映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

根津甚八が本作限りの復活!『GONIN サーガ』コメントも到着


1995年に公開され、石井隆監督作品の中でも絶大な人気バイオレンスアクション映画『GONIN』。

19年の時を経て、遂に新たな物語が再び幕を開けます。

その名は『GONIN サーガ

すでに発表されているのは、監督は当然 石井隆さん。主演に東出昌大さんを始め、桐谷健太さん、土屋アンナさん、柄本 佑さん、安藤政信さんというメインキャスト。さらには竹中直人さん、福島リラさん、井上晴美さん、テリー伊藤さん。

GONIN-サーガ-根津甚八1
今までシークレットになっていた物語の鍵を握る“5人”の最後のひとりとして、判明したのは!!

5年前俳優引退を宣言した根津甚八が本作のために一度限りの復活をすることがわかりました!!

さらに、佐藤浩市、鶴見辰吾も前作と同じ役柄で出演が決定しています!



根津甚八さんからコメントが届いています。

自分自身が志すような演技者であることが、困難になったため、引退を決めたが、今回、石井監督自ら、自宅に来て丁寧に『どうしても手伝ってほしい、根津さんでなければ・・・』
という殺し文句と『出来るか出来ないか脚本を読んで決めてほしい』という熱心な説得で、本をじっくり読んで、これなら、今の自分に出来るという気持ちがわいてきた。
今迄の石井監督へ感謝の気持ちもあり、素直な気持ちで、今一度、自分自身を試してみようと思った! 撮影が始まってからは、久しぶりの撮影現場の空気に気持ちが高揚して、自分はこの仕事が心底好きなんだと改めて感じた。自分の為の、セット作りも大変だったと思うのに、無理のないようにと細やかな心遣いをして、いただいた。心からの、お礼を言いたい。
 全ての撮影が終わった後、若い役者達が車まで追いかけてきてくれた。皆と握手をして、車が見えなくなるまでずっと手を振って見送ってくれたことが忘れられない。そして、完成された作品を見て、素晴らしい役者達に恵まれた映画になったと心から、思えた。

最後に・・石井監督でなければ、この仕事は受けなかった。自分を理解してくれ、役者としての自分を最大限に生かしてくれると無条件で信頼できる人。天が再び機会を与えてくれるものなら、仕事を続けたかった思いももちろんある。でも、監督や共演者を始め、スタッフ全員の支えがあって、やり遂げたことで、未練を捨てて、終止符を打てたと思うし、そう思える機会を与えてくれた方々に深く感謝している。

根津甚八
GONIN-サーガ-根津甚八2
物語は・・・

五人組による、広域指定暴力団五誠会系大越組襲撃事件から19年。

五誠会は若き三代目の誠司が勢力を拡大。
一方、襲撃事件で殺された大越組の若頭・久松の遺児・勇人は母・安恵を支え、建設作業員をしながらまっとうな人生を歩み、勇人の幼馴染で大越組長の遺児・大輔は壊滅した大越組再興の夢を抱きながら、今は誠司のボディーガードをしていた。

そんなある日、19年前の襲撃事件を追う富田と名乗るルポライターが安恵を訪ねてくる。

東出昌大【久松勇人(ひさまつはやと)役】
やがて、遺された者たちの歯車は大きく軋み始め、五誠会に囲われながらも深い恨みを宿す元アイドル・麻美を巻き込んで、
GONINの血と宿命に抗う新たな闘いが幕を開ける。

GONIN サーガ

9月26日(土)TOHOシネマズ 新宿他、全国ロードショー

http://gonin-saga.jp

********************************************************************

東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本 佑 安藤政信
テリー伊藤 井上晴美 りりィ 福島リラ 松本若菜 
菅田 俊 井坂俊哉 / 根津甚八
鶴見辰吾 / 佐藤浩市(友情出演) / 竹中直人

監督・脚本:石井 隆
劇中歌:
「紅い花」 歌:ちあきなおみ 
「ラスト・ワルツ」 歌:森田童子

エグゼクティブ・プロデューサー:井上伸一郎 
企画:菊池 剛 加茂克也 
プロデューサー:二宮直彦 阿知波 孝 
撮影:佐々木原保志(JSC)山本圭昭 
照明:祷 宮信 美術:鈴木隆之 録音:郡 弘道 音楽:安川午朗 
ラインプロデューサー:小橋孝裕 キャスティング:東 快彦 

助監督:日暮英典 制作担当:高見明夫 
製作:KADOKAWA ポニーキャニオン 
電通 ファムファタル ソニーPCL
制作プロダクション:ファムファタル 

配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会
  


「昭和元禄落語心中」声優陣が登壇1日限りのプレミアイベント生中継!


豪華声優陣が登壇!1日限りのプレミアイベント!!!を生中継!

雲田はるこ原作、話題の本格派落語漫画がついにアニメ化!

2015年5月16日(土)、新宿バルト9で行われる「昭和元禄落語心中」OAD完成披露先行上映会を全国各地の映画館にライブ・ビューイングを行うことが決定しました!

昭和元禄落語心中
「昭和元禄落語心中」(「ITAN」連載中・講談社刊)は、落語界を舞台にした人気作。第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞、第38回「講談社漫画賞」一般部門を受賞し、原作コミックは現在7巻まで発売中です。

昨年12月にアニメ化が発表され、主人公・与太郎役に関智一、八代目有楽亭八雲/菊比古役に石田彰、小夏役に小林ゆう、そして山寺宏一、林原めぐみ、山口勝平ら最強布陣で挑むことで話題となっていますよね。

本イベントでは、現在好評発売中の原作コミックス第7巻特装版に付属するアニメーションDVD「与太郎放浪篇・前編」に加え、8月7日(金)に発売となる第8巻特装版の付属DVDに収録される「与太郎放浪篇・後編」の映像をどこよりも早く先行上映!!また、豪華出演声優陣によるトークショーも行われます!

出演:関智一(与太郎役)、石田彰(八代目有楽亭八雲役)、小林ゆう(小夏役)
MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

本公演のチケットは発売するやいなや即完売!たくさんのご要望にお応えし、この1日限りのプレミアイベントを全国でお楽しみいただけるよう、生中継で各地の映画館にてライブ・ビューイングを実施!豪華スタッフ、キャスト陣により作り上げられた渾身の映像美のほか、圧巻の落語シーンもお楽しみいただける話題作をどこよりも早く映画館の大スクリーンでご堪能ください。

【ライブ・ビューイング実施概要】
「昭和元禄落語心中」OAD完成披露先行上映会 ライブ・ビューイング
日  時 :2015年5月16日(土) 17:00開演
会  場 :全国各地の映画館 ※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では、16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映回にはご入場いただけません。予めご了承ください。
料  金: ¥3,500(全席指定/税込)  
チケット: 
【プレオーダー】4月17日(金) 12:00 ~ 4月26日(日) 23:59
【一般発売】  5月3日(日) 12:00 ~ 5月15日(金) 12:00 
イープラス:
情報サイト:http://liveviewing.jp/rakugo-shinju-lv/
(PC、モバイル共通)
全国のファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて販売
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
◇プレイガイドチケットに関するお問い合せ:

イープラス:0570-07-5050 (10:00~18:00 オペレーター対応)
「昭和元禄落語心中」OAD完成披露先行上映会ライブ・ビューイング
情報サイト:http://liveviewing.jp/rakugo-shinju-lv/

アニメ「昭和元禄落語心中」
公式サイト:http://www.rakugo-shinju-anime.jp/

企画・主催:昭和元禄落語心中OAD製作委員会
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

********************************************************************



ワイルド・スピード 新作 Wプレミア!in TOHOシネマズ 新宿


哀川翔、岡田圭右(ますだおかだ)、小沢一敬(スピードワゴン)の車愛溢れる白熱トークに会場大盛り上がり!!

プレミア!in-TOHOシネマズ-新宿   
4月17日(金)より、

ワイルド・スピード SKY MISSION

が待望の日本公開を迎えます。

爆走が止まらない本作の日本公開を記念し、車愛に溢れた個性的な3名が集結!

自身のレーシングチームを監督することでも知られる、日本のワイルドアニキの代表である哀川翔さん、意外にも子供の頃から走り屋に憧れていたという「ますだおかだ」の岡田圭右さん、赤のオープンカーを愛車に持つ「スピードワゴン」の小沢一敬さんが、オープン前日のTOHOシネマズ 新宿(R)デジタルシアターにて行われたトークショーイベントに登場しました。

ワイルド・スピード SKY MISSION』公開直前トークイベント 
開催日:4月16日(木)
会場:TOHOシネマズ 新宿 IMAX(R)デジタルシアター
登壇者(略敬称):哀川翔、岡田圭右(ますだおかだ)、小沢一敬(スピードワゴン)

本作を唯一の3D上映、IMAX(R)3D版で鑑賞しようと集まった熱狂的なファンが会場に集まる中、映画をイメージしたスタイリングで登場した哀川翔さん、岡田圭右さん(ますだおかだ)、小沢一敬さん(スピードワゴン)。


MC:皆様、本日はTOHOシネマズ新宿オープン記念 『ワイルド・スピード SKY MISSION』最速IMAX3Dプレミア上映、“ワイルド・プレミア”にようこそお越しくださいました!誰よりも早く本作をご覧になりたいファンの中のファンの皆さんのために、開催するこの“ワイルド・プレミア”。世界中を駆け巡る大爆走が止まらない本作を語るにふさわしい、
車愛に溢れたこの3人をお迎えしましょう。

まずはお一言ずつご挨拶をお願いいたします。

哀川さん:こんばんは哀川です。車は小さいころから好きだったんだけど、この映画は本当びっくりしたよ。ド派手なシーンが多いから、何度も緊張するし、驚くよ。みなさんくったくたになると思うよ。体感できる映画だと思う。どうぞ楽しんで。

岡田さん:ブーン、ブーン、キーッ!早くも空吹かし!!ありがとうございます!お笑い界のドリフトキング、岡田でございます!僕ホンマ車好きだから、シリーズ全部観てます。今日は時間を気にせず楽しんで!!

小沢さん:小沢です。これからご覧になる皆さんにいうのは何ですが、僕、この映画を観た事を後悔してるんです。だって…こんな素敵な映画を観たらもう他の映画観れないでしょ?

岡田さん:甘ーーーーーい!!!

MC:実は今ゲストの皆さんにお座りいただいている椅子は車のシートをイメージして作られていたりと、車映画最高峰のプレミアにふさわしいこだわりが随所に表れているわけなんですが、ゲストの皆さんにも本作「ワイルド・スピード」をイメージしたスタイリングでお越しいただきました。こだわりのポイントはどちらですか?

哀川さん:車乗る時はレザー着るんだ。足元は動きやすいようにデニム生地だね。運転するにはリラックスする事が必要だから、着なれたレザーはいいよ。

岡田さん:僕は白のレザーでワイスピ感をだしつつ、中はフォーマルの両面使用です!運転した後、彼女とデートなんて事になったらフォーマルでいけますからね!

小沢さん:僕は切りっぱなしのジャケットでワイルド感、未完成だけど加工してるというスピード感を出してます。

MC:アクションやストーリー以外に、数々の名車が登場するのも本作の楽しみのひとつとなっておりますが、今日は「ワイルド・スピード」お馴染みの名車から、最新作で大活躍したあの車など、いくつかピックアップしてみました!スクリーンにご注目下さい。

<スクリーンに投影された車 一覧>

①スカイライン R34 GT-R(1999)/日産
②トリノ(1972)/フォード
③GT40(1969)/フォード
④ダッジ・チャージャー・デイトナ(1969)/クライスラー・ダッジ
⑤スカイライン GT-R(1972)/日産
⑥ライカン・ハイパースポーツ(2013)/Wモーターズ
⑦ダッジ・チャージャー(1970)/クライスラー・ダッジ
⑧GT3(2002)/ポルシェ

MC:この中で、気になった車はございますでしょうか?

哀川さん:GT40は本当いいね~。あとライカンもとんでもないよね。

小沢さん:僕ライカンがいいです。

哀川さん:走り方が半端じゃないよ。車が飛んでるシーンも実際に飛ばして撮影してるって言うじゃない。

岡田さん:タイトルが「スカイミッション」なだけに!

小沢さん:予告で流れているミッション以外にもすごいシーン満載ですから。

哀川さん:あとダッジ・チャージャーもめちゃくちゃいいね。70年代の車は本当いいよ。

MC:ちなみに小沢さんだけ独身でいらっしゃいますが、ドライブデートにはどうやって誘いますか?

小沢さん:「夜景が綺麗な所に行かない?」って誘うんですよ。でドライブしながら夜景を「綺麗!」って言ってる彼女に言うんです。「君の横顔の方が綺麗だよ」って。

岡田さん:甘ーーーーーい!!!

哀川さん:お前気持ち悪いな。

岡田さん:ちょっとすみません!ここでミニコーナーはじめてもいいですか!哀川さんも小沢さんも僕も車が大好きだと言うことで、「俺が乗ってるのはこんな車なの!!」コーナー!!まずはこちらの写真をどうぞ!

<哀川さんの愛車写真を公開>

①ダットサン フェアレディSR311(1984年頃)

MC:これは哀川さんの車です!。

哀川さん:ダットサンは84年に買った69年モデルだね。昔のだからちょっとフロントが低いんだよ。これがよく走るんだ。今でもサーキットで200km出るからね。

②シボレー カマロ Z28(1988年頃)

哀川さん:シボレーはこれがよく滑るんだ。三車線くらいホイルスピンするんだけど、アメ車の無駄なパワー感が好きなんだよね。

岡田さん:今まで何台くらい乗ってきたんですか?

哀川さん:20台くらいだね。

岡田さん:20台!これはまた別に特集がやりたいですね~!
では続きまして、またスクリーンにご注目!

< 岡田さんの愛車写真を公開>

①ミニクーパー

岡田さん:出た!10円玉で走ってウィリー!ってバカたれ!!
ハッチバックの元気な車が欲しくて探したやつです。

②スバルBRZ

岡田さん:これもね、スーパーチャージャー乗せてるんですよ!

哀川さん:うちのチーム入らない?

岡田さん:いや…飛ばすのは怖いんで…。
安全運転だけどこういう車が好きなんです!
でもお笑いは常にノーブレーキ!!

それでは最後のお写真をご紹介!どうぞ!

<小沢さんの愛車写真を公開、なぜか本人もポージングして映っている>

①BMW

岡田さん:なんですかこれ?売れないミュージシャンですか?

小沢さん:いやオープンカーはいいですよ。春なんかにドライブしてる時、
パッと横を見ると桜の花びらが腰かけてて…

哀川さん:お前ホント気持ち悪いな!

岡田さん:キモーーーーい!!!

②フェアレディZ

240Zが欲しかったけど買えなかったからこれにしました。
僕も飛ばすのは怖いんですけどね。

哀川さん:でも車はさ、ちゃんとアクセル踏まないと逆に危険だよ。
いざとなったらバックしろ。

岡田さん:いざとなったらバック、名言いただきました!
というわけで以上!「みんなの車はこんな感じ!」コーナーでした!!

MC:岡田さん、どうもありがとうございました。 それでは最後に、これから『ワイルド・スピードSKY MISSION』をIMAX3Dという最高の環境で、さらに日本最速でご覧になるお客様に向かってお一言ずつおすすめポイントをお願いいたします!

哀川さん:3Dで観るって事は、車が飛んでくるからさ、逃げちゃだめだよ!

小沢さん:みんな避けたら隣の人とぶつかる可能性ありますから!

岡田さん:人間模様も感動がありますからね。車のアクションも、もうカーアクションの次元を超えてるんですよ!!異次元です!!最高の環境で観られるみなさんは幸せです。

小沢さん:俺もまだ頑張れるなって思いました。

哀川さん:限界なんてないんだよな、きっと。

WILDSPEEDnIMAX
ワイルドスピード2ストーリー

前作でドミニク達と激しいバトルを繰り広げたオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)の兄であり、一国の軍隊と変わらないほどの兵力を持つシリーズ史上最強の敵、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が、東京でハン(サン・カン)を襲撃。

弟の仇を打つべくドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちの前に立ちふさがる。

元・特殊部隊の暗殺者であり、格闘でもあのホブス(ドウェイン・ジョンソン)と互角に渡り合うほどの圧倒的強さをもつイアン。そんな強大な敵を前に、ドミニクら最速メンバーは最後の戦いに挑む。
ワイルドスピード4
ワイルド・スピード SKY MISSION

4月17日(金) 全国ロードショー

公式サイト:http://wildspeed-official.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/Wild.Speed.jp
公式Twitter:https://twitter.com/WildSpeed_jp


********************************************************************

原題 … FAST & FURIOUS 7 (全米公開:2015 年4月3日)
監督 … ジェームズ・ワン 「ソウ」シリーズ、「デッド・サイレンス」「インシディアス」
脚本 … クリス・モーガン
製作 … ニール・モリッツ、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォトレル 
製作総指揮 … サマンサ・ヴィンセント、アマンダ・ルイス、クリス・モーガン
キャスト ※()内は役名… ヴィン・ディーゼル(ドミニク)、ポール・ウォーカー(ブライアン)、ドウェイン・ジョンソン(ホブス)、ミシェル・ロドリゲス(レティ)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア)、タイリース・ギブソン(ローマン)、クリス・リュダクリス・ブリッジス(テズ)、エルサ・パタキー(エレナ)、ルーカス・ブラック(ショーン)、ジェイソン・ステイサム、ジャイモン・フンス―、トニー・ジャー、ロンダ・ラウジー、カート・ラッセル

配給…東宝東和
(C) 2014 Universal Pictures


映画「リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン」がコラボT


製作:マーティン・スコセッシ×監督:アンドリュー・ラウ
「リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン」ポスター 1980年代ニューヨークを舞台に裏社会で生き抜く密入国ギャングを描くクライムドラマ、

リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン

が、5月1日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

その公開に向けて、人気ファッションブランド、

ハードコアチョコレート

とのコラボレーションTシャツ発売が決定しました。

ハードコアチョコレートは“過激だけどクール”で洗練されたデザインは国内外のコアなTシャツユーザーに支持を得ていて、Tシャツ界の悪童の異名を持つそうです!
リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン コラボTシャツ1 今回発売となるコラボTシャツは「MARTIN SCORSESE」(マーティン・スコセッシ)と大きくプリントされ、スコセッシファンのお宝アイテムになること間違いなしのTシャツ!?となってます。

販 売: ①ハードコアチョコレート東中野ヘッドショップ/オンラインストア
     ②Amazon 
③新宿武蔵野館、伏見ミリオン座、テアトル梅田ほか上映劇場
      
価 格: 3,500円(税込)
サイズ: 160、S、M、L、XL、XXL
店 舗: 東京都中野区東中野4-20-19コーエイビル 90-201号
H P: http://core-choco.com/
で、気になる映画の方の物語・・・
1983年アメリカ、ニューヨークのクイーンズ。
中国から不法移民としてこの地に1人流れ着いた少年サニーを待っていたのは自由とは程遠い、差別と暴力。

そして、生きるためにギャングになること…。

ある日、サニーは地元で勢力を誇っていたギャング“グリーン・ドラゴン”に引き抜かれます。

ボスのポールから白人の国で成り上がるためには、組織の中でのし上がるしかないと諭され、少しずつギャングの流儀を学び、銃の扱いや殺しのルールを覚えます。

時は過ぎ、組織の幹部に昇格したサニーはポールの知人の娘ティナと出逢い互いに魅かれあう。しかし、ある事件をきっかけにティナは組織から命を狙われ。。。

愛する人を守るため、サニーは裏社会を相手に危険な闘いを仕掛けていくが…

リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン

が、5月1日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開です!!

公式HP: http://www.greendragon.jp/

********************************************************************

監督:アンドリュー・ラウ 
製作総指揮:マーティン・スコセッシ
出演:ジャスティン・チョン、レイ・リオッタ、シューヤ・チャン、ハリー・シャム・ジュニア
2014/アメリカ/93分
配給:AMGエンタテインメント、武蔵野エンタテインメント
提供:AMGエンタテインメント、ショウゲート
(C) 2014 ROTGD Productions, LLC. All Rights Reserved. 
  


『セッション』公開記念竹中直人×東京スカパラ ライブ付き


衝撃の話題作『セッション』。
4月17日より日本公開となります!

この度公開を記念して、本作をご覧になり「釘付けになった!」と絶賛した俳優の竹中直人さんと世界を股に掛けるスカバンド・東京スカパラダイスオーケストラによる夢のスペシャルセッションが決定しました!

スカパラさん
映画『セッション』公開記念 スペシャルセッションライブ付上映チケット発売
竹中直人さん 時間:4月21日(火) 
18:30の回(上映前)
場所:TOHOシネマズ 新宿
(4/17オープン)
登壇者:竹中直人、東京スカパラダイスオーケストラ(敬称略)
※登壇が予告なく変更・中止になる場合がございます。
料金:通常料金
(プレミアボックスシート・プレミアラグジュアリーシートは別途追加料金が必要です)
※特別興行に付き前売鑑賞券、ムビチケはご使用になれません。   

チケット販売について
座席指定・定員入替制での上映となります。
当回のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
購入方法は2種類。

TOHOシネマズのインターネットチケットvit
4月19日(日) 00:00
(=4月18日24:00)より販売開始

劇場窓口:
4月19日(日)劇場オープン時間より販売


≪他の注意事項≫
※ HP購入はパソコン・携帯電話共通でご利用いただけます。
また、お買い求めにはクレジットカードが必要です。
※ お電話でのご予約は承っておりません。
※ 場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録画、
録音等は固くお断りいたします。
※ 転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※ いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの
変更や払い戻しはできません。
※ 当日はマスコミによる取材が入る可能性がございますので、
予めご了承ください。
※ 映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中からのご入場はご遠慮ください。

セッションメイン
セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー
********************************************************************

セッションポスター 監督・脚本:デイミアン・チャゼル

出演:マイルズ・テラー『ダイバージェント』

J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』

配給:ギャガ

提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ

(C)2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved.