映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

森山未來、初の海外主演作『オルジャスの白い馬』で訪れたカザフスタンでの経験を「宝物のよう」と振り返る


映画情報どっとこむ ralph 日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、1/18(土)より新宿シネマカリテで公開され、今後、全国順次公開となります。

公開初日の1/18(土)に、新宿シネマカリテで森山未來、竹葉リサ監督を迎えて初日舞台あいさつを行いました。
満員の観客に見守られながらカザフスタン人スタッフ達と取り組んだ撮影などを振り返えっていただきました。
森山未來 竹葉リサ監督『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶
『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶
日時:1月18日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:森山未來 竹葉リサ監督

映画情報どっとこむ ralph MCが胸をつかまれるような映画であったと感想を述べると、

森山未來『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶 森山さん:ただの楽しい映画ではないと思います。皆さんがどんな読後感をお持ちなのかすごく気になります。ストーリーなども重要なんですが、この映画はそれよりももっと大きなものを描こうとしているのかなと。一言で言うのは簡単ではないですが、“台地に溶ける”というんでしょうか。

と、完成した映画への印象を語る。

竹葉監督は、森山をキャスティングした理由として

竹葉監督:もともと、演技の芸術性が高い方だと思っていました。カザフスタンでの撮影は本当に過酷な現場になります。森山さんはイスラエルに留学した経験もありますし、乗馬の経験もあります。それで、“森山さんしかいない”ということでお願いしました。

と説明します。また、カザフスタン人監督との共同作業について、

竹葉監督:脚本の段階では日本とカザフのスタイルを合わせるためにかなり試行錯誤もありましたが、伝えたいものがすでに一致できていた編集ではスムーズだったと思います。

と自信を込める。

映画の撮影を通じて初めて訪れたカザフスタンの魅力について、

森山さん:カルチャーショックとはまた違う、原風景を見ているような場所でした。人間が立ち返る場所、自然の中に生かされているという感覚は、僕の中に宝物のように残っています」と振り返る。自身が演じた謎に満ちたカイラートという人物については「カイラートとは多くを語らない存在です。どうして家族から離れなければならなかったのか、どうして戻ってくることができなかったのかということは映画でもはっきりとは描かれていません。でも編集された後のものを見ると、そういう時世を表すようなものは全て抜かれていきました。僕はこういう感じを好きだなと思いました。

と、作品が持つ“語らない”魅力を説明する。

それに対して、

竹葉監督:ソ連崩壊の1990年前後という時代設定で、カイラートがそこに至る人生というのは、シナリオとしては裏では存在しています。人が生きているという輪郭が残ればいいと考えていました。

と、作品の狙いを語る。

森山さんは、本作で日本のものとは全くスタイルの異なる“カザフ”流の乗馬にも挑戦。そのことについて、

森山さん:向こうの馬は本当に荒いんです。草原で走ることに慣れているんだと思います。『モンゴル』(2008)でスタントをやられていた一流の方が付いてくれました。それで一度、映画にも出てくる“馬追い”をやってみたんですが、馬がどうしても走り続けて止まってくれなくて、さすがに無理でしたね(笑)

と振り返った。

さらに、過酷だったというカザフスタンでの撮影を振り返りながら、

森山さん:エルラン(・ヌルムハンベトフ/カザフ側の監督)は人柄のよさがにじみ出ている方で、スタッフも皆さん本当にあったかくて仲良くなることができました。いつでもカザフに戻りたいなと思います。

と懐かしんだ。
森山未來『オルジャスの白い馬』初日舞台挨拶 カザフ語をどのように覚えたのかという質問には、

森山さん:この映画の撮影前、日本にいなかったので、ネットでスカイプを使って勉強しました。カザフの方と週何回か、そのペースを増やしていったんです。現場では直前にセリフがどんどん変わっていきましたが、何を言われてもそれしか言えないですし、誰よりもセリフを覚えていたと思います(笑)

と明かす。

現場での数々の驚きのエピソードに対して、

竹葉監督:もし<俳優>という競技がオリンピックにあったとしたら、森山さんは確実に金メダルをとれるんじゃないかと思います(笑) 現場でどんどん変わっていくシナリオに対応しながら馬にも乗ったりして!

と最大級に称える。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

森山さん:この作品に関われて本当に光栄でした。皆さんがどう感じたかを聞いてみたいですし、カザフスタンの風を皆で共有できたらと思います。

と挨拶し、

竹葉監督:エルランと出会ってから365日、この映画の企画を通すことだけを考えていました。こうして映画館で観さんにご覧いただくことができるのは、本当に感無量です。

と締めくくった。


オルジャスの白い馬
英題:Horse Thieves

公式HP:orjas.net

【STORY】 
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。
不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。

***********************************

2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves
監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア 
撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 
音楽:アクマラル・ジカエバ 編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン
音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ 
配給:エイベックス・ピクチャーズ 
配給協力・宣伝:プレイタイム 
©『オルジャスの白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『Last Lover ラストラバー』天野花による書き下ろし主題歌「Last Lover」MV 解禁


映画情報どっとこむ ralph 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品として制作され、映画『カメラを止めるな』と同時イベント上映された映画『きみはなにも悪くないよ』を監督した岡元雄作が、実際に母親を亡くした経験から着想し、死者との向き合い方をテーマに、ロマンスありホラーありのサスペンスムービーである映画『Last Lover ラストラバー』を誕生させました!

2019年8月にアメリカで開催された「ロサンゼルス日本映画祭2019」ではベストアンサンブルアワードを受賞!

そして園子温監督がディレクターを務める話題の愛知県の映画祭「ええじゃないか とよはし映画祭」や、「グアム国際映画祭」のSelect Showcaseにも公式ノミネートされるなど、数々の映画祭から評価されている本作。

12月に行われた「第3回ベルリンモーションピクチャーフェスティバル」でも日本映画として初ノミネートを果たし、更にグランプリとなる最優秀長編作品賞を獲得するという快挙を成し遂げました!!

映画情報どっとこむ ralph そんな本作を彩る主題歌は、八丈島出身のシンガーソングライター天野花が本作のために書き下ろしたその名も「Last Lover」。
切ない中でも希望の見えるが曲に仕上がっております。

この度、天野花も出演し映画のシーンもふんだんに使用した岡元雄作監督撮影によるMVが完成!

愛する人を失った切ない気持ちを、主人公が恋人にむけて書いた手紙のように詩を紡いでおり、天野花が涙を流しながら歌う姿が印象的な、胸に響く映像となっております。

また、作曲家・田中マコトによる映画全編を彩る劇中音楽、主題歌&挿入歌(歌唱:天野花)、さらに劇中では使われなかったアウトテイクスコア等、映画「Last Lover」を彩る音楽の世界を一挙に収録したサウンドトラックの発売も決定しました!

天野花コメント
Last Lover 人生初の映画主題歌を書き下ろしいたしました。
曲は映画の中ではあまり描かれていなかった部分を歌に出来たらと思い主人公が恋人にむけて書いた手紙のように詩を紡ぎました。
大切な人の死に寄り添うのは後悔と愛情だと思います。
乗り越えるのではなく共に生きていくことができるような歌になっていたらいいなぁと思います。
Last Lover_hana_amano
映画情報どっとこむ ralph ロマンス・ホラー・サスペンス

映画『La st Lov er ラストラバー』

2020 年1 月31 日(金)よりテアトル新宿にて2 週間限定レイトショー

ストーリー
朝、美優が目を覚ますと、隣にいるはずの光希がいなかった。いつもふざけている光希のイタズラだと思ったら、夜間運転の事故で亡くなっていた。それからと言うもの美優の周りで殺人事件や、怪奇な現象が起き始める。霊感の強い美優は、何か関連性があるのではないかと思い先輩の小西に相談する。光希とは正反対の真面目な好青年で、そんな親身になってくれる小西に美優は惹かれて行った。

しかしそんな時、イタズラかの様に光希が姿を現す。
美優に未練があり、地縛霊として戻ってきたと言う。また楽しい2人の生活が始まるが、霊との同棲生活は楽しいだけではなかった。
***********************************

(C)ASTROSANDWICH pictures.inc




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

衛藤美彩、「鯛福茶庵 八代目澤屋」で“たい焼き”修行? 中川龍太郎監督最新作『静かな雨』レポート


映画情報どっとこむ ralph 様々な役どころを自在に演じ分ける本格派俳優として注目されている仲野太賀と“乃木坂46”を卒業し新たな一歩を踏み出した衛藤美彩のダブル主演映画『静かな雨』が、2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となります。
共演は、三浦透子、坂東龍汰、古舘寛治、川瀬陽太のほか、萩原聖人、村上淳 、でんでん等、日本を代表する俳優たちに加えて、『殯の森』『あん』などで世界的な監督として知られる河?直美監督も女優として出演しております。
監督は、2017年モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評連盟特別表彰をダブル受賞した『四月の永い夢』(18)、そして『わたしは光をにぎっている』(19)と活躍する若き俊英 中川龍太郎。詩人、エッセイストでもあり、独自の世界観を持つオリジナル作品を作り続けてきた彼が、初めて原作の存在する作品に挑み、新たなアプローチで新境地を拓いた。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、公開に先駆けて、たい焼き専門店「鯛福茶庵 八代目澤屋」に主演の衛藤美彩が登場!

本作にて、たい焼き屋を営む“こよみ”を演じている衛藤が、愛知県・名古屋市で“たい焼き修行”いたしましたので、ご報告。
衛藤美彩、「鯛福茶庵 八代目澤屋」 久しぶりにたい焼きに挑戦した衛藤は、「たい焼きを作りながら話すという動作が難しくて、当たり前にできるようになるまで練習を重ねました。『静かな雨』はささやかな日常の中で、「思い出」を作るのではなく、「思い」を重ねていく2人を描いた作品です。思いを重ねてできる、人と人とのつながりの大切さに気づいてもらえたら嬉しいです。」とコメントし、撮影を振り返った。
映画情報どっとこむ ralph 『静かな雨』

2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

本作は、2019年釜山国際映画祭正式出品に続き、第20回東京フィルメックスではコンペティション部門に正式出品され、最も観客の支持を集めた“観客賞”を受賞しております。原作は、2018年映画化もされた2016年本屋大賞受賞のベストセラー小説「羊と鋼の森」の著者・宮下奈都のデビュー作で、2004年文學界新人賞佳作に選ばれた「静かな雨」(文春文庫刊)。
音楽は、国内外で活躍する音楽家で、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『未来のミライ』(18)等の映画音楽を手掛ける高木正勝。映像全編をノンストップで流して即興で音楽を作る、という手法で本作に臨んだ。透明感ある豊かな音楽が、繊細かつドラマチックに作品の世界観を支える。


【ストーリー】
たとえ記憶が消えてしまっても、ふたりの世界は少しずつ重なりゆく

大学の研究室で働く、足の悪い行助は、“たいやき屋”を営むこよみと出会う。
だがほどなく、こよみは事故に遭い、新しい記憶を短時間しか留めておけなくなってしまう。
こよみが明日になったら忘れてしまう今日という一日、また一日を、彼女と共に生きようと決意する行助。
絶望と背中合わせの希望に彩られたふたりの日々が始まった・・・。

***********************************

主演:仲野太賀 衛藤美彩
出演:三浦透子 坂東龍汰 古舘寛治 川瀬陽太 村上淳 / 河?直美 / 萩原聖人 / でんでん
監督:中川龍太郎
脚本:梅原英司 中川龍太郎
原作:宮下奈都『静かな雨』(文春文庫刊)
音楽:高木正勝
制作:WIT STUDIO、Tokyo New Cinema
企画協力:文藝春秋
配給:キグー
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋
2019/日本/カラー/99分/スタンダード/5.1ch デジタル




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

⾼橋幸宏、野宮真貴 登壇!『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』公開記念トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 1966 年に製作され、カンヌ国際映画祭で最⾼賞“パルムドール”を、⽶アカデミー賞®で最優秀外国語映画賞を受賞するなど、世界中を席巻!男⼥の機微を⾒事に描いた恋愛映画の⾦字塔として今なお語り継がれるクロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と⼥』。それから53年後の2⼈の物語を、当時と同じキャストと同じ役柄で、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが紡いだ愛の奇跡の物語『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』(1/31公開)の特別試写イベントを1/17(⾦)スペースF S 汐留にて実施しました。

イベントゲストは1967年の映画『男と⼥』公開時に劇場で18回鑑賞した⾼橋幸宏さんと、2016年に映画『男と⼥』50 周年記念としてフランシス・レイの世界的名曲「男と⼥」をオフィシャル・サポーター・ソングとして発表した野宮真貴さんという『男と⼥』を愛してやまないお⼆⼈。⾳楽活動はもちろん、様々な分野でトップを⾛り続ける“かっこいい⼤⼈”の代名詞であるお⼆⼈が本作を通して“⼤⼈の恋愛のたしなみ⽅”をたっぷりと語り、登壇前には野宮真貴さんがアコーディオン奏者を従えてしっとりと「男と⼥」を歌い上げ、
その後、⾼橋幸宏さんを交えて、映画『男と⼥』について熱く語るトークイベントを開催しました。

『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』公開記念トークイベント
⽇時:1/17(⾦)
場所:スペースFS汐留
ゲスト:⾼橋幸宏、野宮真貴

映画情報どっとこむ ralph クロード・ルルーシュ監督にこれまで2回ほど会ったことがあるという⾼橋幸宏さん。
⼀⾜早く『男と⼥ ⼈⽣最良の⽇々』鑑賞した感想を

高橋さん:最初の10分のジャンの表情だけでこの映画は成功と思いました。」「劇中、すごいシュールな映像やギャグを⼊れてくる、映画なのか夢なの分からない。その映像がすごくいいですよね。トリュフォーやゴダールも好きですが、それとこれとは別。こういう映像はルルーシュにしか撮れないと思う。『男と⼥』は当時としてはとても斬新だったよね。

と語り、

野宮さん:第1作⽬は、⼤⼈の恋のおしゃれ映画として⼤好きだったので。だから、今回はまたあの⼆⼈に会えるという嬉しさ、どういう⾵に描かれているかという期待と不安が⼊り混じってみたのですが、また⼆⼈が再会して、新しい恋が始まるという本当に素敵で幸せな映画になっていました。

とお⼆⼈揃って絶賛。さらに

野宮さん:前作でのアヌーク・エーメは私にとって⼤⼈の憧れの⼥性像で。第1作⽬当時の彼⼥の年齢を超えた今でもそう思っています。私⾃⾝ファッションにもとても影響受けていて、ベッドシーンの⿊い下着やムートンコート、シンプルなセーター、センターパーツのボブヘア、クラシックなアイラインメイクとか、ちょっと意識しているんです。あと、彼⼥の髪の⽑が艶々でふわっとしていて、、、。加齢していくと普通⽔分を失っていくものだから、あれはさすがだなと思いました(笑)!フランス⼈特有のさりげないメイクをしているのですが、⾚い⼝紅をつけているのは⼥性 であることの誇りのように感じましたね。

とその想いを語りました。


劇中に登場する、ドーヴィルの有名なホテルに2回宿泊したことがあると明かした⾼橋さん。
第1作⽬の「男と⼥」がヒットしたことで有名になったホテルだが

⾼橋さん:僕が泊まったのは(劇中で2⼈が泊まる)26号室じゃないけどね!⾒学させてくださいとは恥ずかしくて⾔わなかったけど(笑)、昔と全然変わっていなかった。⼤好きなホテルです。ドーヴィルは可愛い街だから。虜なんですよ。

と語り、まだ本作を観ていない⼈について聞かれ

⾼橋さん:若い⼈になら『まず、前作を観なさい』っていいますね。そうではない⼈は、まあ、観なくてもわかるから(笑)。とてもわかりやすいストーリーだし。。。

続いて

野宮さん:私も、若い⽅なら前作をすぐ観てといいますが、親御さんと⼀緒に観に⾏くのもいいのかなと思います!それぞれの恋愛のときめきとか語り合って。

と述べました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・、

⾼橋さん:僕が観たときは中学3年⽣だったから、親と⼀緒に⾏ったことはないですね(笑)。今の中学3年⽣が観たら頭でっかちな⼦供になるかもしれませんねえ。お勧めしない!

と語り、場内を笑いに誘いました。


『男と女 人生最良の日々』

STORY
いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャ
ン)。過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌ(アヌーク・エーメ)のことだけを追い求めていた。そんな父親の姿を見た息子
は、アンヌを探し出すことを決心。その想いを知ることになったアンヌはジャン・ルイの元を訪ね、そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は
再会を果たすことになる。長い年月が過ぎたいま、アンヌとジャン・ルイの物語がまたあの場所から始まろうとしていた……。
***********************************

監督:クロード・ルルーシュ『男と女』『白い恋人たち』『愛と哀しみのボレロ』『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』

出演:アヌーク・エーメ『男と女』『モンパルナスの灯』、ジャン=ルイ・トランティニャン『男と女』『愛、アムール』、スアド・アミドゥ、アン
トワーヌ・シレ

音楽:カロジェロ、フランシス・レイ『男と女』『ある愛の詩』

Cinéma 2019 年/フランス/90 分/フランス語
宣伝プロデュース:サルーテ
配給:ツイン
© 2019 Les Films 13 – Davis Films – France 2




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭「今泉監督の着眼点がすごい!」 映画『mellow』初日舞台挨拶レポート


映画情報どっとこむ ralph 『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、本日1月17日(金)に全国公開。

そしてこの度、新宿バルト9にて、初日舞台挨拶が行われました。


映画『mellow』 初日舞台挨拶
日時:1 月 17 日(金)
場所:新宿バルト 9
登壇:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 主演の田中圭をはじめ、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、本作のメガホンをとった今泉力哉監督が登壇すると大きな拍手が沸き起こりました。

MCから、本作の脚本を初めて読んだ時の印象を聞かれ

田中さん:着眼点が凄いなと思いました。大きな出来事は特に起きないんですけど、当たり前に日常あるようなことを丁寧に丁寧に紡いでいっているので。こんなに温かい物語を描くのはどんな方なんだろうなと思っていました。
と監督の最初の印象を語り、役作りついても

田中さん:現場で監督や皆さんと一緒に1つ1つシーンを作っていって、そこで生まれる役の方が結果良いんじゃないかと思うので、役作りはしないですね。

とその場の空気感を大切にしていることを語った。
⽥中さんの演じた夏⽬は、

田中さん:こんなにモテるキャラではなかった。

と語っていたことについて監督は、「そうなんです。もう少し“好き“の矢印がばらついていたばずなんですけど、話を書いているうちに全部田中さんに矢印がいってしまって、でもただのモテる役だったら嫌な人になっていたと思うんですよね。でも田中さん自身がちゃんと考えて演じてくれていたからこそ、この雰囲気が出せたんだと思います」と絶賛。続けて、夏目について聞かれた田中は、「モテることを考えていた時に、ふと実はそこまでモテてないな、と気づいたんですよね。想いを告げて満足する人。これから恋愛をしていく練習台みたいな、優しさであったり、寄り添ってくれたことによって好きになる、恋まで発展しない手前の人みたいな」と夏目像にコメント。

監督との仕事について聞かれ

岡崎さん:日常感を凄く大切にされていて。いざ現場でやってみたら凄く難しかったけど、監督の出すとても優しい空気感の中で挑戦出来て、自分の中で凄く刺激になり、新しい引き出しが増えました。ありがとうございました。
と感謝の気持ちを伝えた。
そして、宏美役の役作りについて聞かれ

志田さん:バスケ部の役なんですけど、実は球技がとても苦手で、友達にマンツーマンで教えてもらっていたんですけど、リハーサルでも全然出来なくて。でも本番では一発で出来て自分でも驚いてしまって。平然を装うのが大変でした。
と明かした。

映画情報どっとこむ ralph また、陽子について聞かれ

松木さん:1つ後悔していることがあって、みんなでラーメンを食べているシーンがあるんですけど、監督から私にだけチャーシューを食べてくださいという指示が無くて食べられなかったのが後悔です(笑)
と明かすと、

田中さん:監督!食べさせてあげて下さいよ!(笑)

とツッコミが入り、

監督:すいません!覚えてないです(笑)今度チャーシューを食べるためだけにご一緒したいです!

と会場は笑いに包まれた。

田中さんとの共演について
白鳥さん:圭さんが休憩中とかに花束を作る練習をしていて、すごいな。と思いました。
と大人顔負けのコメントに

田中さん:見てくれてたんだね!ありがとう!

と感激している様子だった。


役作りや意識したことについて聞かれ

ともさかさん:あまり演じる上で面白くしようとは思わず、真面目にやったつもりなんですけど、第三者からみたら当たり屋みたいじゃないですか、夏目さんに申し訳ないと思いました。
と話すと会場から笑いが起こった。ともさかさんとの撮影について

田中さん:異様な空気の青木夫婦に、現場では夏目を演じていたので、ビビってたんですけど、完成した本編を観て、あのシーンからギアチェンジするくらい面白くなっていました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

監督:女性同士や結婚していたり、不登校だったり、普通は咎める部分を優しい雰囲気に包まれ、認めることを意識して作った映画です。

と語り、

田中さん:誰かを想うだけで温かい気持ちになることを教えてくれる凄く素敵な優しい映画です!この作品を観て、ラーメン食べに行って、誰かを想ってお花屋さんに行って、メロウな気持ちになってください!

と挨拶し、終始優しい雰囲気に包まれながら、イベントは幕を閉じた。

公式HP:
mellow-movie.com

『mellow』ポスター
***********************************

出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ともさかりえ/小市慢太郎

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」
音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

King & Prince永瀬廉主演 伊藤健太郎、橋本環奈とともに自転車ロードレースに初挑戦!「弱虫ペダル」映画化


映画情報どっとこむ ralph 2020年8月14日(金)公開「弱虫ペダル」の映画化発表。

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、「弱虫ペダル」。
2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで64巻が既刊されている大人気コミックス。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされていますが、満を持して今回が初の実写映画化です。

主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ・さかみち)。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちの為に、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていきます。

映画情報どっとこむ ralph 主演はKing & Princeの永瀬廉。

永瀬廉【小野田坂道/おのだ・さかみち役】 
まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です!一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです!その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。

永瀬演じる坂道の良きライバル・今泉俊輔(いまいずみ・しゅんすけ)役には伊藤健太郎。

伊藤健太郎【今泉俊輔/いまいずみ・しゅんすけ役】
今回「弱虫ペダル」に出演させていただく事になりました伊藤健太郎です。漫画やアニメなどでとても人気のある作品に出させていただける事がとても嬉しいです。また監督の三木さんともご一緒するのが2回目で信頼できる方なので今から楽しみです。原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

自転車競技部のマネージャー・寒咲幹(かんざき・みき)役を演じるのは橋本環奈。

橋本環奈【寒咲幹/かんざき・みき役】
今作はこのお話を受ける前から原作を読ませて頂いておりました。学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです!その作品の中で私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、映画「植物図鑑 運命の恋拾いました」(16/松竹)「旅猫リポート」(18/松竹)「隠れ“ビッチ”やってました」(19/キノフィルムズ)を手掛けた三木康一郎。

原作者の渡辺航は実写映画化にあたり、「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。ボクも楽しみにしています!!」とコメントし、2月からの撮影に向けて、既に大きな期待を寄せています。

『弱虫ペダル』

ストーリー:
主人公は、運動が苦手で友達がいない、アニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ・さかみち)。
あることをきっかけに自転車競技部に入部した坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮。
そして初めて出来た「仲間」のために、自分の限界や壁を超え、レースで共に走る喜びを見出していく。
誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したりー。
2020年オリンピックイヤーだからこそ観たい、一番熱い青春ストーリー!

公式サイト:
https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/
公式twitter:@yowapeda_eiga
公式Instagram:@yowapeda_eiga


***********************************


原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
主演:永瀬廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈ほか
監督:三木康一郎
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹株式会社

制作スケジュール:2020年2月クランクイン予定
2020年8月14日(金)
©表記(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮沢氷魚 × 藤原季節 男性同士の恋愛の“その先”『his』試写会イベントin大阪


映画情報どっとこむ ralph 今泉力哉監督が描く、男性同士の恋愛の“その先”の物語

『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開いたします。本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴んだ”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷魚。

本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節。

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。
この度、宮沢氷魚さん、藤原季節さんの舞台挨拶付き試写会イベントを大阪にて実施しました。

『his』試写会
日時:1月17日(金)
会場:なんばパークスシネマ
登壇:宮沢氷魚、藤原季節

映画情報どっとこむ ralph 満席の客席に笑顔を見せながら登壇した宮沢氷魚さんと、「まいどー!」と元気よく登壇した藤原季節さん。

大阪の印象を聞かれると、二人は「名古屋から移動してきてからずっと取材を受けていたので、全然大阪に来ている実感がないんですよ。」と寂しそうな表情を見せたが、

藤原さん:先ほどたこ焼きの差し入れをいただいて、ようやく大阪を感じました!

と答えると、

宮沢さん:とても美味しかったよね。

と宮沢も笑顔を覗かせた。


映画情報どっとこむ ralph 自身と、それぞれの役柄との共通点について質問が及ぶと、

宮沢さん:自分の悩み事や本心を他人にはあまり言わずに自分一人で解決しようとする部分です。僕自身が幼少期に感じていた、自分の居場所がどこにあるのか分からなくて悩んでいた想いと迅が抱えている生きづらさには共通するものがあると思いながら演じていましたね。

と振り返った。

藤原さん:物事をこねくり回して考えるところが似ているかな。 渚は一見するとめちゃくちゃな行動をするんですが、その裏側で臆病な自分を隠しているんだと思うんですよね。

と語った。

お互いの魅力を聞かれると、

宮沢さん:季節くんはとにかく熱い男です。物事に真剣に向き合い取り組む人だなと思いました。『his』の台本にものすごく書き込みとかをしていて、ボロボロになっていたんですよ。

と語ると、

藤原さん:メモ魔なんですよ。渚はこういう詩が好きなんじゃないかなと思って、アンチュール・ランボーの詩とかを書きこんでいたと思います。

と明かした。一方、

藤原さん:一言では難しいな…。

と悩みながら

藤原さん:氷魚くんは内側から発光している!!

と言い放ち、爆笑させた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

これから本編を見る観客に向けて

藤原さん:自分に正直になれるように変わることが出来た作品です。是非多くの方に愛してもらいたいです。

と語りかけ、

宮沢さん:答えがない作品かもしれませんが、いろいろな意見があっていいと思っています。皆さんの周りの多くの方に薦めたり、発信していってもらいたいです。

とアピールし、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph his

1月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

今泉力哉『his』
ストーリー
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ
企画製作:メ~テレ
製作:映画「his」製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(日本/5.1ch/カラー/127分)
©2020映画「his」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

長渕剛が奏でる待望の「太陽の家」主題歌MV、遂に解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、長渕剛20年ぶりに俳優として帰ってきたことが話題にもなっている主演映画「太陽の家」。
本日1月17日(金)の劇場公開初日に合わせ、主題歌「Orange」のCDリリースが開始。


不朽の大ヒット名作ドラマ「とんぼ」(TBS/1988)や「しゃぼん玉」(CX/1991)など主演ドラマが高視聴率をはじき出している俳優・長渕剛が、本作で挑んだテーマは「優しさ」。キラキラと輝かんばかりのアコースティックの音色で始まる主題歌「Orange」は「どうしてそんなに優しいの♪」という歌詞で始まる、愛に満ちた曲です。そしてこの度、待望の主題歌MVが完成しました。

優しさに溢れた本作の映像と、荒々しく生い茂った無造作ともいえる1本の砂利道で「Orange」を奏でる長渕剛。表現者、長渕剛の渾身の映像が完成しました。



【楽曲情報】
長渕 剛「Orange」/作詞・作曲:長渕 剛

長渕剛がこの映画で挑むテーマは「優しさ」。主人公の役柄を通して、大切な人や家族への愛を熱く演じます。
長渕剛が演じる川崎信吾という単純だけど実直な一人の男の「愛と優しさ」が、“家族”をまとめ、不器用で臆病な少年の心を成長させていく感動作です。主題歌の歌詩の中にある「つないだ手と手 離さないでね 死ぬまでだよ ずっとだよ 約束だよ」のフレーズが見事に川崎信吾の心情と重なります。

2020年の初笑い、初泣きにふさわしい作品として、更に川崎信吾の優しさに何度も触れたくなる、そんな話題作が遂に公開です!

「太陽の家」
1月17日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国絶賛公開中
太陽の家_poster
***********************************

出演:長渕 剛/飯島直子、山口まゆ、潤浩/瑛太、広末涼子
監督:権野 元
脚本:江良 至
製作:喜本孝
プロデューサー:遠藤茂行、飛田野和彦
制作:楽映舎  
配給:REGENTS
(c)2019映画「太陽の家」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ