映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

もう直ぐ公開『ある過去の行方』に著名人絶賛コメント


いよいよ4月19日より公開となります、
アスガー・ファルハディ監督最新作『ある過去の行方』

今回、日本公開に先駆けて、本作をご覧になった作家の小池真理子さん、映画監督の西川美和さん、演出家の長塚圭史さん さらにマリオン・コティヤールなどから、本作に対する絶賛コメントが寄せられています!

ある過去の行方
板谷由夏(女優)
過去は曖昧で、その色合いを探り出すときりがない。
重なり合う人々の感情も同じように思う。
アスガー監督の作品は、やはり、人を知りたいという思いに溢れていました。

小池真理子(作家)
小説を書く者の一人として、強い刺激を受けた。
現代を生きる人々を赤裸々に描くと、こうなるのかもしれない。
原因も結果もない、すべてが途上にすぎない、という人生の真実が浮き彫りにされた傑作。

長塚圭史(劇作家、演出家、俳優)
すべての家族が過去と格闘し、危なっかしい現在を切り抜けている。彼らの奇抜ともとれる行為ひとつひとつが腑に落ちてしまったとき、歩んできたこれまでの道のりを振り返ったような気分にさせられます。原題はただ「過去」。「記憶」ではなく「過去」としてあるところに淡くもはっきりと希望が抱けます。

西川美和(映画監督)
人間同士の関係性を突き詰めて描いただけで、途方も無いサスペンスが仕上がるのだということの証明。アスガー・ファルハディ監督の作品を観ると、世界がぐっと近づいたような感覚を覚える。どんな社会に、文化に置かれて生きようと、人間が抱える衝動や、懊悩や、愛への渇望はみな等しく分かち合えるものだと感じられるからである。作品に展開されるドラマは内蔵を絞られるような厳しさと緊張感に満ちているが、なぜか観賞後に絶望させられることはない。そればかりか、目に見えない、出会ったこともない誰かと何かを共感し合えたような気持ちになるのは、ほんとうに不思議だ。

野崎歓(フランス文学者)
「真実」が近づいたかと思うとまた遠ざかってしまう、その感覚に、えも言われぬサスペンスが立ちこめる。日常に潜む謎の深さ、人の心のはかり知れなさを鮮やかに描き出す演出の冴えに感嘆するばかり。

現代のパリの素顔を、イラン人監督がここまでみごとにとらえ切ったことにも驚かされる。

(敬称略・50音順)
さらに当初、主人公マリー役にキャスティングされていたマリオン・コティヤールも

「私はこの作品が大好きよ。全ての役者、子供たちの演技が素晴らしい。元々マリー役を演じることになっていたけれど、後悔はしていないわ。なぜならベレニスのような演技は、私にはとてもできなかったから。完全にストーリー、そして圧倒的な純真さと強さで演じきったベレニス・ベジョの虜になりました」

と賛辞のコメントを寄せています!

フランスでは『別離』を上回る大ヒットを記録、世界中で絶賛された極上のサスペンスドラマ

『ある過去の行方』

がいよいよ日本で4月19日Bunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

公式HP: www.thepast-movie.jp


********************************************************************



監督・脚本:アスガー・ファルハディ『別離』
出演:ベレニス・ベジョ『アーティスト』、タハール・ラヒム『預言者』、アリ・モッサファ

提供:ハピネット、ドマ、スターサンズ
配給:ドマ、スターサンズ
【2013年/仏・伊/130分/仏語・ペルシャ語/ビスタ/原題:Le Passé 】

© Memento Films Production – France 3 Cinéma – Bim Distribuzione – Alvy Distribution – CN3 Productions 2013


今夜!『楽園追放』キックオフイベント配信決定


11月15日劇場上映されます
監督 水島精二× 脚本 虚淵玄による完全オリジナル作品

『楽園追放 -Expelled from Paradise- 』

のキックオフイベントが3月21日に行われましたが。。。

新予告の上映やこれまで明かされなかった『楽園追放』の世界観、新映像などを上映したこのイベントの様子をニコニコ生放送にて限定配信することが決定したそうです!

3月21日(金)新宿バルト9にて100人限定で行われた
キックオフイベントの様子をニコニコ生放送で限定配信!

◇日程:4月3日(木)
◇時間:22:00~23:00(開場21:50)
◇ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv174043521
◇登壇者:水島精二監督、脚本 虚淵玄、野口光一プロデューサー、
 キャラクターデザイン斎藤将嗣、モデラー横川和政
◇MC:アニメ応援プロジェクト 清水川沙季、荻野沙織
http://expo.nikkeibp.co.jp/aop/index.shtml

●水島精二監督×虚淵玄が語る!
『楽園追放』企画当初のエピソードや本作の世界観!

●スタッフが語る!制作の裏話やキャラクターの秘話!

●新キャスト発表!新情報も解禁!

●このイベントでしか観られない映像も初解禁!
 ワンシーン分の迫力の映像も公開!

作品のイントロダクション
われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのかー。
地球はナノハザードにより廃墟と化した。その後の西暦2400年、大半の人類は知能だけの電脳世界ディーヴァに生きていた。電脳世界に住む捜査官アンジェラは、闘力を誇るスーツ・アーハンを身につけ地上に初めて降り立った。そして地上捜査員ディンゴと共に地上のサバイバルな世界に旅立った。

『楽園追放』キックオフイベント配信決定

11月15日劇場上映されます!

********************************************************************


『楽園追放』キックオフイベント配信決定

原作:ニトロプラス・東映アニメーション
脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
監督:水島精二
演出:京田知己 キャラクターデザイン:斎藤将嗣
プロダクションデザイン :上津康義
メカニックデザイン:石垣純哉、齋藤将嗣、柳瀬敬之、石渡マコト(ニトロプラス)
スカルプチャーデザイン:浅井真紀
グラフィックデザイン:草野剛 設定孝証・コンセプトデザイン:小倉信也
CG監督:金子友昭、阿尾直樹 造形ディレクター:横川和政
色彩設定:村田恵里子
モニターグラフィックス:宮原洋平(カプセル)、佐藤菜津子
美術監督:野村正信(美峰) 撮影監督:林コージロー
編集:吉武将人 音響監督:三間雅文(テクノサウンド)
音響効果:倉橋静男(サウンドボックス)
音楽:NARASAKI アンジェラ・バルザック:釘宮理恵
ディンゴ(ザリク・カジワラ):三木眞一郎
アニメーションプロデューサー:吉岡宏起 プロデューサー:野口光一
アニメーション制作:グラフィニカ
企画・製作:東映アニメーション
©東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ


博多華丸感染からの復活!『ゴール・オブ・ザ・デッド』


ピッチにゾンビが溢れ返る警告“無死”の大乱闘!仁義なき反則大歓迎!
スポーツマンシップに全くのっとらない禁断のゾンビdeサッカームービー

『ゴール・オブ・ザ・デッド』が5月3日(土)より公開となります。


そしてこの度、サッカーの試合実況風の予告編を制作するにあたり、川平慈英さんのモノマネを得意とする博多華丸さんが予告ナレーションを担当!

ということで、サッカー×ゾンビの異色コラボレーションで構成される予告編を独特の言い回しで面白おかしく実況するナレーションする公開収録が行われました!

場内大爆笑の連続!

『ゴール・オブ・ザ・デッド』博多華丸ナレ
本イベント華丸さんのまさかのインフルエンザ感染により一度延期になったといういわくつきの感染イベントです。
そして、今回ある意味、ゾンビにならずに、戻ってきた奇跡の生還者的な要素も含みつつ登壇。

ご挨拶から
華丸さん:ご本人(川平慈英さん)でもいいんじゃないかなと。なぜ僕に回ってきたのか。。。こんな大げさなことになっているとは。。ご期待に沿えるように頑張ります。

いつもの川平慈英さんのモノマネで、実況風ナレーションが行われました!

「公開まであとわずか。。私、興奮して眠れません 『ゴール・オブ・ザ・デッド』 くーっ」

「とんでもない死闘が繰り広げられようとして   いるんです。ムムッ」

「ピッチにはゾンビ くーっ! そこには絶対に食われたくない戦いがあるんです!」

等々。。。

さすが、華丸さん!慈英さん感満載でいい感じにナレーションを乗っけていかれました。
集まったマスコミ大うけです!

ナレーション クーいただきました!
ナレーション クーいただきました!


質疑:
MC:映画のほうはいかがでしたか?
華丸さん:凄い斬新な。ゾンビとサッカー。怖いというより楽しみました!

MC:ゾンビ物はお好きですか?
華丸さん:結構好きです。ホラーというよりはゾンビが好きです。

MC:ナレーションいかがでしたか?
華丸さん:本当にご本人に申し訳ない。別に公認と言うお話もないですし。。。。4年に一度ありがたい話なんですけど。

MC:ゾンビとのサッカー。華丸さんならどう攻めて行きますか!?
華丸さん:僕は直ぐ感染しますね。そっち側に回りたいです。逃げるの怖いですもん。一思いに。間違いなく。


MC:W杯。日本は優勝いけそうですかね?
華丸さん:それは詳しいい方。僕は顔だけなんで。。僕がいえることはソフトバンクホークスはパリーグでぶっちぎりです。

MC:華丸さんはサッカーよりも野球が。。。
華丸さん:よりもって言ったら御幣があります。も。です。

『ゴール・オブ・ザ・デッド』博多華丸ナレクーッツ
MC:最後に映画のPRを
華丸さん:6月15日の世界的サッカーの祭典に向けての前哨戦として。ゴールデンウィークサッカー娯楽映画として是非楽しんでいただきたいと思います。サッカーファンも。そして野球ファンも楽しんでいただきたいと思います!是非劇場に!


ボール・オブ・ザ・デッドにマイクを向ける取材人? むむっいいんです!
ボール・オブ・ザ・デッドにマイクを向ける取材人?
むむっ それでもいいんです!


『ゴール・オブ・ザ・デッド』

は、ムムッ5月3日(土)より公開です!

オフィシャルHP:GOTD.jp
オフィシャルTwitter:@GOTD_movie
オフィシャルFacebook:www.facebook.com/GOTDmovie

********************************************************************


STORY

ある日、スターダムにのし上がれないサッカー選手ジャノ・ベルボーの家に小包が届く。中には怪しげな薬と注射。ジャノは憎きライバル、サム・ロリが所属するチームとの試合に勝つためにその薬でドーピングをするのだが、しばらくして突然苦しみだし、ゾンビへと変貌してしまう。
サムへの闘争心だけが残ったゾンビストライカーは試合会場へと走りだす。
そして、サッカーチーム“オランピック・ドゥ・パリ”の選手を乗せたバスは格下相手E.J.A.Cとの試合のためにフランス北部にあるカペロングのスタジアムへと到着。
ホイッスルとともに試合開始。チーム内の若手スター選手イドリスとの点取り合戦をはじめるサムだったがひょんなことからレッドカードをくらい、退場してしまう。ふてくされながらピッチを後にするサムだったが、入れ違いでゾンビ化したジャノがピッチに乱入。
彼の吐き出す謎の白い液体によりまたたくまに感染は広がり、満員のスタジアムの観戦者は全員、感染者となる。
ピッチ上、はたまたスタジアムの外で繰り広げられる選手とゾンビの攻防戦。
果たしてこの試合に勝つのはゾンビか、人間イレブンか―。


監督:バンジャマン・ロシェ、ティエリー・ポワロー 
製作:ラファエル・ロシェ、ジェローム・ヴィダル
脚本:ニコラス・プフェーイ、トリスタン・シュルマン、マリー・ゲレルほか
キャスト:アルバン・ルノワール、アメッド・シラ、
ティファニー・ダヴィオ、シャーリー・ブルノー他

2014年/フランス/121分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/
原題:GOAL OF THE DEAD 配給:東京テアトル・日活
(C) Capture The Flag Films


京アニ「たまこラブストーリー」本予告&ビジュアル


恋とバトンと青春と—-京都アニメーションが贈る、完全新作映画!

「たまこラブストーリー」

その本予告とシーンカットが到着しました!!



少女は、知らなかった。

将来、当たり前のように家業をついで、ずっとこの場所でこのままでいられるんじゃないかって、無意識のうちに感じていた。そうであればいいと、願っていた。けれど、幼なじみも友達も、少しずつ変わっていく。

少しずつ、大人になっていく。家族がいて、商店街の人たちがいて、変わらないものと変わっていくもの。

高校3年生の春。そんなことを思いはじめた少女は——–恋をする。

北白川たまこは、知らなかった。それは、「宇宙の入り口」に立ったような感覚。

そして少女は、一歩を踏み出す。たまこ、むけました。



『たまこラブストーリー』

2014年4月26日 公開です!

公式サイト : tamakolovestory.com
≪ストーリー≫
たまこラブストーリー4春。高校3年生に進級しても北白川たまこの頭の中は相変わらずおもちのことばかり。

春の夕暮れ、学校の帰り道。たまこやみどりたち仲良し4人組は進路の話をしていた。

たまこラブストーリー3みんな不安をかかえながらも将来のことをちゃんと考えている様子。
たまこも、何気なく、将来は家業を継ぐと答える。

同じ頃、たまことお向かいの家でずっと一緒に過ごしてきたもち蔵も、ある決心をしていた。
周りの色んなことが変わっていって、少しずつ、少しずつ、たまこの心は揺れ始める……。

たまこラブストーリー2
********************************************************************


『たまこラブストーリー』

≪スタッフ≫
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:堀口悠紀子
美術監督:田峰育子 色彩設計:竹田明代 撮影監督:山本 倫
設定:秋竹斉一 音響監督:鶴岡陽太 音楽:片岡知子 編集:重村建吾
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:うさぎ山商店街
配給:松竹

≪キャスト≫
『たまこラブストーリー』
北白川たまこ:洲崎 綾
大路もち蔵:田丸篤志
常盤みどり:金子有希
牧野かんな:長妻樹里
朝霧史織:山下百合恵
北白川あんこ:日高里菜
北白川豆大:藤原啓治
北白川ひなこ:日笠陽子
北白川 福:西村知道
大路吾平:立木文彦
大路道子:雪野五月

同時上映『南の島のデラちゃん』
デラ・モチマッヅィ:山崎たくみ
チョイ・モチマッヅィ:山岡ゆり
メチャ・モチマッヅィ:下野 紘
©京都アニメーション/うさぎ山商店街


『好きっていいなよ。』予告到着!


好きっていいなよ。ロゴ 「はじめて」はドキドキして胸がキュッとなる。
いくつもの「はじめて」が想いを育てていく――
『好きっていいなよ。』第2弾チラシビジュアル 『好きっていいなよ。』

累計530万部を突破した、いま一番ドキドキできる恋愛バイブル「好きっていいなよ。」(講談社「デザート」連載)。が遂に映画化!

キスをする、手をつなぐ、恋をする・・・いくつもの「はじめて」を経験して、優しさや愛おしさ、嫉妬やせつなさ・・・を知って成長していく主人公たちに、自分を重ね合わせ、共感する”恋する女の子たち”が続出!

16年間彼氏なし、友達なしだった主人公・橘めい役に川口春奈、学校一のイケメンには福士蒼汰を迎え、瑞々しい2人がはじめてリアルな純愛ストーリーに挑戦しました!

今回その予告編と第2段ビジュアルが到着。



恋している人も、ちょっとお休みしている人も、観るともっと恋がしたくなる!
この夏、心の中の「女の子」が満ちていく、純愛ラブストーリーの誕生です。

『好きっていいなよ。』

2014年7月12日(土)全国ロードショーです。
公式サイト :http://sukinayo.jp
公式Twitter:https://twitter.com/sukinayo_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/sukinayomovie
********************************************************************


『好きっていいなよ。』

【STORY】
これまで友達も彼氏もなく、一人で生きてきた16歳の橘めい。
好きっていいなよ。学校一のモテ男・黒沢大和に誤ってケガをさせてしまうが、大和はめいを気に入って一方的に友達宣言。さらに、ピンチから救うため、キスをする。優しく一途な想いを秘めた大和とたくさんの「はじめて」を経験して、色づき始めるめいの世界。はじめての友達、はじめての恋のライバル…喜び、悩み、ぶつかり、傷つきながら、人を知って、恋を知る―。

監督・脚本:日向朝子
主演:川口春奈 福士蒼汰
出演:市川知宏 永瀬匡 山本涼介 足立梨花 西崎莉麻 八木アリサ
原作:葉月かなえ「好きっていいなよ。」(講談社『デザート』連載)

制作・配給:松竹株式会社
(C)2014「好きっていいなよ。」製作委員会