「立川志らく」タグアーカイブ

立川志らく師匠 シネマ落語 『素晴らしき哉、人生!』上映&落語『人情医者』


映画情報どっとこむ ralph 「第10回したまちコメディ映画祭in台東」2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)で開催。

「したコメ」とは、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただくとコンセプトの映画祭。

今回、シネマ落語 したコメ亭では、映画はフランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』を上映
監督:フランク・キャプラ、出演:ジェームズ・ステュアート、ドナ・リード

と共に、立川志らく師匠の落語の演目は『人情医者』。
普段では味わえない映画と落語の両方を堪能出来る贅沢な組み合わせを堪能しました!

日付:9月18日(月・祝)
場所:雷5656会館・ときわホール
演者:立川志らく
MC:大場しょう太

映画情報どっとこむ ralph 志らく師匠:普段は、映画の上映をせずに(シネマ落語を)行うので、内容を丁寧に言いますけど、今日は前に映画を上映してるので、話さなくてもみんな知ってますね(笑)基本は同じですからね、でも話の先が読めないように、オチも変えてみたり、笑いがないところに笑いを入れてみたり。

MC大場:志らく師匠は映画も大好きで、日本映画監督協会に入っており監督もされてますよね

志らく師匠:自主映画で5本ほど制作しました、ジャンルは駄作ですけどね(笑)

MC大場:以前は別の映画祭でお会いし、舞台もされていて、多彩でありながら、シネマ落語をされるきっかけは何だったんですか?

志らく師匠:昔、映画監督になりたいという夢があったんですよね。それが今は落語をしていて。もし、自分が好きな映画を監督したらどうなるんだろうと思っていて、日本を舞台にリメイクするとしたら時代は江戸や明治にして、こうしてなど考えていたら落語でストーリーのベースは残しつつ、落語で挑戦してみようかなと。『スケアクロウ』で挑戦してみたんですけど、始めは評判が良くなかったんです。でもマニアックな映画だったんで、映画好きの人にしか分かってもらえなくて、わざわざその為に映画見てくださいっていうのも押し付けがましい気がして…それでお客さんを何とか、もう少し入れたいって思って、次回は『ダイ・ハード』の落語をします!と言ったらチケットがすぐ売れて、次の本番まで、1か月考えても何のアイデアも出てこない。苦し紛れで「姜馬」(落語の演目)がシチュエーションが『ダイ・ハード』に似てるなと思い、「姜馬」を一席した後、続けてしよう!徳川の埋蔵金を狙って、強盗が家に入り、妹が人質になって、天井裏に隠れながら進んでく。映画の中では、封鎖されたビルの中と外で無線でやり取りするシーンがあるのはどうやって、落語に置き換えようと考えていると「たぬきの恩返し」(落語の演目)のアイデアを使い、狸を無線代わりに使ってみたり、その為に「姜馬」の前に「たぬきの恩返し」も一席してから、『ダイ・ハード』のシネマ落語をしたのが受けて、そのあとからシネマ落語の前に一席、二席しておいて前振をするようになりました。そのやり方であれば『タイタニック』や『オーメン』、何でも出来ますね!でも『エクソシスト』は難しかったですね、30分やるほどのネタが出来ませんでしたね(笑)『ゴッドファーザー』も難しかった、登場人物が40人くらいいるので大変でしたね。『ジュラシックパーク』だけは、どう頑張っても恐竜は何に置き換えられるか、思いつかないですね(笑)


MC大場:話題作から、志らく師匠の好きな作品まで幅広く行っていて、皆さんが興味を持って落語を見るきっかけになればいいですね。

と、締めました。

***********************************



立川志らく『リュミエール!』公開収録!落語家として映画を作りたいと野望明かす!


映画情報どっとこむ ralph 映画の父“リュミエール兄弟”が製作した作品1422本から厳選された108本より構成された映画『リュミエール!』が10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他全国順次公開となります!

そして!本作の日本語版ナレーションを、映画への造詣が深い落語家の立川志らくさんが担当することになり、9月12日(火)に日本語ナレーション公開収録を行いました。

日付:9月12日(火)
会場:ソニーPCLスタジオ クリエーションセンター
登壇:立川志らく

映画情報どっとこむ ralph 報道陣を前に、本作の中から「水を撒かれた水撒き人」「ラ・シオタ駅への列車の到着」「日本の闘志」3作品のナレーションを収録。

軽妙かつ愛嬌のある温かな語り口で順調に収録が進みました。


映画情報どっとこむ ralph その後、取材に応じた志らくさん。
テレビのナレーションは何度かあるが、映画のナレーションは本作が初めて、とのことで、その感想を問われると

志らくさん:とても貴重な映像の数々なので、あんまり邪魔しちゃいけないなと思いながら、あんまりキレイにしゃべりすぎても、それならばアナウンサーとか声優さんとか連れて来ればよいわけですから、そんなところを悩みながら撮りました。

と答えた。続けて

志らくさん:観る前はよっぽど映画好きか、映画監督やカメラマンがみるべき映画かと思っていたんだけど、実際にみて観ると、映画に多少でも興味があれば娯楽として楽しめるはず!いまの若い人たちはyoutubeのために自分で撮影したりしているけれど、何が違うって、(リュミエール作品は)絵画みたいなんだよね、ストーリー性はそれほどなくても楽しめると思う。

と本作を解説。

さらに好きなシーンは

志らくさん:意味もわからず、乳母車が道をドンドン通ってくる映像」だそうで、「最後に演出なのかたまたまなのか、ヨチヨチ歩きの子がすーっと歩いてくるんだよね。“まるでチャップリンの「モダンタイムス」のように”と解説も入るんだけど、その子の後姿がチャップリンのようで。大きな意味はないんだけど、感動的だなと。映画って、意味がなくても面白いんだなって映画の原点のようですごく印象に残りましたよ。

と映画に造詣が深い志らくさんならではの感想も。また今年観た映画の中で一番好きな作品としては「ラ・ラ・ランド」を挙げ、

志らくさん:この作品が今年観た中で一番。フレッド・アステアの作品とかみていたものとしては、この時代によくこの映画を作ってくれたなと、ミュージカルが好きで好きでしょうがない、という気持ちが画面にあふれていて、その好きさが現れているとそれだけで楽しくなるんですよ。そういうのが映画の原点ですよね。

と語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph 落語家としてだけでなく、映画の評論や現在TBS系「ひるおび」のコメンテーターとしても活躍中

志らくさん:昔から好きなものは片っ端からやっていこう、と思ってるし、新たに挑戦したいのは、落語家として一本映画を作りたいなぁと。私が唯一できるのは、自分の師匠である立川談志がどんな人だったか、それをちゃんと映画で描きたい。談志はこんなハチャメチャで嫌われていたけど、一方ではこんなに愛されていた、というのをドラマ仕立てで作ってみたい。それができるのは談志の弟子で映画に精通していないと、となると志の輔さんか私かな。誰が談志をやるかっていえば、私が演じれば似てますよ、憑依芸で(笑)。

とユーモアを交えて答える一幕も。


最後に本作を

志らくさん:映画マニアにはたまらない作品で、しかも普通の映画ファンがみても熱狂できる、本当に貴重な作品。これから自分のもっているちょっとした機材で映像を撮ろうと思っている人、短編を作ろうとしている若い映画人は観るべきです!目からウロコで、この作品はまさに動く絵画!内容以上にいかに構図にこだわるか、そこに作り手の愛情が加わるか、それを発見することができる作品です!

と熱く語り、終始、映画愛にあふれたナレーション収録になりました。

映画『リュミエール!』
原題:LUMIERE!
が10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他全国順次公開です。

公式HP:
gaga.ne.jp/lumiere!/

スピルバーグもルーカスもジェームズ・キャメロンもクロサワも小津も、映画はここから始まったー。1895年12月28日パリ、ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』等が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした。 1895年から1905年の10年間に製作された1422本より、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分。4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当、ひとつの時代、そこに生きる様々な人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界への旅にあなたを誘います。

***********************************

監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー(カンヌ国際映画祭総代表)

製作:リュミエール研究所
共同プロデューサー:ヴェルトラン・タヴェルニエ
音楽:カミーユ・サン=サーンス

映像:1895年~1905年リュミエール研究所(シネマトグラフ短編映画集1,422本の108本より)

2016年/フランス/フランス語/90分/モノクロ/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:古賀太/後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力:ユニフランス

© 2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon
    


映画の父“リュミエール兄弟”東京国際映画祭特別上映決定 立川志らくがナレ


映画情報どっとこむ ralph マーティン・スコセッシ監督が「世界の至宝だ!」と絶賛する、映画の父“リュミエール兄弟”が製作した作品1422本から厳選された108本より構成された映画『リュミエール!』が、10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他にて全国順次公開することが決定!

この度、邦題『リュミエール!』、日本オリジナルのポスタービジュアル、第30回東京国際映画祭特別上映決定、そして日本語吹替版ナレーションを映画に造詣の深い落語家“立川志らく”氏に決定した旨が、あわせて解禁となりました!

ポスターは、映画を発明した人物として知られるリュミエール兄弟。
シネマトグラフで撮影された122年前の世界を描いた作品集を1本の映画として鑑賞できるこの作品の素晴らしさを、当時の写真のとともに表現したとものになっています。

映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭特別上映決定:10/25(水)-11/3(金)に開催される第30回東京国際映画祭の特別上映作品として正式出品が決定。

上映の際には監督でもあるティエリー・フレモー氏が来日登壇予定!

立川志らく (c)山田雅子

日本語版ナレーションに“立川志らく”決定!!

落語家立川志らく氏は、古典落語と映画のコラボ!をテーマにした「シネマ落語」を開催、キネマ旬報にも「立川志らくのシネマ徒然草」を寄稿するなど映画への造詣が深く、映画の原点となる本作の日本語ナレーションを担当することとなった。



映画『リュミエール!
原題:LUMIERE!

公式サイト
gaga.ne.jp/lumiere!/

***********************************

監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー(カンヌ国際映画祭総代表)
製作:リュミエール研究所 
共同プロデューサー:ヴェルトラン・タヴェルニエ 
音楽:カミーユ・サン=サーンス
映像:1895年~1905年リュミエール研究所(シネマトグラフ短編映画集1,422本の108本より)
2016年/フランス/フランス語/90分/モノクロ/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:古賀太/後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力:ユニフランス
© 2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon
©山田雅子