「橋本愛」タグアーカイブ

橋本愛、永野芽郁 コメント到着!吉祥寺舞台『PARKS パークス』ブルーレイ・DVD発売決定で


映画情報どっとこむ ralph 吉祥寺を舞台に、豪華俳優&ミュージシャン出演で描く音楽青春映画『PARKS パークス』ブルーレイ・DVD発売決定!キャストのコメントも到着!

橋本愛、永野芽郁、染谷将太ら最旬の人気若手俳優が共演、数々の人気ミュージシャンの出演も話題となった、井の頭公園100周年記念の音楽青春映画『PARKS パークス』のブルーレイ・DVDが、11月15日(水)に発売になることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph この発売決定をうけて、橋本愛さん、永野芽郁さん、瀬田なつき監督からコメントが届いています!

■橋本愛<吉永純役>
映画を見るときも、分かりやすい答えを出さないのが好きなんです。ご覧になる方も、それぞれが自分で感じ取ってくれることで、それぞれの映画になってくれる、それがこの映画の良さだと思います。でも答えを知りたい人は、コメンタリーとか特典映像とかを見まくってみてください(笑)。

■永野芽郁<木下ハル役>
吉祥寺は、私には特別な街で。サンロードの、靴屋さんの前でスカウトされて、人生が変わった街なんです。大げさに言っちゃうと。その吉祥寺を舞台にして、ハルっていう不思議な役を演じていて、とても不思議な気がしています。DVDは映画館とはまた違って、何回でも見ていただけるのがいいなあって思います。今回演じたハルって役は、不思議な娘なので、物語もちょっと不思議な世界観があるんですね、そんな魅力がつまった映画です。ここはどういうことなんだろうってところをまた見てもらえると、また別の思いが生まれたりすると思います。

■瀬田なつき <監督・脚本・編集>
吉祥寺を公園や街、いろいろなところで、そのままの地図どおりに撮影しています。是非まず見ていただいて、2時間くらいあれば登場したロケ地が歩いて回れますので、金曜の夜とかにDVDやBDで映画を見て、次の土日に井の頭公園や吉祥寺の街を歩いていただけると楽しいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、吉祥寺・井の頭公園近くに住む大学生・純の家に、ハルと名乗る高校生が訪ねてくるところから始まる物語。亡父について小説を書こうとするハルは、父の昔の恋人・佐知子を探して吉祥寺にやってきたという。2人は佐知子の孫・トキオと出会い、佐知子の遺品の中からオープンリールのテープを見つける。50年前に作られたひとつの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく、傑作青春映画だ。
主演の純役は橋本愛。凛とした美しさに磨きがかかり、まさに代表作といえる作品となった。
ハル役には、NHK連続テレビ小説「半分、青い」のヒロインにも決定した、新進人気女優・永野芽郁。
トキオ役には、今や日本映画界に無くてはならない存在となった染谷将太。
3人のメインキャストに加え、石橋静河、森岡龍、柾木玲弥、長尾寧音など注目の若手俳優が共演。さらに吉祥寺在住のベテラン・佐野史郎などが脇を固める。
監督を務めるのは、映画だけでなくミュージックビデオやCMにおいても瑞々しい感性を発揮している新世代の旗手、瀬田なつき。

音楽面では、吉祥寺ゆかりのミュージシャンや東京インディーズの人気バンドなどが多数出演している点も注目だ。
吉木諒祐(THE NOVEMBERS)・澤部渡(スカート)・シャムキャッツ・北里彰久(Alfred Beach Sandal) ・高田漣など、個性的かつ多彩な顔ぶれが揃っている。エンディングテーマには相対性理論の「弁天様はスピリチュア」。音楽監修のトクマルシューゴは脚本段階から参加し、物語の主役ともいえる音楽を見事なサントラに集結させている。


本作は、吉祥寺の名物映画館バウスシアター閉館にあたって、「終わりを始まりにしたい」というオーナーの意向から、井の頭公園100周年記念として企画製作された作品であり、吉祥寺という街の描き方にも注目したい作品となっている。

映画情報どっとこむ ralph この度発売になるブルーレイとDVDは、ボーナスコンテンツの収録内容が異なっている。
ブルーレイ・DVD共通の映像・音声特典としては、劇場公開時の舞台挨拶映像、予告編、
そして瀬田なつき監督、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人ゼネラルプロデューサー、松田広子プロデューサーによる音声解説が収録される。
ブルーレイのみの映像特典としては、長尺版のメイキング映像(※DVDにはスタンダード版が収録)と未公開シーンに加えて、
劇場公開時に行われたスカートの澤部渡、Alfred Beach Sandalの北里彰久のライブイベントの映像が収録される。

■商品情報
「PARKS パークス」
2017年11月15日(水)発売 ※DVDレンタル同時スタート

<セルDVD>
価格:¥3,800+税
音声:1.オリジナル 日本語
   2.オーディオ・コメンタリー 日本語
収録時間:本編118分+特典映像
特典映像:
●メイキング(スタンダード版)
●劇場公開時舞台挨拶映像
●予告篇 
●副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>

<セルブルーレイ>
価格:¥4,800+税
音声:1.オリジナル 日本語
    2.オーディオ・コメンタリー 日本語
収録時間:本編118分+特典映像
特典映像:
●メイキング(長尺版) ※
●劇場公開時舞台挨拶映像
●劇場公開時のライブイベント映像 ※
 「澤部渡(スカート)@テアトル新宿」(フル収録)
 「北里彰久(Alfred Beach Sandal)@吉祥寺オデヲン」(2曲収録)
●未公開映像 「もうひとつのラストシーン」 ※
●予告篇   
●副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>
(※マークはブルーレイのみの収録。)

発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
吉祥寺・井の頭公園近くに住む大学生の純(橋本愛)は、最近なにもかもがうまくいかない。

恋人とは破局、大学からは留年通知、なんとか卒業しようとゼミ担当教授(佐野史郎)にレポートを相談、アパートに戻ると見知らぬ高校生のハル(永野芽郁)が訪ねてくる。

亡父の晋平(森岡龍)について小説を書こうとするハルは、晋平の昔の恋人・佐知子(石橋静河)の手紙を読み吉祥寺にやってきたのだ。

***********************************

キャスト:
橋本愛 永野芽郁 染谷将太
石橋静河 森岡龍 / 佐野史郎
柾木玲弥 長尾寧音 岡部尚 米本来輝 黒田大輔 嶺豪一 原扶貴子 斉藤陽一郎
澤部渡(スカート) 北里彰久(Alfred Beach Sandal) シャムキャッツ 高田漣

スタッフ:
監督・脚本・編集:瀬田なつき
企画:本田拓夫
ゼネラルプロデューサー:樋口泰人
プロデューサー:松田広子
撮影:佐々木靖之
美術:安宅紀史
音楽監修:トクマルシューゴ
録音:高田伸也
ラインプロデューサー:久保田傑
劇中歌:PARK MUSIC ALLSTARS「PARK MUSIC」
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュア」
(C) 2017本田プロモーションBAUS


亀梨和也 登場に教室騒然!明治大学の講義で!


映画情報どっとこむ ralph 巨星・三島由紀夫が自ら愛した異色の【SF】小説を、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『紙の月』(14)の鬼才・吉田大八が悲願の映画化。三島由紀夫の異色【SF】小説を現代設定に大胆脚色した映画『美しい星』が、5月26日(金)より全国公開となります。

舞台を現代に大胆アップデートし、或る日突然【覚醒】した宇宙人視点で、鋭く世界(いま)を切り取ってみせる。その予測不可能な三島×吉田ワールドに、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介ら、今をときめく個性派キャストが集結。

昨今、小難しく受け取られがちな三島文学。

そこで、明治大学文学部文芸メディア専攻准教授・伊藤氏貴先生に、後期授業で三島由紀夫を題材に学ぶことになっている学生に向け、特別授業として〝三島由紀夫と映画「美しい星」“を取り上げて授業!先週本作の試写を行った学生さんたちには吉田大八監督が次週特別講師で来るとアナウンスしていたそう。

ですが・・・・
現れたのは監督・・・そして、リリー・フランキーさん、亀梨和也さんが登壇!教室は熱狂の渦に

特別授業 “三島由紀夫と映画「美しい星」”
日程:5月24日(水)
会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン9F 309B
授業内容:文学部文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授 
特別ゲスト:
リリー・フランキー、亀梨和也、吉田大八監督  

映画情報どっとこむ ralph 映画『美しい星』を先週観た学生さんたち、思い出していただくために最後の10分を再び鑑賞。
その後、伊藤先生による講義がスタート。
伊藤先生:三島は時代を先取りしてたんですね。ちらっと年表観るだけでぶっ飛んでます。その中でも「美しい星」は異色な作品。仮面の告白から始まって金閣寺の正統派なものが印象だと思いますが。できたら。これも読んでほしい作品ですね。実は、三島は、UFO信じていて研究会も入っていて望遠鏡持って探しに行ってたりしてたんですよ。

と、裏話も

伊藤先生:映画は舞台が変わっています。原作の当時はキューバ危機で全面核戦争が起きたかもしれない時代。東西が核によって地球だめになるかもしれない。そんなことをする人間がいてよいのか・・・がテーマ。是非、原作を読んでみてほしいですね。三島はお気に入りの作品だったそうです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、吉田大八監督を伊藤先生が呼びこむと、暖かな拍手が・・・しかし、その後ろにリリーさんと亀梨さんがいることがわかると教室は一気にヒートアップ!

リリーさん:先生、国際弁護士みたいですね!

と、湯浅弁護士にちょっと似ていることをいじってペースを握らせない画策。それでもさすがは准教授。そのまま監督にこの本を読んだ時のエピソードを聞き出し、
監督:大学の頃、トモダチに借りて読んだのが初めて。

リリーさん:僕は美大生だったので、三島は文学と言うよりはポップスターでしたね。写真集とかね。人気ありましたしね。男前でしたしね。先生は1年かけて同性愛文学について講義してるんですよね。

と、逆質問

伊藤先生:必修でもないのに、これだけ集まっているのは時代だなと思います。半分ぐらいは腐女子です。残念ながらそういうシーンはこの映画にはなかったですがね。美しい星は 55年前宇宙人で純文学を書こうなんて思いつかなかったと思いますよね。

監督:スピルバーグがない時代に、際物扱いされることわかって、ぎりぎりのところに突っ込む三島さんは凄いですよね。

亀梨さん:石原慎太郎さんが一緒にUFO探しに行ってたんですよね。

りりーさん:普通に考えたら危ない人たちだよね。でもモダンでファンタジーだったんでしょうね。
この映画を観たらどう思うのか・・・

監督:嫌われるとは言えないですよね。振り切ってチャレンジしたので、その姿勢だけは評価して欲しいですね。

リリーさん:ミックスして創られて映画化してくれて喜んでいると思いますよ。でも、このポスターがお客さんを遠ざけてる気がします!

亀梨さん:おらに力をーですよね。

と、笑いを誘います!

映画情報どっとこむ ralph ここで学生からの質問コーナーに

Q:宇宙人に覚醒する前後での役作りは?

亀梨さん:台詞やそこに立つのかは準備しましたが監督に身をゆだねていて。セリフの音とか目線を細かく演出してくれて、監督の脳みそにある映像を意識して演じました。

リリーさん:普通にお天気キャスターから、火星人。こういう宇宙人で行きますって監督に行ったらうざいでしょ。でも、三島や監督が暗喩してるのは、地球人の時より覚醒の方が愛に目覚めてる。皮肉がね・・・。それから、点と丸をうまく打てることが必要。監督は 本当に細かくて。

カメ、監督の中に存在してるものが、ひしひしと伝わってきて。信頼がありましたね。

監督:リリーさん、亀梨君が現場で出してくれるものをセッションしていく感じで、音の細かさも セッションにのっていったんだと思う。僕は楽しかったんです。
Q:監督へ、原作を学生のころ読んでどこに惹かれたのか、なぜ今のタイミングで映画化か?

監督:かっこいい小説だなと。きれいな文章で、気組み立てられていて最後に崩す。そのカッコよさ。自主映画が撮っていて、いつか映画にできたらいいなーぐらいの思いですね。それから忘れてなかったんですけど。CMを作ってる間も言ってたんですがハードル高くて。たまたま。「紙の月」の後に・・・ダメもとで聞いてみて実現しました。


Q:亀梨さんは映画では野心家でしたが、実際は?

亀梨さん:そうですね。それをトップに掲げてはいませんが、どういう自分でありたいかは頭にありますから・・・少なからず。昭和よりなので。割あい欲はあります。

リリーさん:亀梨君は野心より男らしくい。たくましいんですよ。 


Q:何がしたいか決められない時どのように

監督:音楽が好きだったのに、でも自主映画をほめてもらって真に受けて。業界に来ちゃいました。手ごたえがあった方向に進むのが良いのでは。

リリーさん:小学生は野球。でも子供のころから53歳でも大人になったらと思ってますから。映画に出るの今でも違和感。これになりたいを決め打ちしなくても。つながりを大事にして!

亀梨さん:YOU!うちで野球やっちゃいなよ!って誘われて。どう色々なことに向かい合っていけるかだと思います。予想通りにはいかないですから兎に角、出会いの中で向き合えばと思います。


Q:火星人のポーズはどのような過程で?

リリーさん:振付師の人と最初はキメて。芝居の流れで動いていて、試写でこんな風に動いてたんだと。でも、僕の中で宇宙人にセーラームーンを感じました。深層の意識が出ますよね。

監督:台詞の後で、勝手に動くんです。それがピリッと凄いんです。


Q:荒唐無稽なのに自然な演技なのは?

監督:自然というよりは、イメージ=ノリ=グルーブそれに乗るか乗らないかをきめて。映画のノリに合わせてやってもらいました。自然=はまってる、なじんでる。のだと思います。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

監督:若い人たちと話せて楽しい時間でした。

亀梨さん:出来上がった作品を観て、自分の抱いていたイメージの先に、凄いいけてる映画になりました。音楽とか映像が新しくて。自分もトライさせていただいてよかったなと思いました。三島作品の映画化ですが構えずに観ていただけたらと感じます。

リリーさん:文豪の映画化は少なくなってて。この映画を観て、読んでみよう、小説ってめんどくさくない。映画や小説の面白さを気が付くきっかけになればと思います。


物語・・・

その手で“美しい星・地球”を救えると信じた、とある平凡な“宇宙人一家”の悲喜劇

“当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周りから浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人(?)として覚醒。“美しい星・地球”を救う使命を託される。ひとたび目覚めた彼らは生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こし、それぞれに傷ついていく。

なぜ、目覚めたのか。本当に、目覚めたのか  。そんな一家の前に一人の男が現れ、地球に救う価値などあるのかと問いかける。


5月26日(金) TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー

gaga.ne.jp/hoshi/

***********************************

リリー・フランキー

亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子 / 佐々木蔵之介

原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊) 
脚本:吉田大八 甲斐聖太郎  音楽:渡邊琢磨
製作:依田巽 藤島ジュリーK. 市村友一 吉川英作 中川雅也 エグゼクティブプロデューサー:小竹里美 
Co. エグゼクティブプロデューサー:松下剛  プロデューサー:朴木浩美 鈴木ゆたか  

撮影:近藤龍人 
美術:安宅紀史 
照明:藤井勇 録音:矢野正人 
編集:岡田久美 助監督:甲斐聖太郎
ラインプロデューサー:新野安行 
製作:「美しい星」製作委員会  
助成:文化庁文化芸術振興費補助金  
企画・制作プロダクション:リクリ
企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:吉田大八  
(C)2017「美しい星」製作委員会
       


『美しい星』に又吉直樹、会田誠らからのコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 5月26日(金)公開の映画『美しい星』につきまして、「三島由紀夫」的風雲児のお3方から新たに推薦コメントが到着。

人から受けた影響としては三島由紀夫から受けたそれが最も大きいと話す美術家の会田誠さんは、「実際に声を出して何度も笑い」ながら映画を見、三島由紀夫と誕生日を同じくする気鋭の社会学者・古市憲寿さんは「危険な映画」とニヤリ、芸人と作家の二足の草鞋を鮮やかに履きこなす又吉直樹さんは「何回も観たくなる映画」と映画の謎解きにご興味津々です。


一方、朝の情報番組でおなじみの女優・川島海荷さんからも「このタイトルのもつ意味を考えさせられ」たとのコメント。文学部卒で趣味は読書という川島さんのような高感度の若い女性の間でも、本作の話題が盛り上がっています。


新規到着コメント(敬称略・到着順)

会田誠(美術家)
とにかくリリー・フランキーさんが良いですね。演技が、というかキャスティングが、というか。あの胡散臭さ、エロさ、そしてペーソス。そこを軸に、原作小説を大胆に変質させていったわけですね。原作は心の中でニヤニヤしながら読みましたが、映画では実際に声を出して何度も笑いました。                 
  

又吉直樹(芸人)
何回も観たくなる映画。僕たちが信じている世界とか、確定している価値観などを一旦はがして、すべてを不確かにし、もう一度捉え直そうという気持ちになりました。もう一度観たら見方が大きく変わる可能性がある。まだ僕が発見していないものがあるかもしれないし、実は考えすぎでもっとシンプルだったってこともあるかもしれない。僕にとっては、真剣に向き合いたくなる映画です。
  
古市憲寿(社会学者)
どこへ連れて行かれるんだ? すれ違い家族に訪れた「覚醒」は、観客たちをとんでもない結末へと導く。危険な映画だ。観た人は、まるで洗脳されたように超現実的な世界を受け入れてしまうだろうから。使命のために奔走する人間は、気味が悪く、格好が悪くとも、美しい。たとえ彼らが、何星人であろうとも。
  
川島海荷(女優)
不思議な世界観に引き込まれていきました。言葉で表しにくい感覚に襲われつつも、最終的にこのタイトルの持つ意味を考えさせられました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場パンフレットには・・・・

又吉直樹さんの鋭すぎる『美しい星』分析(「なにが本当でなにが嘘か」にせまるスペシャル・インタビュー)と、本作を「早くも2017年を代表するような傑作」と評した精神科医の斎藤環さんによる映画評が掲載。あわせて、これまで高評を得つつも映画関係者の内部資料としてしか読むことのできなかった三島由紀夫文学館長の佐藤秀明さんによる原作解説と、筒井康隆さんの名コラムをそれぞれ全文転載。

また、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、近藤龍人(撮影監督)、安宅紀史(美術監督)、そして吉田大八監督の各インタビューも掲載され、キャスト・スタッフがこの映画にかけた並々ならぬ熱量が溢れ出る充実の内容となっています。



<映画『美しい星』劇場パンフレット 概要>

・インタビュー
吉田大八監督 「映画化によせて」+ロングインタビュー

キャストインタビュー
リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介

スタッフインタビュー
近藤龍人〔撮影監督〕、安宅紀史〔美術監督〕

音楽コメント
渡邊琢磨〔音楽〕、平沢進〔劇中曲提供〕

・コラム 
映画『美しい星』に思う 筒井康隆(作家)
幻想と現実のあわいを「円盤」が飛ぶ 斎藤環(精神科医・評論家)
空飛ぶ円盤の出現まで 三島由紀夫「美しい星」について 佐藤秀明(近畿大学教授・三島由紀夫文学館長)  

・スペシャル・インタビュー
「信じていることや価値観、視点を一回はがしてみる」ということ。 又吉直樹(作家)

発行元:東宝株式会社映像事業部
定価:720円(税込)

映画情報どっとこむ ralph ストーリー

その手で“美しい星・地球”を救えると信じた、とある平凡な“宇宙人一家”の悲喜劇

“当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周りから浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人(?)として覚醒。“美しい星・地球”を救う使命を託される。ひとたび目覚めた彼らは生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こし、それぞれに傷ついていく。

なぜ、目覚めたのか。本当に、目覚めたのか。
そんな一家の前に一人の男が現れ、地球に救う価値などあるのかと問いかける。

5月26日(金) TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー


***********************************

リリー・フランキー
亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子 / 佐々木蔵之介

原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊) 
脚本:吉田大八 甲斐聖太郎  
音楽:渡邊琢磨
製作:依田巽 藤島ジュリーK. 市村友一 吉川英作 中川雅也 エグゼクティブプロデューサー:小竹里美 
Co. エグゼクティブプロデューサー:松下剛  
プロデューサー:朴木浩美 鈴木ゆたか  
撮影:近藤龍人 
美術:安宅紀史 
照明:藤井勇 
録音:矢野正人 
編集:岡田久美 
助監督:甲斐聖太郎 
ラインプロデューサー:新野安行 
製作:「美しい星」製作委員会  
助成:文化庁文化芸術振興費補助金  
企画・制作プロダクション:リクリ
 
企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:吉田大八  
(C)2017「美しい星」製作委員会