映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

ミニオンバルーンお披露目式!ガッツさんバナナ愛を語る!


全米でぶっちぎりで初登場No,1を獲得!

ミニオンズ

は、いよいよ日本で7月31日より公開となります。

その公開に先立ち、日本でも大人気の黄色い謎の生物“ミニオン”の最大6mの超巨大バルーンが新宿に登場!巨大ミニオンお披露目式を行いました。

イベントでは、ミニオンが大好きバナナにちなみ、バナナと言えばこの人!ガッツ石松さんが、ミニオンのような格好でバナナを片手に登場!バナナ、そしてミニオンへの愛を存分に語っていただきました。
ミニオンズお披露目イベント_メイン②
『ミニオンズ』 巨大ミニオンお披露目式
日時:7月26日(日) 
登壇者:ガッツ石松
場所:新宿ステーションスクエア

猛暑となったイベント。
オーバーオールにゴーグルというミニオンのような格好でバナナを片手に登場したガッツさんは、あまりの暑さに

ガッツさん:郷ひろみだね、アッチッチ!

とギャグを披露し、会場を盛り上げました。また、手に持ったバナナはまだ食べ頃ではなかったようで、

ガッツさん:このバナナは3日目くらいかな。まだ早いし、ちょっとすっぱいね。バナナを買うときは、シュガースポットという人間のニキビのようなポツポツとした点が皮に現れてきた時が食べ頃です。

昔は、バナナと卵は病人じゃないと食べられなかった。だから風邪をひいたフリをして食べようと思ったんだけど、母ちゃんに嘘ついたことがバレて結局食べられなかったんだよ。

と昔をを振り返りました。

ミニオンズお披露目イベント_メイン①
続けて、映画の公開に向けて、会場には“ミニオン”の最大6mの超巨大バルーンの除幕式にうつり、ガッツさんの合図により本作の主役である、ケビン・スチュアート・ボブ3体の姿が登場!

会場からは「かわいい~」などの声が続々とあがりました。
ガッツさん:こういうデカイ動物が世の中にはいるかもしれないな!38億キロ先にある冥王星とかに。

と感想をのべました。

また、ミニオンたちを通して「夢は、願えばきっと叶う!」というメッセージが込められている本作。ガッツさんの叶えた夢といえば、世界チャンピオンになったことが思い浮かびますが、これから叶えたい新しい夢を問われると「ないですね。」とキッパリ。

その理由として

ガッツさん:「ひとつのことを極めると」までというのは人知れずの苦労というものがある。そういう苦労はもうしたくないんだよな。。

でも、俺は今66歳だけど、昔は66歳ってもっとおじいさんだと思ってた。でも俺は今健康だし、難しいこと考えず、その日その日を思うように楽し生きられればいいよ。

と今後の夢を語りました。

最後に

ガッツさん:前作が全世界でヒットしたということは何かがあるということ。今回もそれに近い何かがあると思う。映画大ヒット!OK牧場!

と映画をPRしました。

ミニオンズ

7月31日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

ミニオンズ_バナナサンプリング①
********************************************************************

『ミニオンズ』新チラシ声の出演(日本語吹替版):天海祐希、バナナマン(設楽統、日村勇紀)、宮野真守、LiSA、藤田彩華、山寺宏一、真田広之(ナレーション)、笑福亭鶴瓶

プロデューサー:クリス・メレダンドリ「怪盗グルー」シリーズ
監督: ピエール・コフィン&カイル・バルダ「怪盗グルーのミニオン危機一発」
原題:Minions/2015/アメリカ/カラー 
配給:東宝東和
(C)2015Universal Studios.


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015 受賞結果発表!!


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、最終日となる本日26日(日)のクロージング・セレモニー(表彰式)にて長編部門、短編部門、アニメーション部門のコンペティション3部門の各賞を発表されました!
IDCF2015_0726表彰式フォトセッション
○長編部門グランプリ キューバ映画『ビヘイビア』
○短編部門グランプリ 『わたしはアーティスト』
○アニメーション部門グランプリ 『夢かもしれない話』

グランプリ受賞者コメント

◎長編部門 最優秀作品賞受賞 『ビヘイビア』 エルネスト・ダラナス・セラーノ監督
IDCF2015_長編グランプリ『ビヘイビア』メイン (c)RTV-COMERCIAL,-Ernesto-Daranas-&-Alejandro-Perez ©RTV COMERCIAL, Ernesto Daranas & Alejandro Perez
この瞬間を分かち合うことができて、非常に嬉しく思います。私は映画で描かれているような環境で育ちました。スタッフ、そして出演した子供たちにかわり、お礼を申し上げたいと思います。子供たちの多くは、演技経験もなく、映画で描かれた通りの人生を送っており、彼らなくしてこの作品は成立することは、ありませんでした。

◎短編部門 最優秀作品賞受賞 『わたしはアーティスト』 藪下雷太監督
わたしはアーティスト
©raita.yabushita
30年間、賞というものに縁がなく、「どうせ俺なんて」という卑屈な根性で作った作品で、こういった賞をもらえたことは本当に嬉しく思っています。この作品を作ったことで色んな人と知りあえたことも嬉しくて、映画を作っていて本当に良かったなと思いました。これを励みにこれからも頑張っていきたい。


◎アニメーション部門 最優秀作品賞受賞 『夢かもしれない話』 朴美玲監督
夢かもしれない話
©2014 Miryan Paku All right Reserved.
とても驚きました。同時に大変嬉しく思っています。本当にありがとうございました。


審査委員長コメント

◎長編部門 国際審査委員長 堀越謙三氏(有限会社ユーロスペース代表/プロデューサー)
長編部門の4つの賞を問題なく選べたのは、この映画祭のクオリティの高さを表していると実感した。ただ日本映画に関しては、この映画祭に限らず全体的にいえることだが非常に個人的なテーマが多く、そういった作品が海外で評価されることは難しい。若い監督たちには、フィクションの物語をもって観客を納得させられる、そんな作品を目指してくれることを期待している。

◎短編部門 審査委員長 桝井省志氏(株式会社アルタミラピクチャーズ代表取締役/映画プロデューサー)
10年くらい前から、これから日本の映画は女性が中心になって作られていくだろうと予想していた。ただこの数年、日本の映画界に女性が増えていない。その中で今回、奨励賞の2作品を女性監督が受賞したことにとても楽しみに思う。私も映画の仕事につくまでは賞に縁がなく、「なんで認められないんだ」と思ってきたが、それがエネルギーになってきたことも間違いない。受賞した監督も、そうでない監督も今後の活躍に期待したい。

◎アニメーション部門 審査委員長 和田敏克氏(アニメーション・演出/東京造形大学特任教授)
この10年でのデジタルの普及により、アニメーションは非常に身近な存在となり、世界の映画祭で色々な作品が上映されるようになった。ノミネート作品はどれもレベルが高く、どの作品が受賞してもおかしくなかった。このSKIPシティ国際Dシネマ映画祭から、世界に向けて次の作品を作ってくれるような作家に期待したい。

長編部門(国際コンペティション) 受賞結果

最優秀作品賞 『ビヘイビア』
主催者賞:賞状、トロフィーの授与
ソニーDシネマアワード:賞金100万円の授与
キューバ
監督:エルネスト・ダラナス・セラーノ

監督賞 『絶え間ない悲しみ』
メキシコ
監督:ホルヘ・ペレス・ソラーノ

脚本賞 『君だってかわいくないよ』
アイルランド
監督:マーク・ヌーナン

SKIPシティアワード 『あした生きるという旅』
日本
監督:内田英恵


短編部門(国内コンペティション) 受賞結果

最優秀作品賞 『わたしはアーティスト』
監督:藪下雷太

奨励賞『オンディーヌの呪い』
監督:甲斐さやか

奨励賞『空っぽの渦』
監督:湯浅典子


アニメーション部門(国内コンペティション) 受賞結果

最優秀作品賞 『夢かもしれない話』
監督:朴美玲

奨励賞『女生徒』
監督:塚原重義

奨励賞『息ができない』
監督:木畠彩矢香

審査員特別賞 『幕』
監督:水尻自子

********************************************************************

  


機動戦士ガンダムシリーズ特集上映決定@第28回東京国際映画祭


TIFF10月22日(木)~31日(土)に開催となります

第28回東京国際映画祭」。

昨年好評を博した特集上映「庵野秀明の世界」に続き、本年のアニメーション企画はロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』の特集上映が決定致しました。

ガンダム史上初の大規模上映となり、一に特化してアニメーション作品を東京国際映画祭で特集することも史上初となります。

劇場版『機動戦士ガンダム』公開からまもなく35年。

『機動戦士ガンダム』 ©創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム』
©創通・サンライズ
ガンダムに影響を受けたと公言するクリエイターが製作する作品はいずれも世界的ヒットを記録。ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』などは記憶に新しく、影響力は世界中に波及しています。

上映作品は、伝説の始まりとなる記念すべき劇場版第一作『機動戦士ガンダム』(総監督:富野由悠季)ほかTVアニメ・劇場公開作品、スクリーン上映されることが極めて稀な短編等数十本を予定。初の大規模上映にふさわしく草創期から最新作までのクリエイターの登壇など、東京国際映画祭でしか実現できないイベントを企画中だそうです。

で、映画祭とは無関係ですが、気になる機動戦士ガンダム関連情報もお知らせ。

◇TVシリーズ最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」10/4より毎週日曜午後5時~MBS/TBS系列全国28局ネットにて放送開始

◇シリーズ最新作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア
10/31より全国15館にてイベント上映(2週間限定)

◆『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』 @森アーツセンターギャラリー
(会期:2015/7/18~2015/9/27)

メカニックデザイナー大河原邦男展 @上野の森美術館
(会期:2015/8/8~2015/9/27)

第 28 回東京国際映画祭 回東京国際映画祭
開催期間: 10 月 22 日(木)~ 10 月 31 日(土)
会場:六本木ヒルズ(港区)他
オフィシャル HP :http://www.tiff.net
併設マーケット: TIFFCOM2015(Japan Content Showcase 2015)
10月 20日(火)~10月 22日(木)

チケット発売 :
10月10日(土)より ticket boardにて発売開始!

********************************************************************



映画『ミニオンズ』豪華舞台挨拶実施8月1日(土)に決定!


バナナを愛する黄色いヤツらの秘密が遂に明かされる!

映画『ミニオンズ』が、7月31日(金)より公開となります。

 吹替えキャストには、天海祐希さん、バナナマン、モデルの藤田彩華ちゃんをはじめ、大人気声優・宮野真守さん、人気急上昇中の注目アーティスト・LiSAさん、真田広之さんなど豪華面々が出演。

ミニオンズ
そして、舞台挨拶実施8月1日(土)に決定。
天海祐希さん・バナナマンさん、宮野真守さん・LiSAさん・藤田彩華ちゃんら豪華キャスト陣の登壇が決定しました!

無事公開を迎えたことへの感想や、収録でのエピソード、キャスト陣も大好きなミニオンたちへの愛などを語る予定です!

映画『ミニオンズ』舞台挨拶
実施日:8月1日(土)
実施場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
実施時間:①8:30の回上映終了後/②11:30の回上映前

登壇者[予定]:天海祐希・バナナマン(設楽統、日村勇紀)、宮野真守・LiSA・藤田彩華
チケット発売:通常料金(ファーストデイ料金)

【VIT】7月27日(月)0:00~(7月26日(日)24:00~)
【劇場窓口】7月27日(月)オープン時~

※チケット購入は↓↓↓↓↓↓でご確認ください。
http://www.tohotheater.jp/theater/043/info/calendar.html

ストーリー
『ミニオンズ』新チラシ人類が誕生する遥か昔、黄色い生物としてミニオンは誕生した。長い年月をかけて進化しながら、絶え間なくその時代の最も強いボスに仕えてきた。Tレックスからナポレオンなどあらゆるボスに仕えてきたが、失敗ばかりで長続きしない。

やがて仕えるボスがいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を見失ってしまう。ミニオン滅亡の危機が迫る中、兄貴肌のケビン、バナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、そして弱虫のボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。極寒の南極からニューヨーク、そして流行の最先端を行くロンドンへ――新たな最強最悪のボスを探しに、ミニオンズの壮大な旅が始まる。

ミニオン誕生
映画『ミニオンズ

7月31日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

********************************************************************

声の出演(日本語吹替版):天海祐希、バナナマン(設楽統、日村勇紀)、宮野真守、LiSA、藤田彩華、山寺宏一、真田広之/笑福亭鶴瓶

プロデューサー:クリス・メレダンドリ「怪盗グルー」シリーズ
監督: ピエール・コフィン&カイル・バルダ「怪盗グルーのミニオン危機一発」
原題:Minions/2015/アメリカ/カラー 
配給:東宝東和
(C)2015Universal Studios.
  


清野菜名、私にとって宝物『東京無国籍少女』初日舞台挨拶


7月25日(土)に初日を迎えた映画「東京無国籍少女」の初日舞台挨拶が行われ、主演の清野菜名さん、そして、彼女をいびる役の田中日奈子さん、吉永アユリさん、花影花音さん、押井守監督が登壇。

先日のトークショーで若い女の子は苦手と語っていた押井監督、今回は若い女性に囲まれての舞台挨拶は如何に・・・

東京無国籍少女初日舞台挨拶
『東京無国籍少女』初日舞台挨拶
日程:7月25日(土)
場所:新宿バルト9
登壇者:清野菜名、田中日奈子、吉永アユリ、花影花音、押井守監督

清野さん:本日はお忙しい中ありがとうございます。今回初めての主演を務めさせていただきました。プレッシャーや不安があったのですが、監督やスタッフさん、キャストの皆さんに本当に支えられて最後まで演じきることが出来たなと思います。
東京無国籍少女_清野2
田中さん:演じた役は私の中では難しい感じだったのですが最後まで演じきることが出来て嬉しく思っています。
東京無国籍少女_田中日奈子
吉永さん:清野さんを苛める役だったんですが、現在現役の女子高生なので高校生らしく演じられたと思います。
東京無国籍少女_吉永アユリ
花影さん:とても楽しく演じることが出来ました。映画観ると私沖縄出身なので、画面に映ると黒いなー実感しました。
東京無国籍少女_花影花音3
押井監督:(盛大な拍手)こうして並んでいると違和感があります。ご覧になった通りの映画です。前半を耐えられればOKです。後半の見せ場に満足していただければと思います。
東京無国籍少女_押井守2
MC:撮影現場に入った印象は?

清野さん:台本の内容が薄くて。監督は現場で足していくからと。不安で不安でしょうがなかったです。
東京無国籍少女_清野3
3JK:不安でした

MC:押井監督の印象は?

花影さん:押井監督は何をお考えになっているか全然わからなかったです。
田中さん:何を求められているのかわかんなくて。不安だったよね。でも優しく演技指導していただきました。
東京無国籍少女初日舞台挨拶2
清野さん:声が小さい。何度も何度も監督と話して演技したので。

押井監督:そんなに小さい?。不安はいい。不安な世界を描いているんで。冗談も受けないしね。

全員:・・・・・気づかなかった。

押井監督:兎に角、エキストラも含めて女の子達がうるさい。楽屋遠ざけてもらいました。


MC:初めてやったことを教えてください。

押井監督:初めてのことをしようと言う企画。暴力は描いてきたけど、刺して血が飛び出るとかは初めてなんです。でもやり始めると止まらなくなることがわかりました。楽しくて。これからもやろうかと。

MC:清野さんは初主演。今までと違ったことは?
清野さん:監督と二人でシーン毎細かいところまで感情とか確認できたのは、今回の立場の特権なのかなと思いました。

MC:アクションシーンの準備が短かったと。
清野さん:3日間。1日目がどれぐらいできるのか。2日目は銃を持ったりの軍事演習。3日目で立ち回りを全部覚える。今までで一番ハードでした。ただ完成を観てみて、自分のことながらカッコいいなと思っちゃいました。

東京無国籍少女_押井守
MC:キャスティングはいかがでしたか?

押井監督:清野でなければできなかった。アクションはできるのはわかってたけど、セリフのない感情をどう表すかは不安だった。でも結果は良かったので。セリフのないお芝居が重要だと思っているので。

で、3人は名前と顔を覚えるのが大変だった。


ここで、押井監督から花束贈呈!
東京無国籍少女初日舞台挨拶花束 そして、清野さんが欲しかったセグウェイも贈呈!
東京無国籍少女_清野セグウェイ
押井監督:初めて主演やる人には多少責任を感じるので。また、やりましょう。

清野さん:私も撮影途中から監督に引き込まれていって、この作品が終わっても、別の作品でご一緒できたらなと思っていたので、これからもよろしくお願いいたします。

この映画は私にとって宝物になりました。皆さんの心にも残る作品になるといいなと思います。今日はありがとうございました。
東京無国籍少女_清野
憂鬱な少女の日々は、衝撃のラスト15分を迎える

「東京無国籍少女」

新宿バルト9ほか絶賛全国ロードショー中!!

公式HP:mukokuseki-movie.com

********************************************************************

東京無国籍少女ポスターとある女子美術高等専門学校。事故で心身に傷を抱えた若き天才アーティストの藍は、彼女を利用しようとする大人達や嫉妬深い同級生達に囲まれ、心休まることのない学園生活を送っていた。他人とうまく交われず、生活事態が戦いとなっている少女の憂鬱な日々は、ラスト15分に衝撃の展開を迎える。

押井守監督は、清野菜名のポテンシャルを確信し主演に起用。園子温監督作品『TOKYO TRIBE』に続き、世界的な監督作品への抜擢となった清野菜名にとって、初の主演作となった。共演には、ミュージシャンでありながら俳優としても大きな注目を集め続ける金子ノブアキ。押井監督自身が、「自分がこれまで設定してきた枠を取り払った」と語る本作は、血まみれの暴力描写、最低限のCGI、ストイックで緊張感に満ちた映像の数々など、過去の実写作とは一線を画す。ぜひ「アニメの専売特許を実写でやった」

監督/押井守 
出演/清野菜名 金子ノブアキ/田中日奈子 吉永アユリ 花影香音/りりィ 本田博太郎 
配給/東映ビデオ 
上映時間/85分
(C)2015東映ビデオ