「奥山和由」タグアーカイブ

紺野千春 x 山中聡 x Sharo エロティックサスペンス映画『クロス』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、人間の欲望、嫉妬の渦、そして真の贖罪とは何かを問いかける映画『クロス』が、7月1日(土)より、ユーロスペースにて公開することが決定。

予告編映像が解禁となりました。



監督は時代を生み出す異才/奥山和由さん × 日本アカデミー賞優秀撮影賞/釘宮慎治さん。

脚本家・宍戸英紀先生が第39回城戸賞を受賞した本作は、残酷なまでに人間の心の淵を描き出し「映像化不可能」と言われていたそう。しかし、今回映画プロデューサー奥山さんと釘宮さんが共同監督としてタッグを組み、宍戸先生の熱い魂に応えました。


映画情報どっとこむ ralph
女と男、そして女――― 乱れ交わる肢体が月明かりに揺らめき、雷雨の夜を切り裂いていく

歯科医院の受付として働きながら贖罪の日々を送る美しい元美術教師・真理子役に、近年では映画『さらば復讐の狼たちよ』『甥の一生』など良作への出演が続く女優・紺野千春さん。圧倒的な透明感で、観る者の心をも溶かしていく。
真理子に敵意を剥き出しにし、幸せを掴み取ろうとする女の執念をむき出しにする知佳役にシンガーでもある女優Sharoさん。
妻・知佳の過去を突きつけられ、夫として、父として家族への愛ゆえに苦悩する孝史役に、映画『恋人たち』等数多くの映画、TV作品に出演する実力派俳優・山中聡さん。
映画情報どっとこむ ralph “和製スティービー・ワンダー”木下航志、自身初となる映画音楽に挑む!

主題歌「Just a Closer Walk with Thee~輝く明日へ僕は歩く~」は日本人初のニューヨーク国連でのパフォーマンスを行った“和製スティービー・ワンダー”盲目のピアニスト木下航志さんが担当。

「映画は観るものではあるが、真の芸術は五感で感じ創造するもの」という奥山監督の言葉に見事に答え、自身初の映画音楽も担当しています。

今回、木下さんと以前コラボ曲を出すなど親交のあるMONGOL800キヨサクさんのコメントが到着しましたのでご紹介!


キヨサクさんからのコメント

「自分の好きな色がみつかればそれは、1つでも良いのかもしれません」

最後の最後で心を優しく撫でられる感覚

直後に流れる耳慣れた音色

好きな音色を奏で続ける木下航志の演奏に一筋の光を見出す人は少なくないのではないでしょうか

音に色があるとしたら好きな色が1色だけ選べるとしたらコメントを書きながら考えています

それぞれに背負う十字架が交差する中で好きな色、1色に救われ報われる

永遠の懺悔を報う一筋の希望の光のような儚い憂いの音色

この作品と共に木下航志の音色、音楽がより多くの人々の心に届きますように。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・

罪を背負い、過去に囚われ、欲望の中でもがく人間たちに、再生の光は射すのか――

あるジャーナリストによって白日の下に晒された、“集団リンチ殺人事件“加害者の現在。これをきっかけに、人間の欲望のマグマが燃え上がり、もうひとつの封印されていた忌まわしい殺人事件が呼び起こされる…。封印していた過去が解き放たれた時、男は、女は、何を掴み取ったのか。

公式サイト:
www.cross2017.com

***********************************

キャスト:
紺野千春、山中 聡、S h a r o

原案・脚本:宍戸英紀
監督:奥山和由・釘宮慎治 撮影:釘宮慎治

音楽:木下航志 主題歌「Just a Closer Walk with Thee」~輝く明日へ僕は歩く~

製作:吉本興業 チームオクヤマ
制作プロダクション:ノアド
2017年/Japan/カラー/89min/DCP
配給・宣伝:太秦
(C)2017「クロス」製作委員会


“真の贖罪”…美しい音楽が浄化『クロス』舞台挨拶 第9回沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 4 月 21 日(金)、桜坂劇場ホール A で、『クロス』の上映と舞台挨拶が行われ、奥山和由監督、主演の紺野千春さん、音楽を担当した木下航志さんが登壇しました。


第9回沖縄国際映画祭・映画『クロス』ワールドプレミア上映&舞台挨拶詳細
日 時:4/21(金)
会 場:桜坂劇場(ホールA)
登壇者:紺野千春(主演)、木下航志(音楽)、奥山和由(監督)

映画情報どっとこむ ralph 『クロス』は、ある殺人事件に関わった加害者の現在がクローズアップされたことをきっかけに、別の殺人事件が呼び起こされていくというストーリー。

人間の嫉妬や贖罪、執着、愛情等が複雑に絡み合っていくところが見どころです。

奥山監督からは最初に、
奥山監督:宍戸英紀さんの『クロス』の脚本が若手の登竜門と言われる城戸賞に入選し、さらに今回は沖縄国際映画祭の特別招待作品に選んでいただけたことをうれしく思います」と感謝が伝えられました。作品についても「ささやかな予算で、実験的に作った映画なので、見ていて疑問に思うことも多いかもしれない。けれど、ほぼノーギャラで手伝ってくれた斎藤工くんをはじめ、周囲の人の協力を合わせて勢いで作り上げた熱のある映画になっています。

と紹介しました。

続いて、主役を演じた紺野さんも
紺野さん:きれいごとではなく、情念や贖罪など重いテーマを扱った映画ですが、その重さを監督がわかりやすく表現しているので、重みを感じ取りながら見てほしいです。

と挨拶。

そして今回、「ボーカルに心酔した」という奥山監督からの要望に応え、はじめて映画音楽を担当したのが、“和製スティービー・ワンダー”の異名を持つ盲目のピアニスト、木下航志さん。

木下さん:映画音楽を担当するのも初めてですが、出来上がった映画をスクリーンで見るのも初めてです。今回は目以外の五感で、色々な思いを持って映画を見たいと思うので、皆さんは映画と一緒に僕の音楽も楽しんでほしいです。

と思いを伝えます。

奥山監督:映画がつまらなくてもコンサートを楽しみに座っていてほしい。

と冗談をとばし、挨拶を締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、キーボードをステージ中央に置き、木下さんのミニコンサートが開かれました。1 曲目は「アメイジング・グレイス」、2 曲目は MONGOL800 からプレゼントされたという曲「pray (祈り)」。そして 3 曲目には、映画の主題歌「Just a Closer Walk with Thee~輝く明日へ僕は歩く」を披露。力強い演奏と伸びやかな歌声に観客は魅了され、大きな拍手に包まれてミニコンサートは幕を閉じました。


終演後、会場の外では

みなさんがこの作品に抱いた思いを聞く機会を設けたい。

と、奥山監督と紺野さんが、観客一人ずつに声をかけて見送るというサプライズなシーンも。

重いテーマとはうらはらに、美しい音楽と作り手の心の細やかさに、心が浄化されるような上映会となりました。

映画情報どっとこむ ralph 島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)

エロティックサスペンス映画『クロス』

物語・・・
罪を背負い、過去に囚われ、欲望の中でもがく人間たちに、再生の光は射すのか。
あるジャーナリストによって白日の下に晒された、“集団リンチ殺人事件“加害者の現在。これをきっかけに、人間の欲望のマグマが燃え上がり、もうひとつの封印されていた忌まわしい殺人事件が呼び起こされる…。
封印していた過去が解き放たれた時、男は、女は、何を掴み取ったのか。

2017年7月1日よりユーロスペース他全国順次公開です。

公式サイト: www.cross2017.com

  
***********************************

紺野千春 山中 聡 S h a r o 
原案・脚本:宍戸英紀
監督:奥山和由・釘宮慎治
撮影:釘宮慎治 
音楽:木下航志 主題歌「Just a Closer Walk with Thee」~輝く明日へ僕は歩く~
製作:吉本興業 チームオクヤマ
制作プロダクション:ノアド
2017年/Japan/カラー/89min/DCP/R15
配給・宣伝:太秦
(C)2017「クロス」製作委員会
   


エロティックサスペンス映画『クロス』沖縄国際映画祭でプレミア!


映画情報どっとこむ ralph 人間の欲望、嫉妬の渦、そして真の贖罪とは何か?
エロティックサスペンス映画『クロス』が7月1日(土)より、ユーロスペースにて公開することが決定しました。
そして、第9回沖縄国際映画祭の特別招待作品として、4/21(金)ワールドプレミア上映されます。
上映の後、主演・紺野千春さん、音楽を担当した盲目のピアニスト・木下航志さんと奥山監督が登壇することが発表されました。

第9回沖縄国際映画祭・映画『クロス』ワールドプレミア上映&舞台挨拶詳細
日 時:4/21(金)開演19:30~ 舞台挨拶21:00~
会 場:桜坂劇場(ホールA)
登壇者:木下航志(音楽)、紺野千春(主演)、奥山和由(監督)

映画情報どっとこむ ralph 主演・紺野千春さんよりコメントが寄せられました。

紺野千春さんからのコメント
映画「クロス」が、沖縄国際映画祭という盛大で華やかな場に特別招待を受け、この作品に携わり多大なお力添えを頂いたスタッフキャストの皆様方、観て頂ける全ての方々に感謝申しあげます。十字架を背負った人間像を過剰に見せ過ぎず、日常に溶け込んでいて欲しいと言う監督の言葉を軸に撮影の間は主人公と重なり生きました。映画の中で流れる、木下航志さんの何処までも突き抜けていく美しい歌声に心癒されます。映画「クロス」を宜しく御願いいたします

さらに、本作で初の映画音楽に挑戦した、盲目のピアニスト・木下航志さんよりコメントが寄せられました。

木下航志さんからのコメント
『クロス』公開が決定してとても嬉しいです。
今回この話をいただいたとき、最初は全盲の私に映画音楽ができるのか不安でしたが、ストーリーを聞いた時から音楽が浮かんできました。この映画に音楽という形で携わる事ができ、新たな挑戦が出来たことは私にとって大きな財産になりました。
私は目で見る事は出来ませんが、残る感覚を研ぎ澄まして映画館で皆さんと一緒に映画『クロス』を観たいと思います!

映画情報どっとこむ ralph エロティックサスペンス映画『クロス』

物語・・・
罪を背負い、過去に囚われ、欲望の中でもがく人間たちに、再生の光は射すのか。
あるジャーナリストによって白日の下に晒された、“集団リンチ殺人事件“加害者の現在。これをきっかけに、人間の欲望のマグマが燃え上がり、もうひとつの封印されていた忌まわしい殺人事件が呼び起こされる…。
封印していた過去が解き放たれた時、男は、女は、何を掴み取ったのか。

2017年7月1日よりユーロスペース他全国順次公開です。

公式サイト: www.cross2017.com

***********************************

紺野千春 山中 聡 S h a r o 
原案・脚本:宍戸英紀
監督:奥山和由・釘宮慎治
撮影:釘宮慎治 
音楽:木下航志 主題歌「Just a Closer Walk with Thee」~輝く明日へ僕は歩く~
製作:吉本興業 チームオクヤマ
制作プロダクション:ノアド
2017年/Japan/カラー/89min/DCP/R15
配給・宣伝:太秦
(C)2017「クロス」製作委員会