァレリアンを誘惑! はたしてバブルはヴァレリアンの敵となるのか?味方なのか?そして彼女は人間なのか…!? 作品の“カギ”を握る超重要な役を全力で演じる彼女のシーンは必見です!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
西暦2740年。宇宙を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。二人が向かったのは、長い年月を経て拡張を続け、あらゆる生命が共存する宇宙ステーション・アルファ、別名“千の惑星の都市”。しかし、その深部には謎の放射線反応が見られ、3,000を超える種族が死滅の危機にあったのだ。「10時間以内にその原因を究明せよ」という極秘ミッションを託された2人の前に突如現れたのは、30年前に消滅したはずの惑星の住人たち。彼らの思惑とは一体…? 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”の危機を救うことができるのか―!?
***********************************

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) 
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー

吹き替えキャスト:日野聡、沢城みゆき、大塚明夫、ゆりやんレトリィバァ、咲野俊介、関俊彦、石川界人、楠見尚己、富田耕生、斎賀みつき

2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|配給:キノフィルムズ   
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION