映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

榎木淳弥、村中知、松浦愛弓ら登壇!『機動戦士ガンダムNT』公開目前イベント


映画情報どっとこむ ralph 宇宙世紀シリーズ最新作にして、大ヒットシリーズ『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガの最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショーされます。富野監督が描いた“ニュータイプ”という概念に対し、果たして本作はどのような答えを見出すのか・・・。

物語は、『機動戦士ガンダムUC』より、一年が経過した、宇宙世紀0097年。世界的な商業ネットワークを構築する華僑の商業集団、ルオ商会が調整し、実戦投入した新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」。果たして彼らの真の目的とは何なのか?

この度、映画の公開に先駆け、「公開目前イベント」が10月16日に東京・Zepp DiverCityにて開催されました。
イベントには、主人公のヨナ・バシュタ役の榎木淳弥、ミシェル・ルオ役の村中知、リタ・ベルナル役の松浦愛弓に加え、音楽を担当する澤野弘之、脚本を担当する福井晴敏、プロデューサーを務める小形尚弘らが出演。『機動戦士ガンダムNT』の本編冒頭23分が最速上映されるほか、キャストによるトークセッション、劇中歌の生演奏も行う豪華3部構成、一夜限りのスペシャルな催しとなりました!


日付:10月16日(火) 
場所:Zepp DiverCity TOKYO 
登壇:榎木淳弥、村中知、松浦愛弓、澤野弘之、mpi、Gemie、Tielle、福井晴敏(脚本)、小形尚弘(プロデューサー) 

映画情報どっとこむ ralph 主人公を演じた榎木さんは、
榎木さん:僕も冒頭映像を一足先に見させてもらいましたが、本当に完成度が高い。音もすごいクオリティだし、ビームが飛んでくるときの音は、鳥肌が立つくらいかっこよくて、素晴らしいな、と思いました。あとはやっぱりガンダムがせまってくるところは男の子としては、燃えざるを得ないですね!アフレコ時も完成した映像が早く見たい、と楽しみにしていたので、それを観られて満足です。早く続き観たいな、という気持ちです。

と、本作の感想を興奮気味に語った。

村中さんは、ポスタービジュアルがネットで“ナラティブ組体操”と話題になったことについて触れ、

村中さん:最初の衝撃がすごくて、(榎木さん・松浦さんは)初めてご一緒する方だったので、『組体操みました?』と話すきっかけにつかいました(笑)先ほど完成した映像を観させていただいて、個人的に、あるシーンの音楽が鳥肌が立つというか…いい意味で、身の毛がよだつというか。闘わねば、という命をかけていく想いを感じてぞわざわっとしたので、戦闘力があがっていく感じがすごく感動しました。こうしてがっつりガンダム作品に携わらせていただくのは今回初めてなので、とってもうれしいです。
と話した。


松浦さん:映像の特に戦闘シーンの光がすごくきれいで、3Dをみているんじゃないか、というくらい映像がきれいだったので、20分があっという間だったな、と思いました。
と、初々しさいっぱいにコメント。

映画情報どっとこむ ralph 福井さん:さっきから皆さんの、『早く続きが観たいです。』という言葉が胸に刺さります・・・。最近は公開日の11月30日の3日くらい前の夢をよく観ます。

と、観客・キャストからの良い反応を受けて、喜びを表現。

今回のお話は2年前に消息不明となっていたRX-0(アールエックスゼロ)ユニコーンガンダム3号機フェネックスが、地球圏に再びその姿を見せ始めたというところからお話が始まっており、“UC Next 0100プロジェクト”に紐づく第一弾ということで、プロデューサーは

小形P:端的にいうと、ガンダムの空白の部分をどんどん作っていこうというプロジェクトで、これはみなさんに劇場でどれだけ観ていただけるかで、次回作が作れるかが決まるので。

とプレッシャーをかけられると、ファンは爆笑。

今回はゲームとも連動していて、いろんな展開を用意しているので、劇場だけではなく、皆さんが四六時中ガンダムに浸っていられる、というプロジェクトになっています。

とユーモアたっぷりにプロジェクトをわかりやすく解説した。

ここで、音楽を担当した澤野さんが登壇し、音楽についてのトークへ。

小形P:宇宙世紀に澤野さんの音楽がかかせないと思っていて。澤野さんの音楽の力が8割、他が2割くらい。

と、澤野さんの作る音楽世界に絶大な信頼を寄せる。


今回は「UC」とテイストを変えてほしいというオーダーだったそうで、

澤野さん:これまでは、テーマを持った曲はオーケストラをつかってというのが多かったのですが、今回のメインテーマはEDM重視でつくってほしいというオーダーだったので、他のオケの曲もシンセサイザーの音を使っていたりします。

と音づくりでのポイントを語った。音楽を聴いた感想について

榎木さん:澤野さんの曲が劇中で流れた瞬間、一気に盛り上がるというか、物語が熱をおびだして…書かかれる曲が全部名曲なんですよね。『UC』も音だけでも泣けます。

と感動しきり。

福井さん:今回物語が、すごくメロドラマな要素があって、いつものようにオーケストラだとしっとりとした感じになってしまうと思ったので、今の楽曲だとすごくちょうどいい塩梅になっていると思います。

と、大満足の様子。


そして今回の主題歌「narrative」を澤野のボーカルプロジェクトの「nZk」とLiSAがコラボすることが解禁に。

小形P:これ以上の組み合わせはないと思っています。」と自信をのぞかせた。LiSAからの動画コメントも到着し、松浦も「LiSAさんの歌声可愛かったです!

と瞳をキラキラさせながら、LiSAが主題歌を担当する喜びを等身大で語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

村中さん:ガンダムは、人間の人生や欲望、夢だったり、生々しさがすごく素敵だなと思っていて、この作品のキャラクターもそれぞれの人生が濃くなっているので、この時代のガンダムの目撃者になっていただければと思います。

と作品の魅力をアピール。

榎木さん:ナラティブ組体操は一見面白い感じに見えますが、実はすごく作品のイメージに沿っているなと思っていて、キャラクターがそれぞれの想いに向かって手を伸ばしていて、見ている方向は違うんですが、そのみんなの想いが絡まり合って一つの物語となっていて、そういった人間ドラマが「NT」では楽しんでいただけたらな、と思います。ぜひ劇場で観て下さい。

と締め、トークパートのイベントは終了。その後、澤野とmpi、 Gemie、Tielleによるライブが披露され、イベントは終了した。

機動戦士ガンダムNT

11月30日(金)全国ロードショー



***********************************

【キャスト】
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓
【スタッフ】
企画・制作:サンライズ
原作:矢立 肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子

キャラクターデザイン:金 世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司/色彩設計:すずきたかこ/CGディレクター:藤江智洋/ディスプレイデザイン:佐山善則
美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
特殊効果ディレクター:谷口久美子/
撮影監督:脇 顯太朗/編集:今井大介/音響監督:木村絵理子/音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹
©創通・サンライズ


佐藤健と高橋一生 名シーンや名セリフを使用した個性溢れる映画『億男』LINEスタンプ発売!


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健と高橋一生の初共演で贈る、お金と友情、家族の在り方を描いた新感覚マネーエンターテインメント作品、映画『億男』(10月19日(金)公開)。

その公開に先駆け、名シーンや名セリフを使用した個性溢れる 映画『億男』のLINEスタンプが発売開始となりました!
映画「億男」の個性溢れる各キャラクターの表現を取り入れつつ、日常的に使いやすい構成となっております。
映画の名シーンと名台詞は御覧頂いた方は勿論のこと、これから映画館を訪れる方々にもご興味持っていただける内容となっております。


■配信情報
LINE クリエイターズスタンプ
「映画『億男』」(32種類 50コイン/120円)
LINEクリエイターズスタンプ販売
URL:
https://line.me/S/sticker/4994602
QR:

映画情報どっとこむ ralph 映画『億男』

■映画公式サイト
http://okuotoko-movie.jp/

■映画公式Twitter
https://twitter.com/okuotoko_movie


ストーリー
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐりに”翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー


***********************************

キャスト:佐藤健 高橋一生
     黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也
原作:川村元気「億男」(文春文庫刊)
監督:大友啓史
脚本:渡部辰城 大友啓史 
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
配給:東宝
公開日:10月19日(金)ロードショー
©2018映画「億男」製作委員会
   


福地桃子 映画初主演作映画『あまのがわ』ティザージュアル、特報映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月25日(木)~11月3日(土・祝)の期間で開催される第31回東京国際映画祭での上映が決定している映画『あまのがわ』より、ティザービジュアルと特報映像が解禁となります。

母と2人で暮らす高校生の史織は、大好きな太鼓を母に反対され、母との意思の疎通もうまくいかず、現実から逃げ出したい毎日を過ごしていた。
次第に心を閉ざしていく史織は、祖母の住む屋久島を訪れる。そこで出会った1台のロボット。会話ができるロボットの名前はセイラ。やがてセイラは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。そしてセイラとの交流によって少しずつ変化し始める史織の心だったが、セイラには史織の知らない“ある秘密”があった。一方、交通事故で体の自由が効かなくなってしまった青年・星空は、生きる目的すらも見失い、自暴自棄な日々を過ごしていた―。心を無くした史織と、身体を無くした星空の心の成長を描く心温まる物語が誕生しました。

史織を演じるのは、卓越した演技力で注目を集める福地桃子。本作が映画初主演作となります。体の自由をなくした青年・星空を演じるのは、「仮面ライダーゴースト」で知られる柳喬之。更に星空の母に杉本彩、史織の母であり人工知能の研究者には生田智子、史織の祖母には水野久美と、ベテラン女優たちが華麗に脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 本作に登場するロボット・OriHime(オリヒメ)は、人と人をつなぐロボットとして、各界からの注目を集めている実在のロボットです。無機質なイメージのロボットに人の温もりが吹き込まれたとき、そこには限りない可能性が見えてきます。




映画『あまのがわ

2019年 2月、全国順次公開

http://amanogawa-movie.com

物語

母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができる
AIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************

出演:福地桃子
柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか
杉本彩、生田智子、水野久美 他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
(c)コスモボックス


松江哲明監督&Amebreak 伊藤雄介が『アンクル・ドリュー』魅力を徹底解説!


映画情報どっとこむ ralph NBA スターとハリウッドコメディスターの共演で話題の青春コメディ映画、 『アンクル・ドリュー』が 11 月 9 日(金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国公開いたします。

監督は、天才マーチングドラマーの成長を綴った快作『ドラムライン』のチャールズ・ストーン三世。バスケ 界×ハリウッドコメディ界のドリームチームが贈る、ド直球青春コメディ映画がいま開幕する!

この度、10 月 16 日(火)、ドキュメンタリー映画監督の松江哲明監督、HIPHOP サイト「Amebreak」編集長 伊藤 雄介、そして MC として音楽ライター 渡辺志保を迎えて『アンクル・ドリュー』公開記念トークショーが行われました。

『アンクル・ドリュー』公開記念トークショー
日時:10 月 16 日(火)
会場:一ツ橋ホール
登壇:松江哲明(映画監督), 伊藤雄介(Amebreak 編集長)、渡辺志保(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph 映画上映前の本作への期待が高まる会場に登壇し た松江監督、伊藤、渡辺の 3 人。

本作を観た感想を

松江監督:自宅でこの映画を観ていたら、3 才の息子 もずっとゲラゲラ笑って見ていましたね。僕がこの映 画を観ていて思ったのは『ブルース・ブラザーズ』。珍 道中感と、凄い人が力を隠して生きていて、それを発揮するというところが似ているなと思いました。

と往年のコメディ映画を彷彿とさせるとのこと。
対して NBA に精通する伊藤さんは

伊藤さん:僕は NBA 選手として主演 カイリー・アービングのことを知っていて、元になっ たCM も観ていました。映画化される話を聞いて『いつ日本で公開されるんだ!』とモヤモヤしていたので、今は嬉しい限りです!

とバスケファンらしい胸の内を明かしました。
累計 1 億再生突破!爆発的人気のペプシ CM が豪華 NBA スター共演できせきの映画化!


新旧 NBA 選手が特殊メイクを施して老人役を演じているという前情報無しで本作を鑑賞して

松江監督:すごい爺さん達だな!と思って観ていて。

と老人役のリアルさに驚きつつも賞賛し、また

松江監督:物語がすごく強 くて。後半になるにつれて”お爺ちゃん達がプレーで引っ張る”という見せ場だけでなく、芝居の面でもすごく 良いセリフを言ってるんですよね。イーストウッド監督の『グラン・トリノ』のような、色んな人生経験を積ん だ人が、若者と世代間のコミュニケーションを作っていくというか・・・・

とバスケスキルだけでなく、ストーリーの深みについても語りました。

本作の見どころを

伊藤さん:メインキャストが現役、そして歴史に残る名選手揃いなので、プレーがガチなところにまずは圧倒される。

と指摘する伊藤さんは、カイリーのバスケ選手としての魅力を

伊藤さん:まだ 20 代の若い選手なんですけ ど、僕がNBA を観てきたなかで史上最高にドリブルが上手いんです。レイアップっていうシュートがあって、 スラムダンクでいうと”庶民シュート”ですね、これも多分史上最高に上手い。もの凄い特殊技能を持っている 華がある選手。

と分析。

他の元 NBA 選手についても

伊藤さん:レジー・ミラーは歴史に残るシューターで、3 ポイント シュートがめっちゃ入ることと勝負強いのが有名。シャキール・オニールはガタイの大きさを生かした、勢いで グイグイ押すようなプレイスタイル。2 人とも映画の中でも同じでしたね。

と実際のプレイスタイルと劇中のプ レイスタイルがリンクする映画の設定を解説し、

伊藤さん:シュートフォームが現役時代と完全に同じでしたね。

とバスケ好きには堪らない注目ポイントを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松江監督:”お爺ちゃんがバスケをして凄い!”っていうこの映画の仕掛けは、キャストとポスター を見た地点で観客にすり込まれていて、もちろんその期待に対してこの映画は応えています。ただ、他にもベー スとなる物語をすごく作り込んでいて、元ネタのCM を見たことない、バスケを詳しくないという人も確実に これは面白いと感じると思います。

と本作に太鼓判を押し、トークイベントは大盛り上がりのなか終了しま した。


アンクル・ドリュー
原題:UNCLE DREW

公式サイト:
http://uncledrew.jp

Twitter:
https://twitter.com/uncledrew_jp


物語・・・
マイケル・ジョーダンに憧れバスケットボールを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)は、 あるトラウマから選手の夢を諦め、現在はストリートバスケチームのコーチをし、大会での優勝を目指してい た。しかし、ある日突然、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中ダックスは、伝 説の選手だったお爺さん・アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人はかつての仲間を集 め、伝説のチームを復活させ、バスケの聖地”ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。果たして ダックスの夢はかなうの!?そして、ドリューたちはかつての輝きを取り戻すことができるのか!?

***********************************

監督:チャールズ・ストーン三世 「ドラムライン」

出演:カイリー・アービング、シャキール・オニール、レジー・ミラー、リルレル・ハウリー「ゲット・アウト」、ティファニー・ハディッシュ「Girls Trip(原 題)」

配給・宣伝:REGENTS
2018/アメリカ/英語/103 分/ドルビーサラウンド/カラー/アメリカンビスタ/

Motion Picture Artwork © 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


バカリズムが北山宏光(Kis-My-Ft2) を猫に!『トラさん~僕が猫になったワケ~』追加キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 2014年より集英社『月刊YOU』に連載され現在も復活連載中、ある日突然、死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽皆/集英社マーガレットコミックス刊)が実写映画化を果たします。

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~

で、主人公の売れないマンガ家・高畑スズオを演じるのは、今回映画初主演となるKis-My-Ft2の北山宏光。妻と娘への愛は誰にも負けないけれど、新作も浮かばず、ギャンブルに溺れるダメ夫だけど、どこか

バカリズムが北山宏光を猫にする!!

憎めないスズオと、猫のトラさんという難しい“二役”を担い、スクリーンデビューを鮮やかかつチャーミングに飾ります。

妻・ナツコには、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍し、独特の存在感を確立した女優・多部未華子。娘・ミユには、天性の演技力で注目を浴びる子役・平澤 宏々路。

大切な人と過ごせる毎日こそが、この世で一番の奇跡だと心に刻む感動の物語が誕生しました。

誰も見たことのない愛のカタチを描きます。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の追加キャストが解禁となりました。

突然の交通事故で死んでしまったスズオが向かったあの世の関所の裁判長役に、芸人として活動するかたわら、脚本家や役者、ナレーターとしても才能を発揮、その活躍がとどまることを知らないバカリズム。家族を顧みず、自分勝手に生きてきたスズオ(北山)を“猫”として家族の元へ戻し、これまでの人生を挽回するよう課題を与える、重要な役どころを担います。


続いて、猫の“トラさん”になったスズオの良き理解者であり、アドバイスを与えるお嬢様猫・ホワイテスト役には、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」など話題作への出演が相次ぐ飯豊まりえ。北山のトラさんとはまた違った、キュートな猫姿を披露します。

スズオの同期でいまや超売れっ子のカリスマ漫画家・浦上栄剛役には、俳優として独自の存在感を放つ要 潤。多趣味な浦上のキャラクターを演じるにあたり、劇中では瓦割やチェンバロ演奏に挑戦、本作で新たな魅力を見せています。

さらにスズオの担当編集者・桜木亜子役は、富山えり子が演じ、北山演じるスズオと独特でコミカルなかけ合いを繰り広げます。『トラさん』の世界を創る最高のキャストが集結しました。

映画情報どっとこむ ralph 高畑家に突然訪れる悲劇、そして、その先にある信じられない奇跡。北山は“トラさん”―猫になって、愛する家族に何ができるのかー2019年最高の感動作が誕生しました。

北山宏光初主演作『トラさん~僕が猫になったワケ~

は、2019年2月15日(金)より全国ロードショーです。

公式サイト:
torasan-movie.jp


物語・・・
売れないマンガ家の高畑スズオは、妻・ナツコがパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。
そんなスズオのダメ夫っぷりに“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」トラ猫の姿でナツコとミユのもとに戻ったスズオは、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。
愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=スズオだが、猫だから言葉さえ通じない。
スズオは、家族に何ができるのか。どうやって人生を挽回するのか。

***********************************

出演 北山宏光、多部未華子、平澤宏々路
飯豊まりえ 富山えり子 要潤 バカリズム
原作:原作「トラさん」板羽皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧昌也
脚本:大野敏哉
音楽:渡邊崇
配給:ショウゲート

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会