「沖縄国際映画祭」タグアーカイブ

GACKT 中尾明慶 ソンジェら1099人国際通りレッドカーペット 第9回沖縄国際映画祭 


映画情報どっとこむ ralph 第9回沖縄国際映画祭4月23 日(日)、那覇市の国際通りにてレッドカーペットが行われました。去年より距離を伸ばしたレッドカーペットを歩いたのは 214 組、総勢約 1099 人。見事に晴れわたり、気持ちの良い気候での開催となりました。

日付:4月23 日(日)
場所:那覇市の国際通りにて

開始 1 時間前にもかかわらず、今か今かと待ちわびた観客たちの熱気で国際通りが埋め尽くされました。城間幹子那覇市長が開会宣言をした後、トップバッターで登場したのは沖縄出身で映画祭を全力で盛り上げているスリムクラブ。

それを皮切りによしもとの人気芸人だけでなく、映画『カーラヌカン』の GACKT さんや、
韓国映画『Guest House』初主演となった超新星のソンジェさん
『愛・革命』の夏菜さん、品川祐さん
など、そうそうたる面々が、華やかなレッドカーペットをゆっくりと歩いていきます。

特別上映ドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』に出演している土屋太鳳さん、片寄涼太さんが登場した際には、会場にひときわ熱気を帯びた声援が飛び交いました。
レッドカーペットの感想を聞かれ

土屋さん:とても気持ちのいい天気で嬉しいです!

と話し、天候にも恵まれ、大歓声で迎えられたことへの喜びを感じている様子でした。

明石家さんま企画・プロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』に出演した中尾明慶さん、小出恵介さん、ジミー大西も登場し、国際通りに割れんばかりの歓声が沸き起こりました。

中尾さん:沖縄の人に温かく迎え入れてもらえて嬉しい。こんなに黄色い声援を浴びていいの?
と笑顔と戸惑いを見せていました。

関西を舞台にした映画ということもあり、関西弁で作品の PR をお願いされた

小出さん:めっちゃおもろいでぇ~!
と陽気にアピールしました。

ジミー大西:こんなに立派な俳優や監督が作ってくれたのでとても嬉しい.

と作品の感想を述べ、自身がモデルとなった映画に対する思いを語りました。


ラストに登場したのは実行委員長である大﨑洋社長と映画祭宣伝芸人の宮川たま子、城間幹子那覇市長です。大﨑社長は「はいさい」と沖縄方言で挨拶した後「世界で一番長いレッドカーペットにしてください」と城間市長に提案されてありがたかったと御礼の言葉を贈り、「今後も末永く映画祭が続いていくことを願いたい」と映画祭の展望を語りました。城間市長からは「みんなの笑顔が輝いてとても幸せなイベントになった」と感謝の弁を語り、盛大に行われたレッドカーペットを締めくくりました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)

***********************************


土屋太鳳を片寄涼太優しくフォロー「兄に愛されすぎて困ってます」沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 第9回沖縄国際映画祭にて4月22 日(土)、北谷町のミハマ7プレックスでドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』 の特別編集版上映が行われ、上映後に主演の土屋太鳳さん、片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE)が舞台挨拶が行われました。


日付:4月 22 日(土)
場所:ミハマ7プレックス
登壇:土屋太鳳 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE)

映画情報どっとこむ ralph 人気マンガを実写化した作品。6 月30日(金)に全国公開 される映画版に先駆けて、現在放送されているドラマの特別編集版としてプレミア上映されたもの。土屋太鳳さん、片寄涼太さんが登壇するとあって、2日前に発売されたチケ ットは即日完売の満員御礼!

せとか役を演じた土屋さんは、オファーを受けた時には
土屋さん:原作のせとかとは、外見と性格が真逆なので、原作に失礼にならないか心配しました。でも、コミカルな部分なら近づけるかもと演じました。

と、役を振り返り、一方の片寄さんは

片寄さん:兄妹がいないので、最初は距離感がわかりませんでした。撮影の合間に少しずつパーソナルな部分を出して、距離感を縮めていったことで兄妹愛のようなものが生まれた気がします。
と役作りを披露。今回、共演するにあたっては

土屋さん:(片寄さんの)ライブ映像を見させてもらいました。片寄さんが劇中で見せる”切ない目”に注目し、

土屋さん:歌で広く観客に気持ちを伝える 力がいかされているんだと勉強になりました。

と共演の印象を語り

片寄さん:芝居経験があまりないので、役に入る演技の姿勢を学ばせてもらいました。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶の間もずっと緊張の色を隠せない土屋さんに、作品同様、片寄さんが“お兄ぃ”らしく何度もやさしくフォローを入れます。

土屋さん:撮影中は、お兄ぃはもちろん、ずっとみなさんに助けられていました。

と話し、ステージ上でも終始、本当の兄妹 のようなやり取りが交わされました。
最後に、 6 月に公開される映画版について

土屋さん:映画版も魂込めて撮影に挑みました。 ぜひぜひぜひ!見に来てください!

と作品を強くアピール。

片寄さん:それぞれの男性が、それぞれのアプローチをするので、だれが好みか皆さん自身も楽しみにしてください!

と語ると女性ファンから声援が飛び、終始、観客の心をメロメロにした舞台挨拶となりま した

島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)
映画は・・・
片寄さん以外にも、せとかに急接近する第2のイケメン・芹川高嶺役に千葉雄大さん、さらに超特急の草川拓弥さん、杉野遥亮さんなど、兄系イケメンが登場!非モテ女子に突如訪れた、兄系イケメンズ・フェスティバル!? 恋の甘さと切なさとほろ苦さたっぷり、女子の「守られたい」願望&妄想がドキドキと溢れ出す、全女子憧れの刺激的≪愛されすぎ≫ ラブストーリー映画「兄に愛されすぎて困ってます」は2017年6月30日全国公開です。

©2017「兄こま」製作委員会
©夜神里奈/小学館

***********************************



エロティックサスペンス映画『クロス』沖縄国際映画祭でプレミア!


映画情報どっとこむ ralph 人間の欲望、嫉妬の渦、そして真の贖罪とは何か?
エロティックサスペンス映画『クロス』が7月1日(土)より、ユーロスペースにて公開することが決定しました。
そして、第9回沖縄国際映画祭の特別招待作品として、4/21(金)ワールドプレミア上映されます。
上映の後、主演・紺野千春さん、音楽を担当した盲目のピアニスト・木下航志さんと奥山監督が登壇することが発表されました。

第9回沖縄国際映画祭・映画『クロス』ワールドプレミア上映&舞台挨拶詳細
日 時:4/21(金)開演19:30~ 舞台挨拶21:00~
会 場:桜坂劇場(ホールA)
登壇者:木下航志(音楽)、紺野千春(主演)、奥山和由(監督)

映画情報どっとこむ ralph 主演・紺野千春さんよりコメントが寄せられました。

紺野千春さんからのコメント
映画「クロス」が、沖縄国際映画祭という盛大で華やかな場に特別招待を受け、この作品に携わり多大なお力添えを頂いたスタッフキャストの皆様方、観て頂ける全ての方々に感謝申しあげます。十字架を背負った人間像を過剰に見せ過ぎず、日常に溶け込んでいて欲しいと言う監督の言葉を軸に撮影の間は主人公と重なり生きました。映画の中で流れる、木下航志さんの何処までも突き抜けていく美しい歌声に心癒されます。映画「クロス」を宜しく御願いいたします

さらに、本作で初の映画音楽に挑戦した、盲目のピアニスト・木下航志さんよりコメントが寄せられました。

木下航志さんからのコメント
『クロス』公開が決定してとても嬉しいです。
今回この話をいただいたとき、最初は全盲の私に映画音楽ができるのか不安でしたが、ストーリーを聞いた時から音楽が浮かんできました。この映画に音楽という形で携わる事ができ、新たな挑戦が出来たことは私にとって大きな財産になりました。
私は目で見る事は出来ませんが、残る感覚を研ぎ澄まして映画館で皆さんと一緒に映画『クロス』を観たいと思います!

映画情報どっとこむ ralph エロティックサスペンス映画『クロス』

物語・・・
罪を背負い、過去に囚われ、欲望の中でもがく人間たちに、再生の光は射すのか。
あるジャーナリストによって白日の下に晒された、“集団リンチ殺人事件“加害者の現在。これをきっかけに、人間の欲望のマグマが燃え上がり、もうひとつの封印されていた忌まわしい殺人事件が呼び起こされる…。
封印していた過去が解き放たれた時、男は、女は、何を掴み取ったのか。

2017年7月1日よりユーロスペース他全国順次公開です。

公式サイト: www.cross2017.com

***********************************

紺野千春 山中 聡 S h a r o 
原案・脚本:宍戸英紀
監督:奥山和由・釘宮慎治
撮影:釘宮慎治 
音楽:木下航志 主題歌「Just a Closer Walk with Thee」~輝く明日へ僕は歩く~
製作:吉本興業 チームオクヤマ
制作プロダクション:ノアド
2017年/Japan/カラー/89min/DCP/R15
配給・宣伝:太秦
(C)2017「クロス」製作委員会