「桜井ユキ」タグアーカイブ

桜井ユキ、高橋一生ら 登壇決定!『リミット・オブ・スリーピングビューティ』完成披露プレミア


映画情報どっとこむ ralph 10月21日に劇場公開が決定している映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピングビューティ』の完成披露プレミア上映会が、9月28日(木)に新宿武蔵野館で実施されることが決定し、舞台挨拶への豪華登壇者が決定しました。

当日の舞台を華やかに彩るのは、本作で映画初主演となる桜井ユキ、2014年、『2つ目の窓』(監督:河瀬直美)で第4回サハリン国際映画祭主演女優賞、第29回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞し、本作でマリアを演じた阿部純子、『3 月のライオン』(17)、『散歩する侵略者』(17)と立て続けに話題作に出演している佐々木一平、若手個性派として注目を集める満島真之介。

そして、主人公アキの恋人カイトを演じた、今最も女性の視線を集めている高橋一生といった豪華キャストの登壇が決定いたしました。

更に、本作でメガホンをとり、本作が商業映画初デビューとなる二宮健監督がキャストとともに華を添えます。

映画情報どっとこむ ralph 完成披露プレミア上映会 舞台挨拶
日程:9月28日(木)
登壇者(予定):桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、高橋一生、二宮健監督

*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
舞台挨拶実施劇場:新宿武蔵野館
登壇時間: 18:30~19:00 ※上映前舞台挨拶

チケット販売情報
料金:全席指定 2,000円(税込)
チケット発売日:9月14日(木)11:00AMより
チケット販売方法:
本舞台挨拶付完成披露上映会のチケットは<チケットぴあ>にて先行発売致します。
すでに全国共通特別鑑賞券をお持ちの方もご鑑賞には専用チケットが必要です。
全席指定となります。お席はお選び頂けません。

<チケットぴあ>での購入方法
【Pコード:557-591】

先行抽選販売「プレリザーブ」

申込受付期間:
9/14(木)11:00~9/22(金)11:00
抽選結果発表:
9/22(金)18:00
一般発売:
9/23(土)10:00より

<チケットぴあ>
インターネット購入サイト

チケット購入に関するお問合わせは、TEL:0570-02-9111

または http://t.pia.jp/ にお願い致します。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
小さなサーカス団でマジシャンの助手をしているオリアアキ(桜井ユキ)、29歳。
女優を夢見て上京してから10年。サーカスに入団した頃は若く美しかったアキも、30歳を目前に、生きる目標すら見失いモラトリアムな日々を繰り返していた。
アキはステージの上で、マジシャンの催眠術にかかるふりをする。体を浮かされ、剣に刺され、催眠状態を演じているうちに妄想と現実の境界が揺れる。
自分が生きてきた人生の軌跡。過去の疑問と屈折が彼女の中を駆け巡る。
やがてアキの精神状態は、現実と妄想の2つの世界を行き来するうち、徐々に摩耗していくのだった。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生がはじまる・・・?!

***********************************

出演:井 ユキ
古畑 新之、佐々木一平、新川 將人
成田 凌、山谷 初男、満島真之介
高橋 一生
原案・脚本・監督:二宮 健
製作:キングレコード
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給:アーク・フィルムズ
カラー/ビスタ/5.1ch/89分
(c)2017 KingRecords


挑発的な衝撃作 桜井ユキ×高橋一生『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』


映画情報どっとこむ ralph 桜井ユキ×高橋一生
-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-

オリアアキ、29歳――
現実と妄想の交錯が極限に達した時、全てが始まりを迎える?!

この度、25歳にして類いまれな才能を放ち、自主映画界で注目を浴びてきた監督・二宮健の商業映画デビュー作『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリービングビューティ』が10月に新宿武蔵野館他、全国順次公開されることが決定いたしました。

映画界が大注目する若き才能が作り上げた作品は、かつて誰も見たことがないほど挑発的で衝撃的。

正に商業映画界に奇襲を仕掛ける作品が誕生しました。
現実と妄想の目まぐるしい交錯を描く本作の脚本を手掛けたのも二宮監督。オリジナル脚本と、緻密な映像で見せる高揚感に満ちた世界観は、これまで誰も見たことのない挑発的な作品を作り上げたと言えるでしょう。中学時代から40本以上の自主映画を作りつづけ、『SLUM-POLIS』(15)、『MATSUMOTO TRIBE』(17)など、発表される作品が立て続けに注目を浴びる中、満を持しての商業映画デビューは日本映画界において新たなステージを作り上げ、その新進気鋭の才能が旋風を巻き起こします。

物語の主人公・オリアアキは、29歳の売れない女優。毎日、小さなサーカス団でマジシャンの助手をするアキ。30歳を目の前にしたアキには仕事への熱も生きる目標もない。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとしていた。唯一アキの中で美しい思い出として残るのは恋人・カイトとの時間だった。

本作で主人公オリアアキを演じるのは、桜井ユキさん。石井岳龍、園子温、三池崇史といった日本の映画界が誇る鬼才監督の作品に立て続けに出演し、2016年にはドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(CX)に出演するなど最も勢いのある女優のひとりとして注目されています。
桜井は本作が映画初主演。本作が描く特異な世界観の中で鮮烈な演技を披露しています。

そして、オリアアキの恋人・カイトを演じるのは、今最も女性を熱くする男として大注目の高橋一生さん。
スタイリッシュな映像美の中で、ひときわ優しい華を添える存在としての魅力を見せつけます。


映画情報どっとこむ ralph 過去と現在、現実と妄想。観る者を縦横無尽の世界に引き込み、その視線をはずさせない力強い映像で綴るのは、人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。

2017年最も挑発的な衝撃作が誕生します。

10月、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
sleepingbeauty-movie.com

物語・・・
小さなサーカス団でマジシャンの助手をしているオリアアキ(桜井ユキ)、29歳。
女優を夢見て上京してから10年。サーカスに入団した頃は若く美しかったアキも、30歳を目前に、生きる目標すら見失いモラトリアムな日々を繰り返していた。
アキはステージの上で、マジシャンの催眠術にかかるふりをする。体を浮かされ、剣に刺され、催眠状態を演じているうちに妄想と現実の境界が揺れる。
自分が生きてきた人生の軌跡。過去の疑問と屈折が彼女の中を駆け巡る。
やがてアキの精神状態は、現実と妄想の2つの世界を行き来するうち、徐々に摩耗していくのだった。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生がはじまる?!

***********************************

出演:桜井 ユキ
   古畑 新之、佐々木一平、新川 將人
   成田 凌、山谷 初男、満島真之介
   高橋 一生 
原案・脚本・監督:二宮 健
製作:キングレコード  製作プロダクション:ステューディオスリー
配給:アーク・フィルムズ 
カラー/ビスタ/5.1ch/89分 
(c)2017 KingRecords
  


渋谷・・・ある夫婦の秘密『ひかりをあててしぼる』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 2006年渋谷で実際にあった事件をモチーフに、忍成修吾さん、派谷恵美さんが「秘密」を抱えた夫婦を演じる『ひかりをあててしぼる』が、12月3日よりユーロスペースで公開!初日舞台挨拶に忍成修吾さん、派谷恵美さん、永山たかしさん、桜井ユキさん、そして、坂牧良太監督が登壇しました!
%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 日時:12月3日(土)
場所:ユーロスペース
登壇:忍成修吾、派谷恵美、永山たかし、桜井ユキ、坂牧良太監督

映画情報どっとこむ TJ 渋谷の中でもディープな円山町にあるユーロスペースでのレイトショー。渋谷生まれ渋谷育ちの坂牧監督が放ったのは、渋谷の街でおこった10年前の事件をモチーフにした映画『ひかりをあててしぼる』。初日を迎え、忍成修吾さん、派谷恵美さん、永山たかしさん、桜井ユキさん、坂牧良太監督が大きな拍手の中登場。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5_%e7%9b%a3%e7%9d%a3 坂牧監督:この映画をレイトショーの時間帯に観に来ていただいてありがとうございます。最初は2011年に舞台で上演して、それを観たプロデューサーが映画にと。加害者が被害者を殺めるところで、渋谷の景色がきれいに見えた・・と、取材を重ねて、脚本を書き直して映画にしました。

と、舞台からの映画化であることを明かし。。。

キャストの皆さんの役作りの話へ

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5_%e5%bf%8d%e6%88%901 忍成さん:役作りは、リハーサルを十分にやって。気持ちだったり・・役を固めていきました。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5_%e6%b4%be%e8%b0%b7%e3%81%95%e3%82%93 派谷さん:実は、そのリハーサルの初日に風邪をひいてしまいまして、いけなかったんです。会場の前まで行って。。。帰りました!なので、リハはできなかったのですが・・・皆さんがきっちりリハーサルされていたので、安心して皆さんに甘えて演じました。

と、甘え上手なちゃっかり派谷さん。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5_%e6%b0%b8%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%93 永山さん:アプローチが少し変わっていて、監督に全部は表現しないでと言われまして。 余白を作るところを心がけました。

登場人物の中では、観客に近いポジションの桜井さん。

桜井さん:一歩引いたところにいる役。壮絶なんですけど上映した試写を見て気づくことが多かったんです。皆さん頑張ったんだなと。
%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5_%e6%a1%9c%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93
映画情報どっとこむ TJ 最後に・・・

永山さん:渋谷と言う街を象徴している作品です。みんなが観ている渋谷のイメージと見えてないところが描かれています。

桜井さん:見る方々によって、感情移入の仕方が違ってくる作品です。

派谷さん:監督が言っていた「この作品は俳優の顔と体を撮った作品だ!」と、おっしゃっていて役者の顔と体に注目してください。5日8日10日にもトークイベントしますので、2度3度来て観て下さい。

忍成さん:渋谷と言う身近な世界に異質の世界があったんだなと。スイッチが入れば誰もが・・・と思わせるストーリーです。お帰りの際は気を付けて。
%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b%e5%88%9d%e6%97%a5_%e5%bf%8d%e6%88%902
坂牧監督:観ていただけることが映画にとって大切なこと。僕は生まれ育った渋谷を切り取りたくてスタッフキャストに助けられて作った映画です。

ハッシュタグは #ひかりをあててしぼる です。

映画情報どっとこむ TJ なお、本作はTabloid Witch Awardsで最優秀作品賞と最優秀女優賞をW受賞しています。日本作品では初受賞。
%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b
物語・・・

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8b_poster谷中浩平(忍成修吾)は、いわゆる普通のサラリーマン。ある日、友人の巧(永山たかし)と合コンに参加、そこにいた美しい女・木下智美(派谷惠美)に一目惚れする。浩平と智美は急接近し、やがて結婚することになる。当初は幸せな夫婦生活だった。しかし、虚栄心の強い智美は浩平を振り回すようになり、やがて二人の間に溝ができていく。自由を奪われたくないので、できた子供も堕胎を選ぶ智美。人に羨ましいと言われる生活をするため、高級マンションに住む。その為に借金をする…。智美に嫌われたくないと、必死に理想の夫を目指す浩平。しかし、ついに溜まっていた不満が爆発、智美に暴力を振るうようになる。体中痣だらけになるほど暴力を受けつづける智美。しかし、智美もまた浩平に依存していき、逃げ出す事なく暴力を甘んじて受けつづける。そのことを密かに知った巧は、智美を助けようとするが、逆に二人の間でボロボロになっていく。そして彼らが迎えた結末は、他人から見れば悲劇的なものだったが、智美にとってはある意味、幸せとも言えるものだった……。

渋谷ユーロスペースにてロードショー中!イベントもあり!
公式サイト:
www.hikariwo.tokyo

***********************************

忍成修吾 派谷恵美 
桜井ユキ / Erina 江口亜衣子 川連廣明 真田幹也 / 永山たかし
坂牧良太監督作品 脚本:宮崎大祐 坂牧良太 プロデューサー:古賀奏一郎 松江勇武 竹村喜美江
撮影監督:古屋幸一 照明:加藤大輔 録音:岩間翼 美術:大藤邦康 編集:坂牧良太 音楽:下石奈緒美 
主題歌:小南泰葉/「白闇」(ユニバーサルミュージック合同会社)配給宣伝:アルゴ・ピクチャーズ 
2015年/83分/HD/日本 ©2016 ひかりをあててしぼる製作委員会