「初日舞台挨拶」タグアーカイブ

貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人 登壇!「望郷」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」のミステリー作家・湊かなえのベストセラー「望郷」が映画化!

本日より新宿武蔵野館より公開、ダブル主演で、 平川夢都子を演じた貫地谷しほりさん、大崎航を演じた大東駿介さん、そして夢都子の母親・田山佐代子を演じた木村多江さん、航の父親・大崎征一郎を演じた緒形直人さん、そして本作を手掛けた菊地健雄監督が登壇しての初日舞台挨拶が行われました。

映画『望郷』 初日舞台挨拶イベント
日時:9月16日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人、菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場の中、盛大な拍手で迎えられ、現れた4名は、実は撮影で4人揃うシーンがなかったため舞台挨拶で初めて揃ったそうで、

貫地谷さん:本日はお越しい ただきありがとうございます。この作品は、大切な時間を積み重ねて作った作品です。

大東さん:4人揃うの は今日が初めてです。今日ここに立てたこと、皆さんに観ていただけること感謝しています。

続けて

木村さん:この作 品を観て、日本映画を観た気がしました。皆さんも何か感じていただけたらいいなと思います。

と話すと、

緒形さん:今日ここに4人で並んでいますが、貫地谷さんとは初めてお会いしましたし、撮影中木村さんとはすれ違うこともなく、大東くんとの撮影もワンカット。ただ監督とはとても仲良しです(笑)。

と撮影中、出演者とほとんど出番が合わなかったとエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph この作品への出演の話があった際の印象を聞かれ、

貫地谷さん:原作を読み、是非やらせてもらいたいと思いました。これまで多かった役とはまた違う役への挑戦に、新しい一歩になるんじゃないかと思いました。

役者魂!が垣間見られる答え。

大東さん:自分の内側から出したことない気持ちを出さないとやれないんじゃないかと思った。因島で撮ろうということになった がそれはすごく大変なこと。それをやると言った監督に、出会った瞬間に信頼感を抱きました。

と、初めから監督に信頼を寄せていたことを明かしました。

一方、普段の出演作で薄幸な印象が強いと自ら話した

木村さん:台本を読んだ時に重いっ!と思いました。重い雰囲気のある役を演じるには自分を削って挑むため、その苦しい時間を過ごさないといけない。 一歩踏み出すのに勇気がいることなんです。でもしほりちゃんが娘の役なので、出ることを覚悟を決めて臨みました。

と役を演じることを決めた時の思いを語りました。

また、菊地監督が助監督として参加していた『64−ロクヨン−』で一緒だった緒形さんは

緒方さん:今回監督をされるということで、喜んでやりたいと思いました。

とその時の意気込みを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 全編因島とその周りの瀬戸内地方で撮影された本作。撮影中の思い出を聞かれ

貫地谷さん:のどかで美しくて、い いところに来ることができたなと思っていました。

と、島の印象について語り、

大東さん:地元のレモン農家の人と仲良く なりました。撮影中に助監督と喧嘩になったことがあったんだけど、喧嘩の理由が『どうしたらもっと因島が盛り上がるの か』って話で…(笑)。今後の役者人生にとって大切な経験になりました。

とエピソードを明かしました。

また、本作で島の中学校に勤める教師を演じた緒形さんは

緒方さん:撮影当日に島に入ったんですが、いきなりその島の教師を演じるのは難しいんです。そんな時に、中学校の校長先生から地元で採れた果物をいただいてから一気に五感が働きました。些細なことだったけれど自分の中で大切にしたい出来事になりました。

と話しました。そして、因島での撮影を決めた監督は

菊地監督:原作者の湊さんが自分が体験されたことを書かれているのを感じました。島の何かを感じていただく中で芝居をしていただきた かったので、因島で撮影をすることが重要でした。

と演出のポイントを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph このイベントで初めて揃ったふた組の親子。
MCからお互いの印象を一言でと尋ねられると、木村さんは娘役である貫地谷さんに思わず「好き」と一言。続けて

木村さん:初めて現場でお会いしましたが、ひたむきに一生懸命な姿が美しかったです。

とその印象を語りました。

それに対し貫地谷さんも木村さんに「感謝」と一言で表現し、

貫地谷さん:私が入り込めないシーンに何度も付き合って、私の心に届くように素晴らしい芝居をしてくださいました。朗らかに支えてくださいました。

と言葉で伝えました。父親を演じた緒形さんは、息子役の大東さんに

緒方さん:撮影を覗きに来たり、人にちょっかい出してみたり、でもそこから得るものは 大きいんですよね。

と笑いながら話すと、

大東さん:信頼しています。緒形さんの言葉には責任があると感じています。

と緒形さんへの思いを語りました。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

貫地谷さん:本当に大切な作品です。皆さんに勧めてほしいし、劇場に観に行ってください。みんなで観に来よ う!

と観客とキャストに呼びかけました。

大東さん:この映画の中には進水式のシーンがあるんですが、この作品にとっては今日が進水式なんじゃないかと監督が話されていて背筋が伸びました。この船をいろんな方に届けたいです。

と主演 の二人から観客へメッセージが送られました。



物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp
公式Facebook:
@bokyomovie/
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch
©2017 avex digital Inc.


佐々木芽生監督らがQ&A『おクジラさま ふたつの正義の物語』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 7年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてる佐々木芽生監督ドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』が9月9日(土)よりユーロスペース他よりついに公開致となりました。

その公開初日を記念し、佐々木芽生監督、エグゼクティブプロデューサー真木太郎(『この世界の片隅に』プロデューサー)、元AP通信記者ジェイ・アラバスター(出演者)、太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男(太地町長代理)、太地町漁業協同組合 組合長 背古輝人(せこてると/出演者)登壇しての初日舞台挨拶が行われました。

日時:9月9日(土)
場所:ユーロスペース
登壇:佐々木芽生監督、エグゼクティブプロデューサー真木太郎(『この世界の片隅に』プロデューサー) 元AP通信記者ジェイ・アラバスタ、太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男、太地町漁業協同組合 組合長 背古輝人

映画情報どっとこむ ralph 満席の観客の皆様に暖かい拍手で迎えられ、佐々木芽生監督をはじめ、エグゼクティブプロデューサー真木太郎(『この世界の片隅に』プロデューサー)元AP通信記者ジェイ・アラバスター(出演者)、太地町教育委員会教育長 宇佐川彰男(太地町長代理)、太地町漁業協同組合 組合長 脊古輝人(せこてると/出演者)が登壇。イベントはスタート。

本作の制作に7年という歳月を費やした事に関して

佐々木監督:まさか、7年もかかると思いませんでした。撮影当時は『ザ・コーヴ』の影響で世界中から太地町が批判にさらされていたと思いますが、時間が経つ事によってこの物語が随分熟成されたんじゃないかと思います。この7年間という歳月はおクジラさまにとって必要な時間だったと思います。

現在アリゾナ州立大学での博士号論文作成の為、太地町滞在中のジェイさんは
ジェイさん:公開初日を迎えられた事、本当に感動しています。本作の中で漁師さんと食事をしたり船に乗っているシーンがあるのですが『ザ・コーヴ』の影響で町の人達はカメラに敏感になっていたので、あまり撮れない絵を本当に頑張っていたと思います。

追い込み漁歴30年の脊古さん

脊古さん:『ザ・コーヴ』の影響で太地町での捕鯨活動に対し犯罪者のような扱いを受けてきて、本当に苦しい思いをしてきた。反論する機会も無く困っていた所、監督が来てこの映画を作ってくれた。どちら側でも無く見る人が個々に考えるキッカケになるような映画で本当に大好きで。僕はこれを見るのはもう4回目です。

というお話に会場は暖かい雰囲気に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 監督は今回の制作で小学校での撮影に大変苦労したという。難しい状況の中で多方面の許可を取る際にご協力頂いた宇佐川教育長

宇佐川教育長:今回なぜこの映画に協力しようと思ったかというと、太地町に外国人活動家の方が沢山訪れた。子供たちが将来、外国人を見た時にシー・シェパードのような人達ばかりでは無い。という事を私達は伝えなければならないと思った。

監督:本当に教育長のご協力のお陰で、可愛らしい小学校のシーンが撮れました。

と監督は感謝を述べた。
 

本作のエグゼクティブプロデューサー真木太郎さん

真木さん:彼女(監督)は昔の部下でした。いつの間にか映画監督になっていて、前作『ハーブ&ドロシー』ではクラウドファンディングが成功してたんです。映画ではお金が集まらないのが常なんです。そのノウハウを聞いて僕は『この世界の片隅に』でクラウドファンデイングを成功させたんですが、その点では彼女が先輩です。映画はお客さんに見て頂く為に作っていると思うので、今日は沢山のお客様に見て頂いて本当に嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 観客とのQ&Aコーナーに!

Q:「映画の中のラストシーンで漁師さんが普通の生活をさせて欲しいというセリフで終わってますが、あのセリフを選んだ想いを教えてください」

A:監督:エンディングのセリフは本当に迷いました。もっと強烈なメッセージもありましたが、あえてそこはぼかして言いたい事が10あったとしたら、あのセリフは6くらいで抑えました。残り4のスペースは皆様の気持ちで埋めて頂けるよう、主張性のないニュートラルな言葉を選びました。

Q「追込み漁は続けていきますか?」
A:脊古氏:どんなことがあっても絶対に続けていきます」と力強く答え、会場からは拍手が起こった。

Q「この映画はジェイさんが登場する事によって、全体の構造が面白くなっているように思うのですが、いかがですか?」

A:監督:ジェイと出会った事は運命で、この映画を本当に救ってくれました。初めは彼を登場人物の一人にするつもりでしたが、編集していくと彼を案内役という形にしようと思いました。見ている皆さんはジェイと寄り添いながら見る事が出来る役割で出演して頂く事になりました。ジェイは嫌がりましたけど・・。

A:ジェイ氏さん:最初は嫌でしたね、ですが20年以上日本に住んでいた自分の存在によって、日本とアメリカの衝突やモヤモヤを抑える事が出来ればいいなと思っていたので、この映画でその役割に立てて本当に良かったです。

A:監督:A「私たちは合わせ鏡のような存在で、私はNYで30年住んでいてジェイは日本で20年近く住んでいました。お互いに外国人として、この問題に対しての考え方がとても一致していたんです。本当に私の言いたい事を彼が代弁してくれていて感謝しています。

Q:「太地町に観光に行った際に『ザ・コーヴ』の一方的な論理に当時日本人として凄く憤りを感じた事を想起し、この映画の存在を知り、『ザ・コーヴ』に対抗した作品なのだろうと思ったのですが、全然そうでは無く両方の視点で、日本人の大きな包容力でこの問題を描いていて感動しました。太地町の方々は反論もしたかったと思うのですが、日本人の美徳で反論しない、言い訳しないというものがあるので凄く辛かったと思いますが、映画の中もでジェイさんが言っていた太地町の情報発信不足が大きな問題で、これはもう太地町だけではなく日本の問題だと思います。それについてはどうお考えですか?」

A:ジェイさん:日本を代表する大きい企業では発信の技術を持っている所は沢山ありますが、国としてなかなか発信出来ていないと思います。

A:監督:本当にそう思います。もうこれは日本の問題になっていますし、情報発信に関しては太地町だけに背負わせるのではなく国として対策をとる必要があると思います。

と締めくくった。


最後には撮影を担当した折笠貴さんの娘さんから監督へ花束の贈呈があり、満席の会場から暖かい拍手に包まれ初日舞台挨拶は終了となりました。

おクジラさま ふたつの正義の物語』 

9月9日(土)ユーロスペースにて待望の公開!

公式HP:
okujirasama.com

***********************************

原題:A WHALE OF A TALE/2017年 / 日本・アメリカ / 96分 / HD / 16:9
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス   

書籍版 『おクジラさま』 も、集英社より8月25日より刊行!佐々木芽生監督が書き下ろした渾身のノンフィクション!
©「おクジラさま」プロジェクトチーム
    


福山雅治がベネチアでは役所広司に負けた!のは『三度目の殺人』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』が、9月9日(土)より全国公開。

第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門へ選出され、現地時間9/5(火)に福山雅治、役所広司、広瀬すず、是枝裕和監督が公式会見やレッドカーペットに参加していたのは記憶に新しいところ。

そして、9月9日(土)の公開を記念して初日舞台挨拶が行われ、映画祭から帰国直後の福山雅治さん、役所広司さん、広瀬すずさんが登場。

さらにお留守番の満島真之介さんも駆けつけ、面白話を展開しました!最後にましゃ~ではなく、広司!と呼ぶ観客に役所さんにんまりなイベントトンりました!


映画『三度目の殺人』初日舞台挨拶
日時: 9月9日(土)  
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:福山雅治 役所広司 広瀬すず 満島真之介

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後の余韻に包まれた会場・・・・MCで登場したのはフジテレビのエンタメおじさん軽部アナ。

福山雅治さん、役所広司さん、広瀬すずさん、満島真之介さんが登場すると、会場からは大きな拍手とともに大歓声。そして ましゃ!ましゃ!の声が。
福山さん:福山雅治でっす。やっと日本の皆さんとこの映画についてお話しすることが出来る初日を迎えたことを嬉しく思います!

”ましゃー!”と大歓声が沸き起こり・・・

役所さん:ましゃと同郷で長崎出身の役所広司です。たくさんのお客様にご来場いただき、とても嬉しいです。ありがとうございます。

と挨拶。続けて、

広瀬さん:広瀬すずです。初日から劇場に足を運んでくださり、ありがとうございます。3年ぶりに是枝組に参加できて幸せに思います。短い時間ですが楽しんでください。

満島さん:ひとりだけベネチアに行っていない満島しゃのすけです。(笑)。皆さん時差ボケですごく眠そうにしていらっしゃるので、僕も眠いふりをして参加します。今日は宜しくお願い致します。

と、お留守番だったことをアピール挨拶をしました。

映画情報どっとこむ ralph 先日、ベネチア国際映画祭から日本へ帰国したばかりの福山さんと役所さんと広瀬さん。是枝さんはまだベネチア。海外の観客の反応を聞かれ
福山さん:エンドロールが始まる前から、すでに大きな拍手をいただいて、”これは届いてるんだな…”と感じましたね。

と満足げ。

役所さん:是枝監督作品ということで皆さん期待もされているなか、今回は今までの是枝監督作とは毛色が違う作品だったのですが、皆さん非常に集中して映画を観てくださっていて、この映画らしい素晴らしい反応だったと思いました。

とコメント。ベネチア国際映画祭では、”コウジ!”という歓声が巻き起こっていたそうで、

役所さん:福山さんに”今日はましゃじゃないね!”って言ったんだよね(笑)

と明かすと
福山さん:日本はましゃでもベネチアではコウジだぞ!ってことですよね。僕は、”はい、今日は世界のコウジさんでございます!”と答えました(笑)

とコメント!一方、まじめな広瀬さんは

広瀬さん:熱い映画ファンの方たちが、緊張感がありつつも、どこか緩むところもある独特な雰囲気のなかで公式上映を観てくださっていて、上映後に響き渡る拍手や歓声の音が忘れられなくて、なんてこんなに愛おしいんだろうって幸せな気持ちになりました。

と答えました。

一方、スケジュールの都合でベネチア国際映画祭に参加できなかった満島さんは

満島さん:僕は朝早く起きて4時台からエンタメニュースを全部。チェックして、しっかり日本から映画祭を見守っていました。ベネチアのレッドカーペットに立っているみなさんは本当にかっこよかったですね。僕が行ったらもっとかっこよかっただろうな!(笑)

ろ会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph とある事件の真相に秘められた謎が、役所さん演じる容疑者三隅の存在によって、さらに謎を呼び、福山さん演じる重盛も真相を求めて翻弄されていく姿が描かれている本作。キャスト陣にもその真相について説明がないまま、撮影が進められたようで、

福山さん:僕は監督と役所さんにも、”本当は三隅、殺っているんですか?”と聞いたんですよ。そしたらふたりとも”福山さんはどうなの?”ってはぐらかすんです。どうなんですか、役所さん?

役所さん:ホントはですね、僕は、誰一人も殺していないんですよ。

と告白。

福山さん:え?本当ですか?

と疑心暗鬼に突っ込むと、

役所さん:ええ…みなさんで判断してください(笑)

福山さん:どっちなんですか!今日もやっぱり教えてくれないんだ…

と、すると、ベネチアで二回目を鑑賞した広瀬さんは、新たな発見に気づいたようで、
広瀬さん:映画が完成されたときに、監督に咲江が殺ったように終わってるよって言われて、え?わたし殺っていたのかな?って思ったんです。私も、咲江は被害者じゃないと、どこかで思ってはいたんですけど…公式上映を観たときに、これは私じゃないと思いました…!

一度だけでなく、二度目、三度目も観ても、真相が変わっていく本作に、
福山さん:そうです、何が言いたいかお分かりですよね…。二回目もよろしくお願いします。

とコメント。よく寝られたトークです!

映画情報どっとこむ ralph 最後に、観客席での撮影になると、反応の良い観客が広司!!広司!!とましゃでないコールにニンマリな役所さん。

役所さん:この映画は二度目でもいろんな発見がある映画だと思います。そして、”三度目”観てやっと完成するんだと思います。ですので、みなさんもまた劇場に足を運んでください。

福山さん:監督の新たなチャレンジの作品になっていると思います。そのチャレンジにスタッフ、キャストの我々も新しい部分を引き出されました。今回の映画はひとつの真実かと思いきや、いろんな謎散りばめられて、観客も翻弄される参加型の新しいエンターテインメントだと思います。僕も三度見て生まれた新たな解釈を皆さんと共有したいので、二度三度観てください!

観客へメッセージでイベントは幕を閉じました。

因みに、第74回ベネチア国際映画祭コンペティション部門での是枝作品は「幻の光」以来の2度目の授賞に期待がかかる結果発表は、日本時間9月10日(日)AM2時~AM3時(9月9日(土)26時~27時)に行われます。

公式サイト:
gaga.ne.jp/sandome/

***********************************


監督・脚本・編集:是枝裕和  
キャスト:福山雅治、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、市川実日子、橋爪功
配給:東宝・ギャガ

©2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ