「あ行」カテゴリーアーカイブ

玉城ティナ の「クソムシが!」に押見修造先生 恋した!『惡の華』公開直前特別試写会


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』が9月27日(金)より全国公開致します。
『惡の華』ティザービジュアル(玉城ティナ) この度映画評論家として人気の町山智浩さんをスペシャルゲストに迎え、原作者の押見修造先生、井口昇監督の豪華鼎談を開催!町山さんは2013年「まんが秘宝 男のための青春マンガクロニクル」の中で「惡の華」論を寄稿。その際Twitterから上がった「実写化するとしたら監督は誰が良いでしょう?」という質問に「井口昇監督はどうでしょう?」と答えています。まさに予言者!また、漫画執筆中の押見先生とも交流のあった町山さん。

今回は、知られざる『惡の華』誕生の裏側を御三方に深く、アツく語って頂きます!そして3人がミューズと崇める玉城ティナさんも飛び入り参加しました!
『惡の華』イベントスチール
『惡の華』公開直前特別試写会
日時:9月15日(日)
場所:神楽座 
登壇:町山智浩、押見修造、井口昇、玉城ティナ

映画情報どっとこむ ralph 以前から業界内で度々持ち上がっていた『惡の華』の映画化。

町山さん:映画プロデューサーと『惡の華』に関して話すと、中学生の性描写がある点でこのまま映像化することは危険で難しい、高校生に設定を変えないとまずいんじゃないかという話もあったけれど、これは突破しましたね!

と一言。

井口監督:僕もそういうことは言われたことがありましたが、映像化するのであればやはりなるべく忠実にしたかった。そうでないと全く意味が変わってしまうので。

と話します。

「実現できたというのも日本映画界がだんだん変わってきたからだと思うんです。それまではキラキラ映画が主体というか、『惡の華』が映画化しにくい環境だった。それが少しずつ変わってきたのだと思います。

と、今だからこそこの作品が映像化された背景を説明しました。

映画情報どっとこむ ralph 押見先生が唯一訪れたのは桐生市での撮影。
本作のハイライトとなるお祭りの櫓のシーンですが、町山さんはこのシーンを「非常に美しかった」と話します。

井口監督:あのシーンは11月の寒い時期に撮ったのですが、少しずつエキストラさんが減っていくんですよ。気づいたら1時間後くらいに100人ぐらいいなくなっていて。カットが進むごとに画が狭くなっていくんです。

と裏話を披露し会場には大きな笑いが起きました。

町山さんがもう一つ美しいシーンとして挙げたのはクライマックスの海のシーン。

町山さん:空の色がとても綺麗だった。

撮影の順番が変わり、急遽海に入ることになったキャスト陣でしたが、ウエットスーツを着ることなく撮影に臨んだそう。それによってリアルな姿を撮ることができ、

井口監督:もしウエットスーツを着ていたら、あんな風には撮れなかった。

と監督は撮影当時を振り返りました。


玉城さんが仲村さんとして目の前に現れたときの感動を聞かれ

押見先生:感動しました。恋をしてしまいました。

と真っ直ぐに答えます。そこへ

町山さん:そんな玉城さんが今日ここへ来ています!

とサプライズ発表。

押見先生:あ!そうなんですか!

と驚く押見先生の横から現れた玉城さんに、客席からも大きな拍手!!

舞台に出るや否や、町山さんからのお願いで、映画とは打って変わり穏やかな声で

玉城さん:クソムシが

とキメ台詞を披露してくれ、劇中で度々ショッキングなセリフを口にするキャラクターを演じましたが、

玉城さん:撮影前に言えない日本語はありません!と監督に宣言した!

と、明かし、押見先生は玉城さん演じる仲村と、自身の描いた仲村に

押見先生:全くズレを感じなかったです。仲村さんのシーン全部最高。改めて自分の漫画を読み返すと、なんてショボいんだと思いますね。

と衝撃発言をし、会場は笑いに包まれました。


出来上がった作品を観ての感想を聞かれ

玉城さん:1回目観た時は自分が仲村さんに近づけているのかという不安が残ってしまっていたんですけど、2回目では『惡の華』の世界観としてちゃんと一つの仲村というピースになれているのかなと思えました。観たことの無い邦画になったなと思いました。

と作品に対する自信をのぞかせ、

町山さん:僕はこの映画を観た時にスターの誕生する瞬間を見た時の感動を味わいました。『愛のむきだし』を観た時に感じた“これはすごいことになるぞ”という衝撃を受けました。玉城さんをキャスティングした時点で勝ったね!

と大きな太鼓判を押しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp

twitter:
@akunohana_movie

伊藤健太郎、玉城ティナ『惡の華』本ビジュアル
【ストーリ―】 
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************


伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  
監督:井口昇
脚本:岡田麿里 
 
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」 
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

飯豊まりえ、明かされざるラストシーンを語った!『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)。この度実写映画化を果たし、全国にて公開中です。
この度、映画の大ヒットを記念して9月15日(日)に新宿バルト9にて飯豊まりえさん、松岡広大さん、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサーを招いて大ヒット御礼舞台挨拶が開催されました!
飯豊まりえ、松岡広大、柳明菜監督『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台挨拶
映画『いなくなれ、群青』 大ヒット御礼舞台挨拶
日時:9月15日(日)
場所:新宿バルト9
登壇:飯豊まりえ、松岡広大、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサー


完全ネタバレです。
問題ない方のみ、この先をお読みください。

続きを読む 飯豊まりえ、明かされざるラストシーンを語った!『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台挨拶




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岡山天音、山中さわお(ピロウズ)、オクイシュージ監督登壇!映画『王様になれ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、2019年に結成30周年を迎え、若手ミュージシャンからも絶大なリスペクトを集めるthe pillowsのアニバーサリーイヤープロジェクト「Thank you, my highlight」の一つとして制作された映画『王様になれ』が9月13日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開となりました。

そして、この度
翌14日には東京のシネマート新宿で公開記念舞台挨拶が行われ、主演の岡山天音さん、the pillowsのリーダーで原案担当の山中さわおさん、そしてオクイシュージ監督が登壇しました。
岡山天音、山中さわお(ピロウズ)、オクイシュージ監督『王様になれ』 公開記念舞台挨拶
映画『王様になれ』公開記念舞台挨
日時:9月14日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:岡山天音、山中さわお(ピロウズ)、オクイシュージ監督

映画情報どっとこむ ralph the pillowsのボーカル・山中の原案をベースにした青春ストーリーで、挿入歌&主題歌で流れるthe pillowsによる数々の名曲のみならず、劇伴も山中さんが担当し物語を鮮やかに彩る本作。

カメラマンを夢見る主人公・祐介役の岡山さんは、映画単独初主演。
観客の反応を自らが聞くコール&レスポンスに挑戦すると

岡山さん:新鮮!いつもは主役の横にいる立場だから!
『王様になれ』 岡山天音 と嬉しそう。山中さんは封切りに

山中さん:本当に実現したんだぁなと。しかもこんなにたくさん観客が集まっているじゃないか!

とし、演技にも挑戦していることに

山中さん:本人役だし、ほとんどのことが現実に何百回も言ったことのあるセリフなので、芝居をした感覚はなかった。やりやすいように誘導してもらいました。
と初演技の感想を口にし、岡山さん演じる祐介を怒鳴る演技は真に迫っているが

山中さん:普段はあそこまで怒りません。ネチネチと追い込むタイプです」とジョークで笑わせると、オクイ監督は「怒る指示はしたけれど、俺の想像の遥か上が来たので驚きました。

とニヤリ。

岡山さん:もう怖すぎて覚えていません…。

と怯える始末で、

山中さん:この映画はそこが主軸じゃないですから!そこまで掘り下げる必要ありますか!?

と大慌てだった。

映画情報どっとこむ ralph GLAYやストレイテナーなど豪華ミュージシャンが友情出演。

山中さん:直接会って出演をお願いしたり、メールで連絡したり。みんな二つ返事で引き受けてくれました。特にGLAYのTERU君は丁寧に長い文章を送ったら、すぐに『やったー!銀幕デビュー!』と軽めの返信が来て驚いた。

と男気出演に大感謝。そのライブシーンを

オクイ監督:すごくカッコよかったし、TERUさんは生で何度も歌ってくれて本当に感動しました!
と振り返ると、

山中さん:会場に来てエキストラのお客さんを見て『これは歌わなきゃ』と急遽歌ってくれたんです。

と舞台裏を明かした。

一方、ミュージシャンたちとの共演に

岡山さん:ずるいなぁと思った。あれだけ本職でしっかりとやられている方々なのに、それに加えてさらにお芝居できるのかと!

とミュージシャンたちの器用さに嫉妬しつつ
『王様になれ』 岡山天音 岡山さん:モニター越しに見ても華があって…。劣等感を感じました。一転、カメラが僕の方に来たときは『存在感薄っ!』と思いました。

と自虐をぶち込む岡山さんに

山中さん:お芝居も上手いし、実は25歳くらいの時の俺に天音君は似ている。だから将来こんな見た目になる恐れがあるよ!

と予言し、the pillowsのファンであるバスターズを前に

岡山さん:恐縮です!

と肩をすぼめていました。

映画情報どっとこむ ralph the pillowsの魅力について

岡山さん:歌詞のパワー。撮影が終わった今も曲を聴いているけれど、映画公開を迎えて改めてカッコいいバンドだと思います。

とリスペクト。
製作期間中はthe pillowsにドップリだったというオクイ監督は

オクイ監督:過去のインタビューでさわお君が『興味のない相手とキャッチボールをすると、その人は受け取ってくれない。地に足が付いていないとむやみに投げてしまって勝手に傷つく』というようなことを言っていて、その言葉が撮影中にずっと心にありました。そして自分もその思いで映画を作りました。

と打ち明けた。

山中さん:自分の強みは鈍感力。映画を作りたい!という無謀なことも鈍感力があったからこそ、怖いもの知らずで決断することができた。

と2017年からの歩みを振り返り

山中さん:こんなにちゃんとした映画になるとは思っておらず、スタッフ・キャストみなさんの力があったからこそできた。この鈍感力を持って、10月17日の横浜アリーナに立ちたい。
『王様になれ』 (山中さわお(ピロウズ) と気持ちを新たにしていた。


長編映画単独初主演の岡山さんは

岡山さん:自分の人生にとって一度しかない初主演という機会がこの作品であったことを嬉しく思います。the pillowsの30周年アニバーサリーイヤープロジェクトとして作られた映画で、皆さんにとっても何かの節目のときに見返したくなるような映画になってくれたら嬉しいです。

とさらなる広がりに期待を込めた。
岡山天音、山中さわお(ピロウズ)、オクイシュージ監督『王様になれ』 公開記念舞台挨拶
映画情報どっとこむ ralph 映画『王様になれ』

9月13日(金)シネマート新宿ほか全国順次公開

公式サイト:
https://ousamaninare.com/

Twitter:
@ousamaninare

日本のロック・シーンで熱狂的なファンと、ミュージシャンから絶大なリスペクトを集めるthe pillowsの結成30周年プロジェクトとして制作された本作は、ボーカル山中さわおの原案を映画化し、the pillowsはもちろん、GLAYやストレイテナーのメンバーをはじめ豪華ミュージシャン陣が「本人役」で出演する。若手演技派俳優として注目を集める岡山天音がもがきつづける主人公をエモーショナルな魅力で演じ、祐介が弟子入りを懇願するカメラマン・虻川塁を個性派俳優の岡田義徳が好演しております!俳優であり舞台演出家のオクイシュージ初監督作に、『火花』『ナラタージュ』の撮影:福本淳×照明:市川徳充をはじめとする映画スタッフが結集。自分を貫こうとするときにぶち当たる孤独、葛藤、その先に微かにみえる光を描き、誰もが自分の「王様になれ」というメッセージがつまった青春物語が完成!
王様になれ STORY 
カメラマン志望の祐介(岡山天音)は、叔父の大将(オクイシュージ)のラーメン屋で働いている。夢を叶えるには現実は厳しく苛立ちと焦りに苛まれながら過ごす日々。初めて足を運んだthe pillowsのライブで、思いを寄せるユカリ(後東ようこ)をみかけ話すようになる。「もしかしたら必然かも、ピロウズと出会ったの」。ユカリとの距離が近づくにつれて、祐介はthe pillowsの魅力にもどっぷりはまっていく―。
***********************************

岡山天音
後東ようこ  岩井拳士朗  奥村佳恵  平田敦子
村杉蝉之介  野口かおる  オクイシュージ / 岡田義徳

TERU(GLAY) JIRO(GLAY) ホリエアツシ(ストレイテナー) THE KEBABS
ナカヤマシンペイ(ストレイテナー) 日向秀和(ストレイテナー) 高橋宏貴(ELLEGARDEN)
SHISHAMO
Casablanca THE BOHEMIANS 宮本英一(シュリスペイロフ) 藤田恵名 有江嘉典
the pillows
原案・音楽:山中さわお  監督・脚本:オクイシュージ
エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦 三浦一城 プロデューサー:三宅はるえ 

アソシエイトプロデューサー:山内拓哉 新井千絵
撮影:福本淳 照明:市川徳充 録音:西山徹 編集:鈴木理 
装飾:徳田あゆみ スタイリスト:阪上秀平 ヘアメイク:外丸愛 
音響効果:勝亦さくら 助監督:市原直 制作担当:星野友紀
企画:バッド・ミュージック・グループ音楽出版 制作プロダクション:ブースタープロジェクト 
宣伝協力:キングレコード 配給・宣伝:太秦
協賛:uP!!!ライブパス 製作:『王様になれ』フィルムパートナーズ 
2019年/115分/カラー/ビスタ/5.1ch 
Ⓒ2019『王様になれ』フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

オダギリジョー監督、クリストファー・ドイル撮影監督から祝福Vに感動!『ある船頭の話』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が遂に公開初日を迎え、新宿武蔵野館ほかにて全国公開中となっております。

本当に人間らしい生き方とは何か?本作は、その根源的な問いにひとりの船頭の姿を通して向き合う物語。

初日を迎えた本日(9月13日)、初日舞台挨拶が新宿武蔵野館にて行われ、主演の柄本明さん、川島鈴遥さん、村上虹郎さん、そしてオダギリジョー監督が登壇しました。
柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、オダギリジョー監督『ある船頭の話』初日舞台挨拶
映画『ある船頭の話』初日舞台挨拶
日程:9月13日(金) 
会場:新宿武蔵野館
登壇:柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、オダギリ ジョー監督

映画情報どっとこむ ralph 『ある船頭の話』初日舞台挨_オダギリ監督
オダギリ監督:早く初日が来ないかな…という気持ちと、もうちょっと待ってほしいという気持ちと両方ありました…。

とこの日を迎えるまでの複雑な心境を吐露しつつ

オダギリ監督;もう今日から上映なので、開き直るしかないですね。

と晴れ晴れとした表情を見せる。

柄本さんが演じた主人公の船頭・トイチの舟に乗る客役には、伊原剛志さん、浅野忠信さん、村上淳さん、蒼井優さん、永瀬正敏さんら実力派俳優陣から細野晴臣さん、野生爆弾のくっきー!さんなど、俳優にとどまらず豪華な面々が並んでいます。
『ある船頭の話』初日舞台挨拶_柄本明 柄本さん:いろんな方が僕の舟に乗られてまして、古い友人もいれば大先輩、若い女性もいて、とにかくいろいろです。古い友人というのは笹野高史なんです。仲は悪いんですが、現場では仲良く撮影させていただきました。

とひょうひょうと語って会場を和ませました。

謎の少女を演じた川島さんは、劇中の赤い衣装が印象的。感想を問われると
『ある船頭の話』初日舞台挨拶_川島鈴遥 川島さん:実はさっき、監督から『今日は(衣装デザインの)ワダエミさんがいらっしゃっているから、ちゃんとコメントしてね』って言われて緊張してるんですが…(苦笑)・・・撮影に入る前はカメラの前に自分が立っているのが想像できなかったんですが、衣装合わせの場で袖を通すと、初めて想像することができて、そのまま抵抗なく現場でも演じることができて、すごく助けていただきました。

と感謝の思いを口にしていました。

映画情報どっとこむ ralph トイチを慕う村人の源三を演じた村上さんは、当初の脚本ではトイチと源三が同世代の「中年2人」という設定だったことを明かし、自身が演じることが決まってからも

村上さん:(セリフを)若者言葉に変えるのかと思ったら、そのままトイチと対等な生意気な口を利く男として演じることになっりました。
『ある船頭の話』初日舞台挨拶_村上虹郎 と明かした。それに対し

柄本さん:いつもタメ口だよな、お前!

とのツッコミに、慌てて

村上さん:そんなことないですよ!セリフのせいかと(笑)

と釈明。さらに

オダギリ監督は、当初はトイチを自らが演じることも考えて脚本を執筆していたことを明かし、村上の「中年2人」という言葉に対し

オダギリ監督:ちょっとショックなんですけど…(笑)

と寂しそうに漏らし、会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 先日まで開催されていた第76回ヴェネチア国際映画祭に出品、本作は日本の長編映画で初めて<ヴェニス・デイズ>部門で上映されたが、オダギリ監督は現地の反響について

オダギリ監督:メチャメチャよかったです! あまりの反応のよさに恐縮しちゃいました!いまだから言いますけど、エンドロールが流れた瞬間に拍手が始まったんですが、実はエンドロールも大事に作ったので、できればしっかりエンドロールまで見て拍手してほしかったです(笑)

と贅沢な不満を口にしていた。

なお、本作は現時点で、韓国の釜山映画祭、カナダのモントリオール・ニュー・シネマ映画祭をはじめ、エジプトのエル・グーナ映画祭、中国のピンヤオ映画祭、香港アジア映画祭、トルコのアンタルヤ映画祭、ハワイ国際映画祭、台北金馬(タイペイ・キンバ)映画祭で10月~11月にかけて続々出品・上映が決定。直近のエル・グーナ映画祭での上映が控えており、現地へ渡航予定。

オダギリ監督:実は(自身が主演のドラマシリーズ)『時効警察はじめました』の打ち上げの翌日の飛行機で、(打ち上げの)盛り上がりによっては行けないんじゃないかと。(笑)

と不安を口にし、エジプトに行ってみたいという川島さんに

オダギリ監督:(自分が)行けるかどうかわかんないから、行く?

とその場でピンチヒッターをオファー。会場は再び笑いがわき起こっていた。

映画情報どっとこむ ralph この日は、クリストファー・ドイル撮影監督から祝福のビデオメッセージも到着! 

クリストファー・ドイル メッセージ映像
やあ ジョー
柄本さん 川島さん 村上さん、そして観客の皆さん 来てくれてありがとう
ジョーには本当に感謝してる。映画への情熱を分かち合うチャンスをくれた
アイデアを形にする責任を共有し、撮影監督という形で私を関わらせてくれた
毎日ジョーが言うんだ「昔の日本映画のように撮りたい。カメラを動かさずワイドに撮ってくれ」と。
彼の意図が伝わるように劇場が大画面だといいな。
この映画の良さを本当に分かってもらうには、スマホの画面ではなく劇場で見てほしい
ジョーのおかげで、日本人ではないがすばらしい経験ができた
この作品には日本の歴史や伝統、国民性に対する深い敬意がこめられていると思う
日本的な作品に参加できて本当に光栄だ
最後に言わせてくれ
乾杯!!
『ある船頭の話』オダギリ監督&クリストファー・ドイル(冬) ドイルさんは、日本映画の撮影に携われたことを「光栄」と語り、オダギリ監督への感謝の思いを口にし、日本語で「乾杯!」と映画の船出を祝福。

オダギリ監督:実は、撮影の後にクリスからメールをもらったんですが、『あと30本は一緒に作ろう』とおっしゃっていただいて本当に嬉しいです!

と喜びを口にしていた。締めの挨拶でも

オダギリ監督:クリスの画は、デカい画面で見るのが一番ですし、音にもこだわって作ったので、音響システムのいい場所で見てもらいたい気持ちが一番です。DVDが出ても買わなくてもいいし、配信が始まってもダウンロードしなくていいと思っているので、劇場で見ることをお勧めしていただければ!

と独特のオダギリ節で呼びかけ、会場は温かい拍手に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ある船頭の話』

新宿武蔵野館ほか全国公開中

公式HP:
http://aru-sendou.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/sendou_jp

オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』第一弾ポスター 一艘の舟。全ては、そこから始まる―。

近代産業化とともに橋の建設が進む山あいの村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人たちが橋の完成を心待ちにする中、それでも黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前に現れた一人の少女。何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始める―。


***********************************


脚本・監督:オダギリ ジョー
出演:柄本明、川島鈴遥、村上虹郎/伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優/笹野高史、草笛光子/細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功撮影監督:クリストファー・ドイル   
衣装デザイン:ワダエミ   
音楽:ティグラン・ハマシアン
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2019「ある船頭の話」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

犬山紙子 美の暴力!本作リメイクをするなら主演は?に 映画『永遠に僕のもの』大ヒット記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 2018年アルゼンチンでメガヒットを記録した、ペドロ・アルモドバルプロデュース作『永遠に僕のもの』が、8月16日(金)より渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで、現在大ヒット公開中!アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年・カルリートスを演じるのは、SNSを中心に「とんでもなく美しすぎ」と話題を集めていた、本作が映画デビュー作のロレンソ・フェロ。さらに監督にもエッジーな映像センスが高く評価され注目を集めるルイス・オルテガなど、世界を圧倒させるアルゼンチンの才能が集結!

この度、本作の大ヒット記念イベントが行われ、人気エッセイストの犬山紙子がゲスト登壇し、スペシャルトークショーが行われました!
「永遠に僕のもの」犬山紙子登壇_大ヒット記念イベント 8月16日(金)に初日を迎え、平日・土日問わず連日満席続出の大ヒットを記録しているほか、映画レビューサイト「Filmarks」では初日満足度ランキング1位を獲得。

『永遠に僕のもの』大ヒット記念イベント
日時:9月12日(木)
場所:シネクイント
登壇:犬山紙子

映画情報どっとこむ ralph 話題沸騰の本作について、まずは感想を問われると、
「永遠に僕のもの」犬山紙子登壇_大ヒット記念イベント 犬山さん:衝撃的すぎて、“美の暴力”で思いっきりぶん殴られたみたいな感覚でしたね。

と語りだす犬山さん。

犬山さん:主人公のカルリートスはすごく愛らしい天使のような少年なのに、眉一つ上げずに人を殺す犯罪者で。カルリートス(ロレンソ・フェロ)が強盗や殺人を犯して逃げるシーンがあるんですけど、なぜか応援しちゃうんですよね。絶対に捕まえるべき犯罪者なのに、そんな風に思ってしまうような魅力がありました。

と、複雑な要素を併せ持つ主人公カルリートスにすっかり魅了された様子を見せた。

そんな犬山さんと同様に、カルリートスのぽってりとした赤い唇や、金髪の巻き気、ぷにぷにとした可愛らしい体型など、SNSではその奇跡のように美しいビジュアルでも、女性を中心に大きな話題を集めている。その理由について

犬山さん:もちろん全体的にパーフェクトなんですが、“隙のない美しさ”を持っていることが大きいんじゃないですかね。

と分析。

犬山さん:彼自身、きっと美しさを散々自覚させられてきたと思うんですよ。劇中でも時折ウィンクしたりとか、自分が美しいと分かっていないと出来ないことをやる。その、分かっていて出来る色っぽい仕草が最高なんですよね!美しさを自覚する者の、美しい仕草の高い攻撃力にクラクラしちゃいました。

と幸せそうな表情で語る犬山に、場内からは笑い声が漏れる場面も。

犬山さん:自覚的な尊さは、この映画は随一じゃないですかね。

と太鼓判を押していた。



さらにトークはカルリートスの相棒ラモン(チノ・ダリン)の話題に。
特に女性の間では、カルリートスとラモンの危うく色っぽい関係性がたまらないという声も続出中。

犬山さん:二人の関係性に尊いものを感じたんですが、ラモンって、無自覚で鈍感じゃないですか。美しい男性なのに、テレビに出れると決まって浮かれたりとか、大衆的な感覚やピュアさがあって。そしてカルリートスの想いにも気づけていないという、あの鈍感さがたまらない!

と、ラモンの魅力を熱弁!加えて犬山さんは、本作で主人公のモノローグの少なさについても指摘。

犬山さん:この映画には、カルリートスの気持ちがほぼ出てこないのに、ラモンに執着していたりとか、そういったところで感情がグイグイ入ってくるじゃないですか。そういう作品って、妄想する余地が凄くあるんですよね。日本人の大好物と言える作品だと思います。好きでしかないです!

と興奮気味に愛を吐露する姿に、場内からは時折笑い声が。


「永遠に僕のもの」犬山紙子登壇_大ヒット記念イベント そんなカルリートスにドハマりしている様子を見せていたが、他に最近ハマった“美少年”について質問が及ぶと、

犬山さん:最近は『BANANA FISH』ですね!

と、漫画家・吉田秋生による作品を挙げ

犬山さん:この作品も人を殺してしまったりするんですが、主人公のアッシュに本当に恋をしてしまって。苦しくて最終巻も読めていないんですが、美しい人が抱える孤独や寂しさも描かれていて、そんなところが本作に共通しているなと思います。

と場内に語り掛けていた。


さらに本イベントでは、「本作のリメイクをするなら●●主演が良い」などと、自身の“推し”である俳優やアイドルの名前を挙げるユーザーが多く見受けられたことをきっかけに、事前に映画公式Twitterで誰が良いかを募集する企画も実施。菅田将暉や染谷将太、中島健人(Sexy Zone)など、今をときめく様々な俳優の名前が挙げられる中、最も多かったのが、市川染五郎と、BTSのキム・テヒョン。この結果に

犬山さん:私も市川染五郎さんで観たいですね。初めて市川さんを見た時の衝撃が凄まじくて。基本私は二次元に属する人間で、三次元の方に萌えることはあまりないのですが、世の中にこんな美しい方が存在するのかと驚きましたね。私は市川さんを推したいです!(笑)

と宣言し、会場を沸かせた。


そしてイベントの終盤では、

ロレンソの貴重なサイン入りプレスやポスターなど豪華プレゼントの抽選大会なども実施。当選した観客からは悲鳴が上がるなど、終始大賑わいの中、

犬山さん:こんなに美しい映画をシアターで観れる贅沢なことはなかなかないと思うので、皆さんは“美の目撃者”だと思います。歴史の中でとても尊い体験をされたんじゃないかなと思うくらい、素敵な映画だと思います!

と最後まで熱量高く客席に語り掛け、イベント閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『永遠に僕のもの』

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono

永遠に僕のもの ロレンソ・フェロ
【STORY】
ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める―。

***********************************

監督:ルイス・オルテガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア『人生スイッチ』
出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス『オール・アバウト・マイ・マザー』
配給:ギャガ

©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ