「北村匠海」タグアーカイブ

DISH//の北村匠海・小林龍二映画『勝手にふるえてろ』場面写真が初解禁


映画情報どっとこむ ralph 12月23日より公開となる松岡茉優初主演の映画『勝手にふるえてろ』から映画初共演となるダンスロックバンドDISH//の北村匠海・小林龍二の中学時代の場面写真が初解禁となりました!

北村匠海演じる「イチ」は、主人公ヨシカが10年に渡る片思い真っ只中の相手。好きだから見つめたい!けれど、バレたら恥ずかしいという屈折した恋心から視野の端でイチを見る「視野見」という技で見つめられていることにも気づかない「イチ」をクールに演じています。
そんなイチの同級生の木村駿役で、同じくDISH//の小林龍二が共演が実現!

映画での2人の共演は今回が初めてです!



普段はDISH//として、共に活動をする2人は、実はファンから人気の高い組み合わせ。この度、解禁となったスチールは中学時代の放課後を切り取ったもの。学ラン姿ではしゃぐ2人の姿がうつり、仲のよさが伝わる1枚に!
映画情報どっとこむ ralph 二人からのコメントが到着!

北村匠海さんからのコメント
撮影現場で一緒になるのは新鮮さでいっぱいでした。(小林)龍二のDISH//とは違う俳優としての一面を見ていくと自然とその違和感のようなものもなくなったし、1人の共演者として現場を共にできた事が嬉しかったです。 『勝手にふるえてろ』という世界に僕ら2人で参戦することができてとても光栄です。

小林龍二さんからのコメント
いつもDISH//で一緒にバンドをやっているのですが同じ作品でお互い芝居をしてるのがすごく新鮮でした。普段から仲が良いので、演じるというよりも自然に仲の良さがスクリーンを通しても伝わるのではないかと思います。DISH//ではないいつもと違った小林龍二と北村匠海を観ていただけると思います。楽しみにしててください!

映画情報どっとこむ ralph 本当の自分を解き放つ!!

ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテイメントです!

映画『勝手にふるえてろ

物語・・・

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?

2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)

趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海

梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり
正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB上では、表現できない文字のため、「舘」を使用しています。


配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


浜辺美波「君の応援にお礼を言いたい」キミスイ大ヒット御礼福井&福岡に凱旋!


映画情報どっとこむ ralph 映画『君の膵臓をたべたい』通称:キミスイは7月28日に公開され、9月18日(祝・月)までの53日間で、興行収入32億2500万円、観客動員数254万8000人と新たな青春映画の金字塔として、映画界を席巻しています。

映画公式サイトでは、映画と原作、双方のリコメンドカードを作成・掲出し互いを応援しよう!というコンセプトの元、7月1日より書店での「映画×原作 相互応援キャンペーン」&図書館を中心とした「棚作りコンテスト」を敢行しました。

その結果、「映画×原作 相互応援キャンペーン」には54店舗、「棚作りコンテスト」を67館のご応募から、最優秀賞が決定。

この度、主演・浜辺美波さんが、最優秀賞の店舗&図書館を表敬訪問しました。

映画情報どっとこむ ralph 9月15日(金)。まず、浜辺さんが向かった先は、全国キャンペーンスタートの地・福井。原作表紙のモデルとなった足羽川が流れるこの県で訪れるのは、「棚づくりコンテスト」で最優秀賞となった【福井県立鯖江高等学校】。

学校に着いて早々、図書館へ!
司書教諭に迎えられて、実際の「キミスイ」棚を見ると

浜辺さん:手書きの装飾など、すごく手の込んだ棚で、びっくりしました。原作と原作に関連する図書(星の王子さまなど)や住野先生の本などが展示されていて、私自身読んでみたくなる本ばかりですごくうれしいです。


さらに、体育館で行われている全校集会にサプライズで登場しました。登場するや否や「美波ちゃーん」と叫ぶ生徒も現れ、歓迎の悲鳴が上がりました。舞台上での高校生との掛け合いの様子

浜辺さん:初初同じ高校生なのに、大人っぽくて演技も上手ですごいと思いました。」という感想をいただいて、とてもうれしいです。映画を見てくださった高校生とお会いする機会がなかったので、感想を聞けてすごく心に残りました。

新聞部からの質疑応答の内容について

浜辺さん:「もし桜良のように病気になったら、浜辺さんはどんな人生を過ごしたいですか?」という質問に対し、
食べることが大好きなので、全国のおいしいものを取り寄せておなか一杯食べたいです。昼食で(福井名物)ソースカツ丼の小をたべましたが、スタッフさんが大盛りを食べていたのが羨ましくて、今度はソースカツ丼の大盛りを食べたいです。

最後に・・・

辺さん:初みなさんのひとつひとつの応援がとてもあたたかくて、力になりました。「キミスイ」棚を間近で見て、よりこの「君の膵臓をたべたい」が大切になりました。今日は(鯖江高校に)来ることができてとてもうれしかったです。ありがとうございました。

と飛び切りの笑顔をみせました。
この訪問の最後には、同校の司書教諭が手作りした看板を持って記念撮影を行いました。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、9月17日(日)は映画のロケ地であり、インタビューでも思い出の地として度々挙げていた福岡での舞台挨拶。

台風18号の影響で、浜辺さん自身も空港に4時間以上待機した後、何とか無事に劇場へ到着し、TOHOシネマズ天神・ソラリア館に集まっていただいたお客様に対して

「台風が近づいていたということで、来ていただくのが大変な方もいらっしゃったと思います。こうしてお会いすることが出来て本当に嬉しいです。

と感謝と安堵のご挨拶。上映後ということで観客の皆さんとのティーチインも盛り上がり、国内では最後となる舞台挨拶に寂しさを滲ませながらも

(大ヒットという)嬉しい報告が出来たのは皆さんのおかげです。ずっと関わっていたいと思う作品になりました。本日は台風の中、お越し頂いて本当に有難うございました。

と締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 翌日9月18日(月・祝)、福岡市内から車で約1時間かけて向かったのは、「映画×原作相互応援キャンペーン」最優秀賞の【TSUTAYA積文館書店八女店】。

書店員の方が「浜辺さんに会いたい!という想いで作りました」という特設コーナーは書店の一番目立つ場所にあり、浜辺も桜の花びらの装飾や手作りのPOP一つ一つを眺めながら、制作していただいた書店員の皆さんに直接感謝の気持ちを伝え、皆さんの応援を肌で感じた訪問となりました。
TSUTAYA積文館書店八女店 訪問の感想

浜辺さん:私は(お客さんに想いを届ける方法は)取材しかないけど、こうして展示で応援してくださっているのが本当に嬉しいです。これは(こういう作品への関わり方は)私にはできないことで、きっとこういう応援がお客さんにも伝わっているんだと思います。


そして、キャンペーンの締めくくりとして、劇中、桜良と【僕】が訪れる「太宰府天満宮」にお礼参りに。
本編でも登場する参道や太鼓橋を歩いて、境内へ。撮影時には個人的にゆっくりとお参りができなかった分、本殿では長い時間手を合わせ、映画大ヒットのお礼をしました。

そして絵馬には、「みなさんが末永く健康でいられますように!」と、この映画の“ご縁”で出会った皆さん、映画を応援してくださったお客様への感謝を込めた想いを書き、「山内桜良役・浜辺美波」としての長期間に及ぶプロモーションを締めくくりました。
太宰府天満宮 訪問の感想

浜辺さん:ちょうど1年前くらいに撮影していたので、懐かしい気持ちです。映画が大ヒットしてここに戻って来ることができた嬉しい感謝の気持ちを伝えることができました。色んな方に出会えて、たくさんのご縁でここにいるんだなと感じます。

映画情報どっとこむ ralph 約4ヶ月に渡るプロモーションを振り返って

浜辺さん:初日より完成披露より、今が1番この作品のことを好きで、こうしたプロモーションが終わってしまうことが寂しいです。「君の膵臓をたべたい」は私にとって“大切になりすぎた作品”です。これから他の作品に出会ってもずっと特別な作品だと思います。


『君の膵臓をたべたい』 

公式HP  
http://kimisui.jp/
ツイッター
@kimisui_movie #キミスイ
Facebook
@kimisui.movie/

***********************************

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) ―原作クレジット ©住野よる/双葉社
監督:月川 翔       
脚本:吉田智子      
音楽:松谷 卓/追加編曲:伊藤ゴロー
出演:浜辺美波 北村匠海 
大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 /上地雄輔
北川景子/小栗 旬
©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社
    


浜辺美波の喜びのコメント!「君の膵臓をたべたい」釜山国際映画祭正式招待決定!


映画情報どっとこむ ralph そして今回、第22回釜山国際映画祭<オープンシネマ部門>への正式招待が決定しました!

釜山国際映画祭は、1996年に創設された、韓国・釜山で開催されるアジア最大の国際映画祭。映画の振興と芸術への理解を深めることを目的にしています。「君の膵臓をたべたい」の上映は、現地時間10月15日(日)に「オープンシネマ部門」での上映を予定しており、当日は、主演の浜辺美波と月川翔監督の参加も決定。
本作は韓国での公開が10月25日より決定していて、原作小説のイラストで作成したポスタービジュアルを解禁した際は、facebookでいいね 16,000 個、書き込み 25,000 件など爆発的な反応から、現地での注目度の高さも伺えます。

映画情報どっとこむ ralph 国際映画祭初参加となる主演・浜辺美波さんからのコメント。

浜辺美波さんからのコメント
私自身、「キミスイ観たよ」として声を掛けてくださる人が多く、今までにないくらい身近でも反響を感じていて、そんな作品に携わることができて幸せだなと思っています。また今回、釜山国際映画祭というアジア最大の映画祭に、数々の作品のなかから、『君の膵臓をたべたい』を上映して頂けるということもとても光栄に思っています。国際映画祭は初めてなので、海外の人がどんな風に観てくださるか、いまからどきどきしますが、とても楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph さらに韓国以外にも、アジアを中心とする10以上の国と地域で配給が決定しており、「キミスイ」は海を越えて、更なる感動を届けます!

君の膵臓をたべたい

公式HP:
http://kimisui.jp/
ツイッター:
@kimisui_movie
#キミスイ

***********************************

原作 :住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) ―原作クレジット ©住野よる/双葉社

監督 :月川 翔
脚本 :吉田智子
音楽 :松谷卓/追加編曲:伊藤ゴロー
出演 :浜辺美波 北村匠海
大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 /上地雄輔
北川景子/小栗 旬
主題歌 :Mr.Children「himawari」(TOY’S FACTORY)
©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社