「長谷川朝晴」タグアーカイブ

瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』今年もアンコール上映決定!遂にBlu-rayリリースも!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督の伝説的映画『ヘヴンズ ストーリー』、公開から7年・・・・

毎年恒例となっているK’s cinema(新宿)での『ヘヴンズ ストーリー』アンコール上映。今年も2017年12月2日より開催が決定。
映画館ならではの大スクリーンと音響で4時間38分の体験を!

開催期間:2017年12月2日(土)~12月8日(金)
上映開始時間:連日15:30~

※豪華ゲスト来館予定! 詳細はK’s cinema公式HP等にて発表されます!
映画情報どっとこむ ralph さらに遂にBlu-ray・DVD化決定!

2010年10月に劇場公開され、日本のみならず全世界で話題を呼んだ瀬々敬久監督作品『ヘヴンズ ストーリー』が、2017年12月6日(水)に遂にBlu-ray・DVDとなって発売されることが決定しました。

邦画ファンから長らくパッケージ化が待たれていた本作。劇場公開から7年以上の時を経て、待望の初パッケージ化。

本作は、複数の殺人事件をきっかけに、被害者家族や加害者を中心とする20人以上の登場人物が、からみ合い、つながり合う、全9章・4時間38分にも及ぶ大巨編。得体の知れぬ憎しみが覆う世界に向けて、日常の中にある「罪と罰」と言うべき大きな命題に挑み、復讐の先にある再生を描ききった意欲作。


本作にて第61回ベルリン国際映画祭で「国際批評家連盟賞」と「NETPAC賞」をW受賞。
熱狂的なファンを持ち、公開から7年経つ現在も毎年アンコール上映が開催されている、まさにエポックメイキングな作品だ。
出演は、寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコを中心に、菜葉菜、江口のりこ、大島葉子、吹越満、片岡礼子、嶋田久作、菅田俊、光石研、津田寛治、根岸季衣、渡辺真起子、長澤奈央、佐藤浩市、柄本明といった、そうそうたる実力派俳優陣が名を連ねています。

Blu-ray・DVDの特典として、撮影中のスチル写真を多数使った特製ブックレット、新規の映像特典の収録も予定されている。

映画情報どっとこむ ralph そして今回のBlu-ray・DVD発売決定にあたり、瀬々敬久監督よりコメントが届きました!

瀬々敬久監督 コメント
『ヘヴンズ ストーリー』はこれまで7年の間、上映されてきました。その間、見に来ていただいた方々、そして上映に携わっていただいた方々、ありがとうございます。この7年の間で、時代も少し変わりました。映像の需要は配信へと進み、モノとして映像を所有するということがいつ終わるかもしれないというのが趨勢です。そんな時流の中、これが最後の機会とも考え、この映画をDVDやブルーレイとして、それぞれの場所で見ていただけるよう決めました。映画上映にこだわってきましたが、これを機会に『ヘヴンズ ストーリー』の、また新しい体験が広がっていくことを期待します。なお上映は、今後も続けていきたいと思っています。そして、決して一元化でなく様々な選択肢のある状況を、引き続き目指していきたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 『ヘヴンズ ストーリー』

「世界が憎しみで壊れてしまう前に。」

8歳の少女サトは、両親と姉を殺され、祖父に引き取られる。
サトはテレビ画面の中で「法律が許しても、僕がこの手で犯人を殺してやります」と強く言い放つ人を見た。妻子を殺されたトモキだった。
その日から、サトにとってトモキは英雄になった…。

Blu-ray・DVD商品情報
「ヘヴンズ ストーリー Blu-ray」
(PCXP-50532)¥5,800+税
Blu-ray2枚組

「ヘヴンズ ストーリー DVD」
(PCBP-53669)¥4,800+税
DVD2枚組

発売日:2017年12月6日(水) Blu-ray&DVD発売 (DVD上・下巻 同時レンタル開始)
収録時間:本編278分+特典映像

【Blu-ray・DVD共通封入特典】
特製アウターケース/32Pブックレット(撮影中スチル写真ほか掲載)
【Blu-ray・DVD共通映像特典】 
新規撮影映像特典(予定)
※特典内容は予定です。変更になる可能性もございます。
※特典情報は詳細が決定次第、随時更新いたします。

***********************************

キャスト
寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコ
菜葉菜、栗原堅一、江口のりこ、大島葉子、吹越満、片岡礼子、嶋田久作、菅田俊、光石研、津田寛治
根岸季衣、渡辺真起子、長澤奈央、本多叶奈、佐藤浩市、柄本明、人形舞台 yumehina、百鬼どんどろ ほか


監督:瀬々敬久 
脚本:佐藤有記
音楽:安川午朗 撮影:鍋島淳裕、斉藤幸一、花村也寸志 
照明:福田裕佐
美術:野々垣聡、田中浩二、金林剛 録音:黄永昌、高田伸也 
整音:鈴木昭彦 編集:今井俊裕
助監督:海野敦、菊地健雄 
製作担当:藤川佳三 
エンディング曲:Tenko「生まれる前の物語」
企画:浅野博貴 
製作:小林洋一、吉村和文、岡田博、林瑞峰、須田諭一 
プロデューサー:朝倉大介、坂口一直
製作:ヘヴンズ プロジェクト 
助成:文化芸術振興費補助金 
配給・宣伝:ムヴィオラ

発売元・販売元:ポニーキャニオン

(C) 2010ヘヴンズ プロジェクト


冬ソナのユン・ソクホ監督 眞島秀和x真田麻垂美『心に吹く風』場面写到着


映画情報どっとこむ ralph 『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督が描く大人の純愛ラブストーリー! 眞島秀和の貴重なピアノシーン含め場面写真一挙公開‼この度、映画『心に吹く風』が6月17日㈯より公開する運びとなりました。

本作は、“作家主義”ד俳優発掘”を掲げる松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト(『滝を見にいく』『恋人たち』『東京ウィンドオー ケストラ』)の第4弾となります。

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大な自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛の道行を 描いた大人の純愛ラブストーリーが誕生しました。

本作は、ユン・ソクホ監督の初の劇場映画であり、初の日本作品。

出演は、映画・テレビ・演劇で幅広く活躍する人気男優・眞島秀和さんと、この作品が16 年ぶりの映画復帰作となる伝説の女優・真田麻垂美さん(『眠る男』『月とキャベツ』)。

映画情報どっとこむ ralph この度は解禁された場面写真は6点。

一点目は眞島秀和演じるリョウスケが高校時代、春香のために作った歌を思い出しピアノで弾き、気づくと声を重ねて歌い出す二人の姿を収めていて、眞島秀和の貴重な演奏シーンに注目なんです。『冬のソナタ』でもユン監督とタッグを組んできた、イ・ジスが劇中歌を手掛けていることもあり、 音楽も物語に彩りを添えているそうです。

ニ点目は鈴木仁演じる高校時代のリョウスケが、蝶を追いかけている途中で駒井蓮演じる春香が痛めてしまった 足首を気にかけて触る姿を収めています。二人のピュアな可愛らしいやりとりがより伝わる一枚。

三点目は草原で春香を後ろから抱きしめるリョウスケ。
北海道での撮影を終えたリョウスケを空港に送る途中、高校時代に両想いにも関わらず離れ離れになり音信不通になっていたことを涙を浮かべ謝るリョウスケの告白に、既に家族をもつ春香はいたたまれない気持ちになり、車を停め降りてしまう。二人の間のどうしようもない現実への葛藤が伝わる一枚。

四点目は、真島秀和演じるビデオアーティストのリョウスケと、真田麻垂美演じる春香が寄り添い、風に揺れる木の葉を様子を収めるため、レンズをのぞき込む姿。今も趣味で絵本を描く春香が学生時代からアーティスティックさを忘れないリョウスケに改めて惹かれる表情を浮かべています。

五点目は、空港で不安げな表情でたたずむリョウスケの姿。空港へ着くと、ちょうど出張から帰ってきた春香の夫に遭遇してしまい、 二人は他人の振りをしてそのまま別れてしまう。

六点目は、森の中で風の音に共鳴し、たたずむ二人の姿を収めている。互いのこれまでの歩みを語 り合い、初恋を思い出した二人は誰にも邪魔できない世界に浸っている様子がうかがえる。 初恋を思い出したリョウスケと春香。果たして二人は結ばれるのか、もう会うことはないのか。

映画情報どっとこむ ralph その二人の純愛の行方は・・・・・。

映画『心に吹く風』

6月 17 日(土)新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
6 月 10 日北海道先行公開

物語・・・
舞台は北海道。ビデオアーティストのリョウスケは、仕事で訪れた富良野で、高校時代の相手・春香に偶然出会う。20 年ぶりの再会、春香には 夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。お互いを思いながらも別々の人生を 歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すように心をかよわせていく。そして、2 日間の道行の末に。春香は越えてはいけない一線を越える決意をするのだが。

***********************************

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス
製作:松竹ブロードキャスティング
配給:松竹ブロードキャスティング
アーク・フィルムズ (日本/2017/ビスタ/107分/5.1ch)
©松竹ブロードキャスティング


「冬のソナタ」の監督が富良野で描く純愛『心に吹く風』予告編


映画情報どっとこむ ralph 映画『心に吹く風』の日本公開が6月に決定いたしました!

あわせて本作のポスタービジュアル&予告編が解禁に。

本作は、“作家主義”ד俳優発掘”を掲げる松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト(『滝を見にいく』『恋人たち』『東京ウィンドオーケストラ』)の第4弾となります。
出演は、人気男優・眞島秀和と、この作品が16年ぶりの真田麻垂美。

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大で美しい自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛の道行を描いた大人の純愛ラブストーリーが誕生しました。

舞台は北海道。
ビデオアーティストのリョウスケは、仕事で訪れた富良野で、高校時代の相手・春香に偶然出会う。

20年ぶりの再会、春香には夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。
お互いを思いながらも別々の人生を歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すように心をかよわせていく。
そして、2日間の道行の末に、春香は越えてはいけない一線を越える決意をするのだが…。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作の予告編・・・

桜が満開の季節、リョウスケが自転車の後ろに春香を乗せながら走る、23年前の高校時代のシーンから始まる本映像。

富良野を舞台にリョウスケと春香の高校時代の鮮やかな忘れられない初恋がよみがえる。高校時代に、何も伝えられないまま離れ離れになった二人。
過ぎ去った、それぞれの時間を取り戻すように2日間を過ごす。閉じたはずの心に、再び、風が吹く。失った時間を、伝えられなかった想いを伝え、果たして…二人は心をかよわせることができるか?

みずみずしい映像とバッググラウンドに流れるイ・ジス(『オールド・ボーイ』)の曲がリンクし、北海道の雄大な自然を背景に、『心に吹く風』の世界観を作り上げています。
同じく解禁させていただくポスターは、“北海道・春 美瑛~富良野 たった2日間だけの、大人のファンタジー忘れられない初恋がよみがえる…“というメッセージのように、
しっとりとした大人の純愛ラブストーリーの雰囲気が感じられるビジュアルに仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph
リョウスケと春香の立ち姿が韓国ドラマ「冬のソナタ」のチュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)をどことなく彷彿させるのは、ユン・ソクホ監督の想いが反映されているから!?

その真相も気になる『心に吹く風

6月新宿武蔵野館他全国順次ロードショーです!

***********************************

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス
日本/2017/ビスタ/107 分/5.1ch
©松竹ブロードキャスティング