「あいうえお順」カテゴリーアーカイブ

『BLOOD-CLUB DOLLS 1』舞台挨拶登壇者決定、北園涼フォトブック発売決定


映画情報どっとこむ ralph 『BLOOD-C』シリーズ実写映画最新作『BLOOD-CLUB DOLLS 1』2018年10月13日(土)より新宿バルト9他全国公開となります!

本日新宿バルト9以外の上映館の第1弾が発表になりました。


上映劇場:

新潟県:T・ジョイ新潟万代 (公開日:11月2日~)

東京都:イオンシネマシアタス調布(公開日:11月9日~)

静岡県:MOVIX清水(公開日:11月16日~)

愛知県:109シネマズ名古屋(公開日:11月16日~)

京都府:T・ジョイ京都 (公開日:11月9日~)

大阪府:梅田ブルク7 (公開日:11月9日~)

兵庫県:神戸国際松竹 (公開日:11月9日~)

広島県:広島バルト11 (公開日:10月26日~)

福岡県:T・ジョイ博多 (公開日:10月26日~)

鹿児島県:鹿児島ミッテ10 (公開日:10月26日~)


映画情報どっとこむ ralph そして10月13日、14日の新宿バルト9での舞台挨拶が決定し、本日第1弾の登壇者が発表に!

10月13日MC:松澤千晶
登壇者:松村龍之介、北園涼、宮原華音、黒崎真音、友常勇気、田中涼星、郷本直也、 奥秀太郎監督

10月14日
登壇者:松村龍之介、北園涼、宮原華音、黒崎真音、友常勇気、田中涼星、清水順二、南圭介、河原田巧也、奥秀太郎監督

本日発表の各劇場では舞台挨拶を予定しております。

各館の舞台挨拶日時・登壇者、そして上映館第2弾発表や舞台挨拶の追加登壇者発表もお楽しみに!


映画情報どっとこむ ralph また、今作の公開に合わせて、5月にバンコクで撮影した藍刃役北園涼のフォトブック、ブロマイドセットが9月25日から発売となります。

販売はオンラインショップ、TSUTAYA三軒茶屋店での限定販売となります。


TSUTAYA三軒茶屋店では店舗ジャックを記念して9月22日より先行発売致します。

オンラインショップ:
https://kabmarketonline.shop-pro.jp/

TSUTAYA三軒茶屋店: 東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー2階
TEL:03-5431-7788 営業時間:10:00~26:00(年中無休)

詳細や最新情報は随時公式サイトや公式Twitterなどにて発表致しますのでこちらもお楽しみに

映画情報どっとこむ ralph BLOOD-CLUB DOLLS 1

2018年10月13日新宿バルト9他全国公開

公式サイト:
http://bloodclubdolls.com/



ストーリー
謎の地下闘技場「BLOOD-CLUB」では、男たちが夜な夜な繰り広げる熱闘が、多くの観客を集めていた。ルール無用、剣闘士はいわくつきの者だらけ。「勝ち残れたら望みが叶う、負けたら死ぬだけ」

闘技場には裏社会を統治するリーダー・蒼炎と、七原文人の影がちらついていた。政界とのつながりを強めながら何かを画策する彼らの動向を、権力の中枢・有栖川家の令嬢、みちるが探る。みちるの美貌に魅了される蒼炎、しかし彼女の熱い視線は、闘技場に送り込まれた新たなチャレンジャー・藍刃へと注がれる……。

文人を追って東京に辿り着いた小夜だが、闘技場には既に、七原の手先として動く彼女の姿があった。服従と反発、どちらが小夜の本当の顔なのか? 藍刃の事件に見え隠れする「古きもの」の血の片鱗、執念で真相に迫らんとする警視庁の刑事たち。いにしえよりこの国を覆う、夜の闇が明ける朝は来るのか?

***********************************

CAST 松村龍之介/北園涼/宮原華音/黒崎真音
田中要次/朝倉あき/八神蓮/高崎翔太/友常勇気/安里勇哉/杉江大志/田中涼星
清水順二/郷本直也/白柏寿大/南圭介/河原田巧也/吉川麻美/桜井理衣/細川洪
八嶋智人/高橋克実

STAFF 原作:Production I.G・CLAMP
監督:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一・奥秀太郎
撮影:岸建太朗
殺陣指導:清水順二(30-DELUX)
音楽:西本康佑
スチール:藤井光永
プロデューサー:奥村千之介・堀口聖一
配給:NEGA


水樹奈々主題歌入り 佐野 岳、相楽 樹 映画「ふたつの昨日と僕の未来」劇場本予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 愛媛県新居浜市市制80周年記念作品として2018年2月に愛媛県新居浜市で撮影した映画『ふたつの昨日と僕の未来』の水樹奈々による主題歌入り劇場本
予告映像を解禁。

さらに愛媛県での先行上映劇場の追加、劇場前売券「ムビチケ」発売スタートしました。


【主題歌入り】映画「ふたつの昨日と僕の未来」劇場本予告映像



映画「ふたつの昨日と僕の未来」主題歌
サーチライト (水樹奈々)
作詞:水樹奈々・藤森真一(藍坊主) 作曲:藤森真一(藍坊主) 編曲:藤間 仁(Elements Garden)

☆2018年10月24日 Release New Single「NEVER SURRENDER」に収録
■発売元:キングレコード
■品番:KICM-1889
■価格:¥1,204+税


☆愛媛県先行上映劇場の追加
シネマサンシャイン重信/イオンシネマ今治新都市で上映決定!

☆劇場前売券「ムビチケ」発売スタート!
https://mvtk.jp/Film/064631

映画情報どっとこむ ralph 映画『瀬戸内海賊物語』『海すずめ』で若者たちのヒューマンドラマの演出・脚本力について高い評価を受け、ミニシアター規模でありながらもロングヒットを記録し、
国内映画祭で多数の受賞歴を持つ、気鋭の大森研一監督が自身の出身地である愛媛県を舞台に現実世界とパラレルワールドを奔走しながら自分の生き方を見つける若者の姿を描くオリジナルファンタジー映画。

主演は佐野岳。
ヒロインには 相楽樹。他にも菅谷哲也。海斗をきつい言葉ながらも励ます妹・絵梨役は菅野莉央。
国会議員でヒロイン・真里乃の幼馴染でもある黒川役には久保田悠来。

市役所観光課で海斗の同僚である小百合役には宮地真緒。
新居浜市長役には榎本孝明が特別出演。
さらに現世界では亡くなっているが、パラレルワールドでは存命の海斗が尊敬する父親・悟役に神保悟志が参加。


話題の若手から実力派のベテランまで多彩なキャストが脇を固める。
主題歌には作品の舞台である愛媛県新居浜市出身で同市の観光大使も務める水樹奈々が担当。
市制施行80周年を迎える愛媛県新居浜市の完全協力をもとに撮影し、新居浜市市制80周年記念映画としても据えられている。

映画情報どっとこむ ralph ふたつの昨日と僕の未来

2018年11月9日(金)より TOHOシネマズ 新居浜 他にて 愛媛県先行ロードショー!!

公式サイト:
futaboku.com

公式ツイッター:
https://twitter.com/futaboku_m


物語・・・

その扉の先にはかなえたい未来があった。

マラソンランナーとしてオリンピックを目指していた海斗(佐野岳)。
しかし、怪我を理由に現役を断念する。その後は市役所に勤め、気力な日々を過ごしてきたが、とうとう彼女の真里乃(相楽樹)にも見放される。そんなある日、観光案内で訪れた山の中で大雨に見舞われ、逃げ込んだ先に不思議な坑道を見つける。雨を避けようと中へ入ったはずが、なぜか坑道の外へ。
そこは、同じ場所だが雨が止んでいる。
その瞬間、経験したことがないはずの記憶が駆け巡った。交差する記憶に混乱しながら街に戻ると、喧嘩していたはずの真里乃とは順調に交際し、オリンピックの金メダリストとして街の英雄に!?市役所では、事故で亡くなったはずの父・悟(神保悟志)が上司として働いていた。
家に帰ると、生きていたはずの祖母・智恵子(岩本多代)の遺影があり、とっくに亡くなったはずの祖父・哲夫が現れる。訳が分からない海斗に哲夫から驚きの事実を告げられる。
2つの世界の狭間で揺れ動く海斗。果たして彼が進む未来は?


***********************************

監督:大森研一(『海すずめ』『瀬戸内海賊物語』『ポプラの秋』)
脚本:福田卓郎(愛媛県出身・『Mr.マックスマン』『愛を積むひと』『僕らのワンダフルデイズ』)
    大森研一
出演:佐野 岳、相楽 樹 ほか 
主題歌:水樹奈々
製作:2018 映画「ふたつの昨日と僕の未来」製作委員会
(ウサギマル、キングレコード、キャンター、ハートネットワーク)
協力:愛媛県新居浜市  
制作・配給・宣伝: キャンター(「トモダチゲーム」「いしゃ先生」他)

©2018 映画「ふたつの昨日と僕の未来」製作委員会


アンセル・エルゴート x タロン・エガートン『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』刺激的な予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph アメリカで実在した男性限定社交クラブのスキャンダルを描いたスリル満点のクライム・サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。


『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンというハリウッドの人気若手俳優二人が初共演し、早くも話題となっている本作の刺激的でキケンな予告編が解禁となります!



魅力的な男性限定社交クラブBBCの刺激的で欲望まみれの実態が明らかに!

以前映像化された際は、あの超大物俳優も出演を切望していた!?

高校の同級生だった金融の専門家ジョー(アンセル・エルゴート)とプロテニス選手のディーン(タロン・エガートン)は偶然再会したことをきっかけに、“金(ゴールド)”で投資をする儲け話を企てる。頭脳明晰なジョーと特権階級にコネを持つディーンは、巧みな話術と全開の野心で友人たちから元手を集めて男性限定の社交クラブ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成。わずか一夜にして多額の利益を掴む。その実績はロサンゼルス社交界の間にたちまち広がり、投資家ロン(ケビン・スペイシー)ら金遣いの荒い大人たちも次々にBBCに投資。解禁となった予告編では、ジョーとディーンがそのカリスマ性で人々を次々と“落としていく”様子や、羽振りのよさが伺えるBBCの豪華オフィス、高級外車を乗り回し夜な夜な豪遊するなど順風満帆な彼らの姿を捉えていく。しかし、BBCはロンに騙されていたことが分かり、たちまち窮地に追い込まれる。ロンがジョーに告げる「一目で分かったよ。君たちの大ウソが」という言葉や、何者かがマイナスの帳簿をプラスに書き換える様子、ジョーが拳銃を手にする姿など、一変して事件の予感さえする不穏な場面が次々捉えられていく。巨額の富と栄光を掴んだ若き男たちがどのような運命をたどるのか、続きが気になる映像になっている。

実在した詐欺集団の信じられないような事件が起こった直後の1987年にはBBCを題材にしたドラマがテレビ映画として製作されたが、当時新進気鋭の俳優でブレイク直前だったトム・クルーズをはじめ当時の若手俳優はこぞって作品への出演を切望していたという。この刺激的な題材に、今をときめくエルゴートとエガートンがどのように取り組んでいるのか、乞うご期待!!!

映画情報どっとこむ ralph また、BBCメンバー勢ぞろいの女子“悩殺”カットなど新場面写真3枚も解禁!これら3枚を含むファン垂涎の4枚のブロマイドセット付き特別鑑賞券(税込1,500円)が本作の一部上映劇場、メイジャー(https://www.major-j.com/)にて9月22日(土)より発売開始!(特典は数量限定・先着順)


ビリオネア・ボーイズ・クラブ
原題:Billionaire Boys Club

が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

公式HP:
bbc-movie.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/BBCmovieJP

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョーとプロテニス選手のディーンは、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ディーンは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をジョーに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだったー

***********************************

監督:ジェームズ・コックス
出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツほか
2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分(前回のリリースでは100分と記載しておりましたが、正しくは108分となります。このタイミングでの変更申し訳ございません)/PG12

配給:プレシディオ 
協力:エイベックス・ピクチャーズ 
宣伝:スキップ 
© 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.


『クレイジー・リッチ!』丸屋九兵衛登壇!試写会トークショーイベント報告


映画情報どっとこむ ralph シンガポールを舞台に恋人とそのセレブ一族との間で揺れる独身女性の葛藤と成長を描いた映画『クレイジー・リッチ!』が9月28日(金)より新宿ピカデリー他ロードショーとなります。日本公開に先駆けトークショー付き試写会が行われ、音楽情報サイト『bmr』の編集長を務める音楽評論家/編集者/ラジオDJであり、アジア系ポップカルチャー評論家の丸屋九兵衛さんがご登壇し、本作の魅力を語りました!


日時:9月18日(火)
場所:ワーナー・ブラザース
登壇:丸屋九兵衛(アジア系ポップカルチャー評論家)

映画情報どっとこむ ralph
映画を観終えたばかりの観客の盛大な拍手に迎えらえ、本作には主人公の親友ペク・リン役で出演し、ラッパーとしても活躍中のオークワフィナの代表曲「Yellow Ranger」をBGMに登場した丸屋九兵衛さん。まず、世界興収1憶8800万ドルを記録し大ヒット中の本作について

丸屋さん:ハリウッド映画では25年ぶりのオールアジアンキャストという大快挙なんです!

と述べる。

丸屋さん:実は多民族国家である米国で1番映画を観ることにお金を費やしているのは誰か?―アジア系なんです。

さらに続けて

丸屋さん:最も平均年収が高いのもアジア系、25年前(90年代)はアメリカの3%未満しかいなかったアジア系だが、いまやアメリカ人の15人に1人がアジアの血を引いています。そんな中で、アジア系主演作は150本に1作あるかどうかでしょ?そんな25年間を経てようやくアジア系によって作られた映画が『クレイジー・リッチ!』なんですよ!

と本作の意義を熱く語った。

また、本作の個性豊かなキャラクターを演じるキャストたちについて、

丸屋さん:なんといっても(主演の)コンスタンス・ウー!「フアン家のアメリカ開拓記」というドラマで一気にネームバリューがあがりました。それからお笑いとラップを駆使してアジア系のステレオタイプと闘ってきたラッパー兼コメディアン兼女優のオークワフィナが演じるペク・リンのキャラクターが最高!

と語り、アメリカで人気のコメディアン兼女優のエレン・デジェネレスを例えた劇中の台詞にも触れ、日本語字幕のアレンジを納得と評価する。さらに、ペク・リンの父親を演じたケン・チョンの俳優になるまでの珍しい背景や、アメリカのコメディ界で活躍する丸屋氏お気に入りのジミー・O・ヤン(バーナード役)のおもしろ漫談エピソードなどディープなトークが炸裂。アジア系だけどアメリカを舞台に活躍する俳優・コメディアンたちを称え、本作のキャストにいかに注目すべきかを語った。

他にも、原作者の出自について、25年前のアジア系メインキャストの映画『ジョイ・ラック・クラブ』へのオマージュについてのトリビア、シンガポールの団地に住み込み経験のある丸屋氏の体験談や旅行でのアドバイスなど、最後のフォトセッション中までも話題は尽きず、あっという間に終了の時間に。

イベントは大盛況のうちに終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『クレイジー・リッチ!
原題:Crazy Rich Asians

本作は、世界17カ国で出版され女性の心を掴みベストセラーとなった大人気小説の映画化。


ハイセンスなファッションに身を包み、目も眩むようなゴージャスな世界で繰り広げられる、<アジアNo.1バチェラー>を巡る女たちのバトルを描いている。ニューヨークで働く主人公レイチェルは、恋人ニックと一緒に彼の故郷シンガポールへ訪れる。そこで知らされた衝撃の事実-なんと彼はアジア屈指の不動産王の御曹司だったのだ!突然セレブの世界へと足を踏み入れたレイチェルは、ニックの母には金目当ての交際と思われ、元カノや社交界のセレブ女子からの嫉妬は深く、二人の仲を引き裂こうとする。そんな苦難を強いられるレイチェルにさらなる試練が立ちはだかる。

強烈な女たちのバトルが繰り広げられる中、困難に立ち向かう・・

***********************************

監督:ジョン・M・チュウ『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』
原作:ケビン・クワン著「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(竹書房)

出演:コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ヨー、オークワフィナ、ソノヤ・ミズノほか

配給:ワーナー・ブラザース映画 
2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/121分


シン(阿部サダヲ)&ふうか(吉岡里帆)が歌う映画『音量を上げろタコ!』主題歌MV GYAO!独占配信!


映画情報どっとこむ ralph 映像配信サービス「GYAO!」は、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の主題歌シン&ふうか『体の芯からまだ燃えているんだ』Music Videoを9月19日(水)より独占配信開始。


本映画の主題歌は主演の阿部サダヲ演じる世界的ロックスター・シンが歌う『人類滅亡の歓び』と、吉岡里帆演じるストリートミュージシャン・ふうかが歌う『体の芯からまだ燃えているんだ』の2曲によるW主題歌となっています。

この度、配信されるシン&ふうか『体の芯からまだ燃えているんだ』Music Videoは作詞・作曲を大ブレイク中のシンガーソングライター・あいみょんが手がけています。映画公開にさきがけ、ぜひお楽しみください。

<映像配信概要>
シン&ふうか『体の芯からまだ燃えているんだ』Music Video
独占配信スケジュール:
2018年 9月19日(水)12:00スタート

配信ページリンクはこちら(外部サイト)


映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

10月12日(金)より全国公開。

ストーリー:
驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

***********************************

監督・脚本:三木聡(『俺俺』、『時効警察』シリーズ)
出演:
阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ)
片山友希 中村優子 池津祥子
森下能幸 岩松了 ふせえり 田中哲司 松尾スズキ

主題歌:SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」
(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)

ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」
(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)

製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会