映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

山戸結希監督の愛の言葉つき前売券販売大盛況のご報告


これはある意味事件です。
山戸結希監督の愛の言葉つき前売券販売大盛況のご報告。

12 月6 日よりレイトショー公開の山戸結希監督作品

映画『おとぎ話みたい』

の、愛の言葉つき前売券販売会が11 月16日、テアトル新宿で行われました!

前売券販売アフタヌーン①(C)寝具劇団若手映画監督の旗手・山戸結希と唯一無二のオルタナティヴ・バンドのおとぎ話がタッグを組んだ映画『おとぎ話みたい』。この作品は、2014 年6 月テアトル新宿で行われた「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ」特集で‘10 年代を代表する最新作として選出され、立ち見席まで完売の超満員となった、名実ともに傑作の呼び声高い作品です。

そんな『おとぎ話みたい』の公開まで3週間を切った11 月16 日(日)、「世界で一枚の愛の言葉つき!『おとぎ話みたい』な前売券販売アフタヌーン」がめっちゃすごい大盛況となりました。

前売券をご購入して頂いたお客様一人一人と山戸結希監督が対話しながら、その方にふさわしい愛の言葉を即興でチケットにしたためるイベント。

しかし、14時30分〜16時30分の二時間という限られた時間のイベントのはずが、本作『おとぎ話みたい』でも見られる山戸監督の際立った言語感覚に惹かれたお客様が次から次へと足を運び、数百人の長蛇の列。

前売券販売アフタヌーン②(C)寝具劇団
全員に愛の言葉を記すためには、翌朝までかかること必至の事態となりました。長蛇の列が劇場に収まりきらないほどの定員オーバーとなったため、急遽、時間差集合の整理券や後日対応分を出す状況となり、「世界で一枚の愛の言葉つき!『おとぎ話みたい』な前売券販売アフタヌーン」は、夜の21時を過ぎても続きました。

山戸結希監督とテアトル新宿がコラボレーションした前代未聞のイベントは、『おとぎ話みたい』の言語感覚に魅了された多くの観客と口コミによって、当初の予想を遥かに越える伝説的な熱気で、幕を閉じることとなりました。

先週金曜日に公開された本作の重要な挿入歌・おとぎ話『COSMOS』のMV(山戸結希監督作)



への高い反響と相まって、12月6日〜公開の『おとぎ話みたい』に向う期待と、さらなる熱量の盛り上がりを感じさせるものでした。

『おとぎ話みたい』(c)寝具劇団
気になるあらすじですが・・・
田舎に暮らす高崎しほは、高校3年生。愛と夢のはざま、ひと冬の初恋の記憶。少女の膨れ上がる心は傷だらけになりながら踊る。

映画『おとぎ話みたい』

2014.12.6(⼟)~12.19(⾦)テアトル新宿にて2週間限定レイトショー
公式HP:http://posthumous-work-of-girl.com/

『おとぎ話みたい』-1(c)寝具劇団
********************************************************************

監督・脚本・編集:山戸結希
音楽:おとぎ話
撮影:今井孝博
照明:中西克之 音響設計:小川
武振付:KaoRi
ヘアメイク:Masayo スタイリング:スエタカヨーコ
宣伝:長井龍
出演:趣里 岡部尚/小林郁香 井土紀州
寺嶋由芙 椎名琴音/おとぎ話
製作・配給:寝具劇団(2014/カラー/55分)/



占領下のパレスチナ。恋と友情『オマール 最後の選択』先行上映


2015年公開の『オマール 最後の選択』の先行上映が国連の協力によって実現です!

オマール最後の選択 本作は、『パラダイス・ナウ』で自爆攻撃を決意した若者たちを描き、世界的に高い評価を得たハニ・アブ・アサド監督の新作『オマール 最後の選択』は、占領下のパレスチナに暮らす若者たちの一筋縄ではいかない友情や恋を切実に、サスペンスフルに描いた作品です。

2015年の公開に先駆けて11/26(水)の「パレスチナ人民連帯の国際年」記念シンポジウムにて、先行上映が決定したそうです!

あなたはそこに何を観るのか!?

本年はパレスチナとイスラエルとの間の恒久的な和平に向けた話し合いに少しでもはずみをつけたいという願いから定められた「パレスチナ人民連帯の国際年」です。

特に11月29日は国連が定めた「パレスチナ人民連帯国際デー」。

本作の上映後、この作品をキーワードにパレスチナ問題の第一線で活躍する方々によるパネル・ディスカッションを行います。今年5月にニューヨークの国連本部では、同様に特別上映会が開催され、大きな話題を呼んだ作品です。

国連記念シンポジウム『オマール 最後の選択』先行上映

日時: 2014年11月26日(水)
時間: 18:40-21:10 (受付開始 18:15 )
*シンポジウムからご参加いただく場合、20:00受付開始となります

会場: 立教大学池袋キャンパス8101教室(東京都豊島区西池袋3-34-1)
JR各線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線「池袋駅」下車。西口より徒歩約7分。

********************************************************************

●ガザの紛争に胸が痛みますが、2014年は「パレスチナ人民連帯の年」にあたり、さらに11月29日は国連の定めた「パレスチナ人民連帯デー」の国際デーです。
http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/8468/

●今年5月にはニューヨークの国連本部で、『オマール、最後の選択』の特別上映会が開催されました。国際社会の中でも、注目を浴びている作品です。
http://webtv.un.org/watch/panel-discussion-following-the-film-screening-of-omar/3530602580001/

 


立川では、ライブスタイル上映クイーンSONYイベント上映


いよいよ、来週(月・祝)開催!
11月24日(月・祝)25日(火)2日間限定 イベント上映!
『クイーン・ロック・モントリオール1981 4Kリマスター版』

立川では、ライブスタイル上映もあるそうです!!

Queenクイーン・ロック・モントリオール
期間限定イベント上映
『クイーン・ロック・モントリオール1981 4Kリマスター版』
QUEEN ROCK MONTREAL 1981 Re-mastered in 4K Ultra HD
開催日:2014年11月24日(月・祝)、25日(火)
※時刻は劇場により異なります
※一部の劇場では28日(金)まで上映します

クイーン・ロック・モントリオール4K
上映劇場は以下の通り!

【北海道】ユナイテッド・シネマ札幌
【埼玉】ユナイテッド・シネマ浦和
【千葉】TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
【東京】お台場シネマメディアージュ
【東京】シネマシティ(立川) *ライブスタイル上映あり
【神奈川】横浜ブルク13 *28日まで
【神奈川】TOHOシネマズ 川崎
【新潟】T・ジョイ新潟万代 *28日まで
【名古屋】伏見ミリオン座
【京都】T・ジョイ京都 *28日まで
【大阪】TOHOシネマズ なんば
【大阪】梅田ブルク7 *28日まで
【広島】広島バルト11 *28日まで
【福岡】T・ジョイ博多 *28日まで

チケット:2,000円 (消費税込)

配給:ソニー”Livespire” (ソニーPCL株式会社)

公式サイト:http://www.livespire.jp/

Freddie_and_Brian_b
クイーン史上最高パフォーマンスの一つと称される1981年のカナダ・モントリオール公演。
クイーン・ロック・モントリオール_ビジュアル フレディ死去のちょうど10年前のこの日(11/24・25)に当時ロックバンドとして初めて35mmフィルムで収録されたライブ映像と、さまざまなフッテージ映像とにより構成された”QUEEN ROCK MONTREAL”。世界中のクイーンファンを惹きつけてやまないその伝説的コンサートムービーが、リマスターされ、細部まで鮮明に再現される4K映像となった。

今回の4Kリマスター版”QUEEN ROCK MONTREAL”が、かつてないシネマミュージックイベント体験として、全世界を驚かせることは間違いない。

“QUEEN ROCK MONTREAL”本編には、We Will Rock You、Killer Queen、Under Pressure、Crazy Little Thing Called Love(愛という名の欲望)、Another One Bites The Dust(地獄へ道づれ)、We Are The Champions、Bohemian Rhapsody などのヒット曲が多数収録されている。

33年の時を経て、4Kスクリーンに蘇る”QUEEN ROCK MONTREAL”。このたびのイベント上映により、今年の11月24日も、クイーンファンは熱くなれますね!

********************************************************************

 


『海街diary』公開日決定&追加キャスト9名発表!


小学館「月刊フラワーズ」にて大人気連載中、吉田秋生先生のコミック「海街diary」。

是枝裕和監督による綾瀬はるか(長女・幸)・長澤まさみ(次女・佳乃)・夏帆(3女千佳)・広瀬すず(4女・すず)で映画化の『海街diary』
海街diaryキャスト+キャラ写
その公開日が、2015年6月13日(土)に決定し、キャスト陣を発表されました!

発表されたキャストは、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、前田旺志郎、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎の9名。豪華です。

本作で監督・脚本を務める是枝監督は、この実力派俳優たちについて、「うまい役者さんというのは主役もはれるけれど、脇にも回れる人のことだと思います。自分だけがいい芝居をすればいいというのではなく、ちゃんと物語の中で生きて主演を立たせる。今回はそういった俳優陣を配置させてもらいました。」と語っています。

海街Diary追加キャスト
それではキャストの皆さんからのコメントです!

大竹しのぶさん
実はかなり以前に大竹さんの舞台のメイキング撮影をしたことがあり、その後も是非ご一緒したいと思っていた女優さん。本作は4姉妹を中心にした女性たちの映画であると考えていて、姉妹たちと対比する上の世代の女性たちが大事な役割を担いますので、どう現実感を伴うかたちでキャスティングするかは重要でした。その中で大竹さん演じる幸、佳乃、千佳の3姉妹の母、都はとても重要な役。弱いところを出してしまう女性としての湿り気もありつつ、決して憎めない愛する対象でもある、表現するのがとても難しい役どころだと思う。都を演じた大竹さんはそのバランスが絶妙で素晴らしかったです。幸が少女時代を経て、母性を獲得する話と捉えた場合、都の存在が鍵となる。それまで許せなかった都を受け止める糸口をみつけ、幸は一歩大人になる。二人が向き合う芝居は本作の見せ場のひとつになったと思います。

堤真一さん
ご一緒する機会をうかがっていた俳優さんの一人です。これまでタイミングがあわなかったけれど、やっと実現しました。主人公4姉妹にそれぞれ重要な男性がいて、それぞれどういう人に演じてもらうかすごく考えました。堤さん演じた椎名は、幸が妻になるかどうかという人生の岐路に立ったときに、どういう選択をするかに重要な絡み方をする人。自分を律して生きている幸が唯一肩の力を抜いて女性的な部分を出せる相手ではあるが、そこはウェットには描きたくなかった。そのあたりの匙加減がさすがで、二人とも現場でもリラックスして演じてくれて作品のトーンに馴染んでくれたと思います。


加瀬亮さん
自分の初期作品から何度か撮らせてもらっている。各年代でご一緒したい俳優さんの一人。お互いにそのときそのときで今後とも関わっていきたく、繰り返し起用させてもらいたいと思っています。

風吹ジュンさん
風吹さんが演じる二ノ宮さんの役は今回の映画で一番膨らました人物であり、実は物語の中心にいる。彼女が”海街そのもの“。「海街」を象徴できる柔らかさと芯の強さを表現できる方を、と思ってお願いしました。スイッチ入ったときの風吹さんのお芝居にはいつも心奪われます。

リリー・フランキーさん
リリーさん今後全作品出ていただけるっていう約束をしてくれたので!今回もよかったです。

前田旺志郎さん
風太の役は悩みましたけど、撮ってみたら彼しかいなかったと思わされました。自分の恋愛感情に無自覚でありながら少し女子の前で詰まってしまう絶妙な中学生男子の感じがよくでていて、すずとのかけあいが爽やかで愛おしい。どのシーンも素晴らしく撮れています。彼は本当に希有な存在です。

鈴木亮平さん
この作品で初めてお会いしてみてキャスティングを決めました。現場でもすごく自然体の素敵な人で、今回をきっかけに今後もっと一緒に仕事していきたい俳優さんです。

池田貴史さん
飛び道具です。髪型ももちろんありましたが(笑)。千佳と浜田店長のかけ合いが作品の中で一番遊べるところであり、現場で固まらせず、ライブ感を楽しめるミュージシャンか芸人さんか、と考えていましたが、狙い通りとても楽しい現場でした。池田さんは間のとりかたが音楽的で感覚的に優れていてすごくよかったです。

坂口健太郎さん
オーディションで出会いました。原作の朋章とは変えていますが、大事だったのは彼にまとわせる雰囲気。どこかしら影があり、どこかしら悪い部分があるところ。佳乃が惹かれる男性というのは大事で、幸が好きになる男性と対比を考えてキャスティングし、とても成功したと思います。

『海街diary』
2015.6.13(土)全国ロードショー   

公式サイト:umimachi.gaga.ne.jp 

********************************************************************

配給:東宝・ギャガ
WEBパブリシティ:スターキャストジャパン
配給・宣伝:ギャガ宣伝部 


宮川大輔 出演!! ゾンビと化す! 『Zアイランド』



2015年全国公開、 哀川翔活動30周年記念主演作品。
品川ヒロシ監督最新作の『Zアイランド』

この度、哀川 翔、鈴木砂羽、木村祐一、鶴見辰吾、湘南乃風RED RICEらに加え、追加キャストとして、宮川大輔が決定!

ゾンビに扮し出演している場面写真も併せて解禁となりました。

『Zアイランド』宮川大輔ゾンビ
KADOKAWA プロデューサー 二宮直彦 より

◎キャスティング経緯
『ドロップ』『漫才ギャング』とご出演されている作品を拝見して、リズミカルで表情豊かな演技が品川監督作品独自のテンポの良さとのマッチングが非常にすばらしく本作においては物語のツカミとして非常に重要な役なので監督からも大輔さんで是非、という事でした。大変お忙しい中、何とか調整いただきご出演いただきました。

『Zアイランド』宮川大輔
◎撮影中〜本編完成して 俳優宮川大輔について
既に数多くの映画にご出演されているので俳優として安定感がありつつも、強烈なスパイスになるところは流石です。ゾンビと化した大輔さんの動きは必見。ゾンビ映画史に残るものだと思います。ゾンビにも関わらず観ている側は感情移入してしまう、怖いのに愛らしさがあるのは大輔さんにしかできないものだと思います。

◎ゾンビ造形について
ゾンビ造形については第一人者とされる西村映造さんに取り組んでもらいましたので、自信アリです。ヤクザで刺青が入ってるゾンビなんてそうそう無かったかと。そしてあの動き。。ミックスの妙味はゾンビ映画を愛する監督のセンスが光るところです。

本作は任侠映画をベースにしながら、そこにゾンビが出てパニック映画となりつつ、最後には感動させてしまうドラマで畳み掛ける、1分も飽きさせない濃い内容になっており、主演の哀川翔さんは勿論、他のキャラクターの皆様素晴らしいです。今後の更なるキャスト解禁も楽しみにしてほしい。また、世界共通言語でもある<ヤクザ><ゾンビ>でココまで勝負した日本映画は過去に無いと思うので世界の映画祭にも挑んでいきたいと思っています。

東の宗形組vs西の竹下組vs謎の病…ゾンビ!?

少女を追い島に降り立った宗形たち―
果たして再会を果たせるのか!?

敵討ち・復讐…元組長・宗形復活!! 
命を賭けた闘いが始まるー
          
哀川翔30周年×監督・品川ヒロシ
『Zアイランド』
公式HP:www.z-island.jp

********************************************************************

物語・・・
ある雨の夜。高級クラブで豪遊する宗形組、組長の宗形博也【哀川翔】、武史【鶴見辰吾】、信也【RED RICE(湘南之風)】たちは、敵対する竹下組の襲撃にあう。武史は、敵討ちを果たすため、竹下組に反撃するも、失敗に終わり、ムショ送りとなってしまう。

10年後、武史の出所を出迎えた宗形は竹下組との抗争で、足に傷を抱え、組は解散に…、武史の愛娘・日向の世話をしながら、今では借金を抱え、運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。
出所した武史は、待ちわびた娘・日向との再会も虚しく、前科ものの父親に会いたくないと、家出をしてしまっていた。
向かった先は、家族の思い出の場所―“銭荷島”。

後を追い、宗形、武史、真也、武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は島へと向かう。時を同じくして、竹下組組員吉田が組の薬をごっそり盗み逃亡したという。
銭荷島に潜伏する吉田を消してドラッグを回収するために竹下組の武闘派・反町(木村祐一)、内田【大悟(千鳥)】、ジョー【川島邦裕(野性爆弾)】も島へと急ぐ。

その頃、島の診療所には、咳と高熱に魘される患者が殺到していた。島民たちに吉田は高額で薬を売り捌くが、謎の病は更に広がっていく。

銭荷島に降り立った宗形たち―。彼らは日向に会うことができるのか…。

彼らの敵は、竹下組?それとも謎の病?島民をも巻き込んだ闘いの行方は…。

命を賭けた闘いが今はじまる!


哀川 翔 鈴木砂羽 木村祐一 鶴見辰吾
宮川大輔 REDRICE(湘南乃風) 大悟(千鳥) 川島邦裕(野性爆弾)
山本舞香 水野絵梨奈 中野英雄 
監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業
(C)2015「Zアイランド」製作委員会