映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

したまちコメディ映画祭 始まるよ!


「したまちコメディ映画祭in台東」
(略称したコメ)。

「したコメ」は上野、浅草という東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこうさん総合プロデュースのコメディ映画祭。

今日、18:30から前夜祭開催です!

9/13(金) 前夜祭 インド映画100周年記念

(C)Vinod_Chopra_Films_Pvt_Ltd_2009
きっと、うまくいく
(C)Vinod_Chopra_Films_Pvt_Ltd
_2009
凱旋上映『きっと、うまくいく』
マサラシステム上映
会場:浅草公会堂

MC:いとうせいこう、大場しょう太

開演 18:30~
ダンスパフォーマンス

インド映画100周年記念映像上映
◇18:47~ マサラシステム 説明

◇18:50~ 『きっと、うまくいく』
マサラシステム上映(170分)

(C)Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved

そして14日(土)には 華やかなゲストがしたまちを賑わせる「したコメ」レッドカーペット/オープニングセレモニーが催されます!

9/14(土) レッドカーペット
12:55~14:00
今年も多彩なゲストが浅草公会堂前オレンジ通りを浅草公会堂前に向かってまっすぐ伸びるレッドカーペットを歩きます。

オープニングセレモニー
15:00~15:30
浅草公会堂

詳しくは『したまちコメディ映画祭in台東』公式HPで確認を
http://www.shitacome.jp/2013/index.shtml

「第6回したまちコメディ映画祭in台東」
は、2013年9月13日(金)~9月16日(月・祝)にの開催です。


「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)
「映画(Cinema)」「したまち(Old town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、他にない魅力を持った、住民参加型の映画祭となっています!
********************************************************************





TIFFで台湾電影ルネッサンス2013 内容決定


10月17日(木)~25日(金)に開催されます第26回東京国際映画祭の”ワールド・フォーカス部門”において、【台湾電影ルネッサンス2013】と題して特集上映をすることとなりました!

第18回東京国際映画祭【台湾:電影ルネッサンス】、第23回【台湾電影ルネッサンス2010~美麗新時代】で好評を博した台湾映画の特集上映が3年ぶりに東京国際映画祭へ帰ってきます!!

現在右肩上がりの台湾映画の中でも、数年ぶりに新作を発表し復活を果たしたベテラン監督から注目の初監督まで、世界の映画界から熱い注目を浴びる選りすぐりの新作をお届けいたします!さらに、台湾ニューウェーブを世界に知らしめた名作がデジタルリストア版で鮮烈によみがえります。

台湾電影ルネッサンス2013 ラインナップは以下

「27℃ ― 世界一のパン」(2013年)
「失魂」(2013年)
「高雄ダンサー」(2013年)
「Together」(英題)(2013年)
「総舗師―メインシェフへの道」(2012年)
「坊やの人形」<デジタルリストア版>(1983年)

第26回東京国際映画祭は
10月17日(木)~25日(金)で開催されます!
主な会場は六本木ヒルズです!

是非ご来場ください。
第26回東京国際映画祭 公式HP:http://2013.tiff-jp.net
********************************************************************


『Labor Day』の邦題『とらわれて夏』に正式決定


監督作『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』がアカデミー賞®10部門にノミネート、自身も2度の監督賞ノミネートを果たした弱冠35歳の天才監督ジェイソン・ライトマン。

その最新作『Labor Day』(原題/全米12月25日公開)の

邦題が『とらわれて夏』に正式決定しました!

日本での公開は2014年GWです!

主演は『愛を読むひと』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞したオスカーの常連ケイト・ウィンスレット、共演に演技派ジョシュ・ブローリン、トビー・マグワイアを迎え、監督の新境地となる”禁断の愛の物語”を描き上げます。

とらわれの夏
本作は、北米最大の映画祭トロント国際映画祭にて現地時間9月7日にプレミア上映され、主演ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、息子役のガトリン・グリフィス、そしてジェイソン・ライトマン監督らがレッドカーペットと記者会見に登場。

会見でケイトは「主人公アデルに共感するのは、愛し、そして、愛される力を持つこと。彼女はその力を失ってしまっていたけれど、最もシンプルで最もピュアな形でそれを再発見するの」と語りました。

ライトマン監督は「この原作の素晴らしいところは、人間の”説明できない欲望”を描いている点。それを僕自身が映画で見たかったんだ」と話しました。

このトロント国際映画祭はアカデミー賞®に向けての賞レースの幕開けに位置づけられ、近年では『英国王のスピーチ』『世界にひとつのプレイブック』がこの映画祭での称賛から、数々の賞の受賞へとつながっています。映画祭の最高賞である観客賞は現地時間9月15日に発表されます。アカデミー賞®のノミネートも噂される本作も、映画祭での上映を受け、今後数々の賞レースへの期待が高まります!!

全米メディアの評はこんな感じ。

☆気絶しそうなほどロマンティックな映画の中で、ウィンスレットとブローリンは輝いている
 ――ニューヨーク・ポスト紙
☆こんなにも人生に打ちのめされた女性を演じたケイト・ウィンスレットは、賞レースの候補になるだろう
 ――デイリー・ビースト
☆『とらわれて夏』はライトマン監督の最も完成された、成熟した、エモーショナルな映画である。面白いのは、彼の映画は作品を追うごとに飛躍的によくなっていくことだ
 ――フィルム・スクール・リジェクツ
☆主人公の愛への渇望に観客は大いに共感するだろう
 ――ヴァラエティ
☆意外な出会いから始まる、繊細で素晴らしいラブストーリーだ
 ――ハリウッド・レポーター


『とらわれて夏』は、2014年GWの公開です。

********************************************************************


『とらわれて夏』

ストーリー

あの夏の5日間、僕と母が過ごした運命の人は、犯罪者でした―。

アメリカ東部の静かな町。9月のレイバー・デイの週末をひかえたある日、トラウマを抱えたシングルマザーの
アデルと13歳の息子ヘンリーの前に突然、脱獄したばかりの逃亡犯が現れる。家へ連れて行ってくれと強要され、そのまま自宅へと帰宅するも、逃亡犯フランクを匿うこととなり、3人は緊張状態のまま時間を過ごしていく。

やがて、フランクと息子ヘンリーは打ち解けあい、いつしかフランクと母アデルはお互いに惹かれ合っていく―。

人生の晩夏にさしかかったシングルマザーと思春期の少年が体験した、運命の5日間を描く禁断のラブストーリー。


原題:Labor Day全米公開:12月25日
監督&脚本:ジェイソン・ライトマン『マイレージ、マイライフ』『JUNO/ジュノ』『サンキュー・スモーキング』『ヤング≒アダルト』

原作:ジョイス・メイナード 「Labor Day」
出演:ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』『タイタニック』『エターナル・サンシャイン』
    ジョシュ・ブローリン『ノーカントリー』『MIB3』『トゥルー・グリット』
    トビー・マグワイア『華麗なるギャツビー』『スパイダーマン』シリーズ

2014年G.W. TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー 


『009ノ1』 ガールズナイト開催!岩佐真悠子登壇


『 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 』ガールズナイト ©2013「009ノ1」製作委員会 ©石森プロ
『 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 』ガールズナイト

石ノ森章太郎生誕75周年記念作品
『 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 』

の公開を記念して、主演の岩佐真悠子さんほか、長澤奈央さん、市道真央さん、緑川静香さんら最強ヒロインらが集結したガールズナイトを開催致しました。また、本作の監督を務めた坂本浩一氏(仮面ライダーシリーズ、映画『獣電戦隊キョウリュウジャー』(公開中))も登壇し、ヒロインらと熱いトークバトルを繰り広げました。

『 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 』ガールズナイト 概要
日 時:9月10日(火) 
登壇者:岩佐真悠子さん、長澤奈央さん、市道真央さん、緑川静香さん、坂本浩一監督

会場となった新宿バルト9(シアター3)は、満員御礼でトークイベント・ガールズナイトを迎えました。

本作に出演する岩佐真悠子さん、長澤奈央さん、市道真央さん、長澤奈央さん、坂本浩一監督が登場すると、観客席から大きな歓声と拍手が沸き起こり、この作品の公開を温かく迎え入れてくれました。

岩佐真悠子さんは、撮影中、全身にオリーブオイルを塗られ、共演者の長澤奈央さんに身体中を舐められるシーンの思い出を披露しました。
「奈央ちゃん(長澤奈央)は、すごく嬉しそうに、ワルそうな目をしながら私のことを舐めまわしていた。美味しく料理されました」と官能的なシーンの舞台裏を赤裸々に語りました。

一方の長澤奈央さんは「あの撮影で一生分のオリーブオイルを舐めた気がした。あれ以来、オリーブオイルが苦手」と話し、会場の笑いを誘いました。

最強ヒロイン達の和気あいあいとしたガールズトークに坂本監督はたじたじな一面もみせたが、作品やアクションの話題には「アクションは演じるのではなく、感じるんだ」とブルース・リーの言葉を引用し、映画制作についての思いを熱く語りました。

本編上映後の23時台ということもあり、登壇者からはディープな大人のガールズトークが繰り広げられ、笑いと歓声がわき起こる中、イベントは幕を閉じました。

<岩佐真悠子コメント>
「奈央ちゃんに舐め回されるようなシーンでも、きょうの舞台挨拶のように、キャストや監督と和気あいあいと楽しく、笑いの絶えない撮影現場でした。私にとって『009ノ1』は本当に思い入れのある作品ですので、多くの人にこの作品を観ていただきたいです」

<長澤奈央コメント>
「撮影では、オリーブオイルを大量に舐めさせられたりと大変な思いもした作品でしたが、こうしてまた集まることができて本当に楽しかったです」

<市道真央コメント>
「かっこよかったり、艶かしかったりと刺激的な作品。私にとって初めての経験をたくさんさせていただいた作品です」

<緑川静香コメント>
「こんなに女性の魅力、アクション、そして監督の欲望が詰まった作品は他では観ることができません!私にとって本当に大切な作品です」

<坂本浩一監督コメント>
「戦う女の子はすごく魅力的。やりたいことをすべてつめこんだ作品です。今後もヒロインアクションというジャンルを日本で定着させる為に作品を作っていきますので、これからも応援よろしくお願い致します」

ちょっとエッチな
映画『 009ノ1 THEENDOFTHEBEGINNING』  
9月7日(土)より全国順次公開中です!

公式サイトURL:www.009-1.jp

009ノ1 岩佐真悠子
石ノ森章太郎生誕75周年記念作品
『 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 』
©2013「009ノ1」製作委員会 ©石森プロ
********************************************************************


石ノ森章太郎生誕75周年記念作品
『 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 』



【キャスト】
岩佐真悠子 木ノ本嶺浩  長澤奈央 阿部亮平 横山一敏 市道真央 緑川静香 佃井皆美 人見早苗 下園愛弓 あべまみ 本田博太郎 杉本彩 竹中直人
【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎 「009ノ1」 脚本:長谷川圭一  
監督・アクション監督:坂本浩一
制作:ツークン研究所 
制作協力:東映テレビプロダクション 
製作委員会:東映ビデオ・東映チャンネル・東映AG
©2013「009ノ1」製作委員会 ©石森プロ  
公式サイトURL:www.009-1.jp


『地獄でなぜ悪い』×名古屋名物「赤から」コラボ


園子温監督最新作「地獄でなぜ悪い」と名古屋味噌と赤唐辛子をブレンドした秘伝のスープで味わう”赤から鍋”が人気の飲食店「赤から」による地獄のコラボレーションが決定です。

地獄でなぜ悪いコラボメニュー
地獄でなぜ悪いコラボメニュー 『地獄鍋』
通常の”赤から鍋”は11段階の辛さ(「全く辛くない」0番~「悲しくないのに涙が出る」10番)を選択できるが、今回のコラボ商品『地獄鍋』は、新たに赤から鍋を上回る5段階の辛さ(1丁目~5丁目)が選択出来る、超激辛地獄メニュー。

■『地獄鍋』は、9月14日より期間限定で全国の赤からで展開される。

■商品名:地獄鍋(1丁目~5丁目)

■価格:一人前 1,190円(税込 1,249円) ※二人前より承ります。

URL: http://www.akakara.jp/

映画『地獄でなぜ悪い』
9月28日(土)封切り!新宿バルト9他全国ロードショー!

地獄でなぜ悪い 公式HP:http://play-in-hell.com/


********************************************************************


映画『地獄でなぜ悪い』



<作品概要>
ヤクザの組長・武藤(國村)は娘・ミツコ(二階堂)を主演に映画製作を決意する。映画の神様を信じるうだつのあがらない映画 青年(長谷川)と、通りすがりのフツーの青年(星野)を監督に迎え、スタッフ&キャストは、オールヤクザ!娘を映画スターに! ・ ・・それは武藤を守るため獄中にはいった武藤の妻しずえ(友近)の生涯の夢でもあった。対立する池上組とその組長で、過去 の出会いからミツコに恋心を抱く池上(堤)までをも巻き込んで、事態はとんでもない方向に展開していく・・・。 かくして、ホンモノのヤクザ抗争を舞台に、史上最も命がけな映画が電光石火のごとくクランクイン!! 狂おしいほどまっすぐな想いかが叶うなら、そこが地獄でもかまわないー 本園子温監督が十数年前に野心を胸に執筆しあたためていた脚本を、改めて自身で加筆。当時の映画に対する純粋な思いを吐き出した渾身の一作。主演は園組へ初参加となる國村隼。共演者には堤真一、長谷川博己、星野源、二階堂ふみ、友近といった日本映 画界を支える名優や、園組常連さらに初参加のフレッシュで才能溢れる個性豊かな面々を迎え、唯一無二のアンサンブル・キャストによる夢の競演が実現。今最も目が離せない園子温監督初となる超娯楽作品にして痛快無比のウルトラ・アクション活劇!

監督・脚本:園子温
出演:國村隼/長谷川博己 星野源 二階堂ふみ 友近/堤真一
【配給】キングレコード、ティ・ジョイ
©2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

9月28日(土)封切り!新宿バルト9他全国ロードショー!