映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ドラゴンクエストの日に新情報続々解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

そして本日5月27日は、1986年5月27日にすべての始まりとなるゲーム1作目「ドラゴンクエスト」が発売された日ということから“ドラゴンクエストの日”として日本記念日協会に認定されている輝かしい記念日! そんなおめでたい日に『ドラゴンクエスト  ユア・ストーリー』も最新情報を一気に3つ解禁いたします!

映画情報どっとこむ ralph 1つ目は、佐藤健(リュカ)・有村架純(ビアンカ)・波瑠(フローラ)・山田孝之(パパス)から最新コメントが到着!

今作は全キャストプレスコ形式(先に台詞を収録しておいて、その声に併せて口の形やキャラクターの表情などを作画する方法)での録音となっており、2年前に全くアニメーションができていない状態で声を当てました。そしてこの度、できあがってきたアニメーションに合わせて追加のアフレコを敢行! 初めて3DCGのキャラクターの映像を観た、アフレコ直後のキャストそれぞれのアツい想いを語ってもらいました!


【リュカ】
行方不明の母を探すため、父・パパスと共に冒険へ出る。そこで出会った王子・ヘンリーと共に魔物たちに捕まり、奴隷として連れ攫われてしまう。10年後、再び母を探す冒険へと出発する。冒険先のサラボナで、幼き頃に共に冒険をしたビアンカ、同じく幼馴染みで大富豪の娘であるフローラと出会う。
【佐藤健コメント】
①2年ぶりにリュカを演じてみた感想は?
アフレコは難しいので苦労しましたが、直前にラッシュ映像を観せていただいて臨めたのでやりやすかったです。何より作品が本当に素晴らしいので、楽しく出来ました。2年前にプレスコした時にはリュカというキャラクターを掴むまでに時間がかかりましたが、今回は自分の中にまだリュカが残っていたので割とスムーズに出来たと思います。
②リュカを演じる上で意識したことはありますか?
原案となった『ドラゴンクエストⅤ』の良いところは、時間が流れていくところだと思うんです。リュカの人生を長い時間をかけて描いている作品なので、リュカの成長がこの映画の中で見せられたらいいなという思いがありました。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
ゲームの醍醐味の一つである、どちらを花嫁に選ぶのかという部分を、「こう来たか!」という描き方をしているので是非注目して観て頂きたいです。映画を観て、また“花嫁論争”が繰り広げられる予感がしています。


【ビアンカ】
幼き頃にリュカと共に幽霊城での冒険を体験。その後も冒険を続けている快活な女性。成長し再びリュカと出会い、サラボナの平和を脅かす魔物を倒すため共闘することに。
【有村架純コメント】
2年ぶりにビアンカを演じてみた感想は?
とても緊張しました。台本を読み返してみて、どんな声だったか覚えているかな?と思いながら現場に来ましたが、やはりなかなかビアンカの感じを掴むのに時間がかかりました。けれどアフレコしていくうちにどんどん戻ってきました。プレスコした頃は絵がなかったので、絵と合わさった物を観てみると、「もう少しこうした方が良かったかな?」と思う部分もあったので、もう一度声を入れさせてもらったりもして、プラスアルファで必要なものを付けていけたかなと思っています。
②ビアンカを演じる上で意識したことはありますか?
ビアンカは、リュカの一歩先に行って手を引っ張っているような印象を受けたので、そこを意識して演じました。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
実際に出来上がった絵を観ると、物凄く迫力があって、壮大なアニメーションになっているので、アフレコしている時にモニターを観ているだけでこちらも息が上がるような感覚がありました。早く劇場で完成した作品を観たいです。

【フローラ】
サラボナの大富豪の娘で町中の男性の憧れである美しく聡明な女性。サラボナを脅かしている魔物を倒した男との結婚を父親であるルドマンに勝手に決められてしまう。
【波瑠コメント】
①2年ぶりにフローラを演じてみた感想は?
2年前にプレスコした時には絵がなかったのですが、映像が出来上がった物を見せていただき、自分が演じたシーンを全部録り直させてもらいたいという気持ちがあります(笑)。
フローラを演じる上で意識したことはありますか?
フローラは可憐な女性で、その中で溌剌とした部分と品の良い部分の両立が改めて難しいなと思いました。改めてアフレコしてみて思ったことは色々とあるんですけど、普段演じているお仕事以上に、こういう作品だと自分の声というのは本当にごく一部なんだなと思いました。キャラクターの表情や感情に出来る限り沿いたいと思いましたが、やはり難しかったですね。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
出来上がった絵を観て、本当に凄いと思いました。凄く繊細ですし、迫力もあって、スクリーンで観るのが凄く楽しみです。


【パパス】
行方不明となった妻・マーサを探すため、リュカとともに旅に出る。息子であるリュカへの愛情はとても深く、剣の腕も一流。ヘンリーを攫ったゲマの卑怯な策略によりリュカの目の前で魔物に囚われてしまう……。
【山田孝之コメント】
①2年ぶりにパパスを演じてみた感想は?
僕の中でも幼少期に思い描いていた“パパス像”というものがありまして、凄く渋くて大人だと思っていたので、そう考えると自分はまだまだ未熟なんじゃないか、自分に出来るのだろうかと思いました。
②パパスを演じる上で意識したことはありますか?
自分が子供の頃に実際にゲームをプレイしていた時、パパスのラストシーンが凄く悲しかったです。なので、最初にパパス役と聞いた時は嬉しかったのですが、偉大で、強くて、とても頼りがいのあるお父さんが自分の目の前でいなくなってしまう、その感動を与えなくてはいけないということと、ここから物語が一気に加速していくのでプレッシャーが大きかったです。
③実際に映像を観た感想、見どころを教えてください。
出来上がった映像を観ましたが、完成度が高く、とても綺麗です。劇場で観るのが今から楽しみです。



映画情報どっとこむ ralph 2つ目はリュカ・ビアンカ・フローラ・パパスの最新場面カットを解禁!
リュカと久々に再開するビアンカとフローラ、小さなリュカを抱きしめるパパスなど、主人公リュカを取り巻く3人が、映画ではどう物語に関わってくるのかご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 3つ目は本作のワールドプレミアが7月16日(火)にTOHOシネマズ六本木にて行われることが決定!豪華キャスト・スタッフが登壇予定!こちらは6月下旬より応募受付を開始予定となります。

また同日に全国のTOHOシネマズにてワールドプレミア舞台挨拶のイベント中継付き一斉試写会の開催も決定!詳細は全国のTOHOシネマズにて5月31日(金)より展開される告知ポスター・チラシをご確認ください。さらに5月31日(金)からは全国の映画館(一部劇場をのぞく)にて映画の前売券も発売開始となります!

詳細は公式HPをご確認ください。


この夏、一番の期待作!

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

公式HP :
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE


***********************************

原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キ ャ ス ト :佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


インドのカラフルな情景を撮りたかった!『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』メイキング映像


映画情報どっとこむ ralph 東北新社 STAR CHANNEL MOVIES配給の『クローゼットに閉じこめられた僕の 奇想天外な旅』が、6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となります。
クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅 この度インドでの撮影風景を収めたメイキング映像が解禁となりました。

このたび解禁となったのは主人公アジャの故郷インドでの撮影風景を映したもの。

「とても難しい撮影だったよ」 本作でメガホンを執ったケン・スコット監督は撮影を振り返る。

撮影はまず、ムンバイの海沿いに位置するウォルリという漁村で、色鮮やかな路地を舞台に主人公が成長していく姿を 撮る事から始まった。主人公アジャの母親シリンは、2000人以上の従 業員を抱えるドービー・ガートというホテルリネンの屋外洗濯場で働い ている設定。撮影はうだるような暑さの中、現地のインドチームがヨー ロッパチームをリードしながら進められた。

「音響に関して、助監督のドミニクはすごく苦労したはずだよ。インドではどこに行っても騒音があ るからね」

と撮影監督のヴァンサン・マチアスはロケ撮影での苦労につ いて話す。 活気溢れるムンバイの街では人々で賑わう声や至る所で陽気な音楽が鳴り響き、セリフ一 つ録ることも難しかったようだ。

「インドの撮影ではカラフルな情景が撮りたかった。だから色とりどりの街角を選んだし、コスチュームや小道具もね。とにかく色鮮やかになるように 努めたよ。僕たちにとって インドは色彩豊かな国だからね」

インドならではの鮮やかな色彩 を存分に生かした画作りは独自の文化をより感じさせ、本作を形作る重要な役を担っている。



映画情報どっとこむ ralph 『クローゼットに閉じこめられた僕の 奇想天外な旅』
原題:The Extraordinary Journey of the Fakir

6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開


公式サイト:CLOTABI-MOVIE.JP


インドの貧困地域で育った青年アジャは、母の死をきっかけに1枚の偽札を手に憧れのインテリアショップがあるパ リへやってきた。閉店後、店内のクローゼットで一晩を明かすことを決めたアジャだったが、信じられないことにク ローゼットがトラックで搬出されてしまう!!!知らぬうちに奇想天外な旅へと巻き込まれたアジャの運命やいか に・・・!?世界を知らない青年が、ハプニング連続の世界旅行を続けるなかで様々な出会いを通じて成長していく本 作は、30ヶ国以上の出版社に翻訳権が販売されたフランスの人気小説。

フランスとインド、ベルギーの共同制作に よって映画化された本作の監督はケン・スコットが務め、世界各国を飛び回り撮影が行われた。主人公アジャ役にはインド映画界のスターで、かのラジニカーントの娘婿としても知られるダヌーシュが抜擢。アジャが旅で出会う人々にベ レニス・ベジョ、エリン・モリアーティ、バーカッド・アブディ、ジェラール・ジュニョなどの実力派俳優らが世界15か国 から集結し、観る人を世界の旅へといざなうとびきりハッピーな物語が完成した!

STORY
インドからパリへやってきた青年アジャは、憧れのインテリアショップでひょんなことからクローゼットに閉じ込められ、世界中を旅することに!?イギリス、スペイン、イタリア、リビア・・・国籍や人種を超えた出会いを経て、アジャが見つけた大切なものとは?

映画情報どっとこむ ralph <STAR CHANNEL MOVIESとは>
“STAR CHANNEL MOVIES”は、“映画館でもTVでもスターチャンネルが 厳選した良作を”をコンセプトに、映画エンターテインメントサービスの「BS10スターチャンネル」が、映画本来の魅力が 詰まった良質の作品を、世界中から厳選してお届けするラインナップです。

***********************************


原作:ロマン・プエルトラス「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」(小学館文庫/吉田恒雄 訳)
監督:ケン・スコット(『人生、ブラボー!』)
出演者:ダヌーシュ、ベレニス・ベジョ(『アーティスト』)、エリン・モリアーティ(『はじまりへの旅』)、 バーカッド・アブディ(『キャプテン・フィリップス』)、ジェラール・ジュニョ(『バティニョールおじさん』)

上映時間:96分/サイズ:シネスコ
言語:英語 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© 2018 Copyright BRIO FILMS – SCOPE PICTURES – LITTLE RED CAR – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – SONY PICTURES ENTERTAINMENT FRANCE All rights reserved. Brio Films @Sébastien Bossi


コムアイ参加決定!『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート


映画情報どっとこむ ralph 本日は、去る 4 月にインドネシアで行われた「『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート」の音楽製作の 現場から、森永泰弘の2週間超のリサーチに合流したコムアイを交えてのフィールドレコーディングの様子をご報告す るとともに、来る 7 月公演の舞台出演が決定したインドネシアからの来日アーティストをご紹介します。 森永のネットワークを駆使し発掘・抜擢した 4 人の若手ミュージシャンによる多種多彩な民族楽器の調べ、舞台・映画 俳優として国際的な活躍が著しいグナワン・マリヤントによるマントラ/詩の朗読、そして、映画のみならず本邦初の 舞台演出を手がけるガリン・ヌグロホが選出した 3 名の映画『サタンジャワ』メインキャストがスクリーンから飛び出 し、歌唱と舞踊で彩りを添えます!
サタンジャワ 誰もまだ耳にしていない『サタンジャワ』立体音響コンサートの音楽を想像して いただくヒントになると思います。 1920 年代が舞台のこの映画は、サタンが登場する神秘的物語であり、インドネシアの舞台芸術を思わせる世界。上映 当日のホールでは、目の前で演奏されるインドネシアの伝統楽器と西洋の弦楽アンサンブルの演奏が、コムアイのボー カルとともに、最先端の音響技術により再生された音と融合し、立体化し、観客を包みこんでいきます。

映画情報どっとこむ ralph ■インドネシア フィールドレコーディング レポート

森永曰く「ガリン・ヌグロホとは長年の友人関係であり、僕が東南アジアの調査に行く際の教示者でもある。彼が長 年耕したフィールドの地に僕は幾度も足を運び、現地の音楽家やアーティストとの交流を支えてもらった」。本プロ ジェクトにあたり、森永泰弘が 10 年に渡ってインドネシアで築き上げたネットワークを駆使し、多方面にリサー チ。「群島国家の日本とインドネシアの異文化の繋がりを<今>の視点から問い直すアプローチを』との思いから、 ジャワ島西部に位置するジャカルタ・バンドゥンから、ジャワ島中部のジョグジャカルタ、そして東ジャワの端に位 置しバリの文化とも深く関わりのあるバニュワンギ、およびスラウェシ島へと足を運びました。 ジャカルタから南下、バンドゥンからは Tarawangsawelas(タラワンサウェラス)名のデュオで台頭を表しつつあ る若手演奏家のテグー・プルマナの導きで、世代を超えた現地ミュージシャンとセッションを。続くジョグジャカル タでは、ガジャマダ大学のハルヨノ教授にジャワ島の神秘主義について教示を受け、隣町のスラカルタを訪問、ヌグ ロホ監督選出の『サタンジャワ』出演俳優・舞踊家とも面談を重ねました。コムアイが合流したスラウェシ島におい ては、コーディネーターとともに南スラウェシのディープなリサーチ旅を敢行。マッカサルより南方の Limbung で は、ゲンドラン(両面太鼓)奏者として名高いダヤン・ミレを訪問、氏の厚意で、親族の結婚式前夜のセレモニー 「Korongtigi」に参列。インド舞踊や能楽にも明るいコムアイは、セレモニーで「Pakarena」と呼ばれる踊りを踊る 少女たちから扇の振付けを教わる場面も。また、ブギス族社会における宗教司祭 Bissu による儀式「Ma’bissu」も特 別に許可を得てレコーディングし、食事を囲んで談話。このほか、約4万年前のものとされる壁画と手形が発見され た「リアン・リアン先史公園」の洞窟内でもレコーディングを実施しました。最終地、東ジャワのバニュワンギで は、音楽家としてのみならず、教育者、指導者としても尊敬を集めるハイディ・ビン・スラメッの導きで、オシン族 のコミュニティを重点リサーチ。オシン族から2名の演奏家(ハイディ・ビン・スラメッ、アンドリ)の初来日が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph ■ コムアイ(舞台出演)出演に寄せて
コムアイinインドネシア 1 万 7 千もの島々が、星屑のように散らばるインドネシア。 一つの島を覗いてみても、たくさんの誇りを持った部族 が暮らしているのがわかります。わたしが訪れたスラウェシ島には、死を祝うトラジャ族、黒装束のカジャン族、商 いの得意なブギス族、といった具合で、この 21 世紀でも、それぞれに魅惑的な生活様式、儀礼、音楽、舞踊、装束 を持ち、テレビ番組の「世界ふしぎ発見!」だったら、インドネシアで一年は持つとおもいます。 そして、今回の短 い旅では興味のありそうなドアがたくさん見えてきて、それを開けることは全く追いつかず、宇宙に放り出されたよ うな気持ちになりました。本の目次が見えてきて、わくわくしたところで帰ってきたような。土ぼこりの立つ田舎の 村で異邦人として存在し、旅芸人として踊り、奏で、遊び、全身でその土地のリズムを身体に吸収してきました。も う忘れてしまったけれど。 このインドネシアという、蒸し暑い宇宙を一つにまとめられるガリン・ヌグロホ監督の作 品はどれも素晴らしく、その中でもわたしのお気に入りとなった『サタンジャワ』、観客全員を宇宙船に乗せ、インドネシアの旅にお連れできるように、船長の森永さんと計画を練っていきたいとおもいます。


映画情報どっとこむ ralph 公演概要
『サタンジャワ』 サイレント映画+立体音響コンサート
日時 2019 年 7 月 2 日(火)14:00 開演/19:00 開演 (2 回公演、各回 30 分前開場)
※ ポストパフォーマンストーク有

劇場:有楽町朝日ホール
映画監督:ガリン・ヌグロホ
音楽・音響デザイン:森永泰弘

舞台出演者:コムアイ KOM_I(ボーカル)、グナワン・マルヤント Gunawan Maryanto(詩の朗読・マントラ)、ルルク・アリ・プラセティオLuluk Ari Prasetyo(歌唱・映画のサタン役)、ヘル・プラワントHeru Purwanto(歌唱・映画の主人公男役)、テグー・パルマナ Teguh Permana(弦楽器タラマンサ)、斎木アンサンブルほか

※映画の役名がある方は、映画にも出演しています。
サタンジャワ-SETAN-JAWA
***********************************


舞台演出 ガリン・ヌグロホ 音楽・音響デザイン 森永泰弘 舞台出演 コムアイ(ボーカル/水曜日のカンパネラ) ルルク・アリ・プラセティオ Luluk Ari Prasetyo (歌唱・舞踊/映画:サタン役) ヘル・プルワント Heru Purwanto(歌唱・舞踊/映画:主人公(男)役) ドロテア・クイン Dorothea Quin(歌唱・舞踊/映画:主人公(女)の母親 役) グナワン・マルヤント Gunawan Maryanto (詩朗読/マントラ。舞台・映画俳優/吟遊詩人) テグー・ペルマナ & アクバル・ネンディ Teguh Permana & Akbar Nendi (タラワンサ&カチャピ) ハイディ・ビン・スラメッ &アンドリ Haidi Bing Slamet & Andori(太鼓ほか) 斎木なつめ(バイオリン)、小林妙子(バイオリン)、惠藤あゆ(ヴィオラ)、谷口宏樹(チェロ)、 吉良都(チェロ)、増田久未(ガムラン)、小出稚子(ガムラン)他
主催:国際交流基金アジアセンター
共催:公益財団法人ユニジャパン
後援:駐日インドネシア大使館
音楽・音響製作:concrete 制作:(株)オカムラ&カンパニー

映画『サタンジャワ』

2016 年/70 分/モノクロ/サイレント 映画監督 ガリン・ヌグロホ

映画製作:Garin Nugroho Workshop, Turning World
共同製作:AsiaTOPA – Arts Centre Melbourne, Melbourne Symphony Orchestra, Esplanade Theatres on the Bay, Singapore


サタンジャワ場面写真 Photo Erick Wirasakti あるいは Photo by Erick Wirasakti
ガリン・ヌグロホ監督 顔写真 © 佐藤基
森永泰弘 顔写真 © Takashi Arai

主催:国際交流基金アジアセンター
共催:公益財団法人ユニジャパン
後援:駐日インドネシア大使館


平井 堅の歌詞と​​町田くんの気持ちがリンク!​映画『町田くんの世界』版MV解禁


映画情報どっとこむ ralph 石井裕也監督が、前代未聞の豪華キャスト×現役高校生の超新人を主演に迎え描く、今までのセオリーを覆す新しい日本映画!『町田くんの世界』が6月7日(金)より全国公開となります。

『町田くんの世界』細田佳央太 関水 渚
本作の主題歌「いてもたっても」は平井 堅が映画の脚本を読み“町田くんの見ている世界に音をつけられたらと”、そんな気持ちで同作のために書き下ろした楽曲です。

主人公の町田くんはすべての人を分け隔てなく自分の家族のように愛するのですが“愛”は知っているけれども“恋”を知りません。そんな彼が、初めて出会う感情に向き合う姿に呼応するように、平井 堅の優しい歌声で丁寧に歌い上げられるポップな楽曲が今回解禁となる映画版MV映像とリンク。


「恋をすると人はどうなるのか」というテーマの元、コントロール不能な“いてもたっても”いられない、町田くんが初めて直面する“分からない感情”に向き合っていく様が描かれていきます。

さらに「GYAO!」では“いてもたっても”いられない、恋する気持ちを表現するため、魔法使いに平井 堅が変身して話題となった、平井 堅出演の主題歌ミュージックビデオのフルバージョンが、5月27日から期間限定で独占配信!Yahoo!映画のトップページでも公開することが決定しています!

映画情報どっとこむ ralph 『町田くんの世界』

オフィシャルサイト:
http://machidakun-movie.jp

公式Twitter:
@MachidakunMovie

#町田くんの世界


【ストーリー】
運動も勉強も苦手で、見た目も地味な町田くん。でも人を愛する才能がズバ抜けていた!
そんな彼が初めて“わからない感情”を知った時、周りのすべての人を巻き込んで、驚天動地のドラマが動き出す!
みんなどうする?どうなる?

***********************************

細田佳央太 関水 渚
岩田剛典 高畑充希 / 前田敦子 太賀
池松壮亮 戸田恵梨香
佐藤浩市
北村有起哉 松嶋菜々子

主題歌 「いてもたっても」平井 堅(アリオラジャパン)
監督:石井裕也 脚本:片岡 翔 石井裕也 音楽:河野丈洋 企画・プロデュース:北島直明
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会


ラブがとまらない『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』。

2018年4月クール(テレビ朝日系列/土曜23時枠・全7話)で放送されるや“はるたん”こと春田創一を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様に笑いながらも、あまりのピュアな愛に心を打たれる視聴者が続出、SNSを中心に話題沸騰となり、オリコンのドラマ視聴者満足度ランキング1位、読売新聞の民放連続ドラマ読者投票1位、放送中にTwitter「世界トレンド1位」を記録するなど大きな盛り上がりを見せ、最終話放送終了後は“おっさんずロス”の声が相次ぎました。
その後もファンの熱は冷めることなく高まり続け、DVD&Blu-rayはテレビ朝日史上最高の予約数を記録し、「オリコン年間映像ランキング2018」テレビドラマDVD部門、BD部門ともにNo.1を獲得する大ヒットとなり、さらには「新語・流行語大賞2018年」トップ10にノミネートされるなど社会現象を巻き起こし、待望の映画化が決定しました!

先日、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人をはじめとした連続ドラマからのお馴染みのレギュラー陣に加え、沢村一樹が、天空不動産で新たに発足したプロジェクトチームのリーダーで春田たちの前に立ちふさがる強敵・を、志尊淳が、春田が所属する天空不動産第二営業所に配属されたキラキラネームの陽気な新入社員 山田を演じることが発表されました!

映画情報どっとこむ ralph そして本日ついに、特報映像とティザービジュアルが解禁!!

ティザービジュアルは、メインキャスト5人がそれぞれタキシードを纏って闊歩!その後ろには大爆破の炎によって形作られたどでかいハート…?「ラブがとまらない」というコピーが踊り、おっさん同士のラブ・バトルロワイアル《五角関係》のスケールの大きさを期待させてくれるようなビジュアルとなっている。

特報では、撮影したての劇場版本編シーンが初公開…!
手と手が触れ合い見つめ合う春田と山田ジャスティス、「ちょっと付き合えよ」と色気たっぷりに牧を誘う狸穴、「結婚って…本気で言ってます?」という意味深な牧の言葉、更には謎の手編みセーターを抱えて微笑む黒澤部長の姿も。その他にも、浴衣姿で指輪を見つめる春田、キス寸前(!?)で対峙する黒澤&狸穴など、もはや何がどう“禁断の五角関係”なのか…期待感は早くも爆発寸前!



そして主題歌は連続ドラマからの続投となるスキマスイッチの「Revival」に大決定! 白熱するおっさんたちのラブ・バトルロワイアル…いったい誰と誰が”LOVE”になるのか⁉ ”DEAD”とは何なのか⁉ という謎と期待でヒートアップした特報に仕上がっている。

笑って泣ける、常識を超えた、おっさん同士のピュアラブストーリーは、またも日本中の話題をさらうこと間違いなし!平成が終わり、令和の時代が始まっても、“OLブーム”は終わるどころか益々ブームUPいたしします!!

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

★映画公式サイト<27日(月)AM10:00オープン予定!>
ossanslove-the-movie.com

「おっさんずラブ」
「おれと結婚してください!」

永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一(田中圭)。久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。その側にはなんと、本社に異動した牧凌太(林遣都)の姿も。そして、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。激しく動揺する春田と、そんな春田を元気づけるジャスティス。さらに、あの日終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付いて…。

―――神様、あの日誓った永遠の愛とは一体、何だったのでしょうか…?

ハッピーエンドを迎えたはずの彼らにこの夏、最大のピンチが訪れる。

前代未聞のおっさんたちのラブ・バトルロワイアル(五角関係)。その幕が、ついに切って落とされた―。

***********************************


監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)

出演者:
田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉・沢村一樹 志尊淳・眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎

撮影時期:2019年3月末~4月末 都内近郊、香港ほか
公開時期:2019年8月23日(金)

製作:テレビ朝日ほか
配給:東宝
配給協力:アスミック・エース
©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会