「染谷将太」タグアーカイブ

『空海―KU-KAI―』東京国際映画祭にてオープニング特別フッテージ上映決定


映画情報どっとこむ ralph 東宝×KADOKAWAの初の共同配給作品にして、日中共同製作映画としては史上最大の本格ビッグプロジェクトとなる 映画『空海―KU-KAI―』が、来年2月に待望の公開となります。

原作は、「陰陽師」「神々の山嶺」など多数の著作が映像化されているベストセラー作家夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)。8世紀、中国・唐の時代。日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人・白楽天(はくらくてん)と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る一大スペクタクル超大作です。
この度、12月の中国公開を前に、今年の東京国際映画祭にて“第30回記念 オープニングスペシャル”として、“世界最速解禁”となる特別フッテージ映像が上映されることとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 東京国際映画祭の歴史の中で、オープニングに特別映像の上映が行われたのは『アバター』(第22回)、『007 スカイフォール』(第25回)など、公開前から大きな注目を集め、さらに世界的大ヒットを記録した作品になっており、本作への期待度・注目の高さが伺えます。特別フッテージは10月25日(水)に行われるオープニングセレモニーにて上映されることが決定しており、今年度オープニング作品の『鋼の錬金術師』、クロージング作品の『不都合な真実 2:放置された地球』と共に、第30回というアニバーサリーイヤーを迎えた東京国際映画祭を華々しく彩ります!
映画本編は現在製作途中のため、まだ全容が明らかになっていませんが、この日のために用意された初解禁の特別フッテージ映像は果たしてどのような仕上がりになっているのか。栄華を極めた長安の都を、東京ドーム8個分の敷地に完全再現したという史上空前のスケール、絢爛豪華な衣装など、圧倒的な映像美で描かれる本作の壮大な世界観にご注目ください! 

映画情報どっとこむ ralph 東京国際映画祭事務局さんからのコメント
『空海―KU-KAI―』は巨匠チェン・カイコー監督による史上最大規模の日中共同製作映画であり、第30回オープニングスペシャルとして初披露の映像を上映できることを光栄に思っています。我々もこの映像を皆さんにみていただけることを心待ちにしています。

第30回東京国際映画祭:10月25日(水)~11月3日(金・祝)

記念すべき第30回となる東京国際映画祭の幕開けに相応しい、極上のエンターテインメント超大作

空海―KU-KAI―

来年2月に公開です。

公式サイト:
http://ku-kai-movie.jp

***********************************

監督:チェン・カイコー(陳 凱歌)  
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)
出演:染谷将太 ホアン・シュアン チャン・ロン・ロン 火野正平 松坂慶子 阿部寛
©2017 New Classics Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film
配給:東宝・KADOKAWA       
    


橋本愛、永野芽郁 コメント到着!吉祥寺舞台『PARKS パークス』ブルーレイ・DVD発売決定で


映画情報どっとこむ ralph 吉祥寺を舞台に、豪華俳優&ミュージシャン出演で描く音楽青春映画『PARKS パークス』ブルーレイ・DVD発売決定!キャストのコメントも到着!

橋本愛、永野芽郁、染谷将太ら最旬の人気若手俳優が共演、数々の人気ミュージシャンの出演も話題となった、井の頭公園100周年記念の音楽青春映画『PARKS パークス』のブルーレイ・DVDが、11月15日(水)に発売になることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph この発売決定をうけて、橋本愛さん、永野芽郁さん、瀬田なつき監督からコメントが届いています!

■橋本愛<吉永純役>
映画を見るときも、分かりやすい答えを出さないのが好きなんです。ご覧になる方も、それぞれが自分で感じ取ってくれることで、それぞれの映画になってくれる、それがこの映画の良さだと思います。でも答えを知りたい人は、コメンタリーとか特典映像とかを見まくってみてください(笑)。

■永野芽郁<木下ハル役>
吉祥寺は、私には特別な街で。サンロードの、靴屋さんの前でスカウトされて、人生が変わった街なんです。大げさに言っちゃうと。その吉祥寺を舞台にして、ハルっていう不思議な役を演じていて、とても不思議な気がしています。DVDは映画館とはまた違って、何回でも見ていただけるのがいいなあって思います。今回演じたハルって役は、不思議な娘なので、物語もちょっと不思議な世界観があるんですね、そんな魅力がつまった映画です。ここはどういうことなんだろうってところをまた見てもらえると、また別の思いが生まれたりすると思います。

■瀬田なつき <監督・脚本・編集>
吉祥寺を公園や街、いろいろなところで、そのままの地図どおりに撮影しています。是非まず見ていただいて、2時間くらいあれば登場したロケ地が歩いて回れますので、金曜の夜とかにDVDやBDで映画を見て、次の土日に井の頭公園や吉祥寺の街を歩いていただけると楽しいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、吉祥寺・井の頭公園近くに住む大学生・純の家に、ハルと名乗る高校生が訪ねてくるところから始まる物語。亡父について小説を書こうとするハルは、父の昔の恋人・佐知子を探して吉祥寺にやってきたという。2人は佐知子の孫・トキオと出会い、佐知子の遺品の中からオープンリールのテープを見つける。50年前に作られたひとつの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく、傑作青春映画だ。
主演の純役は橋本愛。凛とした美しさに磨きがかかり、まさに代表作といえる作品となった。
ハル役には、NHK連続テレビ小説「半分、青い」のヒロインにも決定した、新進人気女優・永野芽郁。
トキオ役には、今や日本映画界に無くてはならない存在となった染谷将太。
3人のメインキャストに加え、石橋静河、森岡龍、柾木玲弥、長尾寧音など注目の若手俳優が共演。さらに吉祥寺在住のベテラン・佐野史郎などが脇を固める。
監督を務めるのは、映画だけでなくミュージックビデオやCMにおいても瑞々しい感性を発揮している新世代の旗手、瀬田なつき。

音楽面では、吉祥寺ゆかりのミュージシャンや東京インディーズの人気バンドなどが多数出演している点も注目だ。
吉木諒祐(THE NOVEMBERS)・澤部渡(スカート)・シャムキャッツ・北里彰久(Alfred Beach Sandal) ・高田漣など、個性的かつ多彩な顔ぶれが揃っている。エンディングテーマには相対性理論の「弁天様はスピリチュア」。音楽監修のトクマルシューゴは脚本段階から参加し、物語の主役ともいえる音楽を見事なサントラに集結させている。


本作は、吉祥寺の名物映画館バウスシアター閉館にあたって、「終わりを始まりにしたい」というオーナーの意向から、井の頭公園100周年記念として企画製作された作品であり、吉祥寺という街の描き方にも注目したい作品となっている。

映画情報どっとこむ ralph この度発売になるブルーレイとDVDは、ボーナスコンテンツの収録内容が異なっている。
ブルーレイ・DVD共通の映像・音声特典としては、劇場公開時の舞台挨拶映像、予告編、
そして瀬田なつき監督、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人ゼネラルプロデューサー、松田広子プロデューサーによる音声解説が収録される。
ブルーレイのみの映像特典としては、長尺版のメイキング映像(※DVDにはスタンダード版が収録)と未公開シーンに加えて、
劇場公開時に行われたスカートの澤部渡、Alfred Beach Sandalの北里彰久のライブイベントの映像が収録される。

■商品情報
「PARKS パークス」
2017年11月15日(水)発売 ※DVDレンタル同時スタート

<セルDVD>
価格:¥3,800+税
音声:1.オリジナル 日本語
   2.オーディオ・コメンタリー 日本語
収録時間:本編118分+特典映像
特典映像:
●メイキング(スタンダード版)
●劇場公開時舞台挨拶映像
●予告篇 
●副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>

<セルブルーレイ>
価格:¥4,800+税
音声:1.オリジナル 日本語
    2.オーディオ・コメンタリー 日本語
収録時間:本編118分+特典映像
特典映像:
●メイキング(長尺版) ※
●劇場公開時舞台挨拶映像
●劇場公開時のライブイベント映像 ※
 「澤部渡(スカート)@テアトル新宿」(フル収録)
 「北里彰久(Alfred Beach Sandal)@吉祥寺オデヲン」(2曲収録)
●未公開映像 「もうひとつのラストシーン」 ※
●予告篇   
●副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>
(※マークはブルーレイのみの収録。)

発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
吉祥寺・井の頭公園近くに住む大学生の純(橋本愛)は、最近なにもかもがうまくいかない。

恋人とは破局、大学からは留年通知、なんとか卒業しようとゼミ担当教授(佐野史郎)にレポートを相談、アパートに戻ると見知らぬ高校生のハル(永野芽郁)が訪ねてくる。

亡父の晋平(森岡龍)について小説を書こうとするハルは、晋平の昔の恋人・佐知子(石橋静河)の手紙を読み吉祥寺にやってきたのだ。

***********************************

キャスト:
橋本愛 永野芽郁 染谷将太
石橋静河 森岡龍 / 佐野史郎
柾木玲弥 長尾寧音 岡部尚 米本来輝 黒田大輔 嶺豪一 原扶貴子 斉藤陽一郎
澤部渡(スカート) 北里彰久(Alfred Beach Sandal) シャムキャッツ 高田漣

スタッフ:
監督・脚本・編集:瀬田なつき
企画:本田拓夫
ゼネラルプロデューサー:樋口泰人
プロデューサー:松田広子
撮影:佐々木靖之
美術:安宅紀史
音楽監修:トクマルシューゴ
録音:高田伸也
ラインプロデューサー:久保田傑
劇中歌:PARK MUSIC ALLSTARS「PARK MUSIC」
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュア」
(C) 2017本田プロモーションBAUS


夏帆、染谷将太、黒沢清監督登壇!WOWOW『予兆 散歩する侵略者』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 9月9日(土)より公開となった恐怖と驚愕の侵略サスペンス映画『散歩する侵略者』。
は、長澤まさみさん、松田龍平さん、長谷川博己さん、高杉真宙さん、恒松祐里さん出演で侵略中です。
(9日初日舞台挨拶の模様はこちら

そして・・・・この映画から生まれたスピンオフドラマは夏帆、染谷将太、東出昌大でおくる「予兆 散歩する侵略者」。
が、WOWOWプライムにて 9 月18 日(月・祝)放送スタートします。

そして、その放送に先立ち、本作1話の完成披露試写会&舞台挨拶が行われ、夏帆さん、染谷将太さん、黒沢清監督が登壇しました!
日付:9 月11 日(月)
会場:スペースFS汐留
登壇:夏帆、染谷将太、黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph 第一話を観終えたばかりの観客と記者たち・・・怖いモヤモヤ感と第2話への期待で静かな会場。

夏帆、染谷将太、監督・黒沢清が登壇すると、一転大きな拍手が。

本作はTVとドラマで一組な要素ありますが、その製作への経緯を問われ
黒沢監督:映画の撮影前にスピンオフをやらないかと。原作を知って十年ぐらい前にやりたくて。前川知大さんが作った秀逸な設定がありまして。映画版は 前川さん原作に沿ったもの。それだけで終わらすのはもったいないので。全然別のストーリーで時間軸は同じで、隣町で起こってるものを作ってみないかと。作ってみたのが予兆です。

なぜシネスコープサイズにしたのか?と言う質問に

黒沢監督:強い意図はないですが、僕はずっとシネスコープで撮っているんです。TVドラマの依頼でしたが映画と対の作品なので同等に扱いたくて。

と監督。

映画情報どっとこむ ralph そんなスピンオフへの出演の感想は
夏帆さん:黒沢組に憧れていて、今回初だったので・・・自分でもしっかりしろって思うくらい緊張しました。ただ萎縮する緊張ではなくて、撮影は本当に楽しかったです。
染谷さん:僕も楽しかったです。黒沢組は『リアル』から5~6年。日々面白いんですよ。で、三週間の撮影で、この量なので寝れねーなと思いましたが、早く終わるので、晩飯が家で食えるので健康的でした。

夏帆さん:こんな現場があるんだぁと思いました。

黒沢組の撮影は、てっぺん(24時)を超え無いので有名。

黒沢監督: 社会人としては当然です。普通です。

と、話す監督。その分綿密にスケジューリングされている模様。


映画情報どっとこむ ralph 舞台になる夏帆さん、染谷さん夫婦の部屋に関して

黒沢監督:あの二人が住んでいるので、こじんまりしたところ。ですが本当に狭いとカメラが入らない。今回は、マンションではなくて、三階建ての事務所みたいなところの壁を壊してベランダにして。そこに柱を立てたり、仕切ったりして、部屋に見立てて作りました。ロケのようなセットのような場所です。

そんな場所で演じてみて
染谷さん:動けていいセット。動線がうまくつくられてるなと、思いました。

夏帆さん:揺れるカーテンとか・・・。

黒沢監督:スタジオでないので、リアルにカーテンが揺れてくれるんです。カーテンがが芝居をしてくれたりする。もちろん扇風機でもできますが、今回は自然の風が、芝居を助けたり、邪魔したり。奇跡的にカーテンが参加してくれたのが5話ぐらいのシーンにあります。
映画情報どっとこむ ralph 今回登壇できなかった東出さんから質問

東出さんQ:奪われたくない概念は?僕は苦しみの概念。

染谷さん:それはストイックということですかね(笑)?あとでメールで聞いてみます。僕は人間という概念は奪われたくない。

監督:めんどくさい質問。映画という概念を奪われたくないなと。さらに考えると、概念を奪ってもらって、その後で見たら映画をどう思うのか?観てみたい気もしますね。。
夏帆さん:私は・・・・味覚ですね、食べるの好きですね。

と、回答する夏帆さん。


最後に・・・
監督:予兆というタイトル、何かが起こる予兆が実体化していきます。2話以降も確実に現実のものになっていきます。・・・・相当ハイレベルな緊張が続きます。

染谷さん:予兆の予兆 じっとりと進んでいきます。おかしな方向に進むひりひり感を楽しんで。

夏帆さん:自信をもって面白い作品になっています。

「予兆 散歩する侵略者」

WOWOW特設サイト
sanpo/

<関連番組>
ミニ番組/映画「散歩する侵略者」公開記念ナビ番組   
8月1日(火)深夜1:15 ほか
「無料でWOWOW!」で第1話無料放送
9月19日(火)深夜0:20


原作:前川知大「散歩する侵略者」
監督:黒沢清(『散歩する侵略者』『クリーピー 偽りの隣人』『岸辺の旅』)
脚本:高橋洋(映画「リング」シリーズ、『蛇の道』) 黒沢清
音楽:林祐介(『散歩する侵略者』「連続ドラマW 贖罪」)
出演:夏帆 染谷将太 東出昌大
中村映里子 岸井ゆきの 安井順平 石橋けい 吉岡睦雄 大塚ヒロタ
千葉哲也 諏訪太朗 渡辺真起子 中村まこと / 大杉 漣
(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

映画情報どっとこむ ralph そして本家

映画『散歩する侵略者』9月9日(土) 全国ロードショー中!

物語・・・

「なるほど。それ、もらうよ」彼らは、私たちの大切な《概念》を奪っていく。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。
夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?
その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。
やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。
当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。




公式サイト:
http://sanpo-movie.jp/
公式Twitter:
@sanpo_movie
公式Facebook:
@sanpomovie

***********************************

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会