「末井昭」タグアーカイブ

前田敦子・三浦透子・尾野真千子が柄本佑を翻弄『素敵なダイナマイトスキャンダル』コメント!


映画情報どっとこむ ralph
伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭さんの自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑さんを主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。

本作の公開が、末井昭さんが70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年の3月に決定しました。

そして

天然な妻…前田敦子!電波な愛人…三浦透子!爆発な母…尾野真千子!
三者三様で、柄本佑さん演じる一人の男を翻弄する運命の女を演じる追加キャストが発表となりました!

映画情報どっとこむ ralph 本作の映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の主演として末井青年を演じるのが、日本映画界から愛される俳優・柄本佑さん。

【伝説の雑誌編集長:末井昭(すえい・あきら)役】 柄本 佑(30) コメント

母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します。現場では主に前田さん三浦さんと一緒でした。尾野さんは爆発してしまっていたので。前田さんのあっけらかんと
した明るい軽さと三浦さんの飄々とした佇まいは見ていてとても心地良かったです。そして母親が尾野真千子という、いやぁ
ホント贅沢な現場でした。

映画情報どっとこむ ralph そして、柄本佑演じる末井青年の人生を翻弄する三人の女たちを演じる女優陣。


若き末井青年をあたたかく支える妻・牧子役には、前田敦子さん。本作で前田敦子さんは、物語が展開する時代の変遷にあわせて70年代、80年代のファッションを披露し、包容力のある天然素材な妻を、飄々と演じています。

【天然な妻:牧子(まきこ)役】 前田敦子(26)さんの コメント

この作品の主人公は、自由な夢を持った自由な男なのですが、私が演じる牧子は、のちに夫になる彼を「はいはい」とたしなめつつもおもしろがって支えています。浮気をされても嫌味をいうだけ(!?)という包容力があって、自立している素敵な女性だと思いました。初めて共演させていただく柄本佑さんは、もともと俳優の先輩としてもすごく尊敬していました。佑さんの飄々とした中にあるかわいらしい感じが、この末井昭役にぴったりだと思いました。


そして、末井青年が恋に恋して、道ならぬ恋をしてしまう愛人・笛子役には、三浦透子さん。サントリー「なっちゃん」のCMで2代目なっちゃんとしてデビューし、若手実力派女優として注目される三浦さんが、不思議な魅力を放つ電波な愛人の役に、体当たりで挑んでいます。

【電波な愛人:笛子(ふえこ)役】 三浦透子(20) さんのコメント

撮影がはじまってからも常に新しいアイディアに溢れ、くるくる変わっていく現場がただただ楽しかったです。
笛子さんの人生を想うと胸が苦しくなるけれど、実際に書かれた当時の編集後記の中にいた彼女は、愛嬌たっぷりで追いかけると逃げてしまいそうな不思議な魅力を持った女性でした。皆さんにもそれが伝われば嬉しいです。


最後に、ダイナマイトで爆発して、隣の若い男と心中する末井青年のスキャンダルな母・富子役に、尾野真千子さん。

末井氏の人生に最も大きな影響を与えた薄幸な母親を、妖艶にそして儚げに演じています。富子の、女としてまた母としての心のゆらぎを細やかな表情と演技で魅せる難しい役柄に挑んでいます。

【爆発な母:富子(とみこ)役】 尾野真千子(35) さんのコメント

実話とは思えない母を演じさせていただきました。そんな実話とは思えない台本を読んで、出来上がりが想像できず
不安もありました。でも出来上がりを観たときこんな伝え方があったのかと自信を持ちました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』
2018年3月、テアトル新宿ほか全国ロードショー!

芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった。

お母さんが隣の若い男と「ダイナマイト心中」という嘘のような実話をもつ伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭氏の生い立ちをベースにした青春グラフィティ。

公式HP:dynamitemovie.jp

末井昭氏は、立て!男のエキサイトマガジン「ニューセルフ」、感じる映画雑誌「ウィークエンドスーパー」、35万部の発行部数を誇った「写真時代」など、発禁と創刊を繰り返しながら数々の雑誌を世におくりだした伝説の編集長。

セルフ出版(現・白夜書房)の設立に参加し、2012年に退社するまで同社の屋台骨を支え、現在は執筆活動やサックス奏者としてライブ活動をおこなっており、70年代、80年代の日本カルチャーを牽引した重要人物です。

***********************************

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 尾野真千子 ほか

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊
音楽:菊地成孔 小田朋美  
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会   


柄本佑 伝説のエロ雑誌編集長に『素敵なダイナマイトスキャンダル』


映画情報どっとこむ ralph 末井 昭氏が、自身の半生を書き1982年に刊行され、その後2度に渡り文庫化され永らく愛されてきた名エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が、ついに映画化、2018年春に公開が決定しました。
芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

幼少期に「実母が隣家の息子とダイナマイト心中」という驚愕の体験をした少年「末井 昭」。

高校を卒業と同時に工場に就職したあと、上京してグラフィックデザイナー目指す。ひょんなことからエロ雑誌業界の世界に入り込んでしまい、やがて写真家・荒木経惟とのコンビで80年代を席巻した伝説のエロ雑誌「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」などの名編集長に、そして・・・・。

映画情報どっとこむ ralph 本作の監督と脚本を務めるのは、冨永昌敬 監督(41)。長らく映画化を熱望していた表題作「素敵なダイナマイトスキャンダル」に加え、末井氏の関連著作や談話をもとに稿を重ね、「昭和のエロ&サブカルチャーのカリスマ」の青春をダイナミックなドラマに落とし込んだ。

そして、「末井 昭」を演じるのは、「2016年エランドール賞」を授賞し、現在大ヒット公開中の『追憶』(降旗康男監督)、9月には百鬼オペラ「羅生門」が控えるなど、映画、舞台と幅広く活躍する俳優・柄本 佑(30)。

さらに本作の音楽には近年「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のサントラなども手掛け、映画批評も多数手掛けるジャズ界のカリスマ菊地成孔が担当。撮影は3~4月都内近郊にて行われ、すでにクランクアップ。現在編集中で完成は7月を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph 柄本 佑さん、ご本人の末井 昭さん、そして、監督からコメントが届いています。

柄本 佑さんからのコメント
「『素敵なダイナマイトスキャンダル』は久しぶりの「映画」の現場で興奮しました。
正直なところ、映画のコメントを求められた今、何を書けばいいのか?
楽しすぎて、楽しい事を楽しみ過ぎててあまり記憶がない、、、。しかし、頑張ります。
末井昭さんのことはよくよく考えてみると夜中にCMで出ている和服姿のおじさんだったのですが、
認識したのは初めてで、お会いした時、あっけらかんとした柔らかい人柄の中に、鋭く人を見抜く「目」が存在していて、怖かったです。演出される冨永監督はずっと思考してて、ギラリと光る「目」は常に何かを企んでいます。セクシーで、不気味でした。この2つの「目」に睨まれながらの現場がすこぶる怖く、すこぶる楽しかったのです!
冨永監督の持つ映画的謎なリズム、そして末井昭さんとのタッグ、
映画ファンとしてどんな作品になっているのか気になります。」


末井 昭さんからのコメント
「『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、子供の頃に母親が不倫相手とダイナマイト心中したことから始まる自叙伝です。5年前に冨永監督から、この本を映画化したいと言われました。
僕は26歳のときにエロ雑誌の編集者になったのですが、それまで工場やら看板屋やらキャバレーやら、働き口がめまぐるしく替わっています。編集者になってからも、雑誌が2回発禁になったり、不倫やら先物取引などで大変なことになったり、いろんなことが次々起こります。こんなややこしい話を映画にするのは大変だろうな、実現できないのではないか、もう5年も経ってるし、と思っていたところ、なんと映画化が決定したのです。しかも、豪華キャスト、豪華スタッフで。
どんな映画になるのでしょうか。いい雰囲気で撮影が進んでいたので、面白い映画になることは間違いないと思いますので、皆様お楽しみに!」


冨永昌敬監督からのコメント
「映画とAVと深夜番組ばかり見て悶々と過ごしていた18歳のころ、僕はその人を初めて見ました。夜な夜なパチンコ雑誌のCMに登場するその人は、自称「パチンコジャーナリスト」の「ゴンゾーロ末井」といい、女装で新台の宣伝を絶叫するその姿は、田舎から這い出てきて間もない世間知らずの童貞男にとってはすこぶる不気味なものでした。「こんな資本主義に毒された大人になってはいけない」と決意したその日から数年後、立ち寄った書店の棚でその人をまた見ました。「ゴンゾーロ末井」の本名を知ったのはそのときです。相変わらず和服の女装姿でしたが、なぜか表紙の写真に惹きつけられました。妙です。大学で映画をつくるようになって、少しは人生を経験して、人間や世の中を見る目が僕にも出来てきたからでしょうか。不気味どころか、末井さんの古代の賢者のような微笑みにすっかり射抜かれてしまい、さらに一読して、その微笑みにふさわしい異様な半生に驚かされました。あの怪人「ゴンゾーロ末井」がこんなにも他人の気持ちに通じ、また自分自身を知る人だったとは!何度も読むうちに頭の中で映画化を夢想してゆくと、主人公の顔がぼんやり見えてきました。柄本 佑のような顔でした。佑くん主演で『素敵なダイナマイトスキャンダル』映画化、と勝手に熱望するようになって何年経ったのか、もう分かりません。」

映画情報どっとこむ ralph また映画化決定にあたって、1982年に刊行された原作の4度目の復刊が5/26(金)に決定し、末井の最新刊「ダイナマイト人生相談」(亜紀書房)、「結婚」(平凡社)も同時発売されます。

素敵なダイナマイトスキャンダル

2018年春に公開です。

***********************************

監督・脚本:冨永昌敬  
原作:末井 昭(「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊)   
音楽:菊地成孔  
主演:柄本 佑        
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会  


PANTA・佐藤寿保監督ぶっちゃけトーク!「華魂 幻影」イベント


映画情報どっとこむ TJ 日本のスプラッター映画の草分けでピンク四天王=佐藤寿保監督が、大西信満を主演に迎えた最新作「華魂 幻影」。
1左から佐藤寿保監督、PANTA
現在新宿ケイズシネマで絶賛ヤバヤバ公開中です。

ミュージシャンのPANTAさん(「頭脳警察」)と佐藤寿保監督のトークイベントが行われました。末井昭さんの『素敵なダイナマイトスキャンダル』や昨今の不倫の話、”ピンク映画”という名前の由来やAVとロマンポルノの話まで飛び出しました。


「華魂 幻影」トークイベント
日付:5月16日(月)
場所:新宿ケイズシネマ
登壇者:PANTA(「頭脳警察」)・佐藤寿保監督

映画情報どっとこむ TJ “華魂”とは、俗世の欲望の象徴であり、この花が咲くところでは、人間は欲望の箍が外れて理性が崩壊する。本作は、映画愛に満ちた支配人やスタッフ、そして、個性的な客たちによって支えられてきた映画館の閉鎖が決まり、映画館に欲望の象徴“華魂”が暴走する話・・・・アナーキーなSFホラーパンクエロ。色々詰まっている作品。
3左から佐藤寿保監督、PANTA
佐藤監督:今日PANTAさんをお呼びしたのは、今日冒頭で特報が流れた『眼球の夢』という僕の次回作で重要な役で出て頂いたということもあるのですが、『華魂 幻影』と『眼球の夢』はある部分根底は同じなんですけれど、肌合いが違うので、どういう感想か個人的に聞きたかったんです。

PANTA:まず大前提として、佐藤監督からオファーがあった時に、『華魂 幻影』の三上寛の役じゃなくてよかったなと。(笑)

佐藤監督:まさに音楽的には、『華魂 幻影』は三上寛的な映画なんだけれど、『眼球の夢』はPANTAさん的映画かなと自分では思っているというのがあるんです。

PANTA:皆さん素晴らしいです!ぶっとんだ演技をしていますね!三上寛も、ああいう人間なんじゃないかって、まあそうなんですけど。すごく上手くてですね、あれをやれと言われたらできないですけれど。それと、昔『世にも怪奇な物語』という映画がありまして、エスカレーターの少女が出てくるんですよ。エスカレーターの上にいるパッツンの少女は、世の中で一番怖いんです、俺。

華魂 幻影佐藤監督:『華魂 幻影』の謎の少女も?

PANTA:全くそうですね。そんな感じですね。にこっと上目遣いで見られた日には鳥肌ゾゾゾゾゾですよ。世の中で一番怖いもの。

佐藤監督:“見たくはないんだけれど、ちょっと覗き見的な感性”って俺もガキの頃からあったね。

映画情報どっとこむ TJ PANTA:ジャック・ニコルソンの『シャイニング』のイメージもある。最初ホラーかなと思って、あれ違うのかなと思って、最後まで見るとやっぱりホラーだったという印象で、とっても楽しみました!あと全編を通して『華魂』とは何なんだろうなとね。モラルが崩壊する一点の集中したところなのかなと思ったりもするんですけれど。モラルはまだまだ崩壊させられるところいっぱいあるよね、という。

佐藤監督:“THIS IS 日本映画”をやりたくて、上辺だけの今のご時世に対して、映画というのは非日常というところがあるんで、楽しんでもらいたいなという。

PANTA:こういう映画なんだけれど、佐藤監督は映像に関してものすごい細かいところにこだわるじゃないですか。めちゃくちゃキレイじゃないですか。最後の(劇中映画の川瀬陽太さんと愛奏さんの)爆発のシーンで、ふっと末井さんのことが浮かんだり。

佐藤監督:あっ初めてトークイベントのゲストの方で末井昭さんについて触れて下さいました。白夜書房で『写真書房』の編集をやっていた末井昭さんのことです。『素敵なダイナマイトスキャンダル』ですよね。

2左から佐藤寿保監督、PANTA
PANTA:岡山の方で、彼がある日小学校から帰ってくると、人だかりがあって、何があったのかと思ったら、自分の母親と隣の青年がダイナマイトで心中したというね。

佐藤監督:そうなんですよね。愛の事件というか。今の不倫どころじゃなくしてね、不倫なんて日常茶飯事でしたからね。関係性ではなくしての、年齢差を超えたところの隣近所の愛の結晶みたいな。ゴダールの『気狂いピエロ』のベルモンドが一人で、というよりも、末井昭さんの『素敵なダイナマイトスキャンダル』の影響があって、ダイナマイト心中という題材はピンク映画の時からやっているんですよ。でも死ぬに死ねない、みたいな。映画の中では死んでないじゃないですか。

映画情報どっとこむ TJ PANTA:レイプシーンのところもそうですけれど、レンズを構えていて、助けるべきなのか、それを映すべきなのか、それで興奮する奴もいるわけですよね。現実の方がもっと残虐な事件が今いっぱい起きていますから、これは想像の世界で、妄想の世界ですよね。

佐藤監督:まさしく映画って妄想なんです。そういった美的感覚というか。映画館というのは老若男女が集まる場所で、ダイレクトに映像と棘のあるキャッチボールをしてもらいたいなと思って。

PANTA:妙にリアルで、妙に妄想で、閉館される映画館の中で官能的なモラルの崩壊かもしれませんけれど、それを映像にすればこうなるかなというね。

佐藤監督:昔ながらに持っている疑問符というかね、映画館というのはずっと自分にとってのキャッチボールの場所だったので、それをやりたかった。これをピンク映画でやったら叱られちゃいますからね。『また佐藤が腹切って』みたいな。

映画情報どっとこむ TJ PANTA:僕はAVがだめで。即物的じゃないですか。過程がなくて。それを一回加藤鷹に文句言ったんですよ。顔射とかありますよね。あんなことやったら青少年皆ああやらないといけないと思っちゃうじゃないですか。彼には、『あれは、両方、表情も見れるし、映像的にはいいんですよ』と言われて。そりゃそうですけれど。でもロマンポルノの『ロマン』というのはよく付けたなと思って。

佐藤監督:『ピンク』っていうのも、桜紙(ちり紙)から取ってますからね。桜紙で後処理するというのを、昔の評論家が、60年代初頭にピンクという横文字でつけたんですよ。

PANTA:大友(良英)の音楽いいですよね。

佐藤監督:第1弾『華魂 誕生』の時は、「あまちゃん」と並行していたんで、『監督、好き勝手当てな』っていうノリで、舞台は変われど、テーマとしては変わらないから。

PANTA:安足(正生)さんの映画で、『幽閉者 テロリスト』(2006)という作品で、フランス人の役をやったんです。その時の音楽が大友で、最後に大友のノイズをバックに詩の朗読をするっていうのがよかったんですよ!

PANTA:『華魂』の1作目、俺まだ観てないんですよね。

佐藤監督:1作目はいじめの話で、復讐劇みたいに捉えられてしまった部分もあって。

PANTA:そういわれると見たくなりますね。

佐藤監督:『華魂』シリーズは1話完結で、全部舞台が違うんです。とりあえず4本分構想があるんだけれど、『華魂』の場合は、時代に沿ったテーマを選ぶというか、新たなものを提示していきたいなという。『華魂 幻影』の舞台にした飯田橋くららという発展場でもある映画館が今月末で閉館になるということが公開直前に発表されたりして、まさしく映画そのものな感じなんです。もしよければPANTAさん、次回もお付き合い願えませんか?

PANTA:(『華魂 幻影』の三上寛さんのように)パンティーを被させるのだけはやめて下さい(笑)

佐藤監督:業界の、表現者の絶滅危惧種にはなりたくないなと思いながらも、この映画も皆さんに楽しんで頂けたらなという部分と、劇場で体感して頂いた皆さんに、より広げて頂きたいという思いです。


映画情報どっとこむ TJ 今後のトークイベントの予定は

5/18(水)21:00~の回上映後
大西信満さん(本作主演)×川瀬陽太さん(本作出演)×佐藤寿保監督

5/20(金)21:00~の回上映後
外薗昌也さん(漫画家)×佐藤寿保監督
華魂 幻影2
華魂 幻影

新宿K’s Cinemaにて公開中
公式HP:
http://www.hanadama-movie.com/

5/21~東京・ニュー八王子シネマ
5/28~神奈川・シネマ・ジャック&ベティ
6/4~ 福岡・中洲大洋劇場
6/11~宮城・桜井薬局セントラルホール
時期調整中 愛知・名古屋シネマテーク、大阪・第七藝術劇場、京都・立誠シネマ、広島・横川シネマ

***********************************

華魂 幻影ポスターあらすじ
閉館間近の映画館の映写技師で沢村貞一(大西信満)は、毎日狭い映写室からスクリーンを見つめ続ける日々を送っていた。ある日、画面に見えるはずのないものが見えだしていた。黒ずくめの少女(イオリ)である。少女は何かを訴えるように沢村を見つめている。上映後、フィルムをチェックするが、少女などどこにも映っていない。
ある日、上映後の客席に幻影で見たあの黒ずくめの少女が目の前にいた。沢村は、少女を劇場の映写室の控え室でかくまう。上映中、ふと気がつくと、少女がいなくなっている。少女を捜すがどこにもいない。街をさまよう沢村。少女の幻影が沢村を誘う。少女に導かれるように、川原に来る沢村。沢村の失われた記憶が蘇る・・・。少女の頭に毒々しい色の花“華魂”が不気味に咲いている。少女は一体誰なのか。沢村との関係は。
出演:大西信満 イオリ 川瀬陽太 愛奏 吉澤健 真理アンヌ 三上寛 他
監督・原案:佐藤寿保 
プロデューサー:小林良二 
脚本:いまおかしんじ 
音楽:大友良英

共同研究:東京工芸大学 
制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション  
製作:華魂プロジェクト
2016年/日本/カラー/ステレオ/83分