「あいうえお順」カテゴリーアーカイブ

BEGINトーク&ライブ 『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』イベントレポ


映画情報どっとこむ ralph 宮川サトシの大人気エッセイ漫画を映画化した、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2019 年 2 月 22 日(金)より全国順次ロードショーとなります。

本作の主題歌を担当したのは BEGIN。世代を超えて歌い継がれる名曲の数々を世に送り出し多くのファンを魅了し続けている 彼らが、本日 2/22 公開の本作と 12/12 に発売となった新アルバム「PotLuck Songs」をひっさげ、トーク&ライブイベントを行いました。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』BEGINトーク&アコースティックライブイベント
日程:12 月 18 日(火)
会場:アスミック・エース 六本木試写室
登壇:BEGIN(比嘉栄昇(Vo)、島袋優(Gt&Vo)、上地等(Pf&Vo)) 原作:宮川サトシ

映画情報どっとこむ ralph
イベントは

比嘉さん:ハイサイでございます!

と挨拶とともに、ゆったりとした 3 人のトークからイベントがスタート。

本日のイベントの会場が試写室であることに「こういうところ初めてきました!」と興味深々の様子の3人。

比嘉さん:僕たちの出身地、石垣島には映画館がないんですよ。昔は市民会館で幕を下ろして上映してたね。

上地さん:公民館でキカイダーを見たよね~。

と映画の思い出を語ります。

比嘉さん:ちなみにここは『カメラを止めるな!』の配給会社さんの試写室なんだけど、僕はわざわざ沖縄本島にまで行って見まし たよ!面白かった~5 回ぐらいは見たいな。

と話題作もしっかりチェックしていることをアピール。

さっそく映画の主題歌「君の歌はワルツ」についてトークが展開すると、まずはミュージックビデオについて。普段はミュージックビデオを制作しないという BEGIN だが今回はパラデル漫画家の本多修さんとコラボレーションを果たし、オリジナルのミュージックビデオが完成した。

比嘉さん:僕たちはライブバンドなのでライブを撮ればいいんじゃないかと思っているんです。できればライブ映像をファンのみな さんに届けたいと思っているんですが、このミュージックビデオはよかった。


島袋さん:(ミュージックビデオは)ちょっと切なくなる。 パラデル漫画という違う要素が加わることによって、うまく言葉で言えなかったことまで伝えてくれているね。

と感謝しました。 またレコーディングについて話が及ぶと、実は大きなスタジオで一緒に録るのは久しぶりの経験だったことを明かした。

映画情報どっとこむ ralph 今回は主演の安田顕さんをはじめ、松下奈緒さん、大森立嗣監督も参加し大人数での録音となったが、一発 OK だった。

比嘉さん:全員の気持ちが一つになっ たんだよね。『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は、漫画から始まって、台本になって映画になって…この作品自体がオリジナルのストーリーを持っていていてそれが花開く瞬間だった。奇跡とは言いすぎかもしれないけれど、そんな貴重な瞬間 に携われて嬉しかったです。

一方で松下奈緒とピアノでの共演を果たした上地さんはメンバーから「デレデレだったよ~」と暴露され、

上地さん:見つめ合いながら作業したつもりだったけど、今思い返すと本当は僕がチラッとみただけかも(笑)

とお茶目に照れ笑い。 レコーディング現場で好きな楽器を選んでいいと指示を受けた安田さんはトライアングルを選択。

これについて

比嘉さん:トライアングルっ てめちゃくちゃ難しい楽器なんですよ。マイク乗りが一番いいから音が全部拾われてしまう。だからミスができないんですよね。それなのに安田さんがトライアングルを選んだ時『この人さすが、もってる』と思いましたね(笑)

と安田さんの大物ぶりに感嘆した様子。

映画情報どっとこむ ralph ここで予定にはなかった原作者の宮川サトシ先生がサプライズ登場。

宮川先生:うちの母親は BEGIN さんが出ていた音楽番組が大好きだったので、BEGIN さんが主題歌になると聞いてすごく嬉しかったです。よくパジャマ姿で「涙そうそう」を歌っていました。デモ音源も何度も聞きました。漫画の中では書けないことを音楽で補ってもらったなと思っています。ありがとうございます!

と感謝を伝えた。そんな宮川先生に

島袋さん:僕も実は10数年前に母親を亡くしていて、宮川さんが漫画で描いてくれた様々な感情がこのタイト ルの一言に尽きるかなと。シンプルに母親への愛情が表されていた。人の死はいつ訪れるか分からない、明日かもしれないし 10 年後 かもしれない。だから明日も 10 年後も聞ける歌を書いたつもりです。

と作曲に込めた想いを語った。また、宮川さんは原作本が 12/26 に新装版として刊行されることに触れ、

宮川先生:後日談のエピソードを新たに新装版用に書き下ろしたのですが、その時に「君の歌はワルツ」 をヘビロテしていました。

と明かしました。

映画情報どっとこむ ralph ライブパートでは宮川先生の母のエピソードを受け、

比嘉さん:「涙そうそう」やりますか!
と口火を切り、スタート。母の温かな愛を思い 起こさせる優しい歌に宮川先生は思わず涙。

比嘉さん:お会いできないお母様にあえた気がする。

と楽曲同様温かな言葉を投げかけ、さらに宮川先生を感動させた。

感動の雰囲気の中、

比嘉さん:漫画をご覧になって、映画をご覧になって、歌は…ライブ会場へどうぞ!

と、ちゃっかりライブを宣伝し会場を笑いに包んだ。
「涙そうそう」の後、新アルバムから「私の好きな星」を歌い、ラストはもちろん『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の書き下ろし主題歌「君の歌はワルツ」。

アルバムバージョンとは違うアコースティックバージョンの演奏に会場の取材陣はうっとりと思わず聞き入った。発売中の新アルバム「PotLuck Songs」について

島袋さん:今回のアルバムは、全曲がタイアップソング!3 年間の間に作った CM やドラマ、映画の主題歌を詰め込んだ集大成のアルバムとなっています。全曲シングルのようなもので、いわばベスト盤だね!

とアルバムの出来に自身をのぞかせた。また

島袋さん:僕たちは石垣島出身で音楽というものの重要性はよく分かってい るつもり。島には 1 年に 1 度の豊年祭の時には歌がないと盛り上がらない。そこには年に 1 回しか歌ってはいけない歌や、座開 き(幕開け)の時のための歌などいろいろなものがあるんです。その歌たちはただ脈々と歌い継がれていて、誰が作った?とか、 いつ作られた?とかは一切知らない。みんなの歌となっている。そんな音楽を今後も作り続けていけたらいいな。

と BEGIN らしい 音楽づくりの極意を語った。
映画情報どっとこむ ralph 約60 分間のイベントの中、BEGIN の 3 人は新曲 2 曲と「涙そうそう」の計 3 曲をアコースティックバージョンで披露、そして普段は聞くことのできない貴重なトークを繰り広げ、大盛況の間にイベントは幕を閉じました。

BEGIN のニューアルバム「PotLuck Songs」(ポットラック・ソングス)は現在発売中。

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は来年 2 月 22 日より全国公開です。


公式 HP:
http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/
公式 Twitter:
@bokuiko_movie
#ぼくいこ

***********************************

安田 顕 松下奈緒 村上 淳 石橋蓮司 倍賞美津子
監督・脚本:大森立嗣
原作:宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」 (新潮社刊)
音楽:大友良英
主題歌:BEGIN「君の歌はワルツ」(テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード)

配給:アスミック・エース
製作:「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
2019 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/108 分
©宮川サトシ/新潮社 ©2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会


『ナチス第三の男』立川志らく、西川美和、有田芳生、久米宏ら各界の著名人から絶賛コメント続々到着!!


映画情報どっとこむ ralph 本屋大賞翻訳小説部門第一位!「HHhH プラハ、1942年」待望の映画化『ナチス第三の男』が、2019年1月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開します。


監督は映像化オファー殺到のなか、映画化権を獲得したセドリック・ヒメネス。特筆すべき歴史的瞬間を忠実に再現しました。
ハイドリヒを演じるのは、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』など話題作への出演が絶えないジェイソン・クラーク。その妻リナに、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。さらに、若き暗殺実行犯に、ジャック・オコンネルとジャック・レイナー。レジスタンスの恋人役でミア・ワシコウスカら豪華キャストが脇を固め、各々の眼差しが世界を震撼させた激動の時代を浮き彫りにしています。

今回、立川志らく(落語家)、西川美和(映画監督)、有田芳生(参議院議員)、久米宏など各界の著名人より感嘆の声が来年の公開に向け多数寄せられています!

映画情報どっとこむ ralph 【推薦コメント】 (敬称略)

ナチスNO3の暗殺計画の実行へ。その瞬間を二度、三度と描く構成のさらなる展開の驚き。抵抗する市民は歴史に輝きを与えた。
有田芳生(参議院議員)

恐ろしい存在にも、美しい存在にもなれる人間。非道な怪物がどうして生まれたのか。人間という不思議が解き明かされていく。ヒリヒリして観た。感動!
鎌田實(医者・作家)

この暗殺事件が、ヨーロッパ史の潮目となった。ラストシーンで、涙がこぼれそうになった。大ベストセラーである原作の奥行きを感じる素晴らしいシーンだ。
久米宏

あまりに心苦しくて怒りさえ覚えた。大嫌いな映画だが戦争の残酷さを伝えるには最早ここまで描かないと無理なのだ。
そこに気づいた途端、傑作と認めざるを得なくなった。
『週刊文春エンタ!』より 
立川志らく(落語家)

暗殺されるハイドリヒの乗ったベンツが、ちゃんとベンツであることに感動した。メルセデス・ベンツという企業はこの不名誉な過去の再現劇に、恐れず協力したのだろうか。陰惨で、忘れてしまいたいような歴史について、きちんとお金をかけて、綿密に、壮大に、生真面目に描き切る映画製作者が存在することは、世界と映画にとっての希望だと思う。
西川美和(映画監督)

ナチス親衛隊は悪魔か鬼か。拷問、処刑も残忍冷酷。
隊長の命、狙われて当然。その復讐がひど過ぎる。
血で血を洗う狂気に慄然。
浜村淳(映画評論家)

自分の国で名乗ることも出来ず顔を隠すしかない。それにも拘らず、もっとも大胆な行動に出ようとする2人の青年。人も国もどん底のなかで、それぞれ美しい愛に花を咲かせるところがなおさら哀しい。
ロバート キャンベル(日本文学研究者)

映画情報どっとこむ ralph ナチス第三の男

2019年1月25日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

hhhh-movie.asmik-ace.co.jp

【ストーリ―】
ラインハルト・ハイドリヒ。
その冷徹極まりない手腕から“金髪の野獣”と呼ばれ、ヒトラーさえもが恐れた男。かつては海軍の兵士だったが、女性問題によって不名誉除隊を余儀なくされ、妻の奨めでナチ党に入党。自分の一部だったものをもぎ取られ、ナチ運動に怒りのはけ口を見つけた男は、諜報活動で頭角を現し、瞬く間に党幹部へとのしあがる。さらに、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として、絶大な権力を手にしていく。
一方、この抑止不能な男の暴走を止めるべく、チェコ亡命政府によって選抜された2人の若き兵士が、闇夜に紛れパラシュートでプラハに潜入した。綿密な計画を立てて待つこと数ヶ月、1942年5月27日、遂に決行の朝はやってきた。ハイドリヒを乗せたメルセデスが市街地に入り、路面電車の後から姿を現した――。

***********************************

出演:ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ

監督:セドリック・ヒメネス  

2017年 フランス・イギリス・ベルギー合作/120分/カラー/原題:THE MAN WITH THE IRON HEART
日本語字幕:松岡葉子  
原作:ローラン・ビネ/高橋啓訳 「HHhH プラハ、1942年」(東京創元社刊)
提供:アスミック・エース、バップ
配給:アスミック・エース
後援:チェコ共和国大使館 R15+
(C)LEGENDE FILMS – RED CROWN PRODUCTIO NS – MARS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – CARMEL – C2M PRODUCTIONS – HHHH LIMITED – NEXUS FACTORY – BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.


篠原涼子 『人魚の眠る家』で第43回報知映画賞 主演女優賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリー『人魚の眠る家』が大ヒット公開中となっています。

この度、12月18日(火)に第43回報知映画賞表彰式が開催され、篠原涼子さんが主演女優賞を受賞されました。子役の稲垣来泉さんが花束を贈呈し、サプライズで堤幸彦監督もお祝いにかけつけ、さらには原作者・東野圭吾さんのお祝いコメントも披露されるなど、共に喜びを分かち合いました。

第43回報知映画賞 表彰式
日程:12月18日(火)
場所:ザ・プリンス パークタワー東京 
受賞:篠原涼子 
花束贈呈:稲垣来泉 
スペシャルゲスト:堤幸彦監督

映画情報どっとこむ ralph 出席者に温かい拍手で迎えられた篠原さんは、漆黒のドレスをまとって登壇。

報知新聞社・丸山伸一代表取締役社長より賞状・賞金目録を、また藤田晋選考委員よりブロンズを受け取ると、満面の笑みが溢れた。

また、劇中では篠原涼子演じる薫子の娘で、意識不明に陥る瑞穂を演じた子役・稲垣さんが登壇し、花束を贈呈。

屈んで花束を受け取り、頬を緩め母親の顔も覗かせた。


続いて、サプライズでの堤監督もお祝いに駆けつけ、
堤監督:スタッフを代表して心からおめでとう、と言いたくて、撮影中なんですけど抜け出して来ました。初めてお仕事をさせて頂きましたが、武骨なまでの仕事ぶりに驚かされました。何よりも篠原さんが実人生をきちんと生きてらっしゃるからこそ、母親としての篠原さんが作品に出ている。何度も泣かされました。今後も我々監督や制作者の最終兵器でいてください。

と堤監督ならではの表現で、篠原さんを改めて絶賛。

映画情報どっとこむ ralph さらには、原作者・東野圭吾先生からの

この作品の最大の謎は、瑞穂は果たして生きていたのかどうか、だと思います。解釈は人それぞれですが、映画を観た多くの人は、「あの時」まで生きていたと信じたいのではないでしょうか。もしそうなら、瑞穂に命を吹き込んだのは薫子、すなわち篠原涼子さんです。私の人魚を守ってくださり、ありがとうございました。愛と狂気の表現に感動いたしました。このたびの受賞は当然だと思います。おめでとうございます。

と、大絶賛のお祝いコメントも、堤の代読により披露されました。
映画情報どっとこむ ralph 篠原さんは今の気持ちを聞かれ

篠原さん:周りの方々から、素晴らしい映画賞だと伺っていた報知映画賞の主演女優賞を、自分自身が頂けると聞いた時は本当にびっくりしました。こんな自分で良いのかな、って冷静に考えられえないくらい恐縮してしまいました。本当にありがとうございます。感謝しています。ただ、堤監督、プロデューサーの新垣さん、東野圭吾先生、キャスト・スタッフみんなのおかげでここに立たせて頂いています。みんなの熱量がこんなに高い作品は初めてでした。この気持ちを忘れないで、また素敵な作品に出会えるよう、精進していきたいと思います。今年はすごくいい1年になりました。
と、心から喜びを噛みしめる一方で、今後への新たな決意を感じさせるコメントで締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?この愛の結末に涙が止まらない―
衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー誕生!!

人魚の眠る家

公式サイト:
ningyo-movie.jp  


【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子 
音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会 


秋元康プロデュース「ラストアイドル」阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央「がっこうぐらし!」場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph このたび、大人気コミック原作の実写化で話題の映画『がっこうぐらし!』1月25日公開の劇中場面写真が解禁となりました。


この度解禁された場面写真は・・・

学園生活部の4人(秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さん)が学校で生活を送りながら、”かれら”の脅威から生き延びようとする姿を捉えたもの。

おのののか演じる教師・ めぐねぇが生徒たちを説得をするシーンも解禁。

また、阿部演じる胡桃が憧れる先輩役に金子大地が抜擢され、負傷した金子さんを阿部さんが看病しているシーンも解禁されました。
高校内に立ちこめる不穏な雰囲気の中、彼女たちは恐怖に立ち向かうことができるのか!!
映画情報どっとこむ ralph 映画「がっこうぐらし!

2019年1月25日(金)全国公開です!

公式サイト:
gakkougurashi-movie.jp


過去記事:ラストアイドル 阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央登壇!『がっこうぐらし!』完成披露舞台挨拶

ラストアイドル 阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央登壇!『がっこうぐらし!』完成披露舞台挨拶





***********************************

阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央、金子大知、おのののか
原作:海法紀光(ニトロプラス)×千葉サドル「がっこうぐらし!」(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
監督・脚本:柴田一成
Ⓒ2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会
配給・宣伝:REGENTS



土方十四郎役の柳楽優弥・福田雄一監督『銀魂2 掟は破るためにこそある』トークイベントレポ


映画情報どっとこむ ralph 本日2018年12月18日(火)より映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の ブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始!!

と言うことで、土方十四郎役の柳楽優弥さんと福田雄一監督によるトークイベントが行われました。

日付:2018年12月18日(火)
場所:スペースFS汐留
登壇:柳楽優弥、福田雄一監督

映画情報どっとこむ ralph 平日の昼間にも関わらず、抽選で選ばれた熱 いファンが会場に駆けつけた。柳
楽と監督が登場すると同時に、ファンの女性が来場者に配ったたくさんのサイリウムが一斉に振られるというサプライズが。経緯を知った福田監督が

福田監督:一本もらってもいいですか?

とお願いし、彼女が監督と柳楽さんに 直接サイリウムを手渡すという展開に。

柳楽が劇中の“トッシー”さながらに、サイリ ウムを振る様子に開始早々ファンも大いに盛り上がった。

本作では、真選組”鬼の副長”土方十四郎と、ヘタレの”アキバ系オタク”トッシー という正反対の2つの人格を演じた柳楽さん。脚本を読んだ時は

柳楽さん:トッシーを 演じるのが一番楽しみでした!

正反対の役を演じ分けるのが難しくなかったかという質問に、

柳楽さん:カメレオン(俳優)だから…

と照れながら自画自賛。

福田監督:柳楽くんは普段トッシー。僕の印象では むしろ土方の演技に苦労してる(笑)

と暴露し会場を沸かせました。特に土方の顔の演技にはとて も細かく演出をしていたため、主演の小栗旬さんには「俺は福田さんにそんなに(演技について)言われたことない」と嫉妬されたと明かした。

映画情報どっとこむ ralph その後、映像特典より、土方とトッシーのメイキング映像の一部が上映され、話は 撮影時の話題に。過去に福田監督作で主演した際は自由なアドリブを禁じられていたため、

柳楽さん:(佐藤)二朗さんやムロ(ツヨシ)さんが羨ましかった。

という柳楽さんだが、トッシーが万事屋の3人と対面し話すシーンで、初めて福田監督に自由にやっていいと言われたという。その念願のアドリブシーンでは、本編に使われた映像 の3倍くらいの時間を柳楽さんが話し続けていたというエピソードが明かされました。

また、 本作で土方と敵対する伊東鴨太郎を演じた三浦春馬とは、子役時代にオーディションでよく一緒になる事が多く、高校も同じだったこともありライバル関係だった事を明かし、「こういう形で今回共演できた事に感動した」と共演に対する思い入れを語った。

イベントの最後に

福田監督:めちゃくちゃ頑張った映画なので、より多くの応援 を頂いて『銀魂3』に繋げたいです!

とコメントし、会場からは大きな声援が。
さらに、ペンライトを配った女性に、柳楽から直接サイン入りの土方十四郎ポスターを渡すと いうサプライズもあり、「銀魂」愛あふれるイベントとなりましたとさ。

映画情報どっとこむ ralph 『銀魂2 掟は破るためにこそある』

2018年12月18日(火)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組) ¥7,990+税
【初回仕様】DVDプレミアム・エディション(2枚組) ¥6,990+税
【2500セット限定生産】ブルーレイ スチールブック仕様 ¥6,490+税
ブルーレイ ¥4,990+税/DVD ¥3,990+税
2018年11月21日(水)デジタルセル先行配信開始
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(c)空知英秋/集英社 (c)2018 映画「銀魂2」製作委員会

***********************************