映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

スタジオポノック最新作『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』 3作品のえほん、文庫本が発売へ!


映画情報どっとこむ ralph スタジオポノックが、短編アニメーションの制作レーベルとして「ポノック短編劇場」を新設し、その第一弾となる『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月 24日(金)に全国公開となります。 “子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という志からスタートした本プロジェクト。“ちいさなものの中にこ そ大事なものが込められている”3つの奇跡の物語が誕生します。

スタジオポノック最新作『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』 3作品の「ポノックのえほん」、文庫本が発売!

8月24日(金)の全国公開を記念して、株式会社KADOKAWAより、『カニーニとカニーノ』、『サムライエッグ』、『透明人間』そ れぞれの作品を絵本化した「ポノックのえほん」シリーズ(各本体1000円+税 8月29日発売)と、

角川つばさ文庫より、3作品を1冊にまとめた文庫本(本体680円+税 8月24日発売)を発売!

3作品すべてがオリジナルストーリーで構成していて、映画の世界を忠実に再現し、映画とは違った楽しみ方で、いつまでも子ど もたちの心に寄り添い、背中をそっと押すような素敵な絵本・文庫本が出来上がりました。

映画情報どっとこむ ralph そして!
映画:ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

8/24(金)より全国ロードショー

「カニーニとカニーノ」
監督:米林宏昌/音楽:村松崇継/声の出演:木村文乃 鈴木梨央

「サムライエッグ」
監督:百瀬義行/音楽:島田昌典/声の出演:尾野真千子 篠原湊大 坂口健太郎

「透明人間」
監督:山下明彦/音楽:中田ヤスタカ/声の出演:オダギリジョー 田中泯

***********************************


ファーストバリカンは齋藤飛鳥!山田裕貴が坊主になった瞬間メイキング映像到着!『あの君』


映画情報どっとこむ ralph 台湾で200万人を動員空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』を、舞台を日本に移し、主演に山田裕貴さん、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥さん、さらには松本穂香さん、佐久本宝さん、國島直希さん、中田圭祐さん、遊佐亮介さんといった旬の若手俳優たちにより現代の物語として新た生まれ変わった『あの頃、君を追いかけた』の公開は10月5日(金)となります。

そして!

山田裕貴が役作りのために“坊主になった瞬間”のメイキングが解禁!!!

記念すべき“ファーストバリカン”は、齋藤飛鳥さんが行い、その後、松本穂香、中田圭祐、國島直希、佐久本宝、遊佐亮介と続き、キャスト達の協力もあり無事に、高校球児のような“山田裕貴さんの坊主”が完成!!!



山田さんは、坊主に挑戦した理由について、
山田さん:作品の中で重要な部分だなって思ってて、じゃあ、坊主やっちゃいますかって言って本当にやりました。髪を刈って“気持ちよ、伝われ”なんて簡単に思ってる訳じゃないですが、少しでもいい作品になればとそういう想いです。

と本作にかける熱い意気込みを語っています。
映画情報どっとこむ ralph オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として鮮やかに生まれ変わった珠玉のラブストーリー

あの頃、君を追いかけた

は10月5日(金)より全国にて公開です。


物語・・・
10年前。
水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていた。浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命するまでは。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める浩介。彼と仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく・・・。
誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。多感な十代を送ったすべての人に捧げる、可笑しくて切ない、恋の記憶の物語。


過去記事:
台湾も注目!山田裕貴、齋藤飛鳥 台湾で記者会見『あの頃、君を追いかけた』
http://eigajoho.com/87701



***********************************



アンディ・サーキス監督の雄姿に迫る特別映像解禁!『ブレス しあわせの呼吸』


映画情報どっとこむ ralph 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自身の両親の奇跡のような実話を映画化した感動作『ブレス しあわせの呼吸』が、9月7日(金)より角川シネマ有楽町他全国公開となります。

本作で念願の長編監督デビューを果たしたアンディ・サーキスにフィーチャーした特別映像が解禁となります!
主人公ロビンは、一度は絶望へと突き落とされるが、型破りな発想と持ち前のユーモアで、病を得てもアクティブに生きていくために運命を“改良”しつづける先駆者となっていく様子を描いていく本作で、脚本を読んで泣きはらしたというサーキスは、本作の魅力について「激しく心を揺さぶられたよ。“切り開く”ことの意義も描いていると思う。誰も実現させていないことに挑んだんだ」と分析。

さらに、「ロビンが自分で人生を選んでいく。“人生に飛び込んでいく”物語にね」と語る。サーキスは、本作製作にあたりドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』に大きなインスピレーションを受けていたといい、「この主人公には支えてくれる仲間たちがいた。僕はこの映画を“変わり者たちが自分の人生を生きていくために、奇想天外な方法で自分を表現し、偉業を達成した話”という見方をしたんだ」と、まさに本作の重要なテーマにも通じる考え方を披露。



『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役や新『猿の惑星』シリーズのシーザーなどモーションキャプチャー俳優という印象が強いサーキスが初監督作として選ぶには、本作は意外な題材ともいえる人間ドラマ。サーキスは本作以降も「モーグリー(原題)」、製作が発表されたばかりの実写版「動物農場」など監督として活躍の場を広げている。俳優のキャリアにも通じるこうした作品とは対照的な本作を、“個人的な想い”から監督することを切望したという。ザ・イマジナリウム(サーキスとジョナサンが共同で立ち上げた製作会社)での活動を通じて演出者としての力量を見抜いていたジョナサンは、本作の監督を務めたいと直訴してきたサーキスに、“自分の物語”を託すことにしたのだ。

この映像ではサーキスの演出中の“雄姿”も捉え、真剣な表情でモニターを覗く姿や大勢のエキストラに対して場の盛り上げ方を自ら披露してみせる様子など、映画本編では決してみられない貴重な姿にも注目したい。

ロビンを熱演したアンドリュー・ガーフィールドは、サーキスの人物像を「アンディはエネルギッシュでとても陽気で常に人生を楽しもうとしている」、愛の力でロビンを力強く支えていくダイアナを体現したクレア・フォイは「エネルギッシュで最高の監督よ。“一息いれてくるよ”なんて一度もなかったわ」など、監督としての魅力についてそれぞれ称賛の言葉を寄せている。

映画情報どっとこむ ralph ブレス しあわせの呼吸

2018年9/7(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー
公式HP:
http://breath-movie.jp


物語・・・
運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。彼女の決断は、ロビンの運命を大きく変えていく。

***********************************

監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン
プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ

出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル

2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分/字幕翻訳:松浦美奈

配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
   


岡田准一×中島哲也監督『来る』特報映像が遂に“来た”!


映画情報どっとこむ ralph 『嫌われ松子の一生』や『告白』、『渇き。』で人間の闇をエンターテインメントに昇華させてきた鬼才・中島哲也。

2010年に公開された『告白』では異例の大ヒットを記録。日本アカデミー賞の最優秀監督賞、最優秀脚本賞、そして最優秀作品賞と3部門を制し、大きな話題となりました。

そして、2018年12月7日、中島監督の最新作は『来る』。

本作の主演を託されたのは、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となった岡田准一さん。
中島監督とのタッグは、本作が初。この撮影のために髭を伸ばした岡田さんが新鮮。

共演者には、黒木華さん、小松菜奈さん、松たか子さん、妻夫木聡さんら、日本アカデミー賞常連の主役級キャストが集結。

この名優たちと鬼才のタッグに、果たしてどんな作品が“来る”のか!!

映画情報どっとこむ ralph そして!この度、スタイリッシュに怖い特報映像が解禁!

本作全篇に漂う怪しい雰囲気をそのままに、中島哲也らしいスタイリッシュな映像美を感じられる、“最恐エンターテイメント”と呼ぶに相応しい衝撃的な内容。

扉の向こうから迫りくる“なにか”の気配を感じつつ、何かに恐怖し、何かに笑い、何かに怒り、何かに泣き叫ぶ、超豪華キャスト陣の鬼気迫る表情も必見です!

…その扉が開いたとき、野崎(岡田准一)が見るものとは!? 


映画情報どっとこむ ralph 2018年12月7日に『来る』。

公式サイト:
http://kuru-movie.jp/

映画公式サイトURL:
http://kuru-movie.jp/


物語・・・
愛する妻・かな香奈(くろき黒木はる華)と結婚式を終え、幸せな未来に胸を膨らますたはら田原ひでき秀樹(つまぶ妻夫き木さとし聡)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる―。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ二人しか知らないはずの名がなぜ―。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる―。
2年の月日が流れ、「イクメンパパ」として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす…。
“何かに狙われているのでは?”と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターののざき野崎(おかだ岡田じゅんいち准一)と、その恋人で強い霊感を持つま真こと琴(こまつなな小松菜奈)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。
 そしてついに “それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・ことこ琴子(まつ松たかこ子)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者達が次々に集結してくる。
そして、クリスマスの夜。遂に“それ”との戦いが幕を開けるー。

***********************************

監督・脚本:中島哲也
出演: 岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュール:2018年2月上旬~5月上旬
製作プロダクション:東宝映画 ギークサイト
配給: 東宝
©2018「来る」製作委員会

原作:「ぼぎわんが、来る」(2015年10月30日 初版発行 2月24日文庫発売)
◆著者:澤村伊智(角川ホラー文庫刊)2015年「第22回日本ホラー大賞」獲得


人気声優・畠中祐のボイスをプレゼント!「未来のミライ展」x「アイコトバ」とコラボ!


映画情報どっとこむ ralph 7月20日に公開となり、今も幅広い観客層を取り込み大ヒット公開中の細田守監督最新作『未来のミライ』。

そして、 “未来のミライ展~時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』”が東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて9月17日(月・祝)まで大好評開催中!

細田監督が描いた『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などを通じて立体的なイベントで再現。

直筆の絵コンテや原画、背景美術などを通して、監督の演出の特徴やこだわり、映画の見どころをたっぷりと展示。さらに劇中に登場する建築家・谷尻誠氏による「くんちゃんの家」の一部再現エリアや監督が熱望した“実際に座れる”黒い新幹線内の骸骨シート、『時をかける少女』から『バケモノの子』といった過去作品も含めた登場キャラクターやキーアイテムを等身大フィギュアや立体模型物など、細田監督の世界観を余すことなく堪能できる展示会となっております!

映画情報どっとこむ ralph そんな大好評を博している本展がスマートフォンアプリ「アイコトバ」とコラボした割引&プレゼントキャンペーンを本日より実施!

合言葉となるキーワードを音声入力することで、クーポンを取得することができる「アイコトバ」アプリで【「未来で待ってる」、「よろしくお願いしまぁぁす!」】といった細田監督作品でお馴染みのセリフを吹きこむと、本展の当日券100円割引クーポンをプレゼント!

さらに、映画『未来のミライ』本編中に登場する「男子高校生がイケメンすぎる!!」とSNSで話題となる等、様々な作品で活躍する人気声優・畠中祐さんのボイスをプレゼント!

劇中のセリフはもちろん、「おはよう。夏の思い出つくりに、でかけようぜ!」、「来てくれて、ありがとうな!ほんと、うれしいよ」など今回のコラボでしか聞くことができない貴重な限定オリジナルボイスも!!ファンにはたまらないコラボキャンペーンとなっております!


また、畠中祐は映画『未来のミライ』をはじめ、過去作の魅力も凝縮された未来のミライ展会場をくまなく見学。各パートが代わっていくごとに次々と出てくる展示物に釘付けになり、終始、興奮を隠せない様子でした!本編ではじっくり見ることができない“黒い新幹線”の細やかな設定資料、実際に座れる骸骨シート、ミライちゃんの等身大フィギュアに惹かれており、細田監督の世界観を展示でも堪能していました。畠中の展示会場見学の様子は本日より「WebNewtype」9月10日(月)発売の「Newtype」にてたっぷりと掲載されますので、ご期待ください!

畠中祐さんからのコメント
こんなに細かい設定があったとは知らなかったので、いろいろと新たな発見ができました!実は映画を観た直後に「未来のミライ展」に見学にきましたが、また映画を観たくなっちゃいました!細田監督の過去作品との繋がりも感じられて、細田監督ワールドにどこまでもどっぷりと浸かりたくなりますね。“黒い新幹線”の座席は、見た目通り、座り心地…ちょっと悪かったですかね!?(笑) 【WebNewtypeテキストより引用】

本編では描き切れなかった細部のこだわりや魅力が新たに発見できる本展に、引き続きご注目ください!!

映画情報どっとこむ ralph 「アイコトバ」コラボキャンペーン詳細

「アイコトバ」アプリをダウンロード後、キーワードとなる細田監督作品のセリフを叫ぶと「未来のミライ展」当日券100円割引クーポン”と“畠中祐のボイス”(劇中セリフ&限定オリジナルボイス)をプレゼント!

※実施期間により、キーワードのセリフとプレゼントボイスが変更となります。

【実施期間】8月14日(火)0時 ~ 9月17日(月祝)正午
●8月14日(火)~ 8月31日(金)
★キーワード:「未来で待ってる」

●9月 1日(土)~ 9月17日(月・祝)
★キーワード:「よろしくお願いしまぁぁぁす!」

【プレゼント①:当日券チケット100円割引クーポン】
アプリ上にて表示される100円割引クーポンを当日券販売窓口に提示すると、
大人(大学生以上)1700円→1600円、小人(高校生以下)900円→800円 にて当日券チケットを購入いただけます。
※親子ペア券には使用不可。 ※1クーポンにつき、1人のみ対象。
※前売券購入のお客様への100円返金はいたしません。

【プレゼント②:畠中祐・劇中セリフ&限定オリジナルボイスプレゼント】
映画『未来のミライ』本編内で畠中祐が演じる、“男子高校生”の一部セリフと、本キャンペーンのために新規収録された貴重な限定オリジナルボイスを、アプリ上にてストリーミングで聞くことができます。
※「アイコトバ」キーワード音声入力後に100円割引クーポンと同時に聞くことができます。


さらに・・・
本展の当日券販売窓口にて割引クーポン提示し、当日券を購入して頂いた方には、その場で別バージョンのレアボイスを聞くことができます!!

東京ドームシティ Gallery AaMoにて9月17日(月・祝)まで

過去記事:
細田守監督x超特急 登場!『未来のミライ展』オープニングの模様はこちら


***********************************