「TOHOシネマズ」タグアーカイブ

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』後半演目公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』と題し、全国の映画館で今年も順次上映となります。

そして!

本シーズンの後半演目ロイヤル・バレエ『ウルフ・ワークス』、ロイヤル・バレエ『眠れる森の美女』、ロイヤル・オペラ『蝶々夫人』、ロイヤル・バレエ『ジュエルズ』、ロイヤル・バレエ『真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン』、ロイヤル・オペラ『オテロ』 の6作の公開日が決定しました!!
後半演目には『眠れる森の美女』、『蝶々夫人』といった名作が登場!また日本人プリンシパルとして英国ロイヤル・バレエ団で活躍している高田茜さんが出演、また30ヵ国の iTunes クラシック・チャートで 1 位を獲得している世界的作曲家マックス・リヒターが音楽を手掛けていることで話題を呼んでいる『ウルフ・ワークス』の公演も控えております!

前半演目に引続き大きな盛り上がりを見せる本シーズン。劇場で世界トップクラスのオペラ、バレエをご堪能ください。

映画情報どっとこむ ralph <後半6演目の公開日>
※1日1回 1週間限定上映※

【ロイヤル・バレエ】『ウルフ・ワークス』
2017年3月31日(金)
【ロイヤル・バレエ】『眠れる森の美女』 
2017年5月12日(金)
【ロイヤル・オペラ】『蝶々夫人』    
2017年5月26日(金)
【ロイヤル・バレエ】『ジュエルズ』 
2017年6月2日(金)
【ロイヤル・バレエ】『真夏の夜の夢ほか』
2017年9月1日(金)
【ロイヤル・オペラ】『オテロ』    
2017年9月8日(金)

公開表記通りに公開する劇場
*TOHOシネマズ日本橋
*TOHOシネマズ六本木ヒルズ
*TOHOシネマズららぽーと横浜
*TOHOシネマズ流山おおたかの森
*TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
*TOHOシネマズ西宮OS
*大阪ステーションシティシネマ
(注)中洲大洋映画劇場、札幌シネマシフロンティア、MOVIX仙台でも公開されますが、公開日がそれぞれ異なります(札幌シネマシフロンティアとMOVIX仙台は同日)。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
公式サイト:  

配給:東宝東和
***********************************



ZIP!「朝だよ!貝社員」浪川大輔 さんが参戦!


映画情報どっとこむ mari TOHOシネマズさんとDLEさんの共同事業「キャラクターバトルクラブ」から生まれた、両社の共同キャラクター「貝社員」。そのキャラクターが日本テレビ系朝の情報エンタテインメント番組「ZIP!」内で「朝だよ!貝社員」が放送されていますが・・・
%e6%b5%aa%e5%b7%9d%e5%a4%a7%e8%bc%94_%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%aa
あの人気声優・浪川大輔さんが参戦決定!
%e6%b5%aa%e5%b7%9d%e5%a4%a7%e8%bc%94
10月18日(火)と10月19日(水)に放送される「朝だよ!貝社員」では、なんでもすぐハマるのに、仕事にはハマらないハマグリを演じます!

19日の「ZIP!」ではアフレコの様子も放送予定です。

是非ご覧ください!

公式サイト:
kaishain.net

ちなみに、浪川さんはアニメ『ルパン三世』の石川五ェ門(新作発表時のレポはこちら)、「機動戦士ガンダムUC」リディ・マーセナス 、『君に届け』風早翔太、『スター・ウォーズ シリーズ』のアナキン・スカイウォーカーなどを務める大人気声優です!

***********************************

   


松田龍平 演じる“おじさん”がアニメ「貝社員」に登場


映画情報どっとこむ ralph 主演・松田龍平×監督・山下敦弘の新しいタッグが放つ、ホームコメディ&ロードムービー『ぼくのおじさん』11月3日(木・祝)全国公開です。

そして、今回『ぼくのおじさん』とのまさかのコラボレートを果たした「貝社員」 は、TOHOシネマズの幕間で流れるショートアニメーション。



あなたの周りにもきっといる・・・そんなダメ社員が貝のキャラクターになり、哀愁漂う歌とコント“会社員あるある” などで人気を博している。映画『ぼくのおじさん』のアニメパートの制作を、「貝社員」の制作を行っているDLEが手掛けたことからコラボが実現。貝社員から<仕事をアッサリ投げ出す>アサリと、いつも貝社員に振り回される課長が登場、松田龍平自らが声を吹き込んだ“ぼくのおじさん”とまさかの共演を果たす。

『ぼくのおじさん』は東映作品ですから垣根飛び越えです!

アサリと課長の企画書を巡るやりとりに、なぜか“ぼくのおじさん”が登場。

アサリによる映画の紹介では、「いつもダラダラ甲斐性なし」「意気地なし」「ブレることなし!!」と、“おじさん” に何か通じるものを感じたのか、「今年度No.1おじさん観察ムービー」と絶賛だ。貝社員と邦画のコラボレーションは初となる。

『ぼくのおじさん』×貝社員コラボ映像は、10月8日~11月4日の期間、全国のTOHOシネマズにて(一部劇場を除く)上映となります。

映画情報どっとこむ ralph

ぼくのおじさん

11月3日(木・祝)全国ロードショー!

公式サイト:
www.bokuno-ojisan.jp

(C) 1972 北 杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委
(C) 1972 北 杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委
学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく=春山雪男(大西利空)。「自分のまわりにいる大人について」というのがテーマ。公務員の父(宮藤官九郎)と専業主婦の母(寺島しのぶ)では面白いものが書けそうにない。居候しているぼくの“おじさん”(松田龍平)は、大人のくせに万年床に寝転がってマンガばかり読み、時には僕をダシにお母さんからお小遣いをもらうこともある大人。雪男は、そんなおじさんを題材に作文を書くことにする。そんなある日、おじさんにお見合い話が持ち上がった。乗り気でないおじさんだったが、目の前に現れたお見合い相手はハワイの日系四世で絶世の美女・稲葉エリー(真木よう子)。ぼくの心配をよそにおじさんはエリーに一目惚れ!だが、エリーは祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにハワイへ帰ってしまう。エリーに会いたい一心で、あの手、この手を駆使してハワイへ行く策を練るおじさんだが、ことごとく失敗。・・・だが、奇跡が訪れ、ハワイに行けることに。おじさんと雪男はエリーを追いかけてハワイへ行くが、なぜか和菓子屋の御曹司、青木(戸次重幸)もやってきた!どうなるおじさんの恋?

***********************************

出演:松田龍平 大西利空(子役) 真木よう子 戸次重幸  寺島しのぶ 宮藤官九郎 キムラ緑子 銀粉蝶 戸田恵梨香

原作:北 杜夫「ぼくのおじさん」(新潮文庫刊「ぼくのおじさん」所収)  
監督:山下敦弘  脚本:春山ユキオ  
音楽:きだ しゅんすけ  
製作:「ぼくのおじさん」製作委員会  
製作プロダクション:東映東京撮影所 マッチポイント  
配給:東映  
(C) 1972 北杜夫/新潮社
(C) 2016「ぼくのおじさん」製作委員会
貝社員(C)DLE