「MEGUMI」タグアーカイブ

広瀬アリス 主演映画『巫女っちゃけん。』公開日決定!コメントあり!


映画情報どっとこむ ralph 広瀬アリス主演 映画「巫女っちゃけん。」を2018年1月20日(土)より福岡先行公開、2018年 2 月3日(土)より東京/ 新宿武蔵野館・渋谷TOEI他、全国公開が決定しました。
更に9月15日から開催されるアジアフォーカス・福岡国際映画祭 2017 クロージング作品に決定。
10月25日から開催される第30回東京国際映画祭の特別招待作品として出品が決定しています。

映画情報どっとこむ ralph たった一度の人生なのに、自分が「なにをやりたいのか?」「どう生きていきたいのか?」わからない。

この映画の主役である巫女のしわすかも知れない。

常識も礼儀もない、態度も口も悪い、とにかくやる気がない。そのくせ、自分はなにも悪くない、すべて人のせい。 そんな夢も希望もオッパイもない(笑)のは当然とも思えるしわすの前に、突然、口の利けない5歳の悪ガキ、健太が現れる。
果たして健太は、しわすの天使なのか、 悪魔なのか…。

映画情報どっとこむ ralph 主人公しわすを演じるのは広瀬アリス。
神社の宮司であり、しわすの 父親にリリー・フランキ―、母親に飯島直子、健太の母親にはMEGUMIと、名実ともにお墨付きのキャストが揃った。また、5歳の健太には、 公開オーディションで選ばれた山口太幹。

監督は「偶然にも最悪な少年」「プルコギ」「ハードロマンチッカー」のグ スーヨン。


撮影は”光の道“で一躍有名になった 福岡県福津市の宮地嶽神社で、連日 35℃を超える猛暑の中、行われました。
映画情報どっとこむ ralph 広瀬アリスさんからのコメントが届いています!

アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2017、東京国際映画祭で皆様にお披露目出来ると聞いて、とても嬉しく思います。 日本の文化、神社の巫女というのは知っているようで、実はあまり知らない世界だと思います。所作や舞いをクランクインの1週間前か ら撮影現場の福岡に入り毎日練習しました。巫女の装束も自分1人で着れるようになり、髪も皆で並んで前の人の髪を結んだりする事 も習い、濃厚な時間を過ごさせて頂きました。ただ本編での私(しわす)は、今まで習った事は一切しないで下さいと言われました(笑)。 良い意味で巫女の世界観、空気感をぶっ壊していると思います(笑)。 自分自身、あまり映画祭の経験が無いので,今からドキドキしていますがとても楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
しわすは、現在就活中。父が宮司をしている神社で巫女のバイトをしている。「就職が決まったら巫女なんかすぐにやめてやる」と父に言いながらも、 しわすはやりたいことや夢があるわけではない。しかも、子どもの頃に母親が家を出て行った事がトラウマで、何かしら反発してしまう。そんな時、神社 でボヤ騒ぎが起こったり、賽銭や食べ物が盗まれたりする事件が発生。夜中の境内見回り中、しわすは社殿に隠れて居た5歳の少年、健太を捕まえ る。一切口を聞かない健太。しばらくの間、神社で面倒を見ることになり、しわすはイヤイヤ健太の世話係になる。そんなある日、母親の美和が健太を 迎えに来て、しわすは世話係から解放される。 数日後、健太が再び境内に隠れて居るのが発見される。顔には殴られたアザが・・・。 児童相談所の 相談員を交えた話し合いの席で、「誰に殴られたの?」と問われた健太はしわすを指さす。唖然とするしわす。警察も動き出す事態になり、疑惑の目で 見られるしわすが最後に取った行動とは・・・。
巫女っちゃけん。

URL:mikomovie.com  

2018年2月3日(土)より 新宿武蔵野館・渋谷TOEI他全国ロードショー!!
2018年1月20日(土)より福岡先行ロードショー。

***********************************


配給  
スリーパーエージェント

監督:グ スーヨン 
主演:広瀬アリス 出演、山口太幹、MEGUMI、飯島直子、リリー・フランキ―
主題歌:「マイフェイヴァリット・ゲーム」 アレクサンドラ・スタン
配給:スリーパーエージェント 配給協力:アーク・フィルムズ
©2017 『巫女っちゃけん。』製作委員会 
2017年/日本/5.1ch/DCP/ビスタサイズ/98分/G


青木玄徳 山田裕貴ら登壇『闇金ドッグス3』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 裏社会作品シリーズ第三弾『闇金ドッグス3 』が2016年5月21日(土)より新宿バルト9他にて公開となりました。

その公開を記念し5月21日(土)に人気キャスト青木玄徳さん、山田裕貴さん、MEGUMIさん、冨手麻妙さん、波岡一喜さん、津田寛治さんと土屋哲彦監督が集結して初日舞台挨拶を行いました。
闇金ドッグス3初日コワモテ
日程:5月21日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:青木玄徳、山田裕貴、MEGUMI、冨手麻妙、波岡一喜、津田寛治、土屋哲彦監督

映画情報どっとこむ TJ バルト9で一番大きな箱が満員!大きな拍手の中キャストと監督が登場!

青木さん:本日はご来場本当にありがとうございます。楽しんでいきましょ!
闇金ドッグス3,青木玄徳
山田さん:楽しんでいきましょ!
闇金ドッグス3山田裕貴
そして、楽しんでいきましょ!縛りの挨拶でスタートした初日舞台挨拶。

津田さん:闇金ドッグスは面白くって。2を観た時に次世代映画だなと。3では日本映画にしるしを残したなと思いました。


MC:青木さん映画初主演いかがでしたか?

青木さん:2から3にかけて、間がなくて。主演はやっているうちに荷は重くなっていきましたが、周りのキャストスタッフさんが良かったので、頑張ってできたなと思います。楽しかったです。特に今回はMEGUMIさんがゲストでスゲーテンション上がりました。僕ドラゴンアッシュ凄い聴いていたんで!

MEGUMIさん私じゃないの!?あっち?

と、笑いながらご立腹!
闇金ドッグス3初日トーク2
MC:山田さんはパート3では青木さんをバックアップする感じでしたが。

山田さん:2と3の間がなかったので、すぐ切り替えました。やりがいがありましたね。僕は見守ってる兄貴みたいな感じでのぞみました。二人で読み合わせ凄いしました!

青木さん:ナチュラルハイな感じで撮りましたね。

監督:ここはナチュラルハイだったんだろうなとわかると思います。
闇金ドッグス3初日パノラマ
MC:MEGUMIさんはステージママ役。役作りは

MEGUMIさん:ステージママではありつつ、言葉が上手く話せない役だったので、難しかったかなと。子供を思う気持ちが途切れないようにやりました。で、凄い真剣に役ずくりしていたら青木さんが「古谷さんの身長ってどれくらいですか?」って。今?って、チャーミングな方だなと思ってました。

波岡さん:おまえよっぽど旦那気になってんだな!

青木さん:あ はい。めっちゃ好きなんです。

和気藹々さが伝わってくる展開。

映画情報どっとこむ TJ MC:冨手さんは1作目のその後でしたが

冨手さん:やらなきゃいけないことが多くて。今回は路上アーティストになっていて、ピアノの練習したり、監督から撮影まえに痩せろって言われて何も食べないようにしました。青木さんとは青木ファンからブーイングされそうな直接対決もしています。

MC:波岡さん、ライバル闇金業者役ですが・・

浪岡さん:闇金業者?には見えませんね。(笑)闇金業者を超えないように普通に静かにを心がけました。あと、青木とのBL的なね。血が出るぐらいなね。

MC:津田さんはかなりあこぎな役ですが・・

津田さん:闇金扱った作品沢山ありますが、この映画は人を描いていてさらに言うと俳優を描いているんです。土屋監督の凄いのは若い俳優が輝くように演出するところですよね。監督がそれぞれの役者の空気感までも切り取っているのが秀逸です。

波岡さん:素晴らしい!切り取って。牛○君とは違うなと。
闇金ドッグス3初日トーク
MC:個性的な役者をまとめてますが

土屋監督:キャスティングが決まっていくに従って楽しみになって。山田君と青木君の関係をリアリティーがあるように仕上げました。ワークショップもやりました。

映画情報どっとこむ TJ フォトセッション!
笑顔バージョン!
笑顔バージョン!

コワモテバージョン!
コワモテバージョン!

最後に

青木さん:待ちに待った瞬間です。新たなストーリーで

1、2と来て3はちょっとテイストが違います!闇金ドッグス?って思うかもしれませんが、それが良く取られるんじゃないかと楽しみにしてます!


闇金ドッグス3

公式HP:
yamikin-dogs.com

闇金ドッグス3物語・・・
若くして組長にまで昇りつめた安藤忠臣はヤクザから足を洗い、闇金の世界へ。

客として彼と出会った元ホストの須藤司は安藤が経営する「ラストファイナンス」に雇われ、女性の扱いの上手さを生かし、女性債務者を次々と増やしていた。そこに現れたのが夢を捨てきれない元アイドルと、愛娘をスターにしたいステージママ。

闇金の扉を叩く彼女たちの背後には、悪徳芸能事務所の存在が……。

***********************************

青木玄徳 
MEGUMI ・ 冨手麻妙 松林慎司 内田滋 山崎直樹
山田裕貴
波岡一喜 / 津田寛治

監督:土屋哲彦 
脚本:池谷雅夫 
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「闇金ドッグス2&3」製作委員会
(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
2016年/日本/77分/カラー/シネマスコープ 
(C)2016「闇金ドッグス2&3」製作委員会