「初音映莉子」タグアーカイブ

初音映莉子、高良健吾、草刈民代ら登壇『月と雷』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の『月と雷』小説を安藤尋監督の手により実写映画化。
10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

そして、完成披露試写会が行われ、主要キャストの初音映莉子さん、高良健吾さん、草刈民代さん、藤井武美さん、木場勝己さん、安藤尋監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子(草刈民代)とその息子の智(高良健吾)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(初音映莉子)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品。

『月と雷』完成披露試写会
日時:9月13日(水)
会場:スペースFS 汐留
登壇:初音映莉子、高良健吾、草刈民代、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督

映画情報どっとこむ ralph 20年ぶりに泰子と智が再会するシーンが印象的だったと話す初音さん。
初音さん:再開のシーンは、(台本を読んで)想像していた智が現れて感動。そして迫ってくる恐怖感と、興奮でワーってなってガーって逃げました(笑)。『泰子ちゃーん』という声が、撮影を重ねるにつれて、心地よいものに変わっていきました。

と、語ると、
高良さん:僕もガーッと追いかけてブアーって追いかけました!(笑)。幼少期に一緒にいた時間は長くないけど、気にして会いたかった時間が長い気持ちをつくったので、あまり疑問に思わず、現場に立てたと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 智の母親で、男の間を渡り歩く直子を演じた草刈さんは、
草刈さん:夫の周防正行監督の作品以外の映画出演はこれが初めて。安藤監督が声をかけて下さって。いくつかの取材で『汚れ役に躊躇は?』と聞かれたんですが、私自身は汚れ役と思って受けていなくて…。メイクも“汚しメイク”と言われるけど、何もしてないんです(苦笑)。そんなに酷く見えたのかな?とちょっと傷つきました…

と、目の前にいるマスコミにチクリと笑顔。続けて

草刈さん:素の自分が見えたら失敗なので、いままでの役とかけ離れて見えるのなら、よかったです。スナックでの歌も、飲むと、楽しくなる人のイメージで、木場さんが喜んでくれますし・・・。

と、言われた木場さんは
木場さん:もうじき70歳ですが、こんな役をいただけて…。だって、ちょっとの間ですが草刈さんと暮らすんですよ! 光栄でした

と照れながら満面の笑みを浮かべていました。


安藤監督は直子役への草刈さんの起用について
安藤監督:美しい方で、チャーミングですし。原作では汚いババアなんですけど(笑)、映画でそのままやるのはいくら何でもですよね。脚本を進める中で魅力的にしていき、映画には映画の中のリアリティがあるので、草刈さんにオファーありかなと。恐る恐るオファーしたら、割と笑顔で接していただいて・・・映画の風景を背負って、そこにいるのが重要で、どこか憎めない――そんな直子を100%やっていただけました。

と絶賛の監督。


泰子の異父妹で、少しずつ泰子や直子、智らと関係を深めていく亜里砂を演じた藤井さんは
藤井さん:この役を演じるにあたって、最初に監督からニコニコして『思うままにやってください』と言われて、怖い部分もありました(笑)監督のOKを信じるしかなく、現場の雰囲気の中で作っていった感じです。初音さんに追いかけられて、 ガーって逃げました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
初音さん:この映画を観て、如何に人生が短いかを感じました。生命と過去とか未来を抱きしめてくれるような作品になっていると思います。

高良さん:普通とは何ですかとインタビューされることが多いのですが、智も康子もちゃんと自分たちの普通を認められるようになったのかなと。この映画を観て大切だなと思いました。

安藤監督:生きるとは大変だよなと。でも何とか生きていけるんだよと考えていただけたら嬉しいです。

月と雷

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

***********************************


初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会


初音映莉子×高良健吾「月と雷」映画化


映画情報どっとこむ ralph ​直木賞作家・角田光代の同名小説「月と雷」が初音映莉子×高良健吾主演で映画化。

2017年10月7日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開となります。

本作「月と雷」は、≪人と出会うこと、そして人を受け 入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様≫を描き、「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代文学の真骨頂と評されています!

この名作を、『海を感じる時』の安藤尋監督が、『人のセックスを笑うな』の本調有香と『blue』以来のタッグを組み、繊細かつ力強くスクリーンに蘇らせます。

“家族愛”を知らない主人公・泰子役には、『終戦のエンペラー』で華々しくハリウッドデビューし、その後も数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子。
人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を『横道世之介』『きみはいい子』などで日本を代表する若手 俳優の地位を確立した高良健吾。
さらに世話をしてくれる男性を見つけては、男から男へと各地を流転する智の母・直子を、『Shall weダンス?』『終の信託』の草刈民代が、自由奔放のようでいて深い孤独を漂わせる女性として熱演し、新境地を見せています。​

映画情報どっとこむ ralph あてもないけど、生きていく…。 ​

“普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​

「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく―。」

結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。

20年前、愛人・直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家族は壊れたはずだった。
根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。​

「邪魔しないであたしの人生」

そう普通の幸せを願っているはずなのに……。
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていく。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、 そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

公式サイト:
tsukitokaminari.com/

公式Twitter:
@tsukitokaminari

公式Facebook:
@tsukitokaminari​

***********************************

『月と雷』​
初音映莉子 高良健吾​
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 村上 淳 木場勝己 ​
草刈民代​

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋 ​
脚本 本調有香 音楽 大友良英 
製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ ​
制作プロダクション アグン・インク 
配給 スールキートス 
(C)2012角田光代/中央公論新社
(C)2017「月と雷」製作委員会​