「沼田まほかる」タグアーカイブ

『彼女がその名を知らない鳥たち』ワールド・プレミア! at トロント国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 蒼井優、阿部サダヲW主演。白石和彌監督が描く大人のラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日(土)より新宿バルト9他、全国ロードショーとなります。

この度、現地時間9月13日(日本時間9月14日)、 第42回トロント国際映画祭(カナダ・トロント)にて本作のワールド・プレミアが開催され、白石和彌監督が登壇!世界の舞台で遂にそのベールを脱いだ“かの鳥”が、トロントを熱狂の渦に包みました!
『彼女がその名を知らない鳥たち』ワールド・プレミア! at トロント国際映画祭
日付:9月13日
登壇:白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 米・アカデミー賞レースの始まりを告げる北米最大規模の映画の祭典“トロント国際映画祭”。
本作は、コンテンポラリー・ワールドシネマ部門(Contemporary World Cinema)という「世界的な視野と注目すべきストーリー性を持つ作品」をセレクションする部門に選出されており、世界初のお披露目となるこのワールド・プレミアの舞台に白石和彌監督が登壇。

注目の作品をいち早く観ようと集まった観客で埋めつくされたトロントの会場では泣いている観客の姿が多数みられ、万雷の拍手が鳴り響くなか現地の観客から日本語で「この映画は凄い、オメデトウ」と声をかけられると、

白石監督:ありがとうございます。嬉しいです。

と感無量の様子で挨拶。

映画情報どっとこむ ralph Q&Aコーナーでも多くの質問に1つ1つ丁寧に答え、


Q:監督ご自身はこの映画をどのように捉えていますか?

白石監督:個人的には特に(阿部サダヲ演じる)陣治に感情移入をしました。自分も家では奥さんに足蹴にされることがあるので(笑)。陣治の愛の証明の仕方は誰にでもできるものではないし、心が張り裂けそうな気持ちになりました。タイトルが『彼女がその名を知らない鳥たち』と、内容とばっちりシンクロしているものではないと思ったので自分もずっと考えていたんですが、“鳥”は彼女にとって知らないものである、知らない愛がある、ということなのではないかなと思います。

Q:この映画のテーマは「陣治の愛」だと考えていますか?

白石監督:そうですね、「陣治の愛」もそうですし、大切なものは常に隣にある。日本の芸能スキャンダルはいま“不倫”が全盛時代を迎えていて・・・そのニュースが多い中で、真実の愛はフラフラっと来たいい男よりも僕みたいなブサイクな男にあるんじゃないかと(笑)。それがひとつの大きなテーマです。

Q:キャスティングや演出はどうしたのでしょう?

白石監督:(蒼井優演じる)十和子の大事なシーンを撮っているときに、蒼井優さんに「どういう表情していいかわからない」と言われたんです。彼女の人生を想像した時、僕は凄い素敵だと思う、豊かな人生が待っているんじゃないかなと、そう話したら、少しだけ泣きながらも、何とも言えないいい表情をしていた。素晴らしい女優です。原作を最初に読んだときに蒼井さんが思い浮かびました。他の人にはオファーしておらず、蒼井優さんじゃなければ成立しなかったと思います。

Q:音楽や、壁が倒れたり砂が降ってきたり、 少し不思議なギミックのある演出のインスピレーションはどこから受けましたか?

白石監督:日本映画は70年代や80年代の映画ではそうだったのですが、僕も低予算の良質なアート系映画に取り組んでいて、例えお金が無くても何かいろいろな表現方法にチャレンジしていた時期があって、そういった時代の映画が僕も好きなので手法を少し取り入れました。

映画情報どっとこむ ralph 終了後には、会場の外で観客を出迎えた白石監督がサイン攻め、握手攻めにあう光景も見られるなど、共感度0%、不快度100%の“まぎれもない愛の物語”がセンセーションを巻き起こしました!


彼女がその名を知らない鳥たち

が10月28日(土)より新宿バルト9他、全国ロードショーとなります。

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める

公式サイト:
http://kanotori.com
公式twitter:
@kanotori_movie
公式Facebook:
@kanotori.movie


***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】


白石和彌監督『彼女がその名を知らない鳥たち』釜山国際映画祭出品決定!


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかるの 20 万部を超える人気ミステリー小説の待望の映画化!蒼井優、阿部サダヲW主演『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日(土)より全国ロードショーとなります。


この度、2017年第22回釜山国際映画祭(韓国・釜山)にて 本作が、<アジア映画の窓>部門に出品されることが決定! 蒼井優、阿部サダヲ、白石監督の3人がオープニングセレモニーに参加が決定しました!

9月7日(木)より開幕した第42回トロント国際映画祭に続き、世界を飛び回る“かの鳥”。
日本が誇る実力確かな豪華俳優陣の熱演が光り、そして白石監督が初めて挑んだ本格的な大人のラブストーリーであり、共感度0%、不快度100%の“まぎれもない愛の物語”が、韓国をはじめアジアの映画ファン達はどう反応するのか!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める。

公式サイト:http://kanotori.com
公式twitter:@kanotori_movie
公式Facebook:@kanotori.movie/

***********************************


蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】


吉高由里子 主演『ユリゴコロ』亜月亮 で コミカライズ 決定


映画情報どっとこむ ralph 主演に吉高由里子を迎え、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたし、出版業界の事件と呼ばれる“まほかるブーム”を巻き起こした沼田まほかる先生のベストセラー原作の映画化『ユリゴコロ』。『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)など手がけた熊澤尚人が監督を務め、これまでの作品とは一線を画す美しき衝撃作に挑みます。
とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。

綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去にはいったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。

映画情報どっとこむ ralph この度、人気漫画家、亜月亮(あづき りょう)先生による本作のコミカライズが決定。

コミカライズ決定に併せて、書影ビジュアルも解禁。
上巻は映画では松坂桃李さんが演じている亮介が、下巻は吉高由里子さんが演じる美紗子が、それぞれ表紙を務めています。

また、亜月先生は今回のコミカライズ著者を担当するにあたり、

亜月先生:自分の好きなジャンルだからか、原作小説を読みながら自然にエピソードごとの情景や登場人物のイメージが次々と浮かんできて、楽しいお仕事でした。小説の読者の皆さんのイメージとずれてなければいいのですが…。原作小説のエピソードを全て描くと漫画としては長くなりすぎる気がしたので、少し登場人物を削ってギュッ!と内容を圧縮させていただきました。代わりに主要人物の心情等はなるべく原作の流れに忠実に描くよう心がけたつもりです。

とコメントしている。

映画情報どっとこむ ralph 上下巻二部作ともに8月22日(火)より発売開始です。原作本「ユリゴコロ」の売り上げは映画化発表後から急増し、累計部数は32万部を突破。原作本に続いて、漫画 いよいよ本編の完成を今月末に控えた本作の続報にご期待ください。

物語・・・
とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

ユリゴコロ

9月23日(土)全国公開です。
yurigokoro-movie.jp

過去記事:
吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李ら 『ユリゴコロ』キックオフ&記者会見
eigajoho.com/?p=76496


***********************************

吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 
音楽:安川午朗 
主題歌:Rihwa『ミチシルベ』(TOY’S FACTORY) 
監督・脚本:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 
制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活  
©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会