「THE YELLOW MONKEY」タグアーカイブ

THE YELLOW MONKEY 「オトトキ」​釜山国際映画祭でワールドプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph ​第22回釜山国際映画祭にて“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画「オトトキ」がワイド・アングル部門の特別招待作品としてワールドプレミア上映が決定しました!そして今回、本作の予告編が到着しました。



本作が正式出品されている釜山国際映画祭は、1996年に創設されたアジア最大の国際映画祭。10月12日に釜山シネマセンターで開幕式が行われ、主演のTHE YELLOW MONKEYと松永監督がレッドカーペットに登場、翌13日のワールドプレミア上映後に舞台挨拶登壇予定。日本のみならず、アジア圏のファンとの交流も期待です。​
また、一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、​彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?今後のTHE YELLOW MONKEYの行先を見い出すことは出来るのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』11月11日より全国公開となります!​


​特典付きムビチケ:9月30日(土)より発売開始 ​
絵柄・特典詳細・価格等詳細は近日公式HP等にてご案内致します。​
※一部劇場除く  ※ムビチケカードは対応劇場でのみ使用可能なカードタイプの前売券となります。​
当日上映料金:通常料金 ※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。​


『オトトキ』 

映画公式サイト:
theyellowmonkey-movie.jp ​

映画公式Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  

映画公式Facebook:
OTOTOKI.MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二 

監督:松永大司​
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​
 ​


イエモン映画タイトル「オトトキ」に決定!11/11全国公開


映画情報どっとこむ ralph この度、15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した本作のタイトルが、「オトトキ」に決定!2017年11月11日(土)より、全国公開。

本日、そのタイトルとメインビジュアルが解禁となりました!

キャッチコピーは≪4Pしようぜ。≫THE YELLOW MONKEYらしい猥雑で挑発的なキャッチに決定。


映画情報どっとこむ ralph 日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”のドキュメンタリーフィルム!監督は『トイレのピエタ』で注目の松永大司!活動休止から15年。再び集まった4人の男が、汗まみれで戯れている。これは“ロックンロールドキュメンタリー”なのか?

1992年のデビュー以来、数々のヒット曲を生み出し、シングル・アルバムセールス合わせて1,000万枚以上のセールスを記録、2001年に活動を休止した日本を代表するロックバンド、THE YELLOW MONKEY。

その彼らの活動休止から15年。

2016年に再集結し、全国42公演、36万人動員のツアーで見事な復活を遂げる。この復活劇の1年間を追いかけたのは、映画監督松永大司。時には、超至近距離でカメラを回し、時には、“証言”を求めて海外にも渡る。

そして、ついに彼らに”ある場所”でのLIVEを仕掛ける。まるで、この1年間だけでなく、この先のTHE YELLOW MONKEYの行先をも見い出そうとしているかのように。ロックバンドを続けるとはどういうことなのか?

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHEYELLOWMONKEYを感じる映画『オトトキ』全国公開決定!

映画情報どっとこむ ralph THEYELLOWMONKEY=メンバーと監督からコメントが届いています。

吉井和哉さん:僕たちが再びオレンジ色の中央線のラインに繋がったドキュメンタリーです。怒涛のような1年を松永監督の目線で追いかけます。ファンの方々にとっては、イエローモンキーの映画であると同時に皆さんの映画でもあると思います。

菊地英昭さん:人にとっての一年は長いようで短い。短いようで長い。本当にいろんな物が詰まってます。メンバー、家族、待っていてくれた人達、支えてきてくれた人達、支えてくれている人達、未来を一緒に作っていくだろう人達への想いが溢れてメカラアセガ…ありがとう☆。

廣瀬洋一さん:バンド史・自分史に燦然と輝く“再集結YEAR”だった2016年の春から2017年の春までの我がTHEYELLOWMONKEYを、松永監督が見事に結び紡ぎ繋ぎあげてくださった。ココに嘘・偽りは何一つ無く、ただただピュアでドラマティックな真実が映し出されている。『本人のオマエが感極まってどうすんだよ!?』って言われちゃうほどに心が揺さぶられる作品になりましたね。

菊地英二さん:恥ずかしいほどの素をさらけ出したメンバーを通して監督が感じ取ったものがエンドロールで見えてくると思います。手前味噌ながら、色々と飾り立てた言葉よりも音楽はより多くのモノを物語る事を実感した作品です。



松永大司監督:『オトトキ』というタイトルにはいくつかの意味を含めました。それはTHEYELLOWMONKEYというバンドを知らない人にも観てもらいたいという想いを込めて。劇場の大きなスクリーンと音で、彼らの生きている時間を体感してもらいたいです。

映画情報どっとこむ ralph 特典付きムビチケ:9月30日(土)より発売開始絵柄・特典詳細・価格等詳細は近日公式HP等にてご案内致します。
※一部劇場除く
※ムビチケカードは対応劇場でのみ使用可能なカードタイプの前売券となります。
  当日上映料金:通常料金
※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。

【映画公式サイト】theyellowmonkey-movie.jp
【映画公式SNS】Twitter:@OTOTOKI_MOVIE
Instagram:@ototoki_movie/
Facebook:OTOTOKI.MOVIE
※各SNSの開設は8/9(水)13時以降になります。

***********************************

出演:THEYELLOWMONKEY
吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二

監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:ティ・ジョイ
製作:映画「オトトキ」製作委員会
©2017映画「オトトキ」製作委員会


ザ・イエロー・モンキー 『パンドラ』 公開決定



『トリツカレたように、ザ・イエロー・モンキーをやっていた。』

走り抜いたあの興奮と、喪失と。絶頂を極めた113 本のツアーを、いま4人が語る。

2013年。
解散から9 年経ったTHE YELLOW MONKEY。結成20 周年イヤーでありファン投票によるベスト盤『イエモン』のリリースなど今なお盛り上がりをみせていますが、彼らが1998 年4 月から1999 年3 月の1 年間に計113 本ものステージを行ったツアーのドキュメントが、本作『パンドラ ザ・イエロー・モンキーPUNCH DRUNKARD TOURTHE MOVIE』。

注目は、2013 年夏新たな撮影が実現。解散後初めてとなる4 人揃ってのインタビュー映像がこの映画で公開されます。

当時の想いが蘇るのか・・それとも、新しい何かが起こるのか。

さらに、今だから語ることが出来る当時のツアースタッフの証言も収録。彼等はなぜこの“伝説”として語られるツアーをスタートさせたかに迫る。監督はこのツアーを記録し、THE YELLOW MONKEY の映像作品を多く手掛ける高橋栄樹。

自らが撮影していた当時の映像に、追加撮影を行って『パンドラ』が完成しました。


映画館での上映は、渋谷シネクイントで2週間限定レイトショーと他の全国映画館は、9月28 日(土)の1回のみの上映予定のため、チケットの予約が必要です。

Photo by Mikio Ariga

チケットは8月2日(金)からe+(イープラス)にてプレオーダー開始!

劇場用パンフレット(限定数制作)は、写真家・有賀幹夫氏プロデュースのオールカラー、B5 版52 ページの豪華版! 劇場チケット購入時に予約が可能。

当時のスタッフT シャツ(レプリカ)は、劇場チケット購入時のみ予約出来る完全予約生産のレア商品。

8月2日から発売されるチケットには、THE YELLOW MONKEY のジャケット写真、ライブ写真などを多く手掛ける有賀幹夫氏プロデュースの劇場用パンフレット付きのものと、パンフレットと当時のスタッフ着用(非売品)レプリカTシャツ付きのもの、座席指定チケットのみのものがあるそうです。

劇場用パンフレットは当時撮影された写真の中から、有賀氏が選んだ未発表写真をはじめ、2013 年新たに撮影された4 人の写真も含まれた、豪華52 ページの秘蔵版オールカラーパンフレットとなる。公開劇場にて限定数販売されるが、予約すれば確実に手に入れることが出来ます。

Tシャツは、チケット予約時にしか購入予約出来ない完全限定商品で、サイズはL、M、Sで、色は黒のみ。
予約済みのパンフレットとTシャツは、上映時・上映劇場での引き渡しとなります。

渋谷シネクイントにて9 月28 日(土)~2 週間限定レイトショー。
他全国映画館にて9 月28 日(土) 1 日限りの限定上映!!

是非。



********************************************************************


★公開劇場2013 年7 月30 日現在
ユナイテッド・シネマ札幌(北海道)、MOVIX利府(宮城)、MOVIX宇都宮(栃木)、シネプレックス水戸(茨城)、渋谷シネクイント(東京)、角川シネマ新宿(東京)、ユナイテッド・シネマ豊洲(東京)、ユナイテッド・シネマとしまえん(東京)、109 シネマズMM横浜(神奈川)、川崎チネチッタ(神奈川)、シネプレックス平塚(神奈川)、シネプレックス幕張(千葉)、ユナイテッド・シネマ浦和(埼玉)、ユナイテッド・シネマ入間(埼玉)、ユナイテッド・シネマ前橋(群馬)、ユナイテッド・シネマ新潟(新潟)、109 シネマズ名古屋(愛知)、ユナイテッド・シネマ豊橋(愛知)、109 シネマズ四日市(三重)、ユナイテッド・シネマ金沢(石川)、なんばパークスシネマ(大阪)、シネプレックス枚方(大阪)、109 シネマズHAT神戸(兵庫)、MOVIXあまがさき(兵庫)、MOVIX京都(京都)、MOVIX倉敷(岡山)、109 シネマズ広島(広島)、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13(福岡)、シネプレックス小倉(福岡)、シネプレックス熊本(熊本)、ユナイテッド・シネマ長崎(長崎) 計31 館

公式HP : theyellowmonkey-movie.com
THE YELLOW MONKEY,吉井和哉,菊地英昭,廣瀬洋一,菊地英二
監督:高橋栄樹
企画:BAJ 企画・制作:スプーン配給:パルコ/ユナイテッド・シネマ
協力:アリオラジャパン日本コロムビアホライゾン・インターナショナル
製作:『パンドラ』製作委員会2013/日本/カラー/16:9/5.1ch
©2013『パンドラ』製作委員会