「あ行」カテゴリーアーカイブ

強制されるのはごめんよ!『ヴィヴィアン・ウエストウッド』の冒頭映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「自由に話してさっさと終わらせたいの。強制されるのはごめんよ。」
英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓う、生きる伝説ヴィヴィアン・ウエストウッドのパワーの秘密に迫るドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』が12/28(金)より角川シネマ有楽町、新宿バルト9他全国公開となります。

メリル・ストリープやヘレン・ミレンなど、生き方までがパワフルなオスカー女優たちが彼女のドレスでレッド・カーペットを飾り、『セックス・アンド・ザ・シティ』で主人公が纏ったヴィヴィアンのウエディングドレスは一瞬で完売した。

3年間の密着取材でカメラが捉えたのは、ショーの直前まで続く厳しいダメ出しや、ニューヨークとパリへの新規出店を指揮する貴重な映像。 そして音楽史を変えたパンクムーブメントを生み出すまでの秘話や、世界的人気ブランドとして成功するまでの道のりを余すところなく披露している。

この度解禁されたウエストウッドの映像では、白髪に黒いワンピースに身を包んだ、現在のヴィヴィアンの姿。

「“アメリカは初めてですか?”なんて質問はしないで。自由に話してさっさと終わらせたいの。“暴露話をしろ”って強制されるのはごめんよ。洗いざらい話す必要ないでしょ?詳しく話せばキリがないからそのつもりでね。」と惚れ惚れとするようなカッコ良さで言い放っています。これ冒頭です。



映画情報どっとこむ ralph ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

12/28(金)角川シネマ有楽町、新宿バルト9他全国ロードショー

公式HP:
http://westwood-movie.jp


物語
2016年ロンドン・ファッション・ウィーク秋冬ショー前夜。ヴィヴィアン・ウエストウッドのアトリエでは、最終チェックに追われるデザイナーとスタッフたちがいた。デザイナーであるヴィヴィアンは、1枚1枚を細かくチェックし、指示と違う服には「こんなクズ、ショーに出せないわ」と容赦なく言い放つ。「もう辞めどきね」とパートナーにこぼしながらソファで眠りにつくが、翌日のショーは拍手喝采を受け、大成功を収める。60年代から現代に至るまで、数々の伝説を持つデザイナー本人にカメラが向けられる。「過去の話は退屈よ」と前置きしてから、自らの波乱万丈な半生について、ゆっくりと語り始めた。

***********************************

監督:ローナ・タッカー 
出演: ヴィヴィアン・ウエストウッド、アンドレアス・クロンターラー、ケイト・モス、ナオミ・キャンベル他

2018/イギリス/英語/カラー/5.1ch/ビスタ/84分/字幕翻訳:古田由紀子
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
配給:KADOKAWA 
(C)Dogwoof
 


舞う! 駆ける! 斬る! 『映画刀剣乱舞』待望の初映像解禁!! 、第二弾ムビチケビジュアルも解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『刀剣乱舞』初の実写化作品が、2019年1月18日(金)に公開となります。

注目の刀剣男士のキャストには、三日月宗近役に鈴木拡樹、山姥切国広役に荒牧慶彦、薬研藤四郎役に北村諒、へし切長谷部役に和田雅成、日本号役に岩永洋昭、骨喰藤四郎役に定本楓馬、不動行光役に椎名鯛造、そして鶯丸役の廣瀬智紀ら、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優たちが名を連ねる。
さらに追加キャストとして、様々な映画や舞台、大河ドラマやミュージカルなど、あらゆる方面で活躍している実力派俳優の2人、山本耕史と八嶋智人の出演。山本は、絢爛豪華な部屋と服に包まれ、豪快で凄みのある立ち居振る舞いで天下統一を狙う織田信長役として、安定感のある演技を発揮。

また、八嶋も織田信長を支える家臣ながら、後に天下統一を成し遂げる羽柴秀吉役を熱演。この超実力派俳優と刀剣男士たちとの共演で、どのような化学反応が引き起こされるのか必見なんです。
映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、本作としては初の映像となる、疾走感あふれる特報映像が解禁に。

解禁となった映像では、刀剣男士それぞれのアクションが垣間見れる。


映画情報どっとこむ ralph さらに映像解禁に併せ、11月23日(金)に発売となる第二弾ムビチケカードのビジュアルも解禁。全9種類を3回に分けて発売することが決定しているムビチケカードだが、第一弾の〈三日月宗近〉、〈日本号〉、〈鶯丸〉に続き、第二弾は〈山姥切国広〉、〈へし切長谷部〉、〈骨喰藤四郎〉の3振りが発売される。


なお、第三弾は〈薬研藤四郎〉と〈不動行光〉と8振り集合ビジュアルの3種類が、12月14日(金)から発売。

今後も『映画刀剣乱舞』の続報に注目です。

公式サイト:
touken-movie2019.jp

Twitter:
https://twitter.com/toukenmovie2019


***********************************

鈴木拡樹
荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀
山本耕史、八嶋智人

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
監督:耶雲哉治
脚本:小林靖子
配給:東宝映像事業部
©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus


平野紫耀 LOVEなものをハイテンションで叫んだ!?『ういらぶ。』大ヒット舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー」の映画化『ういらぶ。』が11月9日より公開中です。

この度、映画の大反響を受け、公開記念トークショーを実施致しました。登壇者に平野紫耀さんを迎え、映画を思いっきり楽しみたい人たちで結成された『ういら部。』のメンバーから寄せられた質問やリクエストに応えていただきました。さらに主演としてに映画を盛り上げてくれた平野さんに感謝のサプライズ!大好物のぬれおかきタワーと、以前から将来の夢と公言している“お札にのること”という夢を“ういらぶ。”が叶え、大いに盛り上がりを見せました。


日程:11月19日(月)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:平野紫耀(King & Prince)

映画情報どっとこむ ralph オープニング週末の動員成績で邦画1位を獲得した本作の反響を聞かれ

平野さん:映画を観たよとかおめでとうとか、たぶんそういうメールが届いていると…思います!

と憶測返答で

平野さん:僕はあまりメールを見なくて、よく『お前未読しすぎだぞ』と言われるほどで、全然見てないので未読メールは100件以上あります!

と衝撃の告白。その理由も衝撃的で

平野さん:手が小さくて親指が(携帯電話の)あ行に全然届かないから。だから僕はメールよりも電話派です!

と天然ぶりを披露。


また今年の紅白歌合戦への初出場が決定したことには

平野さん:とあるインタビューで『紅白に出たい』と言ったけれど、まさかデビューして1年目の僕たちが紅白という大舞台に出られるとは思わず、急に決まったのでビックリとワクワクが同時に来て複雑な気持ち!でもめちゃくちゃ楽しみです。

と年末の楽しみな意気込みを語ります。

そして、気になるクリスマスの予定を聞かれると

平野さん:舞台の本番中なので、それが終わってから(King & Princeの)メンバーと鍋をやる予定。世間のリア充を恨みながら鍋をします。こじらせてるね~!

と自虐で笑わせした。


映画情報どっとこむ ralph この日のイベントでは『平野紫耀のなんでも答えまSHOW~~!!』としてSNSに寄せられた質問やリクエストに平野が答えることに。

好きな人や何かを巡って争ったことは?

との質問には

平野さん:ないですね。基本的に僕は人に譲る。だから取り合いになることはない。

と平和主義。“兼業主婦”から“労い”の言葉を聞かれると

平野さん:兼業主婦?労い?お金を値切るってこと?難しいのがいっぱい入っているので次にいきましょう。

とパスしかかるも

平野さん:僕だったら奥さんよりも早く帰って部屋を飾り付けてプレゼントも用意して感謝を伝える。

と理想の夫像を想像した。

また「初めて付き合った人が忘れられない」という悩みには

平野さん:忘れられないのであれば、戻ればいい。別れて何年もして好きならば、また戻ってくるはず。

と男らしくズバリ。

「LOVEなものにハイテンションで叫んで」というムチャブリのリクエストには

平野さん:(King & Princeの)メンバー!

とジャンプして答えた。

さらに「男子は女子から告白されたいか?」という質問には

平野さん:人によって違うけれど、僕は男として女性に告白したい。自分だったら『平野君、私、ずっと前から…』の瞬間に『ちょっと待って!』となる

と一人芝居を交えて熱弁していた。次々と質問に答えて

平野さん:やはり恋愛系が多いですね~。

とすると、次に来た質問は「ダイエットが上手くいかない私にドSな一言を」。絶妙なタイミングにずっこけつつ平野さんは、劇中で演じた、優羽(桜井)のことが好き過ぎてドSのふりをするこじらせ男子・凛を再現するように

平野さん:痩せろ!バカ!

とドS叱咤。会場を埋め尽くしたファンの黄色い悲鳴に

平野さん:キャー!って…どういう面持ち?どういう気持ち?

と困惑。

映画情報どっとこむ ralph さらにこの日は、本作のために座長として頑張った平野さんを労うべく、大好物であるお菓子・ぬれおかきで作った特製ぬれおかきタワーと、「お札に乗ることが夢」という平野さんのために、平野さんの顔が印刷されたお札型パネルがステージに登場。


このサプライズに大喜びの平野さは、おかきタワーが800個のおかきで作られていると聞くと


平野さん:嘘でしょ!え~!800個だったら…俺なら二日で食べられるぜ!

との発言に会場は爆笑となった。

最後は観客全員からのクラッカーの音に腰が抜けて「撃たれたかと思った~!」とタジタジの平野さん

平野さん:1年前に岡山県で素敵なキャストと監督に囲まれ、幼なじみ感のあるキュンキュンも入っている素敵な映画が撮れた。皆さんにも何度もキュンキュンしてもらって、この映画と共に思い出を作ってもらえれば。

と満面の笑みで息の長いヒットを期待した。


映画『ういらぶ。』
大ヒット公開中!

ストーリー
「もう幼なじみのままじゃいられない!」
仲良しいつメンと最強ライバル兄妹。どうなる?!6人の恋と友情。

同じマンションに住む幼なじみ4人組。
お互い“大好きすぎて「好き」って言えない”こじらせまくりの凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、そんなふたりを心配して見守る暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)。
最強幼なじみチーム4人の前に、ある日、“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!?


***********************************

平野紫耀(King & Prince)  桜井日奈子
玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより /伊藤健太郎
原作:星森ゆきも「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」
   (小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)
監督:佐藤祐市
脚本:高橋ナツコ
音楽:佐藤直紀
主題歌:King & Prince 「High On Love!」(Johnnys’ Universe)
製作:『ういらぶ。』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース 共同テレビジョン
配給:アスミック・エース
(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会  (C)星森ゆきも/小学館


『イット・カムズ・アット・ナイト』最強の製作スタッフが誘うトラウマ的世界


映画情報どっとこむ ralph 『イット・フォローズ』の製作陣が仕掛ける、極限心理スリラー『イット・カムズ・アット・ナイト』が11月23日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなります。


本作は『イット・フォローズ』の製作陣と2012年の設立以降『ムーンライト』、『エクス・マキナ』、『ア・ゴースト・ストーリー』など刺激的な話題作を放ち続ける気鋭スタジオA24が製作。監督は全米のインディペンデント映画賞を多数受賞した経歴を持ち、鬼才ジョン・ウォーターズ監督にその手腕を絶賛された88年生まれの新鋭トレイ・エドワード・シュルツ。主演は『ザ・ギフト』で長編初監督と主演を務めた実力派俳優ジョエル・エドガートン。監督の才能に惚れ込み、製作総指揮としても本作に参加した。よくあるホラー・スリラー映画とは少し違う角度から襲ってくる恐怖に目が離せなくなること間違いなしの極限心理スリラーがいよいよ日本に上陸します。

映画情報どっとこむ ralph 新人作曲家ブライアン・マコーマーが誘うトラウマ的世界&数々のインディペンデント映画を彩る最強のプロデューサー2人!

劇中に流れる恐怖をあおる音楽が秀逸な本作。静かだがじわじわと恐怖が迫ってくる音楽がトラヴィスの苦しい精神を表現し、観客をトラウマ的世界へと引き込んでいく。本作で音楽を担当しているのは、作曲家・演奏家兼生物学者と異色の経歴を持つブライアン・マコーマー。ペンシルベニア大学でライム病の分子生態学を学ぶ傍ら、グラミー賞ノミネートのバンド、ダーティープロジェクターズの元メンバーという経歴を持つ。ドラマーとしては、アラーム・ウィル・サウンド、ビョーク、デヴィッド・バーン、ドゥードゥー・ンジャイ・ローズ、ミラ・カリックス、ザ・ルーツ、セイント・ヴィンセント、イェーセイヤーらのレコーディングに参加している。2013年、活動の中心を映画音楽に移し、シュルツ監督の『Krisha』(14)の音楽を手掛け、フィルムメーカー・マガジンがインディペンデント映画の新鋭25人に選出。2017年にはアメリカン・インディペンデント・フィルム・アワードで最優秀作曲賞を受賞している。前作『Krisha』に続いてブライアン・マコーマーを登用して

シュルツ監督:『Krisha』の時には音が際立つような音楽にしましたが、本作では観客を引き込むような没入感を意識していたので、あまり音だけが目立つような作りにはしなかったんです。意識すればこういう音を使っているんだなと分かるくらい、肌で感じる程度、そしてキャラクターにそぐうようなサウンドデザインを心掛けました。

と、前作とは違ったアプローチの音楽を依頼したことを明かした。

そして、本作でプロデューサーを務めるのはデイヴィット・カプランとアンドレア・ロア。
数々の雑誌のランキングや賞で名前が挙げられ、名プロデューサーとして注目されている。デイヴィット・カプランは、ニューヨークを拠点にする制作会社アニマル・キングダム創設者の一人で、これまで手掛けてきた作品に『ショート・ターム』(13)、『イット・フォローズ』(14)、『浮き草たち』(16・Netflix配信)等がある。もう一人のプロデューサー、アンドレア・ロアは、これまでジム・ジャームッシュ、スティーブン・ソダーバーグ、ジョン・ウォーターズ監督作品など数々のインディペンデント映画に携わっている。

シュルツ監督:A24のスタッフが脚本を読んで、デイヴィット・カプランと組んだらどう?と勧めてくれたのが最初でした。そしてデイヴィットがアンドレア・ロアを連れて来たんです。2人とはとてもいいコラボレーションが図れました。

と、名プロデューサーと組むことになったきっかけを語ってくれています。

映画情報どっとこむ ralph これら最強の製作スタッフに支えられ、正体不明の“それ”へと追いつめられる、極限の心理スリラーが完成した。
彼らを追いつめる“それ”とは一体・・・

是非、劇場で!


『イット・カムズ・アット・ナイト』

STORY 夜やってくる“それ”の感染から逃れるため、森の奥でひっそりと暮らすポール一家。そこにウィルと名乗る男とその家族が助けを求めてやって来る。ポールは“それ”の侵入を防ぐため「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールに従うことを条件に彼らを受け入れる。うまく回り始めたかに思えた共同生活だったが、ある夜、赤いドアが開いていたことが発覚。誰かが感染したことを疑うも、今度はポール一家の犬が何者かによる外傷を負って発見され、さらにはある人物の不可解な発言…外から迫る、姿が見えない外部の恐怖に耐え続け、家の中には相互不信と狂気が渦巻く。彼らを追い詰める“それ”とは一体・・・。

***********************************

監督・脚本:
製作総指揮・主演:ジョエル・エドガートン

出演:クリストファー・アボット、カルメン・イジョゴ、ケルビン・ハリソン・ジュニア、ライリー・キーオ

2017年/アメリカ/英語/92分/カラー/シネスコ
原題:IT COMES AT NIGHT
字幕翻訳:伊原奈津子

配給:ギャガ・プラス
© 2017 A24 Distribution,LLC


映画コメンテーターLiLiCo×よしひろまさみち登壇『A GHOST STORY』公開記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 斬新ながらもどこか懐かしさを感じさせるシーツ姿のゴーストの物語『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』。

自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける、ひとりの男の切なくも美しい物語です。


この度、本作の公開初日を記念し、映画コンシェルジュのLiLiCoさんと映画ライターよしひろまさみちさんをゲストに迎えた公開記念トークショーを実施いたしました!ゴーストの時空を超える旅、侘しくも切ない愛情など、ゴースト視点だからこそ楽しめる本作の魅力を映画のプロの視点で映語り尽くしました!

『A GHOST STORY』公開記念トークショー
日時:11月17日(土) 15:20〜の上映終了後
場所:渋谷シネクイント スクリーン1(渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル7階)
登壇:LiLiCo、よしひろまさみち

映画情報どっとこむ ralph 映画を鑑賞したばかりのお客様の前に、公開記念トークショーの案内役としてシーツ姿のゴーストが登場。

映画から飛び出してきたかのようなゴーストからの紹介で、本日のゲストであるLiLiCoさんとよしひろさんが場内に現れると大きな拍手が。


早速、映画の感想を語り始めるお二人。

LiLiCoさん:おばけのビジュアルだけど、これは温かいラブストーリー!生きるということについて、すっごく考えさせられた!

と絶賛。

よしひろさん:肉親や大切な人を亡くしたことのある人は、きっとその人のことを思い出しちゃうと思う。このゴーストみたいに、必ず見守ってくれている人がいるんだと感じられると思う。

とゴーストが主人公である物語に感動した様子。

実際、LiLiCoさんは、視える人からは昔亡くなった祖母がずっとあなたを見守っているわよ、と言われることが多いとか。家から離れられない劇中のゴーストについても触れ

LiLiCoさん:子供のころに住んでいたスウェーデンの家を再訪した時、もう別の人が住んでいたのに、何かの気配を感じたの!やっぱり、あるのよ!守ってくれていたり、誰かに見守られていたりって。

と自身のエピソードを披露。
よしひろさんも、幽体離脱の経験やおばけを見た経験を語るなど、まさのおばけエピソードも飛び出し、ユニークなトークに。

映画情報どっとこむ ralph そんな温かい存在として描かれる本作のゴーストを演じたのはオスカー俳優でもあるケイシー・アフレック。表情も見えず、セリフも発しないシーツ姿の演技について

LiLiCoさん:おばけ役が徐々にうまくなっていってた(笑)

と話し始めると、

よしひろさん:最初はただ存在するだけだったのに、ポルターガイストもできるようになるしね。(笑)

とすかさず反応し場内からは笑いが。


必要最小限にセリフを排除し、1シーンを驚くほどの長回しで撮影されている本作。特に印象深く残るシーンとして、Cを亡くしたMが悲しみを堪え、ひたすらチョコレート・パイを食べ続けるシーンについて触れると

よしひろさん:あのシーン、実はルーニーがビーガンだから、ビーガン用のチョコレート・パイを作ってもらったらしいんだけど、味がひどかったみたい。

と驚きのエピソードが。

LiLiCoさん:あるシーンでは、字幕が乗ってないんだけど、これはゴーストの物語であることがこの映画のテーマだから、あえてなのよ。

と語り、

よしひろさん:監督もそこについては言及していて、ゴーストに焦点をあてたかったから、と明かしているみたい。

とコメント。日頃から映画を数多く鑑賞し、コメンテイターやライターとして第一線で活躍するお二人ならではの撮影秘話が明かされました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・、映画の公開前日となる11/16(金)に誕生日を迎え、48歳になったLiLiCoさんにサプライズで花束をプレゼント!思わぬプレゼントに

LiLiCoさん:ありがとうございます!びっくり!

と驚いた様子。優しくも切ない夫婦愛が描かれる本作について

LiLiCoさん:私、最初にこの映画をみた後、すぐにもう一回観直したの!きっとたくさんの事を語り合いたくなる映画だと思う。

と語り

よしひろさん:本当に2回でも3回でも楽しめる映画。何度観ても何か思わせるものがある映画だから、ぜひ、何度も観てほしい。

と続けた。シーツを被ったゴーストも登場し、映画の魅力はもちろん、死後の世界、死生観についてまでをも語り尽くす、濃厚なトークショーとなりました。


A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
原題:A GHOST STORY

全国公開中
公式サイト:www.ags-movie.jp

物語・・・
田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるーー。

***********************************

監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ
2017年/アメリカ/英語・スペイン語/カラー/スタンダード/92分/
メイン館:渋谷・シネクイントほか
配給:パルコ 
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.