「矢本悠馬」タグアーカイブ

親密すぎる!間宮祥太朗・矢本悠馬『トリガール』胸キュン実演!


映画情報どっとこむ ralph 青春ラブ?コメディ映画「トリガール!」。
9月1日に全国公開され、ゆきな(土屋太鳳)と坂場(間宮祥太朗)のケンカップルなやりとりにドハマリする女子が急増するなど絶賛の声があがっているそう。
今回の大ヒット記念イベントでは、間宮祥太朗さん、矢本悠馬さんが登壇!
プライベートで77日間連続で会ったほどの仲良しだそうで、仲良しならではのぶっちゃけトークと。抽選で選ばれた観客と胸キュン場面の実演も行われました!

『トリガール!』イベント
日時:9月14日(木)
場所:池袋シネマ・ロサ
登壇:間宮祥太朗、矢本悠馬

映画情報どっとこむ ralph 黄色い歓声の中登壇の間宮祥太朗さんと矢本悠馬さん。
間宮さん:今晩は!トリガール観てくれましたか?(はーい!面白かったです!)まさか親友と二人で舞台挨拶することになるとは思いませんでした!

矢本さん:見慣れた光景でしょ?ツイッターでよくいる二人です。来てくれてありがとう!

矢本さんは、間宮さんと仲良くなったのは、濃い顔の間宮さんが、最初敬語で、泊まりに来た時にパジャマを綺麗にたたんでいて、育ちいいなと思ったからこそ。もう一人の一見キマジメそうなイケメン俳優さんは・・・なままだったと暴露。一方の間宮さんは、最初役者としてリスペクトから好きになった様子。

最高77日間あっていた二人と言う話になって、
間宮さん:気持ち悪いっすよね。会うのが切れたのはドラマが二人とも忙しくて・・・途切れたんですけど。24時までには会えなかったんですけど。。。24:30には会ってたんで。77日間だったね。って言ったら、矢本、いいやんラッキーセブンを二人で分け合ったってことやろ!って!心が二枚目過ぎる!

と、のろける間宮さん。

映画情報どっとこむ ralph そして、二人で帰るタクシーではなかなか間宮さんが降りないそうで・・・
矢本さん:〇〇〇おねだりがめんどくさいんです。

と、ぎょうてんエピソード。

先日のトリガールイベントで誕生日前日だった矢本さん。
今回の観客の中にその時にお誕生びおめでとう!って叫んだ方たちがいることが判明。

間宮さんはメールでお祝いを送っていたそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、トリガールでお勧め胸キュン?場面を観客の皆さんから抽選で実演してみようということに
間宮祥太朗さんの実演
矢本悠馬さんの実演

お二人でも・・・と悪ノリな荘口さん。
そして、やってしまうノリの良いお二人!
映画情報どっとこむ ralph 最後に

間宮さん:ありがたいことに感想がすこぶるいいんです!楽しんでくれているみたいで。笑ったんだけど、感動してぐっと来たと。これからもまだまだ見ていただきたいと思います。力を貸してください!

矢本さん:キュンとする・・ところを中々みせないラブコメ。で笑えて、熱い作品になってます!宜しくお願いします。

と、繁華な池袋でのイベントを締めました。

映画「トリガール!」

9月1日(金)TOHOシネマズ新宿、他 全国ロードショー!

物語・・・

流されて流されて、なんとなく生きてきた、鳥山ゆきな。

一浪して入った理系大学では入学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、一目惚れした高橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し文句で誘われるまま、フラフラとサークルに入部。

そのサークルこそ、毎年、二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を目指す人力飛行サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と二人っきりで大空にはばたくはずが…ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。

こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最高の夏が始まる!

公式HP

***********************************

出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬 ほか

監督:英勉(『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』『ヒロイン失格』ほか)

原作:中村航(「100回泣くこと」「デビクロくんの恋と魔法」ほか)

配給・宣伝:ショウゲート
制作プロダクション:ダブ

(C)2017「トリガール!」製作委員会


太賀、中村蒼、矢本悠馬「ポンチョに夜明けの風はらませて」完成披露


映画情報どっとこむ ralph ただなんとな~く青春を過ごしてしまった高校生3人が、卒業間近にあてのない、ハチャメチャな旅に出る物語。

早見和真先生の同名小説を、世界が注目する新鋭・廣原暁監督が映画化した青春ロードムービー「ポンチョに夜明けの風はらませて」完成披露イベントが行われ、ハチャメチャ高校生を演じた大人な3人、太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さんと黒沢清監督の生徒だったh0音策監督廣原暁監督が登壇しました。

映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」完成披露イベント
日時:9月12日(火)
場所:新宿武蔵野館
登壇:太賀、中村蒼、矢本悠馬、廣原暁監督

映画情報どっとこむ ralph 太賀さん:今日は一足先に見に来ていただきありがとうございます。いろんな世代の方々に観ていただきたい作品です。

中村さん:無事に完成しまして、皆さんに観ていただけるのが嬉しいです。

矢本さん:完成したものを観ていただくと年代によって見え方が違うようです。感想が楽しみです!

廣原監督:素晴らしい俳優と出会えて一生懸命作った映画です!最後まで楽しんでください!

本作への想いを。。
太賀さん:今回お話をいただいて嬉しくて。物語の面白さも監督とも面白くできるのじゃないかと引き受けました。自分のすごした青春とは全然違いますが、新たな青春を追体験したようでした。実は・・・・完成したもの観てものすごくホッとしました。演じてるときは、明日のことを顧みない役だったので、映画の全体像をあえて見ないで撮影にのぞんだので、出来上がったのを観て「いい映画」だったんだと気づきました。

監督:(大爆笑)

中村さんの学ランが似合っていたのですが・・・というMC。

中村さん:2人といると違う世界に連れて行ってくれる感じで、僕も役を楽しみました。それは、転校していて、楽しさが少ない高校生だった気がするんです。高校時代を謳歌した覚えがないので。今回ハチャメチャが出来て、できなかった青春を疑似体験した気がしました。出来上が他のを観てですか?太賀と一緒でホッとしました。

監督:(苦笑い)

一方矢本さんは心優しいムードメーカー役。

矢本さん:台本を読んで、このキャラはかわいく演じたいなと。僕の引き出しに持っているKAWAIIを全部引っ張り出してめっちゃブリコしました。全編みて・・・僕もホッとしました。

3人に出来上がりをホッとされた監督。今回初めて原作ものを手掛けたそうで、
監督:原作小説が面白くて、これはいいなと思って映画にしようと思ったんですが・・・じつは、小説ほどの思い切りの良さは映画では出せないんです。そこで試行錯誤して、小説の魂・心意気を活かしながら、映画としてキャラクターを生きさせたいなと。頑張りました。

映画情報どっとこむ ralph 今回高校生役だった三人、高校時代を振り返って・・部活動は?

太賀さん:部活は入ってなくて、同級生と映画撮ろうと。一緒にやった相方が同級生の染谷君でした。脚本書いたり、撮影したり。今回、一緒だったので不思議な感じでした。

高校時代がネガティブな思い出の中村さんは
中村さん:もちろん部活は、入ってないし、スポーツも勉強もできなかったし。。。何もできない。友達も少ない・・・(笑)。東京の遊びについていけませんでした。でも、やり直せるなら高校時代やり直したいです。

と、無駄にイケメンな青春を過ごしてしまった中村さんに対し、矢本さんは

矢本さん:僕はテニス部。レギュラーで!もてました。蒼君とは正反対な青春を謳歌しました。

好きだったアイドルを聞かれて・・・・

太賀さんは蒼井優さんで、共演したときはヤバいと思ったそうで気に入られようとしたそう。中村さんは、憧れはKRAVAさんで東京のシティーボーイでカッコいいなと思っていたそう。矢本さんは小学生のころキャメロンディアス、高校生で柴崎こうさんで、今は乃木坂46に落ち着いたそう。

映画情報どっとこむ ralph そして、高校時代のハチャメチャエピソード

中村さん:ルール破ったことないんです。あえて言うと、一人暮らしの時に友達と夜騒いで、大家さんに怒られたことですかね。

と、あくまでもまじめなかわいいエピソードを披露する中村さん。

矢本さん:学園祭のオブジェを作ったのにハイになって壊して・・・無茶しました。

太賀さん:蒼井優関連。高校時代の友達の名前に蒼井優を使ってました。着信に蒼井優。父はジョージクルーニーで母はスカーレット・ヨハンソンに今でもしています。

と、面白エピソード。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

太賀さん:この映画が完成して、僕たちなりに青春を追体験して楽しみながら、そして観ていただくために表現しました。受け止め方は色々だと思いますが、共感してもらったり、懐かしく思ったり。女性は男たちの青春を小ばかにしながらも可愛いと思ってくれたらと思います。
監督:リアルな高校生でなかったので、これだけ弾けた映像が撮れたと思います。バカバカしいものを沢山詰め込みました。3人がそのバカバカしいものを演じてくれて、切実な何かを探しているのを感じました。皆さんにも、何かを感じていただければと思います。



物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太
佐津川愛美 阿部純子/角田晃弘(東京03)/佐藤二朗 西田尚美
原作:早見和真「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社)

監督:廣原暁 脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
音楽:渡邊崇 青木健
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
企画・製作:RIKIプロジェクト 配給:ショウゲート

(C)2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
 


土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ登壇!「トリガール!」初日舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 人力飛行サークルを舞台にした「トリガール!」。

本作はこれまでに、キャスト・監督が作り出す<チーム「トリガール!」>の和気藹々とした雰囲気を数々のイベントで醸し出してきた本作ですが、ついに9月1日(金)に公開初日を迎え、初日舞台挨拶をTOHOシネマズ新宿にて行いました!

今回登壇したのは、土屋太鳳さん、間宮祥太朗さん、高杉真宙さん、池田エライザさん、そして、本作のメガフォンを撮った おもしろ監督の英勉さん。いつもの通り明るく緩めの舞台挨拶を繰り広げました!!

『トリガール!』 初日舞台挨拶イベント
日時:9月1日(金)
場所:TOHOシネマズ新宿 スクリーン9
登壇:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、英勉監督

映画情報どっとこむ ralph 土屋さん:ようこそ!トリガールの世界へ!こんなに沢山の方に来ていただいてとてもうれしいです。走って走って駆け抜けてきました!トリガールテイクオフです!
凄く深い夏でした!英組が、面白くてかっこよくて、プロとしての毒もあって、誠実な緊張感もあり試行錯誤できて土屋太鳳も解き放たれました。

間宮さん:トリガールは去年の夏に撮影して1年。公開です。トリガールの熱は熱々です!楽しい現場で。好き勝手やらせていただいて。それに対して太鳳の反応が新鮮で。生き生きとした映画になりました!

高杉さん:やっと皆さんに観てもらえることになりました。皆さんを夏につれてってくれる作品です!ライブ感のある現場で、キャラがみんな濃くなる中。僕はそれを止める役でしたので、崩してしまうことが怖かったんですけど。羨ましい気分もありました。

と、リズムを止めるのが怖い反面、羨ましさMAXだったよう。

間宮さん:今日の真宙のファッションポイントは!鳥が3羽です!
高杉さん:気づいていただいて嬉しです。

池田さん:(身を得たばかりの観客に)大いに笑っていただけたなら幸せです!台本いただいたときに、太鳳ちゃんと間宮君が格闘しているようで、その中でヒロインポジションでしたので太鳳ちゃんの側に寄り添いました。

英監督:緊張してます!ありがとうございます。今日坂場の衣装です!演出した感じではなく、最初に話すとみんな勝手!にやってくれるので。間宮君、イライザちゃん、矢本君、勝手!まじめなのは真宙君ぐらいで。太鳳ちゃんもあっち側言っちゃうしね。みんながやりたい放題で楽でした。


映画情報どっとこむ ralph 土屋さん:坂場先輩との掛け合いが熱さとスピードの中での戦いで。色々な意味で真剣勝負で、素晴らしい仲間がいたので乗り切れました!

英監督:みんな仲良かったよね。

間宮さん:英さんの雰囲気。空気感がみんなに移った感じです。

英監督:ですね。

映画情報どっとこむ ralph 英監督:何回観ても減らないんで観て下さい!関・・、やワンダー・もいいけどトリガールもね!
池田さん:いろんなところで笑ってくれたら、名言がちりばめられているので。そういう言葉が支えにいなればいいなと思っています。
高杉さん:自信をもって楽しい面白い映画になっていると思います。ストレートにそれを伝えに来ました!
間宮さん:試写を見た時にスタッフさんの反応が良くて、きっと老若男女問わずに楽しめるのではないかと。そして、泣かせに行ってないし、でも見ていて笑い泣きで来ます!
土屋さん:映画も原作も名言の宝庫です!「勇気ってのは無謀とは違う。勇気は愛から生まれるんだ」とあります!琵琶湖で受け取った奇跡と皆さんの愛で。最高のビックフライトを!トリガール飛びます!

映画「トリガール!」

9月1日(金)TOHOシネマズ新宿、他 全国ロードショー!

物語・・・

流されて流されて、なんとなく生きてきた、鳥山ゆきな。一浪して入った理系大学では入学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、一目惚れした高橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し文句で誘われるまま、フラフラとサークルに入部。そのサークルこそ、毎年、二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を目指す人力飛行サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と二人っきりで大空にはばたくはずが…ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最高の夏が始まる!

公式HP: torigirl-movie.com

***********************************

出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬 ほか

監督:英勉(『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』『ヒロイン失格』ほか)

原作:中村航(「100回泣くこと」「デビクロくんの恋と魔法」ほか)

配給・宣伝:ショウゲート 制作プロダクション:ダブ

(C)2017「トリガール!」製作委員会