映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

「BERLIN SYNDROME」(原題)が邦題『ベルリン・シンドローム』で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本、そして世界中で多発している女性監禁虐殺事件。その凶悪殺人犯に理不尽に襲われた被害者の恐怖と戦慄をスリリングに描いたメアリー・ジョーステンのベストセラー小説を、『さよなら、アドルフ』で注目されたオーストラリアの俊英ケイト・ショートランド監督が完全映画化。

サンダンス映画祭をはじめ世界各国を震撼させたセンセーショナルで危険な問題作「BERLIN SYNDROME」(原題)が、邦題『ベルリン・シンドローム』として2018年4月7日(土)より日本公開されることが決定しました!

男との出会いは、想像を絶する悪夢となった…。
歴史と芸術の街ベルリン、オーストラリア人の女性カメラマン、クレアは、ベルリン旅行中にアンディと名乗る男と出会う。彼女はアンディの部屋に泊まることになるが、その日からアンディの部屋に監禁されてしまう…。この男は一体何者なのか?彼女に近づいた真の目的とは?叫び声も誰にも届かない、脱出不可能な絶望の部屋から彼女は脱出できるのか!

主人公クレアを衝撃的なヌードシーンも辞さず、まさに体当たりで演じるのは『ライト/オフ』『ハクソー・リッジ』など話題作への出演が続くオーストラリア出身の人気女優テリーサ・パーマー。クレアを監禁するアンディには『THE WAVE ウェイヴ』やウォシャウスキー姉妹らが監督して話題のNetflixドラマ「センス8」の主演で人気急上昇中のドイツ人俳優マックス・リーメルト。全世界注目の2人が繰り広げる危険なかつ緊迫のサスペンスに、海外でも「神経が切断されるほど恐ろしい!」(VARIETY)、「テリーサ・パーマーの体当たりの熱演に驚愕!」(THE FILM STAGE)など絶賛の声が続出。手に汗握る<緊迫>の116分!その驚愕の結末は?

映画情報どっとこむ ralph 合わせて解禁となった日本版ビジュアルが捉えるのは、古びた木製の窓越しに映るクレアの姿。その表情は恐怖とも部屋から決して脱出できない絶望ともとれるが、背後にはその姿を見つめるアンディを捉え、この部屋で何が起こるのか想像が膨らむデザインとなっています。

物語・・・
この部屋から生きて逃げ出した女は誰もいない。<生還率0.00%>!狂気の男からの極限の脱出劇!!

男との出会いは、想像を絶する悪夢となった…。歴史と芸術の街ベルリン、オーストラリア人の女性カメラマン、クレアは、ベルリン旅行中にアンディと名乗る男と出会う。彼女はアンディの部屋に泊まることになるが、その日からアンディの部屋に監禁されてしまう…。この男は一体何者なのか?彼女に近づいた真の目的とは?叫び声も誰にも届かない、脱出不可能な絶望の部屋から彼女は脱出できるのか!

公式HP:
berlin-syndrome.com
公式Twitter:
@berlin.kankin

***********************************

出演 テリーサ・パーマー/マックス・リーメルト
脚本 ショーン・グラント

監督 ケイト・ショートランド
原作「BERLIN SYNDROME 」メラニー・ジョーステン
原題:BERLIN SYNDROME/2016年/オーストラリア/英語、ドイツ語/カラー/116分/5.1ch/DCP/シネマスコープ/R15+/配給:レスペ
© 2016 Berlin Syndrome Holdings Pty Ltd, Screen Australia


チュートリアル徳井「キングスマン」に立候補!今井竜惺くんとアクション対決


映画情報どっとこむ ralph スマートなスーツに身を包んだ英国紳士がみせるキレ味鋭いアクションと、ギミック満載のスパイ道具の数々や、スピード感とウィットに富んだストーリーが全世界を熱狂させ、4億ドルを超えるメガヒットを記録した『キングスマン』。

その待望の続編となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』が18年1月5日(金)より日本公開となります!

そしてこの度、公開迫る12月14日(木)、チュートリアル徳井義実さんが登壇したイベントが行われました。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』スパイミッションイベント
日付:12月14日(木)
場所:パンダスタジオ浜町
登壇: 徳井義実(チュートリアル)、今井竜惺

映画情報どっとこむ ralph 本作ではスーツに身を包んだ登場人物たちのスタイリッシュなファッションも見どころのひとつだが、本日の徳井さんもスーツに眼鏡、さらには映画で使用されているのと同じモデルの傘を持ち、ビシッと「キングスマン」スタイルという出で立ちで登場。

徳井さん:今日から改名しまして…“キングスマン徳井”です。スーツは着ることが多いですが、ダブルのスーツは新鮮ですね!

とすっかり気分はスパイになった様子。『キングスマン』の大ファンだと公言する徳井さんだが、本作を鑑賞し

徳井さん:前作も度肝を抜くほど面白かったですが、本作ではさらに上回って面白いです。特に敵の倒し方、アクションシーンの演出が斬新!こんなアクション見たことない!そして前作より、おしゃれになっています!

とコメント。個性的なキャラクターたちばかりが登場する本作だが、

徳井さん:悪役ポピーが良いですねぇ~。僕よりだいぶ年上ですが、色っぽくてセクシー!極悪人だけど好きなキャラクターです!なんで本作に出演できなかったのかなと思いましてね…。徳井ともなれば、メインキャストに選ばれても良いのに…

と不満を持っていたことを暴露!

ということで、果たして徳井さんは本当に「キングスマン」に相応しいのか最高難易度のミッションに挑戦することに!


本作では英国「キングスマン」の同盟機関であるコテコテにアメリカンな「ステイツマン」たちが新たに登場!!で、本日はその「ステイツマン」よりアメリカ人の女性エージェントがカウガール姿で登場!

徳井さんのある意味天敵とも言える“美女”との対決だが、

僕は、呼吸をするように女を口説きますよ。

と自信満々の様子。スパイの必需品である様々なガジェットを使用し制限時間内に美女を口説き落とすスパイミッションで、お気に入りのガジェットである傘を使い、

僕はいつも周りの人から傘みたいな男だねと言われるんだ。なぜなら骨のある男だからさ。

と渾身の一言を披露。集まった報道陣は大爆笑だったが、女性エージェントから

女性エージェント:徳井、私はそんなに軽い女ではない。今すぐくたばりやがれ!

と辛口ジャッジを受けてしまい、撃沈する徳井さん。

映画情報どっとこむ ralph このままでは帰れない!ということで、SNSで話題沸騰、“ネクスト ブルース・リー キッズ”として知られ、本作でも“こどもキングスマン”という特別映像で大活躍している、今井竜惺くんとアクション対決にチャレンジ!

徳井さん:こんなチビッ子との対決なんて素手で十分だ!

と強気な徳井さんだったが、対決前のウォーミングアップで竜惺くんのヌンチャクの演武を見た途端、

徳井さん:ちょっと待って・・・やっぱりガジェット使うわ!

と、弱腰に。
対決がスタートすると、竜惺くんは圧巻のヌンチャクの攻撃を開始!しかし徳井さんはガジェットである傘をなかなか開くことが出来ない!竜惺くんは、すかさず徳井さんの後ろに回りこみ、ヌンチャクでお尻に強烈な一撃を!!!!!
徳井さん:すませんでしたぁぁぁ!この子すごいやん!

と絶叫する徳井さん。またもやミッションに失敗した上に、女性エージェントは新しい仲間として竜惺くんをリクルートする結果に!
その雄姿はこちら!



最後に・・・

徳井さん:新春にこれ以上合う、娯楽映画はない!!!ぜひ劇場でお楽しみ下さい!!!

とアツく本作をアピールした。

公式Twitter:@kingsmanjp

2018年1月5日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

***********************************

監督:マシュー・ヴォーン 
出演:コリン・ファース ジュリアン・ムーア タロン・エガ―トン マーク・ストロング ハル・ベリー エルトン・ジョン チャニング・テイタム ジェフ・ブリッジス
原題:Kingsman: The Golden Circle
全米公開日:2017年9月22日
配給:20世紀FOX映画
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
 


永尾まりやになら殺されてみたい!?小島よしお臨死体験『フラットライナーズ』公開記念


映画情報どっとこむ ralph 人は死んだらどうなるのか?”という好奇心から、自分の心臓を止めて数分後に目覚めさせるという<臨死実験>を繰り返し、蘇生後には驚くべき不思議な能力が覚醒していく5人の医大生たちの、想像もつかない恐ろしい体験を描いたサスペンスホラー『フラットライナーズ』が、12月22日(金)より日本公開となります。

この度、『フラットライナーズ』公開を記念して、お笑い芸人小島よしおさんに実際に臨死を擬似体験していただくイベントが12月14日(木)に行われました。

映画『フラットライナーズ』公開記念イベント
日時:12月14日(木) 
場所:ソニー・ピクチャーズ試写室
登壇:小島よしお、永尾まりや

映画情報どっとこむ ralph 医大生たちが主役の映画に影響されてか、小島よしおさんは白衣姿で登場。

まずは映画の感想を

小島さん:青春映画から、脳科学のような展開になり最後はすごいホラーで楽しめました」と語り、さらに映画を観て思い出したという自身の3年前の“業界内”臨死体験エピソードについて「その頃あまりテレビに出ていなくて、『天国に行ってしまった小島よしおにつぶやいてください』という誰かのツイートが爆発的リツイートされて、その頃のマネージャーに『小島さん、死んだことになっていますよ』と言われてベンチプレスやっている写真を上げたんですけど、さらにそれも生前の写真だと言われて、、、。僕らはテレビに出てないと生存確認が取れないんですけど、その頃激減していたんで。

と初告白。

映画の登場人物にならってさらなる能力覚醒を目指したいと擬似臨死体験に挑戦することに。ここで、実験助手として現れたのが、元AKB48の永尾まりやさん。セクシーな女医姿で登場した永尾さんに

小島さん:セクシーですね。セクシーぴーや。僕はこの下は海パンです

と白衣をめくってみせ、

永尾さん:セクシーですね。見れないです。

と照れながら確認。

映画情報どっとこむ ralph そして、いよいよ臨死実験開始!

白衣を脱いでおなじみの姿となって

小島さん:勢いよく死にたい

と死ぬ意気込み(?)を語り、臨死時間3分でお願いします。とリクエスト。

小島さんの胸に永尾さんが電極パッチをセットすると、モニターには小島さんの心音とともに映像が映し出され、場内は一気に緊張感に包まれました。

永尾さん:下がって!

と周囲に注意を促しつつ電極パドルを小島さんの胸に当てると、、、。
小島さんの心臓が停止したかのように、心音の“ピー音”とともに、モニター映像は“フラットライン”に。

小島さんの擬似臨死タイム中には、

永尾さん:中学生時代に一世を風靡した小島さんネタをよくみんなでやっていました。

と子供の頃からファンだったことや、

永尾さん:ライブでお腹がすくから、本番前に食べてたんですけど、どんどんたくさん食べるようになってすごく太っちゃったんです。イベント前の大食いがなかったら総選挙でもっとランク上だったかな。

と臨死実験になぞらえた自身の“禁断”体験として、AKB時代のエピソードを後悔とともに披露しました。この間、白目をむいて口は半開きの“臨死”状態の小島さんの横で、話す永尾さん。

映画情報どっとこむ ralph 3分を過ぎ、実験は続いて蘇生タイミングに。

まずは心臓マッサージを施す永尾さんでしたが、心臓マッサージで蘇生しないので次は人口呼吸をMCに促されるも、永尾さんはこれに対しては

事務所的に、、、×です。

と拒否。先ほどの電極パドルで蘇生させるべく、またしても小島さんの胸にパドルをあてると、見事に蘇生成功!

小島さん:みるみるパワーがあふれ出した。ギャグ能力覚醒!
と語るも、蘇生後の初ギャグは

小島さん:おっぱぷー。

笑うに笑えないギャグに

永尾さん:良かったです。

と苦笑い。

小島さん:年下の子に気を遣わせてしまった。やっぱり臨死体験で能力覚醒したらダメですね。自分の力で目標を決めないと。

と語り、未来に向けて2018年の抱負を書いてもらうことになりました。

スケッチブックにお二人が書いた抱負は、

永尾さんは「ちゃんとする」、小島さんは「ワールドブレイク」。
小島さんはピコ太郎さん、ピースの綾部祐二さんに刺激され、来年は世界を相手に芸を磨くと誓い、永尾さんは歯磨き早寝早起きから、英会話まで何事もあきらめないで前向きにちゃんとすると2018年への更なる飛躍を願ってイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『フラットライナーズ』永尾まりやさんが診断するインスタントウィンキャンペーン実施中!
ソニー・ピクチャーズ公式Twitterにて、「あなたはこの世に戻れるか…!?永尾まりやが診断!インスタントウィンキャンペーン」を開催中。フォロー&RTですぐに動画が届き、女医に扮した永尾さんの診断により当たりかハズレか結果がわかります。

ソニー・ピクチャーズ公式Twitter
@SonyPicturesJP

『フラットライナーズ』
12月22日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
公式サイト:Flatliners.JP
#フラットライナーズ 

***********************************

監督:ニールス・アルデン・オプレヴ(『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』)
製作:マイケル・ダグラス(『ウォール・ストリート』)
原題:Flatliners
出演:エレン・ペイジ(『X-MEN:フューチャー&パスト』)、ディエゴ・ルナ(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、ニーナ・ドブレフ(『トリプルX:再起動』)、
ジェームズ・ノートン、カーシー・クレモンズ、キーファー・サザーランド(「24 – TWENTY FOUR -」シリーズ、オリジナル版『フラットライナーズ』)
                   


染谷将太 ホアン・シュアン『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』第3弾ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 日中共同製作映画として史上最大の本格ビッグプロジェクト『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』。

12月22日(金)に約5万スクリーンにて中国公開を控える本作の監督は、世界的巨匠チェン・カイコー。原作は、「陰陽師」「神々の山嶺」などのベストセラー作家夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」。主人公の若き天才僧侶・空海を演じるのは、本作が海外作品初主演となる染谷将太。空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天には、中国内で絶大な人気を誇る、若手実力派人気俳優ホアン・シュアン。日本での公開は2018年2月24日(土)公開です。

そして本日、第 3 弾ポスタービジュアルが、解禁となりました!!
※今回初解禁となった第3弾ポスターは、12/15(金)以降順次~全国の映画館で掲出予定。

今回は日中豪華キャストの総勢15名が勢揃いした圧巻のビジュアル!その中心には力強い瞳で圧倒的な存在感を放つ空海と、凛とした表情の白楽天の姿が。そしてその両脇には物語の鍵を握る2人の存在。どこか複雑な心境を感じさせる表情の阿倍仲麻呂。楊貴妃に想いをよせ、命を案じていた阿倍仲麻呂は、何を知っていたのか…。鮮やかな真紅のドレス姿で、この世のものとは思えない美しさと艶やかな雰囲気を纏う楊貴妃。その表情は悲しみを帯びており、壮絶な運命を背負っているようにも感じさせます。

玄宗皇帝や中国全土の民から愛され、崇められた美しき王妃に隠された謎。そして空海と白楽天がたどり着いた、歴史に隠された悲しき真実とはいったい何なのか…。

映画情報どっとこむ ralph 空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎
2018年2月24日(土)全国東宝系にて公開!!
http://ku-kai-movie.jp/

主題歌は「君の名は。」でその名を世界に知らしめたRADWIMPSが担当。さらに高橋一生・吉田羊・東出昌大・イッセー尾形・寛一郎などの豪華日本語吹替えキャス陣の参加が発表となり、日々パワーアップし続ける本作に注目が集まります。

物語・・・
1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」――。楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか…?空海と白楽天、二人が辿り着いた真実とは…?海を渡った若き天才僧侶・空海と、中国が生んだ稀代の詩人・白楽天。二人はやがて、歴史に隠された哀しき運命と対峙することとなる―。

***********************************

染谷将太 ホアン・シュアン
チャン・ロンロン/火野正平/松坂慶子
キティ・チャン/チン・ハオ/リウ・ハオラン/チャン・ティエンアイ/オウ・ハオ
チャン・ルーイー/シン・バイチン/リウ・ペイチー

阿部寛

声の出演:高橋一生 吉田羊 東出昌大 イッセー尾形
寛一郎 六角精児 不破万作 金田明夫 六平直政 沢城みゆき 花澤香菜 早見沙織 山寺宏一
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)

主題歌:RADWIMPS「Mountain Top」 (ユニバーサルミュージック/EMI Records)
監督:チェン・カイコー
配給:東宝 KADOKAWA 文化庁助成金(ロゴ)
©2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film


吉川晃司『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』The Last Letterジャケットがカッコいい!


映画情報どっとこむ ralph 今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開。

このたび、昨夜、吉川晃司さんがFNS歌謡祭2017で熱唱されていた、本作のために書き下ろしたエンディングテーマ「The Last Letter」のスペシャルMVと、吉川とマジンガーZの特別イラストが描かれたジャケット写真が解禁となったので御紹介!
映像内の劇中シーンでは、マジンガーZの人形を手に物思いにふける主人公・兜甲児。

対象的に、意を決したような真剣な表情で恋人の弓さやかと会話を交わす甲児の姿のほか、無限の可能性を秘める第三の魔神・インフィニティが、強大なパワーで街を一瞬で焼き尽くす絶望感満ちた場面や、命を懸けて孤軍奮闘する甲児とマジンガーZの様子がうかがえます。

1972年より放送開始されたTVアニメシリーズ当時のアニメーション映像と、45年の時を経てスクリーンで超復活を遂げる本作『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』の映像がエモーショナルに映し出されます。

「マジンガーZを見て、大いに影響されて育った」と語る吉川が「持てる力は全て出しました」と想いを込めて書き下ろした本楽曲を、原作者の永井豪は「ハートに染み入るとても素敵な曲です」と絶賛!



少年時代の吉川も見ていたTVアニメのエンディングで流れていた、おなじみのマジンガーZの“内部構造図”の当時の映像も差し込まれたスペシャルMVは、吉川の至極のパワーバラードとあいまって、どこか哀愁を感じさせ、胸を強く揺さぶります。

映画情報どっとこむ ralph また、12月13日(水)よりiTunes Storeにてプレオーダーがスタート、1月10日(水)より配信開始となる本楽曲のジャケットには、「月刊ヤングマガジン」にて連載されたマジンガーZの外伝漫画「インターバルピース」の作画を手がけた長田馨先生による、吉川とマジンガーZが融合して描かれた特別イラストが公開されている。


◆吉川晃司「The Last Letter」
thelastletterKZ
※ iTunes Store は米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。


勿論、水木一郎さんの「マジンガーZ」もオープニングテーマとして健在です!


映画情報どっとこむ ralph そして、明日15日(金)より本作の「4D」専用の予告編上映が決定!

公開スクリーンの半数以上を、“アトラクション型”映画上映システムとして大人気の「4DX」「MX4D™」「D-BOX」で上映することが決定!

劇中シーンと連動して様々な動きを繰り出す臨場感満載のシート・エフェクトや、「4DX」「MX4D™」では、「風」「水(ミスト)」「香り」「煙」などの特殊効果による極上の没入体験が可能。希代の天才・永井豪が考案した“乗り込み型ロボット”の元祖である「マジンガーZ」に乗り込んで操縦するという念願の「パイルダーオン」体験が、45年の時を経て遂に現実に!スーパーロボット「マジンガーZ」の重厚感溢れる大迫力アクションバトルを存分に堪能できます。

そして、12月15日(金)からは「4DX」「MX4D™」「D-BOX」上映スクリーンにて、本作の「4D」専用の予告編上映が決定しました。

夢の「パイルダーオン」体験
してみませんか!!!!!

永井豪画業50周年プロジェクト
劇場版 マジンガーZ / INFINITY
mazinger-z.jp

物語:・・

魔神の如きその力は、神にも悪魔にもなれる。

かつて世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘルによって滅亡の危機に瀕した人類。しかし“鉄くろがねの城”と呼ばれたスーパーロボット“マジンガーZ”を操る兜甲児とその仲間の活躍により、平和な時を取り戻していた。
そして世紀の戦いから10年―。パイロットを離れ科学者となっていた兜甲児はある日、富士山地中に埋まった超巨大遺跡インフィニティと、そこから現れた謎の生命体リサに遭遇する。そして、時を同じくして謎の復活を遂げたDr.ヘル。彼は無限の可能性を秘めるインフィニティで、かつての野望を完遂しようとしていた。
有史以来最大の危機、絶体絶命の状況の中、伝説のパイロットがマジンガーZと共に再び立ち上がる。

過去記事:マジンガーZジャパンプレミアだゼーット!
http://eigajoho.com/92150


***********************************

森久保祥太郎 茅野愛衣
上坂すみれ 関 俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木 渉 山口勝平 菊池正美
森田順平 島田 敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 朴璐美 藤原啓治 石塚運昇 
石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井 豪 

監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) キャラクターデザイン:飯島弘也 メカニックデザイン:柳瀬敬之 美術監督:氏家 誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹 井野元英二(オレンジ)  
助監督:なかの★陽 川崎弘二 音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会